5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「悟」れた人っていんの?part1

1 ::01/10/19 06:05
よく「悟り」って言葉聞くけど、これはある意味、自分の存在意義を
見極めるって事なんでしょうか?

「宇宙」がどうやってできたのかも解らないのに。
そもそも何を「悟」ったのあなた達は?

「悟り」ってどういう境地なの?

いくら立派な考え方してても、所詮はその人の強引な
「思い込み」に過ぎないと思う。そう思い込まないと
修行してきた意味が無くなって、絶望感が圧し掛かってきた
時に耐えられないだろうから。

変に「悟った」なんて言ってるドキュソ坊主は、極度のストレスで
精神が崩壊したに違いない。

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/19 06:15
難しい事を言う御仁だなぁ 笑

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/19 06:24
私は悟りました。オナニーでは何も解決できないと言う事を・・・。
人生には生涯でたった一人の愛すべきパートナーを得る事が大切なんだと。

ち○ぽがもげてから、初めて悟りました。
「愛」というものの大切さを・・。

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/19 07:28
道元(曹洞宗)は、
「修行とさとりは同等である」
と示しています。

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/19 09:02
゛part1"ということは、まだまだ続く予定なの?

6 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/19 13:27
>>1 もう少し勉強しなさい。
勉強したら宗教板へ行きなさい。

7 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/20 23:04
>>6
敷居が高くない?

8 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/20 23:33
不毛な1だな

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/21 06:38

               == 終 了 ==

10 :池田大作教(日蓮宗立川流):01/10/22 02:27
>>1
学会へ行け

11 :対人:01/10/22 03:57
悟れた人って
釈尊、竜樹、天台大師、南岳大師
だけ?

12 :中島悟:01/10/22 04:18
悟ですが何か?

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/22 05:02
誰でも一度や二度くらいは悟ってるでしょ?
悟ったことのないやつのほうが珍しいと思われ、
「悟り」というもんを妙に大袈裟に考えるから
わけわからんちんなことになるのです。
そういうわけで、このスレ終了。

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/22 05:15
悟りの開き方
シンナー吸う

体がとろけるような感覚

自然と一体化する感覚

本当に体がとろける

本当に自然と一体化できる

悟り完了

15 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/22 06:12
男ならHした直後は誰だって無の境地だ。それをずーっと持続できれば
悟りを開くことができるだろう

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/22 10:55
そんやつおれへんやろ。

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/22 11:58
エクスタシーの語源(ラテン語)はエクス・スタシス。
「別の所に立つ」の意味。

さとりも似てません?
この世の迷妄・苦悩の世界から飛び出すという点では。

15 のように、「往きっぱなし」じゃ駄目だろうけど。

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/22 16:42
>>よく「悟り」って言葉聞くけど、これはある意味、自分の存在意義を
見極めるって事なんでしょうか?

どうも違うようです。
>>「宇宙」がどうやってできたのかも解らないのに。
そもそも何を「悟」ったのあなた達は?

 宇宙がどうできたかと悟りとは関係なさげですね

>>「悟り」ってどういう境地なの?

 「なんだ、そういうことかよ。バカヤロウ」てな感じらしいです。
 聞いた話では・・・

>>いくら立派な考え方してても、所詮はその人の強引な
「思い込み」に過ぎないと思う。そう思い込まないと
修行してきた意味が無くなって、絶望感が圧し掛かってきた
時に耐えられないだろうから。

 考え方をする時点で悟りではないらしい。
 たしかに、修行中に気が狂う僧侶は多いらしいが・・
 まあ、大半は住職の資格を取る為ですから・・

>>変に「悟った」なんて言ってるドキュソ坊主は、極度のストレスで
精神が崩壊したに違いない。

 これは禿同。悟ったと自分から言う人はろくなのいない。
 人が認めるものらしい。

19 :名無しさん@魔羅:01/10/23 00:26
>>15
真言宗立川流?
(現存せず)

20 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/23 01:58
最終的には「空」を悟るということかな!?

21 :駒澤ボーズ:01/10/23 14:16
自分は人間で「生・老・病・死」があることを自覚し、
あるがままに生きる、ということではないでしょうか?

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/24 02:58
>>21
そう思います。
でも、「あるがままに生きる」をはき違える人も多いと思います。
信仰心に基づく発心に裏打ちされた「あるがままに生きる」ですよね。

23 :『皇后陛下のお四国遍路』製作委員会:01/10/24 04:02
 ・・・とはとはには私的な私敵との「すごろくごっこ456」の粋なりな息をいづることこれ能はずかな蛙なれば・・・「王玉睦」の恩前にはただただひれふすのみのわたくしめでござるござの下。

24 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/31 01:32
23のせいで書き込みが終わったのか、
スレの話題が一週間もたない運命だったのか、

「悟った人」教えてください。

25 :『皇后陛下のお四国遍路』製作委員会:01/10/31 05:19
 ほんに五十恩が御母音さんにおーそーはったこともある是世、「・死す是蘇」。

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/10/31 23:48
↑おいお前、あっちこっち荒らしてるヒマがあったら肩くらい揉めよ

27 :名無しさん:01/11/27 11:25
檀家の前で偉そうな顔して見せたり、ブランドものに走ったり、嫁姑でいがみ合ったり、
寺の人間が悟れていたらそんなことするわけないと思います。

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/27 18:23
「悟り」
というものをあたかもあるかのようにおもわせ
おまえひとりじゃ絶対悟ることはできないぞ、と
うぬぼれのないにんげんを作り上げるだけでも
宗教がある意味がある。

29 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/27 18:45
亜佐歯裸は最終解脱したんでしょ?

30 : :01/11/27 19:44

激炉[新裏パパ]
http://lolicon-love.iscute.com


31 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/27 19:49
悟りとは、差取りと言うのが語源です。
つまり自他の差、内外の差、優劣の差など
あらゆる価値基準を意識から取ることなのです。
第一段階目の悟りは、内外の差を取ることです。
自分が漠然と感じている自己のフィールドが外れると
すべては外界になります。内はすなわち外なのです。
それは、思考を見つめ、追いつめきった時、誰でも
認識できる状態です。

32 :東大寺☆トウキョウデビル:01/11/28 03:40
悟った人は仏陀になったということでいいんですか?

33 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/28 09:59
>31
いいこというねぇ。
坊主に教えてやりたいよ。

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/28 18:08
>>33
いりません
てめーが悟りやがれ!

35 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/28 22:08
悟りましたが、何か?

36 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/28 22:13
サトラレですが、何か?

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/28 22:32
>>32
仏陀とは覚者(目覚めた人)という意味ですから、あなたの理解は正しいと思います。

38 :BoM:01/11/28 23:20
「悟り」なんて物をふりかざしても商売になんないよ。
お寺意外は!!

39 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/28 23:58
おいっ! ナゼ「悟り」が気になる?

40 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/29 01:44
>39
煩悩に埋もれているように思われるからじゃないの、寺が?

41 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/29 06:39
>>40
とっても痛いお言葉・・・・・そしてそれを否定できない僕もお寺ッ子。
でも確かにそういう寺多いけどそうじゃないマジメ―な坊さんもいるから・・・・
少なくとも自分ちはそうです

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/29 23:06
こんなことかよ!って悟るんだね

43 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/29 23:21
明日仕事だろ? 寝ろよおめーら!

44 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/30 15:24
>>43
何日も寝ない状態を続けることにより、
悟りに似た状態に到達することができます。

45 :親切な人:01/11/30 15:31

ヤフーオークションで、凄い人気商品、発見!!!

コピーガードキャンセラー↓
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b18032656

注目のオークションに適用される事、
間違いないですね。

私も買いました。

皆も買いましょう。

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/11/30 15:58
↑これは役に立たない,と悟りました。

47 :名無しさん@京都板じゃないよ:01/12/01 10:58
なぜ、あなたは親から「悟」という名前を
授かったのですか?

48 :名無しさん:02/06/11 00:35
悟りって、
宇宙の秩序・心霊界などの秩序・自然界の秩序を理解すること。
悟った人は、あまねく現世界に、つまり肉体をもった「波性」の世界を
正しき方向に導くことができることをいう。

こんなんでよろしいですか。

49 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/06/11 01:03
類似の言葉で、「見性を得る」というのはあるよ。

修行を積んでいると、ある日ふとした瞬間にパカっとドグマが一つ壊れて
「これだ!」
と思う瞬間があるんだそうです。
そういう小さな悟りを繰り返して、ついに大悟へと至るらしいです。
禅僧列伝とか読んでると、小さく悟るたびに師匠のところへ逝って
「こんなん出来ました」
と報告し、チェックしてもらっている。

最終的な悟りに至った人は>48みたいな感じになっているのでは。

50 :宇都御魂 ◆ZK38QLd. :02/06/11 01:08
>10
 その名前、真言立川流に対して失礼だぞ。

51 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/06/11 09:32
悟りは知識ではないので、ここで、どんなに立派なことやそれらしい事を
説明されてもだめ、自分自身が感じ得なければならない。

と言ってみる。テスト

52 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/06/11 14:59
知者・学匠は地獄が近いですよ・・・

53 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/06/12 00:29

悟ったと思い込める境地が大切なんだ。
自分に偽らずにね。
まあ、自己満足なんだな。悪い意味ではなく。

54 :サトラレ:02/06/16 15:29
神も仏もいないと悟りましたが。
金もうけのために神社や寺やってるやつ(自分含む)
のほうがよっぽど悟ってるよ。

55 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/06/16 22:32
そっすねー。
「世の中、金。」ってね。

56 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/06/16 22:46
48の理解はやや、特定のなにかに偏ってる気はするが。

悟りってな、単なる理解を超えた実感、あるいは実体験なのかもね。

自分が悟ったかどうかを見極めるのは簡単。

悟った以上は一切のシガラミや物理法則、勿論、存在非存在の区別からも自由、
あるいは無碍なので、ナンデモデキマス。でも、大乗以降の仏教は、みな
悟り、という名前の究極命題さえも既にむなしいものとして、ある種悟りそのものの
無価値化を推し進めて来たような発展をしているという考えかたもある。

大事なのは悟りじゃあないんだってことでんな。

とりあえず今実感できる範囲では「煩悩即菩提」。なむなむ。

57 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/17 21:32
悟りにも段階がありますが、心の底から「ああそうか、そうだった」と思うことができれば、それも悟り。

58 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/17 21:41
>>1
素晴らしい意見だと思う。ただし、宇宙がどうしてできたのかは、ある程度
解明されつつあるが。

これだけ科学が進んだ世の中で、「真理を知ること」=「悟り」と言うのは
既に無理がある事は誰でも承知しているはず。それを認めることのできない
坊さんは「いつの時代でも、知識の最先端を行っていたのは坊さん」という
事が理解できない、かわいそうな人だ、と思う。坊さんこそ、最先端の科学
を勉強すべきだ。

俺は「悟り」もお釈迦様の方便の一つだ、と思っている。生きるのは苦しい。
でも、いつかこの苦しみを解脱できる時が来る。だから、今は苦しいけど、耐えて
生きよう。この勇気を「万人が悟れる」と言う言葉でお釈迦様が与えてくれた、
と思っているが。

59 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/17 21:51
つうかね、この板に居る人の方が、宗教板で役に立たない理屈をこねて、引きこもっている
ヤシより、よっぽど「悟り」に近い。
俺達は、先ず「苦しみながらも生きている」のであって「理屈をこねるために生きている」
のではない。
>>1の様な考え方は、「生きている人の考え」だ。>>54>>55の考えも、俺は賛成しないが
ほんと、ある意味、「悟り」に近い。少なくとも、生きている人間を相手にせず、役に立たない
理屈をこねているヤシよりは。

60 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/18 13:51
悟ったなどと口にしてはいけません

61 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/18 14:05
坊主と結婚するべきではなかった
私の人生棒にふった・・・
これからはすべてあきらめ
寺のために生きていこう、と悟りましたが何か?

62 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/18 15:35
口封じの為には人を殺す国があるということを悟りました。

63 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/24 07:24
悟りとは、なにか?


64 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/26 02:22
だめぽ


65 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/26 21:06
何か?
>1でってこ〜〜


66 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/26 21:42
>>61
りっぱなことだと思います。
さらに言えば、そもそも結婚などすべきでなかったと
悟ればもっとよいと思います。
しかし過去のことを言っても仕方ありません。
結婚に縛られることなく、愛を大切にしてください。

67 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/29 11:00
ふぞうふげん


68 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/01 11:34
しょうけんごうんかいくう


69 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/01 20:49
むーけーげーこー


70 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/02 02:54
じゅそうぎょうしき


71 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/02 15:31
むーむーみょうやく


72 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/02 17:13
みにはやっぱり生姜だぜ!

73 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/02 21:14
彼女に別の男がおることを悟りました。

74 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/02 23:26
悟り、とは何か?>1 >4 >44
を、比べてみる。


75 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/02 23:29
>74 は、悟りという、状態を述べているだけか?


76 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/02 23:34
情報が時とともに、消失していくので、悟りを悟れる人がいないのか?


77 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/04 09:52
くふーいーしき
 


78 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/04 12:58
時薄伽梵得自性清靜法性如來
復説一切法平等觀自在智印出
生般若理趣所謂世間一切欲清
靜故即一切瞋清淨世間一切垢
清淨故即一切罪清淨世間一切
法清淨故即一切有情清淨世間
一切智智清淨故即般若波羅蜜
多清淨金剛手若有聞此理趣受
持讀誦作意思惟設住諸欲猶如
蓮華不為客塵諸垢所染疾證無
上正等菩提時薄伽梵觀自在大
菩薩欲重顯明此義故煕怡微笑
作開敷蓮華勢觀欲不染説一切
群生種種色心

南無観自在王如来

79 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/04 17:54
ぼじーそわか


80 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/07 23:27
何か?


81 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/08 00:24
元社民家党員…あれっ?別のスレでおなじかきこしたような…

82 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/08 07:18
悟りは、統合であり、迷いは分離だ。
まず、自己の中に分離がある。ネガティブな感情に
おそわれると、人はそこから目を逸らす、人のせい
にする等の反応をしがちだ。それが分離。
宇宙は刻一刻と変化しているが、人間は思考により
その流れに合致せず、ズレを起こしている。それが
分離。宇宙の流れは思考よりも速い。思考で追うこと
はできない。このズレがなくなる時、悟りがある。
まずは、自己の感情に対し、共感することである。
思考ではなく、自分の感情に同調すること。
共にあることだ。本当に自分と共にある時、分離が消え、
外と内が同じであることに気づく。これが初歩の悟り。
悟りの入り口。釈迦の悟りはもっともっと深いが。


83 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/08 13:06
「十分に統合されれば、あなたの悟りは正しさを証明されるだろう。」
と、いうのは、
真ですか?  偽ですか?


84 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/08 23:51
>>83
十分に統合といっても、統合はゼロか100かである。
悟りが正しいか否かだが、悟りは己の偽り、間違い、
ネガティビティをも含んだものであり、だからこそ
統合と言えるものである。
悟ったつもりが悟りではないことがある。悟りには
5段階あるとも言われている。そして、それを体験
した師匠を持つことは意義があるかも知れない。
そうしたマスターと呼ばれる人は、新興宗教など
作らず、目立たず、ひっそりと暮らし、少数の弟子
を育てている。また、それによって金儲けもしない。

85 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/09 07:00
有難うございます。


86 :素直:02/10/09 16:21
お化けが見えてる人に、見えない人が「そんなのいないんだよ。」と、言ってるみたいなもんでしょ。なんもわからない人に「悟った人」のことは、話す事なんかできないだろうね。童貞がいろんな想像しながら、あーでもない、こーでもないと言ってるのと同じだからね。
ちなみにホントに悟った人がいるなら、その人は「自分は悟っている」とは言わないと思うよ。

87 :あげ厨:02/10/09 16:31
↑ご名答。

88 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/09 21:14
>>86
>>ホントに悟った人がいるなら、その人は「自分は悟っている」とは言わないと思うよ。

夢を見ている人は自分が夢を見ているとは言わない。
目覚めたときに、「ああ夢だったのか」と言うものである。
悟りについて、眠っている人に話しても理解されるものではない。



89 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/09 21:45
眠りから覚めた人は、わざわざ自分が目覚めているとは言わない。
ただ、今まで夢を見ていたことには気づくだろう。
悟った人は自分は悟っているとは言わない。
ただ、今まで現実と思っていたことが幻想であったことには
気づくだろう。

90 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/10 23:07
きずきました。


91 :名無しさん@京都板じゃないよ :02/11/06 00:07
1よ

なかなかパート2まで逝けないね

92 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/26 05:14
あげ

93 :山崎渉:03/01/19 21:06
(^^)

94 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/01/29 18:41
http://zenkakufaq.tripod.co.jp/osiete.html

95 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/01/30 23:12
http://movies.rpgamer.com/ff/ff10/ffxh.ram

96 : ◆y.Fze7kTBk :03/02/10 15:49


97 :しもやけ:03/02/16 19:55
悟りは個人個人によって違うもの、その人が自分の生きて行く意味を
みいだせたならそれは悟りだ。

98 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/16 20:00
>>89
なるほど。

99 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/16 20:23
好きな人に悟られますた(TT)

100 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/16 20:50
100さ取りー

101 :スナ・フキン:03/02/17 00:28
「悟」とは 気ずきの事です 

ですから 小さな 悟り もあれば 大きな 悟りも あります

一般的には大きな 悟りを得るために 修行を行います

悟りは 自分の 考えでは ありません 自然や地球から学ぶ原子レベルの 知識です

小さな 悟りは ありんこの 行列を 見ているだけで 学べます
大きな 悟りは 一日中 息を止めている 位の事をやらなければ 学べません

102 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/17 01:52
Part2は何年後?


103 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/17 06:25
二年かかって100だからなあ。
あと18年かかるのか?

104 :コピペ:03/02/17 07:40
悟りはたった一回きりのもので、思想や考え方の延長にはなく、各人各様のものでなく、
二二んが四というほどはっきりしいていて、お釈迦さんの悟りと他のいかなる人の悟りも、
寸分違わぬ、心のメカニックとしてあるものです。

 香巌爆竹の因縁−香巌という非常に聡明な人があった、
 一を聞けば十を知る、目から鼻へ抜けるというふうで、
 ああいえばこういう、どうもならんので、師が、
 「おまえの父母の生まれる前のおまえの眉毛はどんなふうだった。」と聞く。
 さあわからなくなった、これしきのことがわからんようでは、
 とっても坊主やってられんというので、寺男になって、
 来る日も来る日も庭を掃いていた。あるとき掃いた小石が、
 竹藪の竹に当たって音を立てる、これを機縁に悟るんです、
 かつねん大悟とあります、まんがじゃない、実話です。

どういうことかわかりますか。


105 :コピペ2:03/02/17 07:42
父母未生前の消息−師の設問はでたらめじゃないんです、
おぎゃあとこの世に生まれて、父母未生前から、
この世にたたき込まれるんです。生まれついては、無眼耳鼻舌身意、
無色声香味触法なんです、自分というものがない、自分を意識することがない、
自他の区別がまったくないんです、父母の生まれる前のおまえの
眉毛=悟りとはこのまっぱじめにもういっぺん戻ってみることです。
自分がない状態から自分が生じて行く、たしかに人間として一丁前の生活を
営むには、それ以外の方法はない、けれども現実を概念化する、有眼耳鼻舌身意、
有色声香味触法です、実際ではない、あると思えという架空の生活です、
仮の自分なんです

106 :コピペ3:03/02/17 07:44
すべての問題はここから起こる。架空と現実のずれ、砂上楼格、思い込みです、
思い込み人間がおのれを省みる、どうもならんのです−五蘊は皆空なりと知って
、一切の苦厄を免れるんです。
ものごころつく前にやったことを、もういっぺんやると、
心のメカニックというものが、はっきりする、迷わない、
すべての迷うのもとを知る、ものみな解決済みなんです。
ですから悟り終わって悟りなしといいます。


107 :コピペ4:03/02/17 07:45
自分が失せて一切がある、通常の体験とはぜんぜん違います、
我と大地有情と成仏といった、お釈迦さんと同時成道するんです、
一瞬に仏教の成立があります。不思議に自分=世間すなわち人間を
卒業しているんです。
悟り終わってようやく地球のお仲間入り、悟る以前は地球のお荷物。
如来来たる如し、花のようにぽっかりと咲くんです、
月のように自ずからあり、万物とともに、雪は雪降る。


108 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/17 21:11
age

109 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/17 22:24
悟りを開きたい開きたいと執着する自分に気が付くことが悟り

だから座禅すると叩かれる

ということはただ座っていればいいのか

110 :スナ・フキン:03/02/17 22:45
そっ そのとうりです ただ座って いられればの 話ですが・・・ 

111 :コピペしたものですが:03/02/18 11:50
>>109
まあそういうことらしいです。
上の和尚さんが修行時代「今日は景色が綺麗に見えます」と師にいったところ
師が「お前は景色を綺麗に見ようとする目が残っておる」と言われたそうです。
悟るということはまずすべてを忘れることらしいです。

まさに無眼耳鼻舌身意ですね。

112 :スナ・フキン:03/02/18 21:42
昔の お坊さんは 欲を無くす 方法を 取っていたようです
欲には 食欲 性欲 物質欲 ・・・ など沢山
 人間は欲で 出来ている様な ものですから

自分の利益の為に 人を殺める 時代背景と貧困の中で 何が 正しいのか

そこで 殺生をしない とか 断食をしたりとか 性交渉をしないとか 色々な
欲を捨て 仏に 伝える 文化も 生まれたようです

仏門が 盛んな 時代には 現代の 東大に合格するかのごとく
悟りを開く事を 目標に 修行を 行った 時代もあったようです
 断食をして 悟りを開き? そのまま死んでしまった
人も 多いと聞きます。 では 欲を 捨てれば悟れるのかというと
・・・・・・・・・・・・(ここはシークレットです)
いずれに しても 自分が 無くなっちゃう位の 恐怖を乗り越えるだけの
試練に打ち勝つ必要が有ると 解釈して ください。 
実際 自殺しようとして 失敗した人が 悟った 場合も あります
これは 良い子は まねを しないで下さい


113 :109:03/02/18 22:41
「今日は景色が景色に見えます」

てことはみんなのうたの「まるで世界」という歌は
まるで悟りを開いた時の感動のような歌ですな!スゲー。

114 :コピペしたものですが:03/02/18 23:12
>>113
へー。そんな歌があるんだ。すげーなあ。ググってみたら別役実
が歌詞書いてた。もっと歌詞わかる?

あと僕のちょっと知ってるのは禅宗においての悟りです。
臨済宗とか曹とう宗ね。京極夏彦の『鉄鼠の檻』っていう本が
禅の悟りをわかりやすくテーマにして推理仕立てにしてる。
興味があれば読むといいと思う。

だから禅宗では悟ったあとの修行が大事なんだってさ。
まあけどお釈迦さんも達磨さんも座ってたからなあ。一緒なのかなあ。





115 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/18 23:23
かーおをあーらったーら、
まるでかおーみたいにあーらえたし♪
とかいう歌?

116 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/18 23:24
だから、歌詞キボンヌ

117 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/18 23:30
あさめがさめたら せかいがかわっていた
ぼぼぼぼんぼんぼん(←音)
かおをあらったらまるでかおみたいにあらえたし
はをみがいたらまるではみたいにみがけたし
さわやかなかぜまでまるでかぜみたいにふいてるんだ
ぼぼぼぼんぼんぼん(←音)
どーしちゃったんだせかいは まるでせかいみたいんじゃないか
ぼぼぼぼんぼんぼん(←音)

以上、かなりいい加減。2番とか3番もあった気もする。
ミスター、ちゃんとしたのは自分でお探しになってね。

118 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/18 23:34
途中で
とーさんにおはよーといったーら とーさんもおーはよーといった
かーさんにおはよーといったーら かーさんもおーはよーといった
まるでぼーくのとーさんとかーさんのよーーに♪
ていう部分もあった気がする。

119 :コピペしたものですが:03/02/18 23:40
>>109
>悟りを開きたい開きたいと執着する自分に気が付くことが悟り

上では肯定しましたが詳しくはこうじゃないんです。
「自分に気がつく」ことはできないんです。自分というのは
たった一つです。その一つの物が自分を見ることはできないですよね。
自分が自分をみれば自分は二つあることになる。これはおかしい。
自分が自分を見ることは不可能です。

菊にお前は誰かと聞く。菊は「知らない」と答える。
菊にとって自分が菊かどうかひまわりかどうかは関係ないですよね。
だって菊ですから。
そしてそんなことに関係なく菊は美しいんです。


120 :コピペしたものですが:03/02/18 23:47
カキコしてから歌詞のレス見たんだけどこりゃすげーなあ。
驚いた。あはは。たぶんそのまんまだわ。
この歌詞でこのスレ終わっちゃうじゃんw

121 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/18 23:48
山田康雄さんが歌ってたのね

122 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/18 23:51
あー、ルパンな声してた。

123 :109:03/02/18 23:52
>>119
そうだのう。
でも悟りを開きたい欲に気が付くという意味だこの場合。

要は漏れって事っすわ。
てことで「あっかんべぇ一休」で勉強しますただけだった。

124 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/18 23:57
如実知見てこんな感じだんだろうか?w
何かその歌聴いてみたくなってきたな


125 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/19 00:04
そうか、釈尊は成道の後、菩提樹の下で7日もルパン声の歌を聞いていたんだ。
んなわきゃないっ。

126 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/19 00:08
長渕剛の「Captain of the ship」を聞くと悟りが開けます(マジ)

127 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/19 00:10
じゃー長渕剛は悟りまくりじゃないかー(マジ?)

128 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/19 00:12
ヨーソロー 進路は東へ

129 :コピペしたものですが:03/02/19 00:18
>>123
意味取り違えましたね。すんません。
実は僕もコピペしたホームページを見ただけなんですけどねw
浅いなあなんも知らないw

まあけど宇宙だ神だ人間だこの世だあの世だ正しい間違い
立派だそうでないは、関係ないってことがわかりましたや。


130 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/19 00:19
歌詞キボンヌ

131 :Captain of the shipの歌詞@:03/02/19 00:29
Captain of the Ship(13分9秒)
作詞 作曲 長渕 剛

じめじめと暗く腐った憂鬱な人生を俺は憎んでばかりいた
叩かれても突っ伏したまんまただ頭をひしゃげて生きてきた
えげつなさを引っかけられ横なぐりの雨が頬を突き刺したとき
我慢ならねえたったひとつの俺の純情が激烈な情熱に変わる
正義ヅラしたどこかの舌足らずな他人の戯言など叩きつぶしてやれ
眉をひそめられ、出しゃばりと罵られても、いい人ねと言われるよりよっぽどましだ
ガタガタ理屈などあとからついて来やがれ!街は自由という名の留置場さ
「あんな大人になんかなりたかねえ」と誰もがあのころ噛みしめていたくせに!!
Captain of the ship Oh!明日からお前が舵を取れ!
Captain of the ship Oh!生きる意味を探しに行こう
ヨーソロー 進路は東へ ヨーソロー夕陽が西に沈む前に
ヨーソロー 確かな人生を ヨーソロー俺たちの船を出す

こんな理不尽な世の中じゃ真実はいつもねじ曲げられてきた
だけど正直者がバカをみてきた時代はもうすでに遠い昔の戯言さ
だから差別も拾え! 苦しみも悲しみも拾え! ついでに神も仏も拾ってしまえ!
根こそぎ拾ったらあの巨大な大海原へすべてをお前の両手で破り捨てろ!!
ああ この潔さよ 明日からお前がCaptain of the ship
いいか! 羅針盤から目を離すなお前がしっかり舵を取れ!!
白い帆を高く上げ立ちはだかる波のうねりに突き進んで行け!
たとえ雷雨に打ち砕かれても意味ある人生を求めて明日 船を出せ!
Captain of the ship Oh!こんな萎えた時代だから
Captain of the ship Oh!噛みつく力が欲しい
ヨーソロー 進路は東へ ヨーソロー夕陽が西に沈む前に
ヨーソロー 意味ある人生を ヨーソローただ生きて帰って来ればい

132 :Captain of the shipの歌詞A:03/02/19 00:30
いつだってひとつの時代はたった一夜にしてすべてがひっくり返るものだ
たとえ不安という高波にさらわれても俺たちは生きる為に生まれてきた
上でもなく下でもなく右でもなく左でもなくただただひたすら前へ突き進め
馬鹿馬鹿しい幻に惑わされる事なくただただ前へ突き進めばいい
あらゆる挫折を片っぱしから蹴散らし 高鳴る鼓動で血液が噴き出してきた
俺たちの魂が希望の扉を叩くとき 太陽よ!お前は俺達に明日を約束しろ!
そうさ 明日からお前がCaptain of the Ship お前には立ち向かう若さがある
遥かなる水平線の向こう 俺たちは今寒風吹きすさぶ嵐の真っただなか
Captain of the ship Oh! 孤独などガリガリ食い散らかしてやれ
Captain of the ship Oh!吠える海の力を生命に変えろ
ヨーソロー 進路は東へ ヨーソロー夕陽が西に沈む前に
ヨーソロー 確かな人生を ヨーソロー俺たちの船を出す
ヨーソロー 進路は東へ ヨーソローお前が舵を取れ!
ヨーソロー こんな萎えた時代に ヨーソロー噛みつく力が欲しい
(ここまでで約6分。残り7分間、バックコーラスは「ヨーソロー」を
延々と繰り返す)
もっと心で話をしてくれ!もっと本当の事を聞かせてくれ!
怖がらず ためらわず 腐らず ひるまず自分を信じて自分を愛して
決して逃げるな 逃げるな お前がやれお前がやれ お前が舵を取れ
死んでるのか 生きてるのかそんな腐った瞳で人間を見るのはやめろ
生きてくれ! 生きてくれ!生きてくれ! おまえの命は生きる為に流れている
人間だ! 人間だ!たかだか俺もお前も人間だ
決して奢るな 決して高ぶるな決して自惚れるな 一歩ずつ一歩ずつ確かな道を
お前がどうするかだ!お前がどう動くかだ!
お前がどうするかだ!お前がどう動くかだ!!
決めるのは誰だ?やるのは誰だ? 行くのは誰だ? そう お前だ! お前が舵を取れ
お前が行け! お前が走れ!お前が行くから道になる

133 :Captain of the shipの歌詞B(完結):03/02/19 00:31
前へ 前へ 前へ 前へただひたすら前へ突き進めばいい
わかるか! わかるか!お前が決めろ お前がしっかり舵を取れ
人間をなめるな!自分をなめるな! もっと深くもっと深く もっと深く愛してやれ
信じてくれと言葉を放つ前に信じきれる自分を愛してやれ
感じてくれ! 感じてくれ! 幸せはなるものじゃなく感じるものだ
早く行け! 早く行け!立ちはだかる波のうねりに突き進んで行け
今すぐ 今すぐ 今すぐ 今すぐ白い帆を高く上げ
お前はお前の弱さを叩きつぶせ先ずは自分に打ち勝て 打ち勝て! 打ち勝て!
行け 行け 行け 行けお前の命は生きる為に流れている
行け 行け 行け 行けお前の命は生きる為に流れている
生きて 生きて 生きて 生きてただただ生きて帰ってくればいい
生きて 生きて 生きて生きて 生きて 生きて 生きまくれ!!
生きて 生きて 生きて 生きてお前の命は生きる為に流れている
お前が決めろ お前が決めろ お前が決めろお前が舵を取れ!
お前が決めろ お前が決めろ お前が決めろお前が舵を取れ!
お前が決めろ お前が決めろ そうさ明日からお前がCaptain of the ship
お前が決めろ お前が決めろ そうさ明日からお前がCaptain of the ship
(ここまでで9分。ここから長渕氏、ヨーソローを数分に渡り叫び続ける。バックのコーラスもひたすらヨーソローを繰り返す)

134 :109:03/02/19 02:08
仏になろうとするのではなくて

仏でいればいいんだよ。

135 :コピペしたものですが:03/02/19 03:27
>>134の決定的な答えによりこのスレは終了いたしましたw

これはまさにベストな「答え」だと思う。1さん見てるか?

でも実際に「悟って」みたいよね。やっぱり決定的に違うらしいからなあ。
とあるぼーさんは最初の悟りにみんなだいたい平均三ヶ月といってらっしゃる。
座り続けて。禅宗においてはその後の修行が大事なんだそうな。


136 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/19 12:59
>>131-133
乙。
でも長渕はちっとも悟ってないとおもいます。
あ、きらいじゃないですけどね。

137 :スナ・フキン:03/02/19 21:34
お勧めの 本なら 太陽出版の 黎明 が 良いと思います
あと 不道心 と あいだみつお とか まだまだ ありそうですね
奥義の書 とか 悟りの書 は ある場所に 行かないと 貰えないので
いまのところ 黎明 が 一番 わかり やすいかも

138 :ししゃ:03/02/20 03:59
悟り‥‥ありのままに観て、ありのままに感じて、ありのままに受け止める。
それは「何事においても素直になること」。もともと人間の中にある
「利他祝福共存の本能(一般的いう善性>愛)」が勝っていれば、別段難し
いことではない。
しかし、現代の「愛」という言語は、もともとの込められた意味と願いから
かなりずれてきてる気がするなぁ‥‥。



139 :スナ・フキン:03/02/20 22:40
悟りを 科学的に 説明すると
脳の中に 切れた 配線が いっぱいあって 気ずくことによって
一つ一つ つながって 灯りがつくように答えが 出てくるのですが
悟ったときは 一気に すべての配線が つながります


140 :名前は必要ありません:03/02/20 23:39
138ずれている といえば 最近の宗教も かなり ずれてます
この場を借りて 言っちゃいます
まず キリストは 神ではありません 神の使者です
あと 輸血をしては いけない という 教えは ありません
他人の血を受けついではいれない→これは 他人が築いた物を うばっては
いけない と言う事で 自分で 築きあげなさい という意味です
当時 輸血の文化があったとも 思えません
あと 日蓮宗ですが 拝んで なんでも 良くなるのでしたら 私も
拝みます そんなことを している 暇が あるのでしたら
もっと 努力しなさい 努力をしないで 拝むだけで 効果があったら
とんでもない 話です そもそも 餓鬼や 苦しむ 農民たちの ために
伝えた 教えです 池田大作も 拝んでも 病気は 直らないと はっきり
認めています 彼は そもそも 悟りを開いた 人物ではなく
師の教えを そのまま伝える事で 評価された 人物です
なぜ そのような 病気になるのかと 言う事を 自分自信が 悟る
事の方が よっぽど 大事です
ですから 彼の 今迄 行ってきた事は 間違えでは ありません
しかし 日蓮が 処刑される時に 雷を落として 彼を助けた 天でも
神でも 呼び方は なんでもいいですが その 存在をないがしろに
しては いけません。 今の 一般的 宗教は 宇宙的 真理よりも
人間の 都合の良い 解釈で 間違った 伝えられ方を して
現代に いたって しまっていると 思います

141 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/20 23:53
>池田大作も ・・・ 彼は そもそも 悟りを開いた 人物ではなく

がかいのなかでもそんなことおもってるひといないでしょう?

142 :スナ・フキン:03/02/21 21:22
そろそろ 悟る には どうすれば 良いかって 話を しませんかぁ
悟りの 為の その1 基礎を しっかり 練習 すべし

まず 大事なのは 腹式呼吸 です 
これは 鼻から 息を吸って お腹にためて 口から 出す 呼吸法です
手を お腹に当てて お腹がふくれれば ok です
息を 吐く時は 一気に 吐くのでは無く 下腹に息を送り込むようにして
ふぅーうーうーうー と 溜めた 息を 全部 吐き出して 下さい
息を吸うにも 吐くにも ゆっくり 行ってください
なかなか 出来ない時は 吸った息を ごくんと のみこんで
それを くり返してください あと 腹筋運動をして 腹筋も鍛えて下さい

次に 坐禅です これは出来ない人は あぐらでもかまいません
気をつけることは 背筋をのばし お尻の穴をきゅっと閉めて
上に持ち上げる ように して下さい 手は それぞれ違う印を組みますが
初めての人は 左の手のひらを下にその上に 右手の手のひらを のせます
そして 親指どうしを くっつけ 宝珠(スライム) の形を作ります

あと できるだけ お酢を飲むように してください
叉は 納豆を食べるでもいいです 理由は いずれ 説明します

もうすでに できる人は ピンポン玉を 用意して下さい
色は 白か 水色 がいいです そして 真っ暗な部屋の中で
坐禅を組みながら ピンポン玉を じっとみつめる 訓練をして下さい
一気に 長時間 行うと 熱を出したりしますので ちょっとづつ 
時間を 延ばす やりかたで あることが 起こる迄 時間をかけて 行います




143 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/21 22:27
読んで損した。

144 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/22 06:00
悟り?んなもん存在しねえよ。ばーか。
よって修行や練習なんかじゃ会得できるもんじゃねぇ。
欲がなくなれば悟りが開ける?んな馬鹿な話あるかい。


と丸ごと否定してみるテスト。

145 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

146 :名前は必要ありません :03/03/01 19:37
114さんの 言うとうりです
悟りは 存在 しません ってゆーか 存在しちゃいけません
もし 時間を 止める 呪文が あったら 何に 使いますか
自分の利益 それとも 他の人を 救う為
いずれにしろ 地球が 滅びます

147 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/03/01 20:25
誰も聞かないから聞くけど、どうして句読点使わずにスペースなんだ?>スナ

148 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/03/01 20:38
30年童貞を貫くと悟りが開けるよ

149 :フナ・スキン:03/03/02 10:21
>147
 詩人 だから

150 :ししゃ:03/03/02 12:15
>>139−142
 基本がしっかりなされてる。素晴らしい(^v^)!
 私もちょっと書き込ませてもらう。
 何も法華経が悪いわけではない。
 イケダさんが悪いわけではない。
 宗教が本当に悪い訳ではない。
 悪いのは「事をなすのに、ひたすら他人の力をあてにすること(コレも他力
本願って意味だ)」に気がつかない者達だ。宗教をブランドかする者達だ。
 そしてその中に込められた「負の妬みや恨みの力」が全てを台無しにしてる
ことに気がついてほしいものだ。
 振り返るといい。
 そういう念が対象に及ぼす影響力が、どれだけの良い人材を台無しにしてき
たかを。それらが、あまたの指導者達を本来の道から引き摺り下ろしてきた。
そのことは人間の歴史を振り返れば気がつくだろう。
 「悟る」という言葉に抵抗を感じるならこう考えればいい。
 「あ、それってこうじゃん?」「あぁ、だからこうなんだ」
 たったこれだけでもいい。
 真理は単純だ。だから沢山に理は増えてゆく。たったこれだけのことだ。

151 :フナ・スキン:03/03/10 22:25
悟りの 為の その2  火と 水を 心に 持つべし
火と水を心に持つ? なにそれ? って感じですが とりあえず 一遍に出来ないので
身近な所で 火と水と土の関係を 考えて 見て下さい
そして 火=太陽 水=月 土=地球 と それぞれの 位置関係と 役割について
考えます 後に 原子と分子と中性子の関係 自分を取り巻く人間関係と
その役割へと 発展していくのですが まず初めは 太陽の光を浴びた時と
月(満月)の光を 浴びた時の 感じを覚える事から始めます
これが なんの役にたつのかを 説明する前に 114さんの 言っていることが
正しい事を 次回 証明して みたいと思います

152 :フナ・スキン:03/03/10 22:33
114さんではなくて 144さん
修行や練習なんかじゃ会得できるもんじゃねぇ
でした 間違えてました

153 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/03/10 23:58
>>148
ってことはオレはあと二年で悟りが開けるのか!!!

154 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/03/11 03:24
というかイモトは悟り開けます。

155 : :03/03/11 04:47
釈迦は、宇宙の原理を完全に解明したなどとは言っていません。
宇宙の原理はわからないが、生きるということは苦しみであり、
その苦悩から人間を救済する原理がわかった、と言っているのです。
悟りとは、「苦悩から脱出する術」でしょう。
「宇宙のすべてを理解する術」ではなくて。

156 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/03/12 04:18
偉大な大先生はそれも悟ってます

157 :山崎渉:03/03/13 13:34
(^^)

158 :名無し・・・よ:03/03/14 00:22
悟りとは、「苦悩から脱出する術」では ありません
苦悩から 脱出しないと悟りは開けないんです
悟り=「苦悩から脱出する術」 では なく 
苦悩から脱出→悟り→真理です
宇宙のすべてを理解する術は 悟れば 勝手に 入ってくる 
おまけ みたいな ものです 術では 無いですが

偉大なる偉大な大先生は、すばらしい 人だと 思います
しかし まだまだ 今以上 成長 出来る 人なのですが
地位と名誉と実績のしがらみで もう 進しかない状態です
人間は みな 平等であり 上も 下も ありません
偉大なる 大先生も 人間ですから 間違える 事もあります
エジソンなんて 何度 失敗した事か・・・それでもやり続けた
ですから 間違えは 間違いで これから 何を するか です


 


159 :名無し・・・よ :03/03/14 00:40
なんか 偉大な 大先生が 間違えた みたいな感じになって
しまいましたが 伝えたい 事は 偉大な大先生と 呼ばれれば
最高点に なって しまいます それ以上成長しないんです
その 成長を 止めているのが あなた たちです

先生は 生徒に 教えます  生徒は 先生から 学びます

先生は 生徒に教える事によって 生徒から 学びます

生徒から 学ぼうとしない先生は 井の中の蛙に なってしまいます

ですから 偉大な大先生に 悟すのは あなた です

160 : :03/03/14 03:32
    
おじゃまします。マルチポストですみません。
2ちゃんねらーで反戦ポスターを作ろうという企画があります。
是非、知恵をお貸し下さい。ちょこっとだけ反戦に参加して下さい。

http://academy.2ch.net/test/read.cgi/art/1047545284/

|
|_∧
|,,゚Д゚) 我々の無責任な善意をチョコットだけ反戦に!
|  /
| /
|/
|
おじゃましますた。


161 :フナ・スキン:03/03/16 10:49
知っている事を 知らない世界の 住民

ほとんどの人が 自分が知っていると言う事に 気付かずに 生活しています

そして 常に 支配されています その支配から逃れるには 自分を捨てなくてはなりません

自分を守ろうとすれば するほど その支配から逃れる事が 出来なくなります

162 :アナル・スキン:03/03/16 23:27
例えば、失恋したとして、それをおぎなうのに、何するかっつーと
泣く奴は、まだ救いようがあるけど
やけ食いしたり、新しい異性さがしたり、暴れたり、飲んだり・・・
行動は、それぞれなんだけど、自分の経験で体が勝手に、おぎなおうとするんだよね
。淋しいとか悲しいとかをごまかす方法を知ってるんだよ
で万引きしたり、麻薬やったり、他の人にやつあたりしたり・・・
淋しいって感じをそのまま受け入れないで、行動は、自分の知ってる
対処方法をとる。それは本能的に、気付かないまま、今迄の経験で一番いい
その場から逃げる方法を、選んで行動しちゃうんだよね
なんか言われてカチンときちゃうのも、それっ、自分では、喧嘩しようとは
思ってないんだけど、けなされたり、馬鹿にされたり、ないがしろにされたり
すると、スイッチが入って、殴ったり、言い返したり、シカトしたり、恨んだり
でも、その人は、わざと怒らす為に、言ってない事の方が多いんだけど・・・
何しろ経験で勝手な判断と行動が自分の中で、知らないうちに起こってるんです
自分は、楽しくやりたくても、周りが、そうさせてくれないのは、
自分もそうだけど、皆がみんな、自分を守ろうとしているからじゃないかな

163 :ししゃ:03/03/17 09:29
 ‥‥そうですね。そこに気がつくというのも悟りでしょう。
 以前の書き込みか、他の場所での事ですが、もう一つ大切なことは悟った後です。
スナフキンさんの言わんとしてることの一つにもかかり、ここでどうどう巡りになる‥‥
 断ち切るのもいいが、それは一つの側面からすれば思考の切断となり、それらと
向き合うことを拒絶することにもつながります。
 無念無想という境涯に至るのもいいですが、裏を返せば無欲になることを望むなら、
なぜ人間として存在するのかというお約束の壁に当たる。そこに意味や価値を見出す
の素晴らしいことです。しか、それが万人に通じるかといえばそうじゃない場合が多
い。辿り着く答えは一つだろうと、工程(考程)に意義がある場合があるのだから。
 何事も押し付けではなく、その悟りに至った一つのケースを提示し、そこから自ら
に当てはまるかどうかの思考の余地を残すことが大切かと愚考致しております。私は。



164 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/03/17 18:43
            ノ ‐─┬       /
          ,イ  囗. |      / _ 丿丿
            |    __|    ―ナ′
                     /  ‐' ̄
              ,‐       /
            ナ' ̄       /   、___
     /      ノ`‐、_
    / _ 丿丿  _メ       | _/
  ―ナ′     〈__         X / ̄\
   /  ‐' ̄               / V   /
   /       \   l       レ ' `‐ ノ
  /   、___  Χ ̄ ̄〉
             \ 丿       /
              \          / _
                    ―ナ′__
     | _/       ̄ ̄〉     /   ,
    X / ̄\       ノ     /  _|
   / V   /             /  く_/`ヽ
   レ ' `‐ ノ  ―――'フ
              / ̄      ┼┐┬┐
               |          〈 /  V
              `−      乂   人

            ┼‐      |  ―┼‐
            ┼‐       |    |
            {__)      |   _|
                      |  く_/`ヽ


165 :ししゃ:03/03/17 21:15
>>164
 そういうな。ダメな人間ほど他人の弱さや辛さをよく理解できる素晴らしい
人材だ。そういう者こそ自覚して立ち上がれば、今のすさみ冷え切った人間達
の心を癒すだろうに。
 間違ってるのは、他人より優れてると勝手に思い込む者、思いたがる為に
 他人を陥れてまで優れてると誇示する者がいることだ。
 そういう人間が、己の「心/社会的地位や立場/評判等」を保持しよう
とする限り、それにより保身をしようとする限り、世の中は良くならない。
 逆を言えば、そういう者達が内心恐れてること(地位の没落/情緒不安
定/悪意の標的)は、彼ら自身が生み出してるのだから、馬鹿げている。
 これは警告だ。
 世の中平等平等と言ってはいるが、そんなことはできない。人それぞれの
肉体的(物質的)優劣と、成長過程の環境による精神的(非物質的)優劣が
あることに慈悲の心を示さない限り、
『貴方方は更に己の首を締めることになる』。
 信じる信じないは構わない。
 ついでだ。事態を大きくした、いい例(シナリオ)が事を起こそうとしている。
 西洋の「優れてると自称してる、群れ集う星を掲げる移民の末裔達」は
「その情けない過去を払拭する為だけに戦を起こそうとしてる」。
 ばかげた話だ。そんなものはすでに価値を無くし、その威光さえないただ
の代物に成り果てていることに気がついてない。
 彼らに天使と呼ぶ存在の加護は無い。あのときと同じように悲鳴を上げている
のに、彼女らの声に耳を傾けようとしないのだから。
 突き動かさせてるモロモロは、ただの固執した妄念、亡者どもだ。かの末裔は彼ら
の過去の妄執と同調し、また同じ過ちを繰り返す。
 そして勝利者のいない静かな泥沼が全てを飲み込み始める。
 黄土色に身を包み荷物を背負う、陰鬱な表情の日本人青年達の出兵という未来
が実現することを望まない。
 なんてな‥‥。

166 :フナ・スキン:03/03/20 22:55
正義 と 言う名の 殺人が 叉 始まってしまいました

この世に起こるすべての事柄は 
すべてが 正しくて すべてが 間違ってます

先生にとって 正しい 事は 生徒にとって 間違った事です
生徒にとって 正しい 事は 先生にとって 間違った事です

上司にとって 正しい 事は 部下にとって 間違った事です
部下にとって 正しい 事は 上司にとって 間違った事です

社長にとって 正しい 事は 社員にとって 間違った事です
社員にとって 正しい 事は 社長にとって 間違った事です

親 にとって 正しい 事は 子供にとって 間違った事です
子供にとって 正しい 事は 親にとって  間違った事です

人間にとって    正しい 事は 他の生き物にとって 間違った事です
他の生き物にとって 正しい 事は 人間にとって    間違った事です

地球にとって 正しい 事は 人間にとって 間違った事です
人間にとって 正しい 事は 地球にとって 間違った事です








167 :スナ・フキン:03/03/20 23:03

あなたに とって 正しい 事は  

     わたしに とって まちがった 事です

わたしに とって 正しい  事は

    あなたに とって まちがった 事です

168 : 名無し:03/03/22 23:53
昨日は 赤い血が たくさん流れました
今日も 赤い血が たくさん流れました
明日も 赤い血が たくさん流れるでしょう
でも

169 :名無し:03/03/22 23:57
これが、緑や、青い血だったら
誰も気にしないでしょう?

170 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/03/24 10:34
悟りのページ
http://teddyangel.com/


171 :名無し・・・よ:03/03/25 17:35
↑遠隔ヒーリングを行っている知り合いは、けっこういますが
ヒーリングでトラウマが解消されるっていうのは、すごい話しですね
今迄たとえば18才の人なら18→17→16・・・と、年令を下げていって
その時の嫌な体験やショックを受けた言葉、やり残した事等を
記憶を消すわけにはいかないので、その事実を認識し、そしてその事柄に
許可を与えるという方法を行ってきましたが
ヒーリングで(何かでごまかすのでは無く)解消されるのなら
こんなに、良い事は、無いですね


172 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/03/26 02:48
そもそも、「神」でもないたかが人間の分際で「悟る」など無理。おこがましい。

173 :ししゃ:03/03/26 20:03
>>172
 卑下することはない。
 人間はすべからく、哲学者の素養をきちんと持っている。
 ただ、それを表に出させない気風があるために、貴方のような言葉を書き込ま
ざる終えない、考えざる終えないと「思い込まされてるだけだ」。
 だれが、どのような目的でなのかについては>>165に含ませてる。
 これはなにも「生ある人間だけを対象にはしていない」ことだけは、忘れないで欲しい。

 

174 :スナ:03/03/31 21:42
自分の中にある輝きを忘れないで下さい

175 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/04/02 23:50
悟りという無限なるものの
1cmくらいは悟れたと思います

176 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/04/03 01:58
おれはおれでみんなはみんなだ

177 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/04/03 03:02
おれはみんなでみんなはおれだ

178 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/04/03 15:17
おれはみんなでみんなはおれだ

179 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/04/03 16:56
おれがあいつであいつがおれで

180 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/04/03 21:52
あいつはあいつであいつはあいつ

181 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

182 :山崎渉:03/04/17 09:05
(^^)

183 :山崎渉:03/04/20 04:13
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

184 :十住心論第九極無自性住心(その1):03/04/22 04:06
ネタ切れのようだから、私の経験談を披露しよう。
一般に「悟り」についてあからさまに披瀝するのは日本人の心性に反するようなので、
このようなことを語るのははばかれるところなのだが、これは体験者の責務であるとも
思える齢に達したので、臆することなく語りたい。
私の仏教体験の端緒は河合隼雄の「明恵、夢を生きる」。27歳ごろの事。この本には、
明恵が華厳に執心する様が描かれていたと記憶している。あれほどの明恵が依拠した
華厳とはなんなのか、探求したい欲望に駆られ、色々華厳関連の書籍を紐解いた。
内容の緻密さでは、井筒俊彦が秀逸だった。岩波で著書が出ている。彼の論は、仏教
思想のみならず、道教やイスラムのスフィーズムにまで及んでいる。
華厳の「事」と「理」、それに「重々無尽」という概念について、とことん突き詰めていった。


185 :十住心論第九極無自性住心(その2):03/04/22 04:08
すると、成るんだよ・・・自分が世界で世界が自分だという感覚に。
机を見ても壁を見ても、ああ、これは俺なんだ。何を見ても俺。俺が遍在している(笑)。
しかも、無生物でもものすごく愛しい。全てが愛しくなる。じゅわ〜っと、愛しくなる。
>>176>>180は茶化した物言いだが、あれは本当だ。穿ってみれば、>>176は知っている
のかもしれない。まあ、買いかぶりかもしれないが。普段は自分に対して外在している
としか思えなかった物質が自分と同一だと感じる妙な感覚。それから、経典一般に
説かれているような無上の「寛喜」。その上、無条件に存在者から抱擁されているかの
ような安堵感。きっと、今はもう記憶をなくしてしまっている、英児の頃の、母に慈愛を
もって抱かれていた時のような感覚。仏恩とは本当だ。悟るとは英児に帰ること。
空間が粘っこく感じる。動作が弛緩する、というか浮遊するような感覚。何を見ても顔が緩む。
そんなことが、二日ほど続いた。さすがにこれでは仕事が出来なくなると思い、少々
焦った。そしたら、二日でこの感覚が消えた。(私は普通のリーマン)。
ちなみに、寺院での修行は全然行なっていない。水行とか、そういう類のことも無し。
ということは、出家しなくても一定の水準には到達するのだろう。(寺は要らないが、
邪魔でもない、そんなところが私の本音)
最近、弘法大師の「十住心論」を読んでちょっと、驚いた。第九巻は華厳なのだが、
弘法大師は当時、既に井筒俊彦のような華厳の哲理の解説を書いていたのだ。それも、
華厳の思惟の方法まで・・・。華厳を経た私には、うなづけることばかりだった。
しかし、弘法大師は言う・・・、極無自性住心(華厳の悟り)は真言の初門に過ぎない、と。

186 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/04/22 07:47
牧場の少女サトリ







ってかサイドスローやってた頃が懐かしいや( ゜д゜)、ペッ

187 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/04/22 08:45
>>185
ところで坐禅はされなかったのですか?

188 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/04/22 09:41
>>185
すばらしい、あなたのレベルになったからこそ、弘法大師の
偉大さにきがついたのですね。
あなたが曼荼羅を見たら、なるほどと実感できるんだろうなあ。
わたしは僧侶になりたてですが、刺激をうけました。

>自分が世界で世界が自分だという感覚
まさに、大日如来。すべてが大日如来である。
生きる励みになりました。ありがとう!
「悟れば大日、迷えば凡夫。」か。。。

人はいろんな囚われがあって、意識改革をすることで
物事をありのままに、囚われなく見ることができるという。
世の中に大日如来が遍満している事にきづくという。

座禅とは、本来は心の整理(精神統一)であって、座禅をするから
悟れるわけではないと思います。



189 : :03/04/24 00:40
群馬拳

190 :フナ:03/05/19 14:27
夢の中から戻れなくなった人っているのかなァ

191 ::03/05/22 00:11
今のオレがそうですが
 社会から引き篭もっている事がそれを現しています

コレが一歩になればと思い書き込ませていただきました

まぁ構ってちゃんなワケですがね〜♪

192 :山崎渉:03/05/28 14:38
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

193 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/05/28 23:04
(悟り)って一つじゃなくて たくさんあるよ
そして 最後は(悟れない)事を(悟る)んじゃないだろうか


194 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/06/02 21:12
スナ・フキンさんはじめまして、あなたに紹介して頂いた方法を試しています。
少しずつ始めているのですが、お酢を飲むとありましたね。どの位の量を飲んだらよろしいですか
おちょこに半分位を飲んでみたのですが、気持ち悪くなってきました。
でも慣れれば大丈夫とは思うのですが、大体の量を教えて下さい。

わかりやすく書き込みをして頂いてありがとうございます。
続き楽しみにしてます。

195 :194:03/06/09 01:42
毎日見に来てたけど
みんなもう来ないのかな・・・・・ショボーン

参考になる事が多いな、と思ってたのですが残念です。
だれか悟りについて雑談しませんか?


196 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/06/10 20:48
悟るより、もがいてるほうがある意味で楽しいかも。

197 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/06/10 20:59
夢をみますた。
高いところから落ちて、地面にぶつかったとき、
人間だった私は、硬貨になってました。
硬貨になった私は色々なところを巡り色々見聞きするのです。
意思はあるのですが硬貨ゆえ誰ともコミュニケーションすることができず、
傍観者の立場です。
そしてある日、なぜか鍋のなかのお湯の中に落ちてしまいました。
そして目が覚めました。
そのときふと万物には意思があるんぢゃないか。
人間に生まれたのは他者と交流するためなんぢゃないかと。


198 :山崎 渉:03/07/12 12:31

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

199 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/07/12 22:54
そういえば、Y子ちぁんという子が、遠隔ヒーリングを出来る力を持っている。



200 :山崎 渉:03/07/15 12:58

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

201 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 03:29
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

202 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/02 04:34
悟りってなんですか?
たとえば1+1=2がわかったのって悟りですか?

203 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

204 :オバカ:03/08/02 15:24
>>202
極論としては正しい。

例えば、悩み事があって病んでいる
      ↓
    熟考して、原因を見つめる。
      ↓
    原因の消去
      ↓
      解決 解決する事へのプロセスを探し発見する事。
         マーフィーの法則なんかも悟りといえば悟りかなぁ
    でも宗教的には呪術的な要素もあり一様には言えないが・・・・。


205 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/02 16:58
悟り・・・ね
開いたら開いたで真っ当な人生歩けそうに無いな…


…明けの明星でも見て考えるか。

206 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/02 21:31
つまりは時代時代によって
わかったような気になるってことでしょ?

207 :尊師:03/08/02 21:32
みんな解ってないの〜。それじゃ〜尊師より一言、

「過去をはなれよ!未来をはなれよ!現在をはなれよ!
 これ生死の彼岸に至れるもの。
 こころ一切を解脱らば(悟らば)、また生と死とにゆかず。」

 悟りとは悟らで悟る悟りなり、悟る悟りは夢の悟りぞ! 

208 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/02 23:50

 知 る 者 は 語 ら ず

 語 る 者 は 知 ら ず



209 :207:03/08/03 06:50
>>208
不徹底、それも言うなら、
「知る者は言わず、言う者は知らず」(「老子」二十二章)

悟った者なら、こう言う、
「語黙動静体安然」

210 :208:03/08/03 15:31
少々の違いがなんだというのか。


211 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/03 18:03
世界の全てを知るには未だ遠い。だが
仏と対話をすれば悟るって事が分かった。仏と対話をして自分が仏になればいい。
いつか僕も仏に成ることを目標にしている。

所で万人同じきっかけから悟るのだろうか。もし悟るとすればお寺でお経を唱える
ことくらいであろうか。


212 :207:03/08/03 20:55
>>211
仏になるより、仏でおれば良いがナ。「衆生本来仏なり」。

213 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

214 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

215 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/04 19:34
僕にとっての悟りとは、雲水のように世俗を捨てて修行しさまよい
歩くのでもなく、ムズカシイ事を言って大切な人を困らせるのでもなく、
こうして手をつなぐことのできるあたたかい手があって、帰ることの
できるおうちがあることだと思った。

これ以上、僕にとって自然なことがあるだろうか。

by 塩野陽平 (岡野玲子 ファンシィダンスより)
つ〜のもありましたな。

スレ違い風味なのでsage

216 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/04 19:35
限りなき氷山の一角を悟りました

217 :オバカ:03/08/11 23:10
>>215
それって普通じゃん。
もっとエキサティングなものキボン。

218 :軍人:03/08/11 23:34
悟。
聖職者に限らず、
退役将校やスナイパーも、武道家もそんな感じに見えるのだが・・・


219 :玄奘:03/08/12 04:54

悟りとは心身一如の窮地である!

220 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

221 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

222 :自由人:03/08/12 08:49
悟りとは、
「平常心」これ、どう。

223 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/12 12:15
>>222
みんゴルかよ!

224 :山崎 渉:03/08/15 17:51
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

225 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/07 22:29
あげとく

226 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/12 10:17
>>185
始めてこのスレを拝見したとき、カンラカンラ笑うてしまったわい。
LSDや大麻を吸っていたのとちゃうか。
自我亡失っていうやっちゃな。こんなのは悟りでもなんでもないわい。
俗人でも女人を抱けば瞬間瞬間悟れるワイ。


227 :軍人:03/09/14 00:14
>>226
抱かずとも接吻だけで十分。
ようやくわかった・・・

228 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/14 00:45
おれ一回悟れた。
目の前が天井つい抜けて
千里眼みたいに見通しよくなったみたいなのと
数学の公式計算がキレイに解けた気持ちよさと緻密さ。
でも今や細かいとこまで忘れてしまった。
火が熱いとか日常ででかい事って忘れるはず無いのに
こういう悟りの部分だけは忘れるように仕向けられてるかとぞっとした。
これ何回も思い出せるようになって体得するんだね、
空海とかそういう人、一回はそういう高等な人たちも生き物だから
悟りってどんなものか薄れるんじゃないかな

229 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/14 02:24

悟りにも色々段階が有るけど。

とどのつまり、生きている限り、己には限界が有るって事を知ること。

これ超えたら本当に成仏しちゃうよ〜ん (ハート)

230 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/14 07:00

問題は其処(大悟)からどの様に生きて行くかって事。
異論は有るかも知れないが、漏れ的には西部邁等は
確実にそのレベルを超えていると思う。

231 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/15 02:39
悟り・・・覚りねぇ?

不立文字って言葉があるけど、その通りなんだろうね
概念やら自我を超越した境地だろうから、概念である言葉で説明できるはずが無い

だから、覚りの世界そのものを説明できるはずが無いし、無理に説明したら、
恐ろしく抽象的で陳腐な言葉の羅列になってしまう

だから、お釈迦さんのように悟りとは何か、散文的に説明せず
喩えを多用して布教することになるのでしょう

>>226
覚りとは、苦しみの根源である我が滅却された境地のことでは?

覚醒剤をキメて忘我るのと、修行によって覚るのとの違いは・・・
前者が無意識の海で・・・存在と非存在の狭間で・・・溺れてしまうのに対し、
後者はバランスを保って泳ぎきるかの違い・・・とか聞いたな

232 :231:03/09/15 03:10
うん・・・>>231では>>1の質問に答えた事にならないですな

えーとね

覚りの境地とは何か?
その存在を証明もできないし、説明もできない
仮に説明しようとしても覚っていない人間には理解できない
(お釈迦さんも大悟の直後、そのまま入滅しようとしましたな)

「覚りの境地とは何か?」を説明できない以上、覚者の覚りの真偽を確かめる事も余人にはできない
したがって過去に覚れた人がいることを、証明する事も不可能である
・・・が答えになりますかな(笑)

もっとも、覚った人の前に立ったら、なんとなく覚っているかどうかは判るものなのかもね?
・・・まあ、オウム信者は、そうやって麻原に一杯喰わけでしょうが

233 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/15 03:17
一言で言うと、

「有無を超えた世界である、覚りの境地の存在を証明する事はできない」

したがって

「覚りを得た人の存在も証明できない」



覚者の存在を証明するためには、まず覚りとは何かを具体的に説明しなければならないでしょう
で、それは無理なのでは?

234 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/16 01:44
>>1に言える事は

自分で悟ったと確信出来てないと。
他の覚者の見分けも出来ないってこった。
他人に聞いてわかるもんでは無いな。

235 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/19 15:41
悟りの境涯がよく描かれている。

白隠禅師坐禅和讃
衆生本来仏なり 水と氷のごとくにて
水を離れて氷なく 衆生の外に仏なし
衆生近くを知らずして 遠く求むるはかなさよ
たとえば水の中にいて 渇を叫ぶがごとくなり
長者の家の子となりて 貧里に迷うに異ならず
六趣輪廻の因縁は 己が愚痴の闇路なり
闇路に闇路を踏そえて いつか生死を離るべき
それ摩訶衍の禅定は 称嘆するに余りあり
布施や持戒の諸波羅密 念仏懺悔修行等
その品多き諸善行 皆この中に帰するなり
一坐の功をなす人も 積みし無量の罪ほろぶ
悪趣いづくに有ぬべき 浄土即ち遠からず
かたじけなくもこの法を 一たび耳にふるる時
讃歎随喜する人は 福を得ること限りなし
いわんや自ら回向して 直に自性を証すれば
自性即ち無性にて すでに戯論を離れたり
因果一如の門ひらけ 無二無三の道直し
無相の相を相として 行くも帰るも余所ならず
無念の念を念として 謳うも舞うも法の声
三昧無碍の空ひろく 四智円明の月さえん
この時何をか求むべき 寂滅現前するゆえに
当処即ち蓮華国 この身即ち仏なり




236 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/22 04:23

それちがうだろ


237 :守道人:03/09/22 07:41
>233
 234に一部同意。
 逆にいえば、「悟れてない」ということも、
 それを指摘する為には、
 「悟りとは何かを知って無くてはならない」
 と、なりませんか?

 なぜなら、間違いを指摘(正す)には‥‥
 「知識・知恵・経験等から、その因果関係に適した答えを提示する」
 ことができなければならないのだから。

 ようは、自他共により良い生活をするにはどうすべきかを常に考える。
単独で創意工夫するだけでなく、己一人では生きれない世界であること
を受け入れればいい。そうすればおのずと、自他協力を意識するように
なり、「生活」することの大切さを知ることができる。
 そこから応用していけば、自ずと未知なる道は満ちたモノとなる。

と、いうことでどうだろう?

238 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/22 18:13
曹洞宗では悟りを求めません。


239 :234:03/09/23 06:36
>>237
>己一人では生きれない世界であること
>を受け入れればいい。

己一人で生きる事すら出来なくて何の修行ですか?
仙人やヨギは一人で何年も山に篭ることも多いはず。
小野田さん横井さんも一人で生きていた。

それを言うなら、一人では子孫を残せないと言う事。
当たり前の事ではあるが。
発展させると生命の存在意義や愛に行き着く

240 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/23 09:41
ボーズ凝縮した坊主こそ、悟った坊主です。

241 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/23 12:19
小野田さんや横井さんは霞を喰っていたとでも言うのかね。

242 :通りすがり:03/09/23 13:57
以前にもどこかに同様の事を書いた気がするが…。
春秋社に『回想 山本玄峰』(玉置辨吉編著)と言う本がある。
その中に玄峰老師の法嗣、中川宗淵老師が玄峰老師の生涯を簡略に紹介された
提唱を原稿起こしした「玄峰老師年譜普説」という文章がある。
その中で宗淵老師は玄峰老師が八幡の宗般老師の法を嗣がれた下りで
「そういうご修行をやって、見性宗般老師の法をお嗣ぎになって、一人前になられたのです。
何も、それで修行が終ったのではないけれども、もうこれで何処に出ても、
何処に転がしておいても、一人で修行が続けていけるという証明であります。」
と述べておられます。
至言だと思います。以来、私は「悟りとは何か?」の問いに、
「何時でも、何処でも、修行しつづけられるようになる事」と答えております。
ですから悟った人とは、「何時でも、何処でも修行しておられる人」であり、
「死ぬまで精進された人」でありましょう。

243 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/23 16:46
>>241
> 小野田さんや横井さんは霞を喰っていたとでも言うのかね。

>>237の文脈からすると自他とは人間の係わりを指している。
君の言いたい事は判るが。

244 :軍人:03/09/24 00:49
心は静寂なる湖の如く
動は流れ落ちる滝の如く。

武道だとこう言うのだが・・・

245 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/29 12:51
講釈よか存在  

246 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/29 21:48
すべては不二のもの。

247 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/30 00:12
万物流転
悟りの境地もナ

248 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/30 01:24
<血液型O型のいかがわしい特徴>( すべて許していると調子にのってつけこんでくるぞ!! ) 
■その道の達人をコケにして安心しようとする。あいてがこちらより少数のときだけやたら強気。才能ある人間を歪んだ目でしか見れない。
■場所が変わると手のひらを返すように態度が豹変する ( あの連中の中じゃヘコヘコさせられてきたが、うちに来たら見ていろ! 礼儀を教えてやるぜ。 )
■読みが浅い。粘着に睨まれる事を言っておきながら関係ない人に振り向けてバックレようとする姑息さ ( どうせ>>1さんはヒッキーでしょ? /  大阪人だってジサクジエンしてるぜ )
■早とちりが多く、誤爆と気付いても釈明できない。イイ人を装って忘れる ( そういう土地柄だったのさ ) だが他の人の勘違いは許せない。
■話題と関係ない個人攻撃で場の空気を陰険にする。次第に耐え切れなくなりあきれて話題をコロコロ変える。
■いつの間にか恩を貸してるように振舞うが、自分のためであるということを見抜かれる。恥ずかしさをごまかすために大袈裟にキレるが相手がキレると今度はビビる。
■顔が見えない相手に対しては毒舌かつ強気。面と向かった相手にはやたら弱気で人が言ったことにする ( 俺が言ったんじゃないんだけど、Aさんがあなたをアホかとバカかと… ヒヒ )
■無理な人の真似を勝手にしておいてケチだけつけ、批判される所には現れない。自分が観察される側になると極度に焦る( 直接対決が苦手。言い返されにくい状況を計算する )
■自分が企んでいるのに相手を悪人に仕立て上げ、己の為に餌食にする。攻撃を誘って自分の憎悪に酔いしれる。人の裏切りを許せないわりに自分の裏切りは覚えていない鈍感さ。
■世間に通用しないような事ばかり繰り返して自分に課した目標から逃げる。あげくに人のせいにして相手にわからない方法でキレる。
■半端な人生経験により集団的にばかり相手を気にする ( 君のような人はウチでは…  / ○さんによく似てるから駄目だろうね… )


249 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/30 23:49
「悟り」とは「物事は自分の思いどうりにならないと知ること」だよ。みんな
あきらめが悪いからじたばたしている。
むずかしいこと言う人がいるけど、悟りってほんとは簡単なの。でも世の中は
悟りたがらない人が多すぎる。「夢」とか「希望」とかを求めるとか云ってその実
我欲に走っているだけだってことに気づかない人がほとんど。

250 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/04 18:16
苦とは何かを知っただけでは

251 :てんてるだいじん:03/10/14 23:25
悟りなんて大したことネーゼ。
憧れるのは解るけどな
それよりさっさと子供作れや。

252 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/15 00:08
誰に対して言ってるん?

253 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/27 00:19
オマエだよ(藁

254 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/27 02:35
↑成りすましクンかぁ


255 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/11 15:39
「悟り」なんてものはな、
赤は赤でなく、青は青でもないということだ。



256 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/11 20:51
誰それ上人はいついつどこそこで悟りを開いた、
っていうけど、悟ったかどうかなんて、どうやって証明すんの?

257 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/21 17:48
悟りとは「母の胎内にいた時を思い出すこと」なんて定義はどうでしょう。



258 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/25 02:21
>>257
お前の父と母が生まれる以前の、お前の顔がどんなだったかを答えてみよ

259 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/12/01 15:46
初めは みんな モンチッチだつたんじゃないかな
どんな 生物でも 生まれる以前は みんな同じ顔してたはずなんだけど

260 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/01 16:25
友達は 皆 同じ事 言うって 言ってた
友達が 悟ってるかどうかは 知らないけど
自分の考えとか 経験に関係なく答えが出るから
そうなっちゃうんだと思う

261 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/01 17:35
>>256
とりあえず 真理をマスターして 行動できる人を
悟った人と いっていいと思いまーす
で 255さんの発言に 同意では無く 同感出来る人は
悟っているか それに近い人だと思います
ただ 悟ったからって 偉くなった訳では無いですよ
行動して はじめて評価されるんですから

262 :名無しさん@京都板フナじゃないよ:03/12/01 17:55
悟りの心得 その4
人間が人間である為には人間であってはならない

263 :変なオヤヂ:03/12/01 21:10
人間とは本来悟りそのものでございます。
現状を認めず色んな精神世界を求めたり
己の外や内を探求する行いは全て不毛に終わります。
現状に対する悪あがきをやめた途端、悟りを体感される事でせう。


264 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/01 21:21
んなわきゃない

265 :sage:03/12/01 22:03
言葉なんて人間が勝手作った境界線。
「悟り」「神」「仏」を頼ること。
人に自分の人生預けてオンブしてもらって楽をしている。
規則に従い「いい子」で居るのは簡単だから。
「人は神や仏なしでも生きていける。そうでなくてはならない。
ただ、一人は辛いことがある。そんな時ちょっと手を差しのべてくれるものがあっても良いだろう?」
私はそうやって生きてきた。
人間もう少し自立してみては?

神の存在や悟りを認めることは悪魔や悪事を認めることと同じ。

266 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/02 23:51
もともと神も覚りも認めることなどできない
人の意識が認めたと思った瞬間、それは神でも覚りでもなくなってしまう

人間の言葉や思惟や自我を絶した世界
それこそが、「神や覚り」と、人に呼ばれ言い表される・・・
否、神や覚りという言葉でしか示すことのできない世界のありよう

悟りという言葉も、神という言葉も、月を示す指であると思うわけです

267 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/03 01:49
つ〜か、ここのおまえらは、ブッダ当人よりも悟ってるんじゃねえの?

268 :Imo:03/12/08 04:13
>>265
悟りや仏に頼るだと?何にも分ってないな。
そのわりに随分と講釈を垂れておるようだが。
悟りとはある意味孤独であり、自立していな
い者が到達出来る境地ではない。

269 :Imo:03/12/08 04:19
>>257はいい線いってる。

270 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/08 04:29
麻原商工

271 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/08 13:31
>>265
情けなや、情けなや、ああ情けなや。
だいぶお年を召した方のようだが
年をいって尚且つこの状態では、もう救われん。
南無阿弥陀仏


272 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/11 12:21
わからない人は悟らなくていいんだって!!
何回生まれても悟れなくて、死んだ時に後悔すればいい
普通は自分のレベルをあげたい為に生まれて修行してる
のに、あげたくなければほうっておけばいいさ。


273 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/11 15:41
>>265
>>266
その様に思索だけで、神や仏を理解したつもりでいるが、全くの見当違いと言っておこう。
オマエさんのように観念だけでは絶対に神や仏に会えるものではない。
いやむしろ、論理を重ねれば重ねるほど、本来、オマエさんに備わっている仏性からはなれて、
ますます遠ざかっていくのじゃよ。
そんな雑知悪覚を徹底的に叩きのめさなければ、まず一生涯仏に会えることはないだろう。



274 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/11 17:38
>>273
雑知悪覚は生まれた時から備わったもの。
叩けば叩くほど膨れ上がって増殖する。
そんなものイチイチ相手にしてたら
千回生まれ変わっても仏に会えんぞ。

275 :名無しさん@3周年:03/12/11 19:58
悟りを得る過程でどうしても霊能が必要になってくると言っていた霊能者が
いたけど、単なる坐禅修行だけでは、弘法大師の言う衆生秘密を探る人生修行の域を出ないのだろうか?
密教修行は如来秘密を探ることにあると言われるけど、密教僧の中には、悟った人も多いのでは?

276 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/11 20:08
悟りにおいてスプーン曲げは必要ない。

色んな道がある。
各個に合うやり方で精進すればよし。



277 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/11 20:17
血が吹き出るように

 万 物 が あ り が た い

と思ったときが悟りか。

278 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/11 20:21
ありがたいなんぞと心が言わなくなった時だな。

279 :名無しさん@3周年:03/12/11 22:22
>>1
>「悟り」ってどういう境地なの?

正確内容は覚えていないのだけど、
日の丸神道の人は、様々なことが怒涛の如く意識の中に流れ込んでくるようになると
表現していた。 意識世界が大きく広がり色んなことが解るようになるらしい。
むしろ副産物のようなものなのかもしれないけど、
釈迦が得たという、三明・六神通に近いような能力を得られるらしい。

280 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/11 23:25
それって、タダの神秘体験じゃねえの。
自分も巨大な光に引っ張られて体が引きちぎられた後、巨大な光と一緒になった事がある。
しかし、今は鼻クソをほじりながら2chをしてるぞw
霊的な修行をすると色んな世界が見えるようになるが
必要以上に神秘体験を美化すると成長を止めてしまう。


281 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/12/12 11:05
>>280
>霊的な修行をすると色んな世界が見えるようになるが
霊的な修行とはどんな修行ですか? 
悟りとは関係ないのでは?

282 :280:03/12/12 15:51
色んな修行があるが、自分が体験した時はロウソクの炎を何時間も集中して瞑想した時だった。
その時は全能感に溢れたが現実の世界に放り出された時の無能感は何とも言えないw
また、この種の体験は悟りとは全く関係ない。

283 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/12 16:03
利権屋でもなけりゃー、ヒマな野郎だ、
シ遊興に入込むなぁー

284 :279:03/12/12 22:18
>>282
日の丸神道とはどんなものかの仔細は知らないが
伝統の作法に則った修行をした人で透視能力も確かなものだった。

285 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 00:44
     /::::::::::::::::::\
    /::::::::/  丶::::::\
   /:::::ノ     \:::::ヽ
   |::::::: \   / :::::|
   |::::| ●   ● |::::|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |::::| ..      .. |::: |  <  お前らのやってることは、
   |::::\ [__ ̄] /:::::::|   │ するっとぬるっぽお見通しだ!
   |::::::::::\___/:::::::::::::|   \________
    |_:::::::::|  |::::::::(⌒)::|
     |::::::::::|-、 ,-/......ノ~ レ-r┐
   /....|::::丿|,,,,,,/.....ノ__ | .| ト 、
  /.........レ.....| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
  レ...................|/.... ̄`ー‐---‐′

286 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 16:40
  ( ・∀・). | | ガッ
 と    ) | |
   Y /ノ 人
    / ) <  >
  _/し'  . V :::::::::::::ヽ
 (_フ彡     \:::::ヽ
   |::::::: \   / :::::|
   |::::| ×   × |::::|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |::::| ..      .. |::: |  <   うにゃあ!!
   |::::\ [__ ̄] /:::::::|   │  
   |::::::::::\___/:::::::::::::|   \________
    |_:::::::::|  |::::::::::::::::::|
     |::::::::::|-、 ,-/::::::::......ノ

287 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 17:23
普段、無力感ばかり感じている者は神秘的な力に魅力を感じる。
行を積み鍛錬を重ねれば遅かれ早かれ神秘的な力を得ることになろう。
しかし、力を追い求める事なかれ。
その力を行使できる位に成長した頃には、神秘的な力の行使に魅力を感じなくなってしまうのだから。
また力を得た場所に立ち止まってしまえば悟りではなく天狗への道へと進むしかない。

普段、現実の困難の中に生きている者は広大な意識の世界に憧れる。
行を積み鍛錬を重ねれば遅かれ早かれ普段とは違う意識の世界をかいま見る事になろう。
しかし現実と感じている世界から逃避する事なかれ。
違う世界を体験した記憶があなたを虜にするのであれば、あなたの成長が止まっている事を意味する。
いっそ、禅の高僧のように魔境として切って捨てたほうが
更なるあなたの成長をもたらすものだから。


288 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 18:01
>>287
っていうことは、師が大事ということですね、やっぱり。
僕みたいな初心の者だと指針が分からず、行をすることによって
何らかの験力がついたかどうかをきょろきょろ探すわけですが、
戒めたいと思います。

289 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 18:19
戒名料批判はわかっているが,でも現実にこれがなければ寺院経済は現実には成り立っていません。

290 :279:03/12/13 21:30
>>288
>師が大事ということですね

横レス、すまそ。

弘法大師の「弁顕密二教論」を読んでみたのですが、
顕教や変化身の如来・菩薩の教えで悟りを開くとなると
非常に長い時間を要すると説かれています。

漏れも真言密教僧のところへ行って、教えを請うてみようかと思います。

291 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 22:42
悟りとは?
苦からの解放
苦をもたらす迷いからの覚醒

迷いとは?
解釈、色眼鏡、こだわり、価値観、分別、>>1が言うところの「思い込み」
正気を保たせている檻

迷いから目覚めるには?
おそらく王道があるわけではないでしょうな
正気を保ちながら、真実の世界と付き合う方法は一つではないでしょう

292 :Imo:03/12/14 00:12
過去に悟っていたのなら、現実社会で生きて行く上で
解釈、色眼鏡、こだわり、価値観、分別、がいかに生活
に役立っているかがなおさらに判ろうというものだ。

293 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/12/14 09:20
処世術に猛り、要領よく生きている人は
ある種の悟りを得ているのかも。

294 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 21:46
悟れると、異性にも興味がなくなってあらゆる欲がなくなりますか?

295 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 21:52
欲はなくなりませんが
欲にたいして興味がわかなくなります。

296 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/15 01:13
悟りへ至る過程で欲を捨てなければならない。
ただ、たどり着いてしまえば、生活のために
いかに欲が役に立っているかが実感出来る。
そして過剰な欲望に取りつかれている現代人の争いにうんざりする。


297 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/15 03:42
ありがとうございます。答えてくれたのはお坊さんなのかな。私も最近修行中で、そうなれる様頑張りたいです。

298 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/15 09:36
つぅか、欲そのものは全く問題ない。
断食などを通じて己の欲と直接対決をする手法が行者に好まれるが
断食が終わった後は腹が減り飯を食う。
問題なのは欲に心をとらわれる事と、欲で心を満たしてしまうこと。
欲にとらわれている己を見続けるなら、欲は己に対して支配力を失う。




299 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/15 15:27
>>290
>顕教や変化身の如来・菩薩の教えで悟りを開くとなると
>非常に長い時間を要すると説かれています。

なんとなく分かります。
行の目的は意図的、強制的に欲を断ずることによって、
あるいは立ち向かうことによって欲に引きずり回されないように
なることではないかと思っていますが、
欲のざわめきが真実消えたとき、
如来・菩薩のささやきが聞こえてくるのではないかと思っています。
如来・菩薩の声を聞こうという欲にこだわっているうちは
駄目であろうし、その声が如来・菩薩の声であるかあるいは
別物であるかのサニワができる師も必要ですし。

初心の者の推測に過ぎないのですが。


300 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/15 18:53
記念300
悟りは無限


301 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 02:40
自然科学的手法だけでは限界が有り悟りへは到達出来ない。
でもブースターロケットや懐中電灯位の役割は果たしますね。


302 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/12/16 07:34
>>301
ん??
電気ショックや薬品投与によって、悟りを開けると言いたいの?
そしてそれが悟りへの近道だと・・? オウム派ですつか。

303 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 12:28
自然科学とは量子論や相対性理論などの
自然哲学を指していたのだがな。求道的物理学者が
科学的手法に限界を感じてヨガへはしった。でも
科学で明らかに実証されている知識が有れば、むだな
寄り道もしなくて済むだろう。

オウムが出て来たのでついでに言っておくが、サリン事件が
起きる前までは、オウムを評価している著名人は沢山いた。
あの組織は二重構造に成っている。あんたは負の側面だけを
見ているようだが、オウム的手法で悟りを得ている者が居な
いと断言出来るのかね。
私に断言出来るのは、そのような見識ではあんたが悟りから
程遠いレベルにいるということだ。


304 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/12/16 13:32
>>303
>オウム的手法で悟りを得ている者が居ないと断言出来るのかね。

オウム手法で悟りを得た麻原は、自らを最終解脱者
と自慢していましたが、あんな犯罪者にはなりたくない。
てか、サリン事件以前でも、TVで見た限りでは精神異常者としか見えなかった。

305 :糞貯よしお:03/12/16 15:09
量子論とか不確定原理の事かしらん。
まぁ、知識は体感してこそ意味があるのだが。。

ちなみにオウムの求道者にも真面目な奴はいっぱいいたと思う。
オウムに限らず他の教団にも言える事だが
悟りへの道とは、瞬間・空間に我を溶かす事であるにも関わらず
無理・無知な修行により、かえって我を強めてしまう事が多々ある。
我を強めすぎると変人のまま終生をむかえるだけなのだが。

306 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 16:35
悟るのにおクスリを使うのはチベット仏教でもやっていたの?

307 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/12/16 16:40
シャーマンなども、トランス状態に入るためのクスリを使うようだけど、
悟りとは関係ないと思う。

308 :糞貯よしお:03/12/16 18:28
何だか薬の話になっとるなw

意識飛ばすんだったら薬は手っ取り早いが
金もかかるし癖になりそう。悟りとは関係ないし。
意識飛ばしたいだけだったらナチュラル・ハイを目指すべし。

309 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/12/16 20:09
>>299
原始仏教では、三業浄化を勧めますが、密教では身口意の『三密加持』と
言われるのは、煩悩即菩提であり、欲を浄化するだけで良いのではないのでしょうか?
漏れには、その意味は言葉でしか、よく解らないのですが・・・ 
悟りに関して語っていた日の丸神道の人は、気分転換には酒飲みながら”乳もみ”するのが一番
とか言ってましたよ。 欲を抑え過ぎるのもストレス過剰になり、返って悟りから遠ざかるのでは?

310 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 22:40
神道に悟りなんか無いって。
適当なこと言って、宗教者ぶってるだけ。
まあ、正直であることは神に愛でられる第一歩ではあるのだが、
積極的に罪穢れを求めては本末転倒だ。

私的に悟りとは、日常生活の中で、心が満たされたときに訪れる境地で、
心に波が立った瞬間に去るものだと思っている。
だから、波が立たないように心を整えることが大切で、
毎日毎日が修行なのだと思っている。
(↑みたいに批判的なことを書くと心が少し乱れる。
 わかっちゃいるのにやめられない。
 そういう意味じゃ、2chはいい修行場だ)

311 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/12/16 23:10
>>310
>神道に悟りなんか無いって。

日の丸神道は、神仏習合。
それに、廃仏毀釈で神仏が分離されたので伝統の血統では
神道でも悟りに関することも伝わっているようだけど。
詳しいことは知らないが。

312 :imo:03/12/16 23:31
悟りが不変のものであれば、宗教にかかわらず
似たようなものが訪れると思うのだがな。
合気道の開祖植芝盛平の著書を読むと結構ディーブだ。
例えば丹田とチャクラの相関性等が有るとしたら、
神道でも梵我一如相当の事は起きるんじゃないかな。

313 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 23:46
ダンサーズ・ハイとか?

314 :糞貯よしお :03/12/17 01:00
神道だけではなく皿洗いをしてても悟れる人はいると思う。
形式が必要な人とは、とらわれの多い人でもあるし。
宗教的な技法は、悟りへの近道みたいなもんかな。

315 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/17 01:34
>>314
そうだね、悟りを宇宙との一体化の体験とすると
ひょんなことで悟りを得てしまうことは往々にしてあると思う。

昔、胎内宇宙というAVをみた。
トラウマで不感症になってしまった女が、代々木忠っていう
結構有名らしい監督にイカされるんだけど。
彼女の感想は宇宙との一体感そのものだったよ。


316 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/17 11:21
>>314 内職みたいな単純作業中によく悟りが開けます。

317 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/17 13:19
お祈りも良いけどみんな、あんなのホームページ遊びに&書き込みに
きてね!(自作自演CMでごめんなさいー★どうしてもここに書けば有名になれるって着聞いたから
応援してほしくってー!)
http://mippi.jp/anne/

318 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/12/18 18:58
>>315
>結構有名らしい監督にイカされるんだけど。
>彼女の感想は宇宙との一体感そのものだったよ。

やはり、悟りというよりトランス状態。 昇天の類だろ。

http://www3.plala.or.jp/freya/tachikawa-ryu.htm


319 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/18 19:16
トランスつ〜か肉体レベルの意識を超えるのは
まずは性的エネルギーの開花だかんね。
ギリシャやインドはエロチシズム文化を容認していた時代もあるし。
長年美徳の名前のもとに性エネルギーを抑圧してたから
コントロールの達人がいない。
ちなみに↑は悟りではなく、異なる意識層を見ただけだと思う。

320 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/18 21:21
電気ショックで悟りが開ける?
それって 正解です よくきずきましたね
あなたは 次のステップに進んで下さい

321 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/18 21:31
どんな状態が人間にとって一番幸せなのかを考えれば、
悟りとは何か、もそのうち解る

322 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/18 21:56
悟るっつってもぴんからキリまであるけどね
例えば乱暴な人に近づかないのは危険と悟ったから
とか
極端だけどこれも悟りだね

323 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/18 22:05
>>322
随分無茶苦茶な悟りだな

324 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/18 22:10
悟りなんて無茶苦茶でいいんだよ
そんなことより気づいていくことが大事なんだから

325 :imo:03/12/19 02:01
人に依って悟りの捕らえ方が違うから
どうも噛みあわんなぁ
あんたの悟りってどんなこと?>>318>>319

326 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/19 02:48
悟りそのものを否定する所に悟りがあるだろうな。
「捨て果てて 身は無きものと 思えども 雪の降る日は 寒くこそあれ」
でね。

327 :imo:03/12/19 15:00
生きて居る限り、常に悟りの状態に在るというのは
不可能ですね。

328 :ぼうず:03/12/19 19:50
わたしは、自分がいかに小さな人間かということだけは、サットッテいる。

329 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/19 21:09
先週、子供と遊んでいたら、すごく幸せな気持ちになって、
自分自身の一生は無駄ではなかったのだと悟った気持ちになった。
しかし、その五分後、つまらないことで子供を怒鳴りつけている自分がいた。

次の日、子供が膝の上に乗って、パパ、あまり怒らないでね、と言った。
私は、泣けてしまって仕方がなかった。

330 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/20 11:08
小悟の積み重ねが大悟へと繋がる。

331 :糞貯よしお:03/12/20 17:10
>>328
小さな己が見えるのは大きな心をお持ちなのでせう。
ありがたいことです。

332 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/22 01:45
世の中は無常、無常であり、人は有常、有情を求める・・・。
これが悟りだな。

333 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/22 08:28
喝!

334 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/12/22 19:38
>>325
亀レス、すまそ。
釈迦や弘法大師の得た悟りを想定しています。

335 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/22 20:58
人間死んだら終わり。
悟るもへったくれもない。
だから精一杯生きるのみ。宗教など邪魔なだけ。

336 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/23 00:31
周囲により生かされている事を悟れば
宗教の目的も理解される事でしょう。

337 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/23 01:45
死んだら終わりですか?
生命とは何ですか?

338 :ふな:03/12/23 02:46
死んでも 終わり ません
また やりのこしても 終わりません
生命とは あなたが 何 しようが どう生きようが 関係なく
流れる 時間のなかで あなたが ただたんに 生きている
ただ それ だけ です
もしも 出来るとしたら あなたが あなたの 人生を 楽しいものに
してあげてください

339 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/12/23 03:30
>>336
周囲って誰
宗教の目的って何

340 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/23 03:52
>>338
もっと説得力の有ること言ってください。
何の根拠も示さなければ、
単に私はキリストの生まれ変わりであるなどど
ほざいてるどっかのおやじと変わりません。

341 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/23 03:57
>>336じゃ無いが。
周囲とは自然のこと、
宗教の目的は、宗教自体の維持。

個人的には周囲に生かされているって感覚は好きじゃない。
自分も自然の一部なのだからもっと能動的で有っていいはずだ。

342 :ふな:03/12/23 05:00
>>340
335さんのながれだと思ってたのですが
本当にに生命とは何か知りたいのですか?

343 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/23 05:04
>>336
お返事有り難う。
釈迦の悟りにも色々な段階が有ると思います。
弘法大師にしても悟り至る過程で宇宙との一体感は
経験している筈、其処からまだ上が有るとしたら
それは一体どのようなものなのでしょう?
彼らは悟った後にも生きていますし、何か結論めいた
ことを引き出したのでしょうが、それは理の方へ振れ
ていて、悟りそのものではなく悟から得たものなのでは
ないでしょうか?
悟りとは、考えるものではなく感じるもの、観るものだと
思うからです。


344 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/23 05:09
>>ふなさん
あなたは生命が何かを知っているのですか?
何か高みから人を見下ろすようなレスだったので、
少し反発を覚えました。
知っているのであればその見解と根拠を示してください。

345 :ふな:03/12/23 07:33
生命とは 質量の事です
人は この次元に 存在するとともに 質量を得ます
そして 死ぬことによって 質量を失います
神や仏は 質量を持つ事が出来ないので この次元には存在出来ません
この次元に存在するためには 人間として生まれ
質量を得るしか方法が無いのです
私たちは 質量を得ることによって 今ここに存在しています

346 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/23 07:54
>>345
岩なんかも生命なんですか?
分子や原子も質量がありますけど、それ単体で生命なんですか?
教えて下さいおねがいします。

347 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/23 08:55
ふな氏の発言はよく分からないが
石ころと人間の違いは、人間の場合はDNA情報に従ってチョロチョロ動いているだけ。
そしてこの世に単体というものは無いよ。あらゆる形でつながっているからね。
単体と感じているのは、普段感じている感覚とか思考のせいなのでは。


348 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/23 20:38
生命は質量というのはわかる。
次元うんぬんは理解の枠外だが、物理的なものである以上、
物理的に破壊されれば、生命も失われると言うことだろう。
氷にも岩にも質量がある以上、氷や岩の生命がある。
その形質が失われるとき、生命も無くなる。
漏れも、この形質が失われるとき、漏れ自身の生命がなくなる。
ばらばらになった腐肉と骨の生命は漏れのものではない。
それはまた、別の生命を持った「物」だ。

349 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/23 21:35
ふなさん
生命が質量であるとして>>338とどう繋がって行くのでしょうか?

350 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/23 22:41
なんで生命が質量なんですか?
わかりませんよ

351 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 02:01
確か臨終の際に体重がほんの少し減ることが測定出来たって
事を聞きかじったんじゃない。だからどうしたって事なんだけど
少なくても質量=生命じゃないわな。


352 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 02:51
違うね、生命は「知性」だ。

すべてのいきものは自己の本質に従い、知性によって行動する。

353 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 03:28
植物にも知性有るのかなー

354 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 03:32
少なくとも生命の現象面での目的は
遺伝子という情報の維持再生産に有ると思うのだが。
では、なぜに維持しなければならない?
悟っていたら解るよね。

355 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 10:01
それは宇宙が拡大し続けている事と関連があるんかな。
動的なエネルギーは拡大し続けるようプログラミングされているのかもしれん。
でも、、、エネルギー不変の法則って聞いた事もあるし、、

356 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 12:56
この板は哲学板に比べてバカばっかりだな

357 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 13:09
・・・その前に悟ってる人が2chをしている訳がない
漏れは悟った人がヤパーリとか(・∀・)イイ!とか書いてたら絶対イヤだ。
2ちゃんねらの悟った人なんて想像したくない。

358 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 20:16
僕らは すでにブッダやキリストからスタートしてる。
コトバで(頭で)理解するのと、体得するのは違うと思う。
トランス状態になったり、修業によってある種の状態に体を
落とし込んで(悟りへの型にハメルという感じか)、似たような
または、気がつけるような状態にするのは方法としてアリなんだと
思う。つまり、悟りへの目的としての手段。
ただ、その手段しかない、ということもないんだと思う。
悟りは遍在してると思う。ただ、人によって何を拾うか、っていう
違いだと思う。それはただ個人の認識だから、他人を納得させるもの
ではないんだと思う。

 ただ、タオでいうようなある種の空性(あるがまま、ないがまま的)
がある人は、他人の認識とかも受け止められるんかなぁ、と。
我、っていうものさしというか、殻、バリアみたいなものが
薄いというか、ないような、人として存在してるだろうから。

 成る、ものではなくて、成っていたんだ、っていう
ものなのかなぁと漠然とおもいます。

359 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 20:19
>>357
 断定はしたくもないが、
 偉人はどこにでも居ると思う。どんな小さな村で、だれにも知られず
 生きていようと、傑物はどこにいても傑物だと。
 周りが勝手に言うものだしね。むしろ、そういう人 大悟を体現している
 人こそ、世知辛い世の中に居て欲しい。
 とんでもない山奥やら滝の下にいるのではなくてね。

360 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 21:38
なんかいい感じのレスですね>>358>>359

宇宙と一体化している状態では、我が無い若しくは超希薄。
ところが生命の維持には我が必要。世知辛い世間では、
我の強い人が多いので我を薄めた状態で生活するのは
大変な事と思います。でも、何人か知ってます。
そんなふうに生きている人。

361 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 23:16
>>358はそのまえに日本語を勉強しる

362 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 23:45
藻れは外国人と結構話しているから、別に
ちゃんとした言葉じゃ無くても通じるよ。
その辺も悟りへの一歩ってことで。

363 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 23:53
>358>悟りへの目的としての手段
ここらへんがバカだと思われてる要因だと思うぞ

364 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 00:47
中論でもよんでみろ

365 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 09:13
そう人をバカバカ言うなって。
バカって言う奴がバカだって、幼稚園の時教わったぞ。

366 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 12:31
愚か者より馬鹿の方がまし。

367 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 13:19
私は愚者ですが何か?

368 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 22:31
バカに勝る天才は無し

369 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 23:36
>悟りへの目的としての手段
日本語としておかしいよねコレ

370 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/26 03:02
確かに日本語はおかしいが
それを何度も持ち上げるのもおかしい。

371 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/26 08:18
執着は悪の一つだって、高校の時教わったぞ。

372 :358です:03/12/26 16:25
”悟りという目的へ至るための手段”と書けば良かったね。
だらだらっと書いちゃったから、すいませんね。
いつも並列的思考なんで。 
 日本語の間違いへの突っ込みばかり目立つのですが。
欲張りな私としてはバカにしてくださった方の 悟り に対する
思いを是非伺いたいのですけれど・・・^^何か書いてみてくださいな〜


373 :佐々木健介:03/12/26 17:05
     ______
    /_      |
    /. \ ̄ ̄ ̄ ̄|
  /  /  ― ― |
  |  /    -  - |
  ||| (5      > |
 | | |     ┏━┓|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| | | |     ┃─┃|  < こんなサイトを見つけた
|| | | |  \ ┃  ┃/    \  正直、スマンカッタ
| || | |    ̄         \_________
http://m y.post-pe.to/yu-mate/?id=18245

374 :ふな:03/12/26 22:42
万物における質量すなわち此れ生命
という言葉が有りますが 物を大事にしなさいとかの 勿体ないお化け的な 説教から
地球を生命体と考える思考 又 宇宙のバランスを 人間関係に当てはめた 星世論など
様々な とらえかた 伝わりかたをして来ましたが 最終的に 人間の存在 物の存在は
質量でしか表せないというのが現状です 
前回の 死んでも終わらない というのは 死んだら終わりだと思ったら 大間違いだ 
こんちくしょう と書きたかったのですが 言葉を変えて 書きました 
実際 質量を持たないと この次元には存在出来ない と言いましたが 
その逆で 質量を持っていれば この次元に存在しちゃうんです
肉体が無く成っちゃってるのに 質量をもってる 困ったちゃんが いっぱいいます
あと 人間の存在 物の存在は 次回 説明 します (突っ込まれる前に 書きます)
最後に 質量の 質を 品質の 質として とらえて欲しかった
でも きっぱり 言いますが 岩も 原子も生命です 得に 原子は 原子=生命の源です

375 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/26 22:59
ふなさん
力レスですね。

質量という言葉はどうも物理学を連想してしまいます。
次を待たずに申し訳有りませんが、一つ質問を。
エネルギーについてはどうお考えですか?
私は魂とか意識と言うのはどちらかというとエネルギーに
近い気がします。エネルギーは質量を持ちませんが、
この世に存在します。もちろんアインシュタインによって
エネルギーと質量の可変性は証明されていますが、これは、
質量とエネルギーは対とをなすものと私は解釈しています。

376 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/26 23:34
質量っていうのはエネルギーでつ。
義務教育はうけられましたか?

377 :ふな:03/12/27 00:09
エネルギーとかチャクラとか フクイン とかフクウン トク
これらは 最も重要 なのですが 私は 大きなまとまりの中の
表現の仕方の違い としか 捕らえていません 1つ1つは 違うのですが
エネルギーは消費しないと起こらない というより
 何かを消費することによって 生まれる 力 と解釈しています
魂とか意識を エネルギーだとすると 肉体よりも 先に 魂や意識が
消滅して しまう現象が起こってしまいます ただ 原子と中性子と分子の活動を エネルギーだとすると ひっくり返りますが
何しろ 人それぞれで 作れる(使える)エネルギー量は決まってますから
それ以上使えば ぶっ倒れるし 他の機能に支障が出ます
魂が エネルギーだとすると 無理をするたびに 寿命が縮まることになるのか
あっ 減らないエネルギー って事にしましょう 使えば使うだけ 溜まれば
問題ないね まとめると 人間とは 充電の出来る 乾電池である ってことか


378 :9:03/12/27 00:31
私には解りませんが、悟っている方達がたくさんいる様ですね。やはり太陽の様に
あたたい方達なのでしょうか?
温かいのっていいですよね。喜びって素晴らしいですよね!
暗く冷たい方へ向かっているか、明るく温かい方へ向かっているか。
わたしには今はそれだけでいっぱいいいっぱいです。

太陽の虹色のスペクトル 赤外線は緩やかな波 血は赤 そんな感じです。

379 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/27 00:38
乾電池ちゃいますよ。ふなはん。
人間そのものが大きなエネルギーの一部であり
それぞれの意識状態に合う世界を見ているだけなんやで。
意識が高まると普段慣れ親しんだ感覚が圧迫されるが大した事はない。
使えるエネルギーは無限なんや。意識がおうてへんだけ。

380 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/27 00:50
>>379 それぞれの意識状態に合う世界を見ているだけなんやで。
さすがでんな、それを意識界と言わはるのでんな。

大体九つに分類されているみたいですね。
でも何処でどう区切っているかがまだよく判らない。
そもそも区切りなんて有るのかなー

381 :海仙山仙:03/12/27 01:53
ふなさん
物質と生命を一緒くたにしてしまってますね。
気持ちは分かりますが、そう言ってしまっては何もかも
区別がつかなくなってしまいますよ。

色即是空は一方通行では無く空即是色も有るのです。


382 :.:03/12/27 02:09
お前らが悟りとか糞とか語るのは、100億年はやい


383 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/27 10:53
生命=質量=エネルギー
無くなったらおしまい。
死んだ後=わからない領域を論ずるのは煩悩。
煩悩にとらわれていては悟れまい。

384 :海仙山仙:03/12/27 16:01
>>383
>死んだ後=わからない領域を論ずるのは煩悩。
>煩悩にとらわれていては悟れまい。
というのは同意しますが。
>生命=質量=エネルギー 無くなったらおしまい。
というのはどうでしょうかね。生命の定義って何ですか?


385 :母仏魔霊:03/12/27 16:25
解脱したいんだっ したいんだっ 法悦ライフ 
解脱したいんだっ したいんだっ 法悦ライフ

386 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/27 17:37
     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/<先生!こんなのがありました!
 _ / /   /   \___________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
http://m y.post-pe.to/v1000yen/?id=20967

387 :ふな:03/12/27 18:06
区別や 区切りは 人間が 勝手に決めた 境界線
無い方が 楽しいじゃないですか

388 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/27 19:49
>>387
あなたの文章は区切りすぎで読みづらいです。

389 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/28 01:11


390 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/28 18:05
今週の科学雑誌Newtonは無からの宇宙創生について特集がくんである。
読みやすく書かれておりお薦め。
時間のある人は読んでみれ。

391 :390:03/12/28 18:08
今週じゃなく今月だわなwww


392 :バカ:03/12/30 18:56
ニュースをみてた。

イランの地震での死亡者は実際は五万人を超えるらしい。

涙がポロポロ止まらない。 

胸がはりさける位悲しくなる。

涙がポロポロ止まらない。

悟れた人。悟ろうとしている人。

君たちは、何を求めている?

君たちは、何が出来る?

涙がポロポロ止まらない・・・・





393 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/31 07:06
>死んだ後=わからない領域を論ずるのは煩悩。
>煩悩にとらわれていては悟れまい。
悟ろうという欲はいいんじゃないですか?

自分は何も出来ないです

394 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/31 07:43
悟った人間には不可知領域の境界がはっきり判る。
死後の世界などはその代表例。死んで見みなけりゃ
わからない。いわば人間の限界を悟るのだ。

悟りなんて大したことじゃない、
自然の偉大さの前にはあまりに無力だ。

395 :ふな:04/01/01 22:52
エネルギーも出て来たので そろそろ小さな悟りのメカニズムを説明します
まず言っておきますが 混乱を防ぐ為に本当の事は書けません 
そこでどんな宗教をやっていても 共通に使える 小さな悟り
(生まれた時から 誰もが持っている 遺伝し的な知恵) について説明したいと思います
尚、他宗教を考慮して 質問は返答しない場合があります

396 :ふな:04/01/02 00:39
せっかく ここですからPCに置き換えて説明しまーす
小さな悟りを 悟りソフト(プログラム)とします
しかし、このソフトを開くのには普通の人ではメモリーがたりません
しかも環境を整えないと作動しないのです(それを動かす為のソフトが必要) そればかりか 始めからこのPCに組み込まれている 今迄に使った事のない基盤(脳)の配線をしなければなりません
基盤の配線をして始めて 使えるようになります
一時的に 基盤の配線が繋がる状態は まれに起きます 
しかしメモリーが足りないので持続はできません
それを継続する為には メモリーを増やさないと無理です
228さんの状態は一時的なもので(千里眼の意味合いは除く)通常5分ぐらいもてば 良い方かなって感じです 
なにしろ 修行しないとメモリー増設できませんから
修行すれば 容量増えるのかって事は 修行の内容によるので説明不可
そこで 何を得るのかと言うと 人類の記憶?=真理と意識下(猿がどっかで芋を洗った話) 自分の経験とか 思考とか 関係なく どんどん入ってくる知識としか説明出来ませんが 疑問やこれから起こる事の答えが
引き出しを開けるように 出て来るのが事実です
ちなみに 旧約清書では 人間がエデンノ園を追放される時に封印された能力とされています

397 :ふな:04/01/02 01:46
お年玉ァー
大きな悟りに 必要不可欠なのが 火 水 木 金 土 日 月 です
火=エネルギーです 水=生命の源 止まれば腐る 木は人です 
現在そうでは無いですが 金は 物質です(他に意味合いもありますが)
土は地球とされてますが 輪廻です 日は太陽で月は 生命を管理するものとされています なぜ こんな へんちょこりんな 定義をするのかと言うと
木と同化しなければ 悟りはひらけないのです

398 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/02 04:12
あんたのレベルはもう判った。
なぜそういう結論に至ったかを話さないと
観念の押し売りになるぞ。
今までやんわりとたしなめていたのが気が付かなかったか?
自己を省みない物に進歩は無い、覚者でも自省はするものだ。



399 :ふな:04/01/03 07:43
御指導ありがとうございます
これからは自己を省み 新しい年も迎えたことですので
初心にもどって また無からやり直したいと思います

400 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/04 11:37
さあ、今年こそ悟るぞ!

401 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/05 20:09
世界が止まって見えたな俺は

402 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/10 09:12
今年は、まだ悟った奴がいないようだな。

403 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/11 19:25
ここの住人は、全員解脱した模様。

よってこれにて、終了!アーメン・・・

404 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/13 19:53
>>398
お前、責任とってここ繋げろよ

405 :ふな:04/01/13 21:48
元はといえば 揚げ足取りのかまってちゃんだと 勝手に決めつけた
私のあやふやな発言から 起こしてしまった事で
昨年の 言葉のやり取りから戦争に繋がると 教わった次第です
これからは 心の位置をきちんと正しい所に置いた発言をしていきます
御迷惑をおかけした皆様 ごめんなさい 深くはんせいしております
又 忠告して下さった皆様 ありがとうございました


406 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/14 02:55
そういう時期は有るものです。
精進して下さい。

407 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/14 07:55
まだ成仏していなかったか・・・

408 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/14 11:17
>>407
あんたのレスは、つまらんうえに、精神が屈曲しとるな。

409 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/14 20:20
すみませんでした。

410 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/14 21:54
なんか、しおらしいスレに成って来たな〜
何と無く私も謝りたい気分に成って来ました。
ごめんなさい。

411 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/14 23:32
いやいや本当に申し訳なかった。

412 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/15 23:09
赦してください。

413 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/21 04:01
悟れた人は2ちゃんねるなんかには来ない

414 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/21 05:12

おまえはそれを悟ったんだからもうくるな

415 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/22 08:58
そして誰もいなくなった・・・ヒサシブリニアガッタノニ

416 :名無しさん@京都板じゃないよ :04/01/28 22:31
やっぱり感謝の気持ちが無いとダメなんだね

417 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/29 00:03
>>413
来るよ。
私はよく、自分の書き込みに教えられることがあります。

418 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/29 00:10
>>416
そうですね
たとえどんなに悪い人でも、その人と接した時の自分自身というものを
しらしめさせてもらっているんですからね

419 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/29 03:04
そもそも悟りってなんなんですかね。

420 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/29 09:25
悟ったと言ってるやつは逝ったやつ 精神状態がプッツンしたやつ
すべてを受け入れられなくなった気が狂ったやつ

庶民は一般生活の苦しみや後悔と背中合わせで生きている
「悟り」という言葉はそれから逃げるための対象でしかないと思う

421 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/29 20:06
悟ってもいないのに何故そのように決め付けられるのだろう

422 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/29 20:17
悟ってないからこそ決め付けられるんでしょ
悟ったらどうなるのかは知らん

423 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/30 01:18
まだあったのこのスレ

424 :tetete:04/01/30 11:23
はじめまして。私は、ま、基本的に好奇心旺盛な、小市民なのですが、
最近、この様なホームベージを見つけ、完璧にはまってしまってます。
もともとはまりにくい性格なのですが、
客観的に、これはどういう事なのか皆さんに教えて頂けませんでしょうか?

その「はまってしまった」ホームページはここです
http://tekipaki.jp/%7Egon/park/A020928B.kiuti1.htm
世界唯一の「臨死体験者」の先「死亡体験者」  天文学者・彗星探索家 木内鶴彦さん

文章は長くて、読むのに1時間ぐらいかかってしまいますが、
とりあえず、時間がある時に読んで頂きたいのですが。。。

謎は深まるばかり、どうしても、皆さんの客観的な感想をお聞きしたいです。
よろしくお願いいたします。

特に、悟りを開かれている方の御意見をお聞きしたいです!

425 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/30 16:42
ホームレスは全員悟ってるよ

426 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/30 21:00
まあ全員ではないだろうけど、坊主よりは悟ってるのが多いだろうな。
てか坊主で悟ってると見えたのは居ないな。(総本山の管長さまクラス
も少しお目にかかったことはあるけどね)自称悟ってるって坊主は
この板でも一杯居るけど、坊主が悟りから一番遠いですなあ。

427 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/30 22:44
問1:感性と悟性の違いを述べよ。

428 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/30 23:21
全くこれはひどい民主主義ですね。

429 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/31 00:39
殆どの坊さんは生臭だね。酷いもんだよ。
でもごく少数だけど仏陀様もおられるよ。僕は知ってる。
そんな僕はボーディーサットバです。

430 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/31 20:05
そういうことか・・・

431 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/04 12:11
>>425 ホームレスは全員悟ってるよ

ホームレスは「自分がホームレスである事」を悟っているだけ。

その意味で、少なくとも、自分よりは「ホームレスについて」を悟っている。
要するに自分よりも悟っている。

小さな悟りも「悟り」は悟り。

食物に対する感謝とか、ヤクザ連中の「仏の顔」なんていうのを知ってるのかもね。

432 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/04 22:02
まあ戒律を守らなくなった坊主どもは、オンボウと変わらんな。
悟りとかいう以前に、肉食ったり妻帯しての悟りって贋物だがや。
どんな理屈持ち出しても、一般信徒が納得するわけあらへん。
自分達しか納得してない理論は悟りやないで、猿のオナニーと
一緒ずら。

433 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/05 16:31
わすは今
縁覚道に居りますですたい!

434 :名無しさん@京都板じゃないよ :04/02/05 21:08
縁覚道って何ですかぁ?

435 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/05 21:29
縁側で覚醒剤打って道にふらふら出たところ、という意味だ。

要は師匠なくして悟ろうと色々試しているということ。
だが、覚醒剤はやめたほうがいい。

436 :ふな:04/02/05 22:19
>>424 ほんとに長かったけど不思議でした
私は臨死体験も死亡体験も有りませんが同じ記憶を持っているんです
ほとんど勝手に入ってきた情報なのですがすべて説明がつきます
1つ1つ聞いていただければ説明します すべていっぺんは無理ですが
一番不思議なのが金星から来た人達の話です この人達が作られた話は他の国の聖書にも記されていることなのですが
まだ太陽が今よりも小さかった時の話で地球の周りを月がまわって無い時代の
話しなんです それを知っている(体験した)人がいるとすれば
星の記憶(地球とその他の星を含む)をひとり一人が持って生まれてきてることになります

437 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/05 22:34
>>436
星の記憶を持っている人は、ひとり一人ではなく、
あなたのように、ごく限られた人だけではないでしょうか?
少なくとも、私はお目にかかったことはありません。

438 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/06 08:39
自分一人では何も悟れないのだということを悟ること

439 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/06 08:46
>>437
ごく限られた人だけではなく、あらゆる一切衆生が経験してきとるんですばい。
しかし生まれる時、その記憶に蓋がされた状態で誕生するんですたい。

440 :ふな:04/02/07 23:27
蓋をとってみませんか?
それかいっぺん死んでみる??

441 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/08 04:29
迷える小羊たちよ!
言っとくが、それはカルト。
悟りとは関係が無い。

442 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/09 00:27
>>440
よろしければこちらにどうぞ。
http://etc.2ch.net/mental/

443 :437:04/02/09 08:32
>>441
にゃるほど、にゃるほど。
でも、どうやって蓋を取ったらいいんですか?
それから、蓋の取れた人っているんですか?

444 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/09 09:03
なんか、悟った! って思って、だけど違うって思い直してまた修行して
また、悟った! って思うけど、やっぱ違うのか……とか、その繰り返し?

445 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/09 11:23
悟りとは何か を知りたければ
自分にとって何が一番幸せな状況なのか考えてみましょう。
そのことに気づきそれに向かって努力するのが悟りです。
小難しく考える必要はありません。仏教は気づく宗教です。

このスレに度々出てくる死後の世界などは
釈尊曰く「涅槃に導くにあらず」
弘法大師曰く「誰が知りようぞ」
所謂「無記」とされる事項です。


ちなみに私にとっての一番の幸せは身近な人と共に心底から笑って生きることのようです。
なかなかうまくいきません。

446 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/09 14:32
なにも難しく考える必要はない
毎日寄せては返す大波小波を
ただ穏やかに拝むことができれば

447 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/09 18:03
>>445
>ちなみに私にとっての一番の幸せは身近な人と共に心底から笑って生きることのようです。
>なかなかうまくいきません。

当たり前だろう
人生の本質は苦だからな
笑いと喜びの影には、涙と苦悩がある、でないの?

お釈迦さんがゲラゲラ笑いながら一生を過ごしたとでも?

448 :ふな:04/02/09 20:31


449 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/09 21:40
最近悟りました。
漫画本を溜め込みすると家の中が少しづつ狭くなっていくと言う事を。
家族にも迷惑をかけると言う事を。
どうやっても部屋が片付かないと言う事を。
結局、思いっきって全部売りました(泣)

450 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/09 21:42
>>449
キャプチャーしてハードディスクの中へ貯めておけ

451 :ふな:04/02/09 22:12
我然絶縁紗妙絶
以前に自分の行動が経験に支配されている話をしましたが
他の人を自分のイメージに当てはめて、この人はこういう人と決めつけたり
例えばケーキが食べたいと思った時に身体が栄養として
欲しがっているのでは無く 実は嫌な事があっていらいらしてたり
嬉しい事があったりした時に 身体が勝手に覚えている行動をとってしまう
というような内容だったと思いますが 悲しい時は悲しい嬉しい時は嬉しい
イライラしている時はイライラしている と言う事を省略しないで自分は今どういう気持ちでいるのかと言う事を自分自身が分かっていることと
自分を守る為に身に付けている武器と防具を捨て、はだかんぼうに生った後に
今迄やり残した事や 嫌だった事、自分が欲しいものなどを
自分の中からすべてはきだして、今迄厚い殻に覆われていた仏を表に出せば
蓋が取れます


452 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/10 01:04
自分自身に素直になること

453 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/10 13:12
悟るのって、難しいんですね。
私には出来そうにありません。
なんだか、ぜんぜん自分じゃない人間になれ、って言われてるみたい。
馬鹿は死ななきゃ直らない、とも言いますしね。

宗教って、ホント難しい。
馬鹿な私には無理です。

454 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/10 14:33
>>447
苦しそうですね

455 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/10 14:36
私も苦しいです。

そこから笑えるよう努力する
それだけのことです。

456 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/10 18:47
苦しみから逃れるために信仰心を持ちましょう。

457 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/10 19:55
仏教の素晴らしさ、不可思議さは、実践してみないことには味わえませんよ。
大体の人は往々にしてちょっと実践してみた程度で、なにも感じることができないから辞〜めたとか、
厳しい辛いとかで途中で挫折してしまうから、色々と仏のありがたさを体感することができないんだよ。
これは仏教に限ったことでなく人生すべてに言える事だと思うなぁ。
諦めちゃだめだよ〜、続けなきゃ〜。
そうでなきゃ何も得られませんよぉ。

458 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/10 20:08
例えば
「恥かしい、こんな屈辱二度と味わいたくない」と思うようなこと。
普通はそんな事避けて通りたいと思うよねぇ。
それをあえてどんどん進んで味わうんだよ。普通と逆の方向に行けばいいの。
何度も経験していくうちに、恥かしい事と思わなくなってくるんだよ。
そしてその先に今まで見たことのない、体験したことのない不思議な変化を感じることになり、
少しずつ色々な事がわかり始めて来るんだよ。


459 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/10 20:13

これは無限にある悟りに近づくための方法のうちの、一つに過ぎないからね

460 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/10 21:22
苦しい時は、やせ我慢せずに表に出せ。
あるがままに。

苦楽は足せばゼロだ、もともと相対的なもんだし。
だからそんなことに頓着しなくともいいんだよ。

461 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/10 22:21
悟りましたが何か?

462 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/10 23:28
>>454
そうだな
そして「人生とは苦である」は仏教の基本であり出発点だ

で、宗教は、その苦悩も人生の一部として認め、受け入れ、肯定する為にあるのだ、と思う
不条理と苦悩に満ちたこの世を、泣きながら笑って生きる為にあるのだ、と思う
「時間よ止まれ汝はいかにも美しい」ってわけだな

苦悩と絶望に正面から向き合わない宗教は糞だ
そして、この世の苦悩に対しYESと答えない宗教も糞だ、と思う

>>455
それは簡単なはずなのに難しい芸当さね

>>460
言うは易し、ですな
それで済んだら仏教は存在しないでしょうな

463 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/11 00:22
>>462
まずはそのネガティブな心を直したまえ。
でなければ、君から苦悩は去らない。

464 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/11 01:01
苦が苦でなくなるまで繰り返し忍辱と精進だよ
「安禅必ずしも山水を須いず 心頭を滅却すれば火もまた自ずから涼し」

465 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/11 09:08
>>458>>464
苦行が必要なんですな。
感覚が麻痺してしまうほどの。
なるほど。
しかし、苦しい、苦しくないは個人差があると思いますが?
何をしても苦しみ感じない人は、何もしないで悟っているというわけですか?
わたしなんぞ、息をしているだけで苦しくなることさえあります。
庭にいて、外を通る人と目が合っただけで、
恥ずかしくて家の中に飛び込みたくなります。

>>463
ポジティブだったら、こんな所覗いたりしません。
何もかもネガ・ポジで決まるなら、何の苦労もありはしません。
だいたい、心を直せとは傲慢なお口ですね。
苦悩のない、悟った人とはそんなに偉いものなんですか?

466 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/11 10:02
てか、お釈迦さんは苦行なんかするなと言ってたんじゃ

こんなとこで偉そうに言ってる坊主なんか、悟ってるはずないじゃん(w

467 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/11 11:16
釈尊がしたように無駄口を叩かずdharmaだけを話すようにすればいい。
それも難解な言葉ではなくかわいらしい言葉で。

468 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/11 18:09
苦しみなんてものは実は自分自身を進歩させるための試練なんですよぉ
その事に気づいて日々精進してると、あらゆる出来事がありがたい事なのだと
感謝せずにはいられくなってきます
だって自分一人では、何をすることも知ることも出来なかったのですから

469 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/11 20:28
>>463
おろ?
ネガティブな主張に見えましたか?
あたしゃ別に苦悩を追い出そうなんて思っておりませんよ?

>苦悩も人生の一部として認め、受け入れ、肯定する
まあ、自分にはとても難しい事なのですが

470 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/12 02:06
何だかんだ言っても現代人は苦労が足りんのかも知れないな。

471 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/12 02:19
人ではないが、「吾輩は猫である」の猫は最期に悟ってたよな

472 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/12 07:41
乗り越えようと努力せずに、なんとか避けて通ろうと逃げにまわる人がすこぶる多い

473 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/12 12:44
自分の煩悩について語るインターネットはここですか?

474 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/12 18:18
はい、ここです。

475 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/12 21:35
天理○の笑う練習はすばらしいです
始めは馬鹿馬鹿しくってやってらんねぇーって思ってたけど
1週間やって鏡で自分の顔を見た時ぴっくりしました
笑うと内臓の調子が良くなるって言うのは本当ですか?

476 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/13 08:11
>>475
思いっきり笑ってみたいと思っていた今日この頃。
どんなネタで笑うんですか?

477 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/13 22:30
こないだ友達から来たメールです↓
うちの子今朝から熱があって98度5分なんだけど
インフルエンザだったらどうしよう・・・大丈夫かな?

478 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/13 22:38
沸騰前だから大丈夫だよ。

479 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/14 02:32
>>447
インフルエンザ菌の方が死んでいるよ

480 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/14 17:36
>>477
いまいち笑えないな。
38.5、もしくは39.5だってわかるし、子供可哀想だし。
次のネタをどーぞ

481 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/14 18:05
>>477
あなたの友達の慌て様も目に浮かんで面白いが、478−479の返しも面白い。
しかも479は447って書き間違えてるし・・・ 

482 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/14 18:47
人は笑うとエネルギーが上がるよねー
まさに利他心。


483 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/15 01:48
人を笑うとエネルギーが下がるよねー
まさに利他心。

484 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/15 07:25
最高ですかぁ〜!

485 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/16 15:28
すべからく英霊漢なる底にして、勇猛心をもって邁進すべし。
我身にして身にあらず我は法なり


486 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/16 18:33
うぬぼれた悟りは地獄因

487 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/17 00:14
論ずることなかれ

488 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/17 18:32
悟りとは言葉を超えたもの。
いかにして悟りを伝えるのだろうか。
全ての経文は悟りへの道を記してあるが
経文や言葉に囚われている者は悟りに至る事は出来ない。

489 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/17 23:45
真言宗の場合の悟りってのは、、、

オン シッタ ハラチベイタウ キャロミ     (-_-)

オン ボウジ シッタ ボダハダヤミ       ( ・ω・)

オン チシュタ バザラ               (・∀・)

オン バザラタマク カン              (`Д´)

オン ヤタ サラバ タタギャタサ タタカン   キタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!

きっとこんな感じでつ。

490 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/18 09:14
>>489
ワロタ。
しかも、わかりやすいでつ。

笑いってこういうのを言うんですよね。
書き間違いのどこが面白いのか、私にはわからんです。>>481

491 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/18 20:03
真理教の場合の悟りってのは、、、
オン シャチ ハタ カイワ スレタンカン
でインのくみかたは、親指と人さし指で摘む感じです

492 :ふな:04/02/25 21:56
>> 488
言葉で伝えられないのは分かってますが
それでも伝えなきゃ生らないでしょう
ちっとは言葉で伝える方法考えろ
っても無理かな 取りあえず 悟り=真理=不動心
って定義を建てて 真理ぐらいは理解していただきたいのですが

493 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/09 11:34

悟りを得ると、小躍りしたくなるもんですね。
ここに例えば1億円と悟りを取り替えてくれといっても断るね。
何事にも替えられない一生の宝物を得た感じと言ってよいかと思う。


494 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/09 21:18
俺も嫁を貰ったときはそう思ったもんだが・・・

495 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/09 21:30
>>489

ところで

おん とか

そわか って

どーいう意味?

496 :名無しさん@京都板じゃないよ :04/03/10 17:53
悟りって「気がつき」成仏って「納得」だとおもう。
いろいろな事に、気がつき、納得出来れば、安心「あんじん」が得られるとおもう。
人生ってこの繰り返しだとおもう。

497 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/11 08:56
>>494
うまいことを言うネェ(笑
ただ嫁はそのうち皺くちゃになって・・・・・だがねぇ



498 :名無しさん@京都板じゃないよ :04/03/26 00:20
なぜ納豆を食わなきゃダメなのか

499 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/26 07:32
嫁を教育しょうとした事事態、無謀でした。
さとりとは、両目がパンダに成ることでした。

500 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/26 07:41
ここに90年代の米国のニクコプーンの作り方が載ってる(TT

まあ読め。牛脂とか牛エキス(骨エキスのほう)にも
なってると書いてあるけど。

肉骨粉のレシピ
http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/133.html

501 :名無しさん@京都板じゃないよ :04/03/31 23:57
↑を読んで思った事は
やっぱり小学校の教科書は小学校の先生が作るべきだね
あたりまえのことがあたりまえにおこなわれてない時代ダと思ってたけど
あたりまえのことがあたりまえにおこっている時代だったんだね


502 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/04 03:03
悟れない事を悟る



503 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/15 20:38
悟れない事も悟れないことを悟る・・・_| ̄|○

504 :疑問:04/04/17 16:12
仕事して絶望を感じながら生きているサラリーマンや仕事をしている人と較べて、
修行僧がいくら過酷なことをやっても、説得力はないと感じる。
人間関係の辛ささ、会社に属す、事の方を選び生きていくほうが、全てを投
げ打って、観念的な世界に行く方が、辛い道を選ぶという選択肢の中では、
楽なのではないか?と思う時がある。例えば自殺率で較べても、修行僧で死ぬ人
より、日々の生活が辛くて自殺するサラリーマンの方が多いだろうし。

どうでしょう。どうも修行僧は、逃げがまずあり、その上でのことだと感じている。

505 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/17 22:52
なにかを批判する時は、批判する対象について多少なりとも勉強してからの方がいいよ

・・・たとえば、お釈迦さんは苦行なんか推奨してないしね

506 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/17 23:28
・・・こういう答えは期待していなかったですか?
あなたが絶望的な状況下のサラリーマンだとしたら不適な答えだったでしょうね

出家側から意見があるとしたら、
「世間の人間は、人間の本質に根ざし、常に目前にあり続ける苦悩を
 日々の雑事と快楽によって誤魔化している」
でしょうね

507 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/18 00:30
いや、在家ならともかく出家僧は無産階級なのだから
一般サラリーマンを批判するのはどうかと...
在家それも組織に属していない求道者は偉いと思うよ。


508 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/18 22:59
修行僧はこんなとこを見ていないだろう
そもそもインターネットできる環境にいないんじゃないか?

509 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/19 10:48
2ちゃんやってる修行僧って・・・想像したらワロタ

ある意味、ひきこもって2ちゃんやってる奴は修行僧に似てるかも。

でも、修行僧だろうがサラリーマンだろうがヒッキーだろうが、
辛いときは辛いんじゃないの?
個人的な苦しみは相対化できないと思うよ。

510 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/19 11:07
>>506
在家から言わせれば、 
「出家の人間は、人間の本質に根ざし、常に目前にあり続ける苦悩を
 日々の勤行と法悦によって誤魔化している」
ようにも見える。
羨ましい面もあるが、しょせん互いのいいとこ取りに過ぎない罠。

511 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/19 22:37
>>509
いい事言うなぁ。

苦楽を他人と比ぶることは出来ないけれど。
自己の中では相対的なものだね。
苦が有るから楽が有る。逆もまた然り。

泣くことも喜ぶことも無ければ
なんとつまらん人生なのだろう。


512 :504:04/04/19 23:07
二つをかなり強引に天秤にかけてしまったので。結論は出ませんが。
今の段階では、観念的な事に行く事はある意味、楽ではないだろうかと
思う時があるのです。

513 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/20 09:15
遁走は自殺するよりマシ
現実から逃げられるなら、しばらく逃げてみるのも吉

514 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/20 13:32
まともな禅寺
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/995541652/373


515 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/20 15:54
悟りを開いていない人間が
開いたと錯覚して
それを布教しようとする事ほど
始末に悪いものはなし。

516 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/20 23:38
修行僧がいくら過酷なことをやってもっていうけど
そんなに過酷なことはやってないんですよ
実際はしよぼしよぼでーす。でもそれでいいんだってばさ
あのね自分で間違ってるってことは誰でもしたくわないのね
でも自分で正しいと思ってる事は
他の人にとって正しい事ではない事もあるのね
じゃぁどっちが正しいのかっていってもどっちの意見も正しい時もあって
お互いの人生観に対しては終止符が打てないんです
環境とか状況でつちかわれて来た人生観ってやつは・・・結論が出ないの
で 一歩踏み出して相手の人生観を理解しようとしても いい 悪いが
はっきりと決まっている自分の人生観に当てはめても当てはまらない点が
おおすぎるんです 理解すら出来ない事も在ります だってその人じゃ無いから・・・そこでね自分の正しいと思ってる事だけ(食べたいものを選んで食べたリ、好きな人としか関わらなかったり 楽しいことしかしなかったり・・・)を
していたんのでは 明日と今日と変わらない人生をただくり返すだけなんです
みんなぐるぐる回ってるんです で その同じ事の繰り返しから
ちょと流れを変えるには 自分の出来るちょっとした否現実的出来事からの
冒険なんですが 基本的には腹から声をだせそして笑えに辿り着く迄の
ステップとして 何か自分が絶対にやらない様なことを実行して始めて
自分の枠が広がるんです 外国に行って人生観の違いを目の当りにした人は
多いと思います その人が育った環境で善い悪いも決まってしまうのですから・・・日本の常識なんてどこの国に行っても通じないんですよ
そこで始めて出会うんですよ何も出来ない自分に
修行の方法とかどんな修行をするとかはその人が選んでる事であって
得るものは 一緒と言いたいけれど 得るものが無かったらどうしよう





517 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/21 00:36
 長 い 文 は 読 ま な い

518 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/21 01:44
コテ忘れているよ>ふな


519 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/21 08:49
バチカンのサンピエトロ寺院で向こうの坊さんと立ち話した。

 あなたはブッデ〜ストで〜すか?
 はい、そうです。
 おお、信仰をもつのはとてもいいことで〜すね。
 ありがとうございます。
 で〜も、真実は、一つで〜すよ。(・∀・)ニヤニヤ
 もちろんですとも!( ̄ー ̄)ニヤリッ

520 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/21 16:45
芥川賞】「玄侑宗久」の作品について語ろう!【僧侶
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/books/1080911543/


521 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/21 20:22

バカチンの言う真実って何なんだろうなぁ


522 :::04/04/21 20:58
バフチン?

523 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/22 20:09
>>521

バチヘビ!

524 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/22 20:38
>>507
無産階級の意味を間違って理解してない?
サラリーマンも無産階級だよ

それはそうと、お釈迦さんは同様の批判を受けたときに
「農夫は大地の畑を耕し、僧は人々の心の畑を耕す」
とか答えたんだっけ(うろ覚え)

心の畑を耕さない坊主が批判されるのは、仕方が無いだろうね
「働かざる者、喰うべからず」だな

>>510 >>512
お釈迦さんの教えは、神秘体験や観念論に逃避することではないよ
お釈迦さんの生涯から大乗仏教成立までの歴史を何冊か読んで調べてみ

525 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/22 22:48

人々の心を耕すか。。。

日本の新興宗教は信者を洗脳して金を巻き上げるのに夢中だからな〜

スリランカやビルマなどの筋金入りの仏教国の人々は
心が豊だって言うね、そんな国に住みたいもんだ。
かつての日本もそうだったんじゃないのかな〜


526 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/23 10:28
>>524

>心の畑を耕さない坊主が批判されるのは、仕方が無いだろうね
>「働かざる者、喰うべからず」だな

その通り。
生半可にいいことばかり言う坊主ばかり。
胡散臭くて信用できん。

527 :疑問:04/04/23 14:02
人の心の畑を耕す、という事はその通りだと思います。

しかし、現実の多くの人々(都会の人といった方が適切かも)は、
わざわざ坊主に会いに行くよりも、本を読んだり、経営書を読んだ
り、飲みに行って上司に諭されたり、というような方法を選んでい
るのではないかと思います。

坊主の説法を聞いて、心を耕すという悩み解決方法はもう違うものに
代用が効く、世の中になっているのではないでしょうか?

528 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/23 22:11
ここで言っていることは、教養、知識、処世術などとは
違うことなんじゃないでしょうか。
ある意味対局に有るものでは?



529 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/24 22:55
>>526
>生半可にいいことばかり言う坊主ばかり。

多くの坊主は教団の祭司であって、必ずしも修行者ではないからな
それに聞く側も耳障りの良い言葉・・・人生訓やら道徳論を求めていることも大きいだろう

>>527
古代であっても、本や上司や先輩は存在しており
人生訓やら処世訓を論じ、語り合ったことでしょう

しかし、それでもなお宗教は存在し必要とされてきました
それはおそらく宗教が人の根元と関わる問いを主題としているからでしょう

530 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/07 20:57
しかしなかなか悟れんもんだな。
四十にもなれば悟れると思っていたが、
惑ってばかりだ。
大体政治が悪い。
俺の老後をいったいどうしてくれるつもりだ。

141 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)