5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

石仏・石塔・その他石モノ好きが語るスレ

1 :野仏:02/05/20 23:20
神社・仏閣、墓地にひっそりと建つ石仏、石塔、その他
石造物について語りませんか?
たとえば、
○神社・仏閣を訪ねると、ついつい石鳥居や石灯篭の銘文を
読んでしまう。
○古石塔が好きで、よその墓地でも平気で入れ、なおかつ
写真も撮る。心霊写真?知るか、そんなもん。
○宝キョウ印塔を見つけたら、真っ先に笠の隅飾りを見る

など、このようなマニアはもちろん、なんとなく好きな人も
是非どうぞ。

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/05/21 00:17
パワーストーンが好きです。

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/05/21 00:38
路傍の道祖神や庚申塔が大好きです。
特に信州の松本や安曇野の双体道祖神がたまりません。
無論、見かけた時は建立年代のチェックは欠かしません。(笑)

4 :山野野衾:02/05/21 00:44
庚申信仰なら関東地方。今でも東京都の中に庚申講をしているところ
があります。西日本の者にはなかなか縁がありませんが、興味があり
ます。石は人工物も自然物(婆石など)も興味深い。

5 :野仏:02/05/21 00:57
ちなみに、私は中世の古石塔が好きですね。
鹿児島に居たころは中世墓地が多く残っていて、
その古石塔群をよく見に行きました。
竹やぶの中などに何十基と並ぶ石塔を見るとたまんないですね。
そこに鎌倉、室町の年号があると満足。

関東は庚申信仰ってのがあるのですね。知りませんでした。
今、私は関西にいますが、住んでるあたりは愛宕信仰が盛んらしく
江戸期の年号のある「愛宕講」の灯篭をよく見かけます。

6 :古墳スレの26:02/05/21 01:15
新スレおめでとうございます。
私は古代寺院の跡を訪ねるのが好きで、
古墳巡りのついでにちょくちょく足を伸ばしております。
すこしスレ違いかもしれませんが、手みやげ代わりに・・・

野中寺塔心礎(大阪府羽曳野市) ttp://okameishi.tripod.co.jp/yachuji01.jpg

7 :古墳スレの1:02/05/21 02:18
おお、たちましたねー。おめでとうございます!
私は幼いころから墓地好きで、親からは気味悪がられてました(笑)
前世なんだったんでしょーかね、わたしって。

高校生のころは、ガッコが近かったこともあって
雑司が谷の墓地をうろうろしてました。
セーラー服着て(笑)!!
漱石の墓は、やっぱ立派だったなぁ…。

またちょくちょく遊び来ますねー!





8 :野仏:02/05/21 06:25
>古墳スレ26さん・1さん

野中寺の礎石、よく残ってますね。独特の穴が面白いですね。
ちなみに、こういった古い礎石は、後の時代に庭園の飛び石とかに
よく使われたりしています。江戸とか明治頃のお屋敷の庭園を
訪ねると、立派な礎石が使われたりしてびっくりします。

雑司が谷ということは東京の方ですね。東京の方は有名人のお墓とか
多そうですね。興味ありますよ。

以前、春日大社に行った時、参道に並ぶ石灯籠の多くが室町後期〜末期
のものだったのには驚きました。(天文とか永禄とか)
室町期の年号が入った灯篭自体はじめて見たので。

ちなみに、興福寺の五重塔のまん前にぽつんと立つ石灯籠も
天文の年号が入ってます。ほとんどの人は気に留めないけど。

9 :山野野衾:02/05/21 15:28
>5
私は中国地方の出身ですが、荒神講が多いです。田舎まで行くと竈の跡だけ
タタリを恐れて壊さずに残してあるのが目に入る事があります。
石塔・石灯籠は寺社が焼けてからも残るので貴重な資料になってくれますね。
路傍の石信仰といえば道祖神様とお地蔵様ですが、関東の方には大石の前に
柴を積んで(供えて)旅の安全と疲れが癒える事を祈る「柴神」信仰があっ
た筈です。

10 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/05/22 01:21
うちの近くにも荒神講がありました。
おかしくばるんですよね。
石といえば、飛鳥坐神社の境内に点在する石仏たちが好きです。
誰もいない境内にひっそりたたずむ様は、ひなびてて何かよいです。

11 :古墳スレの26:02/05/22 01:31
度々お邪魔します。

五輪塔の大群ハケーン!!(w
ttp://okameishi.tripod.co.jp/gangoji01.jpg

元興寺極楽坊にて。(あるいはご存じでしょうが・・・)

12 :野仏:02/05/22 21:06
>11
元興寺は逝った事ありますよ。奈良時代の瓦がいまだに使われている
寺ですね。
私も一発迫力のある石塔群の写真UPしようと思うのですが、
パソ厨なのでよく知りません。
方法おしえてくださいませ。

13 :野仏:02/05/22 23:19
ちなみに、「荒神講」とは三方荒神でしょうか?

14 :山野野衾:02/05/22 23:22
>13
三宝荒神です。「備後地方の信仰はおびただしい荒神信仰により特徴
付けられる」とものの本に書いてある位こちらでは多いですね。
地域により若干異なりますが、土地の神・祖霊と牛馬の守護神といっ
たところでしょうか。(この辺りでは)

15 :野仏:02/05/22 23:28
アゲまくりすいません
>古墳スレの26さん
東大寺はもう行かれてますか? 
皆大仏殿ばかり行きますが、ちょっと奥に入って講堂跡を見ましょう。
礎石が見事に並んでいます。
で、その裏手の溝には創建時か少なくても平安頃の布目瓦がたくさん・・・
30センチくらいの丸瓦(残存率は半分くらい)を2つ拾ったことあります。
別のところにも瓦片が山になってるとこがあって、そこにも布目瓦が
まぎれていることがあります。
あと、東寺にも・・・
 

16 :野仏:02/05/22 23:29
>山野野衾さん
「三宝」でしたね。間違ってました。
こっち(関西)ではあまり見ないですねぇ。

17 :古墳スレの26:02/05/23 01:55
>>野仏さん
私はTripodで画像アップ用のアカウントを取って、そこにリンクを張ってますが、
通常はアップローダを使われるのが、簡単なのではないでしょうか。
(一定期間後には見れなくなってしまいますが・・・)

例えば、ここあたり。
ttp://w_ch.hippy.jp/cgi-bin/imgboard/imgboard.cgi
画像を縮小→画像を選択して投稿→2chにリンクを張る、という手順でOKです。

東大寺講堂跡は私も好きな場所です。
あの辺りまで行ったら、大仏殿の喧噪も届きませんしね。
けど、古代瓦が落ちてるとは知りませんでした。
今度行ったときに注意してみてみたいと思います。

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/05/23 04:07
はあああああああああああああああっん

19 :野仏:02/05/23 06:36
>古墳スレの26さん

どうもです。

とりあえず、UPしてみました。
・・・が、重い&分かりづらい。
大石塔群の迫力がいまいち伝わらなかったです。
次は接写の分をUPします。
あと、気が向いたら別のとこも。

場所は、鹿児島の紫尾というとこで、石塔群が多いところですが、
その中でもここは最大規模のとこ。
応永〜天正までの石塔がそろってます。
最大のものは2m近くあります。

ttp://w_ch.hippy.jp/cgi-bin/imgboard/img-box/img20020523062618.jpg

ttp://w_ch.hippy.jp/cgi-bin/imgboard/img-box/img20020523062921.jpg

20 :野仏:02/05/23 06:51
>古墳スレの26さん
古代の布目瓦の見分け方は、
1・今の瓦のように黒光りしてなくて、素焼きになっている
2・色は煉瓦色か灰色。
3・片面には必ず布目が、もう片面にも何らかのタタキの跡がある

大体こんな感じです。

見たところ、平安までの布目瓦と中世と思われる黒光りの瓦が
混在しています。
まぁ、あまり好き好んで拾う人いないだろうし、
拾ってもあんな重いもの持って帰るの大変。
自分も3〜4個拝借してやめました。

一応表採だから個人的にはOKかなと勝手に思ってます。


21 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/05/23 18:17
陰陽石は?

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/05/23 23:19
>21
放送できる範囲で。

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/05/24 21:51
石モノというと道標、常夜灯もありますね。

24 :野仏:02/05/24 23:19
道しるべや常夜灯は、江戸期に多く作られたので
あちこちにたくさん残ってますね。
私の住んでいるすぐ側にもお堂があるので、寛政と天保の常夜灯
があります。

常夜灯は春日大社で室町のものを見ましたが、道標のもので
中世のものは見てません。
町石ならありますが、一度見てみたいです。

25 :古墳スレの26:02/05/26 02:51
たまたまHDにあった画像をうp。(w
西琳寺(大阪府羽曳野市)にあった永仁3年(1295)の五輪塔です。
ttp://okameishi.tripod.co.jp/sairinji01.jpg

26 :山野野衾:02/05/26 09:08
栃木県那須には「御前岩」があります。高さ15m以上の大岩の中央
にあるのは、広い所で幅1.5m程の割れ目。
普段から武茂川の水で湿っているそれは、月に一度赤い水を滴らせま
す。その周りに植えられた「腰巻竹」は徳川光圀が植えさせたものと
いう伝説があります。

27 :こはく:02/05/26 21:40
亀形石造物が好き。精密模型買っちまった。
飛鳥の石造物はみんな好きだな。

28 :野仏:02/05/27 00:01
>古墳スレの26さん
中々立派な五輪塔ですね。
鎌倉時代ですか。やっぱ中世のものは迫力ありますね。
近世に入ると装飾過多に走るのでやっぱ中世がいいですね。

私も一つUPします。
前出の場所とは違う鹿児島県内の古墓にある板碑です。
建立年は永仁7年。
周りは中世の石塔でいっぱいです。

ttp://w_ch.hippy.jp/cgi-bin/imgboard/img-box/img20020526235627.jpg


29 :古墳1:02/05/28 14:39
埼玉県新座市にある平林寺は、
薄暗く鬱蒼とした雑木林の中、松平家のお墓がズラーリ。
小さいころ、お父さんに頼んでよく連れていってもらいました。
武田信玄の娘の墓もあったなぁ。


30 :教えて君:02/05/29 17:25
関西で有名な陰陽石を教えて下さい。無名でもいいっす。

31 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/05/30 20:36
現在磨崖の梵字(種字)を探してます。
大きさは1m以上、時代は室町以前で、
出来れば曼陀羅でなく、単体もしくは二尊、三尊のものを
石塔なぞに書かれたものは除きます。
できれは九州以外の情報を・・・。

福岡県(宝満山)、大分県(日田市)と、
鹿児島県にあるのはわかったのですが。
そのほかご存じありませんか。
情報お待ちしています。

32 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/05/30 20:49
奈良の飛鳥坐神社の境内にたくさんあるYO!

33 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/05/30 20:51
スマ祖。↑は>>30

34 :古墳1:02/05/31 00:41
飛鳥坐神社はたしかにニョキニョキしてますよね。

まだまだ若くてお盛んだったころ、
飛鳥の観光MAPに「マラ石」なるものハケーン!
これは見ておかねば(笑)と、橿原駅前で借りた
レンタサイクルで山道のぼるのぼる!
たしか石舞台のあたりからあがってった気がするけど。
息きらして辿り着いた場所にあったのは、
土中から斜めにニョキっと顔だした長細い石ひとつ・・・。

そして、マラ石を前にしてハアハア言ってる女がひとり。
ばか?

35 :古墳スレの26:02/05/31 00:55
>>34
こんなのですな>マラ石
ttp://www1.kcn.ne.jp/~nishiura/sekizoubutu/DSCF0023.JPG
先っぽの加工がリアルかも・・・

しかしまぁ若気の至りですな。何とコメントしたらよいのやら・・・(w


36 :古墳1:02/05/31 01:02
わー、そうそう!こんなんです!
今、大笑いしてイスごとひっくり返りました。
ありがとう古墳スレ26さん。
ありがとう青春の日々・・・。

37 :野仏:02/05/31 01:12
>古墳1さん
ハハハ・・・・
そういえば、考古学会である調査員さんが縄文の石棒の説明を
してたときかなり言いにくそうだったなぁ。
無理も無いけど。
路傍の道祖神もその類みたいだけど、実物を見たこと無いので
詳しいことはちょっと 知りません。
見たことある人詳細希望。

>31さん
鹿児島で見たことあります。凄く迫力あったのと
別のところでは「こんなところに・・・」というのもありました。
参考になるかどうか分かりませんが、こういうサイトを見つけました。
ttp://www.ryukoku.seikyou.ne.jp/home/69031/magai-1.htm




38 :31:02/05/31 21:54
野仏さんありがとうございます。
大変役立ちました。
また気が付いたものがあったら
お願いします。

39 :古墳1:02/06/04 00:32
ふらふら散歩してて立ち寄った、
練馬区の石神井川沿いにある広徳寺ってお寺。
メジャーなお寺ではないけれど、
柳生家のお墓がありました。なかなか立派な五輪塔です。
剣道やる人かな?けっこう削られてました。墓石。

40 :古墳スレの26:02/06/06 01:17
柳生の里(奈良)の芳徳寺にも、柳生一族の墓所がありますな。
ttp://kyoto.cool.ne.jp/yaya333/yagyu/boseki.jpg
もう10年以上行っておりませんが・・・

41 :山野野衾:02/06/07 16:42
奈良県五條市大津町の平田寺跡には長禄4(1460)年の字が、同市の真土峠近
くの西福寺の板碑群の中には延徳2(1490)年9月15日の字が刻まれた石碑
があります。どちらも六斎念仏を記念して建てられたもの。

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/06/07 23:34
山形には中世板碑が結構ありますよ。そういえば、千葉も多いんじゃ
なかったかな。

そういえば、薩摩の隼人塚は発掘調査の結果五輪塔の基部と四天王
像が確認され、大隅正八幡(現 鹿児島神宮)の正国寺の元正国寺で
あったと結論づけられています。


43 :山野野衾:02/06/07 23:42
そういえば沖縄のイメージが強い「石ガントウ」も秋田を始めとして日本の
各地に残されているそうです。微妙に名称は異なっておりますが。

44 :野仏:02/06/07 23:51
>42
ハハ・・・
実は、その隼人塚の復元事業に関わってました。
名前わかっても晒さないでね。
依頼が来たとき、仏像の形態分かるの自分しかいなかったので。

ちなみに、隼人塚は7重(確か、うろ覚え)の層塔
3基あり、中央の塔が大きめ。
各重に仏像を彫り、屋根には垂木、層部には扉を表現。
朱色の彩色もありました。

復元事業としては、まず、現状の記録を行って、塔は、出土した
部材と復元品を補って、既存の部分や出土分は薬品を染み込ませ
風化しないようにしました。

四天王は、いずれも本体と基礎の餓鬼が分離していたり無かったり
していたので、薬品を浸透させたあと、鉄芯を入れてつなぎ合わせ
建てました。

作業時は、あの塔にはしごかけて仕事してましたよ。


45 :野仏:02/06/08 00:01
で、あの隼人塚に関して自分の見解。
あくまで今の配置が当初からのものと仮定すると、
3つの塔は薬師三尊を表していると思います。
さらに、塔の各重には金剛界四仏(初重は特に)を
刻んでいるので、密教的なものも意識しているかと。

刻まれている像は、奈良時代や平安初期のような感じよりも
丸い顔をしており、丁度定朝様といった雰囲気。
層塔の感じからも(大隈国分寺とやや似ている)
平安後期頃のものではないかと。

四天王像は、中央の作品と比べて地方色が非常に強く、
かなりのアレンジがある。
層塔の仏像もやや地方色があるようです。
(専門家の方によると、耳が大きく方にぴったり付いているからとか)


西日本には立派な板碑があまり無いのでうらやましいです。
鎌倉、室町の年号が書かれているとそれだけでうれしいですから。

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/06/08 02:26
野仏さんは鹿児島で文化財の仕事してるんですか。

47 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/06/08 03:19
初めてこの板来ました…。

石の宝殿について知りたいんですがここでいいのかな?
加古川バイパスを姫路に抜けて五分ほどの場所にある
生石神社の御神体の巨大な人口石。

見に行って一人で興奮してもうたんですけど、あれって
結局何なんですか?

48 :野仏:02/06/08 13:33
>46さん
昔してました。わかっても情報晒さないようにお願いしますね。
>47さん
古墳の未完成の石室という説が有力です。
終末期のものではないかと。


49 :42:02/06/12 05:01
 うわ、うれしいなぁ。最近鹿児島に現地調査に飛んだばかりだったので。
山形の寺なんですが、開山上人の伝記に大隅八幡宮が出てくるので、
その関係で調査にいったのでした。発掘調査報告書に寄れば、
元正国寺のあった場所のようですね。>隼人塚 移転後の正国寺は
阿弥陀三尊だったようですが。そういえば、うちの寺の元あった場所の
そばから、国内最古の墨礫石が出てきて、それにもキリクで阿弥陀
三尊があったり。さいきん、古い石碑のキリクが気になってしかたがない。



50 :古墳スレの26:02/08/18 22:17
>>1さん、お元気だろうか・・・

土曜日に奈良の方に行ってきたので、
久々に石塔画像をうp。(超有名どころですが・・・)

般若寺十三重層塔(建長五(1253)年ごろ)
ttp://okameishi.tripod.co.jp/hannyaji01.jpg

般若寺笠塔婆(弘長元(1261)年)
ttp://okameishi.tripod.co.jp/hannyaji02.jpg

東大寺伴墓三角五輪塔(伝重源墓)
ttp://okameishi.tripod.co.jp/tomobaka01.jpg

西大寺奥院五輪塔(叡尊塔)(正応三(1290)年ごろ)
ttp://okameishi.tripod.co.jp/eisontou01.jpg

51 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/08/18 22:29
 地蔵さんだーい好き!

52 :五角仮面:02/09/16 22:17
最近、徳島の神社をよくめぐっていて気づいたのですが、
徳島のほとんどの神社には、「五角石」という五角柱の石があります。
五角面には、天照大神などの神様が書かれている。昔、蜂須賀の殿様が
ひろめたそうだ。

ところで、神社の鳥居から少し離れた参道に、石の台座のようなものが
あるのだが、いったいなんであろうか。よくわかりません。
ご存知の方は教えていただきたい。

53 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/16 22:27
近江三石寺はどうでしょう。

石山寺、石馬寺、石寺

54 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/09/16 22:27
4石寺だった。

石塔寺

55 :古墳スレの26:02/09/17 02:20
先日、当麻の方に行ってきたので、石モノいくつか紹介します。

当麻北墓五輪塔(平安後期・重文) ttp://okameishi.tripod.co.jp/taima01.jpg
同十三重石塔(伝中将姫墓・鎌倉後期) ttp://okameishi.tripod.co.jp/taima02.jpg
当麻寺石灯籠(天平期・重文) ttp://okameishi.tripod.co.jp/taima03.jpg
伝当麻蹴速墓五輪塔(鎌倉後期) ttp://okameishi.tripod.co.jp/taima04.jpg

>>54
石塔寺の阿育王塔は素晴らしいらしいですね。

56 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/10 21:45
>>55  続ききぼーん。

57 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/15 14:08
age


58 :26:02/11/21 21:38
たまにはこちらの方にも・・・

大阪府富田林市の板持共同墓地にある十三重石塔(重要美術品)です。
文保3年(1319年)の銘が入っているらしい。

ttp://www30.tok2.com/home/nisanzai/imgboard/img-box/img20021121213359.jpg

59 :野仏:02/11/21 23:14
しばらく離れてたけど、気づいたら上ってたw
週末実家帰るので、過去に撮った写真
持ってかえってUPします。


60 :さわやか:02/11/23 15:26
信州に多い道祖神も
野仏とか石仏と言いますよ。


61 :26:03/01/14 01:36
久々の石モノネタを・・・

於美阿志神社十三重石塔(奈良県明日香村)(平安時代後期 国重文)

ttp://www30.tok2.com/home/nisanzai/imgboard/img-box/img20030114013322.jpg

62 :川の石スレの46:03/01/17 13:44
26さん、いつもありがとうございます。
ときどき来て画像を見せていただいています。
こういう石モノは、良いですね。昔の人の祈りの気持ちが感じられて。
パワーストーンは嫌いです。現代人の金儲けの気持ちが感じられて。

63 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/18 11:36
test

64 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/03/05 00:56
コンガラ童子、セイタカ童子(漢字、難しすぎ)と名付けられた二つ石の画像
昔、ネット上で見たのに、さっき捜したらみつかんない。ウェーン。

65 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/03/07 14:04
>>64
これ?
ttp://www1.kcn.ne.jp/%7Edaiko/hunt/10/1004.html

66 :転がる石:03/03/07 21:38
飛鳥の亀石が異常に好きです。あの、のんびりした顔がいい。
この亀の顔が真西に向くと天変地異が怒るという伝承があります。
今月の連休に行くので、5年前に写した写真と見比べて位置が動いて
無いか確認します。今でも結構西寄りになっていますが。



67 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/03/09 01:46
>>65
たぶん、それと同じ石だと思いますが、写す方向などのせいか、もっとひょろ長く見えました。
自然にできたとは思えないような、異様な石でした。しかし、人間がつくるのは、もっと無理と思いました。
不動明王の脇侍の二童子の名が付いていたのはなぜなのか、どんな伝承があったのだろうか、と
気になります。

68 :古墳スレの26:03/04/26 01:05
こちらでは久しぶりに・・・

越智家栄の法華経千部読誦記念碑(文明3(1471)年)(奈良県大和高田市)
ttp://www30.tok2.com/home/nisanzai/imgboard/img-box/img20030426010255.jpg


69 :山崎渉:03/05/21 23:42
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

70 :今戸の狐:03/05/23 21:55
初めてこちらに来ました。よろしくお願いいたします。

かつて仕事で栃木に行ったときに観た佐貫観音の磨崖仏を観て以来、
地図を観たり道路の文化財案内などで磨崖仏を始めとした石造仏を
見に行くのを楽しみにしています。
ただ、学問的素養なんてないので「凄いっ」とか「うわっ」などと
呻きながら眺めています。
今まで観てきた中でも信州の修那羅峠の石仏群は一番のお気に入りかなぁ。
さまざまな石仏・石碑が見られてお得(不謹慎でした)です。

71 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/05/28 00:12
文化財にも深いつめ跡 瑞鳳殿で墓碑損壊

三陸南地震の影響で、仙台市内では27日、文化財関連の被害が相次いだことが分かった。
仙台藩祖・伊達政宗の霊びょう瑞鳳殿(青葉区霊屋下)では、本殿の両側に並ぶ政宗の家臣ら
20人の墓碑「宝きょう印塔」で、石材が落下したり一部が損壊したりする被害があった。
拝殿付近では地割れの跡が見つかったほか、歴代藩主の子女をまつった公子公女びょうで、
3基の石塔が完全に倒壊し、地震の揺れにより位置が大きくずれた。瑞鳳殿は27日午前、
安全上の理由から立ち入り禁止とし、校外学習で訪れた福島市の中学生や観光客らは残念そうにしていた。

http://www.kahoku.co.jp/news/2003/05/20030527t13041.htm

72 :山崎渉:03/05/28 14:01
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

73 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

74 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/06/10 15:21
百萬篇の石塔ならちょくちょく見かけるぞ

75 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

76 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/06/25 00:11
折角の地味ながら面白い話が沈んで行くのが寂しい

77 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/06/25 22:58
>>76
そうですね。沈めるのは寂しく悲しいです。

78 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

79 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/06/27 07:03
修那羅峠参拝ツアー行かない?
マジです。

80 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/07/14 22:46
この間鎌倉の内藤家墓地を見てきました。
宝筺印塔がずらりと並んでいて凄かったです。夜は行きたくありませんけど。

81 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/08 00:31
春日大社へお参り行った時のこと。
参道に並ぶ石燈籠の銘文調べてたら
ほとんどが室町期の年号だったのに驚いたことがある。

中世の燈篭は各地にあるが、ああいう常夜灯のようなタイプの
しかも中世の年号がはっきり刻まれている奴は初見だったので
感動した。しかもずらっと並んでるし。

ちなみに、天文〜永禄(1532〜1569)が最も多く、
見たので一番古い奴は享禄三年(1530)のものでした。

82 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/08 00:54
京都嵯峨野の愛宕(おたぎ)念仏寺の石仏
http://www.mars.sphere.ne.jp/simi/shasinkan/kyoto/k6.htm

83 ::03/08/16 19:56
徳島か高知のお寺か神社にお願いをしたら,叶う願いなら持ち上がる石があるのですが、何所にあるか知りませんか?

84 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/25 15:06
庚申塔と馬頭観音の組合せって普通に見られるもんですか?

85 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/30 20:18
京都の化野念仏寺の千灯供養に、いつか行ってみたいです。
行ったことある人いますか?

86 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/30 20:56
>>62 浄化したら妙な雰囲気がすっきり取れて好ましいもんですよ。

今日伏見稲荷のすぐ横の墓地にお参りしてきました。古いお墓が少しあって好きです。
珍しいもんはないけど。お線香上げました。

87 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/30 21:43
>>83
似たようなものならば、京都伏見稲荷に「おもかる石」ってのが
ありますよね。
私も持ち上げたのですが、果たして重いのか軽いのか
ピンとこなかった気がします・・・。

88 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/30 21:47
>>87 私も初めて持ち上げたときは重いとも軽いとも分かりませんでした。
今日は軽かったですよ。

89 :野仏:03/08/30 22:01
職場に石オタがw
古石塔の写真を撮り歩いているとか。

話が盛り上がることこの上なしw


90 :野仏:03/08/30 22:17
なんか、石塔めぐりしている者の
特有の苦労が分かち合えて嬉しかったなぁ。



91 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/30 22:32
安曇野の道祖神めぐりをした時に、
道祖神から直に写し取った石拓(?)が
売ってたので買ってきました。
お正月にはお酒を供えたりしてます。
一日では全部見れなかったので今度また
ゆっくりと見て回りたいです。
いいとこですよね、信州は。

92 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/30 22:35
鎌倉光明寺の内藤家の墓には感動した。

93 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/02 20:03
来年の石造物研究会は高野山だそうな。

94 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

95 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

96 :雨降り:03/09/03 21:53
こんばんわはじめまして。
私が好きな神社に六甲のこしき岩神社があります。
巨石がご神体です。
静かだし良い神社です。

97 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/22 18:46
最近墓石も調査の対象らしく、うちの寺の境内墓地の悉皆調査に某大学が
来てたよ。一番古いので1648年のものだそうだ。


98 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 00:38
京都の高山寺・開山堂の敷地内に建つ大きな宝篋印塔がお気に入り。
どっしりして重厚ないい感じの造りなり。

99 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/24 20:24
京都にある豊臣秀吉のお墓=石塔はすげぇよ。
一見の価値あり。

100 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 00:19
大津の長安寺牛塔

101 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 09:07

牛乳瓶に傘を乗せたみたいな大きなやつだろ?

102 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 20:46
臼杵石仏って良いですか?
駐車場とか名物とかあります?


103 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 20:50
たしか駅前にでーんとかまえてたな・・。洩れはいいとおもったよ。
名物はわからん。


104 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 20:59
>>103
即レス サンクス!!


105 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 23:36
>102
だまされるな。駅からは結構距離があったぞ。駐車場はあるから心配するな。

106 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 23:58
>>102
103情報はガセ。
臼杵駅からバスで15分くらいはかかったはず。
石仏は山間にあって、各所に幾つかの「群」を形成しています。
で、臼杵の名物はフグ料理だったように記憶してる。

107 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/26 00:17
>>102
石仏群で満足せず、
最後に必ずすぐ近くの満月寺を訪れるべし。
腰から下が地中に埋まったままの仁王さんや五重石塔、
日吉塔と呼ばれる巨大な宝篋印塔にはさぞ驚かれることであろう。

108 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/26 09:57
>>105-107
感謝です!!
今日行こうと思ってたんだけど雪降りそうだし、阿蘇越えは危険なので少し延期です。


109 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/27 12:03
>>108
臼杵の石仏見にいくなら
ついでに国東半島の熊野磨崖仏もどう?大きいゾ
http://www.yado.co.jp/kankou/ooita/kunisaki/kumanom/kumanom.htm


110 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/27 14:04
>>109
おお!凄そうですね!!


111 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/28 20:02
>>108
阿蘇越えするってことは熊本の人?
石仏じゃないけど矢部町の通潤橋は素晴らしい造りの石橋だとおもうぞ
むかし、放水の瞬間をみたが最高だった
自慢していい熊本の宝だよ

112 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/31 11:22
>>109 (その1)
29日に行ってきました。
最初に臼杵磨崖仏に行きましたが、家にあった写真ではまだクビが下においてある
状態だったので修復された石仏を見て何か違和感を感じてしまいました。(本来の姿なのにね)
むしろコース入り口付近からすぐ右に上がった不動明王に何故か感銘を受けてしまいました。


113 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/31 11:28
(その2)
その後、駐車場で熊野麻物崖物をナビで検索。(なんて無計画)
ウッ、65キロも離れてる・・・・まあ良いかと言う訳で出発。
熊野に到着、駐車場の看板に鬼の作った99段の石段の話をみる。
なんだ、登ると行ってもたった99段か、それ位なら運動不足の俺でも大丈夫だな。
等と甘い考えをもって山登り開始。


114 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/31 11:36
(その3)
石段まで辿り着くまでに結構な距離があるなんて知らなかった・・・・
石段に辿り着いた時点で体力と気力を、かなり消耗しました。
本気でもう引き返そうかと考えましたが、気を取り直して登り始める。
石段は無造作に積み重ねられており非常に歩きにくい。
なるほど、鬼が一夜で作ったって伝説あながち嘘では無いかも・・等と思いました。





115 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/31 11:46
(その4)
なんとか磨崖物に到着、その大きさに感銘を受けました。
臼杵で見た良く見る形の不動明王とは全く違った趣があり、キツイ思いを
して登った甲斐がありました。(それとも単に風化しただけなのか?)

しまった!普光寺磨崖仏なんてあったのか!見てくれば良かった!!
と、今HPを見直して後悔している私です。
どうも、紹介して下さってありがとうございました。




116 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/02 10:01
九州であっと驚くような石仏は無いでしょうか?
久留米にあるでっかい奴以外に。

117 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/02 23:00
佐賀だと相知町の鵜殿石仏群、
大分だと羅漢寺五百羅漢・普光寺磨崖仏・熊野磨崖仏あたりが有名。
トンデモ系では大分の上坂田磨崖仏(竹田市)が知られるが
小生は未見。





118 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/03 00:13
>>112-115
臼杵磨崖仏紀行おつかれさま。
次回どこか出掛けるときはお知らせくださいな。

119 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/07 06:49
今度竹田市周辺を回ってきます、とりあえず上田坂と普光寺は行こうと思っています。


120 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/08 14:41
119さん、報告よろしく〜

121 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/09 01:59
春日奥山(奈良)の地獄谷石仏は神秘的だぁ〜

122 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/10 14:25
(その1)
http://www1.kcn.ne.jp/~yosikatu/ouno/kamisakata1.htm
大分の上坂田磨崖仏(竹田市)に行ってきました、ナビに載ってないので観光案内を見る
しかし観光案内にも載っていない。
竹田の道の駅で尋ねる、磨崖仏どころか上坂田の場所すら誰も知らない。
派出所で聞く、警官も知らない。
しかしどこかにTELしてくれて大まかな位置を教えてもらう。






123 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/10 14:34
(その2)
現地到着、人気の無い田んぼの端っこに小さな鳥居だけがぽつんと立っている。
しかし磨崖仏らしきものは見当たらない、立て看板に小さく山を登った上にあると
書いてある、山登り開始。
運動不足の私には結構つらい(普通の人には大した事無いだろうけど)しかし細い
山道の先に本当に磨崖仏があるのか不安になる(その位人気が無い)
しばらく登るといきなり磨崖仏が現れる確かに不気味だ、人気の無さが一層不気味さを
ましている。
しかし地元の人も知らない所に行ったのはなんか得した気分です。
紹介してくれた人サンクス!!
続いて普光寺に行きました・・・続く。


124 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/11 02:35
期待age

125 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/11 09:06
(その3)
普光寺に到着・・・誰もいない。
まだ7日なのに、11日まで休み取ってる私が休み過ぎなのか?
とりあえず神社にお参り・・部屋の端っこになぜかダーツの的が置いてある、何故?
「ダーツおみくじ」と書いてある・・・ふざけてるのか?
磨崖仏の大きさに圧倒されました、でも観光案内ではあまり大きく扱われていないのは
何故なのか?
わざわざ普光寺の為に道路整備までしてあるのに。










126 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/12 00:22
>>122-125
お疲れさまでした。
またまた次回の報告を楽しみにしてまーす。

127 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/13 01:05
>>121
彩色をほどこしてある線刻仏でしょ?
実際に行ったら暗くてよくわからなかったけど、写真で確かめると綺麗よね。
よくもまあ彩色が残ったものだわ。


128 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/13 19:31
>121
春日奥山といえば、首切地蔵。
荒木又衛門の試し斬りで首と胴体が分かれてるそうな。
だから正確には「首切られ地蔵」なんだけどね(藁

129 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/17 22:39
>>121
>>127
彩色は当時のものじゃないよ。
小川光三の『大和路散歩』(新潮社)によると
終戦当時、小川が地獄谷石窟仏に来てみると心ないドキュソが拓本でもとろうとしたのか、
石仏の表面が墨で真っ黒に汚されていたという。
その後、石仏のその無残な姿を見兼ねた誰かが彩色をほどこしたらしい。
そういうわけで地獄谷石窟仏の彩色は戦後のもの。
あしからず。

130 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/20 00:06
>>129
この話、はじめて知った!
「へーへーへー!」

131 : :04/01/20 17:32
熊本のトンカラリンに行って来ました。
ただの水路でした---終了

なんかハングルが目立つ菊水町でした。

132 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/21 23:30
トンカラリンとは?

133 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/22 00:12
>>131-132
トンカラリン
http://www.town.kikusui.kumamoto.jp/siseki/tonkararin.html
http://inoues.net/yamataikoku/ruins/tonkararin.html



134 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/24 01:04
石塔寺

135 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/27 01:51
石塔寺の三重石塔は珍しいね。
土門拳の写真で見たことあるけどどう行くの?滋賀だよね?


136 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/28 21:17
近江鉄道の桜川駅より東へ徒歩30分。
電車の本数が少ないので車で行くのが便利。名神高速八日市インターより10分程度。
小高い丘の上にある。

137 :135:04/01/29 20:05
サンクス!
今度いってみます。

138 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/01 01:49
滋賀県といえば、
鵜川の四十八体石仏などは如何でしょう?
そのうちの三分の一程は坂本の慈眼堂内に移されていますが、
なかなかいい石仏だと思われます。

139 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/03 00:18
慈眼堂には参りました。鵜川四十八体仏は未だ訪れていませんが…
天海大僧正の廟ですね。
裏山?の鵜川石仏以外にも大きな五輪塔・宝塔が立ちならび雰囲気のいいお寺ですね。


140 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/03 19:58
坂本の慈眼堂にはわたしもよく立ち寄ります。
境内散策自由というのがいいですね。
本当は駅前の鶴喜蕎麦が目当てで坂本に足を運ぶのですが(ww

141 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/05 01:06
大分県の石仏が好きでよく行きます。

特にお気に入りなのは、大分市の高瀬石仏。
左から
・深沙大将
・大威徳明王
・大日如来
・如意輪観音
・馬頭観音
という、ちょっと変わった並び。保存状態も比較的良いです。

142 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/05 01:10
↑の人って、>>112-115 >>122-125さんとは別のお方?


143 :141:04/02/05 01:35
はい。
>>112-115 >>122-125さんとは別の石仏好きです。
福岡在住なので、大分にはわりと簡単に行けるんですよ。

144 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/05 23:14
福岡県にはお勧めの石仏・石塔etcありますか?

145 :135:04/02/08 11:03
>>135-137
石塔寺逝ってきた。車で逝ったけれど視界がきかないくらいの大雪だったよ。
駐車場からの石段は疲れた〜。大雪だったためか山頂には誰もいなかった。
三重石塔は不思議な形してるね。小さい石仏や五輪塔がビッシリ詰まってるのも幻想的。
傘の石も自然石ぽくて厚みもあった。どっしりしてた。
道順教えてくれた人、サンクス!

146 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/09 23:34
石塔寺はあの石塔も見事だが、
その横に立っている2基の宝篋印塔も実に立派。良い形をしている。
重文指定を受けていたと思う。

147 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/11 20:30
>>140 鶴喜蕎麦 LOVE♪


148 : :04/02/15 02:28
>>142
それは熊本在住の私ですね。
熊本にはあまり石仏がないので残念です。
http://members.aol.com/sony237025/new_page_1.htm
霊巌洞の五百羅漢を見に行きましたが、やはり大分の方が良いですね。
昔の地震の影響で羅漢さんの多くが破損してますし。

149 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/18 23:48
初めてここに来ました…石塔について語れる場所があるなんて!
私の知人(20代前半)が数年前から宝篋印塔にハマっており、その魅力を私に擦り込もうとします。
彼女はその笠の具合に鳥肌を立て、頂上の宝珠(?)の見事さにホレボレし、
いつ時代のどういう様式の塔かまじまじと語ってくれます。

その甲斐あってか、お寺に行くと石塔を見回す癖がついた自分に気付く今日この頃…

150 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/19 00:43
>>149 宝篋印塔→>>80 >>98

151 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/19 11:06
危険ですか?
http://hobby4.2ch.net/test/occult/1076944976/
一日目
不燃草は、ばあちゃんの家の蔵の掃除中に巻物のような物を見つける。
その巻物「三代木縁起」には、高僧が鬼を宝珠で塚に封印した事が書かれていた。
それを見た不燃草は裏山に塚がある事を思い出す。
そしてその塚を探索し宝を手に入れ鬼の正体を暴くために再び週末にばあちゃんの家に行く事を計画するのだった。

二日目
電話で巻物の内容をばあちゃんに聞くとそれは大正13年に書かれたものであることがわかった。
死体を食べる鬼が出現し村が荒れたが高僧が現れて宝珠で鬼を塚に封印したらしい。
封印した時に鬼は焼かれたが高僧も亡くなってしまったということだった。
巻物は門外不出であるため、ばあちゃんに書き写してもらいそれを郵便で送ってもらうことになった。
また不燃草は、裏山の塚の状況をばあちゃんに見にいってもらう計画をたてたがスレ上で叩かれ自信を失ってしまう。
しかし思いやりのなかった自分を反省し週末に探索に行く事を再び心に誓うのであった。

152 :151:04/02/19 11:20
因みにこの画像の左のに似てるらしいです
http://www.avis.ne.jp/~kaseki/culture/c_23.htm

153 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/20 17:47
>>151-152これはどこに?

154 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/28 15:34
岡本太郎絶賛! 万治の石仏

155 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/28 23:54
名古屋に人石仏・石塔は理解できない、書きこむな

156 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/07 10:51
国東半島の熊野磨崖仏

157 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/13 00:56
石峰寺の五百羅漢はガイシュツ?

158 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/14 10:36
石峰寺って京都伏見の?

159 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/20 20:11
>>157-158
石峰寺の石仏群の多くは顔が摩滅しちゃってて残念。
境内から見下ろす京都の眺めはいいけどね。

160 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/31 22:57
秀吉のお墓の五輪塔は?

161 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/10 00:15
>>160は確かに巨大だ

162 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/23 01:27
南北朝時代の線刻が見つかる−金閣寺・不動堂の石室壁面
京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)は21日、境内にある不動堂の石室壁面から、南北
 朝時代(14世紀)の年号や人名などの線刻が見つかった、と発表した。不動堂の
 建設時期はこれまで不明だったが、足利義満の北山殿の前身にあたる西園寺家の邸
 宅があった南北朝時代までさかのぼることがわかった。
 石室は、東側の山の斜面を掘り込んで造られ、中央奥に不動明王の石像を安置して
 いる。市埋蔵文化財研究所が金閣寺の依頼で2003年秋に調査。北、南側の壁面
 の計45カ所で文字や図の線刻を確認した。
 年号は、室町期(14−15世紀)の康永、貞和、文和、応永で計6カ所に刻まれ
 ていた。南北朝時代の「庚永元暮秋下旬」(康永元=1342=年9月下旬)が最
 も古く、有力貴族の西園寺家の邸宅・北山第があった時期に重なっていた。
 ほかに、「南無不動明王」「南無妙法蓮華経」などの名号や題目、人名とみられる
 文字、高さ9・5センチの五輪塔が線刻されていた。
 文字を解読した西山良平京都大人間・環境学研究科教授(日本古代中世史)は「不
 動堂の建設年代を知る貴重な手がかりになる。まだ解読できていない文字も多いが、
 今後の研究で、線刻された文字の意味や目的などが明らかになるのではないか」と
 話している。
 ▽村井康彦・京都市美術館長(日本文化史)の話
 中世の公家の信仰の在り方や精神生活の一端を知るうえで貴重な発見だ。西園寺家
 が何を祈り、どのように石室を使っていたか興味深い。(京都新聞2004年4月21日)

  http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2004apr/21/W20040421MWD2K1A0000073.html


163 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/11 00:28
ゴールデンウィーク休暇に湖南アルプス散策を兼ねて
金勝寺と狛坂の磨崖仏を拝観してまいりました。
狛坂の磨崖仏は大きくて造型にも優れていますね。
感動しました。

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)