5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

丹生都比売神社 (にうつひめじんじゃ)

1 :アカ日新聞:02/10/24 03:27
和歌山県かつらぎ町上天野という土地に、古い神社があります。
全国に丹生都比売の名前が点在していますが、深い意味等知っていれば
名前の由来等教えて下さい。興味があります。

2 :漂泊の2ゲッター:02/10/24 03:30
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        (  2ゲットだね・・・
   。o ○\____________/
  .∧∧ヘヘ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  (  ノ  ) 。o○(  うん・・・
  ./  |  \   \_________/
 (___ノ(___ノ
/       \


3 : :02/10/24 04:29
岡野玲子の恩苗字でもよめば?

4 :アカ日新聞:02/10/24 20:26
↑おんみょうじ?

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/24 20:46
ttp://www.ne.jp/asahi/kam/navi/ny/
↑ここが詳しい。

6 :あげ厨:02/10/24 23:24
丹生は水銀なり、高野、川上、吉野…などあそこらの山々一帯は水銀が産出していた。
その土地神様を奉ったと言うこと。何でもニウツヒメノミコトはオオヒルメノミ
コトの妹だとか。また丹生は神仙術や道教で不老不死の仙薬として重宝された。

7 :磁束2.75℃ ◆fvBo5v0lPo :02/10/25 02:09
「丹生」とは、「丹」という金属(硫酸と硫黄の化合物=赤土)が算出された土地を指します。これは>>6の説明とほぼ一致しますね。
「都」は、助詞の「の」のことです。
「比売」は、「第一の女」という意味です。
ただ、原初には男性神(ニウツヒコ?)も祀られていた(並列?)と考えられ、現存する「丹生神社」がそれかもしれません?
この男女神は、鉱脈を求めて渡来した民族が崇拝していた神様ではないかと考えられます。


8 :前鬼:02/10/25 03:32
今年かの神社の近くの川原で小学生が砂金を見つけました。
含有量が少ないので現在近くで鉱業を営む人はいませんが、
空海の時代は伊都、かつらぎから高野山にかけてたくさんの山師がいたと
思われます。紀ノ川流域は中央構造帯の上に位置し、多少なりとも金の
鉱床があり、水銀の鉱脈は金の鉱床のありかへ導くと言われています。
また金の精製にも水銀が利用されたそうです。
空海が唐に渡る費用にも、かの地の金が当てられたのかもしれません。

9 :山野野衾 ◆W7NDQJtGoM :02/10/25 11:48
狩場明神が動物資源、丹生大神が鉱物資源を司る神と考えて良いので
はないでしょうか。(弘法大師様の逸話においては)
それと丹=水銀というわけでは無く、赤い顔料の類も含んだ言葉です。


10 :アカ日新聞:02/10/25 14:36
なるほど勉強になりました。空海の話は有名ですね。
私は一度、天野に調査に行きました。
良質な赤土が多いのに気づきました。
たぶん赤土と水銀の鉱脈とが関係あるのではないかと考えました。
すごいのは、あの時代に天野地方に大きな集落があったのと、
高野山への街道と繋がっていたという事が驚きです。

11 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/25 15:21
口の紅や寺社の柱など丹生が古代使われたと、その主成分は水銀とのこと、
かの空海も丹生を使用したジンタンを服用して寿命を縮めたとか、なんて逸話もある。

12 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/25 15:27
丹鬱姫?

13 :前鬼:02/10/25 16:23
一説によると仁丹(現在のものとは別)に含まれる物質に覚醒効果があり、
空海は若い頃から瞑想のために服用していたとか。
しかし同時に肝臓に蓄積すると危険な状態になるため、命を縮めた修行者も
多いでしょう。あと丹は染料やオシロイの原料として古代より商品価値の高い
鉱物だったので、特定の部族が紀ノ川流域で独占的に採取していたようですね。

14 :山野野衾 ◆W7NDQJtGoM :02/10/25 18:58
>10
どんな山奥でも、鉱物資源(鉄など)のあるところには多くの人間が集まりま
したからね。戦後までは栄えていたという山村も多い。
そして彼らの職業に関係した信仰もまた多い。

15 :参考資料 ◆Pdi7T.x7Zg :02/10/25 19:38
【丹生川上中社】 上社 下社 長い論争あと大正に入って古来の丹生川上社と認定。

http://www.kamnavi.net/it/kinki/kawakaminaka.htm

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/26 04:27
丹生都比売神社は「にうつひめ」「にふつひめ」「にぶつひめ」
どれが正しい読み方なん?

ちなみに丹生都比売神社は世界遺産のリストに入ってるから登録されたら
一気に知名度上がるだろうなあ。ちなみに近くにある丹生官生符神社も
リスト入り、でもなぜか丹生入殿神社は仲間はずれ。地元の氏神より
やはり、高野山と密接な関係にある方が重視されてるんだろうなあ。

なお、丹生都比売神社は初詣にはモロ穴場です。
毎年2万人ほどしか来ませんからw

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/26 12:08
最寄りの駅はどこ?

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/26 23:03
一応JR和歌山線の妙寺駅だけど、そこからまだ6q以上ある。
バスは出てたかはまだ調べてません。

19 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/10/26 23:27
ありがと。来月行くつもりだったから。

20 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/04 19:27
行ってきました。
絵本に出てきそうな地にありました。
朱塗りのこじんまりとしたいいかんじの神社でした。
拝殿についたとき、ほんの一瞬雨が降ったのは神様が
清めてくださったのかしらと思いつつ、参拝いたしました。

21 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/04 19:45
そこは官符神社の方ですか?慈尊院?の上の?それとも紀の川対岸の和泉葛城山麓の?

22 :21:02/11/05 15:11
間違い、南海高野線九度山駅から西へ丹生官省符神社、
そのさらに西へ山崎丹生神社、紀ノ川を渡りJR和歌山線妙寺北へ
丹生神社...一体どこなのよ〜

23 :キッチュ:02/11/05 18:03
丹生都比売神社は紀ノ川の南側にあり、妙寺駅から歩くと2時間はかかるでしょう。
神社の近くにゴルフクラブがあるので車が通れる道はあります。
定期バスは無く、タクシー利用なら片道20分ほどですが、帰りのタクシーを
拾えるような場所でもないので往復利用することになるでしょう。

24 :21:02/11/05 18:09
それではそこは地図に載っている、山崎丹生神社のことですか?

25 :資料室 ◆Pdi7T.x7Zg :02/11/05 19:18
↓合っていると思うけど・・。

http://www.mapion.co.jp/front/Front?el=135/31/26.493&scl=250000&coco=34/15/43.331,135/31/26.234&pnf=1&sfn=all_maps_00&uc=1&grp=all&icon=mark_loc,,,,,&nl=34/15/43.138&size=500,500

http://www.kamnavi.net/ny/nyuhime.htm

26 :20:02/11/06 23:41
そうです。天野神社とタクシーの運転手さんはいっていたような‥
かつらぎ町上天野。
妙寺からタクシーで20〜30分でした。
タクシーなら笠田(かせだ)からでも同じような距離だそうです。

私は にうつひめ大神さまは悲劇的な要素があるとおもっているんですが。
はなやかだったであろう昔日の面影は今はわずかですし。
おかげで、参拝者には静かでけっこうではあるのですが。

27 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/07 00:09
福井県にも、丹生郡があるよ。


28 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/07 00:12
にう=水銀

29 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/07 01:19
丹生都比売=丹敷戸畔という説アリ。

30 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/09 17:26
本日参拝しました。私は自家用車で行きましたが大型のバスも何台か来ていました。
JR笠田駅から定期バスも神社前まで来ているようですが、今日見たのは貸切バスでした。
おもむきをたしなむなら南海九度山駅から高野町石道の古道を歩いて行くのも良いと思います。
まわりがもう少し整備されるとさらにお宮の趣きも良くなるのですが、
なにやら建物の改修工事をしているようでした。
昔はここから何時間もかけて高野山に登ったのでしょうね。

31 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/09 18:04
>福井県にも、丹生郡があるよ。

舞鶴にも丹生川がある。若狭はお水送りの遠敷=おにゅう=にう


32 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/11/23 01:51
今日の「紀ノ川トークニュース」にのっとったでー。

33 :名無しさん@京都板じゃないよ:02/12/04 02:24
司馬遼太郎著の「風の武士」でも取り上げられてるね。

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/01/11 08:55
>>8
>紀ノ川流域は中央構造帯の上に位置し、多少なりとも金の鉱床があり...
流域に、金鉱山が存在したって話は聞いた事ないが。

35 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/02/16 13:52
丹生都比売神社について特に憶えはないのですが、
水銀の産地で白鳥神社、丹、赤のつく地名とかは、
ヤマトタケル伝説とも関係があったのでは?
あ・・・激しくうろ覚えなので、詳しい方のご光臨待ち!

36 :おれ、丹生っていいます。:03/03/02 01:10
実は俺の姓は 丹生 です。
過去ログのとおり、丹 は水銀の意味がありますが、生には 産地とか鉱山という意味も
あります。朱には呪術的意味合いに加え、仏像を造る際の鍍金(メッキ)に欠かせないという実用的側面もありました。
古来の発音では「う」より「ふ」に近かったそうです。
つまり丹生は 水銀の取れるところ、といえます。
もともと高野山一帯は丹生一族の土地だったらしく、空海は丹生一族が資金援助して
今でいう私費留学生のかたちで唐に渡った、と聞いた事があります。
(水銀のとれる)中央構造線の付近には弘法大師にまつわる口碑、伝説が数多くあるようですが
それらは空海が何かをのこしたのがその一帯に集中している、というより丹生のいたところを空海が訪ねて廻ったのが、
真相という話もききました。
自分の姓が丹生であることの自慢に聞こえたかも知れませんが、
珍しい姓にたいする興味から調べたり、聞いたことを記しました。
ヤマトタケルについては初めて聞きましたが関連があってもおかしくないと思います。
古事記にも丹生関連の「井光(いひか)」が出てきますから。

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/03/02 12:56
>丹生川
 確か飛騨高山にもあるぞ。

>丹生姫の話
 五十猛命で検索したら、なんか出てきた。
 確か、五十猛命あちこちに名前が出てて、近くに丹生の名前も
 ちらほら‥‥なにか因果関係あるのかな?

38 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/03/15 16:20
千葉県の谷津にも丹生神社があります。一度参拝に行って、宮司さんに
「何故谷津に丹生神社が?」とお聞きしたら、空海の教えを布教すべく、
全国に弟子の僧達が散って行き、その中の一人が谷津に根を下したのが
始まりだそうです。
後に神仏分離令等により、今の神社の形態になったそうです。

39 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/04/20 18:52
 春の到来を祝う花盛祭
 和歌山の丹生都比売神社

 高野山の地主神、和歌山県かつらぎ町の丹生都比売神社で20日、春の到来を祝う花盛祭が開かれ、大勢の見物人でにぎわった。

 祭りのメーン、渡御の儀では、てんぐの面をつけたり、みこしを担いだ地元住民ら約45人が桜の花びらが舞い散る境内をゆっくりと練り歩いた。

 同神社は1196(建久7)年ごろから紀の川の水運を一手に引き受け、高野山への年貢米の輸送で多大な利益を得ていた。争いが起きて輸送できなくなり、水運権を守るためにてんぐ、みこしを先頭に歩いたのが渡御の始まりとされている。

http://www.kyoto-np.co.jp/news/flash/2003apr/20/CN2003042001000262D2W10.html

40 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/05/11 23:08
>>9
狩場明神 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mkn/myoujin1.html

41 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/05/23 22:01
群馬にも在るでよ 中央構造線沿いに紀伊半島から昔の人が来たんだろうね。

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/06/27 04:05
>16
禿げしく亀レス。
某ガイドに「にゅうつひめじんじゃ」と書いてあって、「にぶつひめじんじゃ」に訂正されていた。
指摘or抗議があって変えたなら、「にぶつひめ」で正解じゃないかと。
まあ、電話でもかけてみればすぐ解決するんだろうが(w

43 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/07/12 01:32
∧_∧ E■~
    (・ω・)丿 >>152 ではコーヒーでもドゾー
.  ノ/  / ッパ
  ノ ̄ゝ


44 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/07/30 23:38
テスト

45 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 03:07
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

46 :山崎 渉:03/08/15 19:15
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

47 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/28 21:04
age

48 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/30 19:53
県立博物館で丹生都比売神社の特別展やるみたいだね。
見に行かなくっちゃ!! ちょっと遠いけど 
http://www.hakubutu.wakayama-c.ed.jp/

49 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/27 22:21
age

50 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/02 13:20
今度お参りさせてもらいたいのですが、平日でも神職の方は居られますか? お守りや朱印を授かりたいのですが・・
都比売だけじゃなく官生符・入殿の方も廻らせていただきたいです。

51 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/04 10:53
>>50
うーん、直接電話して聞いたら?
ご祈祷は当日申し込みはダメなようですよ

52 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/16 22:38
交通の便悪くない?

53 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 23:16
観光バスがおおいかな


54 :なにがし:04/04/11 00:21
私のご先祖様は古く丹生津姫神社の総神主を代代継いでいました。

丹生の読み → 各地で違います。「にう」「にぶ」「にお」「たんじょう」
「にぶ」。丹生津姫神社は「丹生津姫神社史」では確か「にぶ」になっていた
と思います。しかし、うちの名前のよみは「にう」です。また一般に丹生津姫
神社も「にうつひめ」とみなよんでいます。神社史がなぜ「にぶ」なのか不明
です。

55 :なにがし:04/04/11 00:34
>深い意味等知っていれば
丹生都姫はいろいろ言われています。早稲田大学松田教授の水銀説や、稲
作の神や水の神など。水銀は特別説明は要らないかもしれませんね。水は
播磨風土記で出てくる爾保都姫(にほ)と丹生津姫が同一とされており、
「にほ」とは水の集まるところと言う意味があるそうです。確かに丹生津
姫神社は天野のいくつかある澤のうちの1つを選んで建てたとの伝承が残
っています。ちなみに、丹生津姫神社の御神体は分かりませんが、丹生酒
殿神社(丹生津姫が山宮なら酒殿神社は本社あるいは里宮)の御神体は稲
穂だそうです。
ちなみに、私は別に何かの神に限定する必要はないと思います。我々の母
神なので、すべてに対しての神です。丹生氏が鉱山師であると言われるよ
うに、鉱山にいくひとが住んでいれば安全をいのるでしょうし、稲作する
人いれば豊作をいのり、戦に出る人あれば軍神にもなります。修験の親神
とも言われています。

56 :なにがし:04/04/11 00:40
>原初には男性神(ニウツヒコ?)も祀られていた(並列?)
丹生津姫神社では祭られていませんが、ある神社では丹生津姫と丹生津彦が
祭られているところがあるようです。
ちなみに、丹生津姫神社には男神として高野明神が祭られていますが、これ
についてはいろいろ説があり、また説明も長くなり、丹生津姫・丹生都彦と
せいしつも違うことからややこしいのでやめときます。

57 :なにがし:04/04/11 00:48
>空海の時代は伊都、かつらぎから高野山にかけてたくさんの山師がいた
確かにいたと思います。昔は銅鉱山なども多かったようです。丹生総神主
家の相続には大堝があり、これが鉱山師であった説の要素の1つになって
います。丹生津姫神社は金鉱脈の上に建っており、社殿の地下には坑道が
あると言われている人もいますね。

58 :なにがし:04/04/11 00:57
>狩場明神が動物資源
狩場明神にも2説あります。1つは狩猟の神、もう1つは鉱山師の神です。
空海の時代に丹生総神主に家信と言う人がいました。彼は丹治氏(奈良明日
香村)より養子にき、犬山師でした。丹治氏は秩父でも活躍しています。あ
そこも銅で有名ですね。「狩場」は銅山を表す言葉でもあります。丹生家信
が亡くなった時、高野山を開くのに協力してくれた家信を空海が狩場明神と
して祭ったのです。
以上から言えば狩場明神は両方を表すのかもしれません。余談ですが、犬は
鉱山師を表す言葉でもあります。また、丹生氏と親戚の紀伊国造の紀氏は
国造新任で都に上った帰り、丹生氏本拠地であった丹生酒殿神社に参り、犬
を供えるのが慣習でした。

59 :なにがし:04/04/11 01:04
>あの時代に天野地方に大きな集落があったのと、
天野が発展したのは空海以後です。丹生津姫神社が大きくなったのも
空海以後で高野山の関わりで大きくなって行きました。今は神仏分離
で小さくなってしまいましたが。空海以前はみな丹生津姫神社から北
へ山を下ること1時間のところにある三谷(丹生酒殿神社があります)
に住んでいました。

60 :なにがし:04/04/11 01:08
>高野山への街道と繋がっていたという事が驚きです。
空海の時代の前後の高野へのめいんの道は、三谷津まで船できて、そこから天野
まで登り天野を経由して高野へ行く道です。三谷坂とか勅使道とも呼ばれていま
す。その後町石道が整備され、そっちの方が高野山へのめいんになりました。

61 :なにがし:04/04/11 01:12
>空海も丹生を使用したジンタンを服用して寿命を縮めたとか、なんて逸話もある。
これは、水銀をとることにより、即身成仏になろうとしたんでしょうね。空海が
死ぬ頃、水銀服用したらできるできものがあったようです。
水銀など変化しない成分で体が作られれば腐らないと言うことだったかな?

62 :なにがし:04/04/11 01:30
>でもなぜか丹生入殿神社は仲間はずれ。地元の氏神よりやはり、高野山と密
接な関係にある方が重視されてるんだろうなあ。

よくご存知の方の発言のように感じるんですが。多分丹生酒殿神社のことですね。
その通りです。今回は熊野・高野の信仰の道ということになっているので、当然
と言えば当然なのですが、よくよく考えると酒殿神社も勅使道で高野への道なの
です。道で言えば入ってもおかしくない。しかし、この地がどれほど重要な土地
か知らない人が多く、また地元の人もすでに忘れてしまっていて、恐らく役所な
どにぷっしゅしなかったんでしょうね。1200年以降高野山真言宗と鎌倉幕府
が繋がり、高野山真言宗は仁和寺から独立します。その時同じく丹生津姫神社も
仁和寺から高野山真言宗の支配下に入ります。そして、丹生津姫神社では高野山
真言宗関連の神事が増え、丹生氏も三谷から天野に移り住みます。つまり、丹生
津姫神社は高野山真言宗寺院群の一角をしめていると言うことです。つまり高野
山の一部なのです。しかし、丹生酒殿神社は丹生氏の本拠地ではありますが、
高野山の一部まではいきませんから、あぴーるするには弱いんでしょうね。


63 :なにがし:04/04/11 01:36
>丹生都比売=丹敷戸畔という説アリ。
ありますねー。「丹敷」は確か「にふ」だったかな?戸畔は「とべ」で女主か
女王とかそんな意味だったかと思います。

64 :なにがし:04/04/11 01:43
>ヤマトタケル伝説とも関係があったのでは?
関係はわかりませんが、民俗学者の谷川健一氏はやまとたけるは鉱山師を率いて
各地を回ったと書かれているようですね。

65 :なにがし:04/04/11 01:45
>水銀の産地で白鳥神社、丹、赤のつく地名とかは、
丹のつく地名は水銀の産地の場合が多いうようですね。

66 :なにがし:04/04/11 01:53
>「何故谷津に丹生神社が?」とお聞きしたら、空海の教えを布教すべく、
全国に弟子の僧達が散って行き、・・・

丹生津姫は空海の守護神として高野山ではまつられており、高野山真言宗
では袈裟に丹生津姫の神紋の三つ巴をつけています。そして、高野山真言宗
のお寺には、その証として丹生神社を勧請しています。誓約的な部分もあっ
たようです。丹生神社がなく、空海と丹生津姫と狩場明神が描かれた掛け軸
をかけられているお寺もありますね。
丹生神社といっても、古代の丹生族が祭った丹生神社と、高野山真言宗が
勧請した丹生神社と、武蔵武士が祭った丹生神社などいろいろあります。

67 :なにがし:04/04/11 02:07
>水運権を守るためにてんぐ、みこしを先頭に歩いたのが渡御の始まりとされてい
る。

これにも2つ説があります。水利権は最近言われている説ですね。広島県の甲田郡
だったかな、昔は太田庄といって丹生津姫神社の領地でした。ここからの年貢を
紀ノ川を登ってもってくるのですが、昔紀氏だったか、その運送時この年貢運送
の人を切った事件があって、その水利権を高野山(丹生都姫の神人たち)と争った
ことから、この神事が生まれたとの説だったと思います。すいませんうまく説明
できてないかも。
もう1つは、丹生津姫が天野に鎮座する時に、まず河口の和歌浦にある玉津島に
上陸し、紀ノ川を登って天野に鎮座したため、そのことを模してこの岩屋にくる
神事をしたとか。
実際はいつからこの神事をして、どういう意味でしたのかなど分かっていないの
が実際だと思います。

68 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/29 12:39
なにがしさん、代々天野にお住まいの方でしょうか。
いまも丹生都比売神社の神主をお勤めなのでしょうか。
いまお務めになっているのは、
違う苗字の方だったような気がするんですが(うろ覚え
差し障りがなければ、そのあたりの事情をお教え願えませんか。

69 :なにがし:04/04/30 11:25
素性は明かせませんが血はひいています。

>いまも丹生都比売神社の神主をお勤めなのでしょうか。
いえ、私は勤めていません。ニの祝の丹生さん(天野には
いませんが)は常時いませんが、確か神主としての席はあ
ったと思います。一の祝(総神主家)の丹生さんはもう神
主はやられていません。今の神主さんは仲谷さんだったか
な?

丹生氏についていろいろ本を読んでいると、うわっつらだ
けをみて書かれている人が多いですね。ここ2年前からだ
いぶ変わってきましたが。
例えば、丹生氏の家系図を見ずに家系を語る人(家系図に
つて正しいものは丹生広良氏の本か日野西氏の論文か。一
般の書店では売ってませんね。和歌山なら売ってるかも。)。
丹生氏の伝承なんかは全く出てきませんよね。実はそこに
重要な部分があるのですが。それを知ると知らないでは方向
を間違う場合もあるのに。

そんなこんなで何箇所かでかきこさせていただいております。
もし、丹生、あるいは丹生津姫神社などでご質問・疑問点な
どありましたらどんどん質問して下さい。

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)