5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

神域の秘密

1 ::03/08/30 22:00
神域、とでもいうか いわく言い難い場所ってありますね

「何かを感じる」というのか

どんなところが神域たる所以だと思いマツ?
必要条件とする物があるならそれは如何なるもの?

とりあえず 自然の物に限定で

2 ::03/08/30 22:02
とりあえず私の考え
地上に降りる事で「神」と名付けられるモノは何らかの目印?を目指してくる
例えば 山、古墳、

そしてそこからいろんなルートを通って特定の場所に溜まる
例えば、泉、洞窟、

もちろん上記の2つの条件を兼ね備えるものもあり
例えば 石、木、

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/30 22:28
ATフィールドはありますが何か?

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/30 22:53
uho

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/30 23:02
[ 神社と御神体 ]

 神社は垣を巡らして俗世間から聖別された。
 そして神の宿ります御神体を祀る場所としての本殿が造られ、御神体を拝むための拝殿、
神に捧げる弊帛を祀る弊殿等が造られたが、古い形の信仰を残す神社には、神社の背後の
山の「神奈備=カンナビ」自体を御神体として、本殿を設けない神社もあった。

 と言うのも神の座所は、本来的には神社内にはなく、山や森、滝や丘、海や川、島や岩その
ものにあったからである。
 神社はその土地と、それを司る神に密接に結びついて信仰されるのが最も古い形だった。
 土地の神は「産土神=ウブスナガミ」或いは、「氏神=ウジガミ」として崇敬を集め、地域統合
の象徴として機能した。
 神社には「御神体」と言うものがある。鏡や剣、石などがそれで、そうしたものは、神の象徴
ではなく、神が降臨し、そこに宿る魂の一部と観念された。御神体の事を「御霊代=ミタマシロ」
とも言うが、この「代」は神霊がそこに憑かる「依代=ヨリシロ」の代で、神霊が宿る神聖なモノの
意味になる。

 西洋キリスト教的なものの見方から、御神体に対する崇敬を偶像崇拝と混同する人がいるが、
偶像とはキリスト像やマリア像、或いは仏像・神像など、神仏の似姿を模した像の事を言う。
それらの像の場合、神仏の魂が宿っている訳ではないが、御神体の場合は、そこに神が降りると
考えられている。

 古代の日本人は、神の力をいただき、神と共に暮らしていくために、神の降臨を仰いで祀ったが
その際しばしば自然の巨石や、常緑樹などを降臨の御座所(依代)と見なして崇拝した。
 そうした巨石や、ひときわ気高い樹木は、神の住む山(カンナビ)や森など、神聖と信じられた
場所にあるものが選ばれ、石の御座所は「磐座=イワクラ」、樹木の御座所は「神籬=ヒモロギ」
等と呼ばれて、祭祀の対象となった。
 また古い形の信仰では、女性の陰部と見なされる岩や洞窟なども崇拝の対象となり、死と再生
の儀礼等に用いられた。
 この祭祀は春と秋など、生活の節目に、その都度祭場を設けて執り行われたが、やがてそこに
恒常的なカミマツリのための施設が造られる様になった。これが「神社」である。

6 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/08/30 23:02
1.イワクラ(磐座)
 わが国古代における石信仰の一つ。 その名称は記紀および風土記などにみえ、同名を
 冠した延喜式内社や地名にも認められる。神の座となる石で、 神社建築の発生以前には、
 神を随時石や樹に招き降ろして祭を行なったもので、 これには神の降臨にふさわしい
 比較的小形の石が選ばれた。
 この遺跡の石が神の座として固定すると、 石自身も神聖視されるに至ったものと思われる。
 (『国史大辞典』吉川弘文館)

2.ヒモロギ(神籬)
 上代、神霊が宿っていると考えた 山・森・老木などの周囲に常盤木を植えめぐらし、玉垣を
 結って新制を保ったところ。
 後には、室内・庭上に常盤木を立て、これを神の宿るところとして 神籬と呼んだ。
 現在、普通の形式は、下に荒薦(あらむしろ)を敷き、 八脚案を置き、さらに枠を組んで中央
 に榊の枝を立て、 木綿(ゆう)と垂(しで)とを取り付ける。
 (『広辞苑』岩波書店)

ttp://www.osk.3web.ne.jp/~asterope/god1.html
ttp://aikij.com/iku/mitsuketenjin/nattoku/1-4jinja.html

7 ::03/08/31 23:43
>5,6
詳細サンクス

それなんすよ 問題は
神様は何に降りるの?と聞いてしまえば条件揃えば何にでも降りますワナ
榊を挿して祝詞の一つも唱えればOK  (と簡単でもないが

人工物でもいけますわな
神社でも良し、三種の仁義のご神体でも良し

聞いてみたいのは 
何故そこでなければならないのか?もしくはそこを神域たらしめているものは?
神域のパターンを見極めれば何が御神体なのか、いまだ知られていない神域を
見つけられる矢も

8 :(o。oo):03/08/31 23:46
てすと

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/01 20:58
>>1
もしかして龍スレの人?

10 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/09/02 00:02
>9
たはは 分かりました?以降コテハン出汁マツ
龍スレ1で以前質問したんですが発展しなかったんで龍に限定しないで
「神域」で括って新スレ立ち上げてみまスタ

天津神、国津神、全部ひっくるめていんじゃないかと

そういや 9時からの月曜ドラマで宗像大社が出てました
原作 星野之?さんの宗像教授シリーズです
漫画が元ネタですがドラマになるとチト趣が… 

あそこの特徴考えてみたんでツガ
沖津宮、中津宮、辺津宮、宗像大社が直線状に並ぶというのがあります
島が飛び飛びにでも直線状に並ぶ場所は要チェック?

11 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/02 00:28
>>10
>直線状に並ぶ場所
レイライン?

12 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/09/02 00:46
>11
もしかしたらそんなものかも? 風水とか

龍の背がうねって出ているようにも見えますな
連なる島を海のほうからやってくる龍の背中に見立て
龍の頭が海からやってくる「力」の集結するポイントと、みるとか

風水でも、砂とか穴とか用語ありましたな、そう言えば

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/02 01:03
1さんは山でも海でもどこでもいいけど
うろうろ目的も無く歩いたことはありますか?好きですか?

別にどうと言う事のナイ場所なはずなのに
妙にハイになったり空気が澄んでいたり明らかに気が張っていたり
する場所に出合ったことはありますか?

理屈で言わないならその「程度」が常人の感覚からすると
ずば抜けている所が聖地って呼ばれている気がしますが
異界としかいいようがないですね。
科学的にはよく磁場が違うとかいいますけど
今度磁場ゼロポイントと言う所に行ってみます
どうなんでしょうね?


勿論意図的にそう言う場所を作る作法もあるらしいですが…



14 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/02 01:22
そういえばお寺より神社がある所のほうが
「異界」度の確率が高い気がするな
なんでだろ〜?

15 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/09/03 00:21
>13
1さんは山でも海でもどこでもいいけど
うろうろ目的も無く歩いたことはありますか?好きですか?
別にどうと言う事のナイ場所なはずなのに
妙にハイになったり空気が澄んでいたり明らかに気が張っていたり
する場所に出合ったことはありますか?

普通に考えたら只の危ない人だと思います。上記の場合
私の場合はフト目がいく、足が向かう、その程度
ま、一歩間違えれば狂気に飲まれる程の感性がなければ関知できないのかも?
他人の残留思念に振り回される可能性もありますが

では磁場ゼロポイントのレポおながい始末

作法、ですか?
結界法の事だと思いますが人工的に行う話は後にとっときましょうよ
>14
その場にやってくる人間の影響受けてるのかも?
わかんないけど


神域のパターンを見つけ出す、なにげに書いたんでつが
風水や奇問遁甲に共通する概念なのかも


16 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/03 09:37

>>5-6=1じゃねえの?

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/03 19:49
>>16
>>1-2=7=10=12=15と5-6では、論旨が微妙にズレてるような気がするけど?

18 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/09/04 04:28
普通に考えれば
>>5-6
で納得できるんでしょうが
自然に降りてくる神様の場所の法則、がわかればいい と思って
私じゃないっす、あんな長文書ききらん

先日、ある神社に行きましたが
その神社に入る道の前にある山があまりにも奇妙で
と、いうのも山頂から神社の方に向かって
ほぼ一直線に自然石が並んでいるんんですわ
人工的に配置した?かのような自然の妙?溶岩っぽいので
後から置いたとも思えず

これは人が作ったものじゃないなぁ、…神?

そう思ったのがスレ立てた理由
次から自分の知ってる神域の様子でも書きマツか

19 :どとうとしや:03/09/04 07:37
神域で何かが起こると信じてみるのもよろしいでしょうが……。
唯物論者に近い私ですらも、何か「八百万の神」を感じてしまうものでありますが。

20 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/04 22:31
潔斎して注連縄を四方にめぐらして、
コモをしいて、案の上にヒモロギを立てて、
神酒御饌を捧げて、降神して頂けばよいのでは?

21 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/09/05 02:46
>19 どとうさん
いや、別に期待なんかしてないですが
何もない、んだけど 何か感じる自然の妙味 

>20 
人の身で降ろせる神って そういった神様じゃないでツカ
降ろしたいときに降ろせるのではなく、
人の存在によらず存在している神様の話と言う事で
そんな神様って場所に降りるしか無いと思うんでツヨ


しかし、思いつく神域ってほとんど神社関係しかないんですよね
神意を感じると言えば
地元にある大きな霊山に向かう道路があるんでツガ
バックミラーに又一つ少し小さめの霊山がきれいに写りこみマツ
「つながってる」と思ってしまうほど一直線なんです
…そんだけです

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/05 10:20
初めてレスします。
私は山寺へ行ったとき龍の存在を感じました。
たくさんの石仏があり、不動明王様もいらっしゃいましたよ。

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/05 10:29
13の方が書かれていますが
よく山頂に○○大神様の拝殿など造られていますが、そこへ辿り着く前に異空間というか
氣の流れの違う場所を感じる人も多いのではと思います
自分の場合、神域と呼ぶにふさわしい気は古来より信仰の対象になった山を歩くと感じます

気は習わなくても誰にも感じとる事が出来るので普段から意識すると面白いですよ
イメージとしては皮膚呼吸に意識を集めることからでしょうか(手のひらなど)

八月最後の日曜日、分杭峠は新興宗教かと見間違うばかりの人々が集まっていました
宗教ですか?って聞いてみると病気や立てない人も直るらしいと皆さん敷物しいて座っていました

未舗装の道を歩きながら氣を手のひらで探っていくと一箇所だけ強く感じる場所があります
その強い氣を感じる場所は幅にして1m程度でした(一部の確認だけなので他にもあるかも)

わかる人には分かるんですね その前には車椅子の方と家族、知人と思われる方が集まって
いました

バイク旅でしたが上記とは対照的に山中では珍しいくらい気分の悪くなる場所も走りました
(地蔵峠より南方向でつ) 



24 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/05 14:53
まぁ神社関係しかないっていうか、
そいう不思議な感じのするポイントに敏感だった
古代人が祠みたいなのを作ってお祀りしたんでしょうね。>>21

25 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/05 17:32
     山


山    +    山


     山

盆地は+の地点が神域(地域の総鎮守神社)になる場合が多い
とりわけ目立つそれぞれの山に神域があり、何らか祀られている。
それを直線で結び交差した地点。
風水などの影響や必然的に地域の中心となる場所となるのも要因の一つ。
神社と神社を線で結んでいくと面白い。

この場合自然信仰的に生まれた神域と言うのは
+の地点ではなくそれぞれの山である事が多い。

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/05 17:32
>>22
龍スレにも書いてたね。コピペ?

27 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/05 18:28
ほのぼのとしたニュースを一つ・・・
(きっと、浅野さん、何か神秘体験したんじゃないかな?)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

女優・浅野温子さん、全国の神社で「古事記」語る公演

 女優の浅野温子さん(42)が5日、全国の神社で語りの公演シリーズ「日本神話への誘い」を始めると発表した。

 イザナギ・イザナミ、天照大神など、「古事記」の神話のエピソードを再構成し、神社の境内で語るという内容。「日本に伝わっている素晴らしい物語を次代の人たちにも伝える」のが目的だ。

 10月4日の伊勢神宮を手始めに、今年は計5回の公演を行う。「来年以降も続けて全国津々浦々の神社を訪ね、自分のライフワークにしたい」と話している。(読売新聞)
[9月5日17時59分更新]




28 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/05 18:43
http://ula2ch.muvc.net

29 :諏訪建彦 ◆L8wOvqQTyw :03/09/06 08:38
皇居は神域に含まれるのでしょうか?あの中には物凄いパワースポットがあると
何かの本で読んだことがありますが…?もしスレ違いでしたらスミマセン。

30 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/09/07 02:33
書き込んだはずが消えてました ?? 寝ぼけたかな?

>22
別に龍でなくてもいいですよ、ここ龍スレではないし
その山寺はどんなところですか?
地名を伏せてもらってもいいですから 良かったら特徴なぞ書いてもらえたら

>23
分杭峠?地蔵峠?有名なところ…でしょうか?
手のひらが感じやすいのは幾つかの理由があるからと思います
1つには皮膚が薄いために感度が高いという事
もう1つは二股になった指が複数あるという事
(二股になった物は気をキャッチするアンテナになるらしいのですよ

>24
そのような場所に祀る可能性を考えるなら祠も要チェックかもしれませんね

>25
なにげに非常に重要な事をありがとうございます
カタカムナや風水もそのような場所を見つけ出す技術なのかもしれませんね
非常に大まかな方法ですが、縮尺の異なる地図を3種類使ってます
(14万分の1、expツーリングマップル 2万5千分の1、国土地理院の地形図
 ゼンリンの住宅地図等など)

>29
なにぶん私も行った事もないし、検証しようも無いですよね

31 :久兎:03/09/08 00:11
こんばんは♪
明らかに「人以外の何かがいる」ってスポットはある気がします。
うん、勉強になりそうです。

>>29
皇居の見学ツアーはありますよ〜宮内庁のHPに申し込み方法など
掲載されています。
ttp://www.kunaicho.go.jp/13/d13-01.html

最高神官がいらっしゃる土地ですから、神域にもなりうるでしょう。
堀によって外界とも謝絶されてますし

32 :諏訪建彦 ◆L8wOvqQTyw :03/09/08 20:52
>>31
ああ、皇居はどなたでも申し込みすれば通常入れない場所の幾つかも見学出来るんですね!
ありがとうございます。是非行ってみたいです。

33 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/09/09 00:02
>31
昨日レスついてなかったんで、そろそろ終わりかな?と思っちゃいました
久兎さんが勉強になりそうならもうちょい行きましょか

思い出したんですが
風水の語源は風水経?だかそんな原典に
「気は風に乗って散じ、水に会って留まる」と、あるので風水なんだとか
寸摩損、詳しいところご存知の方 正解おながい始末

現皇居(元江戸城 は風水の見地からすると相当の福地らしいでツ
遠くは富士山を「財」と見立て関東平野規模のエネルギーの集積ポイントがあそこだとか
しかし、一説には京都御所には及ばないとも
風水って昔から日本に入っていたらしく 西の代表が鎌足の墓で東が東照宮だそうな
まあ、藤原三代や徳川幕府生み出したんだからそれなりの力を持ってるんでソ

「水」というのも何らかの形で神域には必要なのかも

>32
良かったでツネ 諏訪さん
もし行ったらレポおながい始末

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/09 04:08
このスレ面白そうだからもっとレス増えないかな・・・。
とりあえずネタ投下。

物質の周波数というか波みたいなのを感じられる人がいるとかいうじゃないですか。
そうだとすると、物質からは音みたいな波が出てるってことになる。
んで、いろんなものから出てるその波が互いに干渉しあって振幅が大きくなってる場所とかもあるかもしれない。
で、そこがエネルギースポットになってるってこともあるかも。


35 :是々 ◆1x862TNCN6 :03/09/09 21:01
おじゃましまっす。

>>34
ちょっと板に似合わない方向でマジレスすると、物質というか、空気を含めたあらゆる分子は常に動いてるんで、
それが波動と考える事は出来ると思います。人体にもそれはあるんで、共振する場所なり物なりはあるでしょう。
それがどう影響するかはまた別の問題だけどね。

だから、ただの石が御神体、とかいうのも、その辺の関係はあるかもしれないですね。

訳のわからない文章になってしまった、スマソ。

36 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/09/10 00:35
>34
おっ、ネタサンクです

世間一般大多数の人が感知できない領域を感じる人がいる、と仮定します
それはもちろん、その人独自の感覚で表現されるべき世界でしょう
その人なりの突出した感覚で理解しやすいジャンルで捉えるのならば
同じモノに接しながらも 視覚で捉えたり、聴覚で捉えたり、嗅覚で捉えたり…

そんな感覚で捉えるなら、そのそれぞれの存在が発する相互干渉が理解できるかも

あの「なんかいる」という感覚を明確にできる方法ってないですかね
自分的には「音を観る」「その雰囲気を身体全体で記憶する」こんなイメージ使ったりしまツ

>35
共振ってありかもしれないでツネ
ただの石はただの石、そこにのっかるプラスアルファの部分を感知するのは
人間のとある部分(?)だと仮定すると、
人間に既にそれを感知する受容器は厳然としてある、という事になります
巷でよく言うけど、意識の問題なのかも

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/10 02:58
「なんかいる」って感覚を起こさせるのはやっぱり「気」なのかな?

38 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/10 07:52
鎌倉とか平安京内里跡とか清洲城とか金沢城などはパワースポットではないの?
そこそこ由緒&オメデタイ土地だけど。

39 :青空 ◆5BKiQYuF9U :03/09/10 18:33
黄龍さん、こっちでは初めまして。

>あの「なんかいる」という感覚を明確にできる方法ってないですかね
>自分的には「音を観る」「その雰囲気を身体全体で記憶する」こんなイメージ使ったりしまツ

明確に出来たらいいですよね。私も自分がたまに感じるものの正体をハッキリ知りたい。
無意識を意識するのは不可能な事かも知れませんが…。

音を観るっていうのはよくわからないんですが、
「その雰囲気を身体全体で記憶する」のはわかる気がします。
「なんかいる」って時は
体全体がその空気(気?)を感じるようになってるような…
自分がひとつのアンテナになったって感じかな。

40 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/11 01:55
久兎です。
地名とかがついているわけではないが
御幣の周りというのは温度が他の所より明等かに熱い!

こう言うのも蟻?

41 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/09/11 04:42
あ、ちょっと賑やかでウレスィ

>37
五感で感知できないもの=気 では無いと思うけど 意外にそうなのかも
スマソ、うまく表現でかない
>38
個人的に行った事無いんで、なんとも
しかし、城とかは戦場になる事等も考慮に入れて建造するだろうから
純然たるものではないんではないかとおもふ
>39
どもです 「音を観る」というのは私なりの表現で
なんというか 「キィ〜〜〜ン」とでもいうような甲高い?音ってしません?
その音に意識を合わせていく為には静かにしないといけない訳でツ
すると、自分の呼吸の音がまずうるさい……ので静かな呼吸にする
身体を脈打つ鼓動がうるさい……のでなるべくフラットに(イメージだけでも
湧き出る思考がうるさい……のでポッカリ無になる

あと、お役に立つかわかんないですけど イメージ操作法なぞ
1:目線の高さに「意識の水平線」をつくる(山の間の湖面とか、一本の線でも可
2:それをフラットにする(波一つ無い鏡のようなイメージ、不動心
3:可能な限り広げる(湖の真中に自分がいる
4:フラットを維持したまま一気に「下へ」意識で持っていく
こんなもんで
>40
そういう感覚、蟻です
ここ行ったらこんなんだったって 無いデツカ?
  

42 :久兎:03/09/11 20:18
>>41 黄龍様
他には…
例大祭などで町全体に注連縄が張り巡らされている時。
空の厚みが増して空気が重く感じます。

具体的な地名だと、ちょっと自分で調べないと思い出せないので
こんなんですいません



43 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/09/12 01:26
>42
何気に地名地名とゆーてますが
地名に含まれる文字である程度神域かは分かるのではないかと

宮とか神が入ってると結構チェックポイント
(うあぁ、そのまんま

あと 龍とか竜がはいってると水害に気をつけるべき土地だったりします

44 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/09/12 03:08
神域で一体何すんの?

スレ立ち上げたのはお前と違うのか!という御叱りが聞こえてきそうだが
神域について考察する事と、見つけてから何をしようというのかとは全く違うわけだ
こっちとしてはただ単純に神域と呼べる場所における共通点とか、
どうしたら分かるようになるのか?とか正直深く考えないでスレ立ててまったわけだが

ttp://www.sakura-hm.com/miyako.html

う〜みゅ、困った時の村上さん?というわけではないが
神域にすがる気なのか?自分?と己を省みてみたりする
分かってどうする?チミなら…

風水にしても(日本を席巻しているインチキ呪術まがいは除く
エネルギーの吹き出るポイントを見つけ、そこに隠宅、陽宅を作って現世での繁栄を願う
ひじょ〜〜に割り切ったものな訳だ 金持ちあっとー的に有利の世界だ
ま、エネルギーの吹き出る場所=神域というわけでもないのが難しいところだが

自分で ここは神域だ、とわかったら…
どうする?

閑話休題
なんか、村上さんと永井さんTVに出られるらしいですが
不思議体験アンビリーバボーだったら爆笑ものだね

45 :**********************************************************|ω・):03/09/16 05:59
sr

46 :***********************************************************|ω・):03/09/16 06:01
as

47 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/09/17 00:06
ま、埋蔵金でツカ?

ブックオフにて趣味の本を購入した事から始まった
加門七海タンの「黄金結界」甲州の埋蔵金についての本である
この中に金を含有する鉱山を発見する「望気の術」についての記載がある
金を含む山を発見し、どれくらいの発掘量を見込めるか、どれくらいの深さにあるか
見極める技術であるとされている
特定の日時、方向等の条件を満たし、特殊な方法で「見る」と、
固有の色、形を見て取れるというのだが

これだけなら 神域と何の関係がある?という話だが
この本の中には鉱山と、神様と、星、各信仰(立川流など)との関わりが書いてある
詳しくは探して読んでくれぃ
なにせ、P.162には見事に七面山が紹介されている
七面大明神の正体は龍神、吉祥天、妙見尊であり、七面山自体
北斗七星の形をしているらしく、荒倉には古い金山があるそうだ

今思い出したが村上さんのところでの「大雪山物語」って
埋蔵金探す奴だったなぁ と、思い出してしまった

48 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/09/19 04:08
このスレも板違いだなぁ。
オカルト板向き。


49 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/09/24 00:34
この休日、神域巡ってきました

目的地はとある大きな神社の古宮址
まずはおきにの温泉で身を清め出発しました
一応念入りに充電した筈なんだけど、段々近づくにつれ異様に眠い・・・
かろうじて目的地に着き、早速お参り
境内で気を練り斎場にて御神体の山を遥拝し一通りやるこたぁやった
ところが疲れている、という訳ではないのに立ってもいられない
車に戻ってバタンキュー・・・爆睡2時間!!!何しに行ったんだ?
もう帰ろう、トホホな一日だったなぁ

と、思ったら続きあり

50 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/09/24 00:35
帰る道すがら「XX山上陵」の文字が
古墳?というか昔の偉いさんのお墓らしい
行ってみっぺぇ とおっとり刀
ところが行けども行けどもそんなとこ無い?いくらなんでも行き過ぎた?
ふと見ると、XXとは読みが一緒で字の違う神社が近くにあるらしい
矢印に導かれるように小さな神社を発見
小ぶりながらもキチンと掃除もしてあり、拝殿の中身も凛としてまつ
祭神は・・・結構大物
ちょっとした予感ありで道路を戻っていくと今度は見つけましたXX山上陵
祭神は・・・さっきの神社と同じですた
つまり 来る前に挨拶してくる場所があると?
小ぶりながらも宮内庁管轄 細い参道をあがって行くと
「いらっしゃい」というかのように境内につながる扉が開いてました
しっかり挨拶してきましたが・・・

何故か、今日のこの日は予定だっていたような気がスマスタ
古宮址に行こうと、数日前に思い立っていたのも
帰る道でXX山上陵に行こうと思ったのも
神意?とでも言うのか・・・
いかんいかん 毒電波に犯されてる〜〜

51 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/05 12:04
>黄龍さま
おすすめの「黄金結界」読んでみましたー。
ふ〜む、なんとも読み応えのある本ですね。
昨日TVで超能力で黄金発掘する、とやっていましたので、
これから埋蔵金ブームがくるのでしょうか?

52 :黄龍@ネットからスマソ:03/10/07 02:24
>51
すんません、返事遅くなりますた
結構面白いでしょ、あの本

今消されてますけど、TVに出ていた人たちのサイトに「大雪山物語」という形で
埋蔵金探しの一部始終が載ってたんです
提示されたのは地図3枚だけで、一切の情報なしで探すというもの
2人同時に一点を指差した、てな話でした
掘らないで機械で見てみようということになり、調査したら
ありえない反応が出て機械のメーカーの方が驚いて現在調査中・・・
てな話で止まってましたが 30分で解決するのかな?

御堂龍児の 「定本 地理風水大全」42pに「七星形」の記載があります
北斗七星の形をした山は 尊厳、高官、高位の意味を持つのだそうです

私見って奴ですが
かつて人は神域というものに関して自然に認識できていたんじゃないかな?
踏み込んではいけない神聖犯さざる領域として
段々感覚が鈍ってきて「感じ取れなく」なったので
目に見えるものから「見取る」技術、「地理風水」「陽宅風水」が発生したのではないか
なんて感じで

私ってどーもね、スレ運営って向いてない?

53 :51 いわな:03/10/07 12:25
あの予告編でやっていた場所は大雪山だったんですね。
どうりで雪がすごかった。山梨でも調査してほしいですね〜。

七星形ってよく風水雑貨でみかける七星陣に似てますよね(って同じかも)
妙見菩薩も七面天女もこのご紋(?)です。
そういえば、風水の本場中国にも七星関係の山や地名があちこちに
ありましたっけ…。色々と探っていくとおもしろい発見があるかも
しれませんね。

地理風水大全ですか。探してみて読んでみますね。色々と勉強に
なります。

>私ってどーもね、スレ運営って向いてない?
そんなことないですよ、私は最近このスレを発見して一気に読ませて
いただきました。ほんと勉強になります。


54 :是々 ◆1x862TNCN6 :03/10/07 22:16
>>52 黄龍さん
スレは運営するもんじゃないと思うので、向き不向きは関係ないとおれは思う。

>>53 いわなさん
七星陣って北斗七星の形ですかね?
妙見菩薩は正確には北極星の事だと思ってましたが、違ったかな?
北斗七星の事だったかも知れない。はっきりしなくてスマソ。

55 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/10/07 23:53
>いわなさん
買うと高いです 国書刊行会 定価4800円!
迷いに迷って でもやっぱ買いますた モノ好きだから

でも埋蔵金は手出すとなんかやばそうですね 黄金結界読むと
赤城の埋蔵金も大正の頃?霊術がはやった頃千里眼で有名な人なんかが
アタックしたらしいですが 東京に居てもはっきり ここ!と見えた黄金が
現地では見えなくなり、掘ってみても奇妙な儀式の跡しか出ないといふ・・・

対能力者用のトラップでもあるんでしょうね

>是之さん
おひさです〜  そっかぁ ちょっと楽なったッス

妙見信仰は星を祭るのは確かなんだけど・・・
何祭るか、っていわれるとワシも出てこない  って駄目ジャン!

56 :いわな:03/10/08 18:23
>黄龍さま
4800円、微妙な値段ですね。内容次第では購入したいのですが…、
まず図書館にあるか調べてみます。
たしかに埋蔵金は加門さんの本を読むとうかつに手は出せないって感じですね。
糸○さんもよく群馬あたりで発掘してたようですが、見つからなかったし。

>是々さん
七星陣は、真中に玉があってそのまわりを6つの玉が取り囲んでいる形です。
なので、北斗七星の形とは違うようですね〜。むしろ清明神社の
五芒星ににてるかも。イスラエルの国旗もそうですね。
たしかに北極星が神格化したのが妙見さんです。行ったことはないのですが、
大阪にも2箇所お祭りしてますよね。

近所にも小さな妙見さんがありますが、高台にあるので階段がきついー(寺社は
ほとんどそうかな?)星の眺めが良い場所に作ったのかもしれませんね〜。

57 :黄龍 ◆VqG27gHkMc :03/10/11 00:15
>いわなさん
すんません さま は止めてもらえたら

チリ風衰退全ですが 中身はかなり濃いで津
「龍」「穴」「砂」「水」の詳しい解説から羅盤の使い方、24方位の解説に
選日法、実践例も詳しく 写真も多用しています
ネット古書店気長に当たってみるといいかも

もうひとつ sage で紹介する本を

吉田大洋 謎の弁財天女 トクマブックス
竹生島、天河の探訪記など興味深いです
ただ本の中身が呪詛ねたなので・・・
ブックオフ2,3まわれば100円で手に入ると思い松

手持ちの風水ねた本
次にでもアップしまっしょ

58 :いわな:03/10/16 12:01
>黄龍さん

地理風水大全、手に入れました〜、といっても図書館で。
他にも同じ著者の本を2冊ゲットいしました。
いや〜これはまた本格的な本ですね。西はなんとかでなんて
満足している自称風水マニアに見せてあげたいです。
難しそうなのでじっくり読んでみます。ありがとう。
ちなみに今回チリ風水大全以外で借りたのは、
○地理風水ー聖なる大地の霊力開運の秘宝を探る
○財運・発展をもたらす風水成功術
です。
聖なるーは権力者と風水の関係が書いてあり興味深いですね〜。

謎の弁財天女、持っています(笑)これを読んだ時は、清楚な
弁財天のイメージしかなかったので、かなりショックでしたね。
特に江ノ島へはよくでかけていたので…。くすん
でも江ノ島はかなりよい雰囲気のところですよ。神域にふさわしいです。

59 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/19 11:04
したらばで龍スレ復活してるようだが…。どこにあるかは  ヒ  ミ  ツ  ☆

60 :黄龍@ネットからスマソ:03/10/21 00:09
>いわなさん
タハハ、ネタ本探すのは時間かかんなかったんですが
いろいろ足引っ張るものがありまして・・・
板違いじゃねーの?tか 
鮑黎明 華僑の風水学 高橋総一郎 現代中国の仙人
鎌崎倬寿 風水秘密の開運法則 三枝誠 気の性格学 荒俣宏 風水先生四門の謎を解く
その他いろいろ

ただねぇ そこそこ書いてあっても「これじゃない」という事もわかってるわけで
百害あっても一利なし?てな事も十二分にあり得ると
こんな本探してうろうろするより外に出て気持ちのいい場所探した方が遥かにマシかも

私見:なんか霊性って微妙にゆがめられている?そんな感じがシマツ
崇め奉る存在(モノ)と貶める存在(モノ)を創ってどうすんの?てなかんじで

>59さん
そっすか、そちらで元気ならよかったです
教えてもらっても、したらば見てないんでどうにもなりません
代わりに宜しくいってください、

61 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/28 21:49
age

62 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/22 13:55
まあね・・・「神域」なんてテーマは難しいよね。
>>1さんの目的が、過去レス読んでても、さっぱりわかんねぇし。
当の本人がわかってないとさ、レスつけてもひっぱっていけねぇじゃん。
他スレにもそんなのがあるけどさ、ここまでひどくはねーわな。
やめたほうがいいと思うよ。>>1さんよ。神様を語るのをさ。
ちょっと、方向が違うよな。
漏れはそんな気がするな。

63 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/03 00:24
すいません 勢いで立てたスレですた
消えたスレでの話だけど今更ながらに地雷ふんどったなぁと、シミジミ
自分逝って善し!てなわけでネット自粛中です
ネタは幾つか拾ってあるんですが とりあえずまとめで

結局神域といってもそれを感ずるのは自分なわけだす
そこが神域で在るか無いかを分かるのも自分の霊性(?)を磨くのが先
逆に自分を磨いていけばそれに見合った世界が開けてくる
注意するのは「自分の欲望」の取り扱い方
つくも神のように長い時間たてばそれなりに意思のようなものを持ち合わせるのだから
その場所はその場所に応じた「意思」を持っている
その「意思」を尊重せずに自分の欲望だけを押し付けても相手はこちらを向いてはくれない
むしろ自分の意志を押し殺し、我欲を滅することが必要
この時点で自分の開運や招福を願うのはダメダメというのが判る
やりたきゃやってもいいのだがそれは神域を「汚す」行為に他ならない
何故ならその場所の持つ意思は そこを形成する全ての力をまとめたものであり
今までまとまっていた「意思」に「我欲」を注入することになるから
いい例がこれ

ttp://esp-nagai.com/page_c.html

やり方は幾つかある
お勧めは 「馬鹿になる事」
何も考えずに全てを受け入れる、自分を殺す方法
滝行とか ある意味遭難だけど 
小利口な人間には向かないわなぁ
こんなところか 
じゃ、スレ主降りるんで誰か後よろすく
来年まで残って、気が向いたら七面山レポ出すわ
これからまた自粛すます よいお年を

64 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/26 22:09
age

65 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/21 23:39
めんぼくねぇ

日程が合わなくなりお山には行けなくなりました
第2月火じゃなくなったとのこと
切符キャンセルだわ トホホ

66 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 22:24
>>65

話が見えない。

67 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/28 22:17
テスト

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)