5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

般若心経の意味を教えて

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/23 16:05
よろしく

2 :2:03/10/23 16:19
頂きます。(失礼)

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/23 16:19
ぐぐれ。

ということでこのスレは 糸冬 了。

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/23 16:19
仏説

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/23 16:20
摩訶 

6 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/23 16:21
般若  

7 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/23 16:23
とりあえず「師範代→6時間」に挑戦します。

8 :≫1 :03/10/23 16:31
気になってしょうがないんです。意味も知らないのに般若心経を唱えていいんでしょうかねぇ?まじめにレスお願いします。

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/23 16:37
仏説→(これは謎)
摩訶→大きい
般若→智慧
波羅蜜多→渡る
心→要約
経→お経
でどないだ?

10 :≫1:03/10/23 16:47
≫9 勉強になります。ありがとうございます。お経って種類によって色々な意味があると思いますが、般若心経は何を伝えているんでしょうか?

11 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/23 16:56
空の心

12 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/23 17:04
般若心経の意味で無我の境地に行き着くまでの過程も気になる。

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/23 17:06
>>1
大般若経という長い長いお経があります。
内容は「空」です。
空観思想だけで600巻もの長い経典となっています。
その要約が般若心経です。
空に関しては一度検索してみては如何でしょうか?

14 :≫1:03/10/23 17:10
≫13  ご丁寧なレスありがとうございました。さっそく調べてみます。

15 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/23 19:54
>>1
私を地獄に連れて行って、というのが般若の意味

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/23 20:00
和訳(現代日本語訳)ぐらいググったらいくらでも見つかると思う。
この程度のことなら 初心者質問スレで充分。

17 :↓般若心経の本文(意味は自分で考えてね):03/10/23 20:24
般菩羯 多 呪 多 得 想 圭 所 亦 無 耳 不 是 異 蘊 観  佛
若提諦 呪 能 是 阿 究 礙 得 無 意 鼻 増 舎 色 皆 自  説
心裟羯 即 除 大 耨 竟 無 故 老 識 舌 不 利 色 空 在  摩
経婆諦 説 一 神 多 涅 圭 菩 死 界 身 減 子 即 度 菩  訶
  訶  呪 切 呪 羅 槃 礙 提 盡 無 意 是 是 是 一 薩  般
   波 曰 苦 是 三 三 故 薩 無 無 無 故 諸 空 切 行  若
   羅   眞 大 藐 世 無 捶 苦 明 色 空 法 空 苦 深  波
   羯   實 明 三 諸 有 依 集 亦 聲 中 空 即 厄 般  羅
   提   不 呪 菩 佛 恐 般 滅 無 香 無 相 是 舎 若  蜜
        虚 是 提 依 怖 若 道 無 味 色 不 色 利 波  多
   波   故 無 故 般 遠 波 無 明 觸 無 生 受 子 羅  心
   羅   説 上 知 若 離 羅 智 盡 法 受 不 想 色 蜜  経
   僧   般 呪 般 波 一 蜜 亦 乃 無 想 滅 行 不 多
   羯   若 是 若 羅 切 多 無 至 眼 行 不 識 異 時
   諦   波 無 波 蜜 顛 故 得 無 界 識 垢 亦 空 照
        羅 等 羅 多 倒 心 以 老 乃 無 不 復 空 見
        蜜 等 蜜 故 夢 無 無 死 至 眼 浄 如 不 五

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/23 23:11
ひまですね

19 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/24 00:24
よかったらフリガナふってよ

20 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/24 08:08
読み方は宗派によって微妙に違うらしいね。

21 :罰当たり:03/10/24 21:33
訳文 般若心経
 魔訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩、深般若波羅蜜多を行ずる時、五温皆空なりと
照見して、一切の苦厄を度したもう、舎利子よ、色は空に
異ならず、空は色に異ならず、色即ち是れ空、空即ち是れ色、
受想行識も亦復是の如し、舎利子よ、是の諸法は空相にして、
生ぜず滅せず、垢つかず浄からず、増さず滅らず、是の故に
空中には色もな.く、受想行識もな.く、眼耳鼻舌身意もなく、
色声香味触法もなく、眼界もなく、乃至意識界もなく、無明も
なく、亦無.明の尽ることもな.く、及至老死もなく、亦老死の尽る
こともなく、苦集滅道もなく智もなく、亦得も無し、所得なきを
以ての故に、菩提薩埵、般若波羅蜜多に依るが故に、心に圭礙無し、
圭礙無きが故に、恐怖あること無し、一切の顛倒夢想を遠離して、
涅槃を究竟す、三世の諸仏、般若波羅蜜多に依るが故に、
阿耨多羅三藐三菩提を得たまえり、故に知る般若波羅蜜多は是れ
大神呪なり、是れ大明呪なり、是れ無上呪なり是れ無等等呪な.り、
能く一切の苦を除きて、真実にして虚ならず、故に般若波羅蜜多の
呪を説く、即ち呪を説いて日く、
羯諦羯諦。波羅羯諦。波羅僧羯諦。菩提娑婆訶
般若心経
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
入手先不明。著作権を犯していたらスマソ
意味? 意味は?・・・     スマソ

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/24 21:43
そこら辺の本屋に行けばいくらでも解説本売ってるぞ。

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/25 16:46
>>21
『 魔訶般若波羅蜜多心経 』は
『 佛説摩訶般若波羅蜜多心経 』の謬です。
(>>17を参照)

24 :>>の訂正(スマソ):03/10/25 16:47
>>21
『 魔訶般若波羅蜜多心経 』は
『 佛説摩訶般若波羅蜜多心経 』の間違いです。
(>>17を参照)

25 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/25 21:23
頭に「仏説」をつけたことで>>17が真言宗だっていうのがよくわかる。

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/25 22:25
ハニャーン心経
とにかくみんな空(クウ)なにょな。そう思えばつらいことも何もないにょだYO!
モノが在ると思ってもその実体は無いわけだし、
実体が無いようなモノも在るように見えるものだにょ。感覚知覚するのもそういうもにょなの。
とにかくモノ・感覚・知覚、みーんな実体がないわけだから、生まれもしない滅びもしない、
汚くもならない浄くもならない、増えもしない減りもしない、当たり前の話だゴルァ。
実体がなく変化も無いんだから、縁起なんて表面的なこと、実体など無いわけでして、
無明がどうとか老死がどうとか、もう言うだけ無駄。悟りとか悟りを得るってことも無かったわけだ。
こう思えば何にも考えなくてすむし、考えないから怖いものナシ。
考え違いもないからもう究極だあーヽ(゚∀゚)ノアヒャ 。
ブッダというのはみーんなこんな風な修行をしたわけで(ホントか)、
それで究極の悟りを得たと(なんだ結局得たのかよ)。
まー智慧の修行ってこういうわけのワカランものだから、
もまえら愚民たちは最強のマントラとしてこのお経を繰り返し唱えるぐらいが関の山ってわけだ。
じゃあ唱えるぞ。
「逝ってよし、逝ってよし、もまえらみんな逝ってよし。漏れもなー」
ハニャーン心経

27 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/26 08:44
うるせーばか

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/26 09:02
>>26
これでいいじゃない。よくできてると思うよ。

29 :遍歴薬師:03/10/26 09:22
なかなか良いじゃん(チンチン
仏教宗派で般若心経唱えない宗派は?

30 :罰当たり:03/10/26 09:33
>>24 さんありがとう。(どちらでも俺には意味不明)
>>26 さん良かった、これゲット、白黒反転して壁紙に残すね。

31 :25:03/10/26 11:42
>>29
----------------------------------------------------------
>仏教宗派で般若心経唱えない宗派は?
----------------------------------------------------------
1:日蓮系宗派
   『 法華経(法華三部経) 』以外のお経は詠まない方針。
2:浄土真宗(お東&お西)
   般若心経は浄土真宗の教義にそぐわないということで、
   般若心経の代わりに『 正信偈 』が詠まれる。

32 :29:03/10/26 13:38
>>24 さんありがとう。

33 :>>32の訂正(スマソ):03/10/26 13:39
>>29 さんありがとう。

34 :遍歴薬師:03/10/26 17:29
>31 サンクス
真宗は聞いてたけど日蓮宗もか・・。

35 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/26 20:36
>>26(・∀・)イイ!!

36 :入即是出:03/10/27 00:28
頭の中では、理解できてるの。
問題は、いつもいつも夫だけしか、逝ってないってとこ。
いつもいつも入れたかと思うとなにやら唱えて、即、それでオシマイ。
即説呪曰「固てぇー、固てぇー、オレのは固てぇー。孕ますぞう!
固てぇー、ボクさわやかー  ハニャーンちん経」だって・・・・ もぉぉぉぉー
 


37 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

38 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/29 21:07
本日のトリビアの泉より。

タイトーのカラオケに般若心経が入っているそうです。

39 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

40 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

41 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/10/31 22:24
>10
編集工学の大家、松岡正剛氏の「空海の夢」
を読みなさい。空海論では、これにまさる本はないね。

般若心経の説明はないが、お経が人間に
とって必要な理由が、書いておるぞ。

すなわち、人間は、脳が肥大しすぎたと。
そこで、雑念が生じるわけだ。
それを打ち消すためにお経をつぶやくわけだ。
(こんな単純には書いてないよ。アジアの気候やら、
人類の祖先やらの話しのスリリングな展開があるわけや)

幸せな人間(恵まれた環境にある子供や無垢な人)
にはお経は、必要はないわけだ。

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/01 00:55
>>41
激しく逝ってよし

43 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

44 :できちゃった婚BOSE:03/11/02 11:14

(読み方)ありゃまぁ、あんたぁ 孕ましたぁ チンぎょぉぉぉ

45 :高橋信次:03/11/03 23:02
拙著「真説般若心経」をお読みください。

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/09 19:49
>>1
般若心経=私を地獄に連れて行って

47 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/10 13:36
この世もあの世も表裏一体。
全てが空なのだよ、1よ。
さあ、修行をして彼岸へ渡ろうではないか。

48 :その1:03/11/10 20:57
摩訶般若波羅蜜多心経
大いなる智慧の完成の真髄の教え

観自在菩薩。行深般若波羅蜜多時。照見五蘊皆空。度一切苦厄。
「自由自在に洞察する」という名の菩薩は、深い智慧の完成を実践したとき、
存在の五要素はすべて「空」であることを明らかに見抜き、一切の苦しみを超えた。

舎利子。色不異空。空不異色。色即是空。空即是色。受想行識亦復如是。
シャーリプトラよ、(色形を持って現れている)物は「空」と異ならず、物は「空」と異ならない
物はそのまま「空」であり、「空」はそのまま物である。感受も想念も意思も思考もまたそのとおりである。

舎利子。是諸法空相。不生不滅。不垢不浄。不増不減。
シャーリプトラよ、そのようにもろもろの存在は空という相においてあるのだから、生れることも滅びることもなく、
汚れておらず浄らかでなく、増えることもなく減ることもない。

是故空中。無色。無受想行識。
それゆえに空の中には、物もなく、感受も想念も意思も思考もない。

無眼耳鼻舌身意。無色声香味触法。無眼界 乃至無意識界。
眼・耳・鼻・舌・身体・意識もなく、色や形・音・香り・味・身体感覚・外的な存在もなく、眼の領域もなく、
さらに意識の領域に到るまでない。


49 :その2:03/11/10 21:14
無無明亦 無無明尽。乃至無老死 亦無老死尽。
無明もなく、また無明が尽きることもなく、さらに老いと死もなく、また老いと死が尽きることもない

無苦集滅道。無智亦無得。
苦に関する真理・苦の原因に関する真理・苦の消滅に関する真理・苦を消滅させる道に関する真理もない。
智慧もなく、得ることもない。

以無所得故。菩提薩。依般若波羅蜜多故 心無圭礙 無圭礙故。
無有恐怖。遠離一切顛倒夢想。究竟涅槃。
得ることがないので、菩薩は、智慧の完成の実践によるゆえに、心に覆うものがない。
心を覆うものがないゆえに、恐れがなく、いっさいの転倒した妄想を離れ、究極の涅槃にたどり着くのである。

三世諸仏。依般若波羅蜜多故。得阿耨多羅三藐三菩提。
過去・現在・未来の仏たちは、智慧の完成の実践によるゆえに、この上なく正しい覚りを得た。

故知般若波羅蜜多。是大神呪。是大明呪。是無上呪。是無等等呪。
能除一切苦。真実不虚。故説般若波羅蜜多呪。即説呪曰。
それゆえに知るべきである。智慧の完成は、大いなる真言であり、大いなる光の真言であり、
この上ない真言であり、等しいもののない真言であり、一切の苦しみを除くことができる、と。
真実で偽りのないものであるゆえに、智慧の完成の真言を説こう。すなわち真言を説けばこのようである。

羯諦 羯諦。波羅羯諦。波羅僧羯諦。菩提薩婆訶。
ガーテー ガーテー パーラーガーテー パラソーガーテー ボーディスヴァーハー
(ゆけり ゆけり 彼方にゆけり 完全に彼方にゆけり 覚りに幸いあれ)

般若心経
智慧の完成の真髄の経典(を終わる)

50 :その3:03/11/10 21:27
ぶっせつまかはんにゃはらみたしんぎょう

かん じ ざい ぼ さつ ぎょう じん はん にゃ は ら み た じ しょう けん ご うん かい くう ど いっ さい く やく しゃ りし

しき ふ い くう くう ふ い しき しき そく ぜ くう くう そく ぜ しき じゅ そう ぎょう しき やく ぶ にょ ぜ しゃ り し ぜ しょ ほう くう そう ふ しょう ふ めつ ふ く ふ じょう ふ ぞう ふ げん ぜ こ くう ちゅう む しき む じゅ そう ぎょう しき

む げん に び ぜっ しん い む しき しょう こう み そく ほう む げん かい ない し む い しき かい

む む みょう やく む む みょう じん ない し む ろう し やく む ろう し じん む く しゅう めつ どう む ち やく む とく い む しょ とく こ

ぼ だい さつ た え はん にゃ は ら みっ た こ しん む けい げ む けい げ こ む う く ふ おん り いっ さい てん どう む そう くう ぎょう ね はん さん ぜ しょ ぶつ え

はん にゃ は ら みっ た こ とく あ の く たら さん みゃく さん ぼ だい こち はん にゃ は ら みっ た

ぜ だい じんしゅ ぜ だい みょうしゅ ぜむ じょうしゅ ぜ む とう どう しゅ のう じょ いっ さい く

しん じつ ふ こ こ せつ はん にゃ は ら みっ た しゅ そく せつ しゅわっ ぎゃてい ぎゃてい は ら ぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじ そ わ か

はん にゃしん ぎょう


51 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/10 23:19
>>26
(・∀・)イイネ!!!!

52 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/24 10:54
短いお経だから、私たち一般人にとっては「唱えるによし、写経するによし」なんだろうな。

53 :↓このスレのお経の本文(意味は自分で考えてね):03/11/26 21:54
般菩羯 多 呪 多 得 想 圭 所 亦 無 耳 不 是 異 蘊 観  佛
若提諦 呪 能 是 阿 究 礙 得 無 意 鼻 増 舎 色 皆 自  説
心裟羯 即 除 大 耨 竟 無 故 老 識 舌 不 利 色 空 在  摩
経婆諦 説 一 神 多 涅 圭 菩 死 界 身 減 子 即 度 菩  訶
  訶  呪 切 呪 羅 槃 礙 提 盡 無 意 是 是 是 一 薩  般
   波 曰 苦 是 三 三 故 薩 無 無 無 故 諸 空 切 行  若
   羅   眞 大 藐 世 無 捶 苦 明 色 空 法 空 苦 深  波
   羯   實 明 三 諸 有 依 集 亦 聲 中 空 即 厄 般  羅
   提   不 呪 菩 佛 恐 般 滅 無 香 無 相 是 舎 若  蜜
        虚 是 提 依 怖 若 道 無 味 色 不 色 利 波  多
   波   故 無 故 般 遠 波 無 明 觸 無 生 受 子 羅  心
   羅   説 上 知 若 離 羅 智 盡 法 受 不 想 色 蜜  経
   僧   般 呪 般 波 一 蜜 亦 乃 無 想 滅 行 不 多
   羯   若 是 若 羅 切 多 無 至 眼 行 不 識 異 時
   諦   波 無 波 蜜 顛 故 得 無 界 識 垢 亦 空 照
        羅 等 羅 多 倒 心 以 老 乃 無 不 復 空 見
        蜜 等 蜜 故 夢 無 無 死 至 眼 浄 如 不 五

54 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/28 01:34
マジレスすると、「彼岸に渡れ」って事さ。
つまり汚れた現世(俗世)から浄土(清らかな世界)に渡れって事だよ。
般若心経って色々な解説書が出ているけど、どれも決定打とはいえない。
学会で共通認識されてるのは上記の通り。


55 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/28 03:34
>>26
(・∀・)イイ!!
簡潔にして明確、般若心経の本質を捉えてる。
素晴らしい。

56 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/28 03:47
もうさ、漢文なんてみんな読めないんだから、
お経はみんな口語訳で読経することにしようぜ。
とりあえず般若心経は>>26でケテーイ

57 :ひみつ:03/11/28 04:31
弘法大師空海著「般若心経秘鍵」による解釈では、
心経は大般若菩薩の真言であり、
羯諦羯諦〜ではじまる真言をいうまでの前書きであると喝破しています。

58 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/28 08:21
おまえら、元ハンセン患者さん達に
ひどいと思わないのか?
あらん限りの暴言を尽くしやがって。
キモイとか言う前にちょっとは彼らに慣れる
努力をしてみたらどうだ?


59 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/28 12:33
>>54
>つまり汚れた現世(俗世)から浄土(清らかな世界)に渡れ
が学会の共通認識ですか?
初耳ですなぁ…(プ


60 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/28 15:28
>>26
すごく(・∀・)イイ!!
この調子で観音経もやってくれ


61 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 15:23
そうかにかかればごみ

62 :チーン:03/12/14 00:24
いけた駄作の神格化をジャマするものは、廃棄   廃棄   廃棄。   

63 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/27 00:10
弘法大師の『般若心経秘鍵』を読んでください。
巷に溢れる「色即是空」一辺倒の解釈がいかに浅いかがはっきりします。

64 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/29 21:42
逆転般若心経って知ってる人いますか?


65 :浄土宗徒:03/12/31 01:16
>>26
一枚起請文もおながいします。

66 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/31 17:29
>>65
ほれ。

三国人や日帝の学者どもが言っているイマジネーション念仏でもなくてだな、
あと勉強をして念仏の意味をどうこう言うわけでもないにょだYO!
極楽に逝きたけりゃ南無阿弥陀仏と念仏を言うだけで良いと言ってんだゴルァ。
ただし真心がいるとか深く信じろとか、ずっと念仏してろとかうやうやしくやれとかそういうことはだな、
結局南無阿弥陀仏の中にこもって居ると言っておるんだゴルァ!
このほかにガタガタいうやつは極楽に逝けないってこった(プ
念仏を信じる香具はたとえ学者だとしても、愚民と一緒になって、学歴厨的なことをするなということだYO!
ただ念仏しろってことだYO!
証拠のためにお手手つきまつ。ヽ(゚∀゚)ノアヒャ 。
極楽に逝く心構えも修行もみんなこれに書いたぞ。漏れの考えこの他に無いわけだと。
漏れが逝ったあとにあらすやつが出ないように書いとく。
建暦二年正月二十三日 判

67 :65:04/01/01 01:15
>>66
最高ー!
あんたオモロイわ。
今度、知り合いのボンさん教えてあげよっと。

68 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/05 03:30
魔訶般若波羅蜜多心経はインドの古語の梵語を
音訳した大般若経のダイジェスト版で、
あまりにひどい物としても有名。
観自在菩薩はアヴァローキテーシュヴァラの意訳、意訳って・・・
マハー・パンニャ・パーラミターが当て字で魔訶般若波羅蜜多だし
インドのサンスクリット語やパーリー語を中国の発音で当て字にして、
それを勝手なリズムとアクセントと息継ぎで日本語読み。
ま、お経が全部そうなんだけどね。
仏様も大変ね。


69 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/05 05:19
>>6
(;゚Д゚)ツリ・・・?

70 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/06 17:00
>>68
サンスクリット原典の現代日本語訳をおながいします。
知りたーい!

71 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/07 02:08
>>70
現代日本語訳じゃないけど
ttp://holden.cool.ne.jp/sekibutsu/14_5.html とかは面白いかも。

72 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/07 02:18
>>68
ソースきぼん!
あなたの説では、音訳された大般若経のダイジェストと言う事ですが、
そうなると梵語等の般若心経があるのは、どうしてですか?
説明できますか?

73 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/07 02:27
>>72
もともと、600巻に及ぶ『大般若経』の精髄を玄奘三蔵が
260字に要約したものに2字を加えたものであるのは周知の事実。
だから、元の『大般若経』がサンスクリットで書かれているのだから
ダイジェストになったものも梵字で表記できるのも当たり前。

74 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/07 05:38
サンスクリット原文からの直訳
http://www5b.biglobe.ne.jp/~freema/singyou.html#tyokuyaku

75 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/07 17:24
般若心経を要約すると、
意味がわからなくてもよい、です。
その意味を考えるのをやめたとき、
その般若心経を悟ったことになります。
意味がわからなくてもいいや、と思ったとき、わかったことになるのですよ。

76 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/07 19:17
>>68

どこらへんがひどいの?


77 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/07 19:37
般若心経を要約すると

私を地獄に連れて行って〜

78 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/07 23:50
>>76
簡単に言うと、大般若経からの極端な要約と解釈。
例えば、般若心経は玄奘による意訳、音訳、当て字などで構成おり
音、意味、文字のどれに焦点当てて要約したのか分からない。


79 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/08 07:21
>>78

つまり擬経って事?


80 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/08 07:44
>>79
偽経というとちょっと趣は違う。
なぜなら、大般若経はインドから中国に伝わっている。
ただ、玄奘が翻訳、解釈、要約している般若心経は
原典の何をメインにそれらを行っているのか、
解かり難い。


81 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/08 08:18
>ただ、玄奘が翻訳、解釈、要約している般若心経は 原典の何をメインにそれらを行っているのか、
解かり難い。

般若心経は玄奘訳だけじゃなくて、羅什訳とかもあるでしょう。そうしますと

>もともと、600巻に及ぶ『大般若経』の精髄を玄奘三蔵が
260字に要約したものに2字を加えたものであるのは周知の事実。

と言うのはおかしくねーか?(プ


82 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/08 08:37
>>81
何処がおかしんだろう?
まあ、当然鳩摩羅什訳もあるけども玄奘訳のほうが
その当時(玄奘訳出来時)も今も一番流布している。
600巻に及ぶ『大般若経』の精髄を玄奘三蔵が要約したのも真実。


83 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/08 10:30
未だに『般若心経』は『大般若経』を要約したものとか言ってるのか
つーか玄奘が要約て
凄いな
いろんなところがフンワリホワホワなんだろうな

84 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/08 10:46
>>83
あんた無知ね。

85 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/08 11:55
いや、84が無知かつ無恥なだけにみえるよ。
同系統の思想だけど、経典としては別に発生した。
玄奘がまとめたのではない。

86 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/08 12:08
>>85
あんたも無知ね。

87 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/08 19:02
般若心経の成立って何処で何時なのが歴史学問上の定説なのさ?


88 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/08 19:07
しかし600巻の要約が260文字っつーのも何だよな・・・
仏陀の弟子達はアフォだったのか?
まぁ日本の弟子ども末裔を見るとアフォなんだなと思うが。
それか般若心経が斜め向こうを向きすぎているのか。

89 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/09 07:50
要約というよりも、玄奘三蔵が「うだうだ言ってるけど、つまりこういうことだろ。ゴルゥア」
と”新作”したのかな?
他の訳と似たり寄ったりなのは、やっぱり心経にも底本があるのかな。


90 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/09 13:42
般若心経には「如是我聞…」ではじまる『大品般若経』もあるし、玄奘以前にもすでに旧訳の『般若波羅蜜大明咒経』など様々な翻訳があります。

『般若心経』は「空」が主題ではありません。「智慧」です。解空第一の須菩提が登場せずに、智慧第一の舎利子が登場するところから
明らかです。その智慧こそが大心真言である「ギャテイ…」です。玄奘もインドに行く道中で、この真言を唱えて災いを退けていました。
また現存で最も古いのは『般若心』で、これは「ギャテイ ギャテイ…」の真言のことです。『大般若経』の要訳という説はふさわしくありません。

現在の『般若心経』の翻訳者は鳩摩羅什です。『般若心経秘鍵』を読んでみてください

91 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/09 16:56
>玄奘もインドに行く道中で、この真言を唱えて災いを退けていました


↑こー言うのを見るとやっぱ仏教ってダメだなーと思っちまうな


92 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/09 17:43
玄奘三蔵さんは鳩摩羅什訳の摩訶般若波羅蜜大明咒経を唱えながら、猿豚河童をお供に旅した訳なんだな。
途上の災いを道術で防いだのか真言で防いだのかは諸説紛々だな。

んで、梵語原典を入手して見たら鳩摩羅什訳はどうも間違っとると。
んなら漏れが真正訳本を書いてやろうと。
つか参照原典が違ってるんだけじゃねーのかって。

しかし仏陀も弟子を解空王者とか智慧王者とか分類ランキングして煽ってる様では
格闘イベントプロモーターと大して変わらないな。
只の教団運営実務家だったのかいな?



93 :太国玉:04/01/09 22:30
獅と象とはことごとく王を称し 虎豹はみな御となる 野猪担子を挑げ
水怪前頭に遇う 多年の老石猿那里にて瞋怒を懐く
                  西遊記 (太田辰夫 鳥居久靖訳)

94 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/09 22:37
鳩摩羅什訳は、いわゆる玄奘訳とされている『仏説摩訶般若波羅蜜多心経』です。
(もちろん『大明咒経』等も翻訳しました)
玄奘訳は『般若波羅蜜多心経』です。『般若心経秘鍵』に「遍覺三蔵(※玄奘)の翻には、
題に仏説摩訶の四字無し。五蘊の下に等の字を加へ、遠離の下に一切の字を除く」とあります。
玄奘を讃えた、王羲之の『大唐三蔵聖教序』の般若心経もこの指摘通りです。
後で、「等」を削除し「一切」が加筆されています。
鳩摩羅什訳の『仏説摩訶般若波羅蜜多心経』が玄奘とされたという説もあります

95 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/09 22:39
訂正
誤…鳩摩羅什訳の『仏説摩訶般若波羅蜜多心経』が玄奘とされたという説もあります

正…鳩摩羅什訳の『仏説摩訶般若波羅蜜多心経』が玄奘訳とされたという説もあります  

96 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/10 23:05
鳩摩羅什訳が一般的といっている香具師がいるが
玄奘訳のほうが一般的というのが定説。

97 :ハニービー:04/01/11 22:21
ここに来いって言われて、きたじょ
ううむ お経ってレトリックって感が拭えんよ

話はそれるが、
今、悟りなんかないよ〜とホザイテイル、
るんぺんジジィがインドでは黙殺されているらしい
そのジジィは全部商売だとぬかす
私はそうじゃない!!と信じたいのだ
で、悟ってる人に会いたいです
何処にいるの〜 おせ〜て〜

98 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/12 15:52
SABUの「ドライブ」って映画で寺島進が現代日本語でアジってます。
必見かと思われます。
ttp://www.sabu-film.com/films/drive.html

99 :ハゲニャン:04/01/13 23:01
むけげーむけげーが
抜け毛抜け毛と聞こえるのは宿痾のせいか・・・・
 

100 :おlkkm:04/01/13 23:02
逮捕祭りキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
虐待の事実にひろゆきも動く!!!
鬱鬱鬱鬱★産まなきゃ良かった Part.2★鬱鬱鬱鬱
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/baby/1073990478/
【虐待】育児板から逮捕者か!?【苛め】
http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1073988324/
虐待事件まとめサイト
http://terubou.fc2web.com/gyakutai.html

101 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/13 23:46
古い『般若心経』の略称は『心経』ではなく『多心経』です。
『大般若経』の要約ではなく、般若波羅蜜多心の経という意味ですね。
『般若心経』の原型とされるのが『般若心』といわれる「ギャテイ…」
の大心真言のことですから、『般若心経』はこの真言による瞑想の実践
を説く経典です。古代インドでは「真実なる言葉」は悪魔(煩悩)を退
けるという考えがあります。釈尊の降魔の姿も、悟りを宣誓した姿です。

なお、一般書籍での「般若心経』解説本で、優れているのは宮坂宥洪著
『般若心経の新世界 インド仏教実践の基調』(人文書院刊)でしょう。
一読することをお薦めします。

102 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/14 00:59
やっぱり上座部仏教が最強
四国遍路のお寺さんでよく売っている「○くら経」などは
大乗がなせる最たるものでしょう


103 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/14 18:37
いいえ、法華経を唱える事が重要なのです。それが仏の御心なのです。

104 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/16 13:52
いくら経?さくら経?ねくら経?めくら経?

105 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/16 15:01
般若面とは関係無いのですか?
単純解釈だと、般若面の心、みたいですが。

106 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/16 19:05
いや般若湯の心ですよ

ロールスロイスで飲みにいく祇園精舎の般若湯の味は格別ですな。
これぞ何物にも囚われない悟りの境地、色即是空。
まことに有難い御仏の御心ですわ。



107 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/16 22:47
>>105
能面師、般若坊の能面

108 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/16 23:23
法華経ってのは、梵語の聖書だろ。キリストの弟子トマスのインド伝道でできたんだってね。
当然聖書にゃ入ってないトマスの福音書が20世紀にエジプトの遺跡から発掘されるなんて思ってもみなかった。
梵語の文字もあちら(シリアのアラム文字)が元だそうだし。
そういや、旧約聖書に「コヘレトの言葉」ってのがあったな。
般若心経と言ってることや構成は同じと言や言えないこともないな。
聖書は安いし、日本語に訳されてるし、いつでも買って読める。
ま、「コヘレトの言葉」だけならここでもいいけど
http://www.geocities.jp/gaironweb/32_eccl/eccltop.html

そういうスレじゃないか。


109 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/16 23:35
>>108
シリアか・・・なつかしいな。
アレッポのオリーブ石鹸は安くて良品。

110 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/17 00:12
般若心経の心は観念的な心(チッタ)いわゆる「こころ」ではなく、具体的な心
(フリダヤ)つまり心臓です。中心という意味がありますが、心臓は蓮華の蕾の
形をしているため生命・仏性の象徴でもあります。チッタもフリダヤに包括され
ているので大心ともいいます。摩訶般若波羅密多心は「般若波羅密多の大(摩訶)
心」という意味です。その大心真言が「ギャテイ…」のことです。

なお「多心経」を般若波羅密多心の経という意味だと書き込みましたが、これは
心をチッタ(質多)という意味で解釈する理論でした。心はフリダヤのことです
から理論が矛盾したいました。訂正します。

111 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/17 21:11
>>99
抜け毛もそうだったたが

修業中「波羅蜜多」を「腹減った」と唱えてました。

しかも、本当に御預け状態でしたの一息で読んでましたね(w

112 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/18 06:54
掲帝掲帝 般羅掲帝(以下略)のところは
真言だって真言宗の坊さんが言ってたけど、
たしかにこの部分、現代語訳をみても訳わからん。


113 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/18 13:46
がいしゅつだが「逝ってよし」ってことだよ。

114 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/19 00:08
http://www.dff.jp/index.php

115 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/19 01:09
仏法遥かに非ず、心中にして即ち近し、真如他に非ず、自己を離れて
何処にか求めん。
空海の般若心経秘健の方がちゃんとその教えの真髄を説いてると思う。

116 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/19 08:19
次ぎの説を読むと良いのでは
http://tokyo.cool.ne.jp/hannnya/index.html

117 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/19 18:06
gate gate pArgate.....
ここを強調する奴は真言宗の可能性あり!

118 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/19 21:29
その部分は真言=マントラと言ってあまり意味のない呪文みたいなもんなんだろ。
だから神秘主義密教の真言宗が好むんだろう。
禅宗、特に臨在禅は呪詛的なものを嫌うドライな宗派だから強調しないのも頷ける。

119 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/19 22:33
実は女神を賛美する古い詩だとかいう説もあるとか。

120 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/19 22:47
>119 古い詩とは般若心経のこと?その経の中の掲諦・・・の部分?どっち?
女神の名はどなたですか? 説の出所は何?

121 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/19 23:16
ガンガー女神じゃないの?
でも心経的には般若菩薩のことでしょうねぇ。

122 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/19 23:40
>>121
般若菩薩ってなーんですか?

123 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/20 00:05
観音菩薩のことだろ。

124 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/20 00:21
ガンガー女神とはいかなる神様ですか?

125 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/20 13:30
>>120
「掲諦…」の部分です。
中山正和という人の本で読んだんですが、中山さんの解説によるとこの呪はおまじないのようなもので、
「どうしても雑念を振り払えなかったらこれでも唱えて気を紛らわせてしまいなさい」
というような意味で入れてあるので、内容まで理解する必要はないでしょう、とのことです。
だから玄奘さんはこの部分を意訳せずに音だけ当て字にしたのだろう、と推測していました。
もちろん一般的には「往ける者よ、往ける者よ…」という意味だといわれている、と紹介していましたが、
他にも実は古代の女神を賛美した詩を持ってきた、という説もあるようです、
という話もしていました。

中山正和さんは仏教には素人ですし、この古代の女神云々も詳しいことまでは書いていませんでした。
でも個人的にはこの「意味はわからないままでも、唱えて雑念を紛らわせばいい」っていうのが
「掲諦…」の真実な気がします。

126 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/20 20:40
みなさん、行学二道って言葉、ご存知ですかあ? 頭でっかちの皆様にささげます。

では、ごきげんよう。

合掌

127 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/20 20:41
>>122 般若菩薩は般若波羅蜜多ともいい、般若経典の本尊で智慧を
本誓とします。諸々の仏が悟りを得るのは、智慧に依るので仏母
(ブツモ=仏を生み出すもの)ともいわれます。「ギャテイ…」の真言
は般若菩薩の真言でもあります。

なお、般若心経にある「観自在菩薩」はいわゆる観音さまではなく、
「観法(瞑想)が自在なる菩薩」つまり「大乗の修行者」であり、さら
には般若波羅蜜多心つまり「ギャテイ…」の大心真言による、瞑想修行
を実践している(般若心経を唱えている)、自分自身のことでもありま
す。その修行の結果として「五蘊皆空」の境地に至ったのです。本来、
般若心経は「ギャテイ…」に対する陀羅尼信仰より発展してきたもので
すから、密教的解釈になるのは当然だと思います。

なお、般若心経の開設については、ここを参照されてはどうでしょうか?
比較的すぐれた内容です。また、女神うんぬんについても説明されています。
ttp://www.mikkyo21f.gr.jp/concept_hannya.html

128 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/20 23:37
訂正 ×般若心経の開設については
   ○般若心経の解説については

129 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/21 23:57
『般若心』つまり「ギャテイ…」の真言が「一切の苦厄を度する」という信仰が
『般若心経』成立の前提となります。またインドの文献では経を意味するスート
ラムが書かれていないことからも、本来は真言であったといえます。「空」を説
く経典であるなら真言を説く必要性がありません。しかし般若心経は異訳を含め
てこの真言が説かれていないものはありません。つまり主題は真言です。いわゆ
る「空」を主題とする説は、玄奘を含めた法相の立場からです。それ以前から
『般若心経』は信仰されていたので、新説ともいえるでしょう。また、玄奘は密
教嫌いでもあったので、『般若心経』を真言とすることに抵抗があったのかもし
れません。またフリダヤを「心」と訳したことにチッタ(観念的な心)との混同
も生まれたのでしょう。玄奘は『般若心経』を『般若多心経』と記していますか
ら(『大唐三蔵聖教序』)、真言でなく空観の経典と位置づけようとしたのでしょう。
ですから『般若心経』は真言として成立し、それを空の経典と新解釈が生まれたと
考えられます。ですから『般若心経秘鍵』は独自解釈でなく、伝統的解釈をよ
り理論化したものといえるのではないでしょうか。

ちなみに「真言」にも「空」にも立脚しない「こだわりの心を捨てる教えだ」
などという(世間一般に広まっている)珍解釈はいったい誰が始めに言い出し
たのでしょうか?

130 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/22 16:17
珍解釈かな?
別にそれでもいいと思うけど。

131 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/22 22:50
般若心経の開設
ではないが
>>116
http://tokyo.cool.ne.jp/hannnya/index.html

or

http://www.mikkyo21f.gr.jp/concept_hannya.html

ここを煮詰める必要を感じるが

珍解釈かな?

132 :ぱぽ:04/01/23 11:17
 みなさんお元気ですか〜。懸命に考えすぎると、身口意の口と意ばっかりが前に行っちゃってわけのわからんトコロへはまりますよ〜。



133 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/23 11:57
>>126,132
そういうこと言って逃げる坊さんが大杉なんだよな。
全部懸命にやればいいのに。


134 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/23 13:43
「 ゾリィ ◆zoryVl.Pos」と「 ぴろしきにふろしき●))⊂(´∀`⊂⌒`つ ◆DQN.1731os」
は同一
みんなの嫌われもの

135 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/23 14:48
般若心経を読む時は「摩訶般若波羅蜜多心経」から読み始めるんですか?
それとも「観自在〜」から?

136 :ぱぽ:04/01/23 15:09
私、ご紹介にあずかりました「大杉」で、ございます。


137 :ぱぽ:04/01/23 15:36
仏説から読みますよ。続けて読む時は、2回目以降は摩訶からですけど。

138 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/23 15:37
>>135
ガテーガテーだけでいいよ

139 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/23 15:45
「摩訶…」からでいいんじゃない?

140 :ぱぽ:04/01/23 16:44
気持ちいい事が大事でしょうね。ひとりでやる時は、自分が納得する様にやればいいと思いますよ。皆でやる時は皆がきもちいい様にやれればいいよね。

141 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/09 18:46
 

142 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/16 00:36
http://www2.neweb.ne.jp/wd/sadachan/sikisokuzekuu.htm

143 :ぱぽ:04/02/16 10:38
142読みました。面白いですね。


144 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/18 14:00


145 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/18 17:35
>>142
読みましたが最初の段落の時点ですでに???

色即是空なんて今時小学生でも気付く程度のものっしょ
身体や脳の仕組みがサパーリな時代じゃないんだから

まあ空即是色となれば別だけど

146 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/19 00:05
意訳        般若心経
聖なる観自在菩薩は、世のひとすべての悩みを救う真理を求めて、、いとふかき般若(ちえ)の行に
入り給えり。
この行の波羅蜜多(きわまり)において、聖なる観自在菩薩は、この世のものすべて、五蘊(ものも
こころも)一切は、本来空なるものと照見(さとり)たまいて、この真理をもって、世のひとすべて
の悩み苦しみを解きほどく真実(まこと)の道となし給えり。
舎利子(わがでし)よ。
その教えをここに説くならば、形ありとて形にとらわるべからず。縁あってかりに形を生じたもの
なれば、縁によっては、また、形なき空なるものに変らん。また、形なしとて無しと思うな、縁に
よっては、形を生じ相(すがた)をあらわす。たとえば、かの水を見よ。熱するという縁をあたうれ
ば熱湯となり、蒸気となって空にとけこむ。冷むればふたたび水となり、雨となって地に降りそそぐ。
寒冷の縁にあわばかたき氷となり、つめたき霜の柱となる。水の自性に変りなく、ただ縁によって
かく変化す。世のことすべてみなこの如し、形あるも無きも元は一体にして、すべて因縁次第なり。


147 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/19 00:06
人の心のはたらきの、受(なさけ)も想(おもい)も行(おこない)も、識(こころ)のはたらき、
すべてこの理にほかならず。人は嘆き、悲しみ、あるいは喜ぶ、されど、人の性(こころ)の内に、
嘆き、悲しみ、喜びの、一定の性(しょう)あるにはあらず。因縁因果の理法により、因に応じ、
縁が動いて、かりに相(すがた)をあらわすのみ。これを空の理と云うぞ。
舎利子よ。
このように諸法(すべてのもの)の大本は、空なる相(もの)である故に、現象(かたち)の上に於
ては縁によって様々に変化をあらわすけれども、その本体はいささかも変ることなし。生ずるこ
ともなければ、滅することもなく、垢(けが)るることもなければ、浄まるということもなし。
減ることもなければ、増すこともなし、ただあるものは変化のみ。


148 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/19 00:07
舎利子よ。
この道理を悟って、この世の成立(なりたち)を見るならば、色(かたち)あるものも形なきに
ひとしく、受(なさけ)も、想(おもい)も、行(おこない)も、識(こころ)のはたらきすべて
有ることなし。また、それらの本(もと)なる眼も耳も鼻も舌も身も意(こころ)もあるにあらず。
また、六根の対象たる色(かたち)も声も香りも味わいも触(かんかく)も法(かんがえ)もまた
あることなし。また、眼界(まなこにみるところ)もなく、以て意識界(こころにおもうところ)もなし、
無明(おろかなるまよい)も無ければ、従って、無明(まよい)の尽くるところもなく、また、老もなく、
死もなくよって老と死の尽くるところもなし、苦(なやみ)も、集(まよい)も、滅(さとり)も、道(おし
え)も智慧もなく、所得もなしと悟れ。一切心にとどむべからず、これを悟らば一切の圭礙(こだわり)
心より去るべし。心に圭礙(こだわり)なければ、迷いも恐れも欲も生ぜず、菩提薩捶(さとりをもとむる
ひと)はすべからく此の空の真理を体現すべし。顛倒(まよい)を離れてかならず涅槃を究竟(きわめ)
つくさん。三世に住みたまえる一切の御仏(みほとけ)は、このさとりによって因縁解脱を成就し給えり。
この故に、解脱を求めんとする人は、すべからく、般若波羅蜜多(さとり)の大神呪(しんり)を知らねば
ならぬ。この大神呪(しんり)は無上の呪文(ちえ)にして、無比の呪文(ちえ)なり。いっさいの苦厄災難
(くるしみわざわい)を解脱(はなれ)る呪文(ちえ)にして、その威力はかり難し、すべての真理の中の
真理と云うべし。真理であるが故に、いつの世、いかなる時においても変らず、虚偽(あやまり)ならず。
その呪に説いて曰く、
「空の真理を身につけて、観自在(かんぜおん)の慈悲のもと、行ぜよ(あゆめよ)、行ぜよ(あゆめよ)、
ただひたすらに。
あゆめばやがて行き着かん。因縁解脱の彼の岸に」

149 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 08:23
凄い

150 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 19:45
大般若経とは違うの?

151 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 05:39
ニーチェのいう「超人」と同じようなことだな因縁解脱の彼の岸にとかな、
般若心経のほうがやや、主観的だがな

152 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 07:38
>>150
大般若は600巻あるんだけども、
心経はそれを262文字に凝縮したものだよ
ようは般若経のエッセンスだね

153 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 10:56
へ〜へ〜

154 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 12:19
法華経の方がいい

155 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 22:19
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1076055949/58
>>55
『大般若経』は玄奘が般若経系のテキストを訳しそれをまとめたもの。
『八千頌般若経』や『二万五千頌般若経』、『理趣経』等々が含まれております。
般若経系のテキストは論の進め方は違っても
最終的には全て「般若波羅密多(正しい智慧)」とは何かを説いた経典です。

(大品の)『般若心経』は内容を要約すると
釈尊の加持力によって舎利子が観自在菩薩に般若波羅密多を得る方法を尋ね、
また釈尊の加持力によって観自在菩薩が般若(智慧)を得る方法を舎利子に答える、
結果、舎利子と観自在菩薩は共に正しい般若を得、めでたしめでたしという物語です。
これを読経する我々も同じように般若が得られるという経典です。

現在我々がお唱えしている小品の『般若心経』(大品から前後の物語を省き般若とは何かを説いている部分を抜粋したもの)
にも同じような御利益があります。
それは最後の「ガテーガテー」から始まる陀羅尼(般若菩薩の心真言)をお唱えし、
自分が般若菩薩と同一であると観じることによってたちまちに般若を得るというものです。

小品の『般若心経』は一見すると般若経系のテキストと内容が類似しているため
これは『大般若経』を要約したものである、と結論を出す方もおられます。
教理・哲理的にはそれはまったくその通りで疑う余地もありませんが、
後に『般若心経』を元とした般若を得るための瞑想法のテキストが多く誕生したことを考えれば
(チベット大蔵経や空海が請来した経典の中に多く残っています)
密教を学んだ僧であればこれは極初期の密教のテキストであると言い、
密教を学ばぬ僧であればこれは般若経系のテキストが完成した姿であると言うでしょう。

156 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/23 20:29

般若心経、説明ぬき、見れば解る。 印刷すればもっと解る。

http://tokyo.cool.ne.jp/hannnya/01.doc


157 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/24 23:35
理屈すら解らないよそんなもんじゃ

158 :   :04/02/28 00:30
┏━━━┓
┃ビデオ┃
┗━━━┛
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│真│説│般│若│心│経│講│義│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
般若心経は昔からどの宗派でも読まれている大変優れたお経です。
全260字、一切顛倒夢想の一切の字を入れて数えると262文字、最後の般若心経の四字を
入れて数えると266字になるもっとも短いお経なのですが、この短いお経の中身はものすごく、
二千五百年の仏教の大事なエッセンスがびっしりと詰まっている、スープで言えばコンソメ
みたいなものであり、薄めればいくらでも量が増えるのです。
-------------------------------------------------------------
以上、現代の仏陀を僭称する日本平和神軍の最高指導者中杉弘の本からでした。

159 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/04 20:53
平和進軍あげ

160 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/04 22:11
この日、このスレ、この光、亜細亜は明けるおごかに♪〜

161 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/05 20:49
>160 ×おごかに  ○おごそかに


162 :名無しさん@京都板じゃないよ :04/05/09 21:53
Ageてみる


163 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/10 00:35
般若心経って…何だか、難しいみたいですね。1から順に見てみたけれど…訳判らん。W)

164 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/10 00:37
>>129これを定説って考えていいの?

165 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/10 02:55
不増不減。「是空法。非過去非未來非現在。」是故空中。

この部分は前後と関わりがないように思えるのですが、なんなんでしょう?

166 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/10 11:35
かたよらない心
こだわらない心
こだわらない心
これが般若心経
空の心なり

般若心経=空

167 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/10 12:11
こだわらない心だけ2倍ですか?

168 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/10 15:19
2倍しようが100倍しようがシュンニャー(0)だから

169 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/10 16:10
>166
それって薬師寺でやる写経に書いてあるね
高田好胤提唱かな

170 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/10 22:10
般若心経は全て、真言だと思った方がいいとおもうな。
意味の解釈など無意味。
大体、意味があるというなら和訳や訓読で唱えればいいだけ。
観音経でも、実際は訓読の方がずっと心に染み入る。
あの二宮尊徳が訓読の観音経をたまたま聞いて感激したのは有名。
観音経で漢訳で唱えたい部分は「無垢清浄光 慧日破諸闇」だけ。
つまり、真言として唱える部分だ。

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)