5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

護身神法

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/22 06:33
真言系の護身法でない、神道系の護身神法をどなたか全文教えてください。
印は構いません。どうかよろしくお願いします。

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/22 07:08
2げっとさせて頂きますよ

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/22 23:10
ずいぶん時間が経って3げっと

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/23 17:31
真言系の護身法も教えていただきたい

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/23 17:56
>>1-4
この名無しでアレだが、京都の稲荷神社へ逝け。
手引きが売っている。

6 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/23 21:09
吉田のものなら前に有名な宗源道のサイトに載っていたが...

7 :霧島健司 ◆8x8z91r9YM :03/11/24 12:20
素人が下手に護身法をやるものではない。
私がまだ厨房だったころ、知り合いの新興宗教の人から
真言系護身法を習って、
それらしい状況に遭遇したとき、使ったら、
全然効果がなくて、反対にひどい目にあったことがある。
日ごろから崇敬神を熱心に祀っていれば、
護身法を知らなくても神様が守ってくれる。
>>1に霊能力があるなら、
一度霧島神宮に行ってみなさい。

8 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/24 23:07
>>5
京都の稲荷神社といっても数がありすぎてわからんが

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/26 20:09
護身

10 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/26 22:56
すみません。他板の住人なんですが、以下の邪気祓いは護身法的観点から見てどうなんでしょうか?
専門の方々のご意見をお願いします。

>■2001/12/26 (水) 一人の稽古納め。
>
>生徒さんの都合で私一人が稽古納めをすることになりました。
>今年1年お世話になった道場に武人の心のこもった礼をして、ナイフを4方に振って邪気を払いました。
>4方の敵を心にえがきシュシュと口で音を立てながら孤を描いて斬りつけシュッバと突く。4方に潜む邪気はビユビュイと斬り返し私の腕が鮮血に染まる。緊迫感を出すために腕に赤マジックで線を引きました。
>もう一方の敵の放ったナイフが足に刺さったことを想定して、ガムテープでラバーブレードを足に張りつけました。
>そして円捌きしつつ左拳の一撃を敵の肝臓に放ち揺らせる。
>4方の邪気を全て倒し傷ついた足を引きずりつつ正面に礼をして今年の稽古納めとし締めました。
>
>邪気はナイフのなかにあらず邪気は心のなかにある




11 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/26 22:59
あぶないね。世の中いろいろ居るね。

12 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/27 19:19
最強の護身法は『あぁ女神様』これでok

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/29 08:05
>>6
護身神法のみアップされてないようだ。
>>8
伏見で良いのかな?
>>7
霧島へ行くと何が待っているのですか?

真言、天台系の護身法、神道の護身神法共にどこを探しても見当たらない。
一体どうすれば伝授していただけるのか?
載っている文献、サイトがあれば皆さんに教えていただきたい。

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/29 08:37
宗源のページを見てみたが、ここの9字は一般に知られているものとは全く違う
んですね。
初めてみました。

15 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/30 00:34
>>13
昔はあったような気がしたんですけどね。
『身体護神三元加持』で始まるものです。
まあでも同じ物が神道大系に載ってますよ。
卜部神道下の事相方内伝草案や吉川神道の卜部遺編などですね。
神道大系にはその他に『ヲノコロシマ』で始まるものもあるようですが...
その他三種加持や神妙経のたぐいも出ています。
また>>14の九字のものも卜部神道の上巻に出ています。
もっとも、口伝などはもちろん書物には公開されていないでしょうし、
宗源の管理人様はきっとその辺りの口伝もご存知なのでしょうが...
ちなみに宗源のサイトは管理人様をはじめ皆様素晴らしい方々のようですが、
最近ある方が原因で荒れ気味のようで悲しいです。

16 :6=15:03/11/30 00:48
もう一冊。
出村勝明博士の『吉田神道の基礎的研究』もとても参考になります。
ただやはり書物を読んだ知識だけでなく口伝などまで正式に伝授を受けるのは
なかなか難しいのではないでしょうか...

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/30 08:34
密教系もきぼ〜ん。

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/30 12:37
>>15

>『身体護神三元加持』で始まるものです。
それ初伝ですね。
>『ヲノコロシマ』
こっちが奥伝ですね。

19 :6:03/11/30 17:44
>>18
なるほど〜。やはり上位の伝になると和語になるのですね。
すると三種加持や九字なんかも奥伝になると和語なのでしょうね。
吉田文庫でもあされば何か出てくるかしら。
まあでも>>7さんの
>日ごろから崇敬神を熱心に祀っていれば、
>護身法を知らなくても神様が守ってくれる。
これが一番大切なのでしょうけれど。

20 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/11/30 19:07
トラトラジョンジョンチトフルモ

21 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/01 00:54
すいませんが初伝と奥伝はどうちがってくるんですか?

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/01 01:07
>>15
あそこって、掲示板等あるの?荒れてるって掲示板でしょ?

23 :6:03/12/01 01:12
>>22
ありますよ。トップに書いてあると思いますが...
最近ようやく沈静化してきたようです。

24 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/01 01:18
ランボー氏はこのあたりも詳しいのか?

25 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/01 03:07
おいおい、ランボーのカキコ見てそんな事思うの?
変わってるね。

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/01 16:51
初伝と奥伝にさらに最奥伝もアリ、
印も全てちがうナリ

27 : :03/12/01 19:14
>>13
真言系はハードル高いよ。在家の人相手だと阿闍梨からでないと基本的に教えてもらえない。
天台系だと修験道(聖護院)配下の講に入って本山で一年間読経の勉強会に出席すると
伝授してもらえる。でも講に入ると衣装代やらなんやらでお金かかるよ〜。
(興味本位で考えてるのならやめときなよ。)

で、チミはなんで護身法が必要なのよ?一般人なら霊感体質でない限りいらないだろう?
(漏れは霊感体質なので神社仏閣の参拝には必須だが)

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/02 01:22
>>27
同じく。

29 :不思議種:03/12/02 02:53
>霊感体質でない限りいらないだろう?
護身法が何故、 霊感体質ならいるのですか?
>阿闍梨からでないと基本的に教えてもらえない
27さんは、阿闍梨から教えて貰ってのですか?


30 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/02 07:27
>>29
すぐ拾っちゃうんだよ、護身法する前に、祈れって前あったよね。

とすると、仏門の人ってことになるよね。

護神法がどこでも口伝ってのはわかったけど、文献とか載ってる本てないの?
実践できなくても知りたいのだが。

31 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/02 08:02
文献に載ってるものなんて全てニセモノ。
本物なんか書くわけ無いじゃない。
あるいは字抜け、順序が反対、など手を加えて効かなくしてあります。

神社で拾う?(お寺ではあるだろうけど、、、)
なぜ手水舎で身を清めるのかわかってない人がいる、、、
まあ霊感体質ではなく、はやく神感体質におなりなさい。


32 : :03/12/02 10:30
>>29
人霊に憑かれやすいんだよ。
こちらからは見えないが向こうからは見分けがつくらしいから、身内以外の死霊とは
かかわりたくない。プロの宗教家じゃないなら死霊に同情は禁物だよ。
生きている人間で困っている人を見かけたときは助けてあげるけどね
親戚が山伏の講長やってたから山伏になりますた。
で、本で見たのとお経の講習会に行ったのと天台系の行者先生から伝授してもらった
3通りで教えてもらいますた。
(山伏になるか伝授していただける師匠探すのが現実的)

>>30
いろんな市販の本に載っているし仏壇屋でお経の本と一緒に売っている店もあるよ。
自分で探してみてね。まあ>31の言うようにわざと間違えてあるのもあるけど
そのままのもある。

>>31
神社に参拝した人が落としていったモノが居るときがあるんだよ。
人霊だけじゃなくって魔も実在してるからね。
神感体質って頭頂部からオミタマが入って帰神されることですか?
それなら過去に何度もありますが・・・。

33 :ランボー本物:03/12/02 12:40
>>24
お呼び?
護身法ね。
先ず、開眼した本尊が必要なのだが、仏像がむつかいいのなら、お札を用意しましょう。
線香、灯明、お水も忘れずに。
事前の修行として、上記が揃ったら、般若心経を7回あげましょう。
詳しいやり方は、次回説明します。
者には順序があります。先を急いですると、災いが起きます。念のため。

34 :sage:03/12/02 13:40
魔から霊、仏、神まで何でも憑ける人がいる。
ちなみに憑いたモノの見分け方は? 後学のため教えて欲しいです。

それともサニハうの?帰神されるのなら当然か。
まさか思いこんでるだけ、、てのは無いですよね?

35 :34:03/12/02 13:41
あら? 下がってなかった。
まちがえた。 すんまそん

36 :九曜:03/12/02 17:58
護身法次第私記

一、浄三業 蓮華合掌して額、右肩、左肩、心(むね)及び喉の五所の
      一所毎に真言一度唱え、印を各所に当てると観念して、
      計五度唱える、これを五所加持という。
      蓮華合掌して観念の文を読み真言を唱ふる也
観ぜよ一切の法は、本性清浄なること、猶し蓮華の汚泥に染まざるが如し、
我も亦三業清浄なることを獲得す。

真言に曰く
おん そははんば しゅだ さらば たらま そははんば しゅどかん

37 :九曜:03/12/02 18:06
二、仏部三昧耶 二手虚心合掌して、二頭指を開き微し屈して、
        二中指の上節に附け又二大指を開き、
        各二頭指の下節の文に附け、次に観文を読み、
        真言を誦す。
想へ、仏部の諸尊、修行者を加持護念して、
身業清浄なることを得しめ、罪障消滅し、福智増長す。

真言に曰く
おん たたぎゃと どはんばや そわか


38 :九曜:03/12/02 18:15
三、蓮華部三昧耶 二手虚心合掌して、二大指二小指端し各相着け、
         余の六指微しく屈して、開敷蓮華の形の如くし、
         印を頂の右に当てると想い、
         観文を読み真言を誦するなり。
観ぜよ、蓮華部の聖衆、
行者を加持して速に語業清浄なることを得しめ、言音威粛にして、
人をして聞かんと楽はしめ、弁才無碍にして説法自在なり。

真言に曰く
おん はんどぼ どはんばや そわか

39 :九曜:03/12/02 18:24
四、金剛部三昧耶 二手左を覆ぶせ右を仰げて右上左下背を合せ着け
         右の大指と左の小指との面を合せ、
         左の大指と右の小指との面を合せ、
         中間の六指は博げて、各々の手を背に着け、
         三股杵の形の如くす、此の印を頂の左に当てると
         想い、観文を読み真言を誦するなり。
想へ、金剛部の聖衆、行者を加持し、意業清浄なることを獲得せしめ
菩提心を証し、三昧現前し罪障を遠離して速に解脱を獲しむ。

真言に曰く
おん ばぞろ どはんばや そわか

40 :九曜:03/12/02 18:33
五、被甲護身 二小指二無名指内縛し、二中指を竪て、端を合し、
       二頭指を屈して鈎形の如くし、
       少し間をあけて中指の背に添え、
       二大指並べ竪てて無名指に着けよ、
       真言五度、五所加持す。
想へ、如来の大慈大悲の甲冑を被ることを得て、
諸魔一切の障難を遠離し、煩悩業苦身に染着せず、
諸の悪趣の苦を脱して無常菩提を証す。

真言に曰く
おん ばざら ぎに はらち はたや そわか

41 :九曜:03/12/02 18:38
18=26=九曜だけど、
護身法なんて、急ぎなら、被甲護身だけで足りる
火炎に包まれるようなイメージをするとより効く

護身神法は全然性質がちがう
もっと高いレベルの行法だ

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/03 13:20
九字を切るのは護身法ですか?
護身法の九字と宗源の九字はなぜ違うんですか?
仏教と神道だからという単純な話で良いですか?

初心者でゴメンなさい。

43 : :03/12/03 13:59
>>34
行者先生が神仏の声が聞こえる人だから中取り持ちをして貰って教えてもらいました
ちなみに魔に憑かれたのはワシじゃなくって一緒にお参りに行った奴。
ワシが止めろと言うのも聞かずに・・・。
でも本当に魔は下手に相手せずに逃げた方が良いよ、下手に関わると死ぬよ。

>>42
九字はどっちか言うと護身というより攻撃だからなあ・・・。
護身法=フォースフィールド(バリア)
九字=トゲの付いた鎧
(基本的に神仏に九字切っちゃだめだぞ。怒られる。嫌がられる。)

まあ人それぞれ感受性とか違うからあくまでワシの表現方法ではこうなるツーことだね。
神道系の方は詳しく知らないから答えられません。雑談ネタみたいになってスマソ。

44 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/03 14:57
>>護身法なんて、急ぎなら、被甲護身だけで足りる
火炎に包まれるようなイメージをするとより効く
書物だけの字だけを鵜呑みにして解釈違いがいましたか。
護身法は、悪霊から我が身を守るものでない。
何に効くのか疑問。こういう不思議な方々が多いね。

45 :九曜:03/12/03 15:11
>>44
誰が悪霊と言ったんでしょうかね?
書物だけの方法しか知らない人は応用を知らないから苦笑だ
効くという言い方は行者だから言える
修験では常識だ
なにに効くかわからないのは、行をしたことがないからだ
不思議に思うのは無智の証明だ

46 :九曜:03/12/03 15:17
>>43
でたらめだな
護身法は行者の浄化と加持であり、場所は結界法がある
九字は鎧ではなく魔を封じ切る剣法である
神仏に九字を切ることは当然のこと、
不動法でも不動明王に切る伝がある
神道でも当然神前に切るのが当然だ
それにより祓いになるのだ



47 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/03 18:02
九字と護身法については御真言スレで会奉行師が相当詳しく説明してたよ。
神道流や神仙道流の方法とかも。

48 : :03/12/03 22:06
>>46
いや、霊感体質だから護身法やらないで仏壇にお経を上げるだけでも
憑かれちゃうんだけど・・・。お題目はいいけど念仏唱える場合は
護身法やらないと憑いちゃうんですけど〜。

それと行場では別として普通のお参りのとき九字切ったらよく頭ぶつけるんで
ワシはやりませんが。
(というかそんなに九字使う場面てありますか?水行するとき意外は護身法しかいらないけど)

49 :九曜:03/12/03 22:23
>>48
君の魂の波長がそのての霊と同調しているからでは?
題目は朝日、念仏は夕日と考えることができるが、
どちらにしろそのての霊が寄ってくるのは当然だ
そのての霊が気持ちいい波動を出す言霊だからな

九字に関しては正統な密教とは本来無関係だ
道家の法を行者が取り入れた、修験の法と言える
波長が合わない人はしないほうがいい
空海殿はそんなものは使って居られなかった
もっぱら光明真言を使っておられた


50 :九曜:03/12/03 22:29
空海殿のすごいところは、
きちんと道家の法まで知っておられたところだ
一行殿の御蔭かもしれないが
真伝の九字を秘しておられたし、真の五嶽眞形図までも
だからこそ丹を飲み、屍解仙となられて今も、
高野山に一大仏界を主宰しておられながら、
しかもより高級な神仙界にも出入しておられる

51 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/03 23:09
真伝の九字って?臨・・・のじゃないの?

52 :第3者:03/12/04 00:47
九曜さん
>修験では常識だ・・どう云う事が常識なのだ。
>なにに効くかわからないのは、行をしたことがないからだ
・・何に効くの説明不足。
人を諌めるまえに自分のカキコをチャント説明すべきだ。

53 :九曜:03/12/04 02:58
護身法は何に効くか?
頭痛薬は何に効くのかと君は君は聞いているのだよ

修験では密教ほど細かい修法はできない場合が多く
印や真言を略して使うことが多い

真伝の九字については、秘すべきだが、
臨・・・在前は真伝ではない
日本でつくられたものだ
臨・・前行が本当だが真伝は別にある
これ以上は言えぬ

54 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/04 03:07
会奉行師も烈前行って書いてた。
御真言スレのパート4で。
真伝についてはある本にのってるとか。

55 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/04 03:50
>護身法は何に効くか?
頭痛薬は何に効くのかと君は君は聞いているのだよ
屁理屈で返す修験者は、左道を行ってる修験者が多いからな〜。
大体2chは、興味がある者がカキコするのだから
それぐらい聞かれて答えられないならカキコをすべきではないよ。
ご大層な修験道者殿。




56 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/04 07:16
>>47
>>54
見つけられませんでした。レス番号教えてください。お願いします。

57 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/04 07:19
というか、過去ログ見れないので、コピペ願います。

58 :九曜:03/12/04 10:15
>>55
頭痛薬が何に効くかわからない者に
護身法が何に効くかはわからない

護身に効くに決まっているだろう
行をすれば魔が寄ってくる
この魔は悪霊などだけでなく
己が心の魔、欲望や自我などである
だからこそ身、口、意の三業を清め、三密加持し、
如来の大慈悲心という甲冑を着て魔を遮断する
火をイメージするのは煩悩を焼き尽くす護摩法と同じ
これを内護摩という

59 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/04 15:27
九曜さん、余り良い方とは思えませんね。
修行してる方とは思えない大人げない物言いですね。
それとも書物からの書き写ししてる霊能者ですか?
もう少し言葉を選んで下さい。



60 :ランボー:03/12/04 16:00
まあまあ、おだやかに いきましょう。
命がけで修行して体験している人には、普通の方では考えられない自信とプライドがあります。
私も、自分のそのようなところを指摘されたら鶏冠にくると思います。
同じ行をしてから言えって。
護身法を丁寧に書き込んでくれた情熱のお持ちなんですから、その心に対して
皆はそれを生かす方にエネルギーを使いましょう。

61 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/04 17:16
真伝の九字が知りたい

62 :九曜:03/12/04 21:10
行者は行に関しては命がけだ
行をしない者には、行者の言葉は理解できない
真言は一字に千理を含む
前記の護身法を読んで修してもできはしない
結縁できるだけだ
行者になればわかる

63 :ランボー:03/12/04 21:28
違っていたらごめんなさい。
貴方は、橋本の近くの法螺を吹く東山さんとお知り合いですか。

64 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/04 23:17
真伝の九字は反対から読むんですよ。

行者は行以外のことに関しては無知だ
行をしない者には、日本語でない行者の言葉が理解できないのは当然だ
真言はただのサンスクリット語だ
前記の護身法を読んで修してもできはしない
ウソだからだ
行者になればわかる、行者になることに何の意味もないことを。


65 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/04 23:46
>>64
会奉行師の六甲秘祝玄法九字本伝とはそれのことですか?

66 :ランボー:03/12/05 09:59
>>25
> おいおい、ランボーのカキコ見てそんな事思うの?
> 変わってるね。

おいおい、変わっているのは君だよ。正しくものを見ることが出来ないのだ。

行をしない者には、行者の言葉は理解できない

まさに、そうだと痛感するね。

67 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/05 16:09
ランボーのカキコは、正統な行者が言う言葉だよ。
自分勝手な工夫の行ですか?
本で護身法を覚えて伝授もハッキリしないランボーが行者顔するとは、
他の真面目な行者が可哀相だよ拝み屋さん。

68 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/05 16:29
>67
こんな所まで来て・・・。本当にしつこい性質だねぇ。


>67は正統派ですか?とてもそうは見えない。粘性。
みなさん良く見てください。このざまを。

69 :ランボー:03/12/05 16:56
>>4
> 真言系の護身法も教えていただきたい
護身法私第
浄三業   蓮華合掌して、額、右肩、左肩、胸、喉の五処加持。
        一処を印する毎に真言一遍、つごう五遍唱ふのであるが、手は胸の処に置き、
        心の中で各処に置くを観念する。先ず観想をして五処加持、真言を唱ふ.
観想   三業所犯の十悪を断浄して即ち清浄内心の藻浴となる事を獲得す。
おん そははんば しゅだ さらば たらま そははんば しゅどかん

仏部三昧耶   蓮華合掌して、頭指を屈して、中指の上節に附け、二大指を開き、
        各二頭指の下節の文に附ける。
観想      仏部の諸尊、修行者を加持して、速かに身業清浄なることを得しめ、
        罪障消滅して、福智増長す。
おん たゝぎゃと どはんばや そわか

蓮華部三昧耶  蓮華合掌して、頭、中、無名指を開く。
観想      蓮華部の聖衆行者を加持して速に語業清浄なることを得しめ、言音威粛にして、
        人をして聞かんと楽はしめ、無礙辯才にして説法自在なり。
おん はんどぼ どはんばや そわか

金剛部三昧耶  左手を伏せ右手は仰げて背合せ着け大指に小指を合せ、
        中間の各三指は三股杵の形の如くす。
観想      金剛部の聖衆、行者を加持し、意業清浄なることを獲得せしめ、菩提心を証し、
        三昧現前にして速に解脱を得。
おん ばぞろ どはんばや そわか


70 :ランボー:03/12/05 16:57
被甲護身    内縛し、二中指を立合せ、 二頭指を屈して鈎形の如くし、後に着けず、
        二大指を相並べて二無名指に着ける。五所加持す。
観想      如来大慈大悲の甲冑を被ることを得て、諸魔一切の障難を遠離し、
        煩悩業苦身に染着せず、 諸の悪趣の苦を脱して無常菩提を證す。
おん ばざら ぎに はらち はたや そわか

十指異名 
およそ、印を結ばんとする時は、両手と十指を組み合わせねばならぬ。古来印相を結ぶについては、密教は
師資面接を旨としているため、口伝(ロイ)を重んじているが、そうでない場合(が在るから名前が付けられて
いる)は、両手及び十指に名称を与えて相伝しているので、一通り心得ねばならぬが、経論儀軌により、これ
ら配当が一定していない(と言う事は異為儀軌があっても不思議ではない、考え方が色々あるという事になる)、
主なるものの相対を下記に記す。
大指(親指)     禅   空   キャ
頭指(人指し指)   進   風   カ
中指         忍   火   ラ
無名指(薬指)    戒   水   バ
小指         檀   地   ア
右手 慧
左手 定
参考 十八道とは、十八種の印明(印と真言)よりなる行法次第である。印と真言は切り離して語る事が出来
ない密接な関係がある。


71 :ランボー:03/12/05 16:59
行者は粘り強くなくてはいけない。
直ぐあきらめるようでは、行者は務まらない。

72 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/05 19:31
人並みな生活すぐあきらめたから 行者に逃げたのではなかったのか、、、
へえ〜

73 :ランボー:03/12/05 20:59
そうだよ。
分る、より良い生活をするためにね。
仏に抱かれた、幸せな生涯を送る為に。
うらやましいかい。

74 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/05 22:12
仏に抱かれる?幸せ?まあ人それぞれ、、、

ごめん初心者的な質問でも構わない?
行者って(あるいは修験者でも)どのような神、あるいは仏を信じてるの?
それは他の神道、仏教とはどこが違うの?
わかりやすくおせーて

75 :ランボー:03/12/05 23:18
そーね。信じていると云うより、家族の高貴な力のある方というかんじかなー。
最初に口をきいて下さったのは、お釈迦様でした。ちょっといたずら好きな快活な性格のようでした。
次は毘沙門天様だったと思います。最初のお言葉が、ここがそなたの寺か!護摩壇をご覧になって、
なぜそなたの所の不動が強いのか分った。と言われたのが印象的でした。
虚空蔵菩薩様は、初回の求聞持の時に、話して下さいました。
その時、しっかりと信念を持って行に向かうのか試されました。
それに合格したら、とても優しくしてくださいました。
もちろん、お不動様も、たの如来様、菩薩様、明王様、天部の神様、必要があればお話して下さいます。
大元帥明王様は、自分の縁日は25日と教えてくださいました。
変な例えですが、信じる信じないというより、私には空気のような存在で、私たちを生かし、優しく包んでくれ、
時には、おきな船さえ木の葉のようになる強大な力を出してくださる、そんな存在です。

76 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/06 00:33
もう少し質問いい?
何を話すの?世間話?イラクの事?世界平和?今晩のおかず?
で、その仏たちは貴方にしか話さないの?

毘沙門が護摩壇をみて不動の話をするの?仏仲間ではないの?
試す?何でも許す慈悲の宗教ではないの?

巨大な力?物理的?それとも心理的、霊的?
自衛隊員を守護することは出来ないの?外交官は?
流れ弾に当たらない、1人も死なないことは出来ないの?
仏ならせめて日本あるいはアジア諸国ぐらい守ってください はダメなの?

77 :ランボー:03/12/06 07:47
>>76
> もう少し質問いい?
> 何を話すの?世間話?イラクの事?世界平和?今晩のおかず?
A 特別な霊障の問題が起きなければこちら側からは話しかけません。私に危険が迫ったりすると、突然教えて
  くださいます。世間話はしないです。
> で、その仏たちは貴方にしか話さないの?
A 他のところで他の人に話す事はあるでしょう。修行をしてあるレベルに達しないと、話しかけれるところまで
  降りて来れないと云われていたのをおもいだしました。
> 毘沙門が護摩壇をみて不動の話をするの?仏仲間ではないの?
A 私たち人間同士でも久々に会うこともあるでしょう。同じみたいです。
> 試す?何でも許す慈悲の宗教ではないの?
A 仏がこの者に力を注いでよいのか、忠誠心は、と言うような事です。人間がどんなに困っていても、仏に対して
  ゆるぎない信仰を持っていてお願いしなければ助けてくれません。僧侶なら困っている人を助けるのは当たり前
  という人がいますが、自ら努力して助けを請うてこなくては、私も助けません。仏様が助けてくれない者を、私の
  力で助ける事が出来ないからです。僧侶は仲立ちするだけです。ですから、自衛隊も仏様は助けません。
  個人的な信仰厚い人を除いて。巨大な力?心理的、霊的でしょうね。

78 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/06 13:28
忠誠心?ゆるぎない信仰?助けを請うてこなくては?
個人的信仰あつい人だけ?
誰がそれを判断するの?
なるほど、絶対服従を誓う人でないと助けないってことかな?
ある意味丸棒親分やね。

心理的、霊的?
もしかしてささやくだけ? あぶないーって言ってくれるだけ?
総理をどうこうして派兵しないってことは無理?
その程度?

で、貴方は他人を助けれるの?その代償は?
ボランティア?金銭?魂の一部?

貴方の将来は?死後は?

いろいろ教えて君ですまないと思っているが、是非


79 :ランボー:03/12/06 14:25
>>78
心配しなくていいよ。
あなたには仏様かかわらないから。

80 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/06 14:42
>78
>ある意味丸棒親分やね。
その筋の内容を知っているのか?気安くいうな。
そもそも、ご縁を頂けない、思うようにならない、
こういうのは誰のせいでもなくご自分の不徳である。
また、不幸な出来事から何かをつかんだり
する事もある。つかめるものは、不幸な出来事によりその器が出来たんだよ。
つかめるもつかめないのも、本人による。

何でも神仏のせいにするな。ぐずぐず言うひまがあるなら、世界平和を祈れ。

一心に。




81 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/06 15:58
>>79
別に仏にかかわって欲しいんでは無いんですけどね。
逃げられたか、残念です。
いろいろ聞きたかったが まあ逃げたんならしょうがない。

>>80
その筋の内容?丸棒の方?それとも仏の方?
無知なので分間が読み取れない。すまん。
解説してくれればうれしいが、、

別にご縁が欲しいんではないんです。
別に不幸があるわけではないんです。
ただ 自分の知らない世界観をね 聞いてみたかったんです。
自分の不徳は十分承知。

世界平和は神仏に祈るモノではありません。
未だカツテこの地球上であり得たことはありません。
もちろん理想はあるんでしょうけどね。

全てのいきとし生けるモノは他の生命の犠牲の上に成り立ってます。
食物連鎖ぐらい習いますよね?そんなことあたりまえですよね?

自分の同じ種族を殺すというのは人間だけなんてことありません。
こんなのくらいは知っていますよね?


82 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/06 18:33
>80
>世界平和は神仏に祈るモノではありません。 以下、よくしってるぢゃないか?
だったら、いまさら色々聞く必要もあるまい。

聞きたいことが有る場合、通常礼節を尽くして伺うのが、人としてのいろはのいだよ。
その辺から修めてきなさいよ。

83 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/06 18:34
↑81さんだった。ごめん。

84 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/06 21:09
 ランボー氏のレベルの高い能力が見受けられますが
日本の神々、神祇の神を感応、感得なされることは無いのですか?
 宜しければお聞かせください。

85 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/06 22:01
>>82さん
また礼節か、、、
よっぽどプライドが高いんですね。
まあ下々のわたしに答えてくれただけましか、、、

どうもありがと。

86 :82:03/12/06 23:10
>85さん
知りたがりは悪くないと思います。注意していけば貴方の知りたいことの答えを
見ることができるでしょう。まんざらでもない様に見えるが、もったいねえぞ。

87 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/07 02:08
>聞きたいことが有る場合、通常礼節を尽くして伺うのが、人としてのいろはのいだよ。
その辺から修めてきなさいよ。
君も「いろは」を教わるべきだな。
傲慢な態度だね。そんなに敬って欲しいなら2ちゃんにカキコするな。


88 :ランボー:03/12/07 08:22
>>84
>  ランボー氏のレベルの高い能力が見受けられますが
> 日本の神々、神祇の神を感応、感得なされることは無いのですか?
>  宜しければお聞かせください。

霊界の力のある霊体を私は神と呼んでいます。通常の認識でその力をよい方に使う霊体を神と呼び、悪い方
に使うのを悪魔と呼んでいます。それらの、良きにつけ、悪しきにつけ、集団をなしているものと、単独で居る者
がいます。仏様のグループは曼荼羅でお分かりのように沢山の霊体が秩序をもって、集団として存在して居ます。
霊視もそうですが、それぞれの見える波動が違うのはお気ずきでしょうが、AさんとBさんが同じところを見ること
が出来るとは限りません。テレビのチャンネルの違いと似ています。俗なたとえになりますが、テレビで霊視して
いる霊能者と私とは当然見ているステージが違うので、あの人方の言うことが違うということは云えないのです。
霊界の霊体も同じで、仏様が全ての霊界を見極める事が出来るかというと、答えは出来ません。
前の書き込みに、修行をしてあるレベルに達しないと、話しかけれるところまで 降りて来れないと云われていた
のをおもいだしました。というフレーズがありますが、仏様のチャンネルに心が合うようにトレーニングをしなけれ
ば、通じないという意味が含まれて居ます。
仏の集団を仏族(大日如来がおっしゃった)といいますが、仏族と交流のあった神祇であれば私も感じるものが
ありますが、交流のない神は仏様でさえ曇っていて見えないとおっしゃいます。必要がなければ、私も関わりを
持たないようにしています。

89 :82:03/12/07 13:15
>87
敬って欲しいではなく、モノを尋ねる場合礼節を尽くして伺えと言っている。それは、
尋ねる側の資質に関する事柄であって、修めて問えば得ることが出来るのは本人だよ。
賢者の説黙は時を待ち人を待つといいますよ。教える側のめがねにかなうようにと言っているんだよ。

>85さんは、
少し見所があると思えたので勿体無く感じたんですよ。

>87くんは、まだまだだ。君の書き込みみたいなのをヨコヤリと言う。第一内容が無いしスレ違いっぽい。
君はまだまだ精進だ。

90 :85:03/12/08 12:51
見所ありません。勿体無くもありません。
日々の生活に疲れている者です。
まあ知り合いにこのような人がいないということもありまして
上にも書きましたが 世界観をただ聞いてみたかっただけですから。

神の道も知りませんし、仏の道も知りません。
ただの人間ですから、、、

91 :82:03/12/08 14:26
私から見れば有りますし、勿体無いですよ。
世界観も人それぞれです。

いい加減に問えば、いい加減な答えしか得られないかも。
襟を正して問えば、きっと何かを掴めるのではとおもったので。

求めれば必ずたどり着くと思っていますが。但し、新興宗教などには注意されたほうが良いです。
御健闘を。>日々の生活

92 :84:03/12/08 21:04
 ランボー様、ご丁寧な解説ありがとうございました。
また、質問なのですが、交流がないと難しいとおっしゃられましたが
 神道では出産、死後の面倒などは産土神の働きによる、と言われます。
これは宗旨に関係なくどんな人間(日本の場合)でもこれはあてはまる、
といわれますが、氏はこの身近な神霊との関わりをどう捉えられてますか?
 また、「交流」とありましたがそれはかつて日本で行われていた「神仏習合」と呼ばれるものと考えて差し支えありませんか?
 最後に氏の日本神道、神社神道の関わり、捉え方というものを宜しければぜひお聞かせいただけませんか?
 長文失礼しました。

93 :ランボー:03/12/09 07:46
>>92
神道では出産、死後の面倒などは産土神の働きによる、と言われます。 ということは、私には分り
ません。
これは宗旨に関係なくどんな人間(日本の場合)でもこれはあてはまるという事もわかりません。
出産に関しては、烏枢沙摩明王にお願いしており、逆子などの問題は私のところでは全て良い
方向にむかわしていただいており、この、お話は初耳でした。
日本神道、神社神道の関わり、神仏習合ということを考えた時、明治維新前までに仏様と交流が
あった神々ということがいえると思います。
私が接するのは、高野山でお参りされている、なじみのある神々です。
沢山の仏様がいらっしゃるので、間口を広げないようにしています。失礼になったらいけないので。

94 :84:03/12/09 20:24
 どうも、ちょっと話は変わりますが、
法華経の護法善神でもある鬼子母神と明王は相性が非常によくない
と聞きます。事実、不動尊の祀っている祭壇で法華経の第26品目の
陀羅尼品をあげてますとラップ音やお札が倒れたりすることもあります。
 やはり鬼子母神さまと不動尊は相性が宜しくないといえるのでしょうか?
また、貴公は真言密教系の行者と見受けられますが、貴方の法華経に対して
の捉え方、位置付けはどのようですか?
 真言密教でも妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五所謂、観音経は読まれるはず
です。
 このお経(法華経)は仏族、そして先祖供養などには非常に功徳のあるお経と言って
さしつかえないですか?また、仏族はこの経をどのように受け捉えておられますか?
 長い文ですが失礼しました。また宜しくお願いします。

95 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/10 08:43
密教系はわかったが、神道系はどうなんだろう。

96 :ランボー:03/12/10 08:59
>>94
話が難しくなってきましたね。
私は、鬼子母神は仏族と認識しておりません。
観音経は後世に日蓮が持っていったもので、その以前から使われておりました。
観音経じたいは問題は無いと考えますが(私もあげることがある)、そのお経をあげる事のよって、動き出す霊が
居るのではと考えられます。
良いお経ではありますが、観音霊場などで使うくらいです。
理由は、人生限られた時間しかありません。
出来るだけ効率の良い事をしなければならないのは、他産業だけではなく、宗教もしかりと思います。
人生が終演の時に、自分の期待とおりの功徳をつんでいなければなりません。
そうなると、より効率的なお参りを日々することが大切と思います。自分が営業としてしている供養もそうです。
そこで、理趣経を主軸に使っています。この方がより多くの仏様に喜んで頂けるし、自分の功徳も桁違いに
上昇します。子供が自閉症で苦しんでいた母親が、理趣経を御法楽で108回おとなえしてきがんしましたら、
子供の状態が良くなった事例もあります。
堕地獄の罪、越三摩耶の罪とか、密教知識(正式ではない解釈をしているかもしれない知識) で救われるのです
か?とか、とかく否定的な考えで他スレで攻撃してくる方がいるのですが、今まで色々な方にお伝えしても、双方
共なんら異常がありません。それどころか、喜びのおおい精神生活をすることが出来るようになりました。
理趣経をあげるには、少しコツがありますので、おって述べてゆきたいと思います。
長くてすみません。


97 :ランボー:03/12/10 09:00
>>95
> 密教系はわかったが、神道系はどうなんだろう。
神道系は自分は密教の僧侶ですので申し訳ありませんがわかりません。

98 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/10 09:14
密教と神道は修験道でくっついてただけだから大して変らんよう名。


99 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/10 12:40
>>98
九字にしても、護身法の文句は古神道と密教では全く違ったものですが、同じ
なのでしょうか?

100 :100:03/12/10 12:52
頂きます。しつれいしますた。

101 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/10 15:16
>>ランボー様

金剛寿命陀羅尼経、易杖経はどうですか?

102 :ランボー:03/12/10 18:03
>>101
> >>ランボー様
> 金剛寿命陀羅尼経、易杖経はどうですか?

私は使っていませんので、安易に良し悪しはいえません。
自分で試して良いと感じたものを2つあげます。
般若理趣経
佛頂尊勝陀羅尼
です。
早陀羅尼 佛頂尊勝陀羅尼 というのがありますが、私には波動が合わなくて使いません。
上の2つは、近いうちに書き込みします。
ルビを振るのが大変ですので、少し時間をいただきます。
私の目標は、できるだけ簡素化したお参りで、できるだけ効果を上げることを考えてやっています。
ご期待にそえる答えでないと思います。
すみません。

103 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/10 20:59
>>102
早陀羅尼って何?
早いの?

104 :ランボー:03/12/11 07:31
>>103
短いのです。

105 :ランボー:03/12/11 09:49
>>96
正しい認識で真言やお経を唱える心構えとして
初めに、罪、越三摩耶の罪になることはありません。大日如来が否定されています。理趣経に若有聞此本初般若理
趣日日晨朝或誦或聴彼獲一切安楽悦意〜と読経をすすめを書いているフレーズが在る事でも分かります。
仏教を学者のように、難しく考えるのではなく、いかにしたら 大勢の人が救われるのか、簡潔な方法を見つけることだ
と考えるようになりました。そして試行錯誤の結果つい にそのプログラムが完成しました。
◎始めに仏様との仲立ちが出来る法力をもった僧侶がいること。(しっかり開眼された仏像、お札でもよい)法力
◎先祖の苦しみを救う
読経したり、真言を唱えたり、作法をしたりする時の注意事項です。
それらの事をすると、自分に関りの霊が動く事があります。そのような時は、読経の始めにそれらの霊に対して具体
的に次のように声を出して言いましょう。
これから仏様にお参りをするので、あなた方(霊)も一緒にお参りしませんか。
と自分の行動を伝え、そして。
私には引導する力量がありませんので、あなた方も自らの行として、仏様を一緒にお参りして下さい。
と言います。先祖はその御ほうびに成仏に近づくし、自分は仏徳や法力を頂けるのです。



106 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/11 12:31
>>96
聞けば勉強になりそうですね。ありがとう御座います。

107 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/11 13:49
古神道のも知りたいのですが・・・。どなたか宜しくお願いします。


108 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/11 15:37
天台系の祈祷、祈願や護摩と真言系のそれらは、作法や意味合いも違うのかな?

109 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/11 16:40
ランボーは真言スレでは単なる荒らし屋です。
頼りにされてよかったね。ランボーちゃん。

110 :84:03/12/11 17:14
 ランボー様、大変有難うございました。
貴方様にはお聞きしたいことが沢山あります。
 鬼子母神さまを仏族と認識していない、とおっしゃいましたが、この真意はどういうことなんでしょうか?
また鬼子母神さま以外にも仏族と認識していない仏尊はおられますか?宜しくお願いします。
 般若理趣経がよろしいと言われましたが、
これは百字のかつでもよろしいのですか?また、仏頂尊勝陀羅尼がよろしい、と言われましたが巷で言われる功徳のある真言、経として般若心経と光明真言があります。
この二つの真言と経の功徳は仏さまの世界からみてどういうふうに評価されてるのですか?
 最後に安産をウスサマ明王さまに祈願なさる、
とかかれましたが他に安産を祈願できる仏尊ではどのような尊がおられますか?
 またまた長文失礼しました。なにとぞ宜しくお願いします。

111 :ランボー:03/12/11 18:10
>>110
異論が色々あっても不思議でない問題なので、あまり触れたくなかったのですが、鬼子母神さまを仏族
と認識していない、ということは、仏様にさとされた神ということで捉えておりますので曼荼羅の中には、
ということです。
般若心経と光明真言は常識的に組み入れてお参りしていますので、書くまでも無いと云う考えでした。
平行して使われる経と心得ています。
仏様の評価というのは難しいですね。なんと答えたら良いか。
祈願をする時、理趣経を使った方が早く解決するようです。
安産祈願は、護摩がある日はどの仏様でも祈願添え護摩木を書いています。
逆子には烏枢沙摩明王護摩は一発で解決です。まあ、霊障現象ですから。
昔は頭首が男のあととりを産むために烏枢沙摩明王に祈願したようですよ。
子母神さま以外にも仏族と認識していない仏尊はおられますかということですが、あまり神様知らない
ので。
>>109  相手の態度に私はあわせています。
ここのスレは紳士的で良いですね。

112 :ランボー:03/12/11 18:13
>>108
> 天台系の祈祷、祈願や護摩と真言系のそれらは、作法や意味合いも違うのかな?
天台系のそれを知りませんので、どうなのでしょうね。
真言宗でも派で違いがあるようです。声明は特に。

113 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/11 23:04
古神道の方のお話希望します。

114 :105について:03/12/12 02:43
個人個人で解釈されたし!。
高祖大師作真言伝授作法記。
『教義が深秘であればあるほど却って浅略に通じ、そこに予期しない
慢法者もしくは誤解を生じ或は法を軽蔑する者をあるべきをきらうによる。
よって四度の行終わり灌頂入壇の了った者、言をかえるならば相当に修行の出来た
者の中から人を撰定して伝えるものなり』


115 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/12 08:06
>>113
古神道の護身はなかなか話せないのですよ。
修験みたいに行者みたいに 自己顕示欲が無いのでね。
ここに書いても信用してくれないし、、、
2ちゃんではねえ、、無理っす。
もうちょっとまともな掲示板行くこと勧める。 

116 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/12 12:15
>>115
それはどこなりか?

117 :移動尊:03/12/12 14:09
>>114さん
私は、弘法大師を尊敬しています。あのような方が日本で教えを残してくださった事に大変感謝です。
然れども一概に言えないのですが、>当に修行の出来た者の中から・・・云々。と有りますが、それは
本当にその様な人物に伝わっていますか?
私が見る限り、善僧、悪僧、双方に伝授されているようですが、いかがでしょうか?
又、ここな掲示板で解説をする僧侶方、篤信の者が形は各々違えども、皆、在家や衆生や初心の者を
どうすれば仏道に参入せしめる事ができるか、思案しつつ実践しているのではないですか?
もちろん、貴方様の越法の危惧の気持ちも有難し、されど、混沌としたこの世で通り一遍の方法では
なかなか衆生を導くのは至難だと思います。聞くに仏は色んな姿を現し救うて行くと。

伝法灌頂が済んだとて、実践的に救わないのならば、それこそ仏の本誓に背くのでは?
機会あって説くは良いか悪いか?どうでしょうか?

118 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/12 18:51
>>116
さあ? ないんじゃない?

119 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/12 21:15
 ランボーさんに質問ですが、よく天部の仏は現世利益が強いと言われます。
ランボーさん自身もそう思いますでしょうか?また、ご利益のある天部さまはどんな
仏さまなんでしょうか?

120 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/12 22:21
っていうか、ここでは修法の話をしようよ。色々聞きたいこともあるし。


121 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/12 23:34
密教系に関わらず古神道、神道、修験道もね。

122 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 00:14
でもこのての話題で教えられる知識を持つ人がどれだけいるか?
だね。

123 :ランボー:03/12/13 05:00
>>119
>  ランボーさんに質問ですが、よく天部の仏は現世利益が強いと言われます。
> ランボーさん自身もそう思いますでしょうか?また、ご利益のある天部さまはどんな
> 仏さまなんでしょうか?

どの仏様もよくお願いを聞いてくださいますが、天部の仏は一般的に気性が厳しくいらっしゃいます
から、悪霊達がかかわっているトラブルですと、災いをもたらしている連中すなわち悪霊が恐ろしく
思い逃げ出すのではと思います。
みなさん絶大なご利益をお持ちですが、縁があってお参りした尊を私はお参りしています。
定期的に護摩を焚いておまいりしている方は、毘沙門天王、吉祥天、弁財天 その他の尊では
聖天、火天、水天、三宝荒神 でしょうか。
毘沙門天王には凄くお世話になっております。また、武田信玄と上杉謙信の命を無くさせなかったのは
毘沙門天王自信のさい配によるものだとおっしゃっていました。

124 :ランボー:03/12/13 05:03
実践2
仏様をお参りするための、準備についてお話しましょう。
仏具としては、蝋燭、線香、りんと仏様にあげる湯飲みを用意あいます。
線香は仏様に喜んで頂けるものを選択する事が大切です。
されど、沈香や伽羅は高価で一般向きではありません。伽羅ときたら、同じ目方の金よりたかいのですから。
そこで、大発という会社の出している 名香 わかば  品番Y−1 というのがお勧めです。蝋燭は時間で決める
のもよいでしょう。和蝋は芯切などで手がかかりますので、普通の洋蝋が良いでしょう。りんは必ず用意します。
お参りの最初に2度打つ事によって、仏様がお参りをする自分の方を見てくださいます。りんを使わないと、お参り
している様子に仏様が気が付かれません。その為に使います。修行が進んで法力がつくとりんが無くとも仏様が
気が付かれますが普通は認識していただけませんので必要です。湯飲みにお水をいれあげましょう。誰でもあげ
ることができる供物という意味です。
次に大切なお参りの対象についてお話します。
きちんと魂の入った仏像や掛け軸があれば良いのですが、無ければ信用の置けるお寺、たとえば、川崎大師や
高野山奥の院などでお不動様等のお札をもとめましょう。
お祭りするところは、そまつにならない所、サイドボードなどの上でもよいでしょう。


125 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 05:16
結局、護身神法や真伝の九字は誰も知らないのか・・

126 : :03/12/13 06:02
九字は使い方間違えると危険だからな・・・。
人を倒せるからねえ。(というか鏡に向かって切ったら自分が倒れたマジで・・・。)

ちゃんと修行して師匠からOK貰って教えてもらわんと危険だろうね。生兵法は怪我の元。
護身法は良いと思うけど九字は素人さんはやらん方が良いように思うなあ。


127 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 07:12
山蔭神道の山蔭基央師も、修行時代に祈祷で気合いを込めて思いっきり九字を切ったら相手が倒れてしまったとか。


128 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 08:02
>>125
だから、、、こんな所では書けないって言ってるよ?
知らないんでは無くて 書けない。

>>126
>>127
倒れたくらいでよかった。死ななくて。


129 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 12:19
まあ 書けないと書いたところでなんだけど、、、
こんなかんじですね。詳細は想像してね。

護身用九字
まず身を清め、、、、○○に祈る。
いろいろ作法を行う。
秘密の呪文を唱えながら、真剣(本物、できれば自分で鍛えた刀)を抜く。
九字真伝を唱えながら、、、、、
作法、その他。
でエンド。

攻撃型は、、、
恐ろしくて書けません。
もちろん途中でやめる方法があるので、、、
まあやることはないが、、、
ま、死んでもおかしくない らしい。試したことないしわからん。

これで良いかな?


130 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 14:11
>>129
それは臨・・・のほうかな?天・・・のほうかな?

131 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 16:26
まさか、、、本物と思ってる?まさかあ、、、

九字の切り方にも何十通りとあるんで
どれが良いのやら、、、

言葉にも数種類ありますよ。

まあ、縁があればそのうち。無ければ一生知ること無し。
この業界の常識?

132 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 18:14
>>129
それどの系統の人から習ったの?
密教?
修験?
神道?

133 :129:03/12/13 19:07
さあ?
わかる人にはわかるし、わからん人には教えても無駄。

こんなのは殆ど、新たに記憶、学習するんではなく、
前世以前の記憶を思い出すもんだ。


134 :119:03/12/13 19:09
 132<<ランボーさんありがとう。
聖天もやるとは凄いですね、ここで聞きたいのですが
 @巷で言われる聖天の絶大なご利益、他の天部とも一線を画す
といわれる力は本当なんですか?(ここの板でも専用のスレッド
あるみたいですが。)であればその力は一体どこからくるのですか?
 

 A荼桔尼天、つまり天竺稲荷さまのことなんですがこの天はご利益
が大きい反面、罰も怖いと聞きます、またあの真言立川流の髑髏本尊
ともなった天でありダーティーなイメージが付きまといます。
 この天の本質はどのようなのかご存知ですか?
 おねがいします。ランボーさん。

135 :84:03/12/13 19:26
 111<<どうも有難うございます。
またお聞きしたいことがあるのですが、よく
神仏の眷属や神仏が直接我々に現れるときは龍神の姿をとり
我々にコンタクトしてくる、と聞きますし、中国では寺院、神社
などには龍神が住んでいる、ときかされます。
 観音さまの眷属や変化身のなかにも龍神とあります。
このようなことからランボー様にコンタクトしてくる龍神はおられる
のでしょうか?
 また龍神には「火龍」系と「水龍」系があると聞かれますがなにを基準
にこの系統が決まっているかご存知ならお願いします。
 今回も宜しくお願いします。 

136 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 19:36
九字はどのように相伝を受けたかで真伝かどうかわかる。
大多数は自分の九字こそ真伝だと信じてるようだけど。

137 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 20:22
そもそも、素人というか、在家はどこで九字を教えてもらったら良いのですか?


138 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 21:35
>>137
あなたはなぜ九字を知りたいんですか?

139 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/13 23:05
>>138
九字にとどまりませんけど。

140 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 00:08
なら良いアドバイスをしよう。

縁があればそのうち教わる。
縁がなければ来世まで待て。

恨むんだったら、今世で学ぶ事を決めてこなかった自分を恨め。

超能力付けたいんだったら、その辺の新興で狐でも蛇でも憑けろ。
真の道を学ぶんなら、今は我慢の時。

何か質問は?

141 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 00:26
三玄紫府眞神指活切法って何ですか?
御真言スレにあったけど。

142 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 01:36
>>140
在家から出家にはなれないってことでよろしいでしょうか?

143 : :03/12/14 01:49
別に在家でも修験道だったら修行できるよ。在家信者の「講」に入ればよろしい。
ただし霊性とか体質とかの個人差があるから同じ修行をしても
同じ結果にはならないけどね。

それよりなんでそんなに九字にこだわるのか判らん。護摩焚く訳でもなし
普通は護身法しか要らんけどなあ・・・。
中途半端に九字使うと危ないよ。わしは「魔」とか「怨霊」だったら逃げるよ
(ぞぞぞって危険信号感じたら九字切るより逃げるほうがいい。危険信号体感できない
普通体質の人はそもそも修法の作法以外で使う必要ないんじゃネエノ?
霊感体質だからわしは判っちゃうけど、これが良いのか悪いのか微妙だが。)

144 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 02:33
>>129
それが六甲秘祝玄法九字本伝という名の九字ですか?

145 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 08:12
まあ修験に入っていろいろな動物憑けたほうが手っ取り早いよ。
変にいろいろな能力つけるから、いろいろ寄ってくるんだけども。

何も知らない一般人が一番強い。奴らに取って魅力が無いから。

>>141
>>144

規則に反するのでお答えできません。あしからず。

>>143
素人は任せた!!

>>142
さあ? 仏のことなんか知りません。


146 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 08:58
伝授してくれっていってるわけじゃないんだけどな。
さしつかえない範囲で、教えて下さいよ。
知ってる範囲でかまいませんので。

147 :ランボー:03/12/14 09:24
>>134
諸天は容赦ない行動をして救済してくださいますので、目で見える形になるのが早いのではないかと思います。
私自身あまり詳しくありません。儀軌に頼る事をしません。感覚の趣くままの信仰です。聖天さんのご利益云々
でお参りをしているのではなく、昔小豆島を廻った時に聖天さんをお祭りしているお堂があるお寺がありました。
それから10年位たった時に、むしょうにその聖天さんにお会いしたくなる、自分の寺でお祭りしたい気持ちが高揚
してきました。そんなある日、高野山に車で行った帰り(私は仏事や世間の固有名詞に無頓着で名前を覚える気
持ちがないので代名詞で失礼します)忍者の里の近くを通り、フェーリーターミナルから、小豆島のたぶん土庄
港だったと思いますが上陸しそのお寺にゆきました。聖天さんのお堂で簡単な語法楽参りをして、私のところに
来ていただけるとうので、勧請しました。お参りすることが嬉しいのでお参りをしております。
それ以外のことを考えておりませんので、ご質問にはお答えできず、申し訳ありません。

148 :ランボー:03/12/14 09:41
>>135
竜神さんについての私が感じた事柄をお話します。巷の解釈とはずれている可能性がありますがご容赦を。
蛇が修行をして白蛇になり、白蛇が修行して白龍になり、白龍が修行して龍神になると考えています。
以前、修行中の白龍にいたずらをして憑依された中学生がいました。相談に来られたので、憑依した白龍に
訳をききました。もう少しで修行が実って龍神になれるところを、この子の死んだ爺さんがわたしを騙して、
龍神になれない状態になってしまった と云うのです。そこで、お参りして龍神にしてあげたらこの子から離れ
てくれるかと尋ねたら、離れると云うので、お参りをしました。やがてたくましい龍神の姿が見えたので、なったね
と言ったら、そうだ と返事がありました。その後、本人(龍神)の希望で、大元帥明王の手助けをしてこの恩を
返したいと言って大元帥明王の取り巻きに加わりました。精密に言うと、その時点で儀軌が変った事に成ろうか
と思います。火龍、水龍と分けて考えた事はありません。ただ龍神というと、其処には霊各の違う沢山の龍神
さんが居ると言えるのでしょう。

149 :ランボー:03/12/14 10:00
実践3  お参りの実践
蝋燭、線香、お水をお供えします。
口をゆすぎ、自分は清浄になったと思い、仏前にすわる。
準備はこれで良いのだが、先に覚えておかなければならない事があるので、お話します。
十指異名 
およそ、印を結ばんとする時は、両手と十指を組み合わせねばならぬ。古来印相を結ぶについては、密教は師資面
接を旨としているため、口伝(ロイ)を重んじているが、そうでない場合(が在るから名前が付けられている)は、両手
及び十指に名称を与えて相伝しているので、一通り心得ねばならぬが、経論儀軌により、これら配当が一定してい
ない(と言う事は異為儀軌があっても不思議ではない、考え方が色々あるという事になる)、主なるものの相対を下
記に記す。
大指(親指)     禅   空   キャ
頭指(人指し指)   進   風   カ
中指         忍   火   ラ
無名指(薬指)    戒   水   バ
小指         檀   地   ア
色々な作法に指の名前がでてきますが、上記を参考にしてください。
真言系の護身法や印は基本的には危険はありませんが、霊を招く印等は招かれた来た霊が災いをもたらすので
注意してください。


150 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 10:41
129で十分範囲を超えてるのでもう無理。

まあ、九字、護身なんかするもんじゃない。
君たちに教えたって、どうせろろくな事に使わない。
人間の品格を向上することが第一。

必要のある人は、ちゃんと教わるようになる。
教わったときには、すでにそんなもの必要ない。

>>147
>>148
>>149
放送局ハッケン!!
蛇?竜神? 動物すきなんですか? ヤッパリねえ。

151 : :03/12/14 10:48
>>150
ん?竜神さんと一言で言っても天の神の位の方もいらっしゃるわけで
ひとくくりにして馬鹿にしてると怒られますよ・・・。

152 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 10:52
素人はどうしたら学べるのだろう?修験の講に入るにもどうするのかわかりませんし、
ましてやその上の本旨本流となるとなおさらです。

153 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 11:14
何だ。知らないのか。
名称すら答えられないとは。

154 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 11:53
>>153
名称?どこに対して言ってるんだろう?
誤爆?

155 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 11:57
>>154
153は答えを貰えないんで、すねてんだyo

156 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 13:08
蛇→白蛇→白龍→龍神
このような経路に対して言いました。
こんなこと有るわきゃない。

位の高い龍神というのは元から高い。
蛇が修行してなったわけではない。

150の書き方わるかったか。すまん。

名称なんていろいろ。おんなじものでも、2,3種類名前があるのなんてざら。
これこれ、といったって じゃあこれとは一字違いますけど
どう違うんですか?といわれても、、、

同じ名称の違うものだってあるのだから、、、、


157 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 14:35
野弧→飯綱狐→銀孤→金孤→天孤って聞くけど、これは?

158 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 15:14
こういう時代だから必要以上にもったいぶる必要はない
秘することは大切だが過剰に秘してしまえば
人の魂をもけがしてしまう

六甲秘祝九字玄法とは
仏教系の日本でつくられた九字ではなく
神仙系の本来の九字法のことである

159 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 15:20
また三玄紫府剣眞法とは三天太上大道君
つまり日本で言う伊邪那岐大神が伝え給うところの
九字法とは別だが
しかし同系統ともいえる秘法である
以上の法に関しては
平田篤胤説くところの古神道=神仙道の秘密に則り
古神道系団体に今も伝わっている

160 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 15:23
護身神法については確かに式次第のみは
神道体系などの専門書には載っている
けれどそれを見たからといっても
実際にそれを行えはしないし
見よう見まねで行っても何の意味もないだろう

161 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 15:46
上の人の考えにある意味同感なので。
六甲秘祝九字玄法は、確か古神道オタクの大宮が『玄秘修法奥傳』で
記してたと思います。日本の古神道の九字の例みたい。
九字は晋代の葛洪の『抱朴子』に、「六甲秘祝」という呪文で登場する
のが歴史上最も早い記述ですが、これは「呪文を唱える」としか書いて
いません。ので、手刀でエイエイ切るのは、古神道にしても仏教にしても、
後世の付加物と考えるのが適当かと思います。
『抱朴子』の呪文は所謂「〜在前」ではなく、「前行」です。
「兵に臨みて闘ふ者は、皆陣列前みて行く」と、呪文を書き下すと「戦地」
に赴く様子を表している事から、古い時代の兵法かなんかの言葉かな〜と
個人的には思ってます。

で、ここで話題になってる「護身神法」ってのは、中世に吉田神道を復興した
吉田兼倶が、密教の護身法に対抗する形で作り出した神道式の護身法の事で、
前の方に出てた文献なんかや、某陰陽道系サイトの掲示板などにも載ってます。
呪文は「身体護身〜」という道教的なものですが、一部では「ヲノコロジマ」とか
「ヤヒロド」なんつー大和言葉を唱えるのが奥傳よ、という人達もいます。
が、記紀の類を読めば分りますが、日本は元来太陽や月は重視するものの、「星」
は然程重要視してなかったんですね。三貴子も「天照・月読・スサノオ」と、やはり
「日月」はあるのに「星」は入ってません。
にも拘わらず、例の「奥傳」では「日」「月」「星」と唱えます。
吉田神道が道教の影響を強く受けているのは明らかで、「星」が重要視されるのも道教
ですから、これの「護身神法」も、やっぱり道教的なもの、と言えると思います。
というのが、護身神法とか九字に対する私見です。

162 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 15:53
つけたし。
という訳で、実は「秘伝」ってのは文化的、或いは学問的に捉えてみると、結構その
真実性ってのはりいい加減なんですが、あまり「秘伝」に「惑わされすぎる」ことの
無いように、という意味を込めて敢えて「オカルト」じゃない視点から書き込んでみました。

世の中には「事実」と「イメージ」の間にかなりのギャップがあることってのが、
案外多いようなので。

163 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 16:07
>>158-159
解説ありがとう。
貴方は知ってるんですね。

164 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 23:10
これは勉強になった。ありがとう。

165 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 23:11
やれやれ 初伝を解説している人がいるよ。
自分が何書いたかわかってるのかなあ、、、、

死後どうなるか。それまでのお楽しみ〜。

>>161
勉強になります。もしかしてくまこの友達?

166 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 23:24
学問的にって言うばかりで実際の術の伝承にイチャモンつけるばかりでは、ナンにも面白くないですよね。
中世神道説で呪術的に用いられたものを、ただ後世の牽強付会とばかりで
実際の実用に即した行法への理解を示さないというのは、
現在の国文学にある中世神話の日本紀などは全く無視していますね。
神仏混合の世にあって、伊勢神道や吉田神道が神主仏従の「立場において
神道行方面を確立していったことは大変に意義深いものだと想いますよ。
ある意味でオカルトの意味にも即した神道説の発展に照らしてみても
初伝や奥伝を説くまでも無く、護身神法に込められた術の理を見て、
よりよく神道のあり方を見て行ける存在であると思います。


167 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/14 23:26
とびくまこハケーン!!
あんまり、お痛がすぎたらダメですよw

168 :sage:03/12/14 23:28
護身法と九字の法はどう違うのでしょうか?
孔雀王に書いてあったのは、ナニ気に真実なんでしょうか?

169 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/15 00:47
くまこさんって何方??どの辺にいらっしゃるんですか〜?
ちなみに私、ここへの書き込みは>>161が初めてです。

>>166さん
術自体にイチャモンつけるのが目的なんじゃなくて、「秘伝」とか「真伝」とか
言って「権威付け」られて一人歩きしてる「モノ」が、実はどんなものなのかを知る
のは大切なんじゃないかな〜、と言いたかったんですよ。
つまり、私が批判しているのは「術そのもの」ではなく、「秘伝」の言葉に傾倒してる
現代の「人間」の方です。そこは混乱しないで下さいね。呪術や祈祷ってのは、言わば
その宗教の集大成とも言えるものですし、それ自体を批判するつもりは毛頭ありません。
「秘伝」を知ってるコトが偉いんかい?と、ツッコミを入れただけです。

170 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/15 01:30
>>129
は護身用と攻撃型と言ってる時点で真伝とは違います。
真伝は一法のみで護身・攻撃共に自在。

171 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/15 07:55
>>170
貴方の真伝は自在なのね。
私のは細かい作法が多すぎて低級です。ヤルのめんどくさいです。

だから略伝しか使用してません。

九字なんて十数種類ぐらいあるので、使い分けが大変。
できれば一法のみの自在な奴、おせーて。簡単そう。

172 :ランボー:03/12/15 14:48
護身神法について議論が盛んになってきました。
密教で私に聞く事がおありの方は、ここでは迷惑をかけるので、お願いですから下記に移って下さい。
虚空蔵菩薩
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1019597351/

173 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/15 15:56
↑調子いい事を言ってるよ。
真言スレで散々スジ違いを書いてたくせに。
蛇→白蛇→白龍→龍神を説明して去って欲しいものですね。


174 :ランボー:03/12/15 20:45
>>173
そういう霊体に遭遇した経験を言ったことに対して、説明も何も無い、その通りだったから。
あんたに信じてもらいたくて書いたのではないので、去りはしないし、説明の要もないね。
経験したものは、自信があるのさ。
何も経験できないいら立ちかい。

175 : :03/12/15 21:44
>蛇→白蛇→白龍→龍神
こういうふうに名称が変わって進化(?)するかどうかは知らないが
神仏も修行して位が上がることはあるな。
屋敷神を勧請している家などで神仏の位が上がって屋内祭祀から地祀りにすることがあるのは
その為だしね。

ランボーさんが間違っているとも断定できないし名前が変わるのが嘘か本当かも
それぞれの個人の判断で・・・。
(竜神さんが化身として鯉や熊の姿をとることは見せてもらったことはある。)

176 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/15 22:23
おいおい 脳幹ぐらいしか機能していない蛇がどうやって修行するの?
そのあたりから説明してくれよ。

蛇の魂が修行するのか?わざわざ蛇の姿になってか?

まさか細菌やら単細胞生物にまで魂があるなんて、、、いわないだろうなあ、、
魂の有無の境目はどのあたり?

それに経験したからって自信があるんだとよ
ヤクチュウなんてしょっちゅう同じような経験しているだろうよ

去っても良いけど せめて書いたことの説明責任を果たして欲しいなあ、、、

177 : :03/12/15 22:45
>>176
動物霊としての蛇が修行すると考えているんですか?
そんなトンでも理論はワシは思いつきませんでした。
(そういう考え方する人もいるんですね・・・。)

眷属として蛇の姿をした霊体がいて、それが修行しているとワシは考えるんだけど
動物としての蛇や白蛇が龍になると思っているんでしょうか?おめでたい、おめでたすぎるううううう。

178 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/15 22:59
>眷属として蛇の姿をした霊体
この部分がわからないのだが?
手もなきゃ脚もない。なぜ蛇の姿をしなきゃいけないのだ?

179 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/15 23:11
ついでにもう一つ。
>竜神さんが化身として鯉や熊の姿をとることは見せてもらったことはある。
なぜに化身して他の動物の姿をとる必要があるのだ?
堂々と誰もが納得する姿で「竜神でっせ」とでたらよかろうに、、、

おめでたい頭なのでやさしく詳しく教えてくれたらいいのだが、、、

180 : :03/12/15 23:42
>>178
数日待ってランボーさんの意見がないようだったら答える。
>>179
本地の姿だと「人間が怖かるから」だと先生には教えてもらったけどね。
うちの親がそろって見せてもらった竜神さんの化身は頭の丸いトカゲの姿(ミニドラゴン)
だったそうだ。

勉強熱心なのと疑い深いのは紙一重だな・・・。
神仏から信頼されたらあなたに時期がきたらお姿見せてもらえるから
疑う前にご縁のある神仏に手をあわせて見なさいよ。



といってみるテスト。

181 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 00:06
175=177=180ですよねえ。貴方に聞いてるんですよ?

>>177
>動物霊としての蛇が修行すると考えているんですか?
動物の蛇は 動物霊としての蛇とは違うんですか?

脳幹云々は 動物の「蛇」が死ぬと「動物霊の蛇」になるのがおかしいと書いたんです。
本能欲しかない「蛇」が死ぬと、いきなりいろいろな悪知恵がはたらくのか。

「眷属の蛇」と「動物霊の蛇」は違うと貴方は書いてますね。
なら眷属さんはなぜ動物の「蛇」の姿でいなくてはならないのか?修行シニクイジャナイカ。

「人間が怖がる」?熊でも十分コワイ(w

飛行機を指さして ”あれはUFOだ!!人間が怖がるといけないから
JALって書いてるんだよ!!” としか読み取れないのだが、、
もうちょっと分かりやすくお願いしますよ。

疑い深いのはあたりまえ。
何でもかんでも自分の都合の良いことを無条件に受けいれる方がどうかしてると思うYO


182 : :03/12/16 00:18
>>181
そんな釣り方では釣れないなあ・・・。

183 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 00:28
はあ、、、

なるほどねえ、いや答えられない質問をぶつけたワタシが悪かった。
ゴメン、スマン、アヤマル。

184 : :03/12/16 00:39
>>183
いいよ、いいよ〜。好きなだけ餌撒いておくれ。

心配しなくてもいいよ。
あなたには神様も仏様かかわらないから。
(いくら神仏が好きでも神仏から見て好かれてない人にはまだちょっと無理だわ
それとなぜ神仏か隠身なのか判らないみたいだからね)

185 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 00:45
ん?なるほど貴方は好かれてるんですね?
さすが、盲信者はいいなあ、無駄な疑問が湧かなくて。

ワタシは別に神仏好きでもありませんし、嫌いでもありません。
そんな存在いるとも信じてません。

いるのなら何処に?ってすぐ思ってしましますからネ。
疑い深いんですよ。

単純っていいなあ


186 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 00:51
>>185
なんだよ、成り行き見てたけど釣り氏かよ(w
神社仏閣版で無神論者様がご苦労なこった。
来る板間違ってるよ、オカルト板へどうぞ。

187 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 00:56
神とか信じたいんですけどねえ。
誰に聞いてもまともな答えが帰ってこない、、、

ちょっと深く聞くと貴方には関係ない とか 知らなくてもイイよとかね
答えるのを拒否されるのよ。

どんな質問にも答えてくれる人がいたら良いのになあ、ここでは無理?

188 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 01:14
宗教って本来開かれたもののハズなのに、最近の宗教は「排他的」だからねぇ。
「信じない人来ないでよ」ちゅー唯一論でしか話が出来ないのは視野が狭すぎると思う。
「秘伝」知ってるのが偉い訳?っつーのと同じく、「神仏」信じてるのが偉い訳?と。
私は別に知識論者じゃ無いけれど、せめて「本当に神仏好きなら」学問的にも
神仏を「理解」しようとするのは、決して無駄では無いのでは?と思ったり。

まぁ、アジるのは私は好きじゃないけど。。。

189 : :03/12/16 01:49
>>188
>神仏を「理解」しようとするのは、決して無駄では無いのでは?と思ったり。
これは間違っていない。但し、神仏を疑って試そうとするのはすごく嫌われるんだよね。
神仏は筋道曲がったことが嫌いだからね。それと一神教での「神(主)」と多神教の「神」は役目が違う。
これが判っていない人が多い。

ワシのお世話になっていた先生も神通力があったけど、これを疑って試そうと思う人がいても
来れないんだな、これが不思議と話が立ち消えになる。
本当に困っている人はちゃんと先生に相談できるんだが・・・。

探究心は結構だが物事には筋道がある。目上の人間や神仏を試すようなことは筋違い。
だから怒られるまで行かなくても聞いても知らん振りされる。

190 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 02:13
>物事には筋道がある。
筋道がある様なカキコしてないじゃないかい。
経験したから仕方ないとか自分は学者じゃないから教相はいらないとか
力がないからダメだとか。普通の人を納得させれる方便も出来ないのは、何所かが
可笑しいよ。

191 : :03/12/16 02:39
>>190
それではなぜあなたは神仏に直接聞かない?
そもそも存在を疑っているから神仏に心の底から祈願したことや本気で問う気がないんだろ?
掲示板や書物から知識として仕入れているだけジャン。

もし本気で聞いたことがあるならスマンそのときは謝るよ。

192 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 03:08
>神仏を疑って試そうとするのはすごく嫌われるんだよね。
でもねぇ、護身神法の「事実」を述べただけで「イチャモン」扱い
されるような人達が大勢いるみたいだしねぇ。
素直に「そうなんだ〜」と生きる方が無理だと思う。
いや、これだけ混沌としてる世の中では「これが真実だ!」みたいにズバっと
言われちゃうとその「声」に従ってれば善いわけだから、楽だし心惹かれるのも
分るけどさ、私は「自分で考えながら決めてく」生き方の方が好きね、というだけ。

ここでも紹介されてた宗源サイト、神道奉じ者達からは随分買われてるみたいだけど、
この前のイザコザの時のやり取りなんて、第三者から見りゃ「神を都合の善い様に
利用してるだけ」にしか見えなかったし。
そ〜ゆ〜の見てるとやっぱ、何の疑いも無しに諸手を挙げて「神様仏様」を信じ込むのは
抵抗あって普通だろう、と思ったり。

193 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 03:11
文章変だね。
>でもねぇ、護身神法の「事実」を述べただけで「イチャモン」扱い
>されるような人達が大勢いるみたいだしねぇ。

「されるような人」→「するような人」の間違いです。訂正しま〜す。

まぁ、個人で信仰する分には構わんけど、「神仏はいるのが絶対正しいんだ」
みたいなニュアンスでかかって来られるとちょっといやん。
世の中、自分が真実と思ってても実はチガウ事も多いわけで。神様仏様はじめ
霊やら呪術やらなんてのは、「その人個人の世界観」で完結させるべき問題だと思ったり。

194 :九曜:03/12/16 06:45
人が神仏を疑って試すのは当然だろうな
だからこそキリストは神を試してはいけないと
悪魔つまり自分自身の疑心と問答したのさ
しかしそれこそ実は
神が人を試しているのだ
ヨブ記にある通り
神は信じるものこそ苦しめ試すからな

195 :九曜:03/12/16 06:54
護身神法の「事実」とかいうがな
表面的には密法や道教の影響剽窃ともいえよう
しかしその密法も道教も当然それ以前の宗教行法から
その影響を受け剽窃しているのも道理というものだ
そういう考え方をするのならば文化を否定し
オリジナルというものはほぼ無くなってしまう
人の集合的無意識から生まれたとしかいえなくなる
その集合的無意識こそ霊界であり幽冥界なのだ
そして人の心こそ神なのだ
心とは神なりと吉田兼倶公は喝破しているぞ

196 :九曜:03/12/16 07:03
宗源道のサイトとドキュソ宮司の争いを云々言うが
あれは宮司の非常識に端を発したもので
神学論争ではなかったな
事実ひみつとかいう男がドキュソ宮司の掲示板で
これは人間としての話だと喝破していたな
ひみつとかいう男もあてにはならないがな
どちらにしても悟り済ました振りをするよりはマシか

197 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 07:59
>>189=191
結局 盲信君でしたか、、、残念だなあ、、、
神仏は正しい=師匠は正しい=自分は正しい の三段飛び?
神仏は正しいかもしれないが、見極めはどうするの?
身内でのサニワか?
ちなみにどの様な神仏さんとつながっているの?
教えてくださいマセマセ。

198 :会奉行:03/12/16 08:32
>>161
『玄秘修法奥伝』のは略伝です。
六甲秘祝玄法九字本伝ではありません。
又、三玄紫府眞神指活切法は空中を何度も何度も刀印で切りつけます。修するときは○○もしますし、身の○○も決まっています。
又、九字は足の○○○○○にも口伝がありますが、これはいかなる書物にも記されておりません。
真伝は世には知る人は希ですが、多くは誤伝しています。
「○○○の秘事」が○○○という団体に流れても誤伝している為に全く効験がなかったのと同じです。
各種真形図等も相当漏伝してますが・・・
私は宮○神仙道の伝を真伝と思ってます

199 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 08:51
>>198
つーということは君は神仙道士?本部時代の?

200 : :03/12/16 08:51
>>197
信仰心がないのを自白している人に信用しろって言うのは無理でしたね。
ドウモすいません。私が馬鹿でした。

201 :九曜:03/12/16 09:00
山雅房の宮地神仙道叢書に
九字の足のことも書いてあったがな
だがそれは六甲秘祝の真伝の口訣であって
九字切法の口訣ではなかったのでは

宮地神仙道のものは真伝だとは思うが
それのみが真伝ではない
仏界のものもあれば天狗界のものもある
天切る云々も一つの真伝だ

202 :会奉行:03/12/16 09:01
○知○の○台山の○○○本部をご存知な方が2ちゃんにもいるんですね・・・。

203 :会奉行:03/12/16 09:20
>九曜さん
あまりヒントをさらすのは・・・。ですよ。本に足は○○○○の義にするというのがありますが先ず○○○のですよ。
あまり語るのはマズイですが。

204 :九曜:03/12/16 09:20
いわゆる九字を桝目に切る法だが
あれは本来九字の呪とは別物だ
あれは籠目の呪法
海人族に伝わる目無籠
倭姫が伊勢に張った次元を超えた結界
菊理媛の呪法なのだよ
伊勢と白山が同一子午線にあるのも通理さ
抱朴子で九字がでてくるのも
入山するときに使う呪
禹歩も同じ
つまり異次元に移行する呪なのさ
その二つを日本で組み合わせたのが
現在伝わる九字さ
だから呪が前行から在前に変ったのさ
白山の泰澄あたりの修験が神懸ったんだろうな
人の作れるものではない

205 :会奉行:03/12/16 09:25
三玄紫府なんかは○○○にも漏伝してる筈です。
伏せ字が多くて恐縮です。
このスレはこれにて失礼いたします。
さようなら。

206 :九曜:03/12/16 09:26
会奉行殿

貴殿も危ういな
宮地の連中は既に危惧しているぞ
俺のように陰陽の流れを汲むただの術者なら別だが
宮地系統の人間なら注意しないと
おせっかいな奴らがいるからな

207 :会奉行:03/12/16 09:54
>九曜さん
ん?どういう意味ですか?
気になりますね(笑)
まぁ私なんか何を知っているという訳でもありませんよ。
そういえば、某出版関係の社長さんとかが壮絶な伝書の取り合いをしたらしいですね。
決着は知りませんけど。散逸しないで何処かで命脈が続くことを祈ります。
スレ違い失礼しました。それでは!


208 :ランボー祭り:03/12/16 11:05
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー

209 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 13:02
なんか、ズダーっと、第三者から見ればカルトそのものな話が・・・
一応宮地神仙道だろーと真言宗だろーと天行居だろーと、どこが「優れてる」とか
下らない話には興味が無い、という意思表示をしたとこで

>そういう考え方をするのならば文化を否定しオリジナルというものはほぼ無くなってしまう
いや、別にオリジナルを求めても如何し様も無いのですよ。何度も言いますが、私は吉田神道の教理それ自体を
批判するのではなく、ぶっちゃけ密教と道教のちゃんぽなのに「純粋無二の唯一の道」と主張する兼倶を、今でも
信じ続けてる、私から言わせれば「目の覚めてない」人の多い状況を批判してるんです。
これは吉田神道に限らず宗教全般にいえます。但し、宗教の本質が「何かに絶対的にキエするもの」だとすれば、
幾らこんな事を言ってみたとこで無意味なのは目に見えてる、とも思いますが。
オリジナルってのは起源を意味する訳で、その点で「宗源」を冠する吉田神道が「道教と密教の影響大」
ってのは、何ともアイロニカルだな、と。

>集合的無意識こそ霊界であり幽冥界なのだ
それは「集合的無意識」であって、「霊界」でも「幽冥界」でも無い、
というのが一応オカルトじゃない人達の立場なので(汗)

>私は宮○神仙道の伝を真伝と思ってます
この言い回しは非常に評価できますが、できれば文頭に持って来て頂きたかった。
でもねぇ、『格○○○』やら『○書』なんてのも簡単に入手できる訳で、
内部伝書の類がこれだけ世の中に流れちゃうと、何とも大変だろうなーなんて。
それこそ誰かが言ってたように、もったいぶってるダケじゃ無理な時代だろうな、と。

さてさて、カルトな話になって来たとこで、私は静観しますかね。

210 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 13:10
あ、ひとつだけ。
向こうの掲示板の話ですけど、そもそも自分のサイト紹介を他者の掲示板でやるのが
気にくわねーっつーガキな「鬱憤」から始まった話だ、ってのが本質だと私は思いますね。
時に「荒魂」も必要だ、なんつーのは罵詈雑言を吐く為の方便以外のナニモノでもなし。
「お前は神職として不適切じゃー」なんて言い合う水掛け論には、正直目を背けたくなりますね。
あの掲示板では最近しばしば「デムパ」という言葉が使われてますけど、私からすれば
「同じ穴のムジナ」です。同士の輪の中でぬくぬくしてても、外から見りゃどうだよ、ヲイ、と。
あぁ、ひねくれてるのかも。

211 :九曜:03/12/16 13:19
小知で理屈付けて納得できる程度の者には理解は無理か
集合的無意識と
ユングが名付けざるを得なかったものの正体こそ
古人が霊界とか幽冥界と呼んでいたものだ
おまえの理解力は大槻教授レベルだな
肝心の理論自体がずれている

宗源道は卜部家伝がベースになっているのであり
そこには密教伝来以前の原神道説があったのも事実だ
三教枝葉果実説は=万教同根というだけでないし
宗源の宗とは宇宙創造以前の元神を明らかにすることであり
源とは一切の人間のつながりを明らかにすることだ

おまえは字面にとらわれて真義が見えない芽倉だ
浅いんだよ
理解が
それを言うなら漢字を使っていれば
全て中国の影響を受けているのか?
おまえの理屈はそういう屁理屈だ




212 :九曜:03/12/16 13:26
もう一つ

あのサイトが揉めたのは
ドキュソ宮司が自分の掲示板から去った御仁を
ストーキングしてきたことが発端だろう

そのあとの騒動は皆がワルノリしてたがな
それにそんな木っ端サイトと
宗源道や天行居や真言宗の存在意義を並べて語るような
おまえの雑な主観を垂れ流すほうがよっぽど見苦しいな
借り物の知識で不可侵の聖域は崩れんな
もっと勉強してくだらん宗教を吹き飛ばせ

だいいち興味ないという割には
チェックを欠かさないおまえの心理分析は
言わぬが花だろうな

213 :九曜:03/12/16 13:47
格神講伝書の類は口伝が抜けてるのは基本
修行に行って初めてそれを教えられる
口伝もたいしたものではないがな
寿書など他山の石として参考資料にしているだけの
文献の寄せ集めに過ぎんな

おまえも良く勉強しているようだが
女で例えてやろう、玄牝だからな
あの女はバスト何センチでどこの学校を出てとか
枝葉の知識で満足してないで
もう一足踏み込んでその女を抱いてみろ
密法の奥義も神道の奥義もしょせんそれだ
小宇宙と大宇宙の合一にすぎん

214 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 14:51
  ∧_∧
  ( ;´∀`) <やべっ、ちんこたってきた
  人 Y /
 ( ヽ し
 (_)_)

215 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 15:26
 なんで龍神が熊になるのよ、鯉はなんとなくわからんこともないことは
ないが、もっと教えて。イイことしてあげるから。

216 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/16 17:15
だめだよ、今竜神放送局、狐ブースター経由で受信中なんだから。
そっとしておいてあげてね。
受信が終わったら、またみんなの為になるお話が聞けるはずだから、それまで待ってようよ。

217 :名無しさん :03/12/16 17:23
 ∧_∧
  ( ;´∀`)
  人 Y /
 ( ヽ し
 (_)_)

218 :ランボー祭り:03/12/17 13:23
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー
ランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボーランボー




219 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/17 23:05
この頃つまんね、、
で結局どれがほんとナノ?

220 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/19 12:22
神道系は学ぶ人も少ないからレスがないってことか?古神道は山田氏のばかり読んでたので
このスレは目からうろこものだった。

221 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/19 22:22
天切るってやつ なげーんだけど略伝ってない?早切りとかも?

222 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 23:08
んー レス止まった。
これにて終了、、、、でっか。
まとめ
九字神法などまともにつかえる人は存在しない でOK?

223 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/25 23:34
>>222 いるよ。高知県
物部村にまだ生きてるよ。太夫が生きてるうちに習っといたほうが
いいよ。森林組合じゃ若手は常時募集だから滞在費はなんとか
なるよ。コ振動なんて国学以前にゃなかったんだから、こっちの方が
古いよ。

224 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/26 12:48
仏法は2ちゃんでも知ることが出来るけど
神法は2ちゃんでは出ないんだろうな〜

225 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/26 17:50
>>224
なして? 絶対数の違いですか?それとも違う理由?

226 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/26 18:02
ウシロウシロウシロウシロウシロウシロウシロウシロウシロウシロウシロウシロ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /!   ,.::'::::::::::::::::::::::::::::::ヽ            ヽ、:::::::::::::::::::::|
     ,.イ  | /::::::::::::;: ‐''"´ ̄ ̄``'、ヾヽ     ,,..      `''‐、_::::::::|
      /::|  レ':::::::::::/      ___. ゙、、_ノ7/,/::(_      ,. -‐''"::::i
     ,'!::::!  ヽ:::::::/       ,.ィ':::::::::::゙,``'i、;;;;ノノハ;__::::`‐...,,_', \::::::::::/  
    .!|::::::゙,    \    /   !::::::::::::i.  |/   /ヘ'''  '=、-、ヽ ヽ:;ノ、  
    l l::::::::ヽ    `''‐-r'′   l:::::::::::::| l7    /    ̄     /rへ,i 
    .i '、:::::::::\     |     |:::::::::::::| !  _,.`         /f i } ||. 
    ゙, ヽ::::::::::::`ヽ.、_,l     !::::::::::::;' / `トヽ ̄         /ィ ノ ,.ノ 
     ヽ \:::::::::::::::::::/     /:::::::::::// ノ/ニニ二ヽ      /、_,.r'"  
      \  `ヽ:、:::/   /:::::::::::/ /_``   'ゝヽ    /        
       ` 、,../    ,/::::::::;:∠-‐'′ ``'ー-‐'゙`   ,. /
            ` ‐-;-'--‐ <.  ヽ、       ,.. - '" /    
__ ,,.. -─一¬ヾ´ヽ、;;;;;;;;;;;``;;;.、 `''ー---‐ ''"´   /ヽ、  
   このレスを見た人間は十三日以内に死にます。
     ※あなたに訪れる死を回避する方法が一つだけあります。
     それはこのコピペを一時間以内に7つ、別のスレに貼り付ける事です
     ごめんなさい。死にたくないんです。
________________________________
ノロウノロウノロウ呪ウノロウノロウノロウノロウ呪イノロウノロウノロウノロウ呪


227 : :03/12/26 19:46
>>226
こんなもんで死ぬかボケ

228 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/26 22:17
いやいや 何処かワザと間違えてコピーしてるので
ビデオテープをダビングしても やっぱり一週間後に死ぬんだよ。マジで。


229 : :03/12/26 22:22
>>228
何年も前に不幸の手紙もらったけど破いて捨ててやったわ。
だけど、まだ俺死んでないよ(笑)

初めに不幸の手紙送った奴やこんなAA作った奴の徳がなくなって損するだけよ。
あほらしい。

230 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/26 22:56
そういやこんな話思い出した。

結婚直前まで行った女性が、他に女つくって婚約破棄した男に対して
恨み辛みを書いた手紙を送った。
内容がかなり怖く青ざめながら読んでいた男、最後の文句に大爆笑。
「祝ってやる!!!」 どうも「呪う」と間違えたのらしいが、、、

結構有名な話?

231 :ランボー:03/12/29 09:36
>>226
いやーーー!
貞子ならね、貞男ですか。
この手は得意なので、どんどん呪ってください。
銀行より多い利子をつけてお返しします。

232 :ランボー:03/12/29 09:40
>>226
のうまくさんまんだ ぼだなん あばらてい かたしば のうなんだ したおん ぎゃ ぎゃ ぎゃ しぎゃ しうん 
うん しばら しばらばら しばらばら しばら ちしゅた ちしゅた しゅしりしゅ しりはばった ばはった 
せんちぎゃ しつりえい そわか

ウシロウシロウシロウシロウシロウシロウシロウシロウシロウシロウシロウシロ  
このレスを見た人間は十三日以内に死にます。
最初に書き込んだ者

のうまくさまんだぼだなん いしゃなや そわか
のうまくさまんだぼだなん いんだらや そわか
のうまくさまんだぼだなん あぎゃのうえい そわか
のうまくさまんだぼだなん えんまや そわか
のうまくさまんだぼだなん ぢりちえい そわか
のうまくさまんだぼだなん ばろだや そわか
のうまくさまんだぼだなん ばやべい そわか
のうまくさまんだぼだなん べいしらまんだや そわか
のうまくさまんだぼだなん ぼらかんまねい そわか
のうまくさまんだぼだなん びりちびえい そわか
のうまくさまんだぼだなん あにちや そわか
のうまくさまんだぼだなん せんだらや そわか




233 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/29 23:47
>>223

どこですか?

http://www.mapion.co.jp/c/f?el=133/52/50.970&scl=500000&uc=1&grp=all&nl=33/41/45.270

234 :名無しさん@京都板じゃないよ:03/12/30 12:17
http://www.yuuki.ac/tawa/tawa-r03.html#01

本物のチェーンメールもあるらしいぞ。

235 :ランボー:03/12/30 15:44
>>234
フムフム!恐がる必要もないようですが。
とりあえず、消災対策をしておきましたので。

>>232 は効くから恐いですが。心得違いをしたら。
    是を板に書き込んで入魂したものを、ある僧侶が是非下さいと言うのでさしあげたのですが、それから
    1年位たった時、とつぜん毘沙門天王が降りられて、事もあろうにあの板を足蹴にして割ってしまった。と
    言われたのです。そして、態度が悪いので、その足を捻ってやった。とおっしゃるのです。
    間もなく、その寺に行く用事ができたので行ってみたら、その若い僧侶は、びっこをひいていました。
    その後、仏に見放されるということは恐ろしいもので、婿養子に入った院家の座も剥奪され、追い出された。
    毘沙門天王をお祀りしている寺でそのような心得違いをしてはいけませんね。池もある寺なのに。

236 :Humility:04/01/03 09:37
これを書いている人間の表現で読まれて下さい。

http://www.ebank.co.jp/ 下記神の費用に御使用下さい。
支店番号 203 口座番号 1507190 ログインパスワード 123456789
振り込み入金口座 みずほ銀行 集中第一支店 支店番号 822
普通預金 口座番号 9496639 受取人名 イーバンク銀行

護身に謙遜致します。

http://www.ebank.co.jp/ 護身に必要な費用を御使用下さい。
支店番号 203 口座番号 1507190 ログインパスワード
123456789
振り込み入金口座 みずほ銀行 集中第一支店 支店番号 822
普通預金 口座番号 9496639 受取人名 イーバンク銀行

国家資格所有者でストレスがなく時間の余裕があり能力に自信がある御方は、全ての政府の御方々の心を察し確認し国家資格の学術に従って理想の護身に致します。

新郎田代広義新婦上原多香子婚姻夫婦家族親族遺族地球文明一同

237 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/04 11:18
つーかマジで呪いを返す方法知りたい。
仏教で呪われて警察に誤認逮捕されて10日間拘留された人がいる。
目撃した人の話によると、仏壇にビッシリと お札があって、不気味だったそうです。

238 :ランボー:04/01/04 12:15
>>237
残念ながら、無理と思います。
相手はお札を作って呪っているようですので、貴方が加勢したことが相手に知れると、貴方も呪われるから
注意をしてください。
呪った人に、その効果があったように見せないのも手です。効かないのかと思ってあきらめさせるのが良い
のですが。
呪術の本はたくさん売っていますが、その通り試してみましたが、効かないのがほとんどです。
私の場合は、護摩を使いますが、それをするのは不可能でしょう。
在家と仮定して、心経と不動明王の呪を繰り返し唱え、お願いするしかないと思います。
相手が恨む心のパワー以上の情熱で。

239 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/04 16:27
なるほど ランボー氏は本を読んでそれを試すんですね?

それでもプロと言えるですね。イイ時代だ。

240 :ランボー:04/01/04 17:14
>>239
> なるほど ランボー氏は本を読んでそれを試すんですね?
> それでもプロと言えるですね。イイ時代だ。

意味がお分かりで無いようですね。
私はそういう巷の本を有る程度買って見たり試したりしています。
相談にこられた方がはまりやすい弱点を指導してあげるためです。
世の中で何がどうなっているか分らずに相談をうけれません。
医者だって、患者がどんな民間療法をしていたかよく聞き調べて精神的にも患者に納得安心させて
処方するのがベストと思いますし、そうしているお医者さんが増えてきています。
素人が陥りやすいところを差蹴り、結果をまとめていることが、そんなにおかしいですか?
そこまで配慮するのが、プロなのですよ。
お分かり?

241 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/04 22:05
>>239の書き込みは、
私には医者のように難儀な国家試験をパスして初めて「医師免許」を
得られる客観的システムが確立されている状況下で言う「プロ」と、
自己の鍛錬と独自の修行という、非客観的状況で、わざわざネット上の
掲示板に出てきて「プロ」を自称する僧侶?の方とのチガイを揶揄した
書き込みのように思えましたが。

第一>>237はネタでしょう。それをマジで受け止めるハマリっぷりは、
正直恐いです。

242 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/04 23:24
本を読んだあるいは見た段階で間違いがわかると思うのだが?
試さないとわからないものなのかなあ。

まあ人それぞれ。試して効くのありましたか?

243 :ランボー:04/01/05 09:59
>>242
一部訂正したら、効くものありました。
私は、自分で試してから事の良し悪しを考えるようにしています。
憶測だけで判断すると危険を伴う事があるので。
効かない原因を確かめ、相談者がやっていた事について、これこれで効果が無かった、そればかりか、こう言う
訳で、邪霊が集まり、貴方が辛い目にあったと、諭すことも大切なのです。

244 :237:04/01/05 14:50
とりあえず、ありがとう。
掲示板で困っている人がいたから聞いただけ。
ネットだから呪われることもないだろう。

245 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/14 10:59
ヘタレイラネヘタレイラネヘタレイラネヘタレイラネヘタレイラネヘタレイラネヘタレイラネヘタレイラネヘ
_____________________________
                      _/´   _, - ――‐-、 、    ヽ、
テリーのレス             _/´ /_, - ――‐-、 、   ヽ 、 i
         _,, , ,,,_ _ ,,,_ _,,, _   | //  /ー'^-ヽ ヽ\    \i
       ./   ,.::'::::::::::::::::::ヽ   |/_/| | | | |   || || || | |\    |
      /!   ,.::'::::::::::::::::::::::::::::::ヽ Y || || || ||    | || || || | | \  │
    ,.イ  | /::::::::::::;: ‐''"´ ̄ ̄``'、レレレレレレ   リリリリリリリ! /
    /::|  レ':::::::::::/      ___. ゙、、_ノ7/,/::(_      | | || || |
    ,'!::::! ツ r       ミ゙''ヾ:::::::::゙,``'i、;;;;ノノハ;__::::`‐...,,_', リリリリ
   .!|::::::ツ,'"      入 ミ;;; ,,'{、::::::i.  |/   /ヘ'''  '=、-、ヽリリリ 
   l l::::{r''     /・ノY     }::::::::| l7    /    ̄     /rへ,
   .i '、}派 ゝニ・ナ ,ノ | 州イ!!}::::::| !  _,.`         /f i } ||
   ゙, Iiii;;; 弋ー-〜~ ノ ''” ;;/::::::::;' / `トヽ ̄         /ィ ノ ,.ノ
    ヽ ゝ、iiiii ̄ ̄^  ;;; ,ノ:::::::// ノ/ニニ二ヽ      /、_,.r'"
     \ ゝ、iiiii ̄ ̄^  ;;; ,ノ::/ ヽ_``   'ゝヽ    /
      ` 、,../    ,/::::::::;:∠    ``'ー-‐'゙`   ,. /
           ` ‐-;-'--‐ <.  ヽ、       ,.. - '" /
   ,,.. -─一¬ヾ´ヽ、;;;;;;;;;;;``;;;.、 `''ー---‐ ''"´   /ヽ
このレスを見た人間は十三日以内にルイーダの酒場送りになります。
 ※あなたに訪れる悲劇を回避する方法が一つだけあります。
 それはこのコピペを七日以内に一つ、別の?スレに貼り付ける事です。
 ごめんなさい。冒険したいんです。
_____________________________

タレイラネヘタレイラネヘタレイラネヘタレイラネヘタレイラネヘタレイラネヘタレイラネヘタレイラネシネ


246 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/14 19:12
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434028146/qid=1074074833/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-3434607-9833122
最近見たけど、この本は、どう?

247 :ランボー:04/01/14 21:09
>>246
見ていないで(内容を)言うのは悪いんですが、密教は弘法大師によって完成されたと、自分
なりに解釈しています。
チベットは原始密教と解釈しては、いけないのだろうか。
貴方は読まれていかがでしたか?

248 :246=某スレ919:04/01/15 01:33
ランボーさん、問い掛けですか。
確かに、密教は、空海で完成されていると思います。
金胎両界あるのも日本の密教のみでしょうし。
歴史的に言えば、チベット密教は、後期密教の流れを汲んでいるのですが、原始密教というより、長きに渡ってヒンズゥーとの融合の度合いが高いせいで、かなり違った印象を受けます。
どちらもインドを起源としますが、雰囲気が違います。
私は、在家であり、密教学なんてものを全然知りませんが、(よって、ここに書く知識もあやしいですが)入門は、空海の十住心論 辺りから入っていますので、馴染みとしては、日本の密教の方が馴染みやすいです。

読んでいて思いますのは、防護法が十八道と似ているなと感じた事と、タントラに傾き過ぎているなという感じですか。(浅学なので、比較をするなんて事は、出来ません)
あとは、祈り難いという事ですかね。 多分チベットという文化体系が体の中に無いと成就し難いと思います。
多分祈っても感応しないと思います。


249 :ランボー:04/01/15 08:31
>>248
はい、そうです。紹介して頂いた本の表紙しか見ていませんでしたので、よく分りませんでした。
それについてお答えいただき、有難うございます。
たぶん、私も読んだら貴方と同じような受け取り方をしたのではと思います。
なぜなら、感覚の問題なんですが、過去にチベットを紹介していた本の一部や、テレビなどを見た
感じでは、自分の波動と合わない違和感を持っておりました。
ただ、チベットの僧たちが、今の日本に有る密教の合理性の有る体系的な修行法をおこなった時、
皆すばらしい僧になるのではと思っていました。あれだけ謙虚にひたすら努力する修行に向かう
彼らの姿勢には、頭が下がります。
貴方のご意見、参考にさせて頂きます。

250 :某スレ919 :04/01/15 23:32
行者さまの、ランボーさんに言われると恐縮します。
私は、単なる一般人ですので、日々真言の行を修されている方の意見というのは、滅多に聞く事がありません。
それで、こういう機会というのは、得がたい事であると思っています。

チベットの僧侶の方との交流が盛んになると、チベット密教も、もっと盛隆すると思います。


251 :ランボー:04/01/16 08:01
>>250
そうですね。日本も宗派を超えて効率の良いものをおたがい取り入れて、互いに研鑽
すると、本当の仏教が花開くと思うのですが、宗派のエゴとか、暢気にやって行きたい
とかの心が妨げになっているようです。
下記のところでは、少し過激な人格で(最初とても歓迎されたものですから)書き込み
をしています。
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1068575803/

252 :某スレ919:04/01/17 00:38
笑 某スレ919という某スレは、そちらです。
我が家も、もともと他の宗派ですが、はっきり言いまして困った時 役に立ちません。
宗派そのものが、悪いというより問題解決に至るまで、難しい仏教の教えというのが、学ぶ余裕が無かったですね。
そういう時、密教系の僧侶の方に祈って頂くと心強い感じを受けます。

それで、密教の本を読んだりしています。
こちらは、護身神法のスレですが、なにか人の念や、その他から身を守る方法というのは、ありますか?
真言で言えば、護身法よりその後の結界や、その他の方が効果があるように思えますが。

越法なら、特に教えて頂かなくていいですよ。
宜しくお願いします。

253 :ランボー:04/01/17 07:47
>>252
なにか人の念や、その他から身を守る方法というのは、ありますか?ということですが
順序良く修行して力を付けてゆくしかありません。
基本的な力が無くては、なにをやっても効かないからです。
特に人の念=生霊 は今来ている生霊を返しても、別の生霊がやってきます。
それは、よからぬ念を発している者が呪い続けると、どんどん生霊が出来続けるからです。
私自信も、油断をすると生霊にやられます。
護摩を焚く事ができ、添え護摩木の祈願が確実に効くだけの力を必要とします。
ただ、有る程度軽減することは出来るかもしれません。
私は越法という考えは持っていません。大日如来にそう教えていただいたからです。
教団、宗派の利益を守るための方便と理解しています。
ここはスレ違いになりますので、
>>251 に色々書き込んできていますので、参考になればお使いください。

254 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/17 13:12
これは検証したの?

http://www5a.biglobe.ne.jp/~kongen/noroi.html

255 :某スレ919:04/01/17 23:49
>>253
そうでうね。 ありがとうございます。
自分なりに力をつけないと、どんなものも効果が無いというのは、納得です。
よく ある明王様の真言と誦していますが。

ランボーさんでも油断するとやられる可能性があると聞いて、ちょっとびくりしています。
行をするしかないのか? と思っています。

256 :ランボー:04/01/18 13:24
>>255
出来るだけ人とのトラブルを避けることが大事と思います。
成り行き上、御真言集スレでは、摩擦が起きてしまいました。
結構な生霊で、修行の浅い者でしたら、あのレスで書き続けれないと思います。
物を作るときの情熱より、破壊する時の怨念のほうが大きいエネルギーとなるのは、人間として
悲しいサガと思います。
たとえ、匿名であっても、それが2chのスレであっても、摩擦は得をしませんので、注意が必要です。

257 :某スレ919 :04/01/18 16:36
ご教示、ありがとうございます。

生霊といいますか、念は、他の掲示板で感じております。
少しやられ過ぎました。 ですので、書き込みは、温和なスレに書き込む事にしております。

掲示板でもそうですが、現実の生活の中における生霊の方も、もっときつく感じます。
神仏に祈ったり、自分で力を補ったりしてなんとかしていますが。。

強い念を含んだ書き込みは、それが返るとどうなるか、多くの人は、分かっていないのでは、ないでしょうか。

258 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/18 17:39
>>256>>257
ためになるいい話ですね。ありがとう御座います。
私も少々感じ取っています。
皆に教えると良いでしょうが、アレルギーが居るからね・・・。

259 :ランボー:04/01/18 18:10
生霊は死霊よりくせが悪いかもしれません。
身に余ることがありましたら、お声がけ下さい。少しはお力になれると思います。
ただし、何らかの名前を付けていただいて、年齢、性別が必要です。
膨大な数の生霊と戦って(霊界の雇われ戦士ですから)、その対処法がわかりました。
しかし、相手が生き続けて呪っている以上、無限戦争になります。
この方法は法力がなければ、効果が出ずらいのです。ご注意の程を。

260 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/19 02:51
>>259ご親切ありがとう御座います。

261 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/19 10:48
ここは一応「護身神法」について語るスレなんでもう少しそっち方面に絡めてほしいな。



262 :ランボー:04/01/19 19:09
>>261
失礼しました。ついついで書いてしまいました。
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1074377264/
で書き込んでいただければ、幅広くお答えできると思います。
「護身神法」について、私は素人ですので、宜しくお願いします。

263 :某スレ919:04/01/19 20:37
>>259
ランボーさん、お気使いありがとうございます。
また宜しくお願いします。

>>261
すみません。こちらから振ってしまいました。
護身神法とチベット密教を絡めて、よく効力があるようなやり方を聞こうと思っただけですので。
そういう意見が出るのは、もっともだと思います。

264 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/29 08:03
レスがとまったなあ、、、
ここいらで少し、、、

「護身」の意味
1 文字通り 護身術の護身 他からの攻撃に対して身を守る
2 自分自身の身をより堅固にする 身を保つ 完全体を目指す 

以上二通りの意味があるんですよ
よって「護身」神法にも二通りあるんです
1の方法は上のほーのレスに良い感じのがある
2の方法は ちゃんと師を持たなければ教えて貰えないんじゃないかな?



265 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/19 05:52
初重 根本印
二重 八府印
三重 日輪印
四重 月珠印
五重 七星印

266 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/25 10:08
>235

人間の行動に介入する辺り高くても中級霊と言った感じだな。

267 :クリ坊:04/03/28 12:38
活字で出てるのはなぜ本物じゃないの?底本も書いてあるのに?

268 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/30 12:55
>>267
ここにもいたの?
ユダヤ信者。アフォはオカ板へ逝ね。

269 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/05 10:14
>>265
その初から五までの文句を全て掲載してください。くれぐれも抜かないように。

原書房から出た結界法の本は間違いのない内容なのか?あれも護身でしょ?

270 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/05 10:33
全ての神法の上を行く十言のかじり
「あーまーてーらーすーおーほーみーかーみー」を至誠を持って
唱えれば(毎日15分)1ヶ月もすれば必ず、何らかの変化がある
この他の方法は必要ないと私も思っているぐらいであります。
これは、天照大御神の神名そのものが、全てのものを超える事に由来
しているので是非ともお試しあれ

271 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/06 14:16
>>270
自分の声を聴く眉間鎮魂法だからな。

272 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/06 15:13
それはいいから、初重くらい教えてよ。

273 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/06 15:48
姫始めの事

274 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/08 22:03
護身神法、初伝の文言くらい教えてもらってもいいと思うんだけど・・・。

275 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/08 23:56
>>269の教えろといわんばかりの、勝手な注文の付け方が感じ悪いから誰も教えないだろう。
何で全文教えてやらねばならんのかと思うだろし。

276 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/09 15:17
ということは、意外に皆知ってるの?

277 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/09 15:27
正解

サヨ崩れのヒッキーが文献漁って護身神法晒してます。
掲示板にはここで有名なひみつ氏の解説有り。

http://www5c.biglobe.ne.jp/~jirihon/juhou/goshin.html

278 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/09 18:54
知らなかった。
ところで、「オン、サラバタタ、ドシャコク」って何の真言?

279 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/11 19:29
>>203
買ったけど引くんじゃなくて出すのか。

280 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/11 21:01
そのへんが口伝てやつだろう。
関係者だけの資料もあるようだし、細かい注意点は師から習わないとどうにもならんわな。


281 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/12 07:16
どこのレスよ

282 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/14 22:57
関西のそこそこ有名なある神社に深夜御参りに行ったのですが、その時拝殿の前からとても素晴らしい祝詞の声が聴こえてきたのです。
私は女一人だったもので遠くからその声に聴き入っていたのですが、月明かりの中でその方は段々と光輝くような感じがしてきました。
あまりの神々しさに思わず頭を下げて一緒に拝ませていただきましたが、その方は祝詞を終えるとゆっくりと少しすり足で神社を後にされました。
数日後ある掲示板を拝見したところ、その日の夜になんとひみつさんが、その神社に修行に来ておられたとのことでした。
私がお見かけしたのはひみつさんだったのでしょう。
ひみつさんを御見かけしたのはその日だけでしたが、あの姿の神々しさは今でも忘れられません。


283 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/15 12:49
吉田神道が密教護身法に対抗するために、護身神法を作ったのはよくわかったが、
実際のところ、その護身の効果はいかほどなのか?
また、印をつけずに、ただ読経するだけでは意味がないのか?
どうなんでしょう。

284 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/15 15:07
>>283
効くと思えば効くし、効かないと思えば効かないんじゃない?

285 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/15 16:28
戦後最大の霊能者、高橋信次氏は水子の存在を
完全に否定しています。私がある人に聞いたところ、それぞれの団体には一種の
場が存在するようになり、もしその団体が本来ないものを、あるものとして扱う
とそういう思念の集合体となり、あたかも実在するようになるそうです。

286 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/16 14:19
実在してしまった?

287 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/18 11:05
シンタイ〜と徹底的に唱えるべし。

288 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/18 13:51
>>285
高橋は力ないよ。

289 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/19 00:59
ダキニ天!これしかない!何も恐いことなどない!

290 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/19 01:41
高橋さんを賛美しているこの人は?
http://www.sp-world.net/index.html

291 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/21 15:31
ランボー殿
以前ランボーさんが書かれていた、線香、わかばを購入したのですが、何故わかばが
良いのですか?また、線香の香りはやはり、良い悪いがあるのでしょうか?
有るのでしたら一体何故でしょうか?また、線香を立てる意味合いも解説
願いたいのですが。

292 :ランボー:04/04/24 22:07
>>291
線香の香りは好みもありますが、出来るだけ自然の素材、続に云う香木が良いと思います。
永年地中に埋もれバクテリアなどの台地の作用を受けてできた伽羅が良いようですが、
高価すぎ、伽羅1gのほうが金1gより高価といわれています。私個人は沈香という伽羅の
若いお香を使っています。一般的な私のところの檀家さんには、値段も手ごろ、香りもあまり
作られているようでなく、皆に好まれていますので、若葉の緑の線香を使っています。
紫の方は、ファッション香のようで使っては居ません。
線香はもともと立てて使っていたようで、東南アジアの仏教国での各寺院は立てています。
長時間線香を使うときは、直系1Mちかくの蚊取り線香のように渦巻いた線香を天井から
つるし、何日も煙続けるようです。壁の向こうがかすむこらいに。
横に置くと、消えやすいという事もあるんでしょうね。
本数は3本にしています。
難しい謂れがあるのでしょうが、私は単純に最初の1本は仏様(ごほんぞん)」次の1本は
ご先祖様、残りの1本は生きている自分たちが無病息災で幸せに生きれるようにと、正三角形に
向こうを頂点に並べます。
都合でたまにしか帰宅しませんので、返事が遅れました。

293 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/26 15:08
ランボー様

ご丁寧にありがとうございました。

294 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/26 21:36
>>285なるほどっ!多分、正解だね。

295 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/27 06:14
ランボー様、おひさしぶりです。

296 :ランボー:04/04/27 19:36
皆さん、お久しぶりです。
事情があって、たまにしかPCに触れる事が出来ない事情にあります。
返事が遅れて、申し訳ありません。
お願いなのですが、ここは神道系の掲示板と思われます。
関係の方々に私が長々書き込むと、ご迷惑になるかもしれません。
つきましては、下記の 虚空蔵菩薩 に居ますので、そちらで質問いただければ嬉しいのですが。
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1019597351/
よろしく、お願いします。

297 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/29 12:31
> 線香はもともと立てて使っていたようで、東南アジアの仏教国での各寺院は立てています。
> 長時間線香を使うときは、直系1Mちかくの蚊取り線香のように渦巻いた線香を天井から
> つるし、何日も煙続けるようです。壁の向こうがかすむこらいに。
そういえば以前新聞だったかで、向こうがかすむくらい線香をたいている
寺院にいると、混雑している交差点の中央にいるくらいの排ガス吸ってるのと
同じとかいう記事を見たことある。外国の研究機関の発表だったかな。

113 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)