5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

先祖供養のためのお経

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/09 01:02
先祖供養のためにお経をあげたいのですが
どういうお経がいいですかね?

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/09 01:03
死んでから経を読んでやっても手遅れじゃよ

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/09 01:06
>>1 単発質問で糞スレ立てるなよ

素朴な疑問・質問にやさしい人が答えてくれるスレ五
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1068907701/l50

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/09 01:18
>>3
単発質問というか…。
疑問に思ってる人も多いと思うので
あえてスレ立ててみたんですけど

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/09 13:26
宗教各派によるんじゃない?
1が気になってんなら、宗教宗派をきちんと伝えて、親切なネット坊主に答えてもらえば?

親切=暇

6 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/09 21:11
>>1 宗派によります。以上。

7 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/01/10 01:10
一般的なものなら『法華経』(特に五巻)でしょうね。あとは普通に弥陀称名念仏か。
尊勝陀羅尼・光明真言も可。

8 :↓こんなのがありました。:04/01/10 01:17
http://www2.ocn.ne.jp/~hongaku/syosinge1.mp3 (312KB)
http://www2.ocn.ne.jp/~hongaku/syosinge2.mp3 (117KB)
http://www2.ocn.ne.jp/~hongaku/siyogiyu.mp3 (205KB)
http://www2.ocn.ne.jp/~hongaku/nigiyu.mp3 (148KB)
http://www2.ocn.ne.jp/~hongaku/sangiyu.mp3 (164KB)
http://www2.ocn.ne.jp/~hongaku/eko.mp3 (59KB)

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/10 01:34
○金剛経 ◎大悲心陀羅尼 ◎楞嚴経 ○般若心経 

10 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/10 03:08
般若心経が短くてとっつきやすいので、おすすめ。
何宗でも殆ど良いし、神前でも良いので。

11 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/10 03:39
いまだにヤフオクで高値で出品されている
お金稼ぎ情報を無料で公開しているそうですよ。。。

http://www.getx3.net/okozukai


12 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/10 06:11
仕方ないから知ってるのだけ書いてやる

禅系なら大悲呪

真宗系なら正信偈

密教系なら般若心経

日蓮系なら自我偈

新興系なら

神━(゚∀゚)━降臨!!連発しる


何教でも 神━(゚∀゚)━降臨!! 連発なら大体効く。



13 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/10 12:13
いま「かけもち信仰について」スレで般若心経をめぐって大論争中だよ。
仏壇に般若心経をあげると大変なことになるらしい。

http://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1024906877/l50

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/10 14:01
問題なし。

15 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/10 14:16
阿弥陀経 阿弥陀如来根本陀羅尼

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/10 20:25
無量寿経 

我聞如是。一時、仏、住王舎城、・・・。

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/10 21:07
理趣経

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/12 17:11
自我偈を36回写経して奉納すると、
仏像を一体造立したのと同じ功徳があるそうです。

真言系では光明真言が定番ですね。
加持した土砂を亡者(墓所)にかけると、個人は
解脱往生するそうです。奈良の西大寺ではたしか
加持土砂分けてくれたはず。

19 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/12 17:27
>>18
奉納ってどこにするんですか?
檀家の寺?

20 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/15 18:16
写経の納経はどこでもいいんでは?
菩提寺ならベターだろうし、そういうのになれてる
霊場・札所なんかでもいいんではなかろうか。
ま、阿弥陀経を日蓮寺院に納めるとか
ケンカ売ってそうなのは常識で考えて遠慮したらいい。

21 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/31 16:40
先祖供養には、理趣経と心経がいいらしいよ。


22 :(^з^):04/01/31 16:45
http://www.dff.jp/index.php
どうぞ ョ ロ シ ク ぉ ネガ ィ シ マ ス 




23 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/31 20:50
理趣経と心経は相反するものだから、唱えるならどちらか一つにしぼったほうがいいと思います。
供養を目的とするならそれをおすすめします。

24 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/01/31 22:57
ご先祖様どうかご成仏してくださいませ


25 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/01 15:02
楞嚴経まんせー

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/01 15:07
無信心だった先祖にはどんなお経をしても駄目、
そういう先祖の最も効果的な供養は、残った者が
金を儲ける、とか、出世する、とかして、
現世で繁盛すること。


27 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/02 13:26
頻繁に先祖供養をするのはよくないと聞きましたが、先祖供養はたくさんすればするだけ
先祖が成仏に近づくということではないんでしょうか。
その辺がよくわかりません。
「先祖を思うなら頻繁に墓参りをしなさい」と言う方と、「たまにならいいけど先祖に対して
むやみやたらに手を合わせるのはよくない、それだと先祖が現世に戻されてなかなか成仏されない」」
と言う方と色々いらっしゃって、どちらが本当かよくわかりません。
本当のところ、先祖に対しては、どうするのが一番いいんでしょうか。

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/02 13:32
放置。

自分の修行に励むのが、一番の先祖供養。

29 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/03 03:24
>>27
経験から申しますと、先祖供養はできるだけ行ったほうがよいです。
墓参りは、時々でよいと思いますが、自宅で、代々の宗旨で、日々追善供養をするのと、
たとえばお寺で護摩供養のような事も喜ばれるようです。
そういったことを子孫が常に行っていると、その徳でもって先祖が成仏へ向かうのかも知れませんし
行った子孫は、先祖が成仏へ向かったその徳でますます良くなっていくのかもしれません。
もちろん自分の修行に励むのも大事です。

但し新興宗教には注意です。ご用心。

30 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/03 08:20
死後のことを述べた丹波哲やスェーデンボルグの話だと、
死後の地位は生前の宗教とは全く無関係らしいね。
むしろいの一番に地獄に堕ちて最も困るのは生前に宗教の
権威の衣を着ていた宗教家達で、どうにもならないらしい。

先祖の供養は盆と正月に香を焚き手を合わせる程度で十分。
後は先祖の遺訓や家訓、家業に精を出して家を繁盛させるのが
最も確実な先祖供養。

31 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/03 08:27
我家は先祖代々、海外で大成功を収めた大事業家とか、
老舗医業家、人間国宝、政治家などを多数輩出していますが、

家訓としては「馬鹿げた借金だけはするな」相撲取りがいょいしょいょいしょするのは、
「馬鹿来い馬鹿来い、金がノウ無りゃー借りて来い」と言っているんだ、って大先祖様の
家訓があるんです。

32 : :04/02/07 19:05


33 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/07 19:36
amidakyou

34 :名無しさん@1000円祈願 ◆zDcsAEpKdA :04/02/07 19:50
>>1  基本的には
--------------------------------------
1:正信偈
2:現世利益和讃15首
3:回向文
4:御文章(御文)より1章拝読
--------------------------------------
の組み合わせで行い、必要に応じて
讃仏偈(嘆仏偈)・重誓偈(三誓偈)を
追加してみてはいかがでしょうか?

35 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/07 21:02
下ヨシ子さんに供養をお願いしたら一発で効きそう。
値段は高そうだけどね・・・。

36 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/07 21:41
>>34

素朴な疑問なんですが、真宗で先祖供養はOKなの?
ぶっちゃけでいいですから・・・

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/07 23:22
>>34
現世利益和讃なんて久しぶりに聞きましたよ!
勤行集にはのってますけど、あれは実際に唱えたりすることはあるんですか?

38 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/08 23:17
真宗だと盆行事もやらせてくれませんからね・・・近年は左がかって益々
うるさくなった。

39 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/09 18:40


40 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/10 23:23


41 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/12 22:32
一休さんの枕経の話は有名でつね
死んだ婆さんに経を読んでやっても手遅れだってやつ

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/12 22:37
何度も何度も先祖供養ってしちゃっていいんですか?
お盆など年2回ぐらいがちょうどいいのかと思ってた。


43 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/12 22:43
基本的に先祖供養に限らず、仏事は多くやるぶんには
悪いことないですよ。

44 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/13 09:39
>>42 自分の伴侶なら毎月お坊さんを呼んで供養することもあります。

45 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/13 12:04
>>43
じゃあ、お金がある家の方が貧乏な家より有利だね。
供養するのはタダじゃないぞ。それも毎日なら尚更だ。金がいくらあっても足りん。
自分で供養もできなくはないが、専門家(坊さん)に頼んだ方が確実だろうしな。
金持ちの家は毎日坊さんに先祖供養を頼んで、んでもって更に家は繁栄し先祖も救われるけどさ
貧乏な家は自分でやる供養もままならなくてさ、供物や線香も買えない家はどうなるんだ?
仏壇なんか買う金ない家だってあるだろうしさ、墓だって欠けても修復する金なかったらどうするんだ?
地獄の沙汰も先祖の成仏も金しだいってか。

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/13 12:49
ほんとだ。


47 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/13 12:49
>>45
貧女の一灯という話があったと記憶しています。たとえ貧しくとも、
精一杯のその一灯はどなたの沢山の供養より遥かに尊く功徳は
計り知れないと言うような話だったと。
無いときは無いなりで真心込めてご供養すれば、それはそれで
仏の理にかなっていると思います。

いろいろ方法はあるんですよ。融通無碍。
怒るこたぁないです。^^

48 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/13 14:44
45頭悪ー。

49 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/13 23:48
>>45
お金の有無と供養する姿勢を混同させちゃダメですよ。
お金が無くても供養はできます。
お寺で供養してもらわなくても個人でも気持ちさえ
篭っていればちゃんと供養できます。
財を築きあげても寺院にお布施をするだけで
仏に手も合わせたことがなければ先祖への
気持ちもそれだけということになり、いずれ
衰退の一途を辿る事になってしまうでしょう。
お金の有無ではないんですよ。
供養とは、どれだけ神仏に尽くすか、それが大事なのです。
すると次第にお金もついてまわるようになります。

50 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/13 23:53
楞嚴経まんせー

51 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/14 00:17
当然の事ながらお金が無い人間が仏にすがったという話もありますし。
お金も知識も無く労力も提供出来ないのならそれこそ念仏だけでいい。
なお「上品上生」に往生出来るのは金持ちだけで差別だと思われている
事がありますが、これは生前の行いによるもので富貴とは関係ありません。

52 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/14 00:31
先祖供養と現世利益祈祷は別別に考えたほうがいいね。
浄土系なら念仏&浄土三部経、日蓮系から題目&法華経で供養。
その反面、現世のお金や出世の為に聖天・ダキニ天に祈る。

53 :47:04/02/14 00:48
>すると次第にお金もついてまわるようになります。
これは本当にありえます。私は実際体験していますよ。

無いときは無いなりでと書きましたが、有る時はしっかりしておかないと
身の回りで知らされることも有りました。これも実際体験しています。
ケチは良くないのね。^^

54 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/14 12:29
>>52
聖天とダキニ天、両方に祈ってもいいの?
天部同士はダメだと思ってたけど。
現世利益のご利益は、聖天とダキニ天どっちが多い?

55 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/14 12:39
聖天「と」「&」ダキニ天
ではなく、
聖天「か」「or」ダキニ天という意味では?

56 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/14 16:20
先祖がいいところに逝っていれば、後継者にはおのずと現世利益は来ると思うぞ、
そのあたりの基準は生前の行いだと思うぞ、宗教や宗派は基本的には関係無し、
社会的地位や名誉も無関係、

あと、仏壇や神棚のバツクボーン霊界は親戚や兄弟でも個々で皆全然違うね、
その家独自の成り立ちや関わりにより結果として霊界霊団ができるので、
それによって現世利益や来世利益の在り方も皆異なって来る。

57 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/14 16:42
先祖には盆と正月だけ、ロウソクを燈して、手を合わせるだけでいいらしいよ、
後の普段は現世娑婆で働くことだ、働かないで屁理屈ばかり云う奴は先祖も地獄逝きらしい、


58 :47:04/02/14 19:15
>>57は間違い。
日々、追善供養が基本。追善供養は大体 
香・華・灯明・飲・食・経をそろえる。がんばれ。先祖が良くなると不思議と自分も良くなる。
坊さんの供養は時々でよい。でないとお金が続かんよ。
お金に少し余裕が出来たら、まめに坊さんに頼むよろし。
これ、ひとつの開運法。宗旨は関係ないが、新興宗教は不可。
ここを整えておくと、他の神々や如来、諸明王、諸天に祈願するとき通じやすくて有利。
みんながんばれ。

59 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/14 22:25
ところで、仏教と先祖供養の関係が未だにいまいち
解らないのですが・・。仏教って輪廻転生ですよね。

60 :47:04/02/14 22:57
仏教に限らず変化発展は世の常で、伝統的な部分に新しい解釈が加わったり、時代背景によったり有るようですが
骨子はあまり変わってはいないかも知れません。どの教えも一面の真理を含んでおり否定は出来ないですが、極端
にはしらなければいいでしょう。中道ってやつで。輪廻転生は有と思ってます

61 :ブッ:04/02/15 00:08
供養とは

・仏(さとりをひらいた人)
・法(その教え)
・僧(その教えを受けてさとりをめざす集団)
や死者の霊になどに対して
・身(身に行う身業)
・口(口に言う口業)
・意(心に思う意業)
によって供物を捧げることです。

初期教団では、衣服、飲食、臥具、湯薬が僧団に施与されましたが、後には房舎、土地までが寄進されるようになりました。

現在日本で行われている先祖供養は、我が国の民族信仰である先祖崇拝と、仏教が交じり合ったものと思われます。

62 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/16 20:50
お金かかるね・・・。

63 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/16 21:34
>>62
あったりまえだろ。
お金を払うという行為は、財施という修行のひとつ。
であるからして、布施が安い=修行が足りん(浅い)、ということに
なるだろう?

64 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/16 22:06
まあ、修行がたらん坊主だったらやる気にもならんがな。


65 :ブッ :04/02/16 22:27
布施に関する説話の中に「シビ王の話」があります。

 大鷲に追われた鳩が、菩薩として生まれたシビ王のもとに助けを求めて来ました。
大鷲は鳩をかくまった王に、鳩は自分の生きる糧であるとして、王に鳩を渡すように言いました。
しかし、王は鳩の替わりに自分の肉を大鷲に与えることを決意し、自分の肉を秤にかけて、鳩の分量だけ切り取って
大鷲に与えました。王は死にましたがその後仏となられました

という話です。このような話は実話かどうかは別として、究極の布施といえるでしょう。
しかし、布施が高い安いというのは布施をする側が決めることであって、修行云々には結びつきません。
布施はあくまでも自発的行為です。だから値段は関係ないのです。それが現在布施の問題(いくら出していいのか分からないといった)
問題に結びついているのでしょう。

66 :63:04/02/16 22:51
>>64
そりゃそーだ。あんたいいこと言うねぇ。

>>65
>布施が高い安いというのは布施をする側が決めることであって
だからそれが違うって言ってんだよ。
高い安いとか考えるんじゃなくて、
自分ができる限りのことをするのが布施なんだよ。

67 :ブッ:04/02/16 22:59
「布施が高い安いというのは布施をする側が決めることであって 」
これは誤解をまねく発言でしたね。
 しかし例えば「みかん」一つでも布施になりますよ。その人がいくら裕福だろうと。

68 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/16 23:22
>>59
輪廻転生はインドの思想で、それに対する
アンチテーゼが仏教。OK?

69 :ブッ:04/02/16 23:28
>自分ができる限りのことをするのが布施
に加筆。
「相手の利益を考えて」

70 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/18 15:26
浄土真宗で供養されてる先祖の為に
阿弥陀如来の真言唱えたりしちゃまずいんでしょうかね。
阿弥陀様が宗派別にいらっしゃる訳でもなし
供養したいという気持ちは同じな訳で。
まぁ、おもむろにはやっちゃマズイってのはわかりますけど
結局のところ、その辺りはどうなのか疑問な訳です。
浄土真宗の阿弥陀様に真言は通じないのか・・・
先祖供養は仏壇やお墓参りでしかできないのか・・・
考えたらキリがないんですけども。



71 :移動尊:04/02/18 18:42
>>70
かまわないですよ。真宗坊主は嫌うと思うので、角が立たぬよう
隠れアミリタテイセイカラウンになっちゃいますね。それもOKですよ。がんがって


72 :真宗坊主:04/02/19 00:03
うーむ・・・

73 :移動尊:04/02/19 00:48
あっ、ごめん

74 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/19 07:51
大経般若経を読める人いる?

75 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/19 12:43
法華経が一番いいでしょう

76 :70:04/02/19 14:15
>>71(移動尊様)
ありがとうございます。
こっそり真言唱えてがんがります。

77 :移動尊:04/02/19 18:40
>>76
御先祖からの伝統の真宗もどうぞ大事にお続けください。

と、自己フォロー。

78 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/19 21:12
>>70
うちもやってるよ(笑)
光明真言も阿弥陀如来根本陀羅尼まで読んでるよ
でもボンさんには近所からばらされてると思うけど・・・・。気にしない気にしない
何といっても浄土真宗の最大の魅力は戒名代が激安なこと。

79 :真宗坊主:04/02/20 00:32
浄土真宗では戒律がないので戒名と言わず法名といいます。
>>78しかもそれって戒名じゃなくて院号じゃないの?
しかし上のレスはものすごい民間信仰になってるね。

80 :移動尊:04/02/20 00:52
>民間信仰になってるね。
どの辺がですか?

81 :真宗坊主:04/02/20 01:06
>>80
いや、民間信仰という言葉に深い意味はなかったんですが。
ただ、浄土真宗用のお経があるのに何故他宗のお経でなければならないのか
ちょっと不思議だったんで。


82 :移動尊:04/02/20 01:56
>>81なるほど。レスありがとうございます。

83 :移動尊:04/02/20 02:15
私んちは真宗ではないので、確実ではないと思うんですが、ものたらんのではないかと・・・。
後、排他的な僧が多いようで、神棚さえ許さんとか聞きました。
信仰心の厚いものや、興味があるものにとっては少々せまく感じているのでは?

84 :密教僧:04/02/20 08:23
ただ手を合わせるだけでいいのですよ

85 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/20 09:16
霊を否定しているんだから、「供養などは、気休めで行う」と僧侶が言っているよ、
公務員をやりながらの兼業坊主だったけど、
組織論社会論としては優れているのかもしれないけど、意味は無いよ、
方便如来はそりゃー正しいと思えば正しいさ、但し、正しい〃時〃だけ正しいのだな、
容量の大きい石油ファンヒーターは暖房器具。ポケットに入る懐炉も暖房器具、
暖房器具にはかわりは無いから確かに〃暖房器具〃と言い切っていいな、方便なのさ、


86 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/20 11:07
神道はイカサマ・ペテン詐欺宗教

糞神道なんか崇拝してるから日本は戦争に負けた
神道など百害あって一理なし


    神道など日本の汚物


87 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/20 12:12
うちは浄土宗なのですが、阿弥陀如来根本陀羅尼とかもあげられますよ。
ちなみに親戚はすべて門徒なのですが、昔から大谷本廟ではなく高野山奥の院に分骨
して、お四国巡礼にも行くようです。仏壇に負けるとも劣らないような立派は神棚も
あります。
まあ、先祖供養しないのは真宗の教義としては正しいんでしょうが、やっぱり単なる
「家が真宗の門徒」だけって人にとっては先祖供養にものたりなさを感じるのだと思います。

88 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/20 12:13
家が真宗で、先祖供養を真面目に考えると悩みが尽きないですね。
別にスレで以前あったけど、不成仏霊を頻出してるのが真宗。
真宗のやり方だと先祖供養ができないという実際問題を考えると、
いろいろ試行錯誤を余儀なくされるんだよね・・・。


89 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/20 12:20
>>88
>不成仏霊を頻出してるのが真宗。
どこそれ?詳細キボンヌ

90 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/20 12:52
はっきし言って真宗では業力は動かないし動かせない。
但し自力修行にはリスクもあるから、現状維持だけでいい人なら真宗でもいいんだ。
既に膨大な徳の有る人でそれを維持するだけならば真宗でもいい。むしろ自力宗教
には関わらない方がいい。また、漏尽通力も他力宗教は自力よりも傾向的には優れているから、
あらゆる霊の影響を受け易い職業、例えば外科医とか軍人とかは他力が合うには合う。
逆に自らによる運命転化とかは真宗ではまずできない。


91 :70:04/02/20 14:10
先祖代々、浄土真宗ではありますが
ウチに月行に来て下さってるお坊様が信用できないというか・・・
バチ当たりかもしれませんが。
お経なんか5分くらいでさっさと帰ってしまわれます。
お布施が少ないからなのかも。(苦笑)

で、諸祈願等で真言宗のお寺でご縁を頂いていまして
心経や観音経は毎朝晩唱えております。
神仏のご加護や御利益を頂いてると実感するにつけ
真宗に疑問がふくらむばかり・・・。

92 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/20 14:41
◎必ず先払いにする。
◎標準の三割り増しにする。
◎お神酒を持参する。
◎「お堂が立派ですね」と、一言よいしょ、する。

真言寺の場合これを行うと、物凄く力を込めて理趣経を修法して下さいます。
その後しばらくすると現世功徳が下ります。御先祖が喜んでいるのです。

93 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/20 15:27
>>79
法名だろうが戒名だろうがいいじゃん、分かりいいように書いただけっすよ。


94 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 00:02
>>89
「不成仏霊を頻出してるのが真宗」ですが、
不動明王スレパート1(過去スレ)の983〜984にあります。

確かに真宗は宗教として機能していないのは事実だね。

95 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/21 00:51
>>81
「民間信仰」の大きな特徴は
「宗教と異なり、教説よりも大衆の求めるものが優先される」
点にあるのだそうです。真宗の名僧の入った湯を信者が喜んで病除けに使った
という話が好例ですね。

96 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 01:04
真宗≒イスラム教

97 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 09:37
真宗=キリスト教原理主義が正解だろ?

98 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 10:06
真宗にも良い面・メリットはあるのだから、
宗教的偏見はよくないですね。どんな宗教にも長所と短所はありますね。
短所だけを突いたり、商売道具にするのは神仏の心とは程遠い行為じゃないですか?

真宗に無いところが自分の宗派にはあるからと言って
優越に浸るのは愚の骨頂で社会的先導者としては論外です。
そういう人は自分の足元すらフラフラしているような、
酔狂右翼左翼とさして変わらないような人が多いですね。

99 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 11:58
真宗に無いところ=現世利益

100 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 13:57



101 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 14:53
あげ

102 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 15:03
結局お金がない人には無理だね。
先祖供養したくてもその金が無いのだから。
しかも>>92が言うように3割増しにするとか、先払いにするとすれば
金がある人にしかできないということになる。
心の中で本当は先祖供養したいなぁと思ってても実際金が無いからできない
人より、そこまで真心がこもってるかは別でも実際にお金をたくさん積んで
お寺さんで日々先祖供養してもらったら、その方が先祖は嬉しいのだろうか。
なんだか哀しいね。

103 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 20:37
不成仏霊とかって、実証できないからなんとも
いえないが・・

104 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 22:39
「先祖供養」の是非っていうか、論理的な面については立正こうせい会が
頑張ってるね。伝統仏教側としても否定するわけには行かないんだから。
見習うべき所は謙虚に見習わないとね。


105 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 09:35



106 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 11:31
手を合わせるだけでいいのですよ

107 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 12:03
南無阿弥陀仏

108 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 16:28
日蓮宗がいいでしょ

109 :↓そういえばこんなのがありましたね。:04/02/22 16:46
阿弥陀如来来化して 息災延命のためにとて 『金光明』の「寿量品」 ときおきたまへるみのりなり
山家の伝教大師は 国土人民をあはれみて 七難消滅の誦文には 南無阿弥陀佛をとなふべし
一切の功徳にすぐれたる 南無阿弥陀佛をとなふれば 三世の重障みなながら かならず転じて軽微なり
南無阿弥陀佛をとなふれば この世の利益きはもなし 流転輪廻のつみきえて 定業中夭のぞこりぬ
南無阿弥陀佛をとなふれば 梵王・帝釈帰敬す 諸天善神ことごとく よるひるつねにまもるなり
南無阿弥陀佛をとなふれば 四天大王もろともに よるひるつねにまもりつつ よろづの悪鬼をちかづけず
南無阿弥陀佛をとなふれば 堅牢地祇は尊敬す かげとかたちとのごとくにて よるひるつねにまもるなり
南無阿弥陀佛をとなふれば 難陀・跋難大竜等 無量の竜神尊敬し よるひるつねにまもるなり
南無阿弥陀佛をとなふれば 炎魔法王尊敬す 五道の冥官みなともに よるひるつねにまもるなり
南無阿弥陀佛をとなふれば 他化天の大魔王 釈迦牟尼佛のみまへにて まもらんとこそちかひしか
天神・地祇はことごとく 善鬼神となづけたり これらの善神みなともに 念佛のひとをまもるなり
願力不思議の信心は 大菩提心なりければ 天地にみてる悪鬼神 みなことごとくおそるなり
南無阿弥陀佛をとなふれば 観音・勢至はもろともに 恒沙塵数の菩薩と かげのごとくに身にそへり
無碍光佛のひかりには 無数の阿弥陀ましまして 化佛おのおのことごとく 真実信心をまもるなり
南無阿弥陀佛をとなふれば 十方無量の諸佛は 百重千重囲繞して よろこびまもりたまふなり

110 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/23 09:51
アミターバ

111 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/23 19:09
先祖は生まれ変わってますよ

112 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/23 21:00
正信偈じゃ成仏できなさそ〜

113 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/23 23:48
仏壇の前とかお寺とかで。お経は声に出して言うべき?
心の中で唱えるのは駄目?

114 :貧乏人:04/02/24 04:59
無財の七施だ、それしかない!

115 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/26 16:21
>113
お経は声に出すと、言霊パワーが発揮されますよ。
心の中で唱えるよりも断然違います。

116 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/26 16:29
うちではこれを使ってます。
http://homepage3.nifty.com/every-happy/index1.html

117 :通行人:04/02/26 23:37
>>115そりゃ宗派によりますな

118 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/26 23:59
え?そんな宗派あんの?

119 :通行人:04/02/27 00:09
ないけどホラ、刺されそうだし

120 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/27 15:47
法華経はバワーがあるので、題を唱えただけでも功徳があるんだそうだ。

121 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/27 17:03
法華経もだたの方便の一つです。偉い人にはそれがわからんのです。

122 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/28 19:31
称名念仏・題目で往生したという話は多いですね。観想念仏よりも称名念仏の
方が功徳になるという主張まで生まれたほど(当たり前ですが浄土宗は称名派)。
題目だけを唱えることは10世紀には既にあったようですが、経典を理解出来な
い幼子が死後往生出来るように唱えさせたという話が『宝物集』などにありますので、
院政期には既に理解抜きの言葉というのが重視されていたようです。

123 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/29 00:20
先祖供養がどれだけ大切か思い知らされた出来事がありました。
お金がなかった自分の手元に先祖供養をするだけのお金が入りまして
言われるがままに先祖供養しましたら、父親のガンが治りまして
借金の返済もメドがつきましたし、弟の自閉症も急激に良くなっていきました。
また亡くなった母の墓も取られずにすみましたし、対人関係で悩まされた
このアパートの大家さんも先日脳梗塞でお亡くなりになり、優しいその息子さんが
管理されることになりホッとしています。
これらの諸問題が先祖供養の後、いっきに解決されたのに本当に驚いています。
ご先祖と神への信仰心をもったおかげだと思っております。
私は断言して言いたいです。この世にはご先祖も神も間違いなく存在されて
おります。 身を持って私は断言したいと思います。

124 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/29 01:08
ayu ready?で黒木瞳がいってたおまじない覚えてる人教えてください。

125 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/29 21:12
age

126 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/01 00:32


127 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/03 09:56
自閉症は治らない。
墓を取られるような状況ってどんなの?
いくらイヤな人とはいえ人が死んでホッとするというその心境はいかがなものか

128 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/03 20:54
↑煽り方が足りませんねぇ。プッ

129 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/03 20:56
お釈迦様は、先祖を供養しなさいとは、説いてません。



130 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/03 21:37
たとえお釈迦様が先祖供養をしなさいと説いてなくても、
ご先祖を大事に思う心、敬う心は大事なことと思います。
今の宗教はそのほとんどが供養するための「形」にこだわります。
亡くなった先祖の霊も、そんな形を重んじる宗教の中で生きて
実践してこられてますから、子孫に対しても同様の供養を求めることが
あることも事実です。
「お釈迦様は先祖を供養しなさいとは言ってないから、
私を供養しなくてもいいよ」とすべての先祖が
お考えであれば、それは一番楽ですし、供養の必要はないですね。
お墓もお位牌も仏壇も要りません。




131 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/04 03:21
130がイイコトイッタ。
そうなんだよ、日本人の祖先は大半が
「死んだら墓に埋められて、仏壇に位牌祀られて
年忌法要して貰うのが供養」って思ってたんだから。
それをしてもらわないと「粗末にされてる」って
思われても仕方ない罠。
これって年長者が「若年者に大事にされて当然」
とか思ってるのを踏みにじられると怒るのと似てるかも。



132 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/04 11:06
>>129
いまだにこんな古典的日本仏教批判をする人がいるんですね。
貴重なご意見です。

133 :反神道:04/03/04 14:09

 132>

 馬鹿神道信者はほっとけ

134 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/04 20:46
機械訳
<丶`∀´>日本人は神道を捨てるべきnida
< ''`∀´''>8000万人も信者がいるなんて許せないnida
<;`∀´>ウリナラの国民よりも信者が多いなんてチョクバリ謝罪汁



135 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/05 16:46
>123
私も貴方と同じ経験をしました。それまでの私はお墓参りや供養などした事が
ありませんでしたが、色々と大変な事がおこりお伺いをたてるとお墓参りと塔婆供養を
するようにと言われ実行しています。

彼岸やお盆、命日に塔婆供養をしています。平凡ですがつつがなく暮らせるように
なりました。回りの人は幸せね・・・というけどなら貴方達も先祖供養をしてみては?
とアドバイスしたくなります。



136 :130:04/03/05 21:02
>>131
ありがとうございます。
ご先祖のご供養はとても大事なことです。
自分の身内の死後もなお「安らかであるように」と祈る心が一番大事で
重要なことですね。
>>123の方の書き込みも、>>135の方と同じく真実であると信じます。
でも、奇跡を喜ぶ前に、それまで供養をできてなかった事への反省を
先にすべきと思います。
だれでもいずれは死を迎えます。
自分が死んで、残した子孫が誰一人自分に手も合わせてくれない、
思ってもくれなかったら、やはり寂しいですね。
この世を旅立つと、亡くなった者の「心」だけが残ります。
ですから、残された遺族も「心」で接しなければいけませんよね。
今の宗教は「形にこだわる」と書きましたが、供養のための形は
そんな子孫の心の現われでもあると思います。
供養の形と供養をする心は常に両輪のようでありますね。

137 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/05 23:26
>>111
天理教

138 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/06 01:09

ソーシキ仏教で儲け、贅沢三昧する僧侶
                          逝って、ヨシ!

139 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/06 10:05
わたしゃお盆お彼岸に墓参りもします。家に仏壇もあります。
でもなんでお経を読むことが先祖供養になるのかわかりませんね。
般若心経なんて「ぎゃーて〜」の所だけで十分でしょ?
ご先祖に手をあわせて挨拶するだけで十分に思いますがね・・
わたしが霊なら、毎朝「空」をどうたらこうたらの問答を聞かされたら
「うるさいわい!」と思いますがねぇ。
「おはようっす」「おお 今日も頑張れや」でいいと思うけどね。

140 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/06 13:52
>>139
経典読誦(お経を読むこと)が功徳なので、
それを先祖に回向するってことですかねぇ。

141 :反神道:04/03/06 18:17
・・・・・

142 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/09 21:12
もうすぐお彼岸でつね。
お墓参りに適したお経は何でしょうか。
当方曹洞宗です。


143 :移動尊:04/03/09 23:38
心経。age易いです。

144 :ム ム ム :04/03/10 00:33
これを機に書かれてある内容も
ベンキョーしよ〜〜〜。

145 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 00:39
実家がクソ真宗なのですが、心経や光明真言もOKですよね?
ご先祖様が怒ったり、苦しんだりしませんよね?

146 :142:04/03/10 03:19
>>143
ありがd。
私が唯一諳んじられるお経です〜。
お彼岸には心経をあげて参ります。

147 :移動尊:04/03/10 14:54
>>146 最初に、○○家の先祖の為と唱えたほうがいいかもしれません。
>>145
クソなど言わずに坊主とも人間的に仲良くして、角を立てぬようすれば
もともと心経や光明真言等悪しきものではないのでOKっす。

ご先祖は怒らんでしょうが、真宗の坊さんはなんか言うかも知れませんね。
いずれにしても、もめない様にしたほうがいいでしょ。

うちの近所の禅寺の坊さんは、檀家の希望者をつれて四国88ヶ所を廻ったり
するけどね。
思うに排他的なのがよくないんだろ〜ね。>真宗

148 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/12 17:41
日蓮宗はどうなんでしょうか?

149 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/13 22:56
堂々と大っぴらに供養できるな。
真宗みたく法事を聞法の縁ってクルシー理屈こねなくてよい


150 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/14 10:57
>>149
確かに真宗の理屈はまいりました。
「御布施」と書いて出したら、真宗では布施行は云々で「御法礼」と書くのが
正しいという講釈を散々受けた上、額が少ないと言われました(ノд`)


151 : :04/03/14 17:55
「つうか真宗は信仰してませんので。」といえば無問題。
・・・とはなかなかいかないんだろな。

152 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/14 20:23
普通の真言僧は真宗が・・・でも、絶対に真宗の悪口は口に出しては言わない。
坊主は皆金持ちなので、金持ち喧嘩せず、で他宗を誹謗するような心の狭いことはしない。
あえて真宗を出汁にして儲けようとするのはニワカ営利坊主なら考えられるが。

いずれにしても土俵の異なる他宗派を悪く言って自己の営利に結び付けようとするのは
疚しいのを知りながら屁理屈を垂れる印旛畏怖と同じような、ひじょうに豚陣地な行為で蔑むべき下賎なことだ。

153 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/14 20:28
心の貧しい人間は、どんなに高尚な文化に触れても貧しいままである。
人には見えない卑劣で腐った内面性根はどんなに労を加えても直らないばかりか、
心の根本が貧しいと経済的物質的にも絶対に豊かにはなれない。

宗教以前の問題だ。

154 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/14 20:51
↑スレ違い

155 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/17 01:20
般若心経を唱えると悪霊までよってくるって本当なんでしょうか。
般若心経は、唯一暗読しているのですが、
悪霊が集まってくる話を聞いてからむやみやたらと怖くて唱えられなく
なってしまいました。
その辺の事情にお詳しい方どうぞよろしくお願いします。

156 :移動尊 ◆WJbFLYm00w :04/03/17 02:10
○○家先祖代々の供養の為。と、口に出してから行えば良い。但し、
そのご先祖方々が仏壇で正式にご供養されてないと、そのご先祖が
きちんと供養して欲しい旨を御身に知らせる事有。
後、むやみに上げるも良くない。供養されていない霊が寄ってくる事有。
供養されていない霊は、御身を困らせるつもりではなく、藁をも掴む
気持ちらしいので、験力ある行者、僧侶、霊能者等に頼むようになる。
このような未成仏霊は無数に居るので、いちいち個人が供養など無理なので
安全な方法で行われる事を念じます。
詳しくは、信頼の置ける僧侶、霊能者、行者に

157 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/17 05:54
祝詞では先祖供養できますのでしょうか?
神式の家などでは?

158 :移動尊 ◆WJbFLYm00w :04/03/17 07:21
神式でも般若心経あげてかまわないです。その際、頭の「仏説」を抜く。マカハンニャ〜と始まるけども、
詳しくは、その神社に聞いたほうが良いと思います。


159 :157:04/03/17 14:29
 移動尊さまどうも、
では「大祓詞」や「祖礼拝詞」などはどうですか?

160 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/17 15:41
移動尊ハゲ

161 :(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル((((:04/03/17 16:06
■ この事件の裏側の衝撃的な真相
■ ヤフー460万人データ流出事件の犯人は、
■ 池○大作S価学会の闇の謀略部隊だった
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ソフトバンク恐喝 逮捕された創○学会員の凄腕の裏
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
布教活動や選挙活動に使用できるのでYBBの名簿に目をつけた(日刊ゲンダイ)

http://ahiru.zive.net/joyful/img/914.jpg
http://ahiru.zive.net/joyful/img/916.jpg
http://ahiru.zive.net/joyful/img/900.jpg
http://ahiru.zive.net/joyful/img/923.jpg
http://ahiru.zive.net/joyful/img/924.jpg
http://ahiru.zive.net/joyful/img/925.jpg
http://ahiru.zive.net/joyful/img/926.jpg
http://ahiru.zive.net/joyful/img/927.jpg
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-03-01/15_01.html

(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル((((


162 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/17 18:10
>>157
神前では般若経典(「明神」云々が出て来る)が読まれて来たので般若心経で
いいですよ。「佛説」をつけるかどうかはそちらの判断で。
江戸中期までは基本的に葬儀・供養の事は仏教限定でしたから、無理に祝詞に
頼らなくてもいいかと。罪穢が生じた時や病の時なら可。

163 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 03:40
ワールドメイトという犯罪集団

164 :157:04/03/18 03:52
 >162
どうも、疑問なんですが、死者の罪穢の祓い、供養を祝詞に期待できますか?
祝詞だけだとやっぱ供養、回向の意味で不十分ですか?

165 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 09:36
お経と先祖供養がどうしても結び付かんなぁ・・

166 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 10:28
ま、たすかに今のニッポンでは
¥もうけとしか残念ながら映らない・・・

167 :仕事厨:04/03/18 10:39
神様仏様、私にお金をください。
たっぷりください。
5億円もあれば足ります。
早くください。

168 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 13:52
阿弥陀経

169 :移動尊 ◆WJbFLYm00w :04/03/18 14:08
神道の信徒でしたら、神道の方法で御供養?<こう呼んでいいのか分かりませんが、で不十分と言う事
は無いんじゃないかな。
>>165さん
お経は仏の説いた言葉などを書いてあり、その言葉を口に上げる、行動する等によりある種の徳を生じる。
その徳をあの世のご先祖の冥福に届くよう願うと、その徳と気持ちを喜んで受け取り、10のうち1だけ持ち
残り9を上げてくれた者の幸福を願いおかえしすると聞きました。
見たわけじゃ〜無いですが、信じたくは有る。

>>167は偽者つうか
きみは聖天スレで仕事厨さんにフラれてヤケクソになってるな。あわれだな。

170 :仕事厨:04/03/18 14:52
あらやだ。
私は、人をフッたことなんかないわよ。
私の自慢は聖天像を持ってることなの。
えへへ。
いいでしょいいでしょ。

171 :DQ僧:04/03/18 15:38
>>169 神道には「供養」はない。

> その徳をあの世のご先祖の冥福に届くよう・・・
残念だがその手の話は作り話。

172 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/18 15:59
>>164
供養とか回向自体仏教用語ですから。「神道」だと黄泉国なり根の国なり常世国
なりといった他界に勝手に行く事になっている。
仏教の冥界ほどイメージがはっきりしていないので逆に不安がありそうですが。

173 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 16:13
 お経は原始仏教などでは哲学書的な解釈がとられてると思いますが、
大乗仏教の場合であれば死者に対してお経の意味自体よりその呪術的要素が大きい
と。つまり経をあげることによりそれが神仏に感応しその神仏により死者が供養される、
つまり回向的な目的が主であると考えます。

174 :DQ僧:04/03/18 16:15
>>173 違うね。

175 : :04/03/18 16:21
「お経を読めば先祖が供養される」ってのは、いわゆる
言霊信仰の一種なんですか?

176 :移動尊 ◆WJbFLYm00w :04/03/18 16:37
山野野衾さんと173さん
補足ありがとうございます。

DQ僧さんのは、補足でも反論でもない横ヤリだな。
しっかり内容を示さんとちとたらんyo



177 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 17:22
お経を読む→功徳を積む→その功徳を死者へ送る(回向)→
死者が功徳を受け取る→死者がより高い世界へ生まれ変わる

これが先祖供養の意義です

178 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 21:27
だったらお経でなくともご真言だけでも構わないのでつか?
お経くどいでつ。長いでつ。足がしびれまつ。
何故お経なのでつか?

179 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 21:41
神道なら「祀る」だけでいいから楽だぞぉ


180 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 21:47
>>179
仏教だって祀るだけでOKでしょ。
同じだよ。
それに神道だって毎朝、水、酒、塩、榊は、
あげなくちゃならないでしょ。

181 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 21:53
仏壇の中にご本尊があるが、あれは死者の魂をそのご本尊様の力により
浄土なりに導くためのものだと聞いたことがある。
 別に先祖を祀るだけなら別にご本尊いらないわけだ、しかし我々の力だけでは
不十分な為、そこでご本尊様のお力をお借りになり導いていただくと聞きました。
もちろんご本尊様の役割はそれだけではないが、死者、生者に限らず救済して頂く
のが大乗仏教の考えに則してると考えられる。

182 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 21:57
普通は祀るだけですまないのが仏教。
わかってないな〜
神道は祀る事が第一義って事言いたいワケ

183 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 22:02
↑は>>180

184 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 22:03
放置プレー

185 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 22:12
イタタタ・・・


186 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 22:37
大般若経

187 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/18 23:01
>>175
まあそういう解釈でもいいかと。鎌倉時代末期に活躍した名僧無住は『沙石集』
の中で日本語の発音で読んでもお経は功徳があると説いていますが、それも似たよ
うな話でしょう。当時から単に「読むこと」へのつっこみはあったらしい。
なお『大鏡』には僧侶が枕上で「宮毘羅大将」などと読んでいるのを聞いた貴族が
「これは自分を縊ると読んでいるのだな」と誤解して死んでしまったという笑え
ない話があります。(この話は俗人が伝えたもの。僧侶はわざわざ言わない。)

188 :反神道:04/03/19 03:27

 神道はカルト

189 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/20 03:28


190 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/20 08:42
なんか僧侶さんて、都合の良い事だけを
お経などから適当にピックアップしてきて、
「〜経にはこう書かれてます」で結論づけるような感がありますね。
何故自分がそれを正しいと信ずるに至ったのかはあまり語られない。
仏教を信仰するに至ったのか動機の点でお気楽なのかなぁ・・
ただ家業がお寺さんだったという、二世政治家のハシリみたいな。

191 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/20 13:20
阿弥陀如来根本陀羅尼

192 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/20 13:34
昔は知らず、今の世は在家であっても経典を研鑚する
時間も知識もあるんだから、僧侶に何かを期待してもなぁ
期待するから幻滅する・・・
僧侶は儀礼執行者でいいんじゃない?
正直、僧侶の皆さんも、その方が気が楽なんじゃない?
キリスト教が頑張るからプレッシャーあるだろうけどね


193 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/20 22:17
質問ですが、在家の我々が回向や供養にいいといわれる「法華経」や「般若経」「光明真言」
「尊勝陀羅尼」・・・などをきちんと覚えることができたら、わざわざ高い金出して法力のない
僧侶に読経頼まんでもいいと思えるのですが、どうですか?ま、法力あればいいんですが。

194 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/20 22:26
法力って信じてるんですか?
それが無いと回向や供養は無理ですか?


195 :移動尊 ◆WJbFLYm00w :04/03/20 23:01
在家でも篤信家やそうでなく気楽に信心なさっている方は沢山居られるし、僧侶でも同じく篤い方とナマグサが居られて、
どこに違いがあるのか?と、近所の老僧に聞いてみた。
すると、坊主はナマグサでも袈裟に力が有るので、在家とは同じ経上げても違いがあるらしい。
であるから、在家で信仰の末ある種の法力を持った者でも、一応後から一時期は僧籍に入って行く様です。
袈裟はキンキラから墨染め何でも一緒とは老僧の話。


196 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/20 23:24
古き良き時代を感じるな〜


197 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/20 23:41
「持経者」一人の験力>>>>>数十人の普通の僧侶の験力
という発想は平安時代以前からありましたから・・・今更言われても。
袈裟云々については竜が金ジ鳥に子竜を食われるのをなんとかして欲しいと
釈迦に頼んだところ袈裟を被せると難を逃れることが出来ると言われたとい
う話があります。

198 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/21 09:07
修験道の行者にお願いしよう

199 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/21 11:37
狐つきに袈裟掛けると治るってのが古典落語にあるなw



200 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/21 21:27
>>197
「持経者」って具体的にどのような方を言われるのですか?

201 :142:04/03/21 21:38
曹洞宗だと、在家得度の人が福田会っていうお袈裟を縫う会みたいので
マイお袈裟を縫って坐禅の時に身に付けてたりするけど。
お坊さんの袈裟とは別物になるのでしょうか。

202 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/21 22:24
>>200
時代により異なります。とりあえずは『法華経』に帰依して修行している人
というぐらいの意味ですが、詳細は高木豊先生の『日本法華仏教史の研究』
を参考になさって下さい。    

203 :200:04/03/22 02:32
>>202
有難うございます。真言宗系や修験道系の僧侶は法華経に帰依ってかんじはしませんが
それでも「持経者」ってよぶのでしょうか?

204 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/22 02:54
坊主はナマグサでも袈裟に力が有るので、在家とは同じ経上げても違いがあるらしい。
袈裟について素朴な質問です。
お坊さんの袈裟に法力があるならその法力は、在家信者の
略式袈裟、輪袈裟や折袈裟、半袈裟にもその法力があると思いますか?



205 :移動尊 ◆WJbFLYm00w :04/03/22 04:03
>>204
書いた以上のことは分からないですが、今度僧侶に聞いてみます。
法力という感じではなかったような・・・・・不勉強ですみません。

206 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/22 20:12
法力は僧侶の徳によります。
高徳の僧の袈裟には絶大な力があります。
袈裟だけでなく、たとえば高徳の僧が使った風呂の湯や
小便は万病に効く薬となります。


207 : :04/03/22 20:21
テスト

208 :移動尊 ◆WJbFLYm00w :04/03/22 20:21
>たとえば高徳の僧が使った風呂・・・以下、おことわりだ。トンデモナイ。

209 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/22 20:46
一遍上人絵伝をご存知ない?


210 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/23 03:06
わっ
荒らしで噂になっているあの有名な 移動尊さん 発見!

211 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/23 17:15
ami

212 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/27 23:28
う〜ん

213 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/28 12:47
仏説

214 :瑠璃光石:04/03/28 15:55
他の宗派は分からんが、真言宗に限ってはキンキラのは別にして黄色いやつは、
如法衣と言う。これを真言僧は如来を纏う或は、一体と成ると観念する。しかるに
如法衣とは如来そのもの、或は真理そのものなので袈裟を着けると言う事はその如
来との一体を意味するのです。これは袈裟に法力や験力が有ると言うよりは、袈裟
も認可も師子相伝が無ければ全く意味も無ければ皆さんが言っているものも何もな
いよ。確かに相伝の後も精進して徳行を積んでいる僧侶とそうでない僧侶では雲泥
の差は出るよな。>>204が言う様に袈裟にはその様なものは有ると思うよ、正式な
形で師僧から授かって居ればだがね!在家信者の袈裟に付いても同じで、住職にお
加持して貰って有れば、授けて貰っていれば相伝の力は少なからずとも有るね。

215 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/28 21:11
>>203
元々は「常に経典を讀誦している者」の意です。もっとも『法華経』に限定
される例の方が多いようですが。

216 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/29 13:43
日蓮宗こそ仏教の王道

217 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/29 17:17
真言宗こそ仏教の王道

218 :名無しさん:04/03/29 19:38
あのねえ、もともと仏教には死後の世界なんてないの。
死んだら土に返る=有機物が分解されて無くなるだけ。
だから先祖供養も必要ありません。

だいたいお経というものは、聖書と同じでただの物語。
別にそれ自体がありがたいものではありません。
意味もわからない、中国語訳をそのまま読んでありがたく思っているだけ。
http://www.tctv.ne.jp/members/tobifudo/kyoten/okyo.html



219 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/29 20:17
もともと仏教に死後の世界がないっていう証拠は?
いまだだかつてお釈迦様が「死後の世界など無い」って断言してる
お経見たことネーヨ。リンク先も全然関係ないしw。

220 :名無しさん:04/03/29 22:18
>>219
まずあなたが、死後の世界はあるとお釈迦様が言っている
というお経を出してごらん。それが正しいならそこで話は終了。
イラクの大量破壊兵器の話と同じで、あなたのレベルでは
死後の世界の話が見つからないからといって、
死後の世界がないというわけではないのと同じ。不毛な論議になる。

お釈迦様ははじめから死後の世界のことについては話さなかったんだ。
なぜならリンク先からほかの関連リンクをを見るとわかるけど
仏教は現在生きている人のための宗教だから。死んだ人には関係ないんだ。


221 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/29 23:36
>死んだ人には関係ないんだ。・・・・ではなく、違う世界であるが密接な関係が有ることを知らないんだと思う。
経典に無いものは存在しないなどと思わぬように。とはいえ、あの世のことは逝ってからのことだけに、せめて
生きている間はこの身をつくして精進しませう。と思う。

222 :名無しさん:04/03/30 10:27
経典に無いものは存在しないなどと思わぬように
>だからイラクの大量破壊兵器と同じ話はするなといったはず、
生きている間はこの身をつくして精進しませう
>これには何の反論もありません、同感です。

223 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/30 11:38
>>220死んだ人には関係ないんだ。
大有りなんだけど、あのさ、仏教の釈尊が発見した最大の功績は
「前世、現世、来世を元にした因縁、因果の法」なんだけど、だから死んだ
人に関係ないことなんかない。そもそも仏教が単に哲学だけでなく宗教である所以
っていうのは人智を超えた存在を認めたところにあるし。
 大乗仏教や回向、菩薩などの概念が生まれた理由もそこに絡んでくるし、
ツマランあなたの考えより確かな知識を元に次から語ってください。


224 :移動尊 ◆WJbFLYm00w :04/03/30 15:58
>>220
世の中の仏教に限らず、聖なる教えには祖先を敬う供養する等方法は違えども、幾らでもあるし
又、死後霊となるか神となるか、その死後の世界についても、世界中の先賢によって経典、その他
によって表されています。それらを信じて生きていきて居るものに対し、異論があればそれを証明
しなければならんのは貴方ではないですか?
もっとも、御自分が土になるのは勝手だが・・・。

>生きている間はこの身をつくし・・・云々はワシも同感ですよ。

225 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/31 02:00
test

226 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/31 13:24
>>220
>なぜならリンク先からほかの関連リンクをを見るとわかるけど
>仏教は現在生きている人のための宗教だから。死んだ人には関係ないんだ。

この文章は「リンク先及び関連リンクに書いてこと」は死んだ人に関係ない、
ということを示唆するに過ぎない。
「もともとの仏教」には死後の世界なんてない、ということは全然論証できていない。
この主張はあなたが先に始めたことなんだから、あなたが証拠を挙げて立証する
責任がある。
さあ、くだらない屁理屈はいいからさっさと「死後の世界なんてない」って説いてる
経典を挙げてごらんw

227 :名無しさん:04/03/31 20:03
言葉足らずだったか、お釈迦様は死後の世界のことは話さなかった(私はこの事からないといった。)

お釈迦様が答えないで捨て置かれた問いのことを、捨置記(しゃちき)と言うそうです。
お釈迦様の死後の世界についての態度は、問いを捨て置かれたことから「考えなくてもいい」
あるいは「考えるな」ということなのですね。ですから、仏教においては死後の世界は
あるともないとも言いません。
http://www.hidatakayama.net/asato/gohouwa/0310sigo-no-sekai.html

228 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/31 21:05
パーリ仏典長部パーティカ経:
「…スナッカッタよ、そなたは裸行者コーラカッティヤのことを<この沙門
は端正である>と思っているようでだが、かれは7日後に満腹によって
死ぬはずである。そして死んだ彼は、カーラカンチカという阿修羅群の
最下の阿修羅身として、そこに生まれかわるであろう。…」

「友らよ、いつかあるとき、長い時間が経過した後、この世界が破壊する
時期がある。世界が破壊する時、生ける者たちはほとんど光音天に
転生する。彼らは、そこでは意から成り、喜びを食べ物とし、自ら輝き、
空中を行き、清浄の中にあって、久しく、長い間とどまる」

229 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/31 21:11
パーリ仏典中部大獅子吼経
「またサーリプッタよ、如来は種々の過去生を次々と思い出す。
たとえば一生でも、ニ生でも…(略)十万生でも(略)…数多の破壊と創造
の劫でも、つぎつぎと思い出します。『そこでは、これこれの名があり、
これこれの姓があり、これこれの色があり、これこれの食べ物があり、
これこれの楽と苦を経験し、これこれの寿命があった。その私は、そこ
から死んで、あそこに生まれた。そこでも、これこれの名があり、(略)これ
これの寿命があった。その私は、そこから死んで、ここに生まれかわって
いるのである』と、このように具体的に、明瞭に、種々の過去生を次々に
思い出す」

230 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/31 21:15
パーリ仏典中部大獅子吼経
「サーリプッタよ、私は地獄も、地獄に至る道も、地獄に至る行道も知って
いる。また、それによって行道する者は身体が滅ぶと、死後、苦処・悪道・
破滅の地獄に生まれかわる、ということも知っている。」

231 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/31 21:21
パーリ仏典相応部コーカーリカ
・・・修行僧コーカーリカはサーリプッタとモッガラーナとに対して
敵意を抱いていたので、死んでから紅蓮地獄に生まれた。
・・・(略)・・・
ある修行僧が尊師に告げていった、「尊師、紅蓮地獄における寿命の
長さは、どれだけなのですか?」
「修行僧よ。紅蓮地獄における寿命は実に長い。それを幾年である
とか、幾百年であるとか、幾千年であるとか、幾十万年であるとか、
数えることは難しい。・・・(略)・・・悪口を言いまた悪意を起こして
聖者を謗る者は、十万と三十六のニラッブダのまた五つのアッブダ
の地獄に赴く」


232 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/31 21:50
>死んだら土に返る=有機物が分解されて無くなるだけ。
>だから先祖供養も必要ありません。
釈尊はこれを断見と言って戒められている。
「来世は無い。化生(天界や地獄の生まれ)の衆生はない。
良いカルマと悪いカルマの果報は無い」という考えの王族パーヤーシ
をカッサパ尊者が戒めるパーヤーシ経(長部23)などがある。

233 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/31 21:55
また長部31「六方礼経」には在家の務めとして、子は父母を
養う事、父母の用事を行う事、家計を存続させること、財産を
相続していくこと、亡くなった祖霊に供物を捧げること、が
説かれている。ちゃんと先祖供養も説かれているのである。

234 :移動尊 ◆WJbFLYm00w :04/04/01 01:56
おおっ、これは勉強になりました。ありがたい。

235 :名無しさん :04/04/01 06:46
お釈迦様が話さなかったことを書いてあるお経はすべて偽経。
偽経だからといって読む価値がないわけではありませんが。

236 ::04/04/01 11:57
テープのお経があれば、坊主はいらん。

237 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/01 12:25
【偽経】(ぎきょう)
インド以外の地域、特にシナにおいて、名を仏説に借りて偽作
した経典。インドで偽作された経典は偽経とは呼ばれない。
              (仏教語大辞典・中村元著・東京書籍)

中国や朝鮮・日本で作られた経のこと。サンスクリット本その他
から翻訳された経を<真経><正経>と呼ぶのに対し、翻訳経
とはみなしがたい経をいう。           (岩波仏教辞典)

238 :DQ僧:04/04/01 15:09
だから先祖なんか供養すんなって。

239 :名無しさん:04/04/01 23:02
お盆は、中国で「先祖を大切にしよう」という儒教的教えを元にして作られた
仏教風行事にほかならない。これを仏教の伝統行事などと称するのは間違いで、
この時期に墓参りさせるのは霊感商法と言っても過言ではない。(中略)
そこに仏陀釈迦牟尼の教えは薄められ、仏陀釈迦牟尼が一言も説いたことのない
「先祖供養」なるものと習合させられてしまっているのが実態なのである。

http://deva.aleph.to/documents02/event10.html

240 :移動尊 ◆WJbFLYm00w :04/04/02 01:10
>>239
お話にならない。

241 :移動尊:04/04/02 02:26
>>239
うんこをもらして出直してきてください。

242 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/02 05:47
 >>238、239
あんたらは、それでいいじゃん。いちいち強要することもねーし、
かまって欲しいのか?

243 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/02 07:15
>>名無しさん
お経というのは事実かどうか疑われる、しかし、釈尊が存在したことは
事実だろうから、話は否定できても存在を否定できるとは思えない。
 貴方自身の存在は否定できないがその考えは貴方自身が否定も肯定もすること
となる。
 貴方自身の中に既に確固たる考えがあるなら、それに忠実かあなたが実践すれば
いいだけのこと。
 

244 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/02 07:17
移動尊さん。あんた良い事もカキコするんだから、あまり下品な事書くんじゃ
ありませんよ!
あのさー!このスレの始めの頃から見てるんだけど、神道と仏教に交じり合え
とは言は無い、どうしても双方とも受け入れられないのであれば仕方がないと
思うからだ。しかし、せめて分かり合ってはどうだろうか?交じり合えないの
であれば上手く共存をして欲しい。自分の家の常識と隣の家の常識が違う様に
神道が性に合う人と、仏教が性に合う人では違って当然だからだ。仏教寺院に
は鎮守として神様も祭られている処が多い。世界では人間同士が憎み合い、殺
し合って苦しんでいる人達が居る。2ちゃんでマジスレするなと言う方も居る
かもしれんが、私は双方の良い面を前面に押し出し、考え込んでしまうような
面は、ディスカッションして活路を見出せる様にしたいとは思わないかな?い
や思って欲しいのだが…     
少なくともこの事で憎しみ合いは無くそうと思って欲しい…今後のために…

245 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/02 08:28
↑どの移動尊?

246 :移動尊 ◆WJbFLYm00w :04/04/02 09:00
>>245
放っておいて良い。せめて分かり合ってやろう。勘違いだろうよ>>244

247 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/02 18:36
>>244
このスレ先祖供養のお経スレのはずだけど。
なんで神道と仏教の融和の話になってんだ?w

248 :244:04/04/02 23:23
>>247スマン
スレ間違った。

249 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/05 19:43
cfg

250 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/05 21:57
移動尊て人が来てからここ面白くなくなっちゃったね。
なんかやーな感じ。

251 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/05 22:27
聖天スレつぶした荒らし屋だからね

252 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/06 00:17
>>250-251 聖天スレ追い出された荒らし屋?ココに来ないで。

253 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/06 00:26
>>252
誰の事を言ってるんだ???
聖天スレでも他スレでも一番嫌われているのは移動尊だろ?

254 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/06 00:43
>>253来ないで来ないで〜聖天スレに帰ってください。荒らさないで!

255 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/06 04:33
>>252>>254
おまえ頭大丈夫かよ?何を言ってるんだ?
聖天スレだかなんだか帰れとか意味不明のこと言ってんじゃねえよ。
それにこのスレをおまえ独り占めしようとしてないか?
来ないで来ないでってアホか?
くだらない会話してんじゃねえぞ。
今度、このスレ独り占め発言をしたらタダじゃおかねえぞ。


256 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/06 10:07
>>255お願いだから消えて。ここは先祖供養のお経についての掲示板です。
聖天スレみたくなっちゃイヤだから、消えろ。

257 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/08 00:33
上記の方とほぼ同じ発言になっちゃいますけど
聖天信者は出てってください。
汚さないでください。
ほんとうに大迷惑ですから
出てってください。
聖天信者が出入りするようになってから
話が脱線するようになって
もう本当に大大大迷惑です。

258 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/08 02:26
聖天スレのヴァカ厨どもが移動尊に粘着して
他スレにまで迷惑かけてるみたいだ。
スルーしよう、ホントにヴァカらしいから。
荒らしはサクっと削除してもらおう。

259 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/08 15:16
移動尊っていったい何者なんですかね。
かなりのトラブルメーカーみたいですが。


260 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/08 17:36
>>259聖天スレに逝ってそこで聞け。

261 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/09 00:25
聖天信者のきちがい野郎め
とっとと消えろ
2ちゃんから失せろ

262 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/09 01:01
聖天スレでは、移動尊の他に、背理、仕事厨というコテハン師達も嫌われているようです。

263 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/09 03:19
聖天スレの話はスレ違い、やめましょうよ。
どんな感じなのか見て来たけど、
今どきwを多用する未成年っぽいのがいました。


264 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/09 05:35
聖天信仰の方々は、いったい何を考えているんでしょうね。
これだけ周りに飛び火させて、自分たちはまるでヒーロー気取りなのでしょうか。
自己中もほどが過ぎる。
本当にひどい人達だと思います。

すいません。どうしても一言言いたかったので。>>263
本当に聖天スレの話はやめましょう。もう終わり。
ここから先祖供養のためのお経に戻したいと思います。

私は毎朝、毎夕の勤行で、理趣経と般若心経、他,唱えてますが
理趣経と般若心経に関しては相反する内容のような気がして、
最近それが気になってしょうがありません。
個人的には理趣経は、私の考えに合っているのですが、般若心経も
先祖供養には絶対に必要なので、とまどってます。
両者読むのに問題なければいいのですが。どうでしょうか。


265 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/09 23:05
>>264
理趣経って煩悩即涅槃の教えでしたけ??
あと、理趣経は得度受戒した者でなければ読むことだできないですよね?

以前、祖母の納骨で高野山奥の院に行った時に初めて理趣経をききました。
「善哉善哉」あたりからの節回しなど大変美しいなと思いました。

ちなみに私は日蓮宗の信徒なので先祖供養には法華経の要品をあげてます。
祖母も形式的には日蓮宗信徒だったのですが、生前からお大師さまを信仰しており
お遍路にも何十回と行っていました。
葬儀は日蓮宗でやりましたが、やはり死んだら高野山の奥の院でお大師さまと眠る
のが一番の供養と思い分骨しました。

教学上ではこういう行為は問題なんでしょうが、まあ祖母のよろこぶことが
一番の供養かなとおもってます。

266 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/10 22:15
具体的にどこが相反すると思いますか?
感じるところを書いて味噌。
そのままにしておくのは、よくないですよ。

267 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/10 23:55
                                                △   
                          ┗0=============0┛             (Д´ )  
               \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/ .   (UU )
            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\   . 丶 ノ
                  0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0   .   ヽ丿
            [二] | ::|       |::|┏━━━━┓|::|       | ::l [二]..     ν
◎○@※◎○@※. |□|.│ |┌┬┐ |::|┃/移動尊┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| ◎○@※◎○@※
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii| `)三(´| ::|├┼┤ |::|┃ヽ(`Д´)ノ.┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´il|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|
@※◎○@※◎○ | ::| | ::|└┴┘ |::|┃ (  ..)...┃|::| └┴┘| ::| | ::|  @※◎○@※◎○
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li┏━━━━━┓|::|┃  / ヽ ┃|::|┏━━━━━┓ li|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l
◎○@iiii※◎○@ ┣┳┳┳┳┳┫|::|┗━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫ ◎○@iiii※◎○@
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li
               ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
           [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
                |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|



268 :名無しさん:04/04/14 22:06
まとめ。
1 お経はただの物語の中国語訳、別にありがたいものでもなんでもない。
2 死後の世界などない、お釈迦様の死後の世界についての態度は、問いを捨て置かれたことから「考えなくてもいい」
3 【偽経】(ぎきょう)インドで偽作された経典は偽経とは呼ばれない。
  大乗仏教自体がすでにお釈迦様の教えではないのです。
4 先祖供養と仏教は関係しません。仏教は生きているための宗教です。

269 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/14 22:36
>>268
あんた、禅宗の坊さんやろ! 禅宗かて大乗仏教やんか! 偉そうに能書き垂れとる割にや、
御札売ったり、ご祈祷したりや。何しくさっとんねや! わしの友達に禅宗の坊さんがおん
ねやけどな、本山行って何の修行してきよったんや!ちゅーてどやしたったら、イジメ、拷問
形式ばった作法だけ。あーそれからや!人様をこき下ろす様なベシャリやゆーたったは。自分!
何宗の坊主や!

270 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/14 23:14
まとめ。
1 お経は釈尊を初め聖者方によって説かれた。人を真理(ダルマ)に導く教え。
そのためたいていのお経に経典を広めることの功徳が説かれている。。
2 「スッタニパータ」など最初期の原始仏典にさえ、死後の世界(地獄と天界)が説かれている。
お釈迦様は修行として死後の世界や過去生を見ようとすることは役に立たないと
教えたが、死後の世界じたいを否定する考えを「断見」と呼び、厳しく戒められた。
3 >大乗仏教自体がすでにお釈迦様の教えではないのです。
原始仏典自体がヴェーダやジャイナ教に似ており、どれが実在の
ゴータマ・シッダールタが話したことかはっきりわからない。
4 パーリ仏典「シーハーラ経」、漢訳仏典阿含部「六方礼経」等に
はっきり先祖供養の大切さが説かれている。生き物の犠牲を伴わない神々への供養、
先祖供養は生きている人のための利益になり、また真理(ダルマ)へと導く。

271 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/14 23:15
お経読んだからって本当の供養にはつながらないです。
毎日心をこめて手を合わせる!その積み重ねが供養になるのでは…

272 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/14 23:24
まあ落ち着いて。
人間らしく振る舞おうね。

273 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/14 23:31
>パーリ仏典「シーハーラ経」、漢訳仏典阿含部「六方礼経」等に
はっきり先祖供養の大切さが説かれている。

こんな聞いた事もないようなマイナーなお経にしか
先祖供養の大切さは書かれてないの?

274 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/14 23:45
・・・一般に「六方礼経」として知られる本経は、「在家者の律」とも呼ばれ
ここには在家者にふさわしい行為として語られていないものはないと言われ、
家庭生活に不可欠なものとして尊重されている。
                       『原始仏教12』(中山書房仏書林)

275 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/14 23:56
>>273
あんたの主観で判断したらダメ、あんたの勉強不足なだけでしょ。
まったく自分中心な考えなんだから。

276 : :04/04/15 11:27
先祖供養といえば、一休さんの枕経の話は有名ですな

277 : :04/04/15 13:38
>>270>>274
いい話ですね、有難う御座います。

278 :名無しさん:04/04/21 10:05
お経なんてありがたいものではありません。
たとえば、http://www.tctv.ne.jp/members/tobifudo/kyoten/shingyo.html
全部はとうてい読めないので、各経巻のタイトルと、初めの7行、中の5行、後の3行を読み、
あとはパラパラと流すようにめくり、最後に机を数回たたいて全部読んだことにします。
また、http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/6543/kyouzou.html
大輪蔵にはたくさんのお経が納められており、これに手をかけて一回転させると、
そこに納められたお経全てを全部読んだのと同じご利益があるとされます。

数行だけ読むとか、一回転させるとか、実にいい加減なものだという事がわかります。



279 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/21 10:42
まあ現状は葬式・墓地・供養の総合サービス業だよな。
いくらなんでも、仏教の主題が死人の供養ではないだろ〜よ(w
現状に矛盾感じて悩まねーのかね? 坊さんは。
儲かるからいいか? 現金収入だし 領収書もいらん場合がほとんどだし。
お布施が少ないとお経も中抜きするってホント?

280 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/21 13:04
お金がないと先祖供養もできないんですね。
世の中、不公平です。

281 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/21 15:43
あんた、世の中公平だと思ってたのかね!

282 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/21 15:47
仏教の主題は、「修行」だよ!
修行!修行!修行!
ブッダの最期の言葉も「怠ることなく修行を完成させなさい」だ。
君たち、葬式で坊主にお世話になる前に、寺に修行しに行く
覚悟はあるのかね。そこが問題だよ。

283 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/21 15:52
>>278
http://www.tibethouse.jp/culture/mani.html
チベットのマニ車も同じ事だよ。
あなたの発言はチベット人のくらしの信仰を中傷冒涜
してるも同然ですな。

284 :釈 :04/04/21 22:17
>>282
さっきから君ー!  良い事ゆーねー!  感心するよ、本当!!!

285 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/21 22:26
修行するぞ 修行するぞ 修行するぞ
徹底的に修行するぞ

286 ::04/04/21 22:40
>>285
君…。な〜んか違うっ!

287 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/22 17:38
移動尊って人あらし?
よそですごいことになってる・・・

288 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/22 20:39
そう、移動尊は荒らしです。
レスにことどとくケチつけて、皆をしらけさせ、
スレッドを悪意で満たすのが、やつの目的です。

289 : :04/04/23 01:52
>287-288かわいそうに。
御大に追い出されたんだねぇ〜wwなさけねぇ〜聖天荒らしww


290 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/23 13:38
>>289
なんでもかんでもそうやってみんなを聖天信者だと疑ってかかるのは、ちょっとどうかと思うけど・・。
聖天信者なんてほんの一部でしょう。


291 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/23 15:55
移動尊のことそこまで気にしてるのは
聖天スレの人ぐらいじゃないですか?
そもそもスレ違いですから放置しましょう

292 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/23 18:34
しかたないんじゃないかな?
移動尊が聖天スレを荒らしているのは事実みたいだし。

293 : :04/04/23 18:35
>290信者か住人か知れないんですが、聖天板から来たんじゃないですか>287-288
移動尊さん聖天板以外では荒しに反応してないし、スレ違い放置で。

294 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/23 18:43
>>293
どうでもいいことをいつまでも蒸し返しますね。
聖天だか移動尊だかそんなのどうでもいいですよ。
ここは先祖供養を語るスレなんだから、
話を戻してください。
あなたこそ、とっとと自分の住処に帰ったらいかがですか。


295 : :04/04/23 19:15
>294あはは図星つかれちゃったもんだから怒ってるんだねぇ荒し君。しかもAGEてるし〜
なんつうか、手口変わらないねぇ。
もうあっちには来ないでね。

296 :142:04/04/23 19:37
観音経、音は覚えますた。
次は写経しながら字を覚えますです。

来週父の命日なので、少し早めに日曜日に母と弟と墓参りに逝ってきます。

297 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/23 20:28
観音経全文と偈経では、効力にも当然違いがでてくるんでしょうか。


298 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/23 22:07
効力って、崖から突き落とされても空中で浮揚するとか?

299 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/23 22:29
そうじゃないさ。
宝玉が夢に出てくるとかいうアレのことさ。
裕福にならないと効力が効いたことにならん。

300 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/23 22:51
>298-299
スレ違い。
ここは先祖供養のお経についてのスレ。

301 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/24 04:08
スレ違いのものは、一切書きこみ禁止です。
守ってください。
とくに聖天スレからの流れは断固拒否しますからそのおつもりで!!!

302 : :04/04/24 09:54
>301
断固拒否しますからそのおつもりでなんて言ってると呼び寄せますよ。
やんわり流さなきゃ。


303 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/24 12:16

いちいちうるさすぎ w

304 : :04/04/24 19:26
なんだか>>301みたいなカキコ見たら疲れちゃうなー。

少々の脱線もOKくらいでいいんじゃないの?

ヒスヒスしいなぁ。>そのおつもりで!!! だって。

305 : :04/04/24 21:41
経読んだくらいで供養されるもんなんかね?
という疑問は誰にでもあると思われ

306 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/24 21:45
ネンピー観音力 長州力

307 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/25 00:53
>>297
効力ってどういう意味?偈文の部分は全文の要素を偈(唱)にして再度強調した形に
構成されています。
確かに供養の時は全文をお唱えしますが、御祈願の時は偈文だけですね。

308 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/26 14:32
>>296
トゲトゲしたやりとりの中、すがすがしいですね。たくさんお話できましたか。
お経もいいけど、このスレの答えの一つになりうるエピソードではないかと・・・。

309 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/27 00:31
運気を上げる為に、たまに一人で墓参に行って、
般若心経や観音経を唱えて帰ってきた夜は、必ず親と喧嘩する。
家族で墓参に行く風習は今はない。子供の頃の記憶でも掃除のみ。
ちなみに家の宗旨は、先祖供養否定主義の浄土真宗。
これって先祖がオレの墓参を嫌がっているという事かな?気になる。

310 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/27 00:52
>>309
どっかのスレで真宗の供養方法(位牌がないとか)が未成仏の先祖
を多く生み出して、子孫の体を拠り所にしてしまって、子孫が不幸に
なってる、ってあった。
 真宗の教義では多分供養は難しいだろうな、というか本願寺とか別
にいらんだろ、教義に則たら。

311 : :04/04/27 01:25
>>309
嫌がってるんじゃなく、すがってるんじゃないですか?経を上げてくれる貴方に。
それかもしくは、本来親がすべき事なのにしていないので、貴方を通じて表しているんじゃないかな。
改宗したわけじゃないので嫌がっていることは絶対ないと思う。

般若心経や観音経を唱えるのは悪いとはおもえん。真宗むずかしいよなぁ排他主義だし。

312 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/27 01:43
>般若心経や観音経を唱えるのは悪いとはおもえん。
私も真宗や日蓮宗の御通夜に行った際は、般若心経は唱えてはいけないよと、言われましたが、
何故悪いのか教えて下さい。経典や教義の中に唱えてはいけないと書かれているのでしょうか?

313 :753:04/04/27 06:09
>>312
般若心経となえるのなら題目や念仏唱えたほうが供養になる、強いて拒否
はしてないよ、って聞いた。

314 : :04/04/27 06:31
>>312
他スレで書いた本人ですが、310氏が述べているように位牌がないと
取り付く島が無いので子孫に憑く事があります。
(浄土真宗の教義が正しいなら墓も仏壇もいらん。阿弥陀さんを祀る厨子でいいはずだが
実際は強引なつじつまあわせであちこちに矛盾がある。善人も悪人も居るのに全員が極楽浄土に行ける訳ねえつうの
口が悪くてすまないが坊主も仏教宗派の中で一番の生臭なので頼りにならん。)

供養を求めて憑く場合もあるが嬉しくても憑く。ただし憑かれる人間がノーマル体質か
霊感(霊媒)体質かで違ってくる。霊感体質の場合は護身法を伝授してもらってお経を
唱えることをお勧めします。

護身法を教えてくれる師匠がいない場合はどうしたらよいかというと
「口に出さず心の中で読誦しなさい」とワシャ神仏から指導してもらったが
信じるかどうかは皆さんの自由じゃがね。(ついでに言うと南無阿弥陀仏と
唱えるのはNGで南無妙法蓮華経だと憑かないらしいが浄土系でお題目を唱えても
ご先祖さんは喜ばんから意味内わな。)

315 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/27 07:01
>314
普通、先祖が子孫にたたるか。"バカな子(孫)ほどかわいい。"という言葉を信じて
墓参り10年ぐらいしてないが

316 : :04/04/27 07:46
>>315
はあ?祟るなんでどこにも書いてませんが?
「生きている人間の体に先祖が憑く=祟り」じゃないよ。
早とちりイクナイ!

317 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/27 08:49
>>314
「憑依」で他人を不安に陥れるのは イクナイ!
仏教ではそういうのを「外道」というんだよ。

318 : :04/04/27 11:40
外道ったって実際にワシの体験で仏壇掃除して般若心経唱えたらご先祖さんがうれしさあまって
体に4,5人入ったんだけど浄土真宗の坊主にゃついたかどうかも判らんしどうすることもできんだろ?
(「極楽浄土に行っているので子孫に憑く事はありません」と言わないと教義と辻褄が合わないからな(笑)
また「お供えも要りません」というから坊主の言うとおりにしたらご先祖さんの中に水が欲しい人がいて
子孫に憑いて突然倒れる女の子もいたがな<=病院へ行っても当然原因不明)

317氏は自分の持っている知識で言っているんだろうが勝手に経典を研究して独自の解釈を説いている某宗派じゃなくって
こっちは実体験なんでね。信じようが信じまいが勝手だが自分自身が霊感体質と知らないで不本意な結果になることがあるんですよ。
(この時はワシも若く自身が霊感体質だと知らなかったからな、良かれと思っても生兵法は怪我の元)

少なくとも現代人と違ってご先祖さんの時代は、死んだら子孫が供養してくれると思って(当時の常識では)
生きていたわけだから子孫に供養を求めることは当然ある。
先祖にもそれぞれ個人差があるから程度に差があるし各家庭によりケースバイケースだけどね
(ちなみに位牌が無い場合や供養してもらえない無縁仏となって墓場に故人が居る場合は
護身法なしでお経を唱えると憑き易い可能性がある。
だから実相のわかった坊さんならむやみに唱えるなというだろうが知識として教義だけ
いくら研鑽してても頭でっかちの坊さんは在家の人に読経を勧めるし、坊さんでも両方の意見が当然ある)

霊感体質や気が弱い人、優しい人は頼られやすいから気をつけなさいって事。
(向こうからは見分けがつくらしいので冷たい奴には霊も頼まない(笑))長文スマソ!

319 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/27 13:29
>どっかのスレで真宗の供養方法(位牌がないとか)が未成仏の先祖
>を多く生み出して、子孫の体を拠り所にしてしまって、子孫が不幸に
>なってる、ってあった。

そんなことを言うのは真言でも儲け糞坊主だよ。正当性の無いような。
きちんとした真言僧ならばおよそそういうことは口にはまず出さない。
真宗門徒は数が多いから、真宗を貶せば祈祷で儲かるからそういう方向に
論を展開するのだな。

真宗は真宗で他宗には無いメリットはあるよ。自力方法論を禁止して止める
のだから一方的な他力に思えるが、それはそれでおかしな霊と関わらないと
言ったメリットもあるのだね。また、真宗でもある程度の徳とパワーのある
人は、逆に真言なんかの自力門には首を突っ込まない方がいいね、霊的には
損。ある意味フリーならば問題無いが。

 

320 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/27 14:04
宗教宗派なんてそれぞれに一長一短があるし、開祖の打ち立てたアイデンティティーに同意同調するか
しないかだけですね。アイデンティティーが気に入ればその宗派が好きと言うことになるし、
優劣で論ずること自体おかしいんですね。

ましてや、真宗の欠点を拾って金儲けに結び付けるなんて本末転倒の悪業ですね。
およそ仏とは縁遠い仕業ですね。どうせ生半可な奴でしょうがね、そんなことを言ったりやったりする奴は、


321 : :04/04/27 22:56
うむ、他スレでも書いておいたがワシは浄土信仰が間違っているとは思わんよ。
ワシの爺さんは死んでちゃんと極楽浄土に行ったらしいからな。その点ははっきり書いておきます。

問題は浄土真宗が教学研究をして他宗との差別化を図るあまり清め塩ポスター作ったり
神祇不拝を唱え他宗を非難する(学会に似てるな(笑))から門徒としても不信感が芽生え
おかしくなる。(ちなみにわしの家は両親ともに浄土真宗で改宗する予定は無いが

阿弥陀さんが「他の神祇に参る必要が無い」と言うならそのとおりにするが生臭坊主が
勝手に言ってるだけだからそんな説教は無視して神社仏閣にワシは行っているがね。

ちなみに319氏も320氏も妄想が激しすぎますよ(笑)金儲けって何ですか?
人助けのできる神仏と仲取り持ちのできる宗教家に会ったことが無いのですか?
わたしゃお礼といってもそんな金持ちじゃないから神仏に対するお供えって数千円ですよ。
何十万円何百万円もお布施を出させる坊主なんかわしゃ一人も知らんがね〜。

322 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/27 23:05
319、も、320、も、至極常識的なことを述べているだけだよ。


323 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/27 23:35
>>321
私の知ってる中では浄土真宗が一番お金かかる、って
イメージなんだけど・・・。

あくまでも、友達や親類や知人の話を聴いてという範囲ですが。

324 : :04/04/28 04:04
>>323
説明不足なところがあって申し訳ありません。321は319・320さんが妄想で
他宗派の檀家を引き入れるために真言宗の坊さんがそう言ったと思われているようなので
騙されている訳ではないと言ったまでです。
(葬式・法事に関しては地方によって差があるのですが
浄土真宗はそれなりにかな〜りお金が高(以下自粛))

ちょっと話がそれすぎましたのでまとめてみます。
(先祖供養のためのお経を声に出して唱えてよいかどうか)
○きちんと手入れされている自宅の仏壇
×親戚の家のほったらかしの仏壇
×赤の他人の家の仏壇
×お墓(特に午後三時以降はイクナイ)

で、×の部分でご供養したい時は、口に出さずに心の中で唱えればそれでよいそうです。
(もちろん違う意見もあると思いますので自説のある方はご遠慮なくどうぞ〜!)

325 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/28 13:44
先祖供養と少しズレてしまいますが、質問させてください。
先祖のためにお経をあげるときは、「○○家、先祖代々のため」と最初に言っておかないと
他の霊に見込まれてしまう、といった話題がありましたが、無縁仏に参るのは良くないこと
なのでしょうか?
うちの墓のある墓地には、一角に無縁仏の墓石が集められていて、前に地蔵菩薩の像が
あり、墓参の時にはいつもそこにも参拝しているのですが、関わらない方がよいのでしょうか?

326 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/28 14:27
>>318本でも出版したら?

327 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/28 15:58
>>325
それなりに力があるのなら、無縁仏や他の霊への供養も
すればいいよ。自分の徳も積めるし。
だけど大抵の場合、こっちの力が及ぶ前にやられちゃうことが多いよ。
未成仏霊なんて星の数ほどいるんだから、情を持てば持つほど
運気は下がる一方、これが通常。
まず身内の霊に対してのみきちんとしてあげて、自分にある程度力がついた
ところで他の霊も供養してあげたければすればいいよ。
でも力をつけるにはそれなりに過酷な修行も必要だから常人には無理っぽい。

328 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/28 16:24
で、お前らの中に誰か死んだ人いるの?

実体験とか言ってるが自分が供養されたこともないのにあれがいいこれがいいって
キャットフードの棚に「さらにおいしくなりました!」って書いてるようなもんだぞ

329 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/28 19:08
>>328 別に死ななくても運に嫌われ不幸に陥って人生ボロボロになる奴っているんじゃないの?そういうこと言ってるんじゃ・・・・と思うけど。違う?

330 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/28 19:34
>>328
それ言っちゃお終い。
「未だ生人の本を知らず、誰が死者の起りを談ぜん。」
ってやつだろうけれど分かった上で色々考えるのが楽しいのですよ。

>>329
死者の供養の方法論を語るスレだと思ふ。

331 :325:04/04/28 22:23
>327
レスありがとうございます。一般人ですので、力はないと思います。
無縁仏に参るといっても、その霊を供養しようとは思ってなくて、単に地蔵菩薩がいらっしゃるので
お地蔵さんにお参りしている、という感じです。

332 : :04/04/29 10:03
>325
>327の言うとおりですよ。控えたほうが良いです。

333 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/29 11:15
>>327
 >だけど大抵の場合、こっちの力が及ぶ前にやられちゃうことが多いよ。
 >未成仏霊なんて星の数ほどいるんだから、情を持てば持つほど
 >運気は下がる一方、これが通常。

ほんとに「通常」ですか?

わたしは、通りすがりに無縁仏に手をあわせるくらいの
人間的なやさしさを持っているほうが、自分の先祖が
喜ぶと思います。
それと、自分の身に起こった不幸な出来事を「霊障」として結びつける
のはよくない。

334 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/29 12:33
>333
貴方が知らないだけですよ。彷徨うて居る霊も無縁の霊も、好きでそんな状態になっているんじゃ無いので
可哀そうにも思えるんですが、他人に迷惑を掛けてでも救われたい助かりたい思いは、普通の人では受け
止められないほどです。それは、少々泳げても溺れる者を救ってみると分かる。ヘタすると道ずれ。
本当に誠実に供養してあげたいのであれば、やはりその道を修めてからでないといけないでしょう。

通常どの道歩むのでも他に関わる時はそれなりになってからですよ。

335 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/29 13:33
私も聞いたことがあるんですけど
無縁仏のお墓を掃除してあげてついてこられてしまったって
いうお話。
334さんのおっしゃるとおり、それだけの受け止める力が
必要ではないかと思います。
でも、ご自身で、手をあわせる=良い事=先祖喜ぶと思うのなら
周りが言っても止められないことかも。

336 :333:04/04/29 15:30
>>334
あなたの述べているところはどのような宗教・宗派の
立場からなのでしょうか?
さしつかえなければ教えてください。

337 :334:04/04/29 18:09
述べているところは経験上です。宗教・宗派のことはそれぞれに言い分もあろうでしょうし、
あまり関係ないです。
道端、またはご尊家の墓の近所に無縁佛の供養塔などに手を合わせたとして、すべてが
貴方に頼ってくると言うわけでないんですが、そう言う危険もあるってことです。そもそも
無縁佛に何を祈るのですか?その無縁佛の成仏?供養のつもりでしょうか?自分ちの
ご先祖なら少々の間違いも笑って許すでしょうが、他人様の霊に関して拙く供養しても、
まともな霊であれば恐縮でしょうし、また迷惑かもしれないですよ。供養されてない霊なら
助けて欲しい一心で様様な事が起こらないとも限らない。

よく考えてみるといい。貴方のお父さんが街角に立っていたとして、見知らぬ親切さんが
お父さんの健康を祈りだせば、貴方のお父さんやご家族は喜びますか?恐縮するか
怪しんでお断りすると思います。通常の霊ももとは人間なのでこの様な感じでしょう。

しかし、街角に立っている見知らぬ人で、何らかの事情で苦しんでいる場合ヘタに声を掛ければ
助けてくれとばかりに相談懇願されても、貴方が背負える問題でなかったら手を引くでしょう。
そのとき相手に期待を持たせて手を離すという間違いを犯すんです。これに似ている。

きちんと引導、供養等の出来るものならば良いが、そうでない場合は控えたほうが良いと思います。
真心さえあれば良いって事では無いようです。

やさしい心が良くないんではなく、簡単に行動が良くない。

338 : :04/04/29 21:28
>>334
説明がうまいですなあ。

>>333
宗教宗派の違いは人間の都合ですからね。
どこの国の人だろうが人間を作った神様は一緒ですわな。

ワシの妹は海外旅行で観光で教会に行って外人にとり付かれて帰ってきましたよ。
現地で一人だけ高熱出して寝込んだらしいですが、日本に帰ってきて帰郷の報告参り
の時に神仏から言われて判ったようですが、外人だろうと日本人だろうと宗教宗派の
違いはあっても霊性は同じだとワシは思いますよ。


339 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/29 22:17
ここ、オカ板ですか?

340 :334:04/04/29 22:44
>339
先祖供養に関してのおはなしだよん。オカはヨソ。

341 :333:04/04/29 23:42
>>334
私は仏教徒です。仏教では霊魂の捉え方については様々考え方がありますが、
私の見解は次のとおりです。

霊魂は私の心の中においてのみ存在するものである。
それは故人についての記憶から生成される。
「もし生きていれば〜するだろうな」「こういうときならこう考えるだろうな」
このような追慕の気持ちが、故人を生前同様の人格として自己の心の
なかに投影させるのだと思う。

実際に会ったことがない人物についても見聞など断片的な情報をたよりに
おぼろげながら「霊」を作り出すことはできるし、もちろん親密だった者の
それはよりリアルである。
それら「霊」の先には「先祖」がある。「先祖」は自分から世代が離れ
「個体としての霊」としてイメージ出来なくなった「霊」の集合体といえる。

「無縁仏」は、私にとっては「無縁」とは言い切れない。
「因」「縁」のはたらきで私はこの世に生を受けているのだから、なにかしら
関係があるかもしれないから感謝の表れとして手を合わせる。
不幸な死を遂げた人間だからといって、その死に際や人生の不幸な部分だけを
を切り取って「危険な霊」として見るのは安易だし傲慢な気がする。
人間はそんな薄っぺらなものではないと思うから、私はその「霊」の
尊厳性を精一杯尊重して、手を合わせる。


342 :334:04/04/30 01:45
>>333
貴方の見解は良く分かりました。私もあの世を見てきた訳でなく、色々な事象を
経験しての私見ですので、例えるなら、群盲象を評すの如く一面の事実しか把握
出来ていません。が、過去多くの聖賢が指摘しているように、この世とあの世、
人の世界といわゆる霊魂の世界とは別々に存在して、かつ、密接に関係があるように
思えます。ですから、人の世界でも善人と悪人が居るように、あの世でも善良なる霊、
又は悪霊とも思える存在があっても不思議は無いと解釈しています。

>不幸な死を遂げた人以下に誤解があるので書いておきますが、死に際や人生の不幸な部分
を以って危険であると言ってはいないのです。そうでは無く、たとえ現世で大満足であったとしても
あの世で如何なのか、苦しんでいるのか、供養が欲しいのか、満足なのかは、通常の人間には
分かりづらい事で、それを簡単に良かろうと思って手を合わすや、供養、読経などを行えば、
例えばもっとくれと言うか遠慮されるかは、こちら側では分からない部分の事柄では無いですか?
ごく一部にそういった霊魂や神仏と意思の疎通がある方も居られるし、又は、所定の修行等を
終えた僧侶ならば、通じる方法で供養なともあるでしょうが、一般のものが行うならば注意が必要
と思います。
通常日々の御供養時や寺院での参拝時に回向文を読むでしょうが、その程度で収めておくのが
程々でよいのでは?もしそれ以上を望むなら、然るべき師について作法に準じて行うのが相手の
無縁佛に対する礼儀でもあるんじゃないかな。
>安易だし傲慢とは、我の供養で相手が喜ぶと思い込むところに当てはまってしまうのではないでしょうか。
目に見えない世界に関わるときは細心の注意を持って安易に進まないようにしなければ、折角の
親切心がアダになりうるし、ご尊家のご先祖も心配するかもしれない。

等言ってるとキリが無いですね。行なうは自由だし・・・・ただ、何か変だなと思った時は、こんな話しも
有ったなと思い出して、上手く切り抜けられることを願います。

343 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/30 05:55
 先祖供養っていっても結局ご本尊の力で導かれることが大体だ
ってことを聞きますが、ならどの本尊なら回向にむいてるでしょうか?
よく地蔵様が拝まられますが、なんか対象は人間限定って感じがします。
私の先祖は魚の生命を奪う仕事してたので、できればその魚の回向も
先祖の回向も行える本尊ってなにになるでしょうか?

344 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/30 11:37
>343一緒にしてはいけませんよ。人は人、魚は魚。別々にしなければいけません。
人ならば地蔵様、観音様、阿弥陀様等有るけど、魚は・・・・なんだろ?最寄の寺院
等で一年に一度供養で良いのでは?

345 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/30 12:47
 >>343
観音菩薩でOK、あの尊は六道の存在すべてカバーするから。
それに水の仏様でもあるんんだな。

346 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/30 17:08
無縁仏の話について質問です。
交通事故の現場に供養のためにお地蔵様がまつられていることがありますが、
手を合わせたりしないほうがよいのでしょうか?
あと、公園や街角にある、町内で守っているお地蔵様だとどうなのでしょう。
通りすがりで気づいたときに、一礼をしたり合掌したりしているので少し不安です。

347 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/30 17:33
>>343
魚藍観音様ではいかが。七七日の仏事に観音の画像を描いて供養することは
奈良時代から庶民の間でも行われていたようですよ。

348 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/30 19:03
>346
事故現場のは、おっしゃるとおり手を合わせたりしないほうがよいと思う。
>町内で守っているお地蔵様・・は、良いんじゃないですか。

私は参拝に行った所以外の町の不動尊、地蔵尊等には会釈程度です。


349 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/30 20:02
>>346
大丈夫です。自信を持って手を合わせてください。
中途半端な気持ちがいっちばんいけない。

350 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/04/30 22:56
>346
事故現場のは手を合わせるなどしない方が良い。事情が分からないんだから
控えておいたほうが良いです。仏教徒だったら心情的に仏像を無視できないでしょうから
会釈程度で済ませておいたほうが良い。
>348に有るように中途半端な気持ちで他人の供養など考えないように。
もしもの時、背負いきれないですよ。
町内の地蔵尊などは別に問題ないんじゃないかな。ま、参拝でなければ、
>一礼をしたり・・で十分でしょう。



351 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/01 09:30
>>350
お地蔵さん見かけてもいちいちその素性を調査して
判定しなければ手をあわせてはいけないの?
常不軽菩薩が泣くぜ。

350様の信仰について漏れがとやかくいう気はないが、
350様が自分の心霊観を述べたいのならオカ板がふさわしい。

ここは
「先 祖 供 養 の た め の お 経」
ってタイトルなんだから仏教の立場からのアドバイス
を心がけるべきだろう。

352 : :04/05/01 10:26
>>351
お地蔵さんが問題ではなくて、そこに供養を求める霊が居た場合に
「この人は優しい人だ」と思ってついてくることがあるから
注意が必要なんだと思いますよ。

318でも書いたけど、向こう(霊)からは優しい人か冷たい人か見分けがつくようです。
ワシの個人的意見としては死者の供養は身内だけお勧めします。赤の他人は数が多すぎるので
放置プレーがオススメ。
(外国のスラム街で子供に小銭をせがまれて誰か一人にあげたら他の子供もたかってきますよね
全員に小銭あげることが出来ますか?ワシは普通の人には無理だと思います。)

353 : :04/05/01 10:44
>351
地蔵尊の姿とはいえ事故死者の菩提を弔う為に建立してあるのと、地域の鎮護等の為の地蔵尊では
意味合いがちがってくるんだよ。
先祖供養の為や自身の信仰心から参拝する時、近くの事故現場の地蔵尊に参拝はせんだろう?又、
事故死者の関係者は、現場の地蔵尊に死者が迷わず成仏・・と願っても良かろう?ということだ。
調査とか判定とかの話ではない。

常不軽菩薩が・・・とは?私は常不軽菩薩さんを知らないので信仰するつもりは無いですよ。しかし、
目の前に居られれば知らぬ顔などせず、会釈ぐらいはするでしょう。以前の話はこの様なことです。

仏教の立場からのアドバイスとあるが、其れ仏教は大乗、小乗、宗旨、宗派と解釈もそれぞれで、
今は私という仏教徒が経験上感じたことを書いています。

信仰についてとやかくいう気は無いと言ってオカ板がふさわしいとか、仏教の立場からのアドバイス
を心がけるべきとか・・少し変では?

先祖供養に付随して魚の供養の話があっても、先祖供養から地蔵、観音に話が向いても良いんじゃない?


354 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/01 14:15
我が家は浄土真宗。仏壇の古い位牌を見て不思議に思うんだけど、
   曽祖父の法号が 釈〇〇不退位
   祖父が     釈〇〇不退位

〇の中には西、念、応、眞とかの字が入ってる。院も居士も信士もない不思議な
法号なんだな〜。不退位ってどんな意味が隠れてるのか? 
知ってる人がいたら教えて!




355 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/01 17:11
常不軽菩薩とは、法華経中に出てくる万人にペコペコするバカ。
こんなの真似したら、誰でも不幸になるとこ間違いなし。
常不軽菩薩なんか出すのは、よほどの世間知らずの法華経バカ。

356 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/01 17:38
無知に罪はないけれど、菩薩をバカ呼ばわりするのは止めとけ


357 : :04/05/01 17:51
>万人にペコペコ・・ではなくて、誰に対しても相手を軽んじない。では無いですか?
それはそれで立派だとおもうが・・・2chでは見かけないタイプ。

358 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/01 19:43
立派だけど損をする。
負け組になりたければ、常不軽菩薩を見習え。
これは間違いない。

359 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/01 20:54
>>358
常不軽菩薩を崇めて何が悪いの?
負け組になるなんて誰が決めたの?
絶対にそんな事ないと思います。
死後の安泰が約束されると聞いたことありますし、
信仰したらそれなりに自分の血となり肉となっていくはずです。
お金がない=負け組という思考そのものがおかしいと思います。
常不軽菩薩は、現世利益という観点から見たら、力は弱いかもしれないけど
真の幸せってお金だけじゃないし、健康で家族皆が安泰で安らかな
死後を迎えることが本当の幸せだと思うから、
負け組ではないですよ!
福徳ばかり授ける神様は、それなりに熱心に信仰しないと子孫が先細りに
なっていったり、崇りがおきたりしますから。


360 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/01 22:36
脱線してなお転覆っぽいな。ぼちぼちご先祖供養しる

361 : :04/05/01 22:50
351のカキコはワシだが352は一応別人なのじゃ。

で、
>>354さんが聞いている「不退位」ですがこれは仏教の修行階梯で大きく4つに分けられていますうちのひとつ。
(1)生きている間に輪廻から解脱するレベルまで達した人は仏陀や阿羅漢「アラハン」と言われます。
(2)現世成仏しなかったけど死後に涅槃が得られて、もう肉体を持って生まれてこないレベルを「アナゴン」と言います。
(3)1回だけ肉体を持って生まれ変わる必要があるレベルの人を「シダゴン」と言います。
(4)7回生まれ変わるまで必ず成仏することが確定したレベルの人を「シュダオン」と言います。
これ以下のレベルである凡夫(その他大勢)はいつまでたっても輪廻を繰り返すと考えられています。

ここで、一番初歩のレベル「シュダオン」は将来必ず成仏することが確定しており、悪事を働くことが無くなり
地獄行きになることは無いと考えられており「不退転の聖者」とか「預流(よる)の聖者」と言われます。

この「不退転」の地位になるためには二つ方法があると言われています。
数ある煩悩のうち身見・疑・取見と言う3つの煩悩を絶つこと。
もう一つの方法は如来に対して絶対確実の「信(信心)」を得ることとされています。

浄土信仰では他力本願で現世成仏は目指しません。阿弥陀如来に対して絶対確実の
信を得ることで死後に別世界に生まれ変わってそこで成仏すると説いています。
将来、成仏(輪廻からの解脱)が確定しているならば「不退位」ですね。

(まあ、戒名や法号がどうであれ実際のところ極楽浄土に行っているか
凡夫のままかはワシは判りませんのでその点は悪しからず。
名づけた坊さんに聞いてね)


362 :ひみつ:04/05/01 23:00
>>359
そうだなっ!!
高々金、日本銀行印刷会社が刷っている紙だ!!
それを崇拝しているのだろうね。どっちが負け組みかね〜ウンウン。
神仏を崇めるって人としての基本だな・・・
この基本が出来ていないってことは、親がつまらんな!!
>>358の親はその代表だろうな。なぁ〜んてね。アハッ
オトチャンとカアチャンがおめこしてうんこのように出てきたのがおみゃ〜だろうな。

363 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/02 00:02
>>359
あなたは勝手に阿弥陀如来でも拝んでいてください。
私は聖天様に「いま」幸せにしてもらいます。

364 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/02 00:21
これまで実際に接してきた宗教関係者や信者を総括すると、
常不軽菩薩に言及したがる人って、世間知らずなお子様が多い。
足が地に付いていないから、あんなキレイゴトが言えるのかな。

現実には、醜い人や悪人も多い中で、どう生きていくかが大切なのに、
そういう視点がすっぽり抜け落ちているんだよね。

法華経って、ある意味、知性のある人には厳しいものがある。

365 :357:04/05/02 01:40
聖天様は良いと思うが聖天スレの住人は悲惨なもんだ。
我利我利亡者一直線の信仰心木端微塵だわ。

常不軽菩薩に言及って日蓮系のことかな?
>どう生きていくかが大切・・には同意だね。

366 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/02 01:41
先祖なぞ、あえて供養する必要は無いと思うぞ、
何故なら、先祖なんてエコひいきもあるし、ある種有事法制の如く、
AとBならBが優秀でAは重症だが軽症のBを優秀なので優先して助ける、と言った、
冷酷過酷な優先順位が鉄則であって、たとえ供養する奴がいても必ずしもその効験は
そいつに下るとは限らず、そいつの身内内部怨敵に功徳が行く、なんてことも有り得るんだね、
先祖とはやはり生身の人間のように主観もあれば好き嫌いもあるしエコひいきもあるね、
またかなり気まぐれなケースもある。
特定の先祖霊が駄目ならもっと相性の合う他の先祖霊に武運長久を頼めばいいだけの話。
そいでもって必ずしも宗教的倫理が先祖の意思そのものとは合致もしていないことは確か。
先祖によっては、「あの女とやれ、やって植え付けろ」と指令を出す霊もあるし、
要するに現世に自分の子孫を蔓延らせたい意思が強い。

367 : :04/05/02 01:49
>>366
>先祖によっては、「あの女とやれ、やって植え付けろ」と指令を出す霊もあるし、
それって駄目やん、ぜんぜん死後成仏してないし供養もできてないから色欲ムンムン(笑)
ろくでもないなあ〜、それじゃあ幽霊の一歩手前だよ。


368 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/02 01:58
先祖供養をする大真面目な哲学修行僧がいる一方で、チンポの方形手術をしてまで
女遊びをさせて結果的子孫繁栄をさせる、これが先祖霊の真の姿。
そういう偏屈な霊とは関わらずに、もっと建設的で理知的理性的な先祖霊を探せばいいだけの話。
先祖霊なんて精子の数ほどいるはず、誰にでも。

369 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/02 02:01
>366
いやいや先祖の供養は大事だし、第一供養の効験?は回向するのに、
功徳が自分にとか他の身内とか普通考えんだろ?

>指令を出す霊?その指令は電波ですか?

370 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/02 02:55
指令を出す霊とは指導霊のことでゎ?
守護霊は、直系の先祖の中の人が一人につき一人つく。
指導霊は、つく人とつかない人いて、人数もバラバラ。
宇多田ヒカルは、指導霊が何十人もついているってさ。羨ましピィね。

371 :351:04/05/02 10:15
だめだこりゃ。

372 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/05/02 10:52
>371
いつからオカルト板になったのやら・・・。

373 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/02 12:15
損しないように・・・とか、ご利益が無いのは誰のせい?
とかビクビクしながら生きるのは疲れませんか?

損しても、ご利益が無くても安心して生きていける・・・
そんな信心が理想なんだけどなぁ


374 :354:04/05/02 14:54
>>361
 いや有難うございます。子供のころから仏壇を覗いては「?」と疑問に思っていました。
 が、誰に聞いても「?」の表情が返ってくるばかり。年寄りもいたのに。
 難しいものですね。経典は日本語訳でないから読んでも聴いても意味が分らない。
 原初から日本の仏教は重大な手抜きがあったと考えます。今からでも何とかならんかネ。
 聴いて分るお経‥。

375 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/02 16:17
訓読みのお経もあるし(般若心経も)
お経を日本人にわかりやすく七五調の歌にした御詠歌もあるよ

376 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/02 18:19
>>374
和賛って知ってる?

377 :  374:04/05/02 19:59
>>376
 〈和賛〉知りません。けど、聞いたような気がしますが。
  ちょっと話がそれますが阿弥陀如来というのはキリスト教の〈God〉みたいなもんですか?
  仏教を体系的に解説した読みやすい本、何かないですかね?

378 : :04/05/02 20:17
>>377
コピペですが
>「西方極楽浄土」というのは、阿弥陀仏の住まわれる浄土である。
>阿弥陀仏は、法蔵菩薩という名の修行者だったときに衆生済度の誓願を立てて修行を積み、
>その誓願を成就して仏となり、今から十刧の昔に、西方十万億仏土の彼方に
>「極楽浄土」を建立された。法蔵菩薩の誓願の眼目は、仏の名号(名前)を念ずる者を
>もらさずこの浄土に往生させ、悟りに導くというものだった。この誓願は既に成就されている。
>したがって、名号を念ずる者はみなこの浄土に往生できる。浄土経典にはこのように説かれている。

とまあ、なにも不思議なことは無いのだが浄土真宗ではなぜか『はあ?』と
言いたくなるような教学のこじ付けがいっぱいで勉強すればするほどワケワカメ。
ワシもかなりへそ曲がりだが浄土真宗の教えを聞いているとイライラするわ(笑)

まあ、勉強するなら原始仏教から始めて順番にたどっていったほうがいいよ。
いきなり浄土真宗の教学は勉強しないほうがいいよ。
(繰り返して言っておくが阿弥陀さん(浄土経の教え)が間違っていると言っている訳ではないからな)

379 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/02 20:20
>>377

このあたりからどうぞ
http://ja.wikipedia.org/wiki/仏教

380 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/03 00:50
ご先祖様の力をあなどってはいけない。
天部に勝るとも劣らず、かなりの効験があった。

381 : :04/05/03 02:10
>>380
ちなみに、ご先祖さまに願掛けは良くないですよ。生きている子孫の側から
ご先祖さんにリクエストを出すのはあの世での修行の妨げになるようですから。
(物事の報告は良いが、無理難題な願掛けは先祖を苦しませる)

先祖供養を行い、ご先祖さんの障碍が取り除かれて現在生きている子孫がスムーズに
物事が働くようになることはよくあるようですね。

ワシが前に勤めていた会社では社長夫妻が毎月、坊さんを呼んで仏壇を拝んでもらっておった。
ところで会社には弁天様が祭られていたがこっちの方はお参りしてもらえずほったらかしであった。

ワシは物事の順番として神仏の方がご先祖さんより位が上なんだからこの場合、
弁天様をお参りしてもらってから仏壇をお参りしてもらうべきではないかと常々
思っていたが言って聞く人ではなかったし家庭の事に口出しするのは差し出がましいと思い
言わなかったが、社長の朝三暮四に嫌気が差して結局言わずに辞めますた。
(先日、残った後輩君に会ったが毎年数千万円売り上げが落ちているそうだ。)

382 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/03 12:16
そうね
祈られない神さまは荒れて魔物の巣になるわ
会社が斜陽になって当然だと思います

383 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/03 12:18
>>381
> ちなみに、ご先祖さまに願掛けは良くないですよ。生きている子孫の側から
> ご先祖さんにリクエストを出すのはあの世での修行の妨げになるようですから。
( ゚Д゚)ハッ
私、ご先祖様に毎朝「今日も1日お見守りくださいませ」とか
「○○家をこれからもお護りくださいませ」とか祈ってた・・・

384 : :04/05/03 13:38
>>382
別に魔物の巣じゃないよ(笑)

ただ、せっかく屋敷神として勧請しているのに神様を大事にしないのは
物事の筋道を知らない(もったいない)ことですがね。

385 :___:04/05/03 16:11
>>383
そういうのは良いんじゃないですか?

386 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/03 16:27
まったく問題なし


387 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/03 17:04
>384
魔物の巣になるのよ


お札ベタベタ張り付けてるホテルの部屋が逆に悪霊を呼ぶように
そんなのいっぱい今まであったわ
木彫りの聖天やアンティークの神像仏像を沢山おいたり
神さんの扱いを間違えると怖いって言ってるのよ
違うアンテナの役割をするわ

388 :ホテル・ニュージャパン:04/05/03 19:09

              磁
                            波
から、始めよう。

389 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/03 19:13
>>387
てことは
むやみやたらと
お経とか真言唱えるのも良くないのですか?

390 :名無しさん:04/05/03 22:04
妻子を捨てた御釈迦様が、先祖供養など言うはずはありません。
先祖供養なんて、いわゆる葬式仏教の延長で江戸時代の僧侶の
金儲けの手段に過ぎません。
インドの慣習で7×7=49日で生まれ変わるのなら=輪廻転生
先祖供養など必要ありません。

仏教は今生きている人のための偉大な知恵なのですから。

391 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/03 22:26
しかし先祖供養するかしないかで、
人生の発展の度合いに大きな影響が出るのも事実。
現実を生きる人には、釈尊が言ったとか言わなかったかとか以前の問題では?

392 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/05/03 23:04
>>390
一応唐・宋代以前から先祖供養を重視する仏典は(偽経ですが)ありました。
原始仏典でもそうした事が説かれているのは既出の事。
また江戸時代からと仰いますが、鎌倉時代末期までには一・三・七・三十三
回忌などが存在していましたよ。五十回忌以降は江戸時代に出来たものです
が、それでも三十三回忌か五十回忌を区切りに「トムライアゲ」などと称し
てそれで追善仏事を切り上げるのが普通でした。
僧侶が一方的に望んだのであれば受容される訳もなく、やはりそれなりの需
要があったと見た方がいいでしょう。例えば平安時代のそれなどは、祖先の
霊が怨霊となる事を恐れて行われたものであったようです。

393 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/03 23:22
祖霊信仰に上手く仏教が取り入ったというのが実態でせう。

394 :名無しさん:04/05/04 22:59
>>392
鎌倉後期から室町時代にかけて禅宗の僧侶により中国から位牌と戒名が伝えられました。
お墓の形も、位牌型の板碑や角柱型の墓石が造られるようになりました。
http://www.if-u.co.jp/grave/history01.html

先祖供養なんて、お釈迦様の教えとは関係ありません。
先祖どころか、家族を放置して出家したのですから。

395 : :04/05/04 23:52
>>394
おいおい、当時のインド社会の慣習を知っててワザと書いているのかな?
釣ですよね?

そもそも明治維新まで神仏習合状態であって、神仏分離令以後も檀家制度の名残で
仏教側が先祖供養をそのまま継承している形なんだけど、あなたはどうしろと?
神道方式にしろって言うのかな?
(そこいらへん書いて無いから、ただの釣氏だと思うけど)

      | 
      |
      |
   ぱくっ|
     /V\
    /◎;;;,;,,,,ヽ>そんなエサで
 _ ム::::(,,゚Д゚)::| 俺様が釣られると思ってんのか!!
ヽツ.(ノ:::::::::.:::::.:..|)
  ヾソ:::::::::::::::::.:ノ
   ` ー U'"U'


396 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/05 00:52
>>354
参考に

http://www.urban.ne.jp/home/omijo/hijosiki/homyo.html
二文字が法名の常識
 法名の前には、誰でも必ず「釈」という文字が当てられます
(以前は、女性は「釈尼」でしたが、今は男女とも「釈」です)。
これは「釈迦」の「釈」で、お釈迦さまの弟子であることを意味します。
いってみれば、仏教徒としての姓のようなものです。その次に当てられる二文字が法名です。
よく、法名は長い方がありがたいと思われる風潮がありますが、浄土真宗の法名は二字法名以外はなく、
すべて平等です。他宗派の戒名にしても、基本は二字で、そこに諱・位号・道号・字などが加わり、
長くみえるだけです。字数の多少を問題にするのは愚かなことです。名前を求めるのではなく、
仏弟子になったという自覚が大事なのです。
 なお、浄土真宗でも「院号」がつけられることがありますが、これは、宗門の発展に貢献された方に、
それを讃える意味で本願寺より下附されるもので、本来受ける側が要求するものではありません。
ましてや、お金で買うような態度は慎まなければなりません

トップページに宗派名も書いてないアホサイト(真宗でも東西により事情が違う場合がある)なので補足。
「釈尼」と「釈」の理由。男女を区別する便宜上の意味があった(差別的意味もあっただろう)が、
「仏に性別はない」という理由で、「釈」のみをつけています。
しかし二字法名が本山の命により定着したのは最近のことで、時代と地域により、さまざまな法名がつけられていました。
現在、それらの法名は追認という形で「規定外法名」と呼ばれています。
不退位とつけるのは非常に珍しいと思います。
不退位(不退転)なのは菩薩。とすると名づけられた人は、まだ成仏していないということになる。
さらに、「釈」(仏となった人)と矛盾する。教義的にはちょっとヤバそう。
浄土真宗で「居士」をつけないのは真宗門徒(僧侶も)は「居士」ではないからです。

疑問があれば専門スレへどうぞ。坊主がてぐすねひいて待ってます。
【欣求】 浄土真宗 萌えスレ   【愚禿】
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1082815045/

397 :名無しさん:04/05/05 06:59
>>395
私の意見は、>>218,>>220,>>222,>>227,>>235,>>239,>>268,>>278
からの続きです。反論できなくなると、荒らしや、オカルト。

398 :354:04/05/05 08:25
>>396
 詳しいお話を有難うございます。
 ルーツは九州の片田舎の城下町郊外の農村で、五指に入る大百姓だったのが
 婿養子に入った祖父が事業に失敗して田畑をあらかた無くしたと聞いてます。
  きっと曽祖父、祖父とも成仏してないかも。。。

399 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/05 08:58
>398
事業に失敗しなくても、農地解放で・・・
うちは農地解放で家以外なくなったよ。

400 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/05 12:52
 ここは先祖供養の話なんだから、それ以前の「先祖供養の意味なし、
とか釈尊はんなこと説かなかった」っていうの筋違いだろ。
 あくまで先祖供養以前の話ではなく、先祖供養そのものについてのスレ
だから

401 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/05 13:01
そうだね、釈迦は、不動護摩も説かなかったし、
聖天浴油供も説かなかった。当たり前だけど。
でもこの2つの霊験の凄まじさは、ここの住人なら知ってるはず。
それを「釈迦が説かなかった」で否定できるのだろうか?
そういう人は宗教板にお逝きなさいと言いたいですね。

402 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/05 15:09
その霊験凄まじい護摩や先祖供養も、釈迦の説いた
仏教以外のナニモノかだったら?


403 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/05 15:32
>>397
他スレでも一度書いたけど、20代の頃に仏教の歴史を自分なりに勉強している時に漢字のお経を音読みしても
意味が無いと思って、それまで神仏にお経や上げていたのを止めたら
龍神さんに怒られて2週間ほど体に入られましたが何か?
(「護ってやるからちゃんと般若心経唱えろや!ゴルア!」と怒られますた<=実際の言われ方はちょっと違うけど)

人間が教義として勉強するなら阿含部経典の和訳なんだろうけど、神仏に対する供養は漢文の音読みでも
ちゃんと通じますヨ。

404 :___:04/05/05 17:13
>>401>>403禿同。
シャカシャカ一点じゃねえぞ。

405 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/05 19:59
>>403
デムパかも知れないのに一般論として語るなヨ。
まあ それがデムパたる所以かもしらんがな(w

406 : :04/05/05 20:26
>>405
                |
                |
                |
                |
     /V\       J
    /◎;;;,;,,,,ヽ
 _ ム::::(;;゚Д゚)::| ジー そんな不味いエサでは釣れん。
ヽツ.(ノ::::::::::.:::::.:..|)
  ヾソ:::::::::::::::::.:ノ
   ` ー U'"U'


407 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/05 21:35
>>403
スレ違いかもしれませんが
興味深い話なのでもうちょっと詳しい経緯とか聞きたいです。

408 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/05 21:38
先祖供養ってカルト教団みたいなこといってるひといまどきいるのかい?

409 : :04/05/05 21:46

                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
           ,ゝ `</ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj/^‐'   ;;    ‐ -‐   _-
 - ‐_+      ;'"  ,;''|| ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,''___,;;" .||_;;__,,___________
///////// ||//////////////
              .||
            ∧||∧
            γ⌒ヽ) ←>>408
           (  ∪
           ととノ
         (⌒;;)⌒;;)ズルズル
        (⌒;;)⌒;;)
       (⌒;;)⌒;;)


410 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/05 21:56
法華経をあげれば、釈迦が、死ぬ8年まえから死ぬまで説いたお経。
日蓮宗、霊法会、霊ゆう会etcには、石原都知事入っている。

411 :チン太郎:04/05/05 22:42
法華経に呑まれるのはいいが
駄作はじめ、上のアヤツリ人形にならぬよう!!

412 :___:04/05/05 23:09
だから新興宗教はだめだっつってんじゃん。特に日蓮系は激高型の狂信者が多い。
石原氏は好きなんだがな。いくら先祖供養を謳っていても新興宗教じゃだめざんす。

413 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/06 00:02
新興宗教は女や金や一時的コネで利用するだけのもの。
信仰するものじゃない。
俺は入信したいふりして、信者の女を食ったことあるし、
金銭援助を受けたこともある。
かくいう俺は真言宗系で不動信者。ご利益も頂いてます。
スレ違いの為sage

414 : :04/05/06 00:30
>>407
仏教について少し勉強すると必ず出てくるのが「大乗仏教非仏説」と言うのがあります。
上座部(日本で言う小乗仏教)に対抗して大衆部がお経を継ぎ接ぎ(編纂)して
新たに大乗経典を作ったので真の仏説じゃないと言う説ですね。
で、仏説じゃないなら唱えても無駄なのかと思って止めたら龍神さんに怒られました(汗)

本来の仏教のエッセンスに触れるのなら当時のインドの文化を理解した上で阿含部経典の和訳を
読んだ方が良いでしょうね。法華経なんか熱心に信仰されているのは結構ですがあまり在家の人は
大乗経典の研究しても意味ないと思います。(学者か坊さんに任しておけばよい)

んじゃ、法華経などの大乗経典は無駄かと言うとそうは思いません。
現実世界に存在したのは釈迦如来だけですが大乗経典に書かれている
神霊の世界(別次元)に他の神仏がおわすという考えは有りだと思います。
(大乗経典に書かれていることすべてが正しいとは思いませんが
三明六通をそなえた修行者が神霊とコンタクトして教えてもらった事も
あるんじゃないかと思っています。)

まあ410さんには悪いんですが
>法華経をあげれば、釈迦が、死ぬ8年まえから死ぬまで説いたお経。
は歴史的には正しくない。
ただし「南無妙法蓮華経」と言うお題目は言霊としてとある意味があるし
神仏に対して読誦することは供養につながると思いますが、
編纂されまくった経典の内容をすばらしいの一点張りで生きている人間に
勧められてもそれはとっても困っちゃう・・・。(長文スマソでsage)

415 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/05/06 00:51
>>395
釣り・・・でしょうね。
>>414
個人的な体験を一般論として語られるようでしたら、オカルト板の方が向いて
らっしゃるのではないかと。

416 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/06 01:03
ノブスマさんらしくないですよ。少々ならいいのでは?

417 : :04/05/06 01:04
>>415
まあ、個人的体験の部分は適当にスルーしといてください。
それより広島の妖怪の話はまだですか〜?チンチン(AA略

418 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/06 03:28
>>416
だね、らしくない。

419 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/06 12:02
>>413
どこぞの教祖みたいに、あんましなことすんなよ。
つーか、アンタ俗まみれすぎ(W

420 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/05/06 17:30
>>416
ずーっと見させて頂いていたのですが、以前龍神スレがオカルト板行きにな
っていたのを思い出しまして。
>>417
投稿した文章の中の引用文が「著作権違反に当るのではないか」(少なくと
も論文などならそういう事はありませんが)と管理人さんに心配されまして
ね。「残念ですが仕方ありません」と言ってついでに「心配が過ぎるのでは」
といった要らぬ文章を付けたところ、返信がありませんで。それきりです。

421 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/08 11:10
>>397
自然や祖先に感謝し、畏怖する心がある以上、
その対象となる概念としてのホトケは存在するわけだ。
あなたは自然やご先祖様や両親と隔絶した存在なの?
いままで、あなたは両親やご先祖さまの恩恵にあずかった事はないと言い切れるの?
あなたのような人間は、親どころか他人や社会に感謝の念すらない
傲慢な自分勝手な人間と言う事になりますね。

422 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/08 20:24


423 :名無しさん:04/05/08 22:57
>>421
人格攻撃ですか?別にかまいませんがw。
私の考えは>>268にまとめました。再掲
まとめ。
1 お経はただの物語の中国語訳、別にありがたいものでもなんでもない。
2 死後の世界などない、お釈迦様の死後の世界についての態度は、問いを捨て置かれたことから「考えなくてもいい」
3 【偽経】(ぎきょう)インドで偽作された経典は偽経とは呼ばれない。
  大乗仏教自体がすでにお釈迦様の教えではないのです。
4 先祖供養と仏教は関係しません。仏教は生きているための宗教です。

一神教の場合は、自然や祖先など畏怖もしない、創造主GODが唯一の崇拝の対象ですから。



424 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/08 23:23

>一神教の場合は、自然や祖先など畏怖もしない、創造主GODが唯一の崇拝の対象ですから。

だから間違いだらけの現実逃避野郎が変な集団こさえるんだよな。

それとさ〜! 俺は仏教という言い方は嫌いなんだよ。 仏法とか仏道と言った方がしっくり
こない? ブッダの悟ったとされる事を考えるとさっ!

425 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/09 03:00
>>423
あのさ、ここ「先祖供養の為のお経」なの、誰が先祖供養の是非について
語れと言ってるんだ?荒しと変わらんぞ。
 「旨いラーメンはどこにあるか?」のスレで「ラーメンは脂と脂肪ばっかで
体に悪い」と言ってるのと同じ、あんたのナマジ知識ならどっかで語れば?ただ
話題にして欲しいだけでしょ。

426 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/09 14:12
やっぱ間違ってるね、あんたは。
人間生きてりゃ多少の迷惑はかけてるもんだよ。
もちろんおれだってたくさんの人に迷惑かけてると思う。
それは、あんたの生活なんか見なくったって普通に生きてれば
みんな同じなんだよ。
誰にも迷惑掛けずに生きられるなんてのはそれこそ傲慢だよ。
ご先祖様を祀ることには、自然に対する謙虚な姿勢のあらわだよ。
日本の文化を重んじる人にはちゃんとご先祖様の心は受け継がれる。
あんたは先祖供養は仏教ではないなどと言ってインテリ受けしそうな
学者先生丸写しのこと言ってるけど、中身はオウムと同じだよ。

427 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/09 14:17
問題は、それに乗っかって
ショーバイしている
金満坊主たちだな。

428 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/09 20:33
そだね。葬式・先祖供養サービス業は否めないね。
祖霊信仰なんて、仏教以前からあったし・・
逆上してるのもその類の坊主でせう。

429 :まあまあ・・・:04/05/09 22:43

まあまあ・・・。落ち着いて・・・。

430 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/09 23:04
如何にすればより良い先祖供養ができるのか、建設的な話し合いをすればいいじゃないか。


431 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/05/09 23:06
ただ「祖霊信仰」といっても時代により異なるもので、「仏教以前」の供養
がいかなるものであったのかは掴み難いですね。
今よりも死者を恐れ、死体を忌避するものであったらしい。また個人の霊を
わざわざ祀るようになるのも平安時代以降仏教者の影響が広まってからのよ
うです。
まあ葬儀絡みに限らず嫌な僧侶はいますが。

432 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/05/10 15:22
最も嫌な僧侶は自分の真実を言い当てる僧侶だ

127 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)