5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【恐怖】山にまつわる怖い話し 巻の三【戦慄】

1 :底名無し沼さん:03/11/11 12:35

引き続きマターリと怖がらせてくれ。
前スレ
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/out/1025116838/l50


2 :底名無し沼さん:03/11/11 12:39
>>1


3 :νヵ`ぉ'ノん祭'ノ ◆KAORINIfWY :03/11/11 13:10
 |  |ノハヽ
 |  |。‘从 <新スレおめでとうございまーす♪
 |_と )
 |桃| ノ
 | ̄|

4 :底名無し沼さん:03/11/11 13:27
>>1
乙カレー!

5 :底名無し沼さん:03/11/11 15:34
>>1
汚塚霊…

6 :底名無し沼さん:03/11/11 18:21
test

7 :前スレ989:03/11/11 19:37
ひどいよ、つづくって書いたのにスレなくなってるんだもん・・・
じゃ、http://travel.2ch.net/test/read.cgi/out/1025116838/989のつづきを

な、何? そう思うより早く、テントの端をシュシュシュシュとこする音がして、静寂。
頭の周りを手探りし懐中電灯を見つけてスイッチを入れる。
そこには寝る前に食べたチョコレート、ロッテのクランキーの空き箱が粉々になっていた。
何かが移動して消えていったテントの横のあたりを見ると、直径2cmの丸い穴があいていた。
チョコの箱を食べにネズミがテントに穴をあけて侵入したのであった。
チョコが食べたいなら言ってくれればあげたのに。テントに穴あけなくたってよかったのに。
でも、あの柔らかな毛の手触りは忘れないよ、チュー助・・・。

全然怖くないし、カキコしない方がよかったか・・・淋しい


8 :底名無し沼さん:03/11/11 19:47
俺の部屋よく夜中にガサゴソガサゴソとか音がするんだが、ゴキブリらしい。

9 :底名無し沼さん:03/11/11 20:44
>>7
> ひどいよ、つづくって書いたのにスレなくなってるんだもん・・・
ワロタwww

> チョコの箱を食べにネズミがテントに穴をあけて侵入したのであった。
捕獲出来れば、失った食料より高カロリーな食料が手に入ったし、
「生で齧り付いてみた、ウマー」なら、いくぶん怖かったのに…。


10 :底名無し沼さん:03/11/12 22:31
部のOBさんから聞いた話。
夜中に目がさめてしまったが山の中なので当然することも無くシュラフの中でボーっとしていたらしい。
するとテントの外から
「あたし達、大丈夫だよね?」
「ああ、絶対助かるよ」
といった男女のやり取りが聞こえてきたらしい。
山を降りて仲間にこのことを話したら「実は俺も・・・・」
ってナことになったそうだ。
人間であったにしろ幽霊であったにしろ切なくなる話。

11 :底名無し沼さん:03/11/27 10:08
面白いスレなのに寂れてるなあ

12 :底名無し沼さん:03/12/05 10:57
test

13 :底名無し沼さん:03/12/11 23:46
漏れは、見た!

14 :底名無し沼さん:03/12/11 23:46
なっ、何を?

15 :底名無し沼さん:03/12/11 23:47
で。

16 :底名無し沼さん:03/12/12 00:37
その前に、ちんちん痒いのでタンマ。

17 :底名無し沼さん:03/12/12 02:40
俺が良く聞く怖い話は真夜中、土葬の墓を荒らして、骨をぼりぼり食う話だな。
あと死姦話。
噂になるくらいだから、実行者はかなりいるのだろうな。
タブーは正常人にとっての禁忌でしかないからな。


18 :底名無し沼さん:03/12/12 05:33
タブーって日本語で近畿だよね。

19 :底名無し沼さん:03/12/12 08:49
ちょっとだけよ

20 :底名無し沼さん:03/12/31 17:28
漏れの近所の山で空手二段の登山者(確か女性)が
そこに住み着いてた香具師に絞め殺されたあげく身ぐるみ剥がれたっつー事件があった。
騙されたらしいけど、山では護身術じゃ身を守れないのかねえ。

21 :底名無し沼さん:04/01/02 09:59
比叡山だね。

22 :底名無し沼さん:04/01/03 09:40
被害者と犯人は行きに一度会ってて、犯人はそのとき既に犯行ケテーイ、
一度別れて待ち伏せ。
被害者は帰りのバスに間に合わなくて、歩いて下山(まあ比叡山だからね)
その途中で再会。
害「神キター(゜∀゜)ー!! 近道キボンヌ」
犯「漏れはこの山の仙人みたいなもんですが何か?(´ー`)y─┛~~ 」
で、獣道にご案内。素直についてくる被害者。
お互いに写真を撮りあって、その隙に背後から首絞めて
−−−−−−−−終了−−−−−−−−
犯人いわく被害者をひん剥いたのは偽装工作だそうで。(自分はレイープしないんだと)
あと最初犯人は偽僧侶とか報道されてたが、ほんとは地元の一般人に見せかけてたとか。

てことだ>>20よ。空手二段は役に立たなかったってわけ。

23 :底名無し沼さん:04/01/03 22:57
>>19
あんたもすきねえ

24 :底名無し沼さん:04/01/03 23:21
>>22
漏れが学生の頃、冬場は毎日のように冷え残に登ってたよ。
キララ橋から登って30〜40分で山頂(やスキー場)に到着。
でも、人とは全く会わなかったような気がする。


25 :底名無し沼さん:04/01/04 07:28
事件があったのは平成元年の8月末。
秘宝館から東海自然歩道に出て、山頂方面へ戻る途中。
当時は人がいたのかもしれないが、今は起きる可能性の少ない事件かもしれん。

26 :底名無し沼さん:04/01/05 02:12
なんだ、オカルト板に姉妹スレ立ってたんだな。

∧∧∧山にまつわる怖い話Part5∧∧∧
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1071631841/

しかも、あっちはパート5まで逝ってた。

こっちじゃ、せいぜい座興の噂話程度だから盛り上がるわけねーか。
信憑性があって、特定できる話がうpされるはずもないし。
山にいる時は超早寝・早起きだから怪談話なんか普通しないし。
小屋番の人は知っていても、営業上やばい話は一見の客になんか絶対にしないしな。

27 :底名無し沼さん:04/01/06 10:14
そう、俺も長野で住み込みバイトしてた時もポルターガイストの激しい部屋が有って
バイトは皆怖がってたなぁ。

掃除する時は3人がかり。一人が掃除一人が後ろ付き添い一人はドア押さえておく。

押入れ中に凄い形相の顔のシミが有るのに気付いたのは、それから2ヶ月もたってから

28 :底名無し沼さん:04/01/09 11:38
わたしの地元には標高が900mくらいの山があり、都心から近いことと、富士の眺めがすばらしいことから
毎年夏になると登山靴とリュックといういでたちの中高年の方をたくさん見かけます
その山で起こった出来事なんですが、聞いてください

わたしが小学校5,6年生の頃の話です。その山の麓には廃工場があって、
わたしたち仲間はそこでエッチな本や、放置されたままの機械をいじっては遊んでいました
そこでの遊びに飽きたわたしたちは、ふとしたことからその山の登山道の入り口を発見したのです
誰かが、「山に登ろう」といいだし、みんなそれに賛同しました
その時期はシーズンオフだったか、もしくは平日だったのか、記憶は定かではないのですが他に登山客は見当たらず
その山に登っているのはわたしたちだけのようでした。
30分程でしょうか、しばらく登ると、登山道からほんの少しだけ離れたところに
洞窟のような穴を発見したのです。入り口は腐りかけた木の枠がついていて
子供の頃のわたしはピンと着ました。「これは防空壕ではないか」と。
仲間達の顔を合わせながら、「どうする?入る?」「えー怖いよ。浮浪者がいるかもしれないよ」
などと騒いでいると

29 :底名無し沼さん:04/01/09 12:24
変なおじいさんが通りかかって
         ____
        / 、, ヽ
     ,, -┬ | ^  ^ |┬,-、
   / ,-、,-(:|lこHこl|;)ー--、
    |/|,゙,l| ,,┴ー.vー┴、   ヽ
  /  __|、|/'v'T'~^~Tヽl\   \  元気してる?
  |   {_Ξ}   ヽ,,,,,,/    \|   |
  \___/T'|'    | ''' |     |  /
     | l゚|     |┿|     |/
     | |l|     |┿|     |┤
    | |'|     |┿|     |┤
     |,__|゙|__,l人l_______|/
      | |,|          |
     `|'|          /
      l|、____λ__/
      !  v    v



30 :底名無し沼さん:04/01/09 14:01
なんだなんだ 亀仙人でもあるまいし。


31 : :04/01/10 20:41
>>28
続きは?

32 :底名無し沼さん:04/01/10 21:32
スティーブンキングage

33 :底名無し沼さん:04/01/10 21:45
ひえーざんは今でも警告看板が一杯たってるよ

女の単独登山は止めなさいって看板が・・・

34 :底名無し沼さん:04/01/10 23:21
男は事故や事件にあってもかまわないと言うのだろうか・・・・。

35 :底名無し沼さん:04/01/11 00:49
むかし、ひえーざんで女の単独登山者が修行僧に強姦されて殺された事件があったな。。。
ひでーざんだな。。


36 :底名無し沼さん:04/01/11 02:36
仲間達の顔をあわせながら、「どうする?入る?」「えー怖いよ。浮浪者がいるかもしれないよ」
などと騒いでイると、
中からうぉーっと男の低い声が聞こえました。
わたしたちは一瞬皆の顔を見合わせて固まりました。
その次の瞬間、仲間の一人が入って行くではありませんか。わたしは一生懸命止めようとしました。
でも、何故かものすごい力で歩いていくんです。他の仲間も必死にその子の体にしがみつき
止めようとしました。ですが、皆引きずられるだけで止まる事はありませんでした。
わたしは恐ろしくなって、「誰か大人の人を連れてこよう」といいました。仲間の一人に行ってもらう事にしました。
結構奥深くまで来た時の事です。急に友達が歩くのをやめてしゃがみこみました。
すると、一心不乱にその地面を手で掘り出したのです。素手で掘っているので指先が血で赤くなり始めるのは
そう時間が掛かりませんでした。
わたしたちは、もう見ている事しか出来ないでいました。
30センチ程掘ったでしょうか。何か

37 :底名無し沼さん:04/01/11 05:52
つるつるしたものが出てきてこう言いました

         ____
        / 、, ヽ
     ,, -┬ | ^  ^ |┬,-、
   / ,-、,-(:|lこHこl|;)ー--、
    |/|,゙,l| ,,┴ー.vー┴、   ヽ
  /  __|、|/'v'T'~^~Tヽl\   \  元気してる?
  |   {_Ξ}   ヽ,,,,,,/    \|   |
  \___/T'|'    | ''' |     |  /
     | l゚|     |┿|     |/
     | |l|     |┿|     |┤
    | |'|     |┿|     |┤
     |,__|゙|__,l人l_______|/
      | |,|          |
     `|'|          /
      l|、____λ__/
      !  v    v





38 :底名無し沼さん:04/01/11 07:11
ワラタ!!!

39 :底名無し沼さん:04/01/11 15:37
ひえーざんやくらまーてんぐやまには色々な警告が建ってる

・女の1人歩きはやめよう!
・無料ガイドのふりをして後から金を請求する香具師がいるぞ!
・言葉巧みに社寺修復などの寄付を詐取(してもちろん着服)する偽修行僧に注意!

40 :底名無し沼さん:04/01/11 21:39
井上和香の特技が「さくらんぼのヘタ結び」ということだが、
これは激しく怖い。

41 :底名無し沼さん:04/01/12 15:28
         ____
        / 、, ヽ
     ,, -┬ | ^  ^ |┬,-、
   / ,-、,-(:|l●H●l|;)ー--、
    |/|,゙,l| ,,┴ー.vー┴、   ヽ
  /  __|、|/'v'T'~^~Tヽl\   \  <和香ちゃんパイパイ触らせて
  |   {_Ξ}   ヽ,,,,,,/    \|   |
  \___/T'|'    | ''' |     |  /
     | l゚|     |┿|     |/
     | |l|     |┿|     |┤
    | |'|     |┿|     |┤
     |,__|゙|__,l人l_______|/
      | |,|          |
     `|'|          /
      l|、____λ__/
      !  v    v


42 :底名無し沼さん:04/01/12 20:24
>>20の事件=>>35の事件か?

漏れもちょいと調べたが、被害者は若くして仏像の修理者を目指してたんだと。
もったいないことを……

金どころか貞操だの命だの奪られたら取り返しつかないよな。

43 :底名無し沼さん:04/01/15 13:13
ケバヤシ隊長が人材募集中。

2CHANNEL MISTERY REPORUTAGE
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1073390894


5 :ケバヤシ ◆g0s8vCgIJg :04/01/06 21:18
現在皆様が日頃疑問に思っていること、不思議なことなどを募集しております。
全て調査できるほど人手はありませんが、誠心誠意を以って回答させていただきます。

また、2MRでは隊員を募集中です。
実際に調査をするので熱意のある方を歓迎します。

将来的には各板にセクションを分け、ここを本部にし、それぞれからの報告を分析、場合によっては指示を出します。

44 :底名無し沼さん:04/01/15 13:15
∧∧∧山にまつわる怖い話Part5∧∧∧
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1071631841

オカ板のスレです。
語り手がたくさんいて盛り上がってますよ。

45 :底名無し沼さん:04/01/30 20:23
う。

46 :底名無し沼さん:04/01/30 23:31
ま ん ぼ ー 。

47 :底名無し沼さん:04/01/31 11:42

漏れが小学校の頃、よくオヤジに連れられて山にキャンプに行った。
オヤジはキャンプ場とかじゃなく、山で人が来ないような場所で好んでキャンプ
したもんだった。今考えてみればキャンプしたりしたらいけない場所もあったの
だろうが、俺もそういうのが好きだったw

漏れが6年生くらいだったと思う。その夏休みもオヤジと2人で山にキャンプに
行った(たしか「あだたら山」って山だったと思う うろおぼえでスマソ)。
2人だけど楽しく遊んだり散策したりして、夜は夕食を早めに食べて寝た。
すると夜中に、テントの外から騒がしい音やら声がした。
オヤジもその音で目が覚めて、2人で目を合わせた。
俺はその時、夜中にたくさんの人が登山しているのかと思ったのだが、登山道からは
かなり離れた場所でだったし、雨も少し降っていた。
俺はすごく怖かったのだが、オヤジは落ちついて、小声で「百鬼夜行っていうもの
かもしれないな」ってつぶやいた。(漏れも一応ゲゲゲの鬼太郎とかで知っていた)

翌朝、音がしたあたりを2人で見たが、ぬかるんだ土の上にはなんの跡も無かった。
家に帰って母や姉に話したが誰も信じてくれなかったw オヤジも「2人で同じ夢を
見たのかもなー」なんて言い出す始末w それからもオヤジとはよく山に行ったが
後にも先にもこんなことはもう無かった。


読んでてあんま怖くないけど、実際あの場所にいたら超怖いですよw
明日実家の方に帰るのでオヤジにあの山はどこだったか聞いてきます。


48 :底名無し沼さん:04/01/31 15:27
続報期待age

49 :底名無し沼さん:04/02/02 22:10
>>47
ちょっとググって見たんだが、あだたら(安達太良)山って安達原という有名な怪談の舞台ではないか

50 :底名無し沼さん:04/02/05 18:42
∧∧∧山にまつわる怖い話Part6∧∧∧ @オカルト板
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1074434150/

51 :底名無し沼さん:04/02/05 20:26
>>36の続きまだー?

52 :底名無し沼さん:04/02/05 21:52
>>51
つるつるしたものが出てきてこう言いました

         ____
        / 、, ヽ
     ,, -┬ | ^  ^ |┬,-、
   / ,-、,-(:|lこHこl|;)ー--、
    |/|,゙,l| ,,┴ー.vー┴、   ヽ
  /  __|、|/'v'T'~^~Tヽl\   \  元気してる?
  |   {_Ξ}   ヽ,,,,,,/    \|   |
  \___/T'|'    | ''' |     |  /
     | l゚|     |┿|     |/
     | |l|     |┿|     |┤
    | |'|     |┿|     |┤
     |,__|゙|__,l人l_______|/
      | |,|          |
     `|'|          /
      l|、____λ__/
      !  v    v


53 :底名無し沼さん:04/02/05 22:22
安達太良山、福島の山ですね
小学生のとき、公民館の行事で3度登りました
日帰りだったからかそんな恐い雰囲気は感じなかったな、登山者も結構いたし

54 :底名無し沼さん:04/02/05 22:39
安達太良は火山ガスで死者が出てんだよね。

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 08:37
オカ板からきました。
こちらもなかなか面白そうですね。

記念カキコ

56 :ビビリ:04/02/06 08:45
先週、葛城山に行って少しルートはずれてションしようと思ったら(奥は突き当たり)
あたらしめの40g位のザック(裏返し)、布ブクロが2.3個無造作に置いてあり
辺りには誰もいない!10分待ったが誰も来ない。何だったんだ?


57 :底名無し沼さん:04/02/06 19:49
>>56
大阪奈良境界のカツラギサン?


58 :底名無し沼さん:04/02/07 04:26
テントで寝てたら夜中に、すいませ〜んの声で起こされた。
時間も時間だし、な〜んか気味悪いな〜と思いつつ
恐る恐る顔を出した。
ヘッドライトでもろに顔を照らされて、相手の顔はみえなかった。
はい?って返事したら、
トイレ行きたいのだが、ライトが見つからなくて困っているのだと。
おいらのを貸してほしいって言ってきた。
急に腹が立って、頭についてんじゃね〜かと怒鳴ったら、
これはライトではない!と怒り出して去っていった。


59 :底名無し沼さん:04/02/07 05:46
わらた


60 :底名無し沼さん:04/02/07 10:52
>>58
そんなやつ追い掛けていって殴ってやれ

61 :ふりゃあ:04/02/07 17:46
土から人の手らしきものが

62 :底名無し沼さん:04/02/07 19:10
急に怖くなって、人が埋ってるんじゃね〜かと怒鳴ったら、
これは人の手ではない!と怒り出して去っていった。

63 :底名無し沼さん:04/02/07 20:40
土の中の人だったのか・・・

64 :底名無し沼さん:04/02/07 22:52
10人で一列縦隊に歩いてたら、人数が増えてたって話は、
人数減ってたってのより怖かったな。

65 :底名無し沼さん:04/02/08 08:56
>>64
座敷童も山に登りたかったんだよ、きっと。

66 :底名無し沼さん:04/02/08 13:00
儂ら座敷

67 :底名無し沼さん:04/02/14 17:45
山行歴数ヶ月、未だ山で背後霊などを除く幽霊に会ったことがありません。
是非、地縛霊に会ってみたいのですが、どこに行けばよろし?
当方、東京在住です。
遭難者のいる山、行方不明者のいる山と、看板はあちこちで見かけるけど、
全然遭遇しない。
何かコツでもあるのですか?



68 :底名無し沼さん:04/02/14 18:49
>>67
まずは良いカウンセラーに相談してみてください。

69 :底名無し沼さん:04/02/14 18:55
>>68
痴呆は放置。

70 :底名無し沼さん:04/02/14 21:54
>>67
>背後霊などを除く幽霊に会ったことがありません。

背後霊などなら会った事はあるのかな?
そうならばスゴイJAN!
おいら背後霊にすら会った事無いよ。(会いたくもないが)


71 :底名無し沼さん:04/02/14 23:21
背後のいる奴には、普通は会えないよね。
鏡にでも映すのかな?

72 :底名無し沼さん:04/02/14 23:21
>>71
背後に の間違いだった。

73 :底名無し沼さん:04/02/15 13:37
前の彼女が飯作るとか言って、いきなり出てきたのが皿の上のウンコてんこもりで、
「今まで隠したけど、私そっち系なの。食べて」
って言われた時は、瞬間的にマジでこいつとは違う星で生活したいと思ったよ。
つうか、嘘だと思いたいよ、今でも。
ぜんっぜん普通の女の子だと思っていたのに、前振りなしでウンコ食べてって言われてもさ。
「あのね、いつか話さなければいけないし、どうせわかる事なんだし、多分凄く驚いてると思うけど、
私、好きな人には食べて欲しいの。勿論○○のも私食べるよ。全然嫌じゃないし。
やっぱ、驚いた?私もね、黙っていようと…」
あの皿のウンコと臭いが目と鼻に焼き付いて、半年くらいの付き合いだったけれど
走馬灯のように思い出されて、俺がキスしたあの口でウンコなんてあいつ食っていたのかって
思うと、馬鹿みたいだけど涙が止まらなくて、駅から電車なんだけど車中でもずっと泣いていたよ。

74 :底名無し沼さん:04/02/15 21:09
( ´_ゝ`)フーン

75 :底名無し沼さん:04/02/15 21:16
┐(´ー`)┌ ヤレヤレ

76 :底名無し沼さん:04/02/18 00:28
>>67
イラクにはきっと自爆霊が沢山いるから行ってこい。

77 :底名無し沼さん:04/02/18 12:42
まとめサイト
http://misc.2log.net/niya2/archives/blog26.html


78 :底名無し沼さん:04/02/19 17:13
>>73
で、食ったの?

79 :底名無し沼さん:04/03/02 01:24
山には珍登団がいるんだって!コワー

80 :底名無し沼さん:04/03/03 19:12
8年ほど前にいとこ家族に連れられていったキャンプ場。
夜になり、いとこと俺は懐中電灯とヘッドランプを持って散策に行った。
キャンプ場の奥の方に行き、これ以上行くと真っ暗のキャンプ場外に出てしまうところまで来たとき、
7歳ぐらいの女の子が「この先行くん?」(大阪です)と、
俺は「行けへんよ」と言った。
そしてすぐに引き返してみんなのところに戻ったんだが、
今思うと周囲にキャンパーがいなかったような気が・・・
何だったんだろう((;゚Д゚)ガクガクブルブル

81 :底名無し沼さん:04/03/03 20:03
>>80
キャンプ場の近くの子供。

82 :80:04/03/03 20:55
かなり山奥ですよ?

83 :底名無し沼さん:04/03/03 22:01
>>82
かなり山奥の人家の子供。

84 :レベルE:04/03/04 09:53
いとこと、その女の子はもしかして別人?(((゜□゜;)))あわわわ

85 :底名無し沼さん:04/03/05 00:34
80は文章ヘタだからそういう誤解が生まれるんだよな。

86 :80:04/03/05 04:09
別人の6歳ぐらいの女の子です。
分かりにくかったですね・・・
スマソ

87 :底名無し沼さん:04/03/05 15:44
一緒に奥まで行こうって言えばおもしろかったのにな

88 :80:04/03/05 18:34
今思えば引き返して正解だったような気がする・・・

89 :底名無し沼さん:04/03/05 22:10
7歳ぐらいの女の子

6歳ぐらいの女の子

年齢可変型か?

90 :底名無し沼さん:04/03/05 23:27
>>89
80の脳内の女の子なんだろ。
10レスも行かないうちに年が変わるぐらいだし。

91 :底名無し沼さん:04/03/05 23:29
>>89
5・6回行くと赤ん坊が・・・・・

92 :底名無し沼さん:04/03/05 23:31
つーかただの人間なんじゃねーの?幽霊とかじゃなくて

93 :底名無し沼さん:04/03/06 00:14
  荒らしのお願い
神社仏閣板より参りました。下記のスレは当神社仏閣板では
板違いにもかかわらず、削除されずに存続し大変困っております。
つきましては、皆様のお力添えによって荒らしにてこの板を
使用不能の状態にしていただきたいと思います。AA、コピペ
なんでも結構です。どうかご協力くださいますようお願いします。

☆古神道を勉強・実践したい人が語るスレ★
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1076816261/l50




94 :底名無し沼さん:04/03/06 01:07
↑ワラタ

95 :底名無し沼さん:04/04/01 08:56
hosyu

96 :太朗 ◆3QeQud0Iwg :04/04/01 20:37
このスレまとめたいんですが、いいでしょうか…
オカ板の山怖いスレをまとめてるんですけど、
こっちも合わせてまとめたいと思ってるんです。

97 :底名無し沼さん:04/04/01 21:06
だめ。

98 :太朗 ◆3QeQud0Iwg :04/04/01 21:20
了解です。んじゃ、やめときます。
確認してよかった(;・∀・)

99 :底名無し沼さん:04/04/01 22:09
オカ板とこのスレのネタかぶってないの?

100 :底名無し沼さん:04/04/02 15:42
         ____
        / 、, ヽ
     ,, -┬ | ^  ^ |┬,-、
   / ,-、,-(:|l●H●l|;)ー--、
    |/|,゙,l| ,,┴ー.vー┴、   ヽ
  /  __|、|/'v'T'~^~Tヽl\   \  <元気してる?
  |   {_Ξ}   ヽ,,,,,,/    \|   |
  \___/T'|'    | ''' |     |  /
     | l゚|     |┿|     |/
     | |l|     |┿|     |┤
    | |'|     |┿|     |┤
     |,__|゙|__,l人l_______|/
      | |,|          |
     `|'|          /
      l|、____λ__/
      !  v    v

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 04:05
>>99
かぶってないのもあります。
向こうは民間伝承や山で体験した話が多く、
必ずしも日常的に登山しているわけではありませんが、
こちらは登山経験者の方が多い様ですので。
私は両方楽しんでます。

102 :底名無し沼さん:04/04/03 23:38
>>99
オカ板は電波OKだからな。
ただの幻覚程度でも、みんな喜んでいるよ。

103 :底名無し沼さん:04/04/13 23:26
人の少ない山域での縦走中アプローチとして林道を通過
道は抉れ、草に覆われ荒れ果てていた
後方から、全く場違いな高級外国車がやってきた
私のすぐ前で停車すると、品のよい50年配の夫婦風の男女が降りてきた
私「迷ったんですか。車じゃ無理です」
男「いいえ、(私の名)を迎えに来ました。一緒に参りましょう」
私(脳内)「誰だ?こんな人は知らない。
        それに、ここに来た事は誰も知らない筈だ」

男「だいぶ、待ちました。もうそろそろ、いいでしょう
  一緒に参りましょう」
私は不可解な事態に混乱し、辞去すると一目散に逃げ出した
一体、何者で、何のために、何処へ連れていくのか、

104 :底名無し沼さん:04/04/14 00:15
オカ板のは殆ど創作でくだらな過ぎ

105 :底名無し沼さん:04/04/15 07:46
おれはおけと思いますが。
実話とかもあるだろうし、なかなか難しいかもしれないよね

106 :.:04/04/16 04:30
19 :名無CCDさん@画素いっぱい :04/04/15 23:29 ID:ZjIlGK34
【恐怖】気象庁火山監視カメラに…謎の映像が!【驚愕】
撮影地は民間の人間が立ち入ることは不可能。でも単なる光現象では説明できない…
(気象庁地震部談:04/04/10)
http://news10.2ch.net/test/read.cgi/news7/1077884705/l50



107 :底名無し沼さん:04/04/16 10:11
>103
それはまたキツネにつつまれたような話だなあ。

108 :底名無し沼さん:04/04/18 14:37
>>103
続きはにゃーの?

109 :底名無し沼さん:04/04/18 20:12
>>103
何でそれに乗ってみないのかなあ。
乗らなきゃ話は始まらんでしょ

110 :底名無し沼さん:04/04/18 20:29
>103
その車は黄色いワゴンで、二人は白衣を着ていなかったか?

111 :底名無し沼さん:04/04/18 20:58
電話局の車だな。

112 :底名無し沼さん:04/04/18 21:33
○月×日

今日はAさんが脱走した。
職員が少し目を離した隙の事であったようだ。
しかし、人里入った山中のこの施設からの行方など知れている。

私「おーい、△くん、Aさん捜しに行ってくれんかね?」
職「院長、△さんなら今日はお休みですよ。彼の4WDと共に。」

仕方なく私のベソシで女房を連れ立って行く事二十分、無事Aさんを発見。
例によって現況を認識出来ていないようであるが。やれやれ。

私「もうそろそろいいでしょう。一緒に参りましょう。」


113 :底名無し沼さん:04/04/19 03:52
>人里入った →離れた

これ↑以外は秀逸だな。

医療公庫の融資乱発で建ったその手の銭ゲバ病院は
わざわざ交通の不便な所に建っていることが多いのは事実だし、
脱柵事故があった時に人手が足りない場合、どうかすると宅直の院長が自家用車で捕まえに行くのも事実だ。

あと、「怖い話」ならその手の病院のほうが実際にはたくさんあるよ。
放置プレイで、結果的に患者を頃しちゃったりする事例は表沙汰にならないだけで、現在でも頻発している。
夏場に痴呆患者を冷房のない病室で拘束していて、脱水症状で死亡とかね。
万が一の場合は、死亡診断書を自分達で書けばよい訳だから、いくらでも隠蔽可能です。
長期化していた場合は、家族に感謝されることすらありますからね。



114 :底名無し沼さん:04/04/19 14:16
2003年5月 2泊3日で、友人と黒部ダム近郊に山登りとキャンプに
行ってきました。
これはその時の不思議なできごとを書きつずったものです。

標高を上げるにつれ、雪と風が強くなり、5月といえどもここが北アルプスであることを
体で感じていた。
頂上に着く直前、女性1人男性2人の登山者にあった。半そでを着てアイゼンを着けて下
ってきた。「もうひとがんばりでつくよ、手前に小屋があるから」、あんなかっこうでよ
く寒くないものだ、(風の強さはよりかかっても倒れないくらい) 
そうか小屋で十分に温まったのか(それにしてもナぁ〜)などと推察してました。
少し歩いて、小屋に着いた、
がしかし、   やっていない。
裏も表も大きな木の板と5寸くぎで入り口と窓は堅く閉ざされている。
なぜ開いてもいない小屋のことを
まあとにかく頂上をめざし登って行った。神社をお参りして周りを散策した。
頂上からはガスで視界は悪くなにも見えませんでした。
そうこうしているうち風がさっきよりいっそう強く、ガスも濃くなってきた。
顔の感覚もなくなり、気のせいか周りも暗くなってきた。
時計はまだ2時になったばかりなのに
ふ 不安だ、下山をする前に友人と雨具をつけて出発、そして慎重に岩場を下って
さきほどの登山者とすれちがったあたりだろうか、
俺の気持ちの中で気になりだしていることがあった。
すれ違ったの登山者の服装と、もう1つ・・・

つづく

115 :底名無し沼さん:04/04/19 14:35
期待上げ

116 :底名無し沼さん:04/04/19 14:36
早く続きを呉

117 :底名無し沼さん:04/04/19 15:51
>114 つづきでつ
それは、すぐ真後ろにだれかがいる、(友は少し離れてついて来ているのに)
何者だかはわからないがはっきりとした音が聞こえる、そして気配がする。
ガシャ、ガシャ、と音をさせて、だれかがついて来る。
まちがいなくアイゼンを履き岩場を通過する時のあの音だ。
周りは誰もいない、誰もアイゼンなんて履いてはいないのに。
おそるおそる振り向いて見るが、霧が濃くて友の姿も見えない、
そしてその瞬間、あの音もぴたりと止まる。
もちろん、自分が履いていたというオチでもない。

いくらか平坦そうな場所が視界に入ったので、小さな岩影に身を寄せて友が来るのを少し待った。
ほんの一瞬、霧が晴れた。
あたりを見回すとそこには、遭難された方々のレリーフがあった。
まさかそういうことなのか、鈍感な俺でも一瞬でさとった。
俺は心の中でなくなった方々の御冥福を祈ると同時に、必ず生きて帰ることを誓った。

もう1度、友人に聞いて見たのだが、「すれ違った登山者なんかいなかったヨ。幻覚でないの?」
て言われました。
〜ん〜 (。・><・。) でも、確かに会話までしているのに・・・

118 :底名無し沼さん:04/04/19 19:06
>>117
遭難した人の幽霊が出たというのはいいとしてだ。
アイゼンが何で一緒に現れるんだ。
鉄製のあんなもの遺体と一緒に燃やさないだろうし、アイゼン独自の幽霊
とも考えにくい。
その辺、納得いく説明をきぼん。

119 :底名無し沼さん:04/04/19 19:12
じゃ、ハダカの人が後ろからついてくる話になるだろが。

120 :底名無し沼さん:04/04/19 20:00
>>119
> じゃ、ハダカの人が後ろからついてくる話になるだろが。
それはそれで不気味だな。

ひょっとすると、アイゼンだけの幽霊なのかもしれない。
当初は、普通の登山者で、後者はアイゼンの幽霊なのでは?
よく地面を見るとアイゼンだけが、歩いていてはずだ。
友人が見つける事が出来なかったのも道理だ。


121 :底名無し沼さん:04/04/19 20:03
>>120
アイゼンの音と石とぶつかるときの火花だけの
幽霊もよく出るらしいね

122 :底名無し沼さん:04/04/19 20:11
(((゜Д゜))))ガクガクブルブル

123 :底名無し沼さん:04/04/19 20:27
恐怖に駆られて振り向いた!!

そこには、全裸の男女3人の幽霊が!!

124 :底名無し沼さん:04/04/19 20:29
全裸でアイゼン素足に縛ってたらスゴイ

125 :底名無し沼さん:04/04/19 20:46
>>124
SMの幽霊のようだな。

126 :底名無し沼さん:04/04/19 21:05
てか幽霊の方が納得できる。
全裸+アイゼンで登山する人間にリアルで出会ったりしたら…

127 :底名無し沼さん:04/04/19 21:21
いずれにしても、きつねにつつまれた様な話というのは
まさにこのことだ。会いたくネー...。

128 :底名無し沼さん:04/04/20 10:56
ヤマケイに幽霊ばなしの連載があったと思うけど、またやって欲しいな。
ウソとも幻覚とも言えないような、山でしか陥らない感覚錯誤と見て、
ある種の不可解な事故の発生する状況として分析していた。
新田次郎の世界のようで、そういうの好きだったなあ。
ほんの少し昔(30年くらい前)は、まだまだ山には魔物が住む余地があったんだよね。

129 :底名無し沼さん:04/04/20 14:34
>>127
>きつねにつつまれた様な
???
稲荷寿司のことか?

130 :底名無し沼さん:04/04/20 15:14
>>129
そうだろw

131 :底名無し沼さん:04/04/20 15:17
テイクアウト狐

132 :.:04/04/20 15:21
中央に登った時の話。ご存知の通り、中央は主脈を外すととても静か。平日だと人にめった会わない。
頂上で飯を食べてると、20代と思われる男が登ってきた。横長の帆布キスリングにチロルハット&ウールシャツ、ニッカボッカと
古めかしいスタイル。近くに来たところで挨拶した。ところが顔は真正面を見たままで無視され、そのまま通りすぎて行った。
まあ挨拶嫌いでも、視線ぐらいよこすでしょ。ちょっとキモ悪いなと思ったけど、その後支度して、その
男の向かった登山道を歩いた。
その後…


133 :底名無し沼さん:04/04/20 15:40
その後?

134 :底名無し沼さん:04/04/20 18:51
その後??




135 :底名無し沼さん:04/04/20 18:53
その子???

136 :底名無し沼さん:04/04/20 19:05
どの子????

137 :127:04/04/20 19:44

            ∧_∧
            /    ヽ
            | `  ´|
      <>○<>\= o/           
      // ヽ\⊂ ̄ , ヽ         
      / ∧_∧ヽ  ̄   ヽ         
     /,( ;´∀`)ヽ ,ゝ  |___, ヘ 
     | ヽ\`yノ )(   |   <   | 
     ヽ ___ノ_と_ノ\_<_ノ  


138 :底名無し沼さん:04/04/20 20:31
甘辛に煮たあぶらげで包まれたのかな、やっぱ。

139 :底名無し沼さん:04/04/20 20:46
>>137
んまい
君には才能が ARU

コピペでないならば

140 :底名無し沼さん:04/04/20 20:49
コピペだよ(w

141 :底名無し沼さん:04/04/20 23:15
穂高岳近くのキャンプ地で夜中に危うく遭難しそうになりました。
 その一  
山行の2日目、夜に雨と風がものすごく強くなり
ヒュッテのトイレへ行くタイミングをテントの中で今か、今かと
待っていました。
10時頃(山では夜中)、雨が弱くなったので1人でテントを出発しました。
距離は約40、50メートル程で、テント場へ行く道と下へ降りる道があり、
途中1ヶ所直角に曲がる所がありました。
今思えば霧が濃く、ライトで足元がうっすらと見えるくらいだった。
何も考えず、途中までは右側の石垣をつたい、
曲がり角からトイレまでは明かりがもれていたので簡単に着いた。
ところが、用を済ませてトイレを出てから外を見ると白闇、
何も見えない。まさに雲の中にいるように真っ白、
足元もほとんど見えない状態でメガネが曇ったせいでもなかった。
 まあ、テントまではそんなに遠くでもないし、
声を出せば返事をしてくれるだろう、と思ったオイラは馬鹿だった。
来た道を目を凝らしながらもどったつもりだが、
そこが本当に道なのかただの岩肌なのかわからなかった。
何度か行ったり来たり繰り返しているうちに、
ヒュッテの明かりも見えなくなり
テントまでの方角や距離感もわからなくなってしまった。
そういえば立山でも似たような経験があったのに
学習能力の低いオイラにはなんの教訓にもなっていない。
再び風雨が強くなり始めた。当然薄着で出てきている。
どうしよう、このままでは凍死 してしまう。
普通では予測できない状況になること、
Θ そうこれは遭難だ !!Θ
今までにない恐怖とパニックに襲われた。
   リクエストがあれば その二につづく

142 :底名無し沼さん:04/04/20 23:53
はい、続きどうぞ

143 :底名無し沼さん:04/04/21 03:20
>>141 どの部分で悩んでるんだ、古井戸の形か、手鏡のデザインか

144 :底名無し沼さん:04/04/21 09:19
その二    
〇〇 〇〇 〇〇... ←連れの名前
全身全霊で叫んだが強風下のテントの中では聞こえるはずもない
自分を落ち尽かさなければ、冷静にならなければ 
光も何も見えない、聞こえるのは山をつらぬく空気のおたけびだけ
ヘッドライトの明かりが真っ白で神秘的だ、と一瞬だけ思った。

しかしすごい風だ。標高3000メートル近くでは当たりまえなのか ?
突風で体がなぎ倒されそうになる、
雨が激しく、まるで体を至近距離から小さなエアーガンで連射されているようだ。
5分、10分と時間が過ぎる都度、恐怖が増していった。
まだ死ねない、 死にたくない、死んでたまるか、
気を紛らわすためにメガネを外し、そして指でぬぐった。
それから道らしきところを2歩3歩あるいた時だった
落ち着いていたつもりだが、実は動転していたのだろう。
ああ... がらがらと足元の石がくずれ転落 
体が2 3回ころがった、止まった。
左足を岩にぶつけたのに、手のひらを思いきり着いたのに、
こういう時って痛くないです。

145 :底名無し沼さん:04/04/21 09:21
その二 続き
 
目を開けた 
白い光の先に見覚えのある札(テント許可書)が見えたように思えた。
これが良くあるパニックの時などの錯覚かと思った。
今度は這いつくばるような格好でそれに近ずいた。
錯覚ではなく本物のテントだった。

時計をみたら1時間以上過ぎていた。
テントの中に入り、心からHo−とした。
神様、仏様、ご先祖様ありがとうございます。
 と同時に手と足と肩がイテぇー 

助かった 「あまりに遅いから遭難したかと思ったよ」 へへへと言われた。
その純朴で寝ぼけた連れの顔をみて、何故か涙が込み上げてきました。
そうなんです 本当に遭難しそうになりました。
そして2人で笑った。
  
ちなみに、次の日も濃霧で
予定は奥穂→前穂→上高地 の予定でしたが、
ヘタレなオイラは涸沢経由で帰りました。
教訓
  危ない場所で転ぶやつはいない。安全だと思う気持ちの隙に危険は潜んでいる。
  
それと登山板なので一言
こんな状況の時はテントから出ない。
連れがいる場合は必ず一言断ってから出る。
反射板、ライト(発光物)をテントの近く目立つ場所に着ける。

スレ違いかもしれないが、皆さんならこんなばはいはどうしますか?
山へは行かない、 はなしでおながいしまつ。
長文すまそ

146 :底名無し沼さん:04/04/21 09:44
こへるにしこ。

sageいみねー(w

147 :底名無し沼さん:04/04/24 16:56
オカルト板の方は面白く無いな

148 :底名無し沼さん:04/04/24 20:26
あれは5年くらい前の事だったかな。
奥多摩に沢登りに行ったんだよ。
会社の人と。男が4人、女が1人。
夕方頃、目的地に着いて翌日の沢登りに備えて川沿いで各自銀マットと寝袋で寝るって感じ。
周りに何も無いからね、辺りがホント真っ暗なんだよね。都会に住んでると当たり前に灯りが
どこかしらにあるからそういう感覚って忘れるけど。
焚き火をして、鍋とか料理したりして談笑ですね。やっぱりそういう時になると
怖い話とかしたがる人居るんだよね。特におやじがw
上司の山好きが昔群馬の山で、谷川岳だったかな。そこで霊に遭遇したとか声を聞いたとか。
俺は全然っちゅうか、最近はそういう感覚ないね。昔は霊とは違うだろうけど不思議な体験はしたけどさ。
話は続くなか、初夏です。辺りはそう暑くもなく寒くもなく。
シーンとしていた。話を聞きながらもくもくとご飯を食べてたんだよね。
ふと、ん?と思った。さっきから皆で鍋をつついているんだ。焚き火の上に置かれた奴ね。
鍋の中がウニウニ動いてんの。きっと、火が強いから汁が沸騰して具が動いてるんだよな。そう思ってた。
でも、違ったんだよね・・・。
俺だけが気づいたみたいなんだけど、焚き火のうっすらした灯りを頼りに何気なく鍋を覗き込んだ瞬間。
俺の見た物は。。。

149 :底名無し沼さん:04/04/24 21:09

       ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・ゴクリ。
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |

150 :底名無し沼さん:04/04/24 22:02
( ・∀・)ノ ●ウンコー
だったとか

151 :底名無し沼さん:04/04/24 23:40
ここまでは



              お   ま   ん   こ   女   学   院



の提供でお送り致しました。

ここからは

152 :底名無し沼さん:04/04/25 00:38
引き続き


              お   ま   ん   こ   女   学   院



の提供でお送り致します。


153 :底名無し沼さん:04/04/25 20:57
148の続き
その鍋、こてっちゃんのモツ鍋だったんだけど、何やらパタパタ蠢いてるんだ。
ゴクリ・・・思い切り唾を飲み込んで、皆に気づかれない様に鍋の近くまで顔を寄せた。
皆はというと相変わらず談笑しながら酒を飲みつつ、時たま鍋を突付いていた。
意を決して中身見たよ。
よーく見たら、鍋の中、具に混ざって息も絶え絶えになっている蛾が落ちてたんだ。
それが羽を時折パタパタしてた。もちろん既に絶命してる奴も居た。それは1匹や2匹ではなかったみたい。
多分、俺も食べたんだろうけど何匹か入ってたんじゃないかな。
何でこんな事になったのかと思ったけど、要するに焚き火の明かり目指して飛んできた蛾が
鍋にダイビングしたんだろうね。運悪く、キャンプしてる場所の近くに蛾の発生場所があったんだろう。
そういや、さっきから結構飛んでた・・・つうか普通に居るか、あんなトコなら・・・。
味は・・・ いや、きっと俺だけ食べてないはず。きっと。鍋の汁が染みてて美味しかったから。
あれはこてっちゃんだ。絶対ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃィィィィィィィィィ・・・ハァハァハァハァ。。。

で、話はそれだけで終わらず

154 :底名無し沼さん:04/04/26 02:34
       ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・終わらず?
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |

155 :底名無し沼さん:04/04/26 16:46
>>141
俺、あまり山に登った経験無いけど、白闇って風が吹いたら消えちゃうんじゃな
いの?それとも後から後から沸いてくるのかな?どんな感じなんだろ?

156 :底名無し沼さん:04/04/26 22:22
>>155
説明するのはちょとむずかしいな

白闇 本来昼間に使う言葉かも
ほんとはこんな言葉はないのかも知れない。
以前山板のどこかで見たので、ちょっと拝借しました。

ようするにヘッドライトをつけなければ本当の闇夜。
ライトを点けたから霧に反射して真っ白な状態、
足元も良く見えないし平衡感覚がおかしくなる。

体感温度は0度以下。
見渡す限りの雲の中で
雨粒が風で横に走っていく
それ混ざって霧(水粒)も移動している
そして、そのまま時間が止まっている神秘的な感じ。

一番わかりやすいのが
織田裕二主演「ホワイトアウト」て見たかな?
そんな感じの夜編、これも確か黒部が舞台だった。
説明が下手くそで スマソ

157 :底名無し沼さん:04/04/29 15:42
これは作り話ではありません。
本当の話です。

3年ほど前のちょうど今頃、
友達と二人で奥多摩に山登りに出かけた。
仕事を終えてから用意し、出発、
林道に着いたのは12時近かった。

場所を探して日原川を左に見ながら、奥へ
奥へと入って行きました。
林道からは見えるがちょっと奥まった場所へ
テントを張り、ここなら車も歩く人にも
邪魔にはならないだろうと思い。
いつものように、ラーメンを食べ
床に着いた。この日は曇っているせいか、
月も星もなく暗闇で、周りにはだれもいなかった。

少しだけ、うとうとした時に
「カランコロン、カランコロン」
遠くから熊よけの鈴の音が少しずつ近づいてきた


158 :底名無し沼さん:04/04/29 15:44
つづきです
今、何時だろうと思い時計を見た。午前2時半だった。
こんな時間からよく歩くよな と思っていた。
音が近づいてくるのはテントの中で寝ていても
よく分かった。

テントの位置から林道までは7、8メートルは
離れていた。
どう聞いても人の歩調のタイミングだ。
「カランコロン、カランコロン」 
音は道側から、わざわざテントの裏側まで歩いてきた。

少し怖くなって、寝袋から半身でて目を開けた。
「 誰だよ うっせーな」 と少し大きめな声で
わざといった。

シーンとした沈黙が30秒ほど続き
また、「カランコロン、カランコロン」
音は林道の方向へ向かった。

少しして何か変だなと、思った。
この暗闇なのにライトなしで普通歩けるかよ?
友達を起こし、まだ、聞こえる音の話をした。
確かに音は人のテンポだった。

友達は基自衛隊員、神経が図太いのか
そのまま寝てしまいました。

159 :底名無し沼さん:04/04/29 15:45
最後です
テントから出て確認したいがが、はっきりいって怖い。
俺はズボンをわざとゆっくり履いて
恐る恐るテントのジッパーをあげた。

音は遠ざかったがまだ、聞こえている。
近くに置いてあった車のハイビームをつけた。
見通しはそんなに悪くはない。
しかし、何もいない。本当に何もない。
「カランコロン、カランコロン」
見えないけど、鈴の音は遠ざかって行った。

背筋がぞーと寒くなって、
ち〇ちんの玉がギュイーンて、上がっていく感じが
今でも忘れることができない。

実に不可解な出来事でした。


160 :底名無し沼さん:04/04/29 16:10
ビックリシタナモー!

  +    ヘ⌒⊂ヽ  ヘ⌒⊂ヽ  ヘ⌒⊂ヽ +
     (・ω・ )ノ (・ω・ )ノ (・ω・ )ノ
     ( ⊃  ノ  ( ⊃  ノ  ( ⊃  ノ   +
 +    ⊂__ノ   ⊂__ノ   ⊂__ノ
        ∪       ∪      ∪
       | ||      | ||       | ||


161 :底名無し沼さん:04/04/29 22:45
♪からーん、ころーん、からんからんころん。

162 :底名無し沼さん:04/04/29 23:52
山小屋ってよく、怪奇現象起こるとかウワサ聞かない?
死体置き場として使ってる山小屋で夜中謎の物音が聞こえるとか・・・。

あんまり使われてない山小屋って結構廃屋っぽい雰囲気あるじゃん
そういうとこって霊の溜まり場になってるらしいよ。
ガクガク


163 :底名無し沼さん:04/04/30 00:01
んなら殺生ヒュッテは日本カモシカが化けて出るのかヨウ! ヨウヨウ兄ちゃん!

164 :底名無し沼さん:04/04/30 00:13
想いが凝り固まって現実世界に干渉するなら、毎年PLか天理高校が優勝してる。
スマン、思いを断って。

165 :三重県:04/04/30 00:20
夏が近ずくと、思い出す
越百山の木曽側の林道で、蚊の大群に襲われた
血だらけになった
大台の渓谷で、ヒルの大群に襲われた
血だらけになった




166 :底名無し沼さん:04/04/30 01:09
>>162
姫でつよ。

167 :底名無し沼さん:04/04/30 01:23
>>165
×近ずく
○近づく

168 :底名無し沼さん:04/04/30 02:32
      ∧_∧      ∧_∧
     _( ´∀`)    (´∀` )
  三(⌒),    ノ⊃    ( >>1 )   糞スレは・・
     ̄/ /)  )      | |  |
    . 〈_)\_)      (__(___)

         ∧_∧  .∧_∧
         (  ´∀) (´∀` )
       ≡≡三 三ニ⌒) >>1 .)    立てんなって
        /  /)  )  ̄.| |  |
        〈__)__)  (__(___)

           ∧_∧  ,__ ∧_∧
          (    ´)ノ ):;:;)∀`)
          /    ̄,ノ'' >>1  )   言ったろうが
         C   /~ / /   /
         /   / 〉 (__(__./
         \__)\)
                      ヽ l //
            ∧_∧(⌒) ―― ★ ―――
            (    ) /|l  // | ヽ   ヴォケがーー!
           (/     ノl|ll / / |  ヽ
            (O  ノ 彡''   /  .|
            /  ./ 〉
            \__)_)

169 :底名無し沼さん:04/05/10 17:34


170 :底名無し沼さん:04/05/10 17:34


171 :底名無し沼さん:04/05/10 17:34


172 :底名無し沼さん:04/05/10 17:35


173 :底名無し沼さん:04/05/10 17:36


174 :底名無し沼さん:04/05/10 17:36


175 :底名無し沼さん:04/05/10 17:37


176 :底名無し沼さん:04/05/10 17:38


177 :底名無し沼さん:04/05/10 17:38


178 :底名無し沼さん:04/05/10 17:40


179 :底名無し沼さん:04/05/10 17:40


180 :底名無し沼さん:04/05/10 17:41


181 :底名無し沼さん:04/05/10 17:42


182 :底名無し沼さん:04/05/10 17:43


183 :底名無し沼さん:04/05/10 17:43


184 :底名無し沼さん:04/05/10 17:47
      ∧_∧
 ピュー. (  ^^ ) <これからも僕を応援してくださいね(^^)。
   =〔~∪ ̄ ̄〕
   = ◎――◎                      山崎渉


185 :169−177:04/05/10 17:58
>>178-183
割り込まれちゃったよ・・・(´・ω・`)ハゲシクショボボーン

元ネタはこちら→http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/car/1063217927/414

186 :底名無し沼さん:04/05/10 18:07
あーごめんよ、そんな事だったのか。

187 :sage:04/05/10 22:19
山で竜巻にあったとか言う話が聞きたいな

48 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)