5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

GXロケット

1 :NASAしさん:01/12/09 21:32
三段式で一段目にロシア製、二段目に液化天然ガスエンジンを採用して2006年の初打ち上げを
目標にするとか。
開発費(500億円?)のうち3分の2は政府が援助するとのこと。
上手く行けばいいんですがどうなんでしょ。

2 :NASAしさん:01/12/10 15:10
低軌道って今需要あるの?
ていうか競争力が出るほど安くなるの?

3 :NASAしさん:01/12/12 00:45
J-Iとかぶってんじゃねーの?なんて思ったり。

4 :NASAしさん:01/12/12 12:11
みんな思うみたいだね
「なんだこのJ-I改もどきは」

5 :NASAしさん:01/12/12 22:36
つーか二段目はもろJ-I改?

6 :NASAしさん:01/12/22 14:28
age

7 :NASAしさん:01/12/30 23:21
 今日ニュースでやってたね。

8 :NASAしさん:01/12/30 23:52
GXってJ2(別名J1改)そのものですよ。

9 :NASAしさん:02/01/09 10:04
age

10 :NASAしさん:02/01/11 09:37
IHIが宇宙事業を子会社に統合へ

 石川島播磨重工業(IHI)は7日、来年4月にも宇宙事業を全額出資子
会社のアイ・エイチ・アイ・エアロスペース(IA、東京都千代田区)に統
合する方針を明らかにした。事業の効率化を高め、開発中の低軌道衛星打
ち上げロケット「J2」の競争力強化を目指す。

 IHIは昨年末までに、瑞穂工場(東京都瑞穂町)で手がけていたロケッ
ト制御システムや液体燃料など宇宙関連の開発生産をIAの富岡事業所
(群馬県富岡市)に移管。今後は両社の技術や設備、人材の効率活用を進
め、最終的に事業を統合する。

 これにより、IAは従業員約1140人(現在920人)、年間売上高約550
億円の国内最大規模の宇宙防衛会社となる。ロケットの固体燃料に強みを
持つ日産自動車の宇宙・防衛部門を買収して設立したIAに、IHIの宇
宙事業を統合することで「大きなシナジー(相乗)効果が期待できる」(伊藤
源嗣社長)と判断した。

 IHIは、高度200キロメートルの低軌道に衛星を打ち上げるロケット
「J2」を利用した商業ロケット打ち上げ会社「ギャラクシーエクスプレ
ス」を昨年3月に設立したばかり。事業統合により、J2の価格競争力を
高める。

 国内のロケットビジネスは、3万6000キロメートルの静止軌道用大型ロ
ケット開発を進める三菱重工と、低軌道に照準を絞るIHIの2大陣営に
よる戦いになりそうだ。

ttp://www.jij.co.jp/news/020108/auto/401.html

11 :NASAしさん:02/01/31 11:30
あげます

12 :NASAしさん:02/02/03 20:44
今気づいたんだけどギャラクシーエクスプレス社だからGXなのね。


13 :NASAしさん:02/02/03 20:58
ギャラクシークエスト社の方が良いと思うが。
ロケットの名はGQ。宇宙人から注文が来るかも。


14 :NASAしさん:02/02/03 21:06
ギャラクシーって割には低軌道。

15 :NASAしさん:02/02/03 21:35
そういえば打ち上げはクリスマス島からなんだよね。
遠いなあ。関係者は大変ですな。

16 :NASAしさん:02/02/06 10:31
J-Iは計画凍結らしいがGXは大丈夫なのかね?

17 :NASAしさん:02/02/17 23:47
age

18 :NASAしさん:02/02/25 02:22
age

19 :NASAしさん:02/03/03 01:38
M5ロケット廃止決定、、、

20 :NASAしさん:02/03/03 01:40
>>19
2005年廃止。でもGXが2006年に予定通り打ち上げられないと廃止が延期になるかもね。

21 :NASAしさん:02/03/09 14:20
いいよM5で充分。

22 :NASAしさん:02/03/15 01:05
M5廃止報道は画世じゃないの?

23 :NASAしさん:02/03/21 20:28
実際のところどうなんでしょね。
あれから情報がないけど。

24 :NASAしさん:02/03/22 13:17
こんな誤報もあったけど、結果的には当たってたね。

石播,「ロケット打ち上げで新会社」報道を否定
http://nmc.nikkeibp.co.jp/news/n8709.html

25 :NASAしさん:02/04/01 13:45
ギャラクシーエクスプレスが増資:2006年のロケット打ち上げ目指す(時事通信)

商業用小型ロケットの実用化を目指すギャラクシーエクスプレス(本社東京)は
このほど、資本金を1億円から3億8400万円に増強した。関係者が30日、
明らかにした。同社は確保した資金により、技術者を増やすなどして開発体制を
拡充。2006年初めにも1号機を打ち上げたい考えだ。
ギャラクシー社が取り組むのは、中・小型の人工衛星を高度200〜1500キロの
低軌道に打ち上げる小型ロケット。衛星を同3万6000キロの軌道に運ぶ大型
ロケットと役割を分担し、低コストの打ち上げサービスを提供する。
 

26 :NASAしさん:02/04/02 22:29
2006年か。
中国はすでに有人飛行成功済みかもしれないね。

27 :NASAしさん:02/04/11 10:26
age

28 :NASAしさん:02/04/27 23:17
あげ

29 :NASAしさん:02/05/04 18:02
ageてみる

30 :NASAしさん:02/05/05 15:49
J−1改、J-2、先端技術実証ロケット、GXロケット、全て同じ研究開発の
流れで、名称が変わっているだけらしい。
社名も正式に漫画家の松本零士の了解を取って「銀河鉄道999」から由来して
いるらしい。
社名がギャラクシーエクスプレスだから、GXロケットとなったらしい。
業界人より。


31 :NASAしさん:02/05/05 16:08
あげ


32 :NASAしさん:02/05/05 20:16
ギャラクシーエクスプレスって名前は派手だが・・・

33 :NASAしさん:02/05/06 12:55
age


34 :NASAしさん:02/05/06 12:56
矢張り1号機には999の文字が刻まれるのであろうか(苦笑

35 :NASAしさん:02/05/08 18:45
名付け親はNASDA企画部のこの人なのかな。

私は「銀河鉄道999」に憧れて育った世代なんです。NASDAに入ったのも
宇宙に対する夢を実現するためで、だれでもが宇宙へ行ける時代が来るのは
そう遠くはないと信じています。単なる宇宙観光ではなく、生活や文化の場と
しての宇宙という意味でです。そして、打上げの商業化はその突破口であると
思います。
http://spaceboy.nasda.go.jp/spacef/sp/j/39b_iwamoto_j.html


36 :で、何を上げるんですか?:02/05/09 09:18
<民間ロケット>05年度に打ち上げる意向 石川島播磨重工業

 石川島播磨重工業は8日、同社などが主導して開発する初の民間ロケット「GX」の1号機を、0
5年度に打ち上げる意向を表明した。打ち上げ場所は宇宙開発事業団の種子島宇宙センター(鹿児島
県)を想定しており、施設の整備などについて国側と協議する。

 GXは全長約48メートルの2段ロケットで、高度約200キロの低軌道に4・4トンの中小型の
衛星を投入できる。第1段には、実績のあるロシア製エンジンと米国製燃料タンクを採用しコストダ
ウンを図る。第2段には宇宙開発事業団が開発するLNG(液化天然ガス)エンジンを搭載する予定
だ。

 同社は「05年度からの10年間で計30機程度を打ち上げたい」との目標を掲げる。 【金田
健】(毎日新聞)

37 :NASAしさん:02/05/09 10:17
イソジウム

38 :NASAしさん:02/05/09 11:04
インジウムかイリジウムか微妙なところだな(w。

39 :NASAしさん:02/05/17 09:26
age

40 :NASAしさん:02/05/26 13:14
あげ

41 :NASAしさん:02/05/31 15:26
ageてもあげてもおちてくるこのスレは・・・

42 :NASAしさん:02/06/08 13:36
何かを暗示しているのか…

43 :NASAしさん:02/06/19 10:34
○民間ロケット新型エンジン、国の小委が開発に待った

民間主導で開発を目指しているわが国初のロケット「GX」に
搭載する液化天然ガス(LNG)エンジンについて検討している国の
宇宙開発委員会の評価小委員会は18日、
「緊急性がない」として開発を認めないことを決めた。
LNGエンジンは宇宙開発事業団が開発を推進しており、
計画が遅れれば、2005年度を目指すロケットの打ち上げに
影響が出るのは必至だ。
GXは石川島播磨重工を中心に国内7社が出資する会社が
開発を進める中型ロケット。
第2段のLNGエンジン開発を宇宙開発事業団が担う。
システムや誘導制御ソフトなどは米企業から導入する。
小委員会では、LNGエンジンの開発は長期的には有用としながらも、
2005年度に打ち上げを行う緊急性は認められないと指摘。
第1段エンジンタンクだけでなく、
誘導制御ソフトなども米国製であることから、
安全な打ち上げに必要な技術情報の公開が可能かどうか、さらに確認が必要とした。



44 :NASAしさん:02/07/06 11:46
age

45 :NASAしさん:02/07/17 19:28
>>43
あれは、M−5大好きな委員長が、GX憎しで、委員の投票結果に関係無く
「駄目だ」と宣言したらしい。委員の中には、やはりGX憎しのMHIのOBも
居たらしい。変な世の中だ。



46 :NASAしさん:02/07/17 19:37
>>45
その話、関係者に聞いたよ。
過半数が賛成なのに、委員長が反対で、潰そうとしたらしい(?)。
公表されている集計結果を見せてもらったが、棄権を除き、過半が
「推進妥当」だったよ。新聞はこんなことは書かないようだけど。
委員長は宇宙研OBで、M−5命の方らしい。

47 :NASAしさん:02/07/17 20:01
age

48 :NASAしさん:02/07/17 20:06
宇宙開発委員会 計画・評価部会
LNG推進系飛行実証プロジェクト評価小委員会(第3回)

原子力安全委員会などの人事を内定−−政府
 政府は23日、原子力安全委員会、宇宙開発委員会の常勤委員と、
地方分権一括法に基づき、国と地方自治体の事務に関するトラブルを
仲裁するため総理府に新設される国地方係争処理委員会の非常勤
委員など、国会の同意を必要とする審議会などの人事を内定した。
衆参両院の同意を経て発令する。
新任委員は次の通り。(敬称略)
 原子力安全委員会=法政大教授・須田信英(66)、日本原子力
研究所理事長・松浦祥次郎(64)▽宇宙開発委員会=文部省
宇宙科学研究所名誉教授・栗木恭一(64)▽国地方係争処理委員会=
元大阪高裁長官・上谷清(66)、元横浜家裁所長・大城光代(67)、
生活評論家・五代利矢子(66)、成蹊大教授・塩野宏(68)、東北大
教授・藤田宙靖(59)
[毎日新聞3月24日]

変貌する欧州宇宙産業に触れて
経団連欧州宇宙政策調査ミッション報告
鈴木敏夫(経団連宇宙開発利用推進会議企画部会長・
欧州宇宙政策調査ミッション団長/三菱電機副社長)

計画・評価部会 構成員一覧
   
(1) 宇宙開発委員
(部会長) 川崎 雅弘 宇宙開発委員
(部会長代理) 栗木 恭一 宇宙開発委員
五代 富文 宇宙開発委員(非常勤)
   
(2) 特別委員
池上 徹彦 会津大学学長
上杉 邦憲 文部科学省宇宙科学研究所教授
大島 まり 東京大学生産技術研究所助教授
黒川  清 東海大学医学部長
佐藤 勝彦 東京大学大学院理学系研究科長
澤岡  昭 大同工業大学学長
鈴木 敏夫 経団連宇宙開発利用推進会議企画部会長
高柳 雄一 高エネルギー加速器研究機構教授
冨田 信之 武蔵工業大学工学部教授
中西 友子 東京大学大学院農学生命科学研究科教授
松野 太郎 地球フロンティア研究システムシステム長
宮崎久美子 東京工業大学大学院理工学研究科教授
森谷 正規 放送大学教授
薬師寺泰蔵 慶應義塾大学法学部教授
八坂 哲雄 九州大学大学院工学研究院教授
山根 一眞 ノンフィクション作家


49 : :02/07/17 20:07
狭いこの業界、珍しい話ではない罠

ここで問題です。
もーりさんの目覚ましがわりの曲はどれ?
・ヤマト
・999
・月の沙漠


50 :NASAしさん:02/07/17 21:18
問題のLNG評価小委員会の主査は、K木さんだよ。
MHIのOBとはM谷さんだよ。
個人名出すのは、×カも知れないが、公人だからね。


51 :NASAしさん:02/07/17 21:45
GXロケットは、そもそもNASDAの「先端技術実証ロケット(J−1改良型
ロケット)」プログラムを民間会社が継承したプログラムで、平成11年8月の
宇宙開発委員会では、「先端技術実証ロケット」の名称で、開発移行が宇宙開発
委員会で、正式承認されていたもの。
同年11月のH−2の8号機の失敗で、腑抜け役人どもが、辞退してしまった。
踏んだり蹴ったりだね。
結局、競争相手のM社が儲かるみたいだけど。

因みに、NALの高速実験旅客機の失敗も、H−2可愛い某社が、
3機関統合で邪魔なプログラムをなくす為に、わざと失敗した、
なんて話はないよ。



52 :NASAしさん:02/07/17 23:21
森谷 正規
  技術評論家・放送大学教授

昭和35年東京大学工学部船舶工学科卒業
日立造船(株)、野村総合研究所を経て、昭和62年独立
平成6年から放送大学教授
「ナノテクノロジーの夢といま」、「ポスト構造改革の再生シナリオ」などの著書多数


53 :NASAしさん:02/07/18 12:13
>>50>>52
50のM谷さん(特別委員?)と、52の森谷さんは別人です。
念のため。

54 :傍観者:02/07/29 12:05
GXも輸入部品あるんでしょう?
大丈夫なのかなぁ???

55 :NASAしさん:02/07/31 15:08
あげ

56 :NASAしさん:02/07/31 18:34
IHIって、つくづく、バカばっか(W

57 :匿名:02/08/05 11:45
age


58 :匿名:02/08/12 10:46
ロッキードが付いているから、大丈夫。
米国政府も節穴じゃあないよ、多分。

59 :NASAし:02/08/13 00:48
IHIはGALEX立ち上げて、何が何でもGXを2006年に打ち上げるが?
BY IHI社員♪

60 :NASAしさん:02/08/15 17:29
そりゃ、失敗もあるでしょう。
Mさんが20年間・8000億円掛けて、国の予算で勉強させて貰ったことを
一部自腹切って5年でやろうってんだから。

温かい目で見てやろうよ。


61 :NASAし:02/08/17 23:58
IHIの場合は馬鹿うんぬんよりもテクニックがないかもしれない・・・
ロケットに関わらずこの種のシステムの運用を行うためのDBで用いる最新テク?に、ぺトリネット等があるが、
IHI本体の人間はその種の最新技術をまったく知らないようだ。
俺の予想としては5年でなくて、もっと時間&金が掛かる気がする。

62 :NASAしさん:02/08/25 12:45
age

63 :NASAしさん:02/08/26 12:26
>>61
そうかもなぁ、・・・。

64 :GXキタ━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!:02/08/31 14:37
GXロケット安全にめど ロッキード社が情報開示

 宇宙開発事業団と石川島播磨重工業は31日、米ロッキードマーチン社と共同開発を計画してい
る低コストの中型ロケット「GX」打ち上げの安全確保にめどが付いたことを明らかにした。
 ロッキード社からの情報開示に懸念があるとして、種子島宇宙センター(鹿児島県)での打ち上
げに「待った」をかけていた宇宙開発委員会に対し、9月下旬に評価を再申請。承認されれば、同
事業団が2005年度に予定している光衛星間通信実験衛星「OICETS」を、初の搭載衛星と
して打ち上げる方針だ。
 2段式のGXは、第1段をロッキード社がロシア製エンジンで、第2段は同事業団と石播が開発
する。
(08/31 09:47)

65 :NASAしさん:02/09/16 14:46
age

66 :NASAしさん:02/10/05 22:01
OICETSはJ-1じゃなかったのか?
相手(アルテミス)はあと1年もすれば実験可能になると思うんだが。

GXであげようとしたら打ち上げ予定が成立しないよ。いいの?>N
#MDS-1あがったしOICETSなんてどうでもいいような気もする。

商業的な打ち上げ見込みがないのにそれでもつくるって辺り、
正直いってダムを無駄につくる土木の世界と似てる感じがする。

H2A、MーV、GXが全部使えるだけのペイロード開発する金なんてねーのに。

67 :NASAしさん:02/10/11 17:52
M−Vは防衛庁に売る。

68 :NASAしさん:02/10/22 17:47
age

69 :NASAしさん:02/10/23 23:42
>>67
ワロタ
固体ならいいってもんでもなかろうに

70 :NASAしさん:02/11/16 14:15
最近の業界のうわさでは、水面下で開発フェーズへの復活が
画策されてるとのことだが、本当か?
ほぼ間違いなく、近く浮上するらしい。

71 :NASAしさん:02/11/18 12:14
そんな事はないよ。M重工が目を光らせているから。

72 :NASAしさん:02/11/19 10:29
ロッキードマーチンに受注委託
http://www3.nikkei.co.jp/kensaku/kekka.cfm?id=2002111801225

73 :NASAしさん:02/11/25 08:13
GXも輸入部品あるんでしょう?
大丈夫なのかなぁ???

IHIって、つくづく、バカばっか(W


74 :NASAしさん:02/11/29 19:37
>>73
こいつ、馬鹿だね。
日本のロケットなんて、海外企業の協力無きゃ、売れないよ。
H2Aの将来みえたもの

75 :I:02/11/29 19:47
海外部品結構使ってるからなぁ・・・コストダウンの為に

円安になればいいんだが・・・・・


しかしIHIが馬鹿なのは否定できない

【特に人事部】

76 :NASAしさん:02/11/30 05:39
つか、本気で売るわけないじゃん。
>>74の方がよほど今の市場を知らない年漏斗。

77 :贋理事長:02/12/07 10:30
>>75

烈しく同意。
日本の宇宙開発を生き残らせる為にも、Iは大手術が必要。

78 :NASAしさん:02/12/16 11:54
Iのみならず、Mも泣いている。


79 :週 恩来:02/12/18 15:46

Yahoo!の掲示板の松浦氏の書き込み
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835557&tid=spacedevreservera1a1a1a1a7ch3abhafa4nna2bepjs&sid=1835557&mid=75
によると、GXロケットは赤道上から打ち上げられ、その打ち上げ船がIHIの愛知工場で建造されるらしいです。


80 :NASAしさん:02/12/18 16:13
クリスマスでいいと思うんだがなあ。
ところでシーローンチって何やってんだろ。

81 :NASAしさん:02/12/20 12:52
石播などのロケット計画、ロッキードが出資

 石川島播磨重工業など国内7社が計画している中小型衛星打ち上げ用ロケットの開発・運営会社に、米ロッキー
ド・マーチンが出資することが決まった。ロッキードはロケットの開発、生産、受注活動にも参加する。2006年度
のサービス開始に向け、ロケット初の日米共同プロジェクトが本格的に動き出す。

 ロッキードが資本参加するのはギャラクシーエクスプレス(東京・港)。ギャラクシーは石播、石播傘下のア
イ・エイチ・アイ・エアロスペース(IA、東京・千代田)のほか、三菱商事、川崎重工業、日本航空電子工業、
富士重工業、国際倉庫(東京・港)が出資しており、資本金は3億8400万円。来年度にかけ新たな参加企業を加え
て4億9000万円に増資する計画で、ロッキードは10%にあたる4900万円を出資する。 (07:02)

ttp://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20021220AT1D1904N19122002.html

82 :NASAしさん :02/12/23 08:02
官民合同ロケット:初の日米共同開発へ 来年1月にも計画開始

 石川島播磨重工業などが参加する日本初の官民合同ロケット開発となる中小
型商業ロケット「ギャラクシーエクスプレス」(GX)計画が、来年1月にも
国の承認を得てスタートすることが22日、明らかになった。米ロッキード・
マーチン社も参加し、ロケットで初の日米共同開発となる。開発費は約500
億円。06年度の初打ち上げを目指す。日米両国の技術を集めて開発期間を短
縮しコストを削減、日本が出遅れた商業ロケットで巻き返しを狙う。
 政府は今年6月、GX計画承認の条件として、(1)ロッキードの技術が日
本の安全基準に適合することを証明する資料を提出(2)ロッキードの技術移
転への米政府の承認――の2点を示した。関係筋によると、両方の条件を満た
すめどがついた。
 GXは2段式の液体燃料ロケットで、全長約48メートル、重さ約210ト
ン。開発費は3分の2を国が補助し、残りを民間で設立したギャラクシーエク
スプレス社(東京都港区)が負担する。同社は石播、三菱商事、川崎重工業、
富士重工業など国内7社で設立されたが、ロッキードも20日、4900万円
を出資し、来年度中のギャラクシー社の増資後に、ロッキードの出資比率は
10%になる。

83 :NASAしさん :02/12/23 08:02
 新開発するロケットは、最大1・4トンの衛星を打ち上げる能力を想定して
いる。宇宙開発事業団が開発した日本の主力ロケット「H2A」の4〜6トン
より小さい。H2Aが打ち上げる大型衛星の需要に限界があるのに対して、気
象、資源探査、各種科学調査などの中小型衛星の打ち上げ需要は拡大すると見
込まれるため、低価格で大量打ち上げを目指すGX計画に期待が高まっている。
 ロケットの1段目に、ロシア製エンジンを搭載したロッキード製「アトラ
ス」ロケットを使ってコスト削減を図る。ロケット全体の制御システム開発で
も、ロッキードの協力を得る。2段目はエンジンを宇宙開発事業団を軸に官民
共同開発し、ロケット本体とエンジンを石播が製造する。
 【木下豊】
[毎日新聞12月23日] ( 2002-12-23-00:15 )
ttp://www.mainichi.co.jp/news/selection/20021223k0000m040041001c.html

84 :NASAしさん:02/12/24 00:18
今回の毎日の報道をきっかけにこのスレを読み直してみたんだけど、
こりゃまたずいぶん、水面下で熾烈な駆け引きがあったみたいだねー…
とりあえずあげ。

85 :関係者:02/12/24 17:08
>>84
ご明察!!

86 :山崎渉:03/01/06 14:54
(^^) 

87 :関係者:03/01/10 12:26
宇宙開発委員会の小委員会に、MHIのスパイがいて
大変みたいよ。小姑の嫁いびりらしい。


88 :NASAしさん:03/01/14 21:00
>>87
このスレの>>43-53にもあるね。
しかし今日も宇宙開発委員会 計画・評価部会
LNG推進系飛行実証プロジェクト評価小委員会はやってる。もう6回目。
議題は下記だから派手に論戦やってたんだろうな。
LNG推進系飛行実証プロジェクトに関する質問と回答について
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/kaisai/030103.htm

89 :NASAしさん:03/01/18 00:04
がんがれ

90 :NASAしさん:03/01/19 19:09
>>89
おまえもなー

91 :NASAしさん:03/01/22 19:28
そう言えば、お正月にNHKがGXロケットのニュースしていたらしいが?
誰か、ご存知有りませんか?

92 :NSADA:03/01/24 17:07
>>87
M谷さんでしょ、なんで、MHIのOBが小委員会に居るの?
IHIいびりですか?

93 :NASAしさん:03/01/28 17:18
>>92
でも、その分、IHIも打たれ強くなったのでは???
自衛隊も赤旗や社会党のお陰で理論武装出来たことだし、・・・。
って、関係無いか。

94 :NASAしさん:03/02/06 12:15
あげ


95 :NASAしさん:03/02/16 18:12
そろそろ出番でつか?

96 :NASAしさん:03/02/17 21:46
もうちっと待て

97 :NASAしさん:03/02/18 17:05
宇宙開発委員会の「再評価」の結果待ちです。
(本当は、結果は出ているらしいが、井口委員長がガタガタと。
遠山大臣への御進講が出来ないで困っているみたい。
自分で蒔いた種なのにね。)

98 :NASAしさん:03/02/18 18:20
>>97
大臣への報告ができないような結果って事は、もしかして中止?

中型ロケットどうするんだよ… M-V続行で手を打つのかな?

99 :NASAしさん:03/02/18 23:26
>98
H2Aで代替すればええんでは

もともと、打ち上げコストの差で開発費を回収できるほどには
中型ペイロードのミッションがないんだから

100 :あげ:03/02/20 12:31
そうだそうだ。

101 :あげ:03/02/21 12:32
>>97
なんか勝手な推測が飛んでいますが、
似非情報は止めましょう。

102 :NASAしさん:03/02/22 21:50
M-Vじゃだめなん?

103 :あげ:03/02/27 12:13
某新聞社が、IHI相生のLNGエンジンの燃焼試験の取材をしたい、と
NASDA広報に申し入れたら、「再評価」結果発表前なので駄目と言われた由。

今年度予算で正式発注した作業内容の取材なのにねぇ、・・・。
記者が切れたらしい。
何を書くか、怖いね。

104 :NASAしさん:03/03/01 23:49
>>102
M-Vじゃ、正確な軌道に直接入れにくそうだよ。
やっぱり自家製の科学衛星専用って言う感じ。

105 :半可通:03/03/05 18:32
M−V、テポドン代替。

106 :NASAし:03/03/05 22:36
>>105

座布団100枚!!

107 :NASAしさん:03/03/05 23:30
ミサイルに使うにはM-Vはオーバースペック過ぎるだろ(w

108 :NASAしさん:03/03/07 01:33
>>107
ISSを狙えるw

109 :宇宙開発委員会:03/03/09 11:55
計画・評価部会

LNG推進系飛行実証プロジェクト評価小委員会(第7回)の開催について

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/kaisai/030302.htm

110 :半可通:03/03/10 15:47
祝:「再評価」承認

111 :相模原:03/03/10 19:43
M-Vはあぼーんですか????

112 :NASAしさん:03/03/10 19:57
民間主導のロケットにゴー 日米の企業が構想

 2005年度の打ち上げを目指す民間主導の中型ロケット「GX」について、文部科学省宇宙開発委員会の小
委員会は10日、同ロケットのエンジン開発を宇宙開発事業団が04年度から始めることを妥当とした事前評価
結果をまとめた。
 GXは石川島播磨重工業と米ロッキードマーチン社が構想した2段式ロケット。ロッキード社が手掛ける第1
段に安価なロシア製エンジンを使い、第2段に宇宙開発事業団と石播が開発する液化天然ガス(LNG)エンジ
ンを用いる。
 昨年も事前評価が行われたが、同委員会は「打ち上げ時の安全確保に必要な技術情報が米国から開示されない
恐れがある」として開発に待ったをかけていた。
 GXは直径3メートル強、全長48メートル。打ち上げ能力はH2Aロケットの半分以下だが、欧米のロケッ
トより割安に、重さ2トンの衛星を高度800キロの軌道に打ち上げることを目指している。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030310-00000109-kyodo-soci

113 :NASAしさん:03/03/10 20:31
>>111
とっくに決まってます。

114 :NASAしさん:03/03/10 20:33
GXロケットは世界市場を制します

115 :NASAしさん:03/03/11 14:13
今日ついに正式決定っすね

116 :半可通:03/03/11 18:55
>>115
正しくは、明日の本委員会で、です。
NHKが昨晩、夜9時のニュースで報道してました。

以上


117 :NASAしさん:03/03/11 19:13
新しい中型ロケット開発へ

日米民間会社と宇宙開発事業団が共同で新しい中型ロケット
を来月から開発することが承認されました。H2Aより一回
り小さい2段式で、外国製部品を多く採用してコストを抑
え、小型衛星打ち上げの国際市場参入を目指しています。

http://www.nhk.or.jp/news/2003/03/11/k20030310000081.html

118 :NASAしさん:03/03/11 20:12
こら!GX!
ロシアのエンジンを使うだと?
ふざけるな!「明日があるさ ザ・ムービー」の真似してんじゃねえよ!

119 :NASAしさん:03/03/11 20:37
素朴な疑問。
何故H-IIAじゃダメなの?


120 :NASAしさん:03/03/11 21:23
1 小型衛星にはでかすぎる
2 単なるすみ分け
3 MHIしか儲からないから(それすらあやしいが)
4 共倒れを狙ったアメリカの陰謀

121 :NASAしさん:03/03/12 00:45
仕事クレーとIHIに泣き付かれたから

122 :NASAしさん:03/03/12 01:16
>>121
ちょっとまて。M-VはIHI(旧日産)がメインじゃなかったか?

123 :NASAしさん:03/03/12 10:10
>>122
利益が出ない既製品なんか要らんという事だろ?

124 :NASAしさん:03/03/12 13:20
H-IIAと違って応援する気にはなれんな。


125 :新・世直し一揆(コピペ推奨):03/03/12 13:35
<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけのもっともらしさ(偽善)に騙されるな!!)
●とにかく神経質で気が小さい、了見が狭い(臆病、二言目には「世間」(「世間」と言っても、一部のA型を中心とした一部の人間の動向に過ぎない))
●他人に異常に干渉して自分たちのシキタリを押し付け、それから少しでも外れる奴に対しては好戦的でファイト満々な態度をとり、かなりキモイ(自己中心、硬直的でデリカシーがない)
●妙に気位が高く、自分が馬鹿にされるとカッと怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとする(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際にはたいてい、内面的・実質的に負けていることが多い)
●権力、強者には平身低頭だが、弱者に対しては八つ当たり等していじめる(強い者にはへつらい、弱い者に対してはいじめる)
●あら探しだけは名人級でウザく、とにかく否定的(例え10の長所があっても褒めることをせず、たった1つの短所を見つけては貶す)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格が鬱陶しい(根暗)
●何でも「右へ習え」で、単独では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質・異文化を理解しようとせず、あるいは理解を示さず、排斥する(差別主義者、狭量、視野が狭い、多数派=正しい と信じて疑わない)
●集団によるいじめのリーダーとなり皆を先導する(陰湿かつ陰険で狡猾)
●他人の悪口・陰口を好むと同時に、自分は他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(自分がそうだから容易に他人を信用できない、ポーズだけで中身を伴っていないことが多い、世間体命)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことをレコードの再生のように何度も言って変)
●たとえ友達が多い奴でも、いずれも浅い付き合いでしかなく、心の友達はいない(心の感度が低く、包容力がなく、冷酷だから)
●頭が硬く融通が利かないためストレスを溜め込みやすく、また短気で、地雷持ちが多い(不合理な馬鹿)
●たとえ後で自分の誤りに気づいても、素直に謝れず強引に筋を通し、こじつけの言い訳ばかりする(もう腹を切るしかない!)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男前やのに、なんでや!(あの野郎の足を引っ張ってやる!!)」)

126 :NASAしさん:03/03/12 19:00

G-Xロケット、開発段階へ移行
永野さん、よかったねぇ

127 :NASAしさん:03/03/12 19:06
ロシア製エンジンはノズル一つに燃焼室が二つあるってホントですか?

128 :NASAしさん:03/03/12 20:05
>>127
http://www.nasda.go.jp/projects/rockets/gx/component_02_j.html
見るとノズルも2つあるような。

129 :NASAしさん:03/03/12 20:29
RD-180エンジンはこれ。
http://www.cleanic.com.hk/rainbowseriespage/RD180main.htm
あ、間違えた。
http://www.pratt-whitney.com/3a/html/products_rd180.html
燃焼室もノズルも2つあるけど、タービンポンプが1個だから
1つのエンジンってわけか……

130 :山崎渉:03/03/13 13:07
(^^)

131 :NASAしさん:03/03/13 15:14
しかし一段目がずいぶんデカイな。殆ど単段式ロケットだ。MECOがメチャクチャ大きくないか?10Gぐらいありそうだ。

132 :127:03/03/13 15:51
>>128-127
レスありがとん
1つなのはノズルじゃなくてポンプなんですね
それにしても奇怪なエンジンですね
コスト面ではこういう構成の方が有利なのか・・・

133 :NASAしさん:03/03/15 13:30
>>132
燃焼室を2つにわけたほうが、1つあたりの燃焼室の耐久性を低く設定することができるのです。
もちろん、効率は下がりますが。どちらかというと苦肉の策ですね。
燃焼室を複数にわけ、そして、比較的推力が低いロケットエンジンを束にして大出力を実現するのは
ロシアのお家芸と言えるでしょう。


134 :NASAしさん:03/03/16 00:16
>133
それでもLOX/Kerosene のブースターエンジンとしては
最高水準の比推力だ。
アメリカにはこれだけのエンジンは作れなかったから
ロシアのを買ってきているんだし。

135 :NASAしさん:03/03/16 01:58
J1でもJ1改でもJ2でもGXロケットでも名前は何でもいいんだけど、
もともとのもくろみは低軌道衛星の打ち上げ需要が伸びるってな
ことでの計画だったんだから(衛星携帯とかインターネット衛星とか)
それが破綻しちゃったからにはなにあげんの?てな感じ。で、
準天頂衛星なんて話が出て来ちゃったのか?

ま、それでエンジン換装してパワーアップてな訳だろうけどね。
軽めの通信衛星打ち上げられるくらいのロケットを目指すんでしょう。


136 :NASAしさん:03/03/16 04:07
液体水素を使うと高い比推力を得ることができるが、取り扱いは極めて難しい。
沸点が20.3K(マイナス250℃!)なので、液体燃料タンクも
その超低温に耐えるように作らなくてはならない。
米国の1段式シャトル「ベンチャースター」の開発で、複合材で燃料タンクを作ったものの、
液体水素の低温に耐えれなくて壊れてしまい、開発が失敗してしまったのは有名な話。
また、水素原子は金属の壁もすりぬけて外にでてしまうので、その蒸発分を常時補填しなくてはいけない。

GXの第一段の燃料はケロシン(灯油)なので常温で取り扱いが可能。
第二段の燃料はLNG(液体天然ガス)。
LNGの沸点は111.6K(マイナス160度)で、液体水素に比べれば高温なので、
複合材を使って軽量でコストの安い燃料タンクを作れる可能性がある。
(試作はできている)

取り扱いのやさしいケロシンとLNGを燃料として使って低出力だがメンテナンスが用意なロケットを開発し
安価な小型ロケットを実現しようとするのがGX計画だ。

NASDAはLNGロケットエンジンの開発を担当する。
LNGロケットエンジンは宇宙での軌道間運送機のエンジンとして最適だ。
(液体水素だと次第に蒸発するし、ケロシンは宇宙では暖めておく必要がある)
そして、すすの発生も少なく比較的沸点が高いので複合材を使って胴体と燃料タンクを一体化させた
再利用機を作れる可能性もある。



137 :NASAしさん:03/03/16 09:01
>>135-136
thanx.
勉強になりました。

138 :NASAしさん:03/03/16 13:30
宇宙開発委員会にGXロケットを提案したときの模様。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/001/020802.htm

LNGエンジンとしては、GXはスタートで
将来はH2Aの大型補助ブースターにしたいようだ。

139 :NASAしさん:03/03/16 14:41
>>138
あいかわらず容赦ないなぁ>F野さん

しかし共倒れのよかーん。
輸送系はH-IIIなんて構想もあるようだし。

140 :NASAしさん:03/03/16 19:34
>>139
同意
H-2A一本使うには中途半端な荷物ならデュアルロンチにすりゃいいだけじゃん。
結局新しいエンジン開発してみたいだけだろ?(><)

141 :NASAしさん:03/03/16 20:03
選択と集中の決断ができない談合民族に
宇宙開発はおすすめできない。

ま、おまえらド素人は仲良く不良債券化して
アメリカの下請けに成り下がっとけってこった(厭)

142 :NASAしさん@全部読んだが:03/03/16 20:22
>>58
のような脳天気もいるが

>>82
によればLMは5千万弱しか出資してないではないか。

陰謀論者でなくてもこれは共倒れを狙ってるとしか考えられないのではないか?

143 :NASAしさん:03/03/17 03:34
>>131
最大推力で計算するとMECO直前で15.7G!
5割くらいまでスロットリングするんじゃないか?
あ・・・まさかそれで2つの燃焼室?

ジンバルだけで重心通したらタンクが折れそうだ。

144 :143:03/03/17 03:58
ためしに、最大推力で推薬が何秒持つか計算すると、145秒となったよ。
スペックでは237秒になってるから、そうとうスロットリングしてるね。
実際に運用する時には、かなり比推力が悪くなりそうだね。

145 :NASAしさん:03/03/17 14:57
それじゃもっと大きな2段目乗せても大丈夫なの?

146 :143:03/03/17 18:15
>>145
えーっと、離床時の加速度が2G以下だから(重力分を差し引くと1G以下)
これ以上重くなるのは1段目のエンジンとしては厳しいと思う。

1段目のタンクをもっと小さくして、3段式にするのが普通の考え方かな?
そうすればもう少し重いペイロードも上げられそう。

それか、固体ブースターを装備して、メインエンジンはずーっと全開、145秒でエンジン停止。
固体ブースターは7〜80秒くらいのヤツをつけると、ちょうどいい感じかな。

で、2段はもっと大きめのエンジンと、たくさんの推薬を積めば、そうとう性能が上がりそう。
でも、そうなるとH-2Aとかぶってきそうだなぁ。

しかし、俺みたいなシロートが見ても、各段のバランスが悪いな・・・
なんか、考えがあってのことだと思うけどさ。

147 :NASAしさん:03/03/17 20:48
>145
その通り
もともと第1段は Atlas III そのものだから、
セントール / H-IIA第2段クラスの液酸・液水第2段を
搭載すればH-IIA標準型クラスのロケットになる

あんなしょぼい第2段になったのは、H-IIAとの住み分けと、
IHIが自社開発できるのがあの程度までだから、ということだろう

LNGを使ったのも公式見解は>136なんだが、
要はただのガス押しエンジンの開発にン百億の
予算を付けさせるための方便なんじゃないかと

148 :NASAしさん:03/03/17 21:22
>F野社長
よーするに、もっと先を読んでしっかりしたシナリオを作らなきゃだめよ、と
言っているのかな。今LNGがいいと思って始めても、出来た頃にはまた風向き
が変わっているかもしれない、と。

#あんな漢字初めて見た。

149 :NASAしさん:03/03/17 21:29
M−V使おうよ・・・

150 :NASAしさん:03/03/18 08:43
メーカー(哀)はDQNなので、GXは税金の無駄使いになります。

151 :143:03/03/18 13:38
自己レス・・・
>>143の15.7Gは間違いでした。計算しなおしたら14.0Gくらいですね。
なに計算してたんだろう・・・

それでも推力を調整したい値です。せいぜい8Gくらいまで・・・
ノズルスカート見るとかなり短め。とても4000kNクラスに見えない。
ってことから大気圏内でもそうとう絞るつもりに見えます。

カタログスペック(wの低軌道4.4トンは、1段目全開の値みたいです。
推力を絞らずに、大気中でも真空中の比推力を使って計算した値ですが、
1段目燃焼終了時:6370m/s
2段目燃焼終了時:3126m/s
で、合計9496m/s、赤道直下から軌道傾斜角ゼロで打ち上げの値かな?

こんななので、1段目をスロットリングしたら、
衛星なしのカラで打ち上げても軌道に乗らない感じなのですけど。
なーんか見落としてるんだろうな>俺

152 :NASAしさん:03/03/18 13:51
春だな・・・

153 :NASAしさん:03/03/18 14:18
ああ、春だ・・・

154 :NASAしさん:03/03/22 12:07
ケシロン+液酸とLNG+液酸かぁ
固体燃料の次がいきなり液水+液酸2段燃焼なんて一足飛び狙うんじゃなくて
地道に運用経験稼げる方策をとりだしたってのは、むしろ将来のことを考えれば
順当な選択なんでしょうね

155 :NASAしさん:03/03/27 18:39
>>154
それにしても、新開発のエンジンがガス押しって言うのが・・・

2〜3回打ち上げたら、次へ行こうって事なのかな?

156 :NASAしさん:03/03/28 10:51
むしろ性能を犠牲にしても開発、運用に関するトータルコストを下げようという
積極的な意思が見られるような気がするが、気のせいかもしれない。

157 :NASAしさん:03/03/28 13:07
気のせいだ
コスト的には「開発しない」のが一番

158 :NASAしさん:03/03/28 15:31
コストだけ考えたら、他の国に衛星も、ロケットも、打ち上げも、運用も、金出してやってもらえばいい事。

159 :NASAしさん:03/03/28 21:21
で、GXの開発はどんな意味があるんだ?

コストだけでは語れない部分てのは、
1) 日本独自の打ち上げ手段を持つことの必要性
2) H-IIAのバックアップ
3) 将来に向けた新技術の開発
くらいか?

どれもGXにはあてはまらんか、少なくとも
より低コストで目的に適う解がある

160 :NASAしさん:03/03/28 23:16
MHI以外のメーカー向け公共事業みたいなもんでしょ

161 :NASAしさん:03/03/31 10:58
>159
宇宙開発関連の従事者を確保するという目的も考えられなくもないけど…。
大義名分にするにはちょっと苦しいかもしれない。

162 :NASAしさん:03/04/02 20:54
必要に応じて気軽に取扱える
お手軽ロケットも必要って事では?

163 :NASAしさん:03/04/02 22:46
コストバカがいっぱいいるようだが、コストなどという物は
単なる打ち上げ費用だけで本来決まるものではない。
単に打ち上げ費用だけ考えるなら小学生でも計算できる。
後年に渡る長い年月におけるゲインと比較しなければならない。
これは極めて難しいため高度の判断が要求される。
ま、ここにいるコストバカは小学生並みのパブロフの犬君達のようだが。

164 :NASAしさん:03/04/02 23:14
>>163晒しあげ

165 :NASAしさん:03/04/02 23:47
>>162
> 気軽に取扱えるお手軽ロケット
GXが?

166 :NASAしさん:03/04/03 01:16

「ちょっと明後日さあ、ロケット打ち上げたいんだけど在庫ある?」

「あるよ!明日の夜には打ち上げできる」

というくらいになるといいが。

167 :NASAしさん:03/04/03 11:06
>166
衛星のほうがそう簡単にはいかなさそうだね。

168 :NASAしさん:03/04/03 18:30
秋葉のジャンク屋みたいだなw

「通信で使うんだけど、いいバスないか?」
「軌道は何だ?」
「準天頂だ。」
「それ持ってけ。」

「あと、スラスターとタンクは・・・」
「そのへんにあるやつを勝手に探していけ。
   タンクは触るな。ヒドラジンが残ってるやつがあるからな。」

違う世界だ。

169 :NASAしさん:03/04/03 20:03
>>168
それはイヤすぎ(w

でもそんな感じだったら、年間の打上も100回とかいって楽しいんだろうなぁ。

170 :NASAしさん:03/04/03 20:32
>169
軌道そのものもジャンクヤードになってたりして。

171 :NASAしさん:03/04/04 00:32
銀乞か、星パイの世界だな。
激しく憧れるよ。

172 :NASAしさん:03/04/04 03:58
>>171
くっ・・・銀乞かぁ。大元帥の作品は読みまくったときがあった。
依存性があるよ。気をつけたほうがいいw

>>170
だいじょぶ!星海企業がサルベージしに行くからw

173 :NASAしさん:03/04/10 11:34
あげ

174 :NASAしさん:03/04/11 18:59
ほげ

175 :NASAしさん:03/04/12 11:00
液体水素+液体フッ素にしる!

176 :NASAしさん:03/04/14 01:29
>>175
弗化水素噴出しながら飛ぶのカヨ!
地上設備はお釈迦ですなw

177 :山崎渉:03/04/17 09:30
(^^)

178 :NASAしさん:03/04/17 16:24
あげ

179 :NASAしさん:03/04/18 18:08
ほげ

180 :山崎渉:03/04/20 04:30
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

181 :NASAしさん:03/04/24 00:56
で、どうなったのよこれ。

182 :NASAしさん:03/04/24 15:49
皆さん、休暇中。

183 :NASAしさん:03/04/29 13:56
ttp://spaceflightnow.com/news/n0304/24proton/
思いっきり褐色のガスが見えてるような気がするのだが、大丈夫なのだろうか。

184 :NASAしさん:03/05/01 00:59
>>183
プロトンはそのくらいでも調子いいほうなんじゃないかw

なんでソユーズとプロトンで、あんなに成功率が違うのかな?

185 :NASAしさん:03/05/02 00:14
>>183

フライトディレクター「おい、機体からガスが出てるぞ。」

技術者「あぁ、あれですか。よくある事です。」

フ「そうか・・・・あ!横から炎が出たぞ。」

技「ガスが出た後は、大概そうなりますよ。よくある事です。」

フ「なんだ、そうだったのか・・・・あぁっ、おい!姿勢が下向きになったぞ!」

技「モーメントが発生したんで、向きが変わっちゃったんですよ。当たり前の事です。」

フ「・・・・墜落したみたいなんだが・・・」

技「決まってるでしょ。下を向いたら墜落します。よくある事です。」


186 :NASAしさん:03/05/02 00:39
>185
逝ってヨシ


187 :NASAしさん:03/05/02 00:42
相生のスタンドで試験したら
Iの技術者もろとも肺に穴あいてみんなあぼーんですな(藁)

188 :NASAしさん:03/05/02 00:45
>>185
フライトディレクターをぷー珍に変えたほうが面白そうだ。

189 :NASAしさん:03/05/13 12:17
あげ


190 :NASAしさん:03/05/15 10:15
MHIの蛆虫が、・・・。

191 :NASAしさん:03/05/19 18:30
MHIも苦労しているんだから、悪口を言うのは止そう。

192 :NASAしさん:03/05/19 19:43
「はやぶさ」成功後も未来が見えないM-Vロケット
ttp://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/j/ntec/247541

M-VをあぼーんさせてGXってのがNASDAの黙阿弥かと思っていたのだが…
M-Vとは別の固体燃料ロケットを開発とはNASDAもとちくるった計画を…

H-IIA関係エンジニアの仕事が云々と書いてあるが、H-IIA増強型はつぶれたのか?

193 :NASAしさん:03/05/20 00:29
黙阿弥ってなに?というしょうもないツッコミは置いといて・・・
> すでに存在しているM-Vの運用を終了し、似たようなサイズの固体ロケットを
> わざわざ新規開発する。常識で考えれば開発コストがかさむだけだ。だが、
> 霞が関官僚の思考パターンを考慮に入れるとあながちあり得ない話ではな
> くなってくる。
とあるように、記事読む限りじゃこの計画立ててんのはNASDAじゃないようだが。

日本の宇宙開発も防衛族どもに牛耳られる時代がくるのか・・・

194 :NASAしさん:03/05/27 21:59
GX、期待上げ

195 :NASAしさん:03/05/27 22:29
GX逝ってよしっ!

196 :山崎渉:03/05/28 14:38
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

197 :NASAしさん:03/05/28 14:40
元の目論見。

198 :ソーナンスズキ@ロケット団 ◆AmUm.j5Wx6 :03/06/01 00:38
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1050581590/l50

ボクロケットでオ○ニーできますハァハァ

199 :NASAしさん:03/06/01 03:54
>>193
M-Vなんてもともとその目的でしょ?
80年頃から、日本は核兵器は持たないけど、核兵器を持てる技術は作っておくという方向に進んで、
大勲位の肝いりで宇宙開発と原子力開発をやってきたわけだし
いまも、核は持たないけど技術は持つっていう方針でやってるよ

どこの国も、たとえ利益にならなくても宇宙開発や原発を作るのは、
防衛目的や政治目的があるから

国の発言力の大きさは、
核保有国>潜在的核保有国>それ以外の国
だから、どこの国も潜在的核保有国もしくは核保有国になろうとしている

200 :NASAしさん:03/06/02 12:10
>M-Vなんてもともとその目的でしょ?
ISASのロケットは元々本体の直径を1.4mまでに規制されていて、たしか’90年のあたりで
その枷がはずされたので、一気に2.5mのM-Vが作れる様になっただけだと思いますが…
少なくともあんなコストも手間もかかるロケットが防衛向け技術を考慮したものとはとても思えません。
特にロケットのような兵器は「消費して何ぼ」「使いたいときにすぐ使う」の面が強いと思いますから、
M-Vは以外にも?向いてないと思います。
大体でか過ぎです。性能だけ見るのなら70年代のラムダロケットや最初期のミュー程度の規模で、
慣性誘導できる様にしたり弾頭をセットできる修正をした方が防衛向け技術に向いていると思います。

あと気になったことが2つ。

>大勲位の肝いりで宇宙開発と原子力開発をやってきたわけだし
80年代以降、宇宙開発に政治面で原子力と同じ土俵で語れるほど予算やポリシーなどがあった
ようには、とても、とても、とっっっっても、見えません。政治的には、

諸外国とのお付き合い(大半は技術導入)+少しずつ独自開発で何とか自立性をageたい+α

程度です。一つ目と二つ目はその後H-IIロケットや技術試験衛星などを生み出しました。
ちなみにミューロケットシリーズは、二つ目と最後の+αです(笑)

>どこの国も潜在的核保有国もしくは核保有国になろうとしている
いくつかある非核地帯条約に加盟している国々や、黒人政権に核を持たせたくなかったからとは
いえ核兵器を放棄した南アフリカ共和国の立場はどーなるの…?
核を持とうとしている国以外は眼中に無いですか。

国の発言力の大きさを核で大きく出来る効果が特に大きかったのは(変な文章)冷戦中の間だっ
たように思います。現に冷戦後に所有を表明したインド、パキスタンや…北朝鮮(苦笑)の発言力っ
てそれまでの核クラブの国々並になりました?どちらかと言うと「相変わらず」の様に見えますけど。


201 :NASAしさん:03/06/06 17:04
米ソ(おっと、米ロ)の核と、印度パキスタンの核を同列には評価出来ないが
やはり、一目を置く羽目になったのは事実では。

敗戦国(昔の「悪の枢軸」)で、「核」と「運搬手段」を持つ事を許されて
いるのは日本だけ。

日米安保条約に守られ、握り金玉されて、勝ち得たポジション。
粛々と守りましょうね。

202 :NASAしさん:03/06/06 17:33
ドイツって原発ないの?

203 :NASAしさん:03/06/07 16:47
肝いりというか、個人的なコネのような気もするな。

ひとつの国にふたつも宇宙機関があるのは不自然ではないだろうか?
この問題はその後国会をまきこんだ論争へと発展した。結着をつけたのは
後の総理大臣、中曽根康弘であった。
(中略)
また同時にロケットのサイズについても、宇宙航空研究所のものは
直径1.4メートルを越えてはいけないと規定された。
http://www.sf-fantasy.com/magazine/serials/develop/04.html

このM−Vの直径はそれまでの直径1.4mから2.5mになっています。
 これには当時首相だった中曽根氏が規制撤廃に尽力したためです。
その陰には責任者の和田先生と中曽根氏との間に古い付き合いがあったのです。
ttp://www.ne.jp/asahi/contact/japan/event/misc/report/matokawa.html


204 :NASAしさん:03/06/08 00:56
中曽根マンセー

205 :NASAしさん:03/06/08 10:46
中曽根マンセーはともかく、日本の政治家ってホント宇宙開発のことわかってないな。

206 :NASAしさん:03/06/10 02:23
だって一番理解してるのが中曽根

207 :NASAしさん:03/06/11 00:31
>>1
三段式?

208 :t-akiyama:03/06/12 17:53
携帯ゲーム機"プレイステーションポータブル(PSP)

 このPSPは、新規格UMD(ユニバーサルメディアディスク)というディスクを利用しており、そのサイズは直径6cmととても小さい(CDの半分程度)。 容量は1.8GBとなっている。
画面は4.5インチのTFT液晶で、480px x 272px(16:9)。MPEG4の再生やポリゴンも表示可能。外部端子として、USB2.0とメモリースティックコネクタが用意されているという。

この際、スク・エニもGBAからPSPに乗り換えたらどうでしょう。スク・エニの場合、PSPの方が実力を出しやすいような気がするんですが。
任天堂が携帯ゲーム機で圧倒的なシェアをもってるなら、スク・エニがそれを崩してみるのもおもしろいですし。かつて、PS人気の引き金となったFF7のように。

209 :NASAしさん:03/06/27 17:41
揚げ

210 :GXロケット初号機打上げ成功!:03/06/30 18:24
だったら良いな。

211 :NASAしさん:03/07/04 21:12
LNGエンジンをターボポンプ化すると比推力どれくらいだろ?

212 :NASAしさん:03/07/05 03:39
狙っているのは360台後半、らすぃ。370秒には届かないか。
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/space/1047960166/791


213 :NASAしさん@力石に水:03/07/05 10:01
次世代ロケットは太り過ぎ 設計見直し、ダイエット中

 2005年度末の打ち上げを目指し、日米の民間主導で開発中の次世代中型ロケット「GX」で、日本側が開発に
当たる2段目が当初の設計より約800キロも重量オーバーとなり、懸命の“減量”が進められていることが5日、
分かった。
 エンジンの地上試験で設計通りの推力が得られず、燃料タンクの強度を上げたことが主な要因。このままでは、打
ち上げ可能な衛星の重量がその分軽くなり、厳しい受注競争で不利につながる。このため、姿勢制御用の噴射装置を
簡素化して軽量化を図る方針だ。
 GXは、1段目を米ロッキードマーチン社がロシア製エンジンを用いて製造。2段目は石川島播磨重工業が製造
し、宇宙開発事業団が開発した安価で扱いやすい液化天然ガス(LNG)を燃料とする新型エンジンを世界で初めて
実用化する。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030705-00000026-kyodo-soci

214 :NASAしさん:03/07/05 14:55
>>213
普通、液体ロケットの各段って燃料タンクと酸化剤タンクが1つずつあると思うのですが、
GX2段目のタンクってそれが2つずつに分かれている(合計4つ)を束ねていますね。
http://www.nasda.go.jp/lib/nasda-news/2003/06/head_j.html

どうも元々重量的に不利な構造のような気がします。


215 :NASAしさん:03/07/05 17:58
そりゃ、できれば普通のロケットみたいにタンクを2つにしたかっただろうが、いきなり大型のCFRPタンクを作るのはリスクが高いだろう。仕方のない選択だと思うが。

216 :NASAしさん:03/07/05 18:18
元々2400 kgの二段目が800 kgの重量オーバーって…
見積り甘すぎ。さすがI。

217 :NASAしさん:03/07/05 18:32
つーか5日ってことは宇宙開発委員会ではなく
どこかのリークってことですよね?

218 :NASAしさん:03/07/05 19:34
>214
それぞれ単一タンクにすると、却って重くなる場合もありうるんじゃないかな。
特に低温にさらしつつガス圧掛けるともなれば……。

219 :NASAしさん:03/07/05 20:36
はじめから球形メタルタンクにしておいた方が軽かったんじゃないかと

220 :NASAしさん:03/07/08 12:59
>>213
記事の意味が掴めないのでどなたか解説お願いできませんか。
疑問点
1.推力がガス圧に依存するというのは理解できますが、それなら必要強度は予め分っているはずですよね。
 何故燃焼試験をしなければガス圧を上げられない事が理解できなかったのでしょうか?
2.強度のために重量が増え過ぎることが分っていながら、何故そのまま作ってしまったのでしょうか。


221 :NASAしさん:03/07/08 14:41
1. Iが厨だから
2. Iが厨だから

222 :NASAしさん:03/07/08 17:40
>>217
出典は、6月20日の宇宙開発委員会の計画評価部会のNASDA資料。
7月5日に慌てて掲載したのは、誰かが、共同通信を使って、IHIを
貶めようとした為。
何故なら、前日の4日に重要な事件があったから、・・・。

まぁ、犯人は、以前委員会に居たM谷先生辺りかな?

まさかねぇ、・・・。


223 :NASAしさん:03/07/08 19:02
>>220
1について(予想)
基本的に推力は推薬の流量で決まる。
燃焼試験を行った結果,圧力振動かなんかの問題が起きて
噴射器の絞りを小さくしなければならないことがわかった。
絞りが小さくなる=同じ流量を流すためには,より高い圧力をかける必要がある。

224 :NASAしさん:03/07/08 21:36
>>220
2について
「そのまま作ってしまった」んじゃなくて
「このまま作ったら重すぎる」んだと思われ。

225 :NASAしさん:03/07/08 22:37
地上試験がダメでも真空環境で試験すればちゃんと動くんじゃないか?

226 :NASAしさん:03/07/09 15:10
ガス押しエンジンすらまともにできないとは・・・

227 :NASAしさん:03/07/10 02:24
ガス押しかポンプ式かの部分での問題じゃないんだろ。
推進剤を加圧しても思ったほど推力が出ないことが原因なんだから。
むしろそういった事態が起きてもタンクの強度上げるだけで済むから
ガス押しを選択したんじゃないの?

228 :NASAしさん:03/07/10 04:40
確かにガス押しかポンプ式か以前の問題。
メタン特有の未知の問題が起こったというならまだ救いがあるが、
ただ単に性能見積りや基本設計がいいかげんだったという
可能性の方が高そうだ。

> むしろそういった事態が起きてもタンクの強度上げるだけで済むから
そのためにタンクやフィードラインを再設計して、結果2段目の重量が
3割以上増えるのは "だけで済む" 話じゃないだろ。

229 :NASAしさん:03/07/10 19:12
>ただ単に性能見積りや基本設計がいいかげんだったという
>可能性の方が高そうだ。
いいかげんな臆測だな

230 :NASAしさん:03/07/10 19:56
もちろん詳しい情報が出てこないうちは何言っても憶測だが。

しかしBFTまで実施してる段階で、大幅な重量増加を伴う
設計変更が必要になるなんて普通では考えられん。
不可抗力だったと言えそうな、まともな理由がどれだけある?

231 :NASAしさん:03/07/10 20:25
>>214
燃焼圧力0.98MPa{10kgf/cm2}とあるけどタンクの圧力はどのくらいあるんだろ?
DQNなエンジンにしか見えないけどちゃんと完成するのかな
信頼性とメンテ面では最高だろうからミサイル用にちょうどいいか

232 :NASAしさん:03/07/11 02:11
でかくするしかないよなぁ・・・
安くできるってタンカ切った手前

233 :NASAしさん:03/07/12 23:26
兄貴?のJ1と同じ道をたどったらどうしよう。

234 :NASAしさん:03/07/12 23:45
>>230
普通では考えられん,か。
LE-7のときもBFTの結果みて定格出力を下げたぞ。
BFTっていうのはそういう試験でしょ。

235 :NASAしさん:03/07/13 01:38
>>234
話がかみあってないな。
「普通では考えられん」のは「大幅な重量増加を伴う設計変更が必要になる」ことだ。

BFTの結果から動作点がある程度動くのは仕方がないことで、
機体設計時にはそれを見越した設計マージンをあらかじめ取っておくもの。
LE-7の定格切り下げの時は、設計マージンと二段目への細工で帳尻を合わせた。

今回重量超過を起こしたということは、取るべきマージンを取らなかったか、
想定をはるかに超えるほどエンジン性能が悪かったかなんだが、
まともな設計をしていれば防げたんじゃないかと憶測しているわけだ。

236 :NASAしさん:03/07/13 13:56
>>213は「今、帳尻を合わせようとしてますよ」って記事でしょ?
「完成しますた!!・・・あれ?800キロ重いや・・・どうしよう」じゃなくてさ。

237 :NASAしさん:03/07/14 22:38
800kgオーバーって・・・
GX、本当に大丈夫なのか?

238 :NASAしさん:03/07/14 22:53
簡素化で 3200kg の中から 800kg を消し去る帳尻合わせができるなら、
やっぱり元の設計がムダだらけだったってことでは・・・

239 :山崎 渉:03/07/15 12:37

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

240 :NASAしさん:03/07/16 02:58
やっぱりH2Aの二段目をそっくりそのまま載せて……

241 :NASAしさん:03/07/16 02:58
age

242 :NASAしさん:03/07/16 23:11
やっぱ球形タンク二つ重ねた構造の方が良かったよ。

243 :NASAしさん:03/07/19 00:23
>>242同意

244 :NASAしさん:03/07/24 12:41
>>235
NASDAの自爆だそうだ。

245 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

246 :NASAしさん:03/08/04 20:20
あげ

247 :NASAしさん:03/08/07 14:04
本当にあと3年であがるのか?
そんなのよりM-Vの改良に投資しろ。

248 :NASAしさん:03/08/09 14:17
>>247
MV改とかMV-Liteの案は有るけどな。

249 :NASAしさん:03/08/12 14:51
固体は終わり。

250 :NASAしさん:03/08/12 15:16
J1改良型・・・・・・・NASDA主導プログラム
 ↓
先端技術実証ロケット・・宇宙開発委員会で承認
 ↓ 
Cロケット・・・・・・・H2事故で、民間会社立ち上げ
 ↓ 
GXロケット・・・・・・松本零士先生命名

251 :山崎 渉:03/08/15 18:50
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

252 :NASAしさん:03/08/18 10:47
JAXAの中期なんちゃらが発表されたようだけど、
GXについては触れられてないのかな?

253 :NASAしさん:03/08/18 16:34
H2A増強は200億円なのに!
MHIは50億円なんて出すのかな?


254 :NASAしさん:03/08/23 01:16
で、現状はどうなの?まだ重量削減出来なかったりして。

255 :NASAしさん:03/08/23 23:32
GXは早めに中止した方がええんちゃう?

256 :NASAしさん:03/08/24 05:54
早く実物見たいな


257 :NASAしさん:03/08/25 13:18
再生冷却のパイプを推進剤タンクまで伸ばして加熱しる

258 :NASAしさん:03/08/28 23:53
メタンエンジンはそもそも再生冷却などしてないわけだが。
つーか冷却などしてない。

259 :NASAしさん:03/09/08 18:43
>>254
重量削減案、茄子駄さん頑張っています。
しばし、お待ちを。

260 :NASAしさん:03/09/12 00:47
>>256そろそろ部品の実物が試作されてないと間に合わないんだよな。

261 :NASAしさん:03/09/14 11:41
あと3年で作れるのか?

262 :NASAしさん:03/09/19 12:08
立てたよ。

■日中 宇宙開発競争■
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1063901440/


263 :NASAしさん:03/09/21 03:11
>>242

実はいまさら検討しなおしてるそうで。

264 :NASAしさん:03/09/29 01:18
計画中止まだ?


265 :NASAしさん:03/09/30 17:51
未だですよ。
予算増加決定。

266 :NASAしさん:03/10/01 12:14
あげ

267 :NASAしさん:03/10/01 12:37
当初の予算では作れずに、後から金をせびりにきたってことか?

的川先生の怒りのメルマガまだー?

268 :NASAしさん:03/10/02 17:01
研究フェーズから開発フェーズに上がったので、予算が増えるのだそうです。

269 :NASAしさん:03/10/08 15:21
http://www.jaxa.jp/missions/projects/rockets/lng/index_j.html

270 :NASAしさん:03/10/08 19:56
>>268
予算のためにまた名前変えるんですか?

271 :NASAしさん:03/10/09 12:56
そう言えば、以前は「先端技術実証ロケット」でしたね。

272 :NASAしさん:03/10/12 00:43
先端→J1改→J2→GX

273 :NASAしさん:03/10/13 22:00
で、2006年打ち上げだと、もうテストモデルは造ってないと間に合わない
ぞ。

274 :NASAしさん:03/10/14 12:13
J1改⇒J2⇒先端⇒C⇒GX

275 :NASAしさん:03/10/20 00:11
名前ダサダサ。

276 :NASAしさん:03/10/20 20:37
社名は、松本零士さんの「銀河鉄道999」から。
GXの命名も、会社ロゴも松本零士先生の作品らしいですよ。

277 :NASAしさん:03/10/21 00:34
Galaxy eXpress?

278 :NASAしさん:03/10/22 17:16
民間主導ロケット「GX」、07年に初の衛星打ち上げ

ttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20031022i503.htm

279 :NASAしさん:03/10/22 17:34
>>277
会社ロゴを見ると、そんな感じですね。

280 :NASAしさん:03/10/23 00:22
>278
低軌道に4t・・・。ふじ打ち上げれる?

281 :NASAしさん:03/10/26 23:41
ふじ厨キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

282 :NASAしさん:03/10/31 17:46
あげ


283 :他社関係者(Iは面接受けた):03/11/07 00:18
本当に飛ばせるの?
計画倒れになりそう。

284 :NASAしさん:03/11/07 00:50
ふん

285 :NASAしさん:03/11/17 12:46
多分飛ぶと思います。

286 :NASAしさん:03/11/24 22:40
でも、商業的には倒れるよね。
vegaと違って日本じゃ国の小型衛星もそれほどないし。

287 :NASAしさん:03/11/27 16:18
それが有るらしいよ。言えないけど。

288 :NASAしさん:03/11/28 21:28
>>287
じゃあ言わなくてもいいから書いて。

と小学生レベルの事を言ってみるテスト。

289 :NASAしさん:03/11/28 22:16
順店長はGXでやるつもりらしいですよ。

290 :NASAしさん:03/11/29 00:57
準店長って 予備機(あると信じたい)入れても5、6個でそ?
アテに出来るほどの需要じゃないんじゃ・・

291 :NASAしさん:03/11/29 22:14
三菱が当てにならないから石川播磨しかないね。

292 :NASAしさん:03/11/29 23:17
常識的に考えてGXは延期(実質的には中止もありえる)で
H2Aの改良にリソース向けるだろ。

293 :NASAしさん:03/12/01 12:40
H2A計画を政府は放棄!
デュアルは無理だな。

やっとGXの出番が来たな。

294 :NASAしさん:03/12/11 18:12
社会ニュース - 12月10日(水)16時1分


宇宙実証衛星2号機の受注に意欲=独ロケット会社CEOが会見

 10月に「ロコット」ロケットで日本の宇宙実証衛星1号機の打ち上げに成功したユーロコット社(本社ドイツ・ブレーメン)のマティアス・ウーム最高経営
責任者(CEO)らが10日、東京都内で記者会見し、2006年度に予定される同2号機の受注に「大きな期待を持っている」と意欲を示した。
 同衛星は経済産業省の外郭団体が開発、運用しており、安くて高性能な一般用電子機器などが衛星にも使えるか、テストするのが目的。経産・文
部科学両省と石川島播磨重工業などが開発中の新中型ロケット「GX」と競合するが、ウームCEOは「GXは開発に何年かかるか分からない。われわ
れは信頼性あるロケットを提供できる」とアピールした。 (時事通信)
[12月10日16時1分更新]

295 :NASAしさん:03/12/11 18:21
日本ので打てよ…

296 :NASAしさん:03/12/12 00:41
でも確かに言ってる言葉は間違ってないな。

297 :ISAS:03/12/13 15:15
>>295
じゃぁ、M-Vでどうでっしゃろ?

298 :NASAしさん:03/12/13 17:29
>>297
コストを下げるための実験なのにわざわざ高コストのランチャーを使うはず無いでしょ。


299 :NASAしさん:03/12/13 18:26
>298
コストを下げるための「実験」だからこそ確実にあがるランチャーが必要なのでは。

300 :NASAしさん:03/12/14 00:39
>>299
言ってることおかしい。

301 :NASAしさん:03/12/14 19:17
衛星打ち上げてもらう側からすればそりゃ確実に上がるロケット使いたい罠。

302 :NASAしさん:03/12/15 23:43
>>301全く反論不可能な正論だな

303 :NASAしさん:03/12/16 13:33
と言うと、H2Aも駄目かぁ!

304 :NASAしさん:03/12/16 13:35
>>303も全く反論不可能な正論だな

305 :NASAしさん:03/12/16 16:53
>>304
ワロタ


306 :NASAしさん:03/12/17 03:39
と言うと、地球には使えるロケットはどこにも存在しないってこったね!(w

307 :NASAしさん:03/12/17 18:45
アリアンがあるさ。

308 :NASAしさん:03/12/17 21:17
>>307
( ´,_ゝ`)プッ

309 :NASAしさん:03/12/18 12:15
H2Aが駄目なら、次の衛星、本当に提携先のアリアンに頼べば
良いのに。って、スレ違いか?

310 :NASAしさん:03/12/18 20:07
>>309
そのためのアリアンだもんなぁ…

MTSATの打上、1機はアリアンに頼んだ方がいいかもなぁ…

311 :NASAしさん:03/12/18 20:25
で、アリアンで打ち上げに失敗すると「なんでH-2Aで打ち上げなかった」と、
なぜかJAXAに非難が集中する罠

312 :NASAしさん:03/12/18 23:26
馬鹿みたいに重いMTSATにせず
「ひまわり」(300kgぐらい?)そのままならM-Vでも打ち上げ可能だった罠。

GXの敵も無駄に重い高機能衛星を打ち上げたがる馬鹿な国じゃないかな

313 :NASAしさん:03/12/18 23:44
>>312
みどり型地球観測衛星も一個の大型機ではなく中小型衛星群で実行する
案も有るね。
どれか一つ故障しても全体としては有る程度機能を保ち、補完衛星も安
価で済む。
また小型衛星の基本構造を共通化すれば量産効果も期待出来る。

314 :NASAしさん:03/12/19 12:15
基幹ロケット・H2Aに乗せるために態々重く大きく
設計しているらしいよ。
>>313さんの御意見のように、衛星としては、大きく
する必然性はないみたい。

それに、内閣府はデュアルは止めるらしい。


315 :NASAしさん:03/12/19 20:36
本当に大きな衛星を必要なのは、CSだけではないのかな?

316 :NASAしさん:03/12/20 02:11
静止軌道って、バンド毎に数が限られているから
まるべく多くのchや機能を持たせて
国連機関?(名前忘れた)への申請を数少なくしようってことじゃないかな

317 :NASAしさん:03/12/20 13:42
>316
静止軌道は物理的に衛星の数が制限されるからでしょう。
衛星間の安全距離を保つために経度0.5°にひとつしか配置できないから
地球全体で720個しか静止軌道衛星は配置できない。

だから、静止軌道衛星は大型・多機能化していき、
低軌道衛星は小型化していくんじゃないかなぁ。

でも、小型衛星をたくさん打ち上げると地上側の負担が増えないかな?
交信用のアンテナだってスケジュールのやりくりがいるだろうし。

318 :NASAしさん:03/12/21 00:12
>>317
同じ場所に複数の衛星を配置することは可能。
さすがに異なる事業者が持つのはちと難しいけど。

まあ、でかいのでいった方が効率的なのは確か。
とはいえ、リスクヘッジの考えとかもあったりする。

http://www.orbital.com/


319 :NASAしさん:03/12/22 12:09
良く言うよな!
でも、政府に対する揺さ振りだろうけど。
条件闘争だろうし。


社会ニュース - 12月18日(木)17時40分

H2A民営化、先送りも 「原因次第」三菱重社長

H2Aロケット技術を宇宙航空研究開発機構から引き継ぐ三菱重工業の佃和夫社
長は18日、記者会見し、情報収集衛星を乗せた6号機の打ち上げ失敗に関して
「原因調査によって大きな設計変更が必要になれば、そのまま民営化というのは
難しい。(2005年4月からの)タイムスケジュールも変えざるをえない」と
述べた。
同社はH2Aの製造から衛星打ち上げ受注まで含めた宇宙ビジネスに乗り出す予
定。ただ、製造責任に関するリスクも抱え込むため、今回の失敗後は慎重な構え
も見せ始めている。
佃社長は「技術が確立されている、というのが政府と結んだ基本協定の前提条
件。民営化の大きな流れは変わらないが、原因によっては条件が満たされなくな
る」と強調した。これに対し、民営化を後押しした文部科学省は当惑気味。宇宙
開発利用課は「原因究明して早期の民営化を進めたい」としている。
(共同通信)
[12月18日17時40分更新]

320 :NASAしさん:03/12/22 12:15
>319
H-2Aスレで既出。

321 :NASAしさん:03/12/22 15:04
>良く言うよな!

宇宙利用課ね。

322 :NASAしさん:04/01/01 05:06
課長は誰だ?

323 :NASAしさん:04/01/01 11:15
ttp://www.google.co.jp/search?q=%8A%D6%97T%8Dssite%3Amext.go.jp&hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&c2coff=1

324 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

325 :NASAしさん:04/01/06 07:52
保守

326 :NASAしさん:04/01/08 11:03
保守

327 :NASAしさん:04/01/13 11:25
保守

328 :NASAしさん:04/01/13 22:30
保守なのか革新的なのか
よくわからんロケット

329 :NASAしさん:04/01/14 18:38
共食い(とか逝ってみる)

330 :NASAしさん:04/01/23 15:50
挙げとこうかな


331 :NASAしさん:04/01/27 17:43
保守あげ

332 :NASAしさん:04/02/02 12:02
話題なし

333 :NASAしさん:04/02/02 23:17
まだやってるんだよね?これの開発。

334 :NASAしさん:04/02/03 16:57
やっていますよ!

335 :NASAしさん:04/02/07 18:29
面白そうなロケットなんだが話題に乏しいな。

336 :NASAしさん:04/02/09 08:48
平成16年度も、しっかり御予算を頂く予定です。
関係者一同、黙々と開発に勤しんでいますよ。
ご心配、有難う御座いま〜す。

337 :NASAしさん:04/02/09 20:34
で、何をageるんでつか?

338 :NASAしさん:04/02/15 22:13
ルナAの後継のルナBをこれで上げたいって話も有るそうだが。

339 :NASAしさん:04/02/17 14:02
ひ・み・つ

340 :NASAしさん:04/02/17 20:38
50kg位でつか?>ノレナB

341 :NASAしさん:04/02/18 18:32
何ものれなさそうだな(w

342 :NASAしさん:04/02/18 23:44
>>340
ttp://www.nasda.go.jp/projects/rockets/gx/component_01_j.html
月遷移軌道に1t以上のペイロードを運べるよ。

343 :NASAしさん:04/02/19 00:00
でもルナBは着陸機+ローバーのミッションですぞ…
宇宙研ならできるかもしれませんが、もっと余裕をもっておながいします。

344 :NASAしさん:04/02/19 18:10
SELENE-Bのことかぇ? LUNAR-Bなんてのもあるの?

345 :NASAしさん:04/02/19 23:55
セレーネBとセレーネ2とLUNAR-Bは別物です。

セレーネB 本来セレーネでやる筈だった月着陸と月面に超精密電波源設置を行う+月面ローバーによるクレーター底の中央丘探査
セレーネ2 月面に天頂望遠鏡設置(次世代月面大型望遠鏡への布石+ミリ秒級月面秤動測定)、および月面数箇所への地震計設置

でこの二つはNASDA系の大型探査機なのですがLUNAR-BはISASの流れでサイエンスとしてより高い機動性や即応性と低コストを
目指した小型の探査機になります。
イメージとしては大型月探査機を数年(5年?)位の間隔で上げそれと別に小型探査機を出来るだけ短い間隔で上げます。

346 :NASAしさん:04/02/20 01:36
ttp://moon.jaxa.jp/ja/events/2004/MoonSymp/matsumoto.pdf
の13ページ参照、セレネBの次がセレネ2。

347 :NASAしさん:04/02/20 21:37
>>345
解説ありがd。
SELENE-2がいつのまにかSELENE-Bって名前に変わったのか・・と思ってました。

348 :NASAしさん:04/02/21 00:15
>>346何気にルナBについても記述が有るな。セレーネXってのも有るし。

349 :NASAしさん:04/02/21 02:35
なるほど。月探査はいろいろ計画があるんですね。
火星にも再挑戦してほしいところですが・・・

350 :NASAしさん:04/02/21 10:02
>>345
小型探査機はMVで、大型探査機はH2Aでとの説明ですが、
MVとH2Aはコスト的にさほど変らないので、H2Aに一本化
した方が有用な気がします。

351 :NASAしさん:04/02/21 11:40
>350
M-Vにもメリットはあります。
H-2Aはカウントダウンの途中で何らかのトラブルで打上げが延期になった場合、
一度燃料を抜いて再充填する必要があるので、次の打上げは最低でも3日かかります。
普通の地球低軌道衛星ではこれが問題になることは少ないのですが、
月以遠を目指す探査機ではランチウィンドウが狭い場合があり、H-2Aでは不都合なことがあります。
M-Vは打上げが延期になっても24時間後に次の打上げを設定して
カウントダウンをやり直すことが出来ます。

352 :NASAしさん:04/02/21 13:53
ウィンドウが狭くなってしまうのは、M−Vであげるために探査機の燃料に余裕がない
ってものあるんでないの・・

353 :NASAしさん:04/02/21 16:51
そういやGXは何十億円で打ち上げられるんだ?

354 :NASAしさん:04/02/21 19:10
>>348
月サンプル回収は大変だろうな。
月周回軌道から月面に降りて月周回軌道に戻るだけでも損失を
考慮すると4km/sは必要だし。

火星サンプル回収なんてもっと難しいだろうな。ましてや有人往復
なんてどうやるんだろ?(やっぱ原子力?)

355 :NASAしさん:04/02/22 02:43
>>346
航空宇宙研究開発機構?


356 :NASAしさん:04/02/22 20:48
>>354しかも細かい推力調整が必要だから液体式ロケットしか使えないんだよ。(ISASお家芸の固体ロケットが使用不能)
水素だと燃料タンクの重さが大きくなりすぎるし、結局のところ液体酸素+ケロシン
もしくは液体酸素+液体メタンくらいしか選択肢が無い。
火星サンプルリターンに関しては下降段(空気抵抗減速、液体酸素+ケロシン)上昇段(固体2段式)
という計3段式が提案されてるね。
金星サンプルリターンに至っては不可能視されてるが。(金星気球で大気上層に上がって発射という案も有るが・・)

357 :NASAしさん:04/02/26 01:06
>>356
いっそ木星サンプルリターン・・・・・絶対無理だな

358 :NASAしさん:04/02/28 00:30
太陽サンプル回収はもっと無理だろうな

359 :NASAしさん:04/02/29 13:05
>>354
月サンプルリターンだと、総dVが20km/sくらいいりますね。
ISASでM-V使ったそんな感じのミッションを考えていた事もあったような・・・

スマソ、ソースが見つからない・・・

360 :NASAしさん:04/02/29 18:22
>>359
それって月までの往復は出来るけど大気圏突入装備までペイロードとして
運ぶ事が出来ないから、HOPEでカプセル回収という案?
当然、検討だけで終わったそうだけど。

361 :NASAしさん:04/03/01 17:01
>>360
あれ?カプセル使ったリエントリーだったと思うけど・・・
でも、考えてみるとペイロードの制約からみて
耐えられるような物が作れそうもないなぁ。
そうだったかもしれない。

記憶だと、工学ミッションとしても理学ミッションとしても
斬新さがないとか、そんな感じじゃなかったかな?

362 :NASAしさん:04/03/12 10:42
記念カキコ

363 :NASAしさん:04/03/15 01:37
何か記念に値するものがあるんだろうか。。。。。。

364 :NASAしさん:04/03/21 14:38
液体水素はだめだったらしいが
LNGタンクはカーボンで作れるのかの?


365 :NASAしさん:04/03/24 12:14
開発は順調なんでしょうか?

366 :NASAしさん:04/03/30 12:22
順調です。

367 :NASAしさん:04/04/01 15:52
で、800kgオーバーのうち何kgまで減量できたの?

368 :NASAしさん:04/04/02 16:21
ひ・み・つ !

369 :NASAしさん:04/04/02 16:42
なんかタンクの設計を最初からやり直してるって聞いたけど。
その辺どうなんですか!?

370 :NASAしさん:04/04/02 17:17
未完成破棄の噂がちらほら出始めてるな。

371 :NASAしさん:04/04/02 19:01
つか、全体の開発を統括しているのはどこなの?
全部計画通り開発が進めば良いんだけど、
どこかの部品が予定の性能を出せないってなったときに
全体としてのつじつま合わせが出来ないんじゃない?

372 :NASAしさん:04/04/03 05:52
N-II 復活!! これで行こう・・

373 :NASAしさん:04/04/03 09:57
Iには無理だよ。Mに任せとく方が確実。

374 :NASAしさん:04/04/04 22:09
こけた場合住専や破綻銀行並みに問題視されるような気がする

375 :NASAしさん:04/04/04 22:48
もうなかったことにされかかってるけどな。

376 :NASAしさん:04/04/04 23:28
>372
いまさらデルタのエンジン売ってくれるのかねぇ。

377 :NASAしさん:04/04/05 08:27
それくらいならデルタで上げた方が安くて早いよ。

378 :NASAしさん:04/04/05 09:08
GXの打ち上げコストってどのくらいを予定してるんだろ。
J1改が低軌道10億/tで約30億って資料を見た記憶があるけど。

379 :NASAしさん:04/04/05 12:39
そもそも開発費500億は回収できんのかね(政府2/3、民間1/3)。
あと本当に500億でできんのかな?

380 :NASAしさん:04/04/05 12:48
利益率はどのくらいなのかねえ。仮に3%くらいだとして、1回の打ち上げで1億弱。
500機の打ち上げ…は無理だろうな。民間投資分の150億を回収するのにも150機か。
ほとんど無理くさいね。

381 :NASAしさん:04/04/05 14:29

イチロー選手は1ヶ月あたり約1億円も稼ぐというのに・・・・



382 :NASAしさん:04/04/05 18:00
H2Aよりはマシなんじゃないの?
あちらは、4000億円〜8000億円を使ったんだから。
回収する気もないだろうし、税金だから。

383 :NASAしさん:04/04/05 18:53
H-IIAとGXは位置づけが違うからな。
H-IIAは国産化することが重要だったけど、GXは商業利用第一だからね。
2段目のLNGエンジン以外は外国産の寄せ集めで作ってるわけだし。

ペイしなかったら民間主導でやる意味がないような気がするけどな。
まあ、H-IIAもMHIに移管されたら似たような問題にぶつかるんだろうけど。

384 :NASAしさん:04/04/05 20:44
運用費をペイできなきゃ商業ロケットとして失格だが
開発費を償還出来たロケットなんてほとんど無いけどな。
アリアン4が開発費をペイできたっていうことになっているんだが
あれもアリアン1〜3の開発費は回収できていないし。
(元々開発費を回収するような価格設定をしていないということもあるが)

385 :NASAしさん:04/04/05 20:58
JAXAやESAは税金だから開発費を回収しなくてもいいけど、
GXみたいに民間が出してる場合は、開発費を回収しない訳にはいかんだろう。
200億近い額を回収できなければ、会社つぶれるんじゃないの?

386 :NASAしさん:04/04/05 21:08
民間資本参加のロケット開発という時点で本当にやる気があるのかって気がするが。
ペガサスロケットとかロコットとか、民間運用されている打上げロケットって
ほとんどがミサイルの転用で推進系の新規開発はしていないんだよね。
M-Vの低コスト化ってならまだ現実味もあるが。

387 :NASAしさん:04/04/05 21:36
ペガサスの1-3段は固体ロケットだけど、4段目のHAPSはヒドラジンで、一応新規開発じゃないのかな?

388 :NASAしさん:04/04/07 01:29
宇宙ベンチャーを始めるところは意外に多いんだけど
ほとんどは完成前に挫折しちゃってるんですよね。 残念ながら。
今のところ成功と言えるのはオービタルサイエンス社くらい?
SpaceXのファルコンもモノになりそうですが・・・

389 :NASAしさん:04/04/07 01:46
スペースオービタルってペガサスやトーラスぐらいしか知らなかったけど、ミサイルから衛星まで手がけてるんだね。
ttp://www.orbital.com/

これって何処が出資してるんだろ。



390 :NASAしさん:04/04/07 01:51
スペースXの方は、32歳のネット長者が立ち上げたんだね。日本じゃ考えられないな。
ttp://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20031208301.html

391 :NASAしさん:04/04/07 01:55
ファルコンの打ち上げコストは600万ドル(約7億)か…。GX(30億)じゃ勝負にならないね。
ttp://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20031209308.html

392 :NASAしさん:04/04/07 02:03
インターネット界の寵児、宇宙事業に乗り出す(上)
ttp://www.hotwired.co.jp/news/news/business/story/20030424103.html
 →ペガサスの打ち上げ費用は2000万ドルでGXより安い。

米国防総省、ミサイルの超音速化に着手
ttp://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20031121301.html

こうしてみると米ベンチャーの資金源は軍事利用に支えられてるのかな。


393 :NASAしさん:04/04/07 02:07
600万ドルか・・・ 安いなあ・・・

394 :NASAしさん:04/04/07 02:43
東工大の使ったユーロコット社のロコットの打ち上げコストはどのくらいなんだろ。
大学で使えるくらいだからかなり安いとは思うんだが。
(相乗り衛星だから安いのかも知れないけど…)

395 :NASAしさん:04/04/07 04:24
ロコットは20億くらいだった筈。
まあ、破棄するミサイルの転用だから安いんでしょう。

ファルコンの600万ドルってのは実現できるか怪しい気もしますが。

396 :NASAしさん:04/04/07 09:55
安いと言っても ペガサスは LEO 0.5t、トーラスでも1.5tぐらい。
GXは今の計画ではLEOで4t、GTO 1.5t、と能力的に差が大きいから
まあそんなものでは?

397 :NASAしさん:04/04/07 09:57
GTOに1.5tも運べるのか。
結構凄いんだな。

398 :NASAしさん:04/04/07 12:49
ファルコンIは600万ドルと安いけど、LEOに670kgなんで直接競合はしないかな。
問題はファルコンVだけど、これはLEO4.2t、GTO1.25tで1200万ドルだから脅威だね。
性能的には完全に競合する上に、打ち上げコストが半分以下だし。
http://www.spacex.com/

後は時間との勝負かな。GXが2007年、ファルコンVが2005年予定だけど。

399 :NASAしさん:04/04/07 13:02
ファルコンVって、一段目がポンプ式、2段目がガス押しってとこはGXと同じだね。
燃料はケロシンだけど。これも自前で開発してるんだね。ポンプも自社開発かな?

400 :NASAしさん:04/04/07 13:04
>>394
ロコットはICBM転用らしいね。
あと東大、東工大の衛星は、チェコの観測衛星のオマケに積んだから安かったんじゃないかな。
衛星本体は100万とか300万円とかのレベルだったはず。

401 :NASAしさん:04/04/07 14:13
日本の場合、ロケット打ち上げコストの50%はロケット本体の値段で、
あとの50%は直接打ち上げにかかる作業費用だと聞いたことがある。

ファルコンVの1200万ドルはけっこう凄いんでないの。

402 :NASAしさん:04/04/08 00:29
>>399燃料を開発してるの?

403 :NASAしさん:04/04/09 21:04
ユーロコットはドイツ・ブレーメンに会社があるんだ。知らなかった。
http://www.eurockot.com/
なんか日本のNEDOの衛星がトップページだったりして面白いな。
ttp://www.nedo.go.jp/informations/press/150904_1.html

404 :NASAしさん:04/04/09 21:15
ロコットの射場のプレセツク基地ってシベリアにあるんだね。しかも北緯63°
種子島の北緯30°と比べてすごく不利。それでもLEO1.9tだからM-Vよりは上だな。
ttp://www.russianspaceweb.com/plesetsk.html

405 :NASAしさん:04/04/10 03:29
なんかもうGXは忘れられて、よそのロケットの話しかないんだな。

406 :NASAしさん:04/04/10 10:31
>>404
ロコットのSSO投入力が1tonという事実を考えると、
仮に同じ基地から打ち上げた場合、M-VのLEO打ち上げ能力はロコットのLEOの8割弱程度か。

407 :NASAしさん:04/04/10 12:15
>406
LEO打上げ能力はそこまで変わらないって。
真東に打上げる場合に打上げ能力が数%変化する程度。
SSOならどこから打上げても基本的に同じ。

緯度が問題になるのはGTO打上げの場合で、
静止軌道衛星は軌道傾斜角が0になる必要があるから、
射場の緯度が高いとそれだけ軌道変更に使う燃料が必要になる。

408 :NASAしさん:04/04/19 01:23
ファルコンIはどうなってるのかな?
確か今夏に打ち上げじゃなかったっけ。

409 :NASAしさん:04/04/19 01:27
falconなんてできてもない機種の話されてもな。
って、GXもか(w

>>403
まぁ、Most Recent Launchだから。
Eurockotはドイツにあるけど、要するに西側窓口だよね。

410 :NASAしさん:04/04/19 02:09
ファルコン遅れてるの?
3月末のカンファレンスでは、なんかアナウンスあったのかな。
1月の時点では、特にスケジュールに問題なかったみたいだけど。

411 :NASAしさん:04/04/26 02:07
で、GX自体はどこまで進んでるんだ?

412 :NASAしさん:04/04/26 02:47
進んでると言うより後退してる。
タンクの設計からやり直しらしい。

413 :NASAしさん:04/04/28 11:07
GXの1段目って言うのは、アトラスVと同じRD-180なの?

414 :NASAしさん:04/04/28 11:20
RD-180とは強力なエンジンを使うな。

415 :NASAしさん:04/04/29 10:06
1段目もアビオニクスも誘導制御も全部アトラスVなら、もうアトラスVでいいじゃん。

416 :NASAしさん:04/04/29 10:51
H-IIAは種子島の保安距離の制約から小さいエンジンじゃなきゃダメと聞いたのだが、
アトラスというかロシアのロケットの第一段を使っても大丈夫なの?

417 :NASAしさん :04/04/29 23:03
燃料の積載量が少なければ大丈夫。

418 :NASAしさん:04/04/30 18:18
だったらそんなでっかいエンジン使わないで、初めっからLE-7A使えばいいじゃん。
なんでわざわざRD-180?

419 :NASAしさん:04/04/30 19:01
>418
LE-7Aではなく、RD-180を採用する理由は、
1.RD-180が十分に涸れた、信頼性のあるエンジンだから。
2.RD-180には推力可変機構があり、衛星にかかるGを低減できるから。

420 :NASAしさん:04/04/30 19:15
スロットリングならLE-7Aだってできるんじゃないの?

421 :NASAしさん:04/04/30 20:14
>420
GXの検討を始めたのって、たしかちょうどH-2の5号機とか8号機が落ちた頃だから。

422 :NASAしさん:04/04/30 20:36
>>421
そんなん国策で作ってんのに、LE-7Aは信頼性がありませんって
世界に向けて公言してるようなもんじゃん。誰が見ても奇異に感じられるよ。

423 :NASAしさん:04/04/30 21:11
LE-7Aを使うことにすると、結局H-2Aの2段目をメタンに変えただけの
ロケットになってしまうから。

当初はタンクはアトラスIIIでエンジンはNK-33を使うことにしていたが、
NK-33の入手性の問題か、タンクと組み合わせての試験・解析をやるだけの
金が出なかったか、そのへんの理由でアトラスIIIのハードウェアを
そのまま貰ってくることにしたんだろう。

424 :NASAしさん:04/04/30 21:47
>>423
> LE-7Aを使うことにすると、結局H-2Aの2段目をメタンに変えただけの
> ロケットになってしまうから。

それを言い出したら、今の構成はアトラスIIIの2段目をメタンに替えただけ…、
どころか更に劣化させてるだけでは?

425 :NASAしさん:04/04/30 22:27
IHIは、H-2Aが「三菱のロケット」になろうとしている中で、少なくとも対内的には
「IHIのロケット」とアピールできるロケットが欲しかったんだろ。
あとまあ、H-2Aをデグレードするのに比べたら値段も安くなる。

426 :NASAしさん:04/04/30 22:52
>>425
それは分かり易いけど、税金使ってそれはないだろう。
それにLE-7Aを出来るだけたくさん作ってコストを下げる方がよっぽどいいと思うが。

427 :NASAしさん:04/04/30 23:49
>426
まあ、(IHIの中の人を除く)大抵の人はそう思ってると思うが。
つうかはじめからガス押しメタンの2段目なんぞいらんかったと。

>>98-163 あたりに、切れ切れだがそんな議論があった。

428 :NASAしさん:04/05/01 04:09
何にもないと寂しいので。

今後のロケット開発の進め方について
ttp://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/reports/021101a.htm

GXロケット 基本構造(旧NASDAサイト)
ttp://www.nasda.go.jp/projects/rockets/gx/component_02_j.html

LNG推進系の開発(JAXAサイト)
ttp://www.jaxa.jp/press/archives/nasda/2002/05/lng_020508_j.html

Atlas III (ILSサイト)
ttp://www.ilslaunch.com/atlas/atlasiii/


なぜかJAXAサイトには旧NASDAサイトにあった基本構造のページがない。
1段目の記述もアトラス流用とかの情報もない。何故?

429 :NASAしさん:04/05/01 09:48
>422
H-2Aが打上げできなくなったときに最低限の打上げ能力を維持するための
バックアップという意味もあるので、LE-7Aを使うとバックアップとしての意味がない。
・・・という建前。

そもそもバックアップなら新規開発しなくてもM-Vがあるじゃんとかそういう議論もあり。

430 :NASAしさん:04/05/01 12:07
H-IIAはアリアンと相互バックアップ、
GXはM-Vと相互バックアップ、で良いのでは?


431 :NASAしさん:04/05/01 12:51
>430
M-Vは現在計画中のプロジェクト以外に追加発注はないのでバックアップの必要なし。
アリアンに頼めないような荷物を想定しているんでしょ。情報収集衛星とか。

432 :NASAしさん:04/05/01 15:16
GXはほぼアメリカ製のロケットだしなあ。
Nシリーズみたいにアメさんの横槍が……

433 :NASAしさん:04/05/01 15:28
H-IIAのバックアップという話からちょっと外れるが、
M-Vを引退させるのはちょっともったいないので、
GXのバックアップとして余生を過ごすというのはどうだろう。
これならM-V命な人達もまだ納得してくれそうだし。


434 :NASAしさん:04/05/01 15:47
GXはなぜアビオニクスや誘導制御ソフトにH-IIAのものを使わないの?
H-IIAの誘導制御計算機(GCC)はNEC製、制御ソフトOBSは名航とかで作ってるみたいだけど。

H-IIAの開発体制
ttp://www.nasda.go.jp/projects/rockets/h2a/documents/f4/sheet/pdf/h2af4_23.pdf
H-IIAのアビオニクス
ttp://h2a.jaxa.jp/dvp/avionics/index_j.html

435 :NASAしさん:04/05/01 15:56
>>434
高いからでは?
GXのコンセプトは国産化じゃなくて、低コスト+LNG推進系の技術確立だから。


436 :NASAしさん:04/05/01 17:19
むしろ共有してファミリーを増やさないと、いつまでたっても安くならないのでは?

437 :NASAしさん:04/05/01 19:36
>>434
まあ日本のロケットのアビオニクスはH2AもMVも馬鹿高いから
完全に民生部品流用で仕切り直ししたいのも判るな。

438 :NASAしさん:04/05/01 19:44
> 完全に民生部品流用で仕切り直ししたいのも判るな。
なんの話だ?
GXのアビオニクスはアトラスVからの流用だろ。

439 :NASAしさん:04/05/01 20:44
>>437
だから最初は>>完全に民生部品流用で仕切り直ししたいのも判るな。

だったけど結局そうなったってコトじゃない?

440 :NASAしさん:04/05/01 21:19
民生部品を使うなんて話ははじめから無かったと思う。
アトラスIII(GX)に合わせたアビオ・誘導ソフトを作る金がなかっただけでしょ。

> まあ日本のロケットのアビオニクスはH2AもMVも馬鹿高いから
ほんとか?

441 :NASAしさん:04/05/02 02:22
せっかく出来合のエンジンを買ってきて低コスト化を狙っているのに
アビオニクスを開発するんじゃまたコストが上がってしまうし。

しかしそれなら全段出来合のエンジンの組み合わせにすればいいわけで
何がしたいのかやっぱりよくわからん。

442 :NASAしさん:04/05/02 03:16
やっぱLNG推進系の技術開発的な要素が大きいと思うよ。
一番楽な2段エンジンを開発して、他は全部出来合のを買ってくる。
国産化したいのかビジネスをしたいのか分からないH-IIAより余程目的が明瞭。

443 :NASAしさん:04/05/02 03:58
そうかな。

GXも、ビジネスをしたいのか、LNGエンジンを開発したいのかが結局不明瞭。
とにかくビジネスをしたいんなら、「開発をしない」のが一番に決まっている。

444 :NASAしさん:04/05/02 04:16
全く開発しないのでは競争力に欠けるのでやっぱりビジネスにならないわけで
そのあたりはバランス感覚だと思うけど、LNG推進はビジネスを前提にするには
難しい技術開発だと思う。
LNGエンジンを開発したい人が、予算とるために「官民共同で出資して
ビジネス化で採算がとれます」って言っちゃっただけじゃないのかって感じ。


445 :NASAしさん:04/05/02 06:20
いや現実はH-IIAがMHIのビジネスになってしまったので、
それに対抗するためにIHIが自前のロケットビジネスを始めたがっただけだと思うよ。
その時に、適当な開発案件がLNG推進しかなかったというだけの話と思う。
1段目をLE-7A、アビオをH-IIAのものにしなかったはMHIを排除するためだろ、どう考えても。

ただ、後付でも何でもGXがH-IIAより目標が明確だとか、現実的で妥当な解とか言うのは、
あからさまに的はずれだと思うが…。IHIが勉強するためのロケットというのなら分かるけど。

446 :NASAしさん:04/05/02 07:46
しかし何故IHIはガス押しを選んだのかな?
ポンプは正に彼らの得意分野のハズなのに。新規開発にはリスクがあるにしろ、
RL-60用FTPなんか1年もかけずに新規開発してるし。良く分からんな。

447 :442:04/05/02 12:43
>>445
IHIが勉強するためという目的が明瞭だと言っているのだが。
「現実的で妥当な解」と誰が言ったのか知らないけど、
第一歩としては仕方ない所もあるんじゃないかな。

448 :NASAしさん:04/05/02 14:20
>>447

さすがに1企業の利益のためという目標が明確では、納税者は納得せんだろ。
そんなこと言い出したら、H-IIAだって、
「MHIが勉強しつつ、他の日本企業にも御利益がある体制を維持すること」
っていう明確で立派な目標があると思うが。

両者とも「ビジネスになる」という目標をくっつけた途端に訳分からないものになるという点で
非常に共通していると思うよ。

449 :442:04/05/02 14:41
>>448
うん。特に最後の一文には同意。
でもH-IIAには、GXの目的に加えて「自律性確保(国産)」というのがある。
これがビジネスと最も対極にあるということは忘れてはいけない。
最悪、コスト度外視で国内の物を使わなければならない。(SSBはオプションだから別)
それに比べたら、勉強とビジネスとの相反はそれほどでもない。
GXはその足枷がないだけでもずいぶん身軽だと思う。


450 :442:04/05/02 15:44
H-IIAについてもう少し言うと、
自律性を最重視しているくせに世界市場を意識し過ぎて、
無理なコストダウンや、完成を急ぐ雰囲気を作った結果があの信頼性の低さ。
目的からして矛盾をはらんだロケットだと思う。


451 :NASAしさん:04/05/02 16:29
しかし、その2律背反は当然どの後発国も乗り越えなければならない壁。
別にH-IIAだけの矛盾ではない。

452 :NASAしさん:04/05/02 20:29
> GXはその足枷がないだけでもずいぶん身軽だと思う。
そのかわりアメリカという重〜い足枷がついてるわけだが。
例によって輸出の可否を外交カードに使われたり、
万が一ビジネス打ち上げ市場で頭角を表すようなことになれば、
LMの企業判断として輸出差し止めになるだろう。

> 無理なコストダウンや、完成を急ぐ雰囲気
が悪影響を与えていることは否定せんが、6機中1機失敗を
低信頼性というのはちと恥かしい発言だと思われ。

453 :NASAしさん:04/05/02 22:11
>そのかわりアメリカという重〜い足枷がついてるわけだが。
もちろん。でも初期段階としてはアリでしょう。
GXだって将来的にはは1段もLNGで開発するつもりのはず。
LNGって本来そういうブースター段に向いている推進剤だし。

>6機中1機失敗を低信頼性というのはちと恥かしい発言だと思われ。
ちょっと言い過ぎたかも知れない。


454 :NASAしさん:04/05/02 23:24
上段向けではない燃料を使ってガス押し式の上段エンジンを作って、
アトラスIII本来の性能を半分以下に落とすってのは初期段階にしてもお粗末。
あんなエンジンでわざわざ実機を飛ばす必要があるか?

本気でLNG推進系の技術開発をやるべきだと思うなら、GXなんかさっさと中止して
その金で小さくてもポンプ式の研究用エンジンを開発して、
ばんばん燃焼試験した方がずっと得られるものが多い。

そもそもLNG自体、うまく行ってもケロシン並みにしかならないのに。
(比推力の増分は密度の低下でキャンセルされる)

455 :NASAしさん:04/05/03 00:20
>>454
仰有るとおりなのだが、世界的にも実例が無いLNGだから、
少しでも不安要素を減らしたくてガス押しという結論になったんでしょう。
上段であれば真空だから、そんなに高圧にしなくてもIsp上げられるし。

あと何度も言われているけど、ケロシンはすすの問題があるので、今からやるには時代遅れ。
とりあえず第17回宇宙開発委員会議事録の五代氏の講義でも読んでくれ。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/001/020802.htm


456 :NASAしさん:04/05/03 01:08
世界に実例がないLNGなら、しょぼいエンジン飛ばしてみる前に
地上試験を充分にやるべきでは?
ガス押ししかやったことがない段階で、GXで実機を飛ばす意義はどこに?

> あと何度も言われているけど、ケロシンはすすの問題があるので、今からやるには時代遅れ。

そこしか利点がないから馬鹿も杓子もすす、すす言ってるだけで……
なんで今まで使われてこなかったか考えたことはあるか?
明確な利点があるならとっくに使われてる。
ケロシンには比推力はほぼ変わらず高密度、常温で取り扱える、
前例となるエンジンがたくさんある等の利点があるぞ。

すすは使い捨てやってる限りは問題にならないし、最近のロシア系
エンジンでは再使用する場合でもあまり問題は出てないらしい。

457 :445:04/05/03 01:33
自分も、ひょっとしたら>>454の言うような順番の方が良いのかもしれないと
思っているので反論しないが、IHIの人は>>455のように考えたのではないか、という話。
IHIの人も当然最初からターボポンプ式にする選択肢も考えただろうけど、
ガス押しが選ばれた本当の理由は俺には分からないよ。

> なんで今まで使われてこなかったか考えたことはあるか?
全く同じ質問が議事録にあるから読んでくれ。
技術を継承しているからではないかとある。

LNGの利点は、第一に安い(LH2:4000円/kg、ケロシン:1000円/kg、LNG:150円/kg)
燃焼試験を数多くこなせることから高い信頼性が期待される。
第二に…とリストアップしようと思ったけど、良い資料があったのでそちらに譲る
http://www.nasda.go.jp/press/2002/05/lng_020508_j.html

458 :NASAしさん:04/05/03 02:04
なんかもう平行線だと思うので俺はこれで最後にする。

> 技術を継承しているからではないかとある。
つまり、LNGはあえて選ぶ必然性のない燃料だと。

メタンやケロシンなら、試験時でも燃料自体の価格は費用全体からみれば微々たるもん。
(メタンとケロシンの価格差は3倍程度のはず。6倍以上というのは何かしら
バイアスがかかってる)
メタンは低温流体なので地上設備に金がかかる分で相殺されるが、
どっちにしても微々たるもんだとその手の論文にはある。

つか、多分君よりはこのへんの話には詳しいかと。

459 :NASAしさん:04/05/03 02:28
>>458

横レスで済まないが、比推力の向上も、燃料費の安さも、再使用における煤の問題も、
何一つ現実的なメリットがないとすると、なぜLNG推進の開発が承認されたの?
少なくとも専門家はそれが(文献にあるような)よく知られた事実なら当然知っているはずだよね。
とすると、委員会も結局メーカーとグルなわけ?

460 :NASAしさん:04/05/03 02:56
>> 技術を継承しているからではないかとある。
>つまり、LNGはあえて選ぶ必然性のない燃料だと。
継承する技術があるならね。

去りゆく前に、その手の論文を紹介して頂けると勉強になるのですが。


461 :NASAしさん:04/05/03 07:01
どうもソレゾレの方のイメージしてるGXやLNGエンジンが別物で
話がかみ合ってない気がする。

462 :NASAしさん:04/05/03 07:48
>>461
是非あなたのイメージを聞かせて欲しい。
実際、GXって何なのか部外者には良く分からないことだらけだから。

463 :NASAしさん:04/05/03 13:07
宇宙実証衛星2号機打ち上げも=開発中の新中型ロケット「GX」
ttp://www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=031022203728X437&genre=soc

これって今でも予定は変わってないの?

464 :NASAしさん:04/05/03 13:17
GXは確か、MとIの競争入札だったと思うんだけど、三菱案はどんなだったのかな?
MB-XXを使ったロケット?

465 :NASAしさん:04/05/03 21:27
>>459

“世界初の推進剤に挑戦している”というのが、開発費が高いとか
性能が低いとか打ち上げ失敗したとか、都合が悪くなったときに使える
万能の言い訳になるからじゃないの?

結局のところメーカーが干上がらないように金を撒くのが目的なんだから、
委員会とメーカーがグルってのはその通りでしょ。

466 : :04/05/04 00:31
日本は水素エンジンの技術しか持っていないので、ケロシンよりも気化器の要らないLNGの
方が開発難易度は低いということらしいです。

ケロシンロケットの心臓部は気化器をいかに作るかということで、気化器というのは噴霧器
のようなもので、小さな穴からケロシンを噴霧します。その噴霧されたケロシンに液体酸素
を噴霧させぶっつけて燃焼させます。この噴霧の穴の大きさや角度や圧力や形状が非常
にノウハウのいる部分だそうです。

数値上の計算で微妙な特性が割り出せる液水やLNGエンジンに比べて、ケロシンエンジン
はその性質上、開発には相当数の実値試験を行わなければならないとのことです。

こういった問題のために、今までESAや中国もケロシン系の開発を避けてきたみたいです。
(中国は目下開発中.....)

467 : :04/05/04 00:35

これは聞いた話。詳しいことは全く知らず。

468 :NASAしさん:04/05/04 08:30
良く知らないけど、それって自動車と航空機エンジンのキャブレター(気化器)方式か、
直接噴射方式かの違いと同じ事?
航空機のケロシンエンジンのキャブレターとロケットのそれとは何か決定的な違いがあるの?

469 : :04/05/04 14:35
>>468
宇宙開発掲示板で桜木氏らが語っていたことを抜粋コピペしただけで、どういうもの
かは分からない。
 ↓
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/5714/log26.html

470 :NASAしさん:04/05/04 15:14
>>469
その掲示板は面白いね。
それを読むと、LH2やLNGでも気化器はいるけど、常温で気体だから、
同じものが使えるということみたいだね。LE-7A用の気化器も別に簡単な訳ではなく、
それなりに開発に苦労したみたいなことが書いてある。

あと1段目のRD-180ってエネルギアの液体ブースターをスケールダウンしたものなんだね。
初めて知ったよ。

471 :NASAしさん:04/05/04 15:56
そもそも1段目にケロシンエンジン使ってるんだもんな。
なんかLNGの利点を色々書かれても説得力ない気もするな。

472 :NASAしさん:04/05/04 18:19
結局、1段目orブースター用の 200t級LNGエンジンの習作って事でFA?

473 :NASAしさん:04/05/04 18:26
簡単に作れそうだと思われているけど現存する実例がないものと、
作るのは難しそうだけど世の中にたくさん実例があるもの。

どっちもどっちだよなあ。

474 :NASAしさん:04/05/04 19:56
別にLNGエンジンなんて誰も欲しがってなんかなかろ。
欲しいのは仕事。たぶん、食いつなぐための数年分のお金を確保しました、でFAと思う。

475 :NASAしさん:04/05/04 20:33
>>473
私が客だとして実際に使うとしたら実例が有るモノを選びます。

476 :NASAしさん:04/05/05 09:04
で、どなたか敗れた三菱案をご存じの方はいらっしゃいませんか?

477 :NASAしさん:04/05/05 14:07
>>468
普通の水素でターボポンプ式のエンジンの場合、ポンプで加圧されて以降、
燃焼室に噴射されるまで超臨界状態。そこが航空エンジンとは違う。
気体でも液体でもないのだから、「気化器」というより「噴射器」だと思う。
NALでやっていたという研究も、気化ではなくて、如何に素早く混合させるか、
という研究なんじゃないかなあ。分からないけど。
ケロシンはどうなんだろう。噴射されるまでずっと液体なのか。
メタンの臨界点は-82.7度C、46気圧だから、GXではずっと液体か。


478 :NASAしさん:04/05/05 20:20
>>475 大正論

479 :NASAしさん:04/05/06 00:20
>>477
水素の方は燃焼室内ではどうなってるの?超臨界のまま燃えるの?それとも気化するの?
あとメタンの方はどうなんだろ。加圧された液体のままなら、気化器が必要な気がするけど。

480 :NASAしさん:04/05/06 18:50
燃焼圧が13気圧以上の水素エンジンなら、超臨界のまま燃えているじゃないかな。多分。
確かに、メタンはどうやって気体にしているんだろう。
作動中の燃焼室に噴射すれば瞬時に沸騰しそうな気もするが。解析がややこしそう。


481 :NASAしさん:04/05/07 07:29
>>480
LE-5B、LE-7Aだと燃焼圧は約40気圧、約120気圧だよね。
ttp://www2.nict.go.jp/mt/b150/SJR/19/SpecialReport.pdf
水素の臨界点は13気圧、何度?

あとGXのLNGエンジン(名前が欲しいな)の燃焼圧は10kgf/cm2だから約100気圧。
メタンの臨界点が-82.7度C、46気圧ならこれも超臨界のまま?



482 :NASAしさん:04/05/07 12:14
>>481
10kgf/cm2は約10気圧っすよ

483 :481:04/05/07 13:06
>>482
そだね、スマソ。
すると、噴射した瞬間に気化するのかな。

105 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)