5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆☆☆ 沈まぬ太陽 ☆☆☆

1 :NASAしさん:03/06/14 19:02
どこまでが事実?

2 :NASAしさん:03/06/14 19:04
2ゲト

3 :NASAしさん:03/06/14 19:12


4 :NASAしさん:03/06/14 19:13
小倉スレ見れ!ヴォカ!

5 :NASAしさん:03/06/14 19:14
5

6 :NASAしさん:03/06/14 19:17
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/space/1034228557/l50
このスレの35までは小倉マンセーだったが36以降。。。。
ttp://www.rondan.co.jp/html/ara/yowa3/index.html
ttp://www.rondan.co.jp/html/ara/jal2/jal01.gif
ttp://www.rondan.co.jp/html/ara/jal2/sincho.html
ttp://www.rondan.co.jp/html/ara/jal2/asahi.html




7 :NASAしさん:03/06/14 19:17
この席で山崎氏は小倉委員長時代の組合内部について質問したが、どうも、一方的に小倉氏に吹き込まれていることに気付き、「それは事実ではありません。 事実はこうです」と何度も説明したという。
最後に山崎氏は「小倉さんてどういう人ですか」と聞いたので、吉高氏は「連合赤軍の永田洋子を男にしたような人物です」と答えた。 
山崎氏が「それはどういうことですか」と聞くと、「頭は切れて人を取り込むのはうまいが、目的のためには手段を選ばず、冷酷非常な人物です」ときっぱり答えた。 
その時、吉高氏は一つのエピソードを紹介した。

松尾社長の長女は長らく白血病で入院していた。 
団交中「社長の御長女危篤」の知らせが入ったので、労務課長だった吉高氏は小倉執行部で書記長を勤めていた相馬朝生氏に事情を説明し、団交を先延ばしするように要請した。 
相馬氏は「わかりました。 中執に持ち帰り、検討しましょう」と中執にかけたが、小倉委員長は「相手の弱みに付け込んで要求を獲得するのが組合の闘争。 
こういう時がチャンスだ」と団交継続を指示した。

中央執行委員の中には「委員長、こんな残酷な団交には出席できません」と言って泣きながら訴えるものもいたという。 
結局、松尾社長は長女の死に目には会えなかった。 
このエピソードを聞いた時、山崎氏は「どうしよう。 これじゃ、小説が成り立たない。 もう辞めましょう」と動揺を隠せなかったという。 
吉高氏は「これで理解してくれた」と思っていたら、小説が自分が思っていたことと百八十度異なる展開になっており、呆れ果て、「彼女の小説家としての良心を疑う」とまで言っている。



8 :NASAしさん:03/06/14 19:18
次は松尾氏が社長、会長時代秘書を務めた川野光斉氏(現アジア航空顧問)にご登場願うしかない。 
川野氏によると、佐賀県出身の松尾(桧山)氏は「葉隠れ武士道の人だった」という。 小倉氏が委員長を辞めた後、社内の役員の大半は「小倉を解雇すべし」という意見だった。それに温情をかけたのが松尾氏だった。 
松尾氏は「一芸に秀でるものはどこか取り柄があるものだ。 小倉君にもう一回チャンスを与えよう。外国にでも赴任させて、見聞を広めれば彼の人生も変わるだろう」と提案、小倉氏のカラチ赴任が決まった。
(中略)
さらに川野氏は「小倉君は松尾さんの温情をあだで返した」と激怒する。

9 :NASAしさん:03/06/14 19:18
あの小説の中で致命的な嘘がなければ、私は「最高の傑作」と賞賛したいのだが、ある嘘のため、三巻はある意味では被災者のみならず、献身的に尽くした御被災者の世話役を冒涜する作品になってしまった。

小説では主人公、恩地氏は事故当初から先遣隊として御巣鷹山に乗り込み、献身的に御被災者の面倒を見たことになっている。 
ところが、日航の人事記録によると、小倉氏が先遣隊で御巣鷹山に乗り込むどころか、御被災者相談室に勤務したこともなければ、一日、二日でも被災者の面倒をみたことはまったくないのである。
(中略)
記者も何人かの御被災者相談室の社員に当たってみたが、「先遣隊で御巣鷹山に乗り込んだ」とか、御被災者相談室の担当として小倉氏が活動したという事実については、全てが否定するのである。 
いずれにしろ、小説では小倉氏は翌年の春、国見(伊藤淳二)会長から会長室部長に抜擢されるまで、身を粉にして御被災者の面倒を見たことになっているが、山崎氏は小倉氏がいつもナイロビから駆けつけて御被災者の面倒でも看たというのであろうか。

10 :NASAしさん:03/06/14 19:18
御巣鷹山には伊藤武という人がいた。 
伊藤氏は「伊藤会長」と呼ばれたが、山小屋の下から上の山小屋に「伊藤会長が山に登ります」という無線連絡が入った。 
てっきり伊藤淳二会長の視察と思い込んだ小倉氏は、ボーイスカウトの服を脱ぎ、さっさと黒いスーツに着替えて、待機していた。 
慰霊登山していた遺族からは「日航には黒い背広を着て登山する社員がいるのか」といやみを言われたため、岡崎氏は「小倉は役に立たないばかりか、ここに置いていたらまずい事になる」と思い、御引き取りを願った。 
この二日間以外、小倉氏が御巣鷹山に姿を見せる事はなかった。

岡崎氏と、同じ山篭りをしていた天野英晴氏は山崎氏からそれぞれ3、4回取材を受けている。 
いずれも新潮社の加藤という編集者と秘書の野上氏が同席した。 
二人とも聞かれるまま、御巣鷹山の生活ぶりを詳細に説明した。

そのうち、山崎氏があまり日航の悪口を言うので、岡崎氏が「日航にはろくでもないやつはいるが、御巣鷹山では若い社員は人に言えないくらいの大変な苦労をした。 
あまり悪口は言わないでください」と言っても、止めないので「あなたは小倉に相当吹き込まれているみたいですね」と切り替えしたという。 
山崎氏が「小倉さんはどういう人ですか」と聞くので、「あなたみたいな有名人を取り込むのは天才的にうまいが、極悪人です。 会社をメチャメチャにしたうえ、仲間を煽るだけ煽っといて、最後は責任を持たない」と説明した。 
最後は双方言い合いになり、岡崎氏は「あなたにはもう話す事はない」と打ち切ったという。

11 :NASAしさん:03/06/14 19:19
週刊新潮で連載中、御巣鷹山で岡崎氏や天野氏が体験したこと、
また、岩田正次氏という御遺族相談室の世話役(この人も岡崎氏同様、伝説となっている人)が大阪で苦労した話を
小倉氏の体験美談として綴られていくため、岡崎氏は何度も抗議の電話を山崎事務所にかけたが、「小説ですので」という返事が返ってきた。

「小説の体裁はとっているが、御巣鷹山や御遺族の名前は実名だ。 誰だって日航と思うじゃないか。 
何より御遺族の世話をしたことのない小倉の美談になっているのは御遺族や御被災者相談室社員への冒涜である。 これも一種の盗作ではないのか。 
我々は詐欺に遭ったようなものだ」との抗議に山崎氏は居留守を使い、野上氏が「私の立場では何ともいえない」と繰り返すだけ。 
この直後に山崎氏は天野氏へ「岡崎さんって恐い人」と言っていたという。


12 :NASAしさん:03/06/14 19:20
以上の証言から山崎氏は岡崎、天野、岩田氏の活躍ぶりを小倉氏に置き換えて、第三巻をまとめたのは間違いない。 
岡崎氏が抗議するように、事故で御被災者の面倒を見たこともない小倉氏を、あたかも一人で面倒見てきたことのように創作し、悲劇性を高めていったのは、読者のみならず、御被災者、世話役係りを冒涜するものではないのか。 
山崎氏の明確な回答を得たいものである。

山崎氏は小倉氏を世話役係りにするため、巧妙なトリックを使っている。
(以下略) 

13 :NASAしさん:03/06/14 19:21
創立35周年記念パーティは創作と断定できるが、吉高氏の壮行会に小倉氏が出席したかどうかがポイントである。 
これについても、吉高氏本人や出席者に聞いても小倉氏が出席していたという事実は全くない。 
ここまでくれば悪意に満ちた捏造であると断言しても過言ではない。 
逆によくもこうしたデッチ上げができるものだと感心してしまう。 
この部分が全くの創作であるとすれば、あの小説は価値を半減するどころか、全く成り立たないのではないか。 
山崎氏は「この部分はフィックション」と逃れるつもりだろうか。

14 :NASAしさん:03/06/14 19:21
そうなれば、話は全く逆で小倉氏の悲劇性など何もなくなってくる。 
小倉氏はナイロビ駐在中、王侯貴族の生活をしていたと複数の日航社員が証言する。 
まず、邸宅が海外駐在員でも考えられないくらいの豪華なたたずまいで、部屋には象牙、シマウマの敷物などが所狭しと飾ってあったという。

15 :NASAしさん:03/06/14 19:30
さらに、「ナイロビ・ツアーズ」という旅行会社を経営し、サバンナの動物視察ツアーを主催するなど商魂もたくましかった。 
これは兼業を禁止する日航の就業規則には違反する行為だったが、日航はこれを黙認していたのだ。 
さらに日本・東アジア協会を設立し、会長におさまるなど小倉氏にとって、ナイロビは天国であった。

16 :NASAしさん:03/06/14 19:31
小説に出てくる堂本社長とは明らかに高木養根氏である。 
小説では高木氏を「爬虫類の目をした」とか、「転向者」「御巣鷹山事故の犠牲者への巡礼は延命のため」とか感情的とも思える表現で、描かれている。
小倉氏が高木氏のことを「爬虫類の目をした男」とよく言っていたことから、著者は小倉氏にかなり洗脳されていたと考えられる。

17 :NASAしさん:03/06/14 19:31
小説では御巣鷹山事故後に犠牲者の御霊を弔うため、全国行脚したのは「延命のため、ひいては院政を敷くため」と描かれ、ある日の夜、八馬(吉高)氏が訪れて、「社長、巡礼は続けてください。 延命のため、ひいては院政を敷くためです」と忠告するシーンまである。

実は高木氏は御巣鷹山事故の三年前、羽田沖事故に遭っている。
機長の心身症で起きたこの事故は「機長、何するんですか」との言葉とともに、「逆噴射」の言葉が流行した記憶に新しい事故である。 
この時はあまり報道されなかったが、実はこの事故の犠牲者になった24人の御霊を弔うため、高木氏は全国行脚していたのだ。

18 :NASAしさん:03/06/14 19:31
小説に書かれているように、犠牲にあった520人の被災者には様々な人生ドラマがあった。 
それだけに、一人一人の霊を慰めるためにこずかれながら、また厳しい糾弾に遭いながら針のムシロに座る所業は普通の人には出来ない。 
記者なら途中で自殺していたであろう。 
そこが高木氏の人格の高潔なところであり、哲学者、求道者と呼ばれるゆえんである。

19 :NASAしさん:03/06/14 19:32
事実、高木氏は政府の「年末の臨時株主総会で新経営体制が確立するまで現職でいて欲しい」との懇請に対して、自らの進退については「即辞任」を強硬に主張していたのだ。
誤解を恐れずに言えば、被災者のお世話などやったことのない小倉氏が一人で御被災者の世話をやったように書くことと、「爬虫類の目」をしながらも余生を黙々と御被災者の御霊を弔う旅に出かけた高木氏の人格と比較したらどちらが人の心を打つであろうか。




20 :NASAしさん:03/06/14 19:32
小説を読みながら、また関係者の取材を続けながら、記者はある思いにとらわれた。
小倉氏、伊藤氏、そして山崎氏に共通する特徴的な性格を見出したからだ。 
それを一言で言うと被害妄想、誇大妄想という事である。

***********************

だとさ。この記事小倉たん以外の部分(為替大損とか)でもなかなか読み堪えあったよ。(藁




21 :NASAしさん:03/06/14 19:33
小倉信者は草果信者と同じくらいおめでたいということかな?
これって、結構前の文章だから「死人にくちなし」ではないようだね。



22 :NASAしさん:03/06/14 19:34
まあ、小説がフィクションであるのは「小説」だから問題ないかも。
この小説「有名人そっくりAV(eg.松友伊代)」みたいなもんだね。

小倉を英雄視するヤシがいるのと、この小説をつかって自己を英雄視させるために積極的に協力した小倉のスタンスとか売れるために小倉をカリスマに仕立てた山崎豊子の不誠実さが問題。
小倉は同じやり口の瀬島龍三よりタチ悪い賀茂(藁
瀬島も共同通信編の本とかと保坂何とか(同志社出の医療関係のルポが多数有るヤシ)の本とかでウサンクサイヤシだということがささやかれてるな(藁




23 :NASAしさん:03/06/14 19:36
山崎豊子の「白い巨塔」にくらべて「沈まぬ太陽」の稚拙さは群を抜いている。
読み比べてみ?

「沈まぬ」は小倉氏の言い分を感情的に書き殴った印象をどうしてもぬぐえない。
周辺取材も「白い」方が数倍、徹底してる。

少なくとも当時のJLの会社のイケナイ体質は否定できないかもしれないが、小倉氏を英雄視するのはおかしいよ。
少なくとも両者を読み比べれば、いかに「沈まぬ」がおかしな脚色にまみれた「トンデモ小説」だってことがすぐわかる。

「白い」を読んでゾクゾクしたものだが、「沈まぬ」を読んで「ハア?」と。
「同じ作者なのか?」と大いに疑問に感じたよ。
ただの「駄作」だよ。「沈まぬ太陽」は。
晩節を汚してしまったようだね。山崎豊子さん。


24 :NASAしさん:03/06/14 19:36
いやあ、勉強になるなあ。

瀬島龍三をモチーフにした「不毛地帯」は「小説」と割り切って、ソ連での抑留や、
判っているとはいえ経済活動を全て利権と捉える政治家をわかりやすく解説してく
れているので他人にも勧めているけど、「沈まぬ太陽」は全然違う「臭い」がして
たから、このスレで得心したよ。

しかし老化は怖いね…。



25 :NASAしさん:03/06/14 19:37
既に「大地の子」あたりで妄想モード全開になってきたなあ。。。
主人公の名前のクサさもさもありなん。
陸一心と恩地だろ。
あのババア「書いてる自分に酔ってる」よ。



26 :NASAしさん:03/06/14 19:37
この小倉という人の言っていることがデッチあげなら、なんでそんなことをするんだろう?
自分が勤めた会社だし、人生の終わりに近くなって事を荒立てる必要もない。
60才を過ぎてここまで告発するってことは、よっぽどの使命感があったんでしょう。
小説に書いてあることは少なくとも本人にとっては真実だったのだと思う。

例えばこの人の年齢が30〜40代だったら別の見方もできる。
会社に対する個人的な恨みとか、功名心とか。
でも60才過ぎてそんなこと考えるかな。

JALはこれからも生き続け、個人はいつか死んでしまうということ。
どっちの言葉に真実味があるかといえば、やはり死にゆく人の方だと思う。




27 :NASAしさん:03/06/14 19:37

何歳になっても粘着な人はいますね。
で、小倉はその書かれた行状からみると十分粘着ですな。




28 :NASAしさん:03/06/14 19:38
師ねよ小倉。師んでるか.....(藁

あの小説クソだね。感情的なだけ。




29 :NASAしさん:03/06/14 19:38
>>流刑のような人事は、事実だろ。小説から真偽を測るのは無理があるのは認めるけど、モデルとなった小倉の会社での経歴は事実だし、

社内規定に違反してアフリカで儲けていたのは事実。「会社登記」など証拠もある。
アフリカに逝った経緯も美化されているだけで、組合闘争も自分の政治的な目的に使って失敗しただけ。
そもそも美化のクライマックスである「123便の遺族係になった事実」は全くない。
小倉にとって都合のいい「ウソ800小説」だ罠。

>>沈まぬ太陽を事実と考えるのはナンセンスだと言う香具師もいるが、だったら実在のモデルとも小説をリンクするべきでは無いのではないか?

だから強引に「リンク」させてしまった山崎豊子はDQN(w



30 :NASAしさん:03/06/14 19:39
>社内規定に違反してアフリカで儲けていたのは事実。
>会社登記」など証拠もある。

内規を無視して海外に2年以上飛ばした会社なのに、一方の社員が
規定に違反していることを批判することに矛盾は無いのか?
アフリカに行ったという事実は第3者的にも事実だとわかるが、
組合闘争が政治の目的だったかどうかの証拠は信憑性が乏しい。
123便の架空の話は小倉の仕組んだ嘘か山崎豊子の創作なのかは
明らかではないのだから、故人を批判するにも根拠が乏しいと
思われる。
だからといって小倉が正しいというつもりはないが、ここでの
批判する人間の判断には公平性を欠いるように感じている。




31 :NASAしさん:03/06/14 19:39
「内規」という社内の通達(一般に慣例などを記載したもの)と、雇用契約関係の前提たる就業規則とではどちらが法的効力が上なのかはご存知?
一般に会社員(特に大企業)では兼職は禁止されるのは通例。
クビにならなかっただけで良かったと思われ。

「組合」でアフリカに行ったのは小説にも書いてあるだろう。

山崎が小倉に取材して書いてあるし、止めて欲しいなら「俺をモデルにするな」といえたはず。
後年になって「あれは俺だ」といってるのは、どう説明な猿?

「公平性に欠く」とはどの点でしょうか?



32 :NASAしさん:03/06/14 19:40
勿論就業規則が優先することは知ってるよ。内規はあくまでも内規だから。
ただ、海外在勤員の在勤期間基準は会社のモラルとして設定されているものじゃないのか?
そして不当労働行為という労務上の違法行為は現在も続く会社であること。
就業規則はあっても労働協約は一方的に破棄して労働者に訴えられている
会社の就業規則に人権という言葉はあるのだろうか。

もう一方の立場をある程度擁護する立場である機長組合などの資料によれば
アフリカ以前の不当な海外勤務とそれに付随して行われた不当労働行為は
国会の場でも認められたものではないのか?

http://www.jal-jca.or.jp/public/taiyou/ogura_history.htm
これは機長組合の資料なのでこれもバイアスがかかったものと
見たほうがいいかも知れないが、両方の事実の中からしか本当の事実は
見えてこないと思う。

また、これも引用になるけど。。。
@賃金水準は62年から65年までの毎春闘でのベースアップのつみかさねに
よって、「全産業平均」から「主要企業平均」の水準に達した。
A労働時間の短縮(週43時間を38時間に)、長期臨時従業員全員の正社員化、
年休改善、定年延長、生休の一期間二日有給化、
B年齢調整(晩学調整)制度と中途採用者の経験調整制度等、
今日の日航の労働条件の水準は、そのほとんどが小倉執行部時代の
日航労組の活動によって獲得したものであった。

この事実は労働者として認めないわけにいかない。
一方の事実だけで人物を判断するのはやはり公平性を欠くと思う。
組合執行委員としては優秀でも人格者とは限らないし、
人望があったかどうかも分からない。
後世の人間は多角的な事実の照合でしか真偽は
わからないのではないか?


33 :NASAしさん:03/06/14 19:40
訂正 労働協約
勤務協定




34 :NASAしさん:03/06/14 19:41
>この時期は日航にとって収益の低下から無配転落、さらに翌年は経営赤字を記録するときにもあたっている。

こんな時期には、常識ならリストラ賃金カット当たり前。
なのに.... 



35 :NASAしさん:03/06/14 19:41
tp://www.jal-jca.or.jp/public/taiyou/ogura_history.htm
>このとき松尾社長は彼の顔を見るなり「すまん、すまん」といい、

卑怯な描写。「すまん、すまん」が口癖だったらどうするの?
まるで、「小倉=正」という演出道具に使ってるのがミエミエでいやらしい描写。
よほど公平性にかけている。




36 :NASAしさん:03/06/14 19:41
あなた民間会社で働いたこと有ります?

「内規を無視して海外に2年以上飛ばした会社」
って、そんなこと会社の事情ですぐ変わるし履行されなくても仕方ないでしょ。
そもそも絶対に履行すべきなら就業規則なり勤務協定なりで定められるはず。

就業規則違反の内職をしていたらクビや懲戒を受けても仕方がない。
自分の会社の職務に専念しないで副業してたら普通クビになるでしょう。




37 :NASAしさん:03/06/14 19:42
tp://www.jal-jca.or.jp/public/taiyou/ogura_history.htm
「文字通りカバン一つでナイロビに赴任したのち」

この描写も作為に満ちている(w

あとから生活用品一式を運ばせればただの「お大尽」じゃん。




38 :NASAしさん:03/06/14 19:42
tp://www.jal-jca.or.jp/public/taiyou/ogura_history.htm
「国会審議の過程で問題になってから帰国できたようなものの」

って、国会には国政全般の国政調査権があるのだから「半国営の会社に対する国勢調査権の発動」は不思議では有りません。
違法行為でなくても国政調査権は発動されます。
国政調査権は「広く国政全般に」ですから。

だから、政治家のスキャンダルなども合法的・違法の問題はさておいて、国会で証人喚問などをするのですよ。
国会議員眼でも権限が有るように思われているし、国民もそれが当然だと思うのはこの国政調査権の行使に基づくのですよ。



39 :NASAしさん:03/06/14 19:43
>>国会議員眼でも

スマソ。「国会議員が何でも」に訂正。




40 :NASAしさん:03/06/14 19:44
>あなた民間会社で働いたこと有ります?

これは「普通の公務員(純粋な公務員)」と対比したものであろう。
純粋な地方公務員・国家公務員は「守られすぎ」ですから。
なぜなら、「労働条件の改善」も国・地方公共団体が音頭をとらないと出来ないでしょう。
だから、公務員は有給取りやすいし。これ事実。

これにたいして半官半民というのは「資本構成」についてである。
資本構成などはさておいて、彼等(日航の従業員)の身分は公務員ではない。

>「内規を無視して海外に2年以上飛ばした会社」
>って、そんなこと会社の事情ですぐ変わるし履行されなくても仕方ないでしょ。
>そもそも絶対に履行すべきなら就業規則なり勤務協定なりで定められるはず。

ここに関する反論は?確かに「絶対に履行すべきなら就業規則なり勤務協定なりで定められるはず。
であるのは疑いない。
小倉執行部が労働条件(賃金や労働時間短縮など)を改善したはずなのにねえ....

ちなみに「林家三平」だったら「どうもすいません」は口癖だったが....
特に日本人の場合、意味もなく(真意もなく)謝るのは人間関係での上での常套手段。
当時の日本が「sorryといったから非を認めたという(大騒ぎする)欧米社会」ではないのは確かであろう。
「すまんすまん」が負い目や非を認めたわけではないのは想像に難くない。

「国会で問題になった事実」というのは、くだらないことでも問題になるのだから....
「田中真紀子の指輪」でさえ.....いかがなものか?

41 :NASAしさん:03/06/14 19:45
以上、「沈まぬ太陽FAQ」でした。

42 :NASAしさん :03/06/15 00:54
なんかどれを信じていいのかわかんない・・・

43 :NASAしさん:03/06/15 02:26
山崎さんの小説は、その内容が葬られた事実をあばくが故に
不都合であるとする者によって言葉尻、小説であるが故の若干の創作
をあたかもその小説、内容の本質までが虚偽に満ちているとすりかえられ
欺瞞の上に成り立つ否定をされることが多い。
かつて写真の誤用だけで詐欺師呼ばわりされた森村誠一の『悪魔の飽食』
と同じ瑣末の指摘による本質の否定と言うサイクルの繰り返しだな

44 :NASAしさん:03/06/15 11:05
良スレのヨカーン。

45 :しーぽん:03/06/15 13:12
おまえら!沈まぬ太陽で801同人を冬コミで出そうと思う!
どれか選べ
恩地×行天 または恩地受け
恩地×志方 または恩地受け
堂本×恩地
堂本×行天
国労乱交大会
恩地×桧山
カラチ支店長×恩地
竹村×恩地
客室主任×恩地
侍支店長島津×恩地
ブサリー×侍支店長
八馬×恩地
清水室長×恩地 
まだまだ続く


46 :しーぽん:03/06/15 13:18
久米支店長×恩地
南×恩地
恩地×ムティソ
恩地×兵庫
恩地×東洋商船事務所長
恩地×沢泉
恩地×ミスターヒギンズ
恩地×一之瀬
恩地×国見 または恩地受け
新三役3P
岩合×美原
轟×針金課長
龍崎×国見

47 :NASAしさん:03/06/15 17:24
>>43

9で「この小説の全てを否定したい、小倉氏への個人批判」というスタンスは否定されてるよ。
ただ、ウソまみれだからそれを検証というか批判するだけみたいだし。

48 :NASAしさん:03/06/15 17:24
>あの小説の中で致命的な嘘がなければ、私は「最高の傑作」と賞賛したいのだが

って書いてあるじゃん。

49 :NASAしさん:03/06/15 17:30
恩地っ、お前は生き方が下手すぎるぞー!

50 :NASAしさん:03/06/15 17:33
フィクションとしてなら、複数人をモデルとして話を組み立てることなど全く問題ないけど、
沈まぬ太陽ってフィクションの体裁を採ったノンフィクションの側面も強いからなぁ。


51 :NASAしさん:03/06/15 17:34
>>50
そうだよ!!小倉の与太話をまともに受け取った(その経緯は別として)山崎豊子はバカ。

52 :NASAしさん:03/06/15 17:35
7の
>山崎氏は「小倉さんてどういう人ですか」と聞いたので、吉高氏は「連合赤軍の永田洋子を男にしたような人物です」と答えた。 
>山崎氏が「それはどういうことですか」と聞くと、「頭は切れて人を取り込むのはうまいが、目的のためには手段を選ばず、冷酷非常な人物です」ときっぱり答えた。 

この人ってJLの元社長(90年代)かなんかじゃなったけ?

53 :NASAしさん:03/06/15 17:40
腹黒い運輸省の役人(「愛人がどうたら」「愛の巣としてマンションの供与をうけてた」とかいう)として描かれた某官僚(I氏)は有名人。
45・47憲章だっけ?廃止の中心人物で描かれてるような人物とは正反対。
小倉に有利なように人物を歪めて書いた。酷いね。

54 :NASAしさん:03/06/15 17:48
あの朝日新聞が、高木社長を山崎氏とは正反対の人物として書いてるんだよね。。。


55 :NASAしさん:03/06/15 17:49
山崎氏の書いた高木社長の”ような”人物像と正反対と言う事でつ。。。

56 :NASAしさん:03/06/15 17:50
「大地の子」で「沈まぬ太陽」って表現が最後の方だっけ?にあったね。
これは「沈まぬ太陽」執筆に気が行っていた証拠かも(w
ただ、漏れは「沈まぬ太陽」を読んだあとだったので「大地の子」を真に受けられなかった。
「山崎豊子不信」になってしまったようでね。
「大地の子」は冷静に読むと、何人かの(普通の人の)物語を継ぎ足した小説で、主人公がスーパー人物にみえてしまうというからくりだと理解できる。
「沈まぬ太陽」も同じ手法だとしたら納得がいく。

しかし、小倉が売名のためか何か氏らないがシャシャって来たのがウザイ。
「何人かの人物の継ぎ足しという定説」が定着すれば、支持もできるが、「手柄は全部独り占め」という小倉+山崎の姿勢には反感を覚える。
自分を偶像視させる為の小倉の行動にはきな臭さを感じる。
小倉+山崎の影で泣いている人やホゾをかんでいる人は沢山いることは想像に難くない。

57 :NASAしさん:03/06/15 18:00
まぁ第一巻(だっけ?)だの、アフリカ編だのに出て来た狩ばっかりやってるブルジョワ生活ぶりで、正直話八分だなと思ったよ。
2ちゃんのスレ見て話半分だと思った(w

58 :NASAしさん:03/06/15 18:27
関連する本一覧

tp://www2.freejpn.com/~az1156/page063.html

59 :NASAしさん:03/06/15 19:18
山崎にとっては協力者を悪く書くわけなかろうに。
日航の社員の下から上までが鼻持ちならねぇ態度とる奴が多いこと
からここの社員は全員ろくでもねーやつらだってことみんな知ってる
だろ?悪さはそれぞれ違っても、利権出世争いに目がない奴なんて
いなかったと思うけどな。

60 :NASAしさん:03/06/15 19:18
利権出世争いに目がなかった奴なんて、いなかったと思う

訂正

61 :NASAしさん:03/06/15 19:35
>>57

確かに。。。。

62 :NASAしさん:03/06/15 21:08
59と60の根拠は?
当時の親方日の丸イメージから来る妄想でしょ。

63 :NASAしさん:03/06/16 05:16
>58

いいね。沢山関連する本が出てるんだ。
ブラクラじゃなくてオンライン本屋だよ

64 :NASAしさん:03/06/16 18:42
>>63

確かに色んな当事者が本を出してるんだね。マジで。

65 :NASAしさん :03/06/18 04:16
今も組合がごちゃごちゃしてるの?

66 :43:03/06/18 04:38
『シンドラーのリスト』において(あれも1種のノンフィクション的な作品で
あると思うが)物語の主要な登場人物にイッアーク シュターンと言う人物
がおり、映画の中ではシンドラーの創業期から彼の全ての事業に関わって
いるような描き方をされている。もちろんシュターンは実在の人物であるし、
シンドラーの奇跡に濃厚に関わった人物であることは間違い無いが、
クラクフのゲットー時代には彼はプログレス産業という別の企業の経理を
おこなっており、映画の都合(個人的な人間関係を中心としたドラマを
作り上げた方が一つの作品としてまとまりが出来やすい)で実は複数の
人間のエキスを抽出した1個の人間像が形成されたと思われ、これが物語の
本質を汚すものであるとは思われない。
この小説においても、あの時系列で展開する以上123便の事故は
当然物語の大きなターニングポイントになり得、恩地のモデル
となった人物が世話係をしたと言う事実が無かったとしても、
事故前後の悲劇的な描写を臨場感を持って作品中に展開するには
主人公を世話係にしておくと言う創作が一番無理が無かったのでは
ないであろうか。
また9のレスであるが、『最高傑作』云々という冒頭の言葉は、
自分がこの作品を冷静に判断している第三者であるという印象を
読む者に植え付けるためのロジックに過ぎず、その後の本人の
論理展開を見るとこれは明らかに『小倉と言う人物は信用できない』
『従って彼の言葉に盲従した山崎のこの小説は信用できない』
という記号を使用することによって
この小説において痛烈に批判されている側の人物、および労働争議に
おける会社側の行為と言ったものに対する山崎氏の表現、暴露を
いわば糞味噌に葬ろうとするものであり、
この論理展開をそもそもおこなった者の意図自体を疑う。


67 :NASAしさん:03/06/18 12:38
フィクションとしてなら、複数人をモデルとして話を組み立てることなど全く問題ないけど、
沈まぬ太陽ってフィクションの体裁を採ったノンフィクションの側面も強いからなぁ。

68 :爬虫類:03/06/18 18:56
轟哲也のモデルのO島さんは元気ですか?本当にあんなキャラなのかねえ。

69 :NASAしさん:03/06/18 21:32
ていうか、「複数人物の美談を足した人物像」を実在じゃないのにお酢他科に逝かなかった小倉がノコノコ「本人ですが何か?」とシャシャってるとこがウザイ。
ほかの世話係の人間がシャシャったほうがうそ臭さが少ない分だけマシ。(w
おまけにわざとらしく「押すタカの写真集も出して当事者たらんとアピールしてる抗癌無知さ」もいかがなものか?
66の脳味噌と神経を疑う(w

70 :NASAしさん:03/06/18 21:34
その写真集は58に載ってる。

71 :NASAしさん:03/06/19 22:56
わざとらしく御巣鷹の植物の写真集を出しちゃってる小倉にワラタ

72 :NASAしさん:03/06/21 13:49
70のってねーよ!!

73 :_:03/06/21 13:57
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

74 :NASAしさん:03/06/26 10:38
何を信じていいのか分からなくなってきました......

75 :NASAしさん:03/07/09 16:29
by佐高信
盗作騒ぎを起こしている作り家 描写力の貧困な作家(清張さん談)
山崎さんの盗作は一種の病気(寂聴さん談) 人物鑑定眼のなさ


76 :NASAしさん:03/07/09 16:43
事実はどうであれ小説としては十分面白い作品
そして3巻ではオス鷹山の事を多くの人に
思い出させてくれた
それで十分でないかい?
むしろ3巻だけでもイイと思うが


77 :NASAしさん:03/07/09 19:17
>>76
同感。
漏れ的にはこの本は「国民航空」の経営陣と第2組合執行部を告発・断罪するものだと思う。
「恩地」や「国見会長」がここや前スレでかかれてたとおりの人物だとしても、
彼らの罪が消えるわけではないでしょ。

78 :_:03/07/09 19:20
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

79 :NASAしさん:03/07/10 01:42
>>77
なるほど。小倉も日航経営陣もどっちもどっちだと言いたい訳か。
だが、小倉は「恩地」のように善意だったかどうかはともかく、
組合活動に頑張り過ぎて会社側に第2組合設立と言う禁じ手を使わせてしまった訳だろ。
それだけならまだしも、よほど会社側にとって「組合」がトラウマになったのか
悪名高き「機長管理職制」まで導入させている。
これが羽田沖事故の機長を心身症に追い込んだ一因だと言うのは
当時からよく言われていることだ。
これだけをとってみても、小倉には少なくとも「結果責任」はあると漏れは見る。
邪推すれば、「沈まぬ太陽」ではデリー、ボンベイ、モスクワ、そして御巣鷹山事故については言及されていても、
羽田沖事故のはの字も出て来ないのがその傍証だというのは考えすぎだろうか。

もっとも、小倉や組合に対してそういう手しか打たなかったのだから
それだけ日航経営陣が無能だったという反論はあるだろうが…

80 :NASAしさん:03/07/11 11:45
>「沈まぬ太陽」ではデリー、ボンベイ、モスクワ、そして御巣鷹山事故については言及されていても、
>羽田沖事故のはの字も出て来ないのがその傍証だというのは考えすぎだろうか。

なるほどね。あんた当たってるかも。

81 :山崎 渉:03/07/12 12:37

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

82 :山崎 渉:03/07/15 12:48

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

83 :NASAしさん:03/07/19 19:00
∋崎豊子最悪なのか?

84 :NASAしさん:03/07/19 19:31
実事件をネタにしないと作品が書けないようでは、
それはただのパクリだ。やってる事は、ライターの
自意識過剰のルポと同じだ。むしろフィクションと
いう形にしている分、なお悪い。

85 :NASAしさん:03/07/19 19:48
84いい支店だ!そうだね。激しく同意。
というかパクリ屋なんか。山崎さん。
フィクションと謳う逃げじゃなくて誠意を見せてほしい。読む人はノンフィクションと洗脳されているんだから。

86 :αランド:03/07/19 20:08
http://elife.fam.cx/a006/



87 :NASAしさん:03/07/20 19:39
「沈まぬ太陽」は基本的にあの大事故をモデルにした、勧善懲悪の時代劇というフィクションという前提で読まなければならないね。
漏れも1〜5巻まで一気に読んでついつい「日航許せん」と思ったが、まあ半分は本当で半分は創作なんでしょうね。



88 :NASAしさん:03/07/20 22:17
大作家といわれているからって何か勘違いしてないか。
小説のネタなんてそんなにホイホイあるものじゃない。
知人の私生活や日記をパクッて平気な作家がいるじゃないか。
それと同じだよ。

89 :NASAしさん:03/07/20 22:46
↑それやって裁判で負けた作家いたね

90 :NASAしさん:03/07/21 06:53
ヤパーリ∋崎豊子最悪なのかYO?



91 :NASAしさん:03/07/21 11:11
大作家だの国民作家だの、その他の「作家」も含めて
こんなのは出版社の作り出したまやかしに過ぎない。
創作というと聞こえはいいが、所詮虚構、でっち上げに過ぎない。
それをありがたがって金を払うのってなんかおかしくないか?
作家って、人種が違うんですかねえ。つい先日までリーマン
だったりするのに。いわゆる芸術なんて、ただのテクニックに
過ぎませんよ。それを産みの苦しみだの言葉を紡ぐだの訳のわからん
口上でごまかしてるんだな。

92 :NASAしさん:03/07/21 18:38
>>91
狭い世界で生きてるんですね

93 :NASAしさん:03/07/22 03:44
>>91

前半は全く同意だ。後半は語弊があると思うが。
つまり、才能がある人が昨日までリーマソってこともあるわけだ。と漏れは思う。

94 :NASAしさん:03/07/22 13:10
というか、みんな愛読してるのね。。。

95 :NASAしさん:03/07/22 13:30
しAルの尾翼は沈む太陽

96 :NASAしさん:03/07/22 13:37
JALの鶴ロゴはなかなか良いセンスだと思う。
尾翼の白地に赤の鶴ロゴは、日本の国旗のようにも見える。
それに比べて今のロゴ・塗装はなんだろう?
日本を代表する航空会社とは思えない。

97 :NASAしさん:03/07/22 17:22
行天四郎は本当はどうなったのよ?

98 :NASAしさん:03/07/26 21:38
>97
そうだよね。あの本の後味の悪さは、仰天と音痴のその後どうなったのか、という部分まで書かれていないんだよね。
「読者のご想像にまかせる」ということなのか?
俺の妄想だと仰天君はお咎め無しで社長に、音痴さんはそのまままた僻地へ。。。
とうことで日航の体質は全く変わらなかったというストーリーだけど。


99 :NASAしさん:03/07/26 22:51
>>98
日航じゃなくて国民航空だろ。

アイタタタ

100 :NASAしさん:03/07/27 09:32
ほんと酷いホンダね。

アフリカ変も胡散臭いけど、お酢他科なんて完全な捏造。
汚倉はオ巣他科に関わってないじゃんよ。
なんであんな嘘つけるのか疑問。

101 :NASAしさん:03/07/27 09:49
だから小説なんてのは商売でしかないんだってばさ。
それは、説話の昔からずーっとそうなんだってばさ。

102 :SEX:03/07/27 09:50
           , -‐- 、
         /^8 /    ヽ
.       / ノ.//ノノ ))))〉 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        'ノノ! ! |. ( | | ||    /同人をやっています!
          `l |ゝ" lフ/リ   < 激エロですよ!
      iア-、 /^l水ト、     \ http://pink.sakura.ne.jp/~erotan/
       ̄く `ヽ |l:|l、ヽ‐v'し'i |_____
           ` -ノニニト、ー┘ ´
         //   ! \
         /       ヽ
.        〈  /      ヽ i
       ヽ/        i,ノ
        ` ァ‐ァr‐r ´
         /、./ l .!
.         l! l\ ll\!!
          ヽ_)l__ノ

103 :NASAしさん:03/07/27 09:57
卑怯だよな。
「音痴のモデル」として汚倉がしゃしゃってきたわけで。
もちろんアフォな読者は音痴=お酢他カと思う。

104 :NASAしさん:03/07/27 10:28
>>103
書きたいといったのは山崎じゃないのか?
おぐらがしゃしゃってきたわけじゃないだろう

105 :NASAしさん:03/07/27 11:07
「良識のある人間」なら「くれぐれも漏れが御巣多可の担当になったなんて書かないでおくれ」と申し添えるはず。
それか誤解を払拭する為にもう1人なり2人のモデルを山崎ないし汚倉が明示すべき。
山崎が拒んでも、汚倉が「お酢他科に関しては○くんや×くんのことだ」というべき。
対談とかに、さも「あれは全部自分のことでつ」なんて普通の良識を持った人間なら態度はとらない。
売名君と思われても当然。

106 :NASAしさん:03/07/27 11:46
太陽が沈まないわけないだろが。
バカボンかよ、たく。

107 :NASAしさん:03/07/27 12:14
真夏のノルウエーでは沈みませんがなにか?

108 :NASAしさん:03/07/27 12:25
>107
高緯度地方は作品のテーマと関係ないだろ。

109 :NASAしさん:03/07/27 12:29
「小説の体裁はとっているが、御巣鷹山や御遺族の名前は実名だ。 誰だって日航と思うじゃないか。 
何より御遺族の世話をしたことのない小倉の美談になっているのは御遺族や御被災者相談室社員への冒涜である。 これも一種の盗作ではないのか。 
我々は詐欺に遭ったようなものだ」との抗議に山崎氏は居留守を使い、野上氏が「私の立場では何ともいえない」と繰り返すだけ。 
この直後に山崎氏は天野氏へ「岡崎さんって恐い人」と言っていたという。

以上の証言から山崎氏は岡崎、天野、岩田氏の活躍ぶりを小倉氏に置き換えて、第三巻をまとめたのは間違いない。 
岡崎氏が抗議するように、事故で御被災者の面倒を見たこともない小倉氏を、あたかも一人で面倒見てきたことのように創作し、悲劇性を高めていったのは、読者のみならず、御被災者、世話役係りを冒涜するものではないのか。 

110 :NASAしさん:03/07/27 12:51
まったくここはひどいインターネットですね
皆さんはひとの痛みがわからないのでしょうか
匿名だからといって無責任な発言が多すぎますよ!!
晒される人の人権はどうでも良いというのでしょうか?

ニュースステーションの筑紫さんが、インターネットのことを、
便所のトイレって言っているのを知ってます?あなたたちは
どうせニュースも見ないから知らないと存じますが。

とうとう、本気で呆れています。おばあちゃんが、どれどれ?と
画面を覗きにきました。それから、おとうさんも来ました。
その6分後、妹も来ました。あなたたちは、我が家に笑われています。
とてもいい具合です。家族みんなが、この人たちおかしいね
おかしいねって、互いに罵り合っています。おかあさんは、
もう3年家に帰ってきてませんが、必ずおかあさんもおかしいね、
って云うと思いますよ。どうです?私に謝るなら、今のうちですよ。

ここで謝るのがどうしてもいやなら電子メールで謝ってもらっても結構です。
私はこれでも気が遠いほうなんです。また3日後、ここに来ます

111 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

112 :NASAしさん:03/08/02 14:31
事故で御被災者の面倒を見たこともない小倉氏を、あたかも一人で面倒見てきたことのように創作し、悲劇性を高めていったのは、読者のみならず、御被災者、世話役係りを冒涜スルモノ。

113 :NASAしさん:03/08/04 04:28
全部呼んだ感想から言うと。ひどいね。出来が。

3巻お酢高変なんてほんと説得力なし。
実際に遺族係になってないから音痴の描写に説得力なし。
いくらなんでもあれは駄作。
単なるサイドストーリー。
5巻最終巻なんて妄想の賜物。
1と2のアフリカ変が一番マシ。
4巻はH1Sの査倭駄らしきフランクにはワラタ。

アフリカと組合に関しては当事者の語る少し秘密の暴露めいたものがあるけど、薄いね。内容が。
台地の湖では倒錯騒動とか起こしたし、ダメでしょ。

114 :NASAしさん:03/08/04 07:20
>>113
そんな無理に作品を否定するなよ、君の意図は何だ?
組合の維持、それだけか?それとも、出世か?
俺にはわからん。

115 :NASAしさん:03/08/04 08:03
>>3巻お酢高変なんてほんと説得力なし。
>>実際に遺族係になってないから音痴の描写に説得力なし。

それはお前が読む前から音痴=小倉って知ってたからだろ
ノンフィクションとフィクションを混同してるお前が悪い
小倉がお酢鷹に逝ってないから説得力がない?
音痴=小倉って読んでて何人の人間が気がつくと思ってんの?




116 :NASAしさん:03/08/04 14:41
ノンフィクションとフィクションを自分の都合に応じて使い分ける山崎が悪い

117 :NASAしさん:03/08/04 15:04
>>116
なんでノンフィクションとフィクションの判別がつくの?
あんた、語るに落ちてるな。あんた、JALの人間だろ!
仕事しろよ!2度と飛行機おとすなよ!!

118 :NASAしさん:03/08/04 15:34
自分の意に沿わないカキコは全部社員の仕業かい・・・夏だねぇ












プッ

119 :NASAしさん:03/08/04 15:55
>>116
それはきちんと本人があとがきで説明してある

ただ事実を元に再構成した小説といってるから
全体的にはフィクションということになるんじゃないか?
すべてがノンフィクションだと勘違いする読者が悪い

120 :NASAしさん:03/08/04 16:20
>>118
元社員および御用組合のお友達を含めます。
君はどれかな???ぷぷぷ

121 :NASAしさん:03/08/04 16:26
>>120
本当に夏だね。


122 :NASAしさん:03/08/04 16:41
>>119
一般の読者はヲタではないし、特にDQN週刊誌の連載だったから、一般的な社会通念で解釈する。 
であるから、読者を意図的にミスリードするような方法をとれば、それは作者の側に問題がある。 
某在日作家も裁判で負けたようにな。 

123 :NASAしさん:03/08/04 17:11
>>121
だから、君はどれなの?
日本語がわかんないんだね。夏だね。

124 :NASAしさん:03/08/04 17:24
>>123
藻前はこの作品を読んだ事があるのか? 
読んだ事があれば明白に判別のつく部分がある事はわかるはずだ。 
しぬまでそう思い込んでれば良いよ。ダボハゼ電波君。 

125 :NASAしさん:03/08/04 17:35
113だが。
だってあの巻+最終巻だけは「音痴の存在感薄すぎ」じゃん。
他の人間に聞き取りしたのを想像という接着剤で音痴にドッキングしただけ。
「音痴の手の届かない世界の話」って感じで、描写が薄い。
そういう意味では著者は嘘はつけないね。
アフリカ変は音痴というか小倉の実際の経験をある程度交えてるのでマシ。
比較的マシな4巻会長質変でも音痴の存在感はあんまり大きくない。会長質で大した仕事が出来なかった証拠だと思う。
会長質変の御職は法人資本主義全盛時代+バブル勃興期+親方日の丸時代のなせる業。
「会社を造ればよほどへましない限りつぶれない」という今と比べて甘い時代。
だからあの程度は「行き過ぎ」だが今の時代の受け取り方よりは控え目に考えたほうがいい。
あの時代「個人は貧しくても会社は太ってる時代」だったからな。ある意味めちゃくちゃな時代だった。
114はじめ、お前馬鹿か?

126 :NASAしさん:03/08/04 17:36
「音痴の手の届かない世界の話」
→「小倉の手の届かない世界の話」に訂正。実際経験してないんだから小倉を当事者に仕立てても説得力薄い。


127 :NASAしさん:03/08/04 19:13
>>125
別に音痴の存在感が薄くても良いじゃん
それとも小説は主人公一人が立ってなくちゃいかんとでも思ってるのかい?


128 :NASAしさん:03/08/05 00:08
流刑〜

台地の個の題名もそういうのあったな。
しかも台地の個の本のラストは「沈まぬ太陽」ってあったし。

著者は言葉に酔ってる。

しかも会長質偏で気付いたが、「またぞろ」という言葉をあらゆる登場人物が多様。
ほんとにいい加減な描写だよ。

細かい突っ込みは国際線のクラシックジャンボが520人乗り(飽き子の乗務した妊婦の居た便)だとよ。(藁
しかも1986年にシンガポールからDC8だとよ。(藁
細部の詰めが甘い。初期の作品には無かったいいかげんさ。

129 :NASAしさん:03/08/05 01:11
同じ記者上がりでも柳田邦男と山崎豊子で全くタイプが違うな(W

130 :NASAしさん:03/08/05 01:44
「多様」でなく「多用」でそ。

確かに「みんな同じ語彙しかない」なのは笑った。

131 :NASAしさん:03/08/05 13:33
いやはや、なんでこんなに重箱の隅を突っついて中傷するんやろ。
ムキになってることから想像すると、御用の皆さん?
デスクに向かって仕事してると思ったら、書き込みですか?
お疲れさま。

132 :NASAしさん:03/08/05 13:54
組合の人って普段もそんなに熟読するの?暇なのですか?
沈まぬ太陽だから?それとも機内誌も、そのくらい読むの?
うちの大学の教授が新聞社に書評頼まれた時みたいですね!

133 :NASAしさん:03/08/05 14:33
山崎豊子は大作家だよ。これほどの反発を恐れず書ける作家なんて
ざらにはいないさ。自分を置き換えてみろよ。恥ずかしいだろ。

134 :NASAしさん:03/08/05 14:56
沈まぬ太陽は面白い小説だよ
じゃなきゃあんなに分量が多いのにベストセラーになるわけない

もれは白い巨塔のほうが好きだが

135 :NASAしさん:03/08/05 15:08
>>134
私も、そう思います。
いいものはいい、悪いものは悪い。そういえる人間になりたい。
サザン使ったビデオ流すよりも、社長を出し、もうすぐ20周年を
迎える事故についての改めての謝罪・決意を放映しろや。
この時期、女装させたり、タレントにパイロットの格好をさせたり
あまりに不謹慎だ。

136 :NASAしさん:03/08/05 15:17
モラルの問題だよね。。まったく

137 :NASAしさん:03/08/05 15:25
糾弾会開催中

138 :NASAしさん:03/08/05 15:56
モラルだよ、ほんと。
明治生命に頼んで、御巣鷹バージョンを作ってもらいたいくらいだ。
食中毒起こした会社が事実上破綻して、500人殺した会社が
存続してるのって間違っていませんか?


139 :NASAしさん:03/08/05 16:49
返す言葉がみつかりませんなあ、ご同輩。

140 :NASAしさん:03/08/05 16:59
500人か。。。宅間被告の比じゃないもんな。
改めて、この事故の重大さを痛感しますね。
殺人を犯した人間がこの間、機内でピンクレディーを真似したり
女装してGHやらCAの真似したりしてるCMを流し続けている状況
と考えたら、恐ろしいですね。安全運航への取り組みなどをむしろ、
アピールしなきゃいけないと思う。人間だったら、袋叩きだね。

141 :NASAしさん:03/08/05 17:43
人間だったら、改心してないって言われるんだろうなあ。
そういえば、神戸の事件の少年も戻ってくるんですね。

142 :NASAしさん:03/08/05 18:15
せめて8月の時刻表くらい喪に服し、黒にするとかな。
反省は示すべきだとは思う。

143 :NASAしさん:03/08/05 19:46
8月くらい社長以下役員一同は丸刈りにすればいい
暑くてちょうどいいし

144 :NASAしさん:03/08/05 20:29
 自 作 自 演 が 多 い な

なんでも 御 用 かよ(ぷ

 夏 だ し な 。

145 :10個ぐらいジサクジエンだろ(W:03/08/05 20:31
>>138
じゃ、世界の主な航空会社・鉄道会社・自動車/航空機メーカーは全て廃業ですね。









あほか

146 :NASAしさん:03/08/05 20:39
ちょいとまともな脳味噌+社会経験持ってたら、山崎の「偏向小説」に煽られないはずだが。

白い巨塔と比べると糞だよ。
もう音痴は3巻では存在してないのと同じで、4巻で少し浮上したかなとおもったら5巻では存在してない同然だし。
ありもしない経験を強引に書くとこのように「説得力のない」小説になってしまう。
アフリカで終わってれば「少し臭いが読める小説」だったが。

147 :NASAしさん:03/08/06 10:49
なんでこんなにムキになるのか、俺にはわからん。
反山崎の君らは、御用組合じゃないなら誰なのだ?
誰と聞いてもまともに答えん。
これじゃ、御用組合自身にとってもマイナスだろ。

148 :NASAしさん:03/08/06 10:52
>>145
ばか。そのくらいの事態だということを認識しろちゅう意味やろ。
飛躍するな。

ま、飛躍できずに墜落したわけだから、仕方ないか。。。

149 :NASAしさん:03/08/06 11:44
>>147
誰か答えられないのが、何よりの証拠。


・・・と書いたら、
夏だ。なんでも御用だ。。。ですか?

ではなぜにそんなに山崎作品をこき下ろす必要があるねん?


150 :NASAしさん:03/08/06 11:51
>>149
まだ147が書き込まれてから一時間ほどしかたってないからもう少し様子をみませうや

今頃御用組合でなんて書きこむか会議してたら笑える

151 :NASAしさん:03/08/06 12:16
>>148
飛躍しているのはお前だ。 
お前の主張とおりなら 
国鉄は30年代に、全日空は60年代に廃業してるな(W(W(W 





あほか 

152 :NASAしさん:03/08/06 12:19
てゆーかフィクションに一々突っ込まないでしょ。(w
それよか御用は他にやることあるっしょ。
倉リイ西学会とかじゃないんだから言論弾圧しないよ。
この小説はツッコミどころ満載だから単なる読者にも笑われてるだけ。
午前中から自作自演ごくろうさん。

世の中そんな単純じゃないよ。
夏休みの子供なんでしょうけど。

153 :NASAしさん:03/08/06 13:21
>>152
依然として誰なのか不明。。。
やっぱり御用なのか。。。。。

154 :_:03/08/06 13:22
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

155 :NASAしさん:03/08/06 13:24
>>151
話そらすな、あほ。
今はそういう時代や。世論で潰れた会社、60年代にあったら
教えろや、あほ。

156 :NASAしさん:03/08/06 13:38
>>155
話を逸らしてるのはお前。

>>148でそのくらいの事態だということを認識しろちゅう意味(=実際に潰れたわけではないと認めている)と言っておきながら、
今度は世論で潰れた会社、60年代にあったら教えろ????

一連の食品偽装事件はここ数年だろう。しかも破綻したのは雪印絡みだけ。

朝令暮改






あほか

157 :NASAしさん:03/08/06 13:41
>>153
一面的なものの見方しかできないのは子供な証拠。
自分と違うもの見方から刺激を受ける事はないのか?
自作自演して自分の見解に誘導しようとするだけでは人間成長しないぞ。

158 :NASAしさん:03/08/06 13:44
結局答えられんやつ、なっかりだな。
156は日本語が通じんやつや。無視しろや。
朝令暮改?用法が違うって。。。

で、結局、反山崎派は話そらしに成功っていういつものパターン。

159 :NASAしさん:03/08/06 13:45
結局答えられんやつ、ばっかり。

以上、訂正

160 :NASAしさん:03/08/06 13:46
【特徴】
・宗教の勧誘のように人を巻き込もうとする
・文句を言われると逆ギレして脊髄反射のごとく
「叩きは粘着」「叩き発見」など同じことしか言えない
・他人のことをどうこう言う前におまえはどうなんだ?と思わせる馬鹿が多い

161 :NASAしさん:03/08/06 13:47
>>158
答えられてないのはお前のほう。

運輸業で事故が原因となって破綻した大会社、あったら例示してみれば???

ホワイトスターですら破綻しなかったんだからな。

本当に朝令暮改だなお前



あほか

162 :NASAしさん:03/08/06 13:48
沈まぬ太陽を肯定して小倉マンセーして楽しいか?(w
漏れは「民営化前のJLのひどさには辟易する(民営化後もなー)」が、だからといってあのDQN小説と祭り上げられた主人公小倉を肯定する気はさらさらないが。


163 :NASAしさん:03/08/06 13:49
「答えられない」=「自分に肯定的なレスをしない」(ぷ

164 :NASAしさん:03/08/06 13:50
所詮JALなんていまでも道路公団とたいして変わりないんやろ

165 :NASAしさん:03/08/06 13:50
>>163
海外旅行板でもこういう粘着いるな(藁
携帯から粘着してさ。自分ひとりで頑張ってるのに気付かない哀れなヤシ。

166 :NASAしさん:03/08/06 13:57
アフォなっかり。

167 :NASAしさん:03/08/06 13:57
>>163>>165
そうやって誤魔化してないで持説の論拠示してもらおうか??

>>138
>食中毒起こした会社が事実上破綻して、500人殺した会社が
>存続してるのって間違っていませんか?

運輸業で事故が原因となって破綻した大会社、あったら例示してみれば???

ホワイトスターもヴァリュージェットも破綻してないぞ???

答えられる訳無いよなぁ。今だかってそんな会社無いんだから。

168 :NASAしさん:03/08/06 13:58
おい167よく嫁 

169 :_:03/08/06 14:05
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

170 :NASAしさん:03/08/06 14:05
チッソですら賠償原資を継続して捻出する為存続してるし、”世論で潰れた”なんて雪印グループぐらいの物。
その雪印ですら各部門とも存続してるなぁ。。。
日ハムは潰れなかったなぁ。。。

で、世論で潰れた会社って???

171 :_:03/08/06 14:15
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz08.html

172 :NASAしさん:03/08/06 14:21
>>170
雪印食品。
お前、もう忘れたのか?
各部門存続どころか、雪印食品は解散だろ。
???っていう前に、記憶喚起しろや。
さ、話戻すぞ。


173 :NASAしさん:03/08/06 14:24
目グミルクですが何か?

174 :NASAしさん:03/08/06 14:24
>>173
ばかたれ、それは乳業だろ。


175 :NASAしさん:03/08/06 14:28
>>172
話を戻す????

運輸業で事故が原因となって破綻した大会社、はやく例示して下さい。

時代が違うというなら、最近でも大事故を起こしたエアラインは結構ありますが????

176 :NASAしさん:03/08/06 14:31
>>175
質問がよくわからん。
で、結局、反山崎の君は誰なの?
早く質問に答えなよ。
あ〜あ、小泉首相に質問する菅さんの気持ちがわかるよ。
話、はぐらかし。別の報告にもっていく。
質問に答えず、逆に質問する。話にならんもんな。


177 :NASAしさん:03/08/06 14:32
まぁほとんど報道されなかったから知らないのも無理は無いけれど、北海道の工場は存続してるんだな。

178 :NASAしさん:03/08/06 14:32
別の報告ではなく、別の方向


以上、訂正


179 :NASAしさん:03/08/06 14:35
>>177
存続してないよ。
解雇された社員が死ぬ思いで新会社を一から作ったの。
知ったかぶり。もしくは知ってて嘘書くのは恥ずかしいぞ、君。


180 :NASAしさん:03/08/06 14:35
>>179
それはマスコミで報道された関東工場の話ですよ。

181 :NASAしさん:03/08/06 14:36
>>176>>178
??????
別の方向にもっていっているのはお前。

>>138
>食中毒起こした会社が事実上破綻して、500人殺した会社が
>存続してるのって間違っていませんか?

持説の論拠を示せないのもお前。

示せないなら間違いでしたと撤回する事だな。

182 :NASAしさん:03/08/06 14:37
どうにか雪印と同一視してイタイ自説を展開したいようですな(w

183 :NASAしさん:03/08/06 14:39
>>180
あ〜疲れる。北海道だ。早来って工場。
「春雪さぶ〜る」って新会社だ。ジンギスカン作ってるよ。
反論するなら、きちんと調べろや。あ〜疲れる。

>>181
早く、おまえ答えろや。お前の答えが先だろ。
そうだ、君を「小泉君」と命名しようか?
賛同の諸君、拍手をください。

184 :NASAしさん:03/08/06 14:41
>>183
パチパチパチ!
「反山崎」が「小泉君」なんて、少しおかしいけどね。

185 :NASAしさん:03/08/06 14:42
ぱち!ぱち!ぱち!(大拍手)

186 :NASAしさん:03/08/06 14:43
まあ山崎擁護してる奴なんて節穴さんがお似合い

187 :NASAしさん:03/08/06 14:44
180および181の小泉君は
現在、ネット検索中です。キーワードは「春雪」。
少々お待ちください。

188 :NASAしさん:03/08/06 14:45
山崎擁護自作自演が酷いね。
やっぱ低脳は自作自演も稚拙。

189 :NASAしさん:03/08/06 14:46
>>183
全く関係無い政治の話ばかりして誤魔化してるけれども、

>>138
>食中毒起こした会社が事実上破綻して、500人殺した会社が
>存続してるのって間違っていませんか?

持説の論拠について明確に例示できないのですね。

全く説得力に欠けます。




あほか

190 :NASAしさん:03/08/06 14:49
>>189
一応、雪印の話で明確に例示はしてると思うけど。
対比の話だからね。
食中毒の雪印は解散。500人殺害のJALは存続。
正しい事実ではないかと僕は思うけど。

あなたは全く読解力に欠けるのでは。失礼ながら。


191 :NASAしさん:03/08/06 14:51
>>186>>188
ぱち!ぱち!ぱち!(大拍手)





192 :NASAしさん:03/08/06 14:53
小泉君、イタイ。論破されちゃって、
>>191でおかしくなっちゃった。。。

193 :NASAしさん:03/08/06 14:55
馬鹿だな。192は一人だと思ってるわけ?(w
君みたいに自作自演じゃないんだよ(w

194 :NASAしさん:03/08/06 14:56
>>190
業態が全く異なるんですけれど??

運輸業で事故が原因となって破綻した会社を例示して下さい。

時代が違うというなら、AF,CI,SQ等最近でも大事故を起こしたエアラインは結構ありますが、どこか破綻しましたか?

航空券の裏側あるいはケースのどこかに約款が書いてあるけれども、読んだ事がありますか?

あなたは全く”読解力”に欠けるのでは。失礼ながら。

195 :NASAしさん:03/08/06 14:58
リアル厨にそんなこと言っても意味無いぞ194よ。
雪印と同一認定して自説をふりかざすのが目的。

196 :NASAしさん:03/08/06 15:00
一言で言えば>>194の言うとおり。

1.世論で潰れた会社として例示できたのは「雪印食品」だけである。
  (からしレンコンの一件や、かいわれ濡れ衣疑惑すら出てこなかったね)

2.公共交通機関、運輸業に付いて、世論で潰れた会社は一切例示されなかった。

3.また、食品業と運輸業を同一視するに足る論拠も一切示されなかった。

4.以上の点から食品業である雪印と運輸業である日本航空を同一視して糾弾せんとする論は、
  一切論理的な根拠を持たない、妄想に過ぎない。


##どうもバクテリアに大変失礼な比較ながら、単細胞のようだからどうせ日本航空を擁護しているとでも思っているんであろうが、
突拍子も無い比較をして根拠の無い糾弾を延々行っている裳前が糾弾されてしかるべきであろう。

197 :NASAしさん:03/08/06 15:03
>196

>2.公共交通機関、運輸業に付いて、世論で潰れた会社は一切例示されなかった。

なら例示してやるよ。
旧日本国用鉄道は、主権者たる国民の意思により解体されたわけだが。


198 :NASAしさん:03/08/06 15:14
ハア?ハア?ハア?

199 :NASAしさん:03/08/06 15:27
国鉄分割民営化は世論が原因ではないと思うが、それはさておきお詫びの上訂正追記しておこう。

一言で言えば>>194の言うとおり。

1.不祥事が原因で世論で潰れた会社として例示できたのは「雪印食品」だけである。
  (からしレンコンの一件や、かいわれ濡れ衣疑惑すら出てこなかったね)

2.公共交通機関、運輸業に付いて、事故が原因で世論により潰れた会社は一切例示されなかった。

3.また、食品業と運輸業を同一視するに足る論拠も一切示されなかった。

4.以上の点から食品業である雪印と運輸業である日本航空を同一視して糾弾せんとする論は、
  一切論理的な根拠を持たない、妄想に過ぎない。


##どうもバクテリアに大変失礼な比較ながら、単細胞のようだからどうせ日本航空を擁護しているとでも思っているんであろうが、
誰も日本航空が正しいなどとは一言も言うつもりは無いし言っていない。
突拍子も無い比較をして根拠の無い糾弾を延々行っている裳前が糾弾されてしかるべきであろう。
また、1.の不祥事として某は雪印乳業の食中毒事件を挙げているが、実際には
雪印乳業食中毒事故→事後対応の不備→雪印食品牛肉偽装事件→事後対応の不備と、連鎖の結果であろう事を指摘しておく。
(それぞれ単独では”破綻”まで行かなかったであろう事は、同業他社が過去の事例で証明している)。

200 :NASAしさん:03/08/06 15:31
で、結局、話そらしに成功ってわけか。。。
たしかにこいつら相手にするのはしんどいね。
>>193
そうだよね。組合だもんね。一人じゃないよね。
これ書いたのは執行部の誰なの?今日も銀座ですか?
>>196
糾弾、糾弾って組合かその筋の方が好む言葉ではないでしょうか?
一般には使わないよね。。。

201 :NASAしさん:03/08/06 15:32
>>199
なんかよくわからん論理。
さっきは例示しろと言ってて、できたら
雪印食品だけであるって、おまえ、それじゃ何でもありだろ。

202 :NASAしさん:03/08/06 22:48
おっ バイトに言ってる間に伸びてるな

まあ日航はもっと反省しろってことやね
潰れる潰れないは別にして

500人も殺す事故起こしといて
未だに会社のシステムは大して進化してないんだから

これでもっかい大きい事故起こしたら・・・・笑えないよ?

偏向小説にしても小説に書いてることは少なからず事実も含まれているわけだし
日航に反省を即す意味でもこの小説は意義があると思うがな

小倉も佐高との対談書(岩波の)みたいなんで言ってたような気がするが
この小説に対して日航が批判ばっかってのはやはり進化してないんじゃないか?

小倉美化しすぎって言われればそうだろうが
それを補って余りあると思うがね

突っ込みどころ満載ってのは年のせいってことで
僕も白い巨塔に比べれば沈まぬ太陽は劣っていると思ってるから



203 :NASAしさん:03/08/06 23:03
  
    事故を待望している香具師がいます
  

204 :NASAしさん:03/08/06 23:08
俺も事故を期待しているよ。
どこもコスト削減=人減らしだろ。

そのうちなんかの不整備で事故起こすよ。
それでまた同じ反省をすると。



205 :NASAしさん:03/08/06 23:15


206 :NASAしさん:03/08/07 04:26
小説について論ずればいいのでありJLはあくまで「従」だろ。
山崎批判=JL擁護=御用
ってのは低脳すぎだぜ。

あくまで小説の出来は悪いと思うぞ。
大下英治あたりが書けばもっとマシなものが出来そう。

207 :NASAしさん:03/08/07 08:17
>>206
山崎擁護=小倉マンセー=自作自演
って決め付けるのも大概低脳だと思いますが?

あと小説を事実と結び付けて論じてるのは
どちらかというと反山崎派の方のような気がしますが・・・・・・

それとタラレバは無意味だと思いますよ

208 :NASAしさん:03/08/07 08:55
山崎擁護=小倉マンセー=自作自演
こうか?↓
山崎擁護=自作自演≒小倉マンセー



209 :NASAしさん:03/08/07 10:31
小泉君支持派は「主流派」ではあるが、少数ではあります。
自民党の定説です。

210 :NASAしさん:03/08/07 13:38
いい本でした。夏休み、そして慰霊の日、どうぞお読みください。

211 :NASAしさん:03/08/07 13:46
反山崎の皆さんは御用組合もしくは会社体制側(これらOB含む)
ってのは、ここ数日の書き込みで確信に変わった。
少しは反省しろよ。頼むよ。人間だろ。真人間とまではいわないが
君の妻や母ちゃん、子供に恥ずかしくない行動をとろうよ。
人間の心を取り戻せよ。

212 :NASAしさん:03/08/07 16:19
211=厨(ぷ
単純な脳味噌。リアル厨?

読み方が浅すぎ。

213 :NASAしさん:03/08/07 16:25
「小説の体裁はとっているが、御巣鷹山や御遺族の名前は実名だ。 誰だって日航と思うじゃないか。 
何より御遺族の世話をしたことのない小倉の美談になっているのは御遺族や御被災者相談室社員への冒涜である。 これも一種の盗作ではないのか。 
我々は詐欺に遭ったようなものだ」との抗議に山崎氏は居留守

214 :NASAしさん:03/08/07 16:28
以上の証言から山崎氏は岡崎、天野、岩田氏の活躍ぶりを小倉氏に置き換えて、第三巻をまとめたのは間違いない。 
岡崎氏が抗議するように、事故で御被災者の面倒を見たこともない小倉氏を、あたかも一人で面倒見てきたことのように創作し、悲劇性を高めていったのは、読者のみならず、御被災者、世話役係りを冒涜するものではないのか。 


215 :NASAしさん:03/08/07 17:15
>>212
>>213
>>214
真人間になれ。
立 派 に な れ

216 :NASAしさん:03/08/07 18:01
もまいより立派だがなにか?我々は詐欺に遭ったようなものだ
小倉氏を、あたかも一人で面倒見てきたことのように創作し、悲劇性を高めていったのは、読者のみならず、御被災者、世話役係りを冒涜するものではないのか。 




217 :NASAしさん:03/08/07 18:17
[本文]
>>213-214
おいおい これ論壇から勝手に引用してるじゃねーか
せめて引用先くらい添付しとけよ
著作権のことも考えような
http://www.rondan.co.jp/html/ara/yowa3/index.html

あと岡崎氏以下世話係を冒涜するものであっても
読者、被害者を冒涜するものではない

この記事を鵜呑みにすることは
沈まぬ太陽を鵜呑みにすることと同様に愚かである

>>216
小説は創作物だよ

218 :NASAしさん:03/08/07 18:20
まあ漏れは読者として「冒涜された」と感じたよ。
涙流したヤシは「涙返せ」と言いたいだろうな。
嘘(創作)は我慢の限度を超えてる。
217よ被害者や多くの関係者を実名で記載して何が「創作物」だよ。
オマエの意見に欺瞞を感じる。

219 :NASAしさん:03/08/07 18:21
>>217
>小説は創作物だよ
それをノンフィクションのように言いふらしている作者&出版社がいるのですが、
なにか?

220 :NASAしさん:03/08/07 18:38
アクセス規制のせいで携帯からしかかけないからめんどくせ
>>218
実名で書いてたのは被害関係者だけじゃなかったか?
小倉以下は巻末に書いてただけじゃなかったか?
小倉=恩地をしるには多少のリサーチが必要

>>219
ソースぎぼんぬ

221 :NASAしさん:03/08/07 18:51
本として出版されてからよんだ人が多いんだろうが、
もとは週刊誌連載だからね。
そこのところを踏まえないから、日航側が過剰反応してると思うんだろうね。

222 :NASAしさん:03/08/07 19:15
機内での雑誌に掲載されてたら会社も敏感になる罠

223 :NASAしさん:03/08/07 19:18
被害者以外の関係者って、引退した機長とか。引退して山に登って手紙送ったろう。

224 :NASAしさん:03/08/08 10:30
>>223
単純に小説として読み、それによって何を感じ、
判断するかは読者の勝手。
多くの読者が小説を読み、やはりな、こういうことだったのか、
なぞが解けた、モデルに近い人物がいる会社ってどんな会社、
とか何とかいろいろ推測するのも勝手。
あれこれ言うな、と思う。
仮に小説に近い事実があったのなら、あれこれ言わず、
黙って反省しなさい。慰霊の日までもうすぐです。

225 :NASAしさん:03/08/08 11:20
もう文庫本になってましか?

226 :NASAしさん:03/08/08 11:59
>223
あまりストーリーと関わりがないと思うんですけど
>224
激しく同意
>225
とっくに

227 :225:03/08/08 12:36
226 ありがとう。

228 :NASAしさん:03/08/08 15:10
しがらみなく読めよ。言い本だぜ。

229 :NASAしさん:03/08/08 15:13
反省だけなら猿でも出来る。
精神論で事故防止になる業界ではない。
このスレは香ばしい奴が多い。

230 :NASAしさん:03/08/08 15:14
>>229
じゃ、猿以下だな。

231 :NASAしさん:03/08/08 18:28
>>229
精神論?よくわからん。

232 :NASAしさん:03/08/11 21:10
とうとう丸18年

233 :NASAしさん:03/08/11 21:15
金払う価値なし

234 :NASAしさん:03/08/12 01:24
233に激しく同意
真実を嘘という接着剤でつむぎ合わせてまるで嘘の作品に仕立て上げたYさんに脱帽。

235 :山崎 渉:03/08/15 18:56
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

236 :NASAしさん:03/08/16 01:48

功雄版タロット

┏━━━━━━━┓
┃ ]XTTTT ┃
┃───────┃
┃コ   \ │サン .┃
┃ウ   / ̄\サン┃
┃ラ ─( ゚ ∀ ゚ )  ┃
┃ボ   \_/  ┃
┃シ   / │ \ ┃
┃ v    v.ザザァ┃
┃≡〔´∀`〕≡    ┃
┃~~~~~~~~~~~~~~~~.┃
┃───────┃
┃19   太陽   .┃
┃     THE  .  ┃
┃     SUN    ┃
┗━━━━━━━┛

237 :NASAしさん:03/08/16 11:20
なぜにここまでこの本を否定するのに躍起なのか?
で、その君らはいったい何者?

238 :NASAしさん:03/08/16 11:29
よく読めば分かるよ。
みんな洗脳されてるからね。
この人の著作をよく読んでる人なら沈まぬ太陽は「ああまた始まったか...(ry」という感想。

239 :NASAしさん:03/08/16 11:38
>>238
よくわからない。
君が何者かに洗脳されているってことはないかい?

240 :NASAしさん:03/08/16 11:47
>>239
彼ら(といっても数人しかいないが)は脳内日航社員なんだよ。

愛する日航を誹謗するあらゆるものが気にいらない。
山崎豊子の著作が確かに誤解を招きやすい表現だとは漏れも思うが、
それにしてもこいつらの過剰反応は笑えるね。
やればやるほどうさん臭いのに、躍起になって否定する。<まるで子供。


241 :NASAしさん:03/08/16 12:07
239=240(藁
まるで子供。このスレで開眼してちょっと斜め読みできるようになったけど、洗脳は解けていないという典型的な例。
御用組合がこんなスレで布教するほど自己犠牲の精神があるとはおもわんがな。

242 :239:03/08/16 12:13
>>241
おれは240じゃないよ。
私も240も御用組合なんて言ってませんけど。。。
語るに落ちるってやつですか?(悲)

243 :NASAしさん:03/08/16 12:20
アゲ足だな。(藁
粘着が御用組合云々と逝ってたが。

244 :239:03/08/16 12:22
>>243
意味不明だ。。。

245 :NASAしさん:03/08/16 12:37
>>241
このスレで開眼って・・・(失笑)

>>239
241=243は組合には自己犠牲の精神はないが、
自分にはこのスレで布教する自己犠牲の精神があると言いたいらしい。

で、日航にとってもいい迷惑だと気付いていないところがイタイ。

246 :NASAしさん:03/08/16 12:43
245キモー

247 :NASAしさん:03/08/16 12:49
>>246
キモイのはナリキリ自己犠牲クンでしょ?
すぐに逆ギレみっともない。

248 :NASAしさん:03/08/16 12:53
247がみっともないよね〜(嘲

249 :NASAしさん:03/08/16 13:46
>>248
航空板にしては早過ぎるレス。
自作自演ですか?
それにしては246=248低能杉。

250 :NASAしさん:03/08/16 13:51
まあ、沈まぬ太陽擁護厨は自作ですから。

251 :NASAしさん:03/08/16 13:55
>>246
>>248
馬脚を現したね。みっともないぞ、君。
それにしてもすぐに「キモー」なんだね、意味が不明だ。。。
君はキモイというより、イタイね。

252 :NASAしさん:03/08/16 13:57
>>250
おいおい、君、読解力ないよ。
違うだろ。自作は批判派だろ、文脈掴めよ。

253 :NASAしさん:03/08/16 14:04
>>252
言っても理解出来ないんじゃないか?

布教活動が自己の責務だと勝手に誤解して、
あたかも自分が日航の特務員か何かだと信じ込んでる奴だぞ。
まあ、なんて素敵な自己犠牲!!

254 :NASAしさん:03/08/16 14:12
>>250=248=246
沈まぬ太陽を擁護してるんじゃなくて、
君を批判してるんだよ。

255 :NASAしさん:03/08/16 15:33
昼飯を食べている間に、やはり、イタイ君は駆逐されていたか。。。


256 :NASAしさん:03/08/16 17:12
「安全運航への誓い」ってパンフレットが8月12日に
搭乗した羽田発伊丹行きのJAL747機に搭載されていた
りしたら、感激しただろうな〜。

257 :NASAしさん:03/08/16 18:47
日本航空に免罪符が与えられる日はあるのだろうか。


258 :NASAしさん:03/08/16 19:03
あるといいね。でも、人間なら死刑の罪を犯したんだ。
いつまでもいつまでも反省しないとね。

259 :NASAしさん:03/08/16 19:26
JALっていまだに反省してんの?
そんなわけないよね。

260 :NASAしさん:03/08/16 23:11
助詞の使い方サンプリングするとジサクジエンが判定できるそうだ。
そこまでしなくても容易にわかるがな(W

これからも脳内敵と戦ってください(W

261 :NASAしさん:03/08/16 23:42
>>260
で、まっ先に挙げられる孤立無援厨房がお前だろ? 

262 :山崎豊子:03/08/17 01:26
自作自演が一杯ですね。251以下は....

263 :NASAしさん:03/08/17 02:55
いずれにしてもJALでは事故は無くなりません。将来また同じような事故が起こるでしょう。
安全第一と口先ばかりのJAL経営陣。現実は経費削減のため自社整備をどんどん縮小し、
構造検査、修理を行う機会である重整備(C Check、M Check)の半分以上を海外へ
委託しています。中国福建省アモイで英文マニュアルなんか読めない日雇い1000人に
整備をさせていて、その工程、領収検査を行うJAL構造専門担当者は、たった1人。
これでは全ての作業を見れっこないですし、仮に修理ミスをやられてもわかりません。

単に人任せでBoeingに修理をさせてJAL自身で各工程の検査することを怠った為に、
JA8119のBoeingの修理ミスを見つけられなかったのですが、
残念ながら今もそのスタイルは変わりません。
最近、海外で行った整備のさまざまな不具合(亀裂の見逃し、修理の間違い、やってもいない
作業を実施したと偽る整備記録改ざんなど)が報告されていますが、何の対策も出されていません。

わが国は高温多湿の島国で、絶えず塩水にさらされ、金属腐食の進行も早く
また747、777の大型機を東京-大阪のような短距離で1日3-4便も飛ばしている為、
当然金属疲労も早まり、日本は世界で一番飛行機の経年劣化が早いのですが、
それに見合う整備は行われておりません。
哀しいかな、JALは安全ではなく経営第一です。

飛行機に乗ることがあればJALの整備社員へ「この飛行機、大丈夫ですか?」と
聞いてみてください。
嘘つき以外、自信を持って「大丈夫です」と答えられる人はいません。

264 :NASAしさん:03/08/17 05:17
>日本は世界で一番飛行機の経年劣化が早いのですが

嘘八百
羽合

265 :NASAしさん:03/08/17 09:30
ま、世界一でないにせよ、それに近いんだろうな。
JAKは本当に心配だ!!

266 :NASAしさん:03/08/17 09:57
JAK?

267 :NASAしさん:03/08/17 10:01
つーかね。金属疲労により亀裂が入る事を前提に設計してるんだけどね。
やっぱり日本人って精神論が好きだね。壊れちゃいけない。漏れちゃいけない。
原発の事故隠しなんていい例だわ。諸外国だと明確な判断基準を設けて、故障や冷却水の漏れなどでも、
技術的に見てマージン以内であったり問題の無い場合は停めずに運転するけど、
日本の場合はとにかく漏れちゃいけないから隠しちゃうんだよね。



268 :NASAしさん:03/08/17 11:38
265です。
JAKじゃなくて、JALだった。打ち間違えだ。すまん。

269 :NASAしさん:03/08/17 11:39
>>267
それを見落として墜落することも前提なんでしょうか?

270 :NASAしさん:03/08/17 12:10
>>269
日航機のあれはイレギュラーな事をやった時に充分な注意を払わなかったからだよ。

壊れない飛行機は作れない。金属の塊が空を飛ぶためには無駄なマージンを極力無くす必要があるのだよ。


271 :NASAしさん:03/08/17 12:33
>>270
ってことは、JALは初歩的な安全管理も怠ったということですか?

272 :NASAしさん:03/08/17 13:13
「沈まぬ太陽」を読んで感じた違和感をこのスレで複数の人が感じていたことに
ホッとしました。

所詮は紛争の一方の当事者のみからの口述を筆記したものだということですね。

JAL123便の悲劇が事実である以上、あんな使い方をするのは良識を疑いますね。
とにかく文庫5巻分の価値が無い小説だと思いました。

273 :>>2ちゃんねらーの皆さん:03/08/17 13:14
  ∋8ノノハ.∩  http://www.yakuyoke.or.jp/
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
http://www.hokekyoji.com/
http://members.tripod.co.jp/hossyoji/index/
http://www.honmonji.or.jp/
http://www.maap.com/tanjoh-ji/
http://www.kuonji.jp/
http://www.butsuzou.com/jiten/sanmen.html
http://www.butsuzou.com/list1/sanmen2.html
http://www.butsuzou.com/list1/sanmen3.html
http://www.butsuzou.com/keitai/sanmen-kz.html


274 :NASAしさん:03/08/17 13:38
>>272
ふつうは違和感を感じないって。しつこいって。
ジサクジエンはやめなよ、もう。

275 :NASAしさん:03/08/17 16:13
>>271
システムから外れたイレギュラーな事をやるときには、充分注意を払う必要があるという事だよ。

ここの誰かは意図的に日常の点検・運航と混同させているけどな。

276 :NASAしさん:03/08/17 16:34
>>275
了解。なんとなくわかった。

277 :NASAしさん:03/08/17 16:48
      _,,....,,_
     /::   ::ヽ
    /:: _;: ,_, i
   /::    r_ 〉、. }
   |::   :/-‐, i ノ  失礼。ここちょっと通らなければ
   |::     "  /   いけないので通りますね。
   |::  /|::.   |
   |:: /  |::  |
  /:: /   |::. |
 /: _/    |:: |
 i::_ノ    i:_.j


278 :NASAしさん:03/08/18 00:00
>>274
ひどいなあ。自分への異論を自作自演と決め付けるのは....
ほかのやし?も孤立無援厨房とかさあ...

>>272
確かに....ブックオフの100円コーナーで買った。
ちょっと眉唾だよね。
というか他のヤマザキ作品読んだ人ならワンパターンなんで、岩官は絶対感じると思う。
ワンパターンなのは組織などから見殺しにされた超人的な執念を持つ一個人の物語ってとこ。
でも実際は、複数の当事者の発言や史実を織り交ぜ、1人の偉大な人間の物語にしちゃうとこ。
「大地の子」もパクリ騒動になったじゃん。でもあれはまだマシなのか?
実在の特定の個人が祭り上げられたわけでもないし。
でも「沈まぬ」は悪質だよね。
物語は眉唾なのはともかく、「悲劇のヒーローが実在することが既成事実のようになってしまった」から。
本当に真面目に遺族係で仕事をした人への冒涜だと思う。
アフリカ編で終わってればね........

岩官は、それ以外にも....

279 :NASAしさん :03/08/18 00:03
>>278
ふ〜ん、山崎作品全般に違和感を覚えるのなら、
小説板にでも逝ってくださいな。


以上。

280 :NASAしさん:03/08/18 01:57
遺族係への冒涜って、作中で別に恩地が一人だけで遺族係やってたわけでもないし。

281 :NASAしさん:03/08/20 02:00
大地の子の再放送で観て、原作を見たくなって
図書館にいったら貸し出し中、で「沈まぬ太陽」の
アフリカ編を見始めたとこ。
山崎豊子、不毛地帯/華麗なる一族/白い巨塔等、
大好きですが、これはどうも主人公に感情移入出来なくて。
恩地、おまえが一番悪いんだろ、と平和ボケした現在の日本人は
考える訳で。
恩地の叔父の言葉を借りると、「左翼気取って政治活動やって」、とか。
でもなにが一番気にいらないだろう、なんて。沈まぬ太陽を逆な立場から
とった小説、映画が出来たら面白い。



282 :NASAしさん:03/08/20 15:32
「白い巨塔」復活、唐沢&江口が主演

 フジテレビの新ドラマ「白い巨塔」(10月9日スタート、木曜午後10時)で俳優唐沢寿明(40)と江口洋介(35)が主演を務めることが19日、都内で発表された。
同ドラマは78年に故田宮二郎さんが主演し、医学界の衝撃的な実態を描いて話題を呼んだ。唐沢は田宮さんが当時演じた野心家の医師財前五郎、
江口は財前と対照的な善人のライバル医師里見脩二を演じる。
 「白い巨塔」が唐沢と江口のコンビで復活する。前回は、作家山崎豊子さんのベストセラーをもとに78年6月スタートし、全31話。最終回は視聴率31・4%を記録した。
財前五郎を演じた故田宮二郎さんのテレビ代表作になった。
 物語は富と名声を得るため、冷徹で非情な大学病院の助教授財前と、対照的に人間味あふれるライバル里見の生き様を描く。78年の放送では、財前を田宮さん、
里見を山本学が演じ、医療ミス、教授への野望、大学病院の内幕が綿密な取材をもとに描かれ、これまで一般的には知られない医学界の現状を浮き彫りにした。
田宮さんが放送途中の78年12月に猟銃自殺したことで一層の話題を呼んだ。



283 :NASAしさん:03/08/20 15:35
 フジテレビは唐沢と江口の起用について「単なるリメークでなく、今風で、人間くさい財前(唐沢)と里見(江口)を描きたかった。唐沢は田宮さんとはキャラクターが違う。
田宮さんは存在自体が財前で、鉈(なた)で切るタイプだが、唐沢はカミソリ、ナイフ。今風の財前をつくるには唐沢しかいない」。
江口については「クレバーでうまく立ち回る唐沢と対比したとき、存在自体で視聴者を魅了できる」と説明した。
 前回が話題作だっただけに比較される形となるが、2人は「僕らは僕らでやる。田宮さんや山本さんに近づこうとは思わない」と話しているという。
また、財前は78年当時はまだ困難とされた胃がんの手術の権威者だったが、技術の進歩した現代には食道がんの権威という設定となる。
 同ドラマは通常の3カ月間の放送ではなく、半年間、21回の放送となるのも特色。1話完結が多い中、連続性にこだわっている。
関係者は「各人のキャラクターと芝居をしっかり見せるには1クール(3カ月)では足りない。
半年間のドラマにしっかりしたストーリー性と連続性を持たせるには彼らの演技力が必要不可欠」としている。
共演も黒木瞳、矢田亜希子、水野真紀、上川隆也ら豪華な顔ぶれとなる。(日刊スポーツ)

284 :NASAしさん:03/08/20 15:51
>>279
都合が悪くなったら小説板池か....
山崎作品全般に関する論評とともに沈まぬ太陽の事を書いてあるのが分からないかな?

>>280
あたりまえだ。1人で全員担当するか?(藁
音痴というか「小倉が遺族係になったことが全くない事」が問題なんだよね。
それを....問題をすり替えて満足かなキミは?

285 :NASAしさん:03/08/20 17:18
>>284
いいから行きなさいって。ここは航空板さ。
文学青年もしくは文学オタクなら居座る必要もないさ。

286 :NASAしさん:03/08/25 10:20
沈まぬ太陽、小説としての出来は稚拙(書き込みの薄さがどうにも)だった。
けど、面白いことは面白かったよ。

なんか、総会屋の「論壇」の記事を鬼の首をとったかのようにあげ晒して、
粘着的な批判をしているのがいるけど、勘違いしてるんではないかなあ。
事実を取材して小説的に再構成した「小説」だと本人は言っているし、
これだけ事実と違うんだから、小説としか読めないじゃないか。
小説だったらこの程度の脚色は当たり前でしょ。
ノンフィクションなら問題だけどさ。
違うんだし。(行天くんだって全くの創作だってことからわかるじゃん)

ひょっとして、確証がないだけのファクションと勘違いしてるんじゃないかなあ。



287 :NASAしさん:03/08/25 15:54
このスレのヤシは、
ノベル、フィクション、ファクション、ノンフィクション、ドキュメンタリーの区別がつかないと思われ。

288 :NASAしさん:03/08/29 22:37
否定か肯定しかできんってのもどうなんですかねぇ・・・
真実に近い部分ってのも多いんじゃないんですか?
それを「御巣鷹に恩地はいなかった」ってことだけで
否定しても悪しき歴史全てを否定できないでしょう?
個人の言い回し云々はともかく、企業体質については
当たらずしも遠からずと言った側面があると思われるし
私は「そう言う事実もあった」って程度で読んでるけど
躍起になって否定している人がもし現役だとすれば
事実上選択肢のない私たちヘビーユーザーにとって
非常に不安なことだと言うことを判って欲しい。
私は小説は小説として現実は現実として客観的に
判断したいですね。

ついでに
http://www.jalcrew.jp/jca/public/taiyou/taiyou.htm



289 :NASAしさん:03/09/01 02:20
確かに、JALや、取り巻きの「族議員」達にも、沢山問題はあるんだろうけどさあ、
この小説読んでて、イライラさせられたことは、

「恩地さん、アンタ要領悪過ぎ!」

って、ことかな。
要領って言っちゃうと、ちょっと悪い意味でテクニカルな感じがしちゃうけど、
そうじゃなくて、俺が思ったことは、

そんなに組織に対して憤りを感じて、変えていきたいと思うなら、
清濁併せ呑み、まずは偉くなろうよ!

って、ことかな。
武器を使って殺人をも厭わない「革命」でも起こさない限り、
下からチマチマ正しい改善なんか、積み重ねても、組織なんか変わらないって!
特にJALほどの組織になれば、尚更ね。


290 :和久:03/09/01 09:02
>>289
もっと、端的に言え。
「正しいことをやりたければ、偉くなれ」

291 :NASAしさん:03/09/01 20:21
>>286
フーン(w
キミだね。粘着は。
マンセーしてたのに論破されると「小説だから」って....
まるで山崎と同じ。

新聞広告などでの「読者の声(感想)」として「あたかもJALと勘違いした読者の怒りの投稿(感想)」を見てると
「事実と大分異なる小説だという認識がはじめから出来ていない」という人間がこの本を手に取って読んでみて、新聞での小倉へのインタビュー(対談など)とあわせて読むと
「小倉=恩地=遺族係」という図式が当然できる。
これは「山崎氏と小倉氏の共同作業による『正確な事実を知らない一般読者』への欺瞞」だよ。

山崎氏は小説を感動的なものにしたいがために史実を曲げるし、
小倉氏は自分を悲劇の主人公で有らしめたいというエゴ
両者とも良心が無い。

「共同作業で史実を汚した利益共同体」だよ。

292 :286ではない:03/09/01 20:53
>>291
事実と大分異なっているとは思わんがな

つーかなんで遺族係のことにこだわってんのか正直よくわからん。
3巻で事故のことを詳しく伝えたいなら遺族係を登場させて
遺族の方と関わりを持たせるのが一番イイと思うし、
3巻で急に主人公が実際に遺族係を担当した別人に変わったりしたら
小説としてまずいと思う。

それに3巻が恩地を悲劇の主人公たらしめてるとは思わん。
小倉を悲劇の主人公としているのは他の巻、特に1,2巻だろ。
遺族係を担当したという嘘が小倉にもたらす利益はたいしてないんじゃないか?

それにフィクション小説といってる以上
>>山崎氏は小説を感動的なものにしたいがために史実を曲げるし
これは正当な手法だと思う。
お前らの言うとおりに真実だけを書いていけばノンフィクション小説じゃないか。

それに良心がないのは当時のJALだろ。
そのことに関してうんとかすんとか言ってみたらどうなんだい?


293 :NASAしさん:03/09/01 21:25
そおかなあ。
「流転」だのなんだのエラソーだけど、深田祐介の「日本商人事情」だっけ?あれ読んでると恩地なにゼータクぬかしてる!と思うぞ。
70年代に聞き取り調査した昭和30―50年代の商社・プラント・航空関連の駐在員の話。
航空では北米からのマグロ空輸のルート開拓話とか載ってる。78年頃の刊行か?

「沈まぬ」は1.2巻あたりでやめておけばいいものの・・・・・
「3巻も事実」かも知れないが、それは小倉氏以外の「他人の苦労話」。
描写されてる天●氏だっけ?実在の遺族係の人物は本人が「小倉?ハア?遺族係を馬鹿にするな」と言ってるし。
小倉にリンクさせてるから「事実と大きく異なる」ということになるね。

「小説として不味い」なら読者の誤解を解くように、あとがきで言及するか、注釈をつけましょうね。
「このモデルはアフリカ編はO氏で、オスタカ編はX氏です。」とか。
対談でも「沈まぬ太陽の恩地のモデルです」と紹介されて否定しない小倉さんに真相を知る人間は「汚いね」と思うよ。
いや、「私はオスタカ編は違います」とあえて異議を申し立てるのが「人格高潔」ってもんじゃないのかね?

「史実をこの本で初めて学んだ」と思ってる多くの人を冒涜してるよ。

フィクションを謳っていても、遺族や慰霊登山をした(元)機長や事故の当事者たる乗務員は実名。
なにがフィクションなんだか。ただ史実とかなり違うという指摘への「逃げ道」とかしか思えません!!

294 :286ではない:03/09/01 21:52
>>293
あんまりカキコして粘着だと思われるのも癪に障るが
暇なのであえて書く。

流転について
10年近くの長期にわたること、海外転勤までの経緯、
家族関係(これは小説が事実どおりか確信はないが)
を考えれば十分流転といえるのじゃないか?
むしろ会社に背いたから海外僻地に転勤、ということが問題なのではないだろうかと思う。
そういえば深田祐介って沈まぬ太陽のこと批判してたね。

1,2巻でやめておけばよかったというのはわからんでもないが、もの足りん感じもするな。

冒涜冒涜って馬鹿の一つ覚えみたいに・・・・・
少なくとも俺は嘘だとわかっても、冒涜された、とはおもわなかったな。
冒涜されたと感じた人がいたことは否定しないが、そんな人ばかりではないことは理解すべきだね。
勿論冒涜されたとは思わなかった人がマジョリティだという気はさらさらないが。

この小説を読んで知るところは多かったな。
人間のいろんな一面を見ることが出来たし。
正直どっちが正しいのかわからへんし、知るすべはないと思うけど
すべてが嘘ではないだろうし(同様にすべてが真実でもないが)。

293氏とは小説というものに対するスタンスが違うようだし
僕のスタンスは理解してもらえそうにないからもういいんだけど
もっとこの小説のほかの部分にも目を向けるべきだと思いました。


295 :NASAしさん:03/09/01 22:32
>フィクションを謳っていても、遺族や慰霊登山をした(元)機長や
>事故の当事者たる乗務員は実名。

文庫版なら8ページに断り書きがある。
逆に、この事故のことを仮名にしないので良心をみたという遺族もいるんだよ。
小説という形式、その中の手法ということをしっかりと見据えたまえ。


296 :NASAしさん:03/09/01 22:36
>>294
深田祐介氏は日航の社員ですちわーです物語の原作者。公開されている事実だし有名な話。

でも、123便の事故の前で「沈まぬ太陽」より20年程前に刊行された本ゆえに「日本商人事情」に「おかしな意図」は無いと思うよ。
この本、初版1978年、文庫1981年。新潮社と新潮文庫。

「議論の応酬自体」は粘着じゃない。
「粘着な議論の応酬」はありうるけど。

297 :NASAしさん:03/09/01 22:50
>>295
これは「仮に良心と認定」しても「事故や遺族に対する良心の一辺」であり、決して「小倉=恩地」が良心でもなんでもない。
一部の良心(良心の一部)を取り出して「全部を良心」と認定する手法は問題がある。
少なくとも「第1-2巻に登場する恩地のモデルになった人物が遺族係になった事実は全くありません」ということは記載が無い。

「小説を事実らしく見せるため」の「実名登場」というテクニックというそしりも逃れえない。
このスレの中・全読者で一体何人が「恩地=小倉ということを知っていても、遺族係になった事実がない事を知らない」であろうか?
単に「恩地のモデル人物は遺族係になった経験がゼロ」ということを知っているのだろうか?

「小説という形式、その中の表現手法に潜む欺瞞もある」ということをしっかりと見据えたまえ。
この小説は単なるサブリミナルだよ。そうしたほうが売れるし。
新聞で「恩地のモデル小倉さん」という記事があれば、「ああ。あの遺族係の....」と思うのが通常。
「アフリカに飛ばされて、しかも遺族係では遺族になじられまくって....」という象を描くのは無理らしからぬこと。

>「いや、私はオスタカ編は違います」とあえて異議を申し立てるのが「人格高潔」ってもんじゃないのかね?

と思うよ。まるでパルチザン時代の他人の手柄を横取りするキムイルソン(金日成)みたいだよ。

298 :NASAしさん:03/09/01 22:56
>>「小説という形式、その中の表現手法に潜む欺瞞もある」ということをしっかりと見据えたまえ。

言うなれば小説はすべて欺瞞


299 :NASAしさん:03/09/01 23:59
>>297
君は何を怒っているのさ。
ちょっと聞きたいが、君の言う小説って何?
君の考える小説の定義を教えてほしいな。

300 :NASAしさん:03/09/02 00:10
>>297
>>「いや、私はオスタカ編は違います」とあえて異議を申し立てるのが「人格高潔」ってもんじゃないのかね?
>と思うよ。まるでパルチザン時代の他人の手柄を横取りするキムイルソン(金日成)みたいだよ。

山崎豊子自身は、御巣鷹編の恩地のモデルが小倉とは一言も言ってないんだが。
却って、3人のモデルを再編成しているとまで言っている(確かダヴィンチ)。
つまり、御巣鷹編については山崎豊子は恩地のモデルが小倉ということを否定
しているんだな。
そう、また敵役の行天君についてはどう思う?
これはモデルが全くいなくて、「小説的に」創造されたわかりやすい
敵対キャラクターなんだから。
つまり、小説は事実ではないことを念頭におきたまえ。
というか、事実と違うことをはっきりさせるためにとられるのが「小説」と
いう形式なのだ。
だから、君の怒りは小倉に向けられるもので、「沈まぬ太陽」という作品に
向けられるものじゃない。
山崎豊子が御巣鷹編の恩地は小倉だとミスリーディングしたというのなら問題
だが、本人は「あくまで事実を下敷きに、小説として再構築した人間ドラマ」
だと言っていて、小倉や出版社のパブリシティは違和感があると言っている。
そういったことを考え合わせてもらいたいものだ。
小倉に対し怒っているのか、小説に対し怒っているのか。
見つめなおしてみたらどうかね。



301 :NASAしさん:03/09/02 01:30
3人のモデルを再編成(いいとこどり)したために、実際には日航には存在しなかった人が
主人公になったってことよね?小説だから・・・
で、他の登場人物もそんな風に加工して書かれているからなー
なんか、不自然な感じがして途中で飽きてきた面があるんですよ。
その当時は小倉さんがモデルさんとか、その他のいろんなサイトなんか知らなかったんだけど。
だって、この小説って

・作者が「わるもん」に設定した人→金集める→女好き→自宅のインテリアが派手
・「いいもん」に設定した人→金に執着がない(給料もらわんとか)→愛人つくらん(女好きちがう)→自宅の装飾なんかが地味

ってまるで人間って2種類しかいないみたいな・・・
女好きで、シックな趣味やったらあかんの?
世の中の浮気する男って、みんなお金に汚い?

なわけないでしょー、って場面が多すぎた・・・3巻目からだっけ。

302 :荒鷲:03/09/02 01:33
また、ミグのりてー、今度はミグ29のりてー、

303 :荒鷲:03/09/02 01:35
お前ら、乗ったら病み付きになるぞ、ぶっ飛び、

304 :荒鷲:03/09/02 01:36
ジーがたまんねーよ、ジーが、

305 :NASAしさん:03/09/02 02:23
汚倉は「アフリカの女王」とヤッてるよな〜。絶対(w

306 :NASAしさん:03/09/02 02:33
遺族係なんて手柄でもなんでもないからなぁ。
単に会社のケツをふかされただけの話で。

307 :NASAしさん:03/09/02 02:36
そこが狙い目なんだよね。山崎にしてみりゃ。

308 :NASAしさん:03/09/02 14:20
これ読んでて、恩地さんよりも、行天さんのほうが、男としては魅力を感じます。
少し、私の感覚がズレてるのかもしれないけど、ダンナにするんだったら、行天さんかなあと・・・


309 :NASAしさん:03/09/02 14:30
そらそうだわな
恩地に男の改称って紋はない。

310 :308:03/09/02 14:41
何巻か忘れたけど、
「俺、朝ごはんは、パンよりごはんの方が好きなんだよ」
みたいなことを言うシーンがあったけど、
その頃から、行天さんファンになってました。

311 :NASAしさん:03/09/02 14:46
なんか漏れは男だが、あんたが仰天派だってのは、つーか小倉より仰天に惹かれるヲンナがいるのはわかるような気がする。
つまり間隔がずれてるってわけじゃないと漏れはいいたいわけだな。
なんでいいのかな?せーろんばっかの香具師よりも清濁併せ呑む男の方がいいってことかな?

312 :NASAしさん:03/09/02 14:50
エリア88で、風間よりも神崎に惹かれるタイプみたいだな。

313 :308:03/09/02 18:14
>>311さん、
ズレてないと、言ってくれて、ありがとうございます。

>なんでいいのかな?

これは、恩地さんの奥さんと行天さんの奥さんでは、行天さんの奥さんのほうが
私には、幸せに見えるから。
それと、デートしたら、行天さんと会ってるときのほうが、ドキドキしそうだから・・
かな。

314 :NASAしさん:03/09/02 18:17
スレンダーボディーがセクシーなみくちゃんです。
でもねみくちゃん。オマンコはチンチンを入れるところですよ。
ソ-セージをそれも三本も入れられて気持ちよさそうに感じてちゃだめでしょ。
飲んだ勢いのSEXでありそうなシチュエーションがいいね。
有名女優の裏いっぱいあるよ。
無料ムービーをゲット!!
http://www.pinktrip.com/

315 :気付き@幸せ掴む:03/09/02 19:07
生命の充電に必要な快楽は、それ相応の徳なくして多くを得ればその人の魂を荒廃へと導く
結果となります。金銭はそれ相応の徳なくしてこれを使えば、知らず知らずの内に浪費せら
れて間もなく貧しさが訪れることとなります。
反対にそれ相応の徳があればこれら総てのものを生かすことができます。快楽はそれ相応の
徳のある者がこれを得れば人生に興味と活力を添えることになるのです。金品はそれ相応の
徳のある者がこれを使えば必ず人を救うことになります。
この件に関する出典の説明があるHP↓に注目。参考にしよう。
ttp://www.d7.dion.ne.jp/~tohmatsu/

316 :NASAしさん:03/09/05 20:31
けど、絶対に日航が悪いんだしさ…

御巣鷹にしても、小倉の海外流転に関しても…

小倉の本(自然に生きて)を読んでると日航は馬鹿だなぁと思ってしまう。
なんでもっと上手にあしらえ無いんだろうか…
小倉がいうように
「過去には、そういう事実もありました。しかし、今はそんなことはありません。安心してご利用ください。」と…
あんなに本気で訴える。だとか、莫大な不利益を負った。とか言ってるから世間は結局なんも日航は変わってないと思って使わない…


317 :311:03/09/15 23:30
>>313
ハゲ堂。漏れ男だが奇麗事ばっかのオトコも女からしてみりゃ魅力が無さそう。

ところでNHって「行天臭」がするよね。
「如才なく立ち回ろうと意図する臭い」が。
政治家・スポーツ選手・有名人を取り込もうとする「ギラギラ」さが。

318 :NASAしさん:03/10/01 19:46
age

319 :NASAしさん:03/10/11 12:40
今日、小説を読み終わって2ちゃんを見に着たんだけど、
恩地さんのモデルがだれとか普通の人にはわからないことが
記載されているなんて、やっぱ2ちゃんはすごいね。
この様子だと、いまだに会社の内部ではごたごたがあるんですね。


320 :NASAしさん:03/10/11 13:57
このスレは小説が『デマ』という結論で終了したはずなのだが。。。
基地外(社外組合)が前スレで散々叩かれた上で敗退したんだよね。
まぁこんぐらいのことでギャーギャー騒いでいる人達って、
甘ちゃんなんだな。
どこの会社にいってもゴタゴタはあるんだし。
クソババー山崎は逝ってよし(w

321 :NASAしさん:03/10/15 09:21
ま、俺はある程度の真実は書かれていると見ているけどね。

おっと、反論は無しね。俺の私見だから。

322 :NASAしさん:03/10/15 13:22
>>321
終了したスレを一々あげるな。

323 :NASAしさん:03/10/16 09:14

といいながら、ついつい見てしまっておまけにレスまでつける訳ねw

324 :NASAしさん:03/10/16 22:02
通勤の途上で気になる女がいるんだが、
今日はたまたま背後から彼女の読んでる本が垣間見えて、
そしたら「恩地」だと。(唖然)

まさか憧れてる女が沈まぬ太陽を読んでるとは思わなかったよ。
「読後の感想など、お茶でも飲みながらいかがですか?」って、
思わず喉まで出かかった31歳妻子持ちでした。

あ、ちなみに俺は御巣鷹蛇足だと思ってるヨ。

325 :NASAしさん:03/11/30 04:43
神林択也

326 :NASAしさん:03/11/30 06:49
こんなのageるなよ。

327 :NASAしさん:03/11/30 14:37
一応買った。読んでみる。

328 :NASAしさん:04/01/09 22:59



329 :NASAしさん:04/01/12 12:13
取り次ぎの倉庫を見学した。文庫本が各巻とも100冊以上在庫、特別コーナーが設置されてた。
これが現実。

99 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)