5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

青函連絡船 その2

1 :1:03/07/27 15:49

前スレ
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/space/1015590577/l50


検索は、スレッド一覧 →「Ctrl+F」(Windows)/「Command+F」(Mac)



2 :NASAしさん:03/07/27 15:51
>1


3 :NASAしさん:03/07/27 19:31
今度は何を語ろうか?

4 :東京在住 ◆utUwhjJ7Tk :03/07/27 21:34
1さん乙です。
>>3
末期の連絡船フィーバーとかは駄目?
なんかスタンプラリーみたいのが、あった気がする。
7隻全てに乗船すると商品が貰えるみたいな・・・

5 :NASAしさん:03/07/28 01:11
1さん乙。
良スレだと、単なる「その2」でもイイね。

6 :NASAしさん:03/07/28 10:06
>>4
どんどん語ってよ

7 :_:03/07/28 10:07
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

8 :まちBBSのスレ:03/07/28 13:41
青函連絡船について語ろう
http://hokkaido.machibbs.com/bbs/read.pl?BBS=hokkaidou&KEY=1056531364&LAST=50
http://203.192.159.251/bbs/read.pl?BBS=hokkaidou&KEY=1056531364&LAST=50

9 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

10 :NASAしさん:03/08/02 22:39
age荒らし対策保守

11 :東京在住 ◆utUwhjJ7Tk :03/08/04 06:47
商品って何だったのかな?
覚えている方、居ますか?

12 :NASAしさん:03/08/08 08:59
鉄道路線・車両板にもありまっせ。
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/rail/1059184990/l50


13 :名無しの連絡船:03/08/08 18:41
そういえば、外国に売却された津軽丸、石狩丸、空知丸、松前丸、十和田丸は現在、どうなっているの。

数年前にファンが現地まで訪ねていった記事が新聞紙上に大きく出ていたけど。

津軽丸がまだ現役なら乗ってみたいな。

14 :NASAしさん:03/08/08 20:37
>>13

ttp://www.geocities.jp/hirary165/info/seikan.html

15 :NASAしさん:03/08/12 21:06
八甲田丸就航記念日AGE

1964年8月12日 14便より就航

当時は夜行急行「北上」に接続する13・14便に優先的に新造船が配船されていた。

10月改正(東海道新幹線開業)では3・4便(元13・14便)は3時間50分航行に変わったので
新造船(津軽丸、八甲田丸)が限定運用された。


16 :山崎 渉:03/08/15 18:48
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

17 :NASAしさん:03/08/17 08:13
hosyu

18 :(* ̄д ̄)y─┛〜〜:03/08/17 08:16
見やすいサイトを目指してます
http://homepage3.nifty.com/manko/
暇つぶしドゾー

19 :NASAしさん:03/08/17 23:13
こらっ、前スレageたの誰だ?


20 :名無しの連絡船:03/08/18 14:44
昨日、長崎のホテルヴィクトリアを見に行ってきた。

さすがに世間でいう「盆休み」最終日だけあって、宿泊客数は多くないと思われ。

しかし、元遊歩甲板の上のベンチでのんびりくつろぎながら、潮風にあたっていると気分の良さ、この上ないでつ。

五島からフェリーや伊王島往復のシャトル船が行き来する長崎港も情緒があってよかったよ。



21 :NASAしさん:03/08/18 22:07
>>20
ある意味、最も成功している保存連絡船かも知れないですな>ホテルヴィクトリア大雪丸

22 :名無丸:03/08/19 12:03
>>21
でもあそこも経営がヤバイらしいね。
潰れる前に泊まりに行かねばのう。

23 :NASAしさん:03/08/19 20:43
そろそろ青函連絡船復活の準備した方が良いんじゃないか?
青函トンネル、天井なんか鍾乳洞状態で老朽化ひどいよ。
何よりもトンネルの天井と海底が近いのが怖いよ、あのトンネルは。

24 :NASAしさん:03/08/19 20:53
>>23
プロジェクトXでもみて紛らわせろ。

25 :名無しの連絡船:03/08/19 21:36
ホテルヴィクトリアのオーナー会社のハヤシマリンカンパニーは今後、
船舶事業(傭船、ドックetc.)と関連事業(ホテル、ゴルフ場、スポーツジムetc.)に分けて再建を目指します。

以前、新聞には関連事業の内のホテルに関しては、支援企業を探すと載っていた。関連のいくつかのホテルは
売却すると思われ。

これは漏れの憶測だが、すでに大雪丸の改造に30億円以上を投資していることを考慮すると、支援企業を募るか、
関連ホテルを売却して、ヴィクトリアの経営一本に絞り込むことも考えられる。

なんだかんだ言ってもお役所がバックの摩周丸、八甲田丸や超巨大財団法人所有の羊蹄丸とは違い、民間企業としての
経営努力が求められるヴィクトリアの起死回生によるメークミラクルに期待したい。

26 :NASAしさん:03/08/19 22:19
>>23
青函トンネルについて何にも知らないだろ?
トンネルの天井と海底が近いって…100メートルもあるのにな。

27 :NASAしさん:03/08/19 23:40
>>26
関門トンネルは海底から20mの深さだぞ。
あまりに浅すぎて海水が降ってくるもんだから
海底に土俵を埋めたという話は有名。

100mならそうそう心配いらないだろ。


28 :NASAしさん:03/08/19 23:46
土俵を埋めるんですか?
土嚢じゃなくて・・・。
お相撲好きが多いんですかね。

29 :NASAしさん:03/08/20 00:16
お相撲さんもびっくりした! どひょー!!!

30 :NASAしさん:03/08/20 00:31
>>27
土俵ワロタ

31 :NASAしさん:03/08/20 05:21
お前らこそ、天井見てみろ。
北海道新幹線できるころにはトンネルはもうおシャカだぞ。
かといって、いまから掘り直しでは20年後だし。この路線は完全に失敗した。


32 :NASAしさん:03/08/20 07:25
へー、鍾乳石が出来てるとトンネルってダメなんだ(プッ

つかスレ違いだからsageでやれヴォケ

33 :NASAしさん:03/08/20 13:46
>>31 北海道新幹線できるころには、

20年かかっても、23世紀には間に合うはずだが・・・・・・。


34 :NASAしさん:03/08/20 21:27
>>23=31だと思うが…。
青函トンネルのことを何もしらんのに一方的に叩くと「厨房」って言われちゃうよ。

キミの論理だと青函トンネルよりりんかい線の台場トンネルの方がヤバそうだな。
なんてったってトンネルの天井〜海底がコンクリートの厚み分だけだし、トンネル内鍾乳石
は20年以上に及ぶ放置期間の間に伸び放題でホンモノの洞窟に近かったからね。

鉄道連絡船ヲタを単なる船ヲタや鉄ヲタと一緒に見るようなナメたマネはよせや。

35 :船長に浣腸:03/08/21 21:28
青函連絡船の記憶、後世に伝える 「いるか文庫」好評−−8月末まで /北海道
 ◇NPO、常設化検討
 ◇運航マニュアルなど3000冊−−JR函館駅
 旧青函連絡船の運航マニュアルや鉄道の歴史に関する書籍など約3000冊を並べた
ユニークな図書館「いるか文庫」が、新装なったJR函館駅2階の多目的ホール「イカす
ホール」で人気だ。8月いっぱいの開設だが、常設化に向けて関係者が知恵を絞っている。

記事全文↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030820-00000003-mai-hok

36 :NASAしさん:03/08/21 22:05
>27
青函については神が鉄路車板のホッカイドウ鉄道あぼーんスレにいらっしゃいます。
ふざけたタイトルですが、名スレです。
現スレ>>1に過去ログへのリンクがありますから、ご一読をお勧めします。
>34
素直にヤバくないでつか?対策はしてあるでしょうけど

37 :  :03/08/22 00:12
前スレ埋め立て完了。

乙彼様。

38 :NASAしさん:03/08/22 01:40
すれ違いでもないでしょ。32と34はカルシウム摂れ

39 :NASAしさん:03/08/24 03:34
前スレをageた本人です。正直スマンかった。

40 :NASAしさん:03/08/27 22:31
まもなく、洞爺丸・第十一青函丸・北見丸・日高丸・十勝丸の各船遭難者の五十回忌だな・・・

41 :NASAしさん:03/08/27 22:52
>>40
この度マンションを買ったんだが、引き渡し日がその日だったりする。

42 :NASAしさん:03/08/27 22:58
災い転じて福となす。笑う門には福来たる。

43 :NASAしさん:03/08/31 21:17
初代大雪丸&渡島丸 引退記念日AGE

1964年8月31日 大雪丸(初代) 第31便にて引退

1965年8月31日 渡島丸(初代) 第111便にて引退

因みに初代大雪丸はギリシャ〜キプロス間フェリーとして1991年11月まで生き残ることとなる…。

44 :NASAしさん:03/09/01 02:15
また乗ってみたいなあ。青森桟橋の長いビニール張りベンチが懐かしい。
文盲のお婆ちゃんの乗船名簿書いてやったのが懐かしい。伯養軒のまずいそばが懐かしい。

45 :船長に浣腸:03/09/01 21:35
>>43
命日は12/6だね。

石狩丸は今、アフリカ航路です。

46 :  :03/09/03 01:29
リニューアル後の摩周丸入館5万人

 【函館】 今年四月に改装オープンした函館市青函連絡船記念館
摩周丸は二日午前、リニューアル後の入館者数が五万人に達し、
記念館内で祝賀セレモニーを行った。

記事全文
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20030902&j=0025&k=200309024809

47 :NASAしさん:03/09/03 14:38
実は昨日(9/2)、元青函航路補助汽船ひうら丸(現在、石狩港配置)が
定期ドックで函館に来ており、15年ぶりに摩周丸に接近再会、入館者数が
5万人を突破した祝賀に汽笛を吹鳴、摩周丸もこれに応えて汽笛を吹鳴し、
エールの交歓を行ったという一幕もあったそうだ。(北海道新聞記事掲載)

48 :48:03/09/04 03:22
摩周丸と元青函連絡船タグボート、15年ぶりに「再会」 函館  09/03 道新 詳細

 一九八八年三月に青函連絡船が廃止されるまで函館港で活躍し、その後、石狩湾新港に移ったタグボート
「ひうら丸」(二百三十七トン)が定期点検のため函館港に入港し、二日に摩周丸と十五年ぶりに“再会”
した。来場者五万人を達成した摩周丸と汽笛のエールを交わした。
 ひうら丸は、青函連絡船の函館港での着離岸をサポートする補助汽船として、連絡船の廃止時まで活躍。
八八年四月、連絡船の三等航海士だった沢村政志さん(52)が新たな船長に就任し、石狩湾新港管理
組合の所属となり、同港に移った。
 ひうら丸は、これまでにも三年に一度は定期点検のため、函館港に来ていたが、摩周丸に接近する機会
はなかった。しかし、今年八月二十日から再び函館入りすることを知った摩周丸のOBらが、船体を整備
した函東工業などに働き掛け、十五年ぶりのランデブーが実現することになった。
 再塗装を終えた、ひうら丸は、十五年前の鮮やかな薄緑と白色の船体を取り戻し、二日午後一時すぎに
リニューアルオープンした摩周丸にゆっくりと接近。同日に入場者五万人を達した摩周丸を祝う汽笛を
鳴らした。摩周丸からも、同日に石狩湾新港への長い帰路に就くひうら丸の無事を祈る汽笛が鳴り響いた。
 沢村船長は「ひうら丸は、連絡船の関係者が一目で分かるように当時の船体の色を守っている。摩周丸も、
函館で係船されることで、人々の連絡船の記憶を呼び覚まし、その功績を語り続けてほしい」と話していた。
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20030903&j=0041&k=200309035607

49 :NASAしさん:03/09/11 06:15
1972年当時、十和田丸と摩周丸のプラモが出ていたよね。
(摩周丸はメチャメチャにスケールが狂った駄作だった。)
あのような駄作に高い値段が付いて居る事が不思議でならない。


50 :NASAしさん:03/09/11 22:09
文藝春秋昭和55年10月号に上前淳一郎氏「洞爺丸はなぜ沈んだか」発表。

当時16歳だった自分は購入して一気に読み尽くした覚えあり(翌年加筆の上、単行本化)

51 :NASAしさん:03/09/11 22:55
>>49
旧船?


52 :NASAしさん:03/09/12 14:18
>>51
摩周丸のは知らんけど、十和田丸(旧型)のプラモは確かにあった。
箱の絵が新船なのに、中身は旧船という、ヘンな品だった。(w
どこの模型メーカーかは忘れちゃったが、あまり有名メーカーではなかったような・・・

53 :NASAしさん:03/09/12 22:05
でも、救命ボートが舷側にズラリと並んだ初代十和田丸の姿も、俺的には結構好きだなー。

54 :東京在住 ◆utUwhjJ7Tk :03/09/15 17:23
>>52
静教の十和田丸ですね。ヤフ億で10万で落札されたことがあります・・・
津軽丸型なら小西製のキット&完成品(1/500)、完成品(1/1250、1/1250ウォーターライン)
洞爺丸型もありますね、1/300くらいだっけ?

ttp://pos-ton.hp.infoseek.co.jp/index.html
このページに改装中の摩周丸がでてますね、
現在の車両甲板なんかも記載されていて興味深いです。
実際に見れたなんて、少し羨ましい・・・

55 :東京在住 ◆utUwhjJ7Tk :03/09/16 17:28
自己レス
静教=静岡教材社だったと思います
初代 十和田丸のプラモは、最初はちゃんと初代「十和田丸」として発売されましたが、
津軽丸型の登場に便乗して箱絵だけ津軽丸型にして発売したらしいです。
どっかのホームページに詳しく解説してあったのですが・・・ 画像だけでも保存しておけばよかったな・・・
静教が倒産してしまい、入手困難です。

バンモデリングの青函シリーズが生産中止の今は小西製の製品だけですね、入手可能な青函連絡船の模型は・・・
ちなみに、1/1250は約10p程ですが、完成品で手軽に楽しめるので、今度購入しようかな〜と検討中です。

ペーパークラフトですが、船の科学館で洋蹄丸のペーパークラフトが入手可能だそうです。
どんな物かは未確認です。今度行ったときにでも買って来てみます。

56 :東京在住 ◆utUwhjJ7Tk :03/09/17 14:16
またまた自己レス
MS摩周丸の未公開部分は
ttp://www.geocities.jp/hirary165/
にも載っていますね。既出ならスマン

57 :NASAしさん:03/09/18 23:20
そろそろ、合流する?

http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/rail/1059184990/

58 :船長に浣腸:03/09/19 20:22
>>52
本家としてはこのままスレを伸ばしたほうが良いと思われ。

もうすぐ洞爺丸台風50回忌age。


59 :NASAしさん:03/09/19 22:21
>>57
鉄道連絡船も「船舶」です。走る鉄橋では有りませぬ。

60 :NASAしさん:03/09/24 20:22
49> 俺も組み立てた記憶があるよ。当時のインプレッションを報告。
   1.下部船体と上部船体が合わない。(
   2.遊歩甲板の形状が船体カーブと違うので
     ヤスリ等で大修正が必要。
   3.洞爺丸と摩周丸ともに煙突が小さすぎる(特に摩周丸は
     禿げしく小さかった(金型のスライドをケチったのが原因))
結論:当時の船を再現する場合に煙突とは非常に重要な要素だもんな。
   
今でも旧国鉄連絡船は潜在人気が高いのにプラモにないのが不思議だよ。

61 :NASAしさん:03/09/26 05:49
今日は洞爺丸台風五十回忌。

…北海道は大地震か。
9/26は災害特異日だな。

62 :NASAしさん:03/09/26 10:40
今宵は、第十一青函丸・北見丸・洞爺丸・日高丸・十勝丸の五十回忌。合掌、黙祷・・・・・・

63 :NASAしさん:03/09/26 12:43
(-人-)

64 :NASAしさん:03/09/26 15:52
連絡線廃止の次の正月に「海峡の友」が放送されてましたね。
あのビデオって絶版になっているみたいです。

65 :NASAしさん:03/09/26 18:45
1954年9月26日 18時39分 遅れ4便青森行 青函連絡船洞爺丸出航…。

乗客1151名、乗組員111名ほか 合計1314名乗船

66 :NASAしさん:03/09/26 20:58
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown/3116/trans/926/index.html

花を手向けてきますた。

67 :NASAしさん:03/09/26 21:06
洞爺丸型に乗客1000人以上とは、おそらくスシ詰めだったのでは・・・?
洞爺丸型は乗ったことないんで、実際は知りませんが。
後の津軽丸型でも、乗客800人で実質満員、定員だとデッキまで人が
溢れてましたからね。大型化しているにもかかわらず。
晩年の青函連絡船では、如何に日曜日とは言えども9月末頃に、乗客千人だなんて
想像も出来ませんでした。
1954年9月26日は日曜日だったようですが、当時の青函連絡船は本当に大動脈
だったんですね。船長も、きっと責任感と善意で、運航再開を急いだんでしょうが・・・

68 :NASAしさん:03/09/26 21:29
黙祷。事故が風化しつつある。

69 :NASAしさん:03/09/26 22:06
>>67

この日の洞爺丸は、急行「まりも」と後続の急行「あかしあ」の乗客と、運航を断念した第11青函丸からの移乗客で3等船室はスシ詰だったことは押して知るべしです。

他には、満員で乗船を諦めた客で桟橋待合所(夜半には負傷者救護所になったそうだ)や駅前の旅館はどこも満員だったと思います。

70 :NASAしさん:03/09/26 22:15
66> 乙。

71 :NASAしさん:03/09/26 22:18
逃げた方が大勝利か。
さすが28歳3流大学放校無職引き籠もり真由美にそっぽ向かれたオフ全逃げアル中の言うことは違いますな

72 :NASAしさん:03/09/26 22:21
>>71
どこと誤爆したんだ、こいつ?w

73 :NASAしさん:03/09/26 22:22
>71
?どこからおいでですか?

74 :NASAしさん:03/09/26 22:27
22:26 洞爺丸坐礁

75 :NASAしさん:03/09/26 22:39
確か津軽海峡を脱出した連絡船は、助かったような・・・。

76 :NASAしさん:03/09/26 22:43
22:43ごろ 洞爺丸横転

77 :NASAしさん:03/09/26 22:45
(-人-)

78 :香川県民:03/09/26 23:48
>>66
 参拝乙。犠牲者の冥福をお祈りしまつ。

79 :NASAしさん:03/09/27 00:03
>>72-73
アンチ球団板
28歳3流大学放校...は常駐している基地外

80 :NASAしさん:03/09/27 02:57
>>64
タイトルは「さらば海峡の友よ」ですよ。
テレビ朝日だったと思います。

81 :NASAしさん:03/09/27 11:50
49年前の9/27も青空でした。

82 :NASAしさん:03/09/27 12:36
今日2003年9月27日の函館湾も、秋晴れの良い天気です。

83 :NASAしさん:03/09/27 20:38
今日、七重浜にある洞爺丸の慰霊碑の前の国道を通ったけど、慰霊碑には幾つも献花がされてたよ。合掌。

84 :NASAしさん:03/10/02 01:52
お台場の羊蹄丸、国鉄カラーに戻すらしいという話が。

85 :NASAしさん:03/10/02 08:54
>>84
ソースがあっても信じないよ。
最初に笹川記念館に来た時だって、元の色に戻すって発表しつつしなかったし。

86 :  :03/10/03 00:39
ソース
ttp://nr.nikkeibp.co.jp/trend_foods/sgdata/sg0305_12.html

87 :NASAしさん:03/10/04 00:05
>>86にソース喰わされちまった折れってヴァカ・・・(w

88 :88:03/10/05 05:52
運輸交通板の看板スレは青函連絡船が9隻?

89 :NASAしさん:03/10/05 11:07
>>88
モノホンが8隻と、マガイモノが1隻だ。(w

90 :嫌な鳥糞:03/10/05 14:00
連絡線からトンネルになって思ったほど時間が短縮しなかった。


91 :NASAしさん:03/10/06 11:04
>>90
トンネル区間は別として津軽・江差線区間を改良しなければ
時間短縮は難しいだろうね。
商売的には失敗したが、トンネルに対抗して高速船で青函間を
結ぼうという発想が出て来たのも頷けるかな。

92 :92:03/10/13 06:10
めざましtvが摩周丸から中継

93 :342:03/10/13 06:31
うおおおお! 四本煙突〜。

94 :NASAしさん:03/10/13 20:14
洞爺丸事件が無かったら、4本煙突も美しい語り草になったのかなぁ・・・・・・
年寄り連中に言わせれば、翔鳳丸型・洞爺丸型・新津軽丸型を較べれば、
4本煙突の洞爺丸型がいちばん良かったって、未だに言うもんなぁ・・・・・・
折れなんか、新津軽丸型しか乗ったことねーよ。それでも今では幸せな部類かも。

95 :  :03/10/22 21:14
サルベージage。


96 :NASAしさん:03/10/26 20:43
1964年10月26日 初代摩周丸 第11便にて引退。39周年記念AGE

97 :NASAしさん:03/10/31 19:45
1947年11月2日は、かの洞爺丸が青函航路に配属された日だ。
就航は、1947年11月21日だったという。
船内は暖房完備、洗面所でお湯がジャンジャン使える、
当時の日本の状況では、夢のような設備水準だったそうだ。

98 :東京在住 ◆utUwhjJ7Tk :03/11/05 20:44
臨海副都心のフリーペーパーの「シーサイドストーリー」を読んだら、
洋蹄丸が船体塗装を国鉄塗装に戻すと記載されていました。
12月中旬には塗り替え終わるらしいです。

99 :NASAしさん:03/11/05 21:52
>>98
まだ信じないぞー。

100 :NASAしさん:03/11/05 22:27
>>98
「羊蹄丸の国鉄塗装は野暮ったいので、より見栄えのいい十和田丸の塗装にしました。」

101 :NASAしさん:03/11/05 23:55
>>98
もちろん船籍は東京でok?

102 :NASAしさん:03/11/07 01:09
なるほど

103 :NASAしさん:03/11/07 14:01
>>100
「羊蹄丸」の現在の塗装は、ジェノヴァの「国際海と船の博覧会」に日本政府館として
出展したときの塗装のままで、帰国後改装費用がなかったためそのままになっていたんです。
ようやく改装費用が工面できたのかしら。
シーサイドストーリーはフジ・産経グループが出している広報紙だから、そんなに誤った
記事は書かないっていうか、おそらくは「船の科学館」が原稿を書いていると思うので、
大丈夫でしょう。なにはともあれご同慶の至りでございます。はあと

104 :NASAしさん:03/11/08 16:04
>>100
幼少の頃の記憶と印象だから、絶対の自信は無いけど・・・

羊蹄丸の昭和40年代の船体色は、青函航路晩年の改造客貨船の石狩丸・檜山丸に近い感じの、
そんなにくすんでいない赤(えんじ?)だった。雨天のときにも結構鮮やかな色調に見えた。
青函連絡船の古い絵はがきを見ても、羊蹄丸は結構鮮やかな感じの赤に写っている。
羊蹄丸晩年の色、えんじ色なんだが、劣化を差し引いても少しくすみが強かったように思える。
ドック入りで塗り直すたびに、少しずつ塗色の調合(色度)が変わっていったのかも?
津軽丸や大雪丸なんかも、船体塗色の色調は、劣化以外にも微妙な変化があったように思う。

105 :NASAしさん:03/11/08 17:50
羊蹄丸の外舷塗色は旧国鉄本社のご意向で「こだま型」電車の色を採用。
ウエストラインから下と煙突のベースがマンセル番号4.5R3.3/9の「深い赤」
船体上部と甲板室、煙突の鉢巻、レーダーポストは2.5Y9/4の「薄い黄」。
国鉄マークは7.5R4/14.5の「赤」。煙突頂部は2.5PB3/5の「黒青」
後部マスト兼煙道は下部が「銀」上部が2.5PB3/5の「黒青」でした。
(古川達郎氏/続・連絡船ドックより)
マンセル記号で決められているので色調はそんなに変わりませんが、
天候や塗料の劣化で見た目には結構違って見えます。
特に晴天の昼間順光と、日没時や曇天では同じ色なのにこんなに違うか
というほど変化します。
「大雪丸」は引渡し時は「5G7/6の明るい緑」と「7.5Y9/0.5の乳白」でしたが
就航後に「2.5G3/5の濃い緑」と「2.5Y9/4の薄い黄色」に塗り替えられたそうです。


106 :東京在住 ◆utUwhjJ7Tk :03/11/08 22:36
一応、記事をUPしますた
ttp://up.isp.2ch.net/up/356851baa7ed.jpg

スキャナーがイカレてしまったので、デジカメの接写です。
やや重いのですが、参考になれば嬉しいのですが・・・

107 :NASAしさん:03/11/09 11:00
>>106
見ました。了解。

108 :浜っこ:03/11/09 11:49
昔淡緑と白だった氷川丸が郵船塗装に塗り替えられたのと同様に
羊蹄丸も本来の塗装に復旧!
なにはともあれ目出度いことです。

109 :NASAしさん:03/11/09 17:24
旧塗装に塗り替えると「赤錆」が目立たなくてよいかも>羊蹄丸

110 :NASAしさん:03/11/09 23:11
>>104-105
羊蹄丸の色が経年と共にくすんできたのは、塗装の重ね塗りが原因だと思う。
聞いた話なんだが、赤系のペンキってきれいに発色させるのが難しいらしい。
そこで普通は下塗りに白を塗ってから赤を塗るときれいに決まるらしいのだが、
羊蹄丸はドッグ入りの塗り直しでは元々塗られていた赤の上にそのまま赤を塗ったのではないかと思う。
そうすると塗り直すたびに赤が濃くなって、だんだん茶色に近い色になってゆくらしいから

111 :NASAしさん:03/11/10 08:26
>>110
赤色という色そのものが発色の維持が難しい色なんです。
古いカラー写真とかでも、赤が最初に抜けていって、青や黄色っぽい
色になってしまうでしょ。あれとおなじ。

田舎の定食屋のファンタグレープのサンプルがファンタメロンになって
しまっているのもこれと思われ。

112 :NASAしさん:03/11/10 21:30
>>111
それは印刷インクの話だぽ。
古いペンキ用の顔料では、色が褪せて白っぽくはなるけどね。


113 :  :03/11/10 21:47
>>110
> 羊蹄丸の色が経年と共にくすんできたのは、

純真(ピュア)だった俺の心がくすんでいったから。
羊蹄丸は何も変わっちゃいないのさ。

ツマンネのでsage

114 :NASAしさん:03/11/15 09:20
>羊蹄丸
何時の間にか塗装工事がはじまってるYo。
ゆりかもめの中からちらりとみただけだけど、煙突だけ
旧塗装に戻っていて、後部マストの青を濃い青に手塗りで
塗り替えてたYo

115 :NASAしさん:03/11/20 03:07
あの〜前から気になってたのですが青函連絡船ってナンですか?
インターネットを調べたら、JRが船まで動かしてたんですか?
なんで鉄道会社が船を動かすんでしょうかね?
民間のフェリー会社に頼めばいいのに。
私が知らない時代の話のようですけどね。

116 :NASAしさん:03/11/20 03:30
最近ではJRの国際航路なんてものもあるわけだが(青春18きっぷ不可)。

鉄道路線網の一部だったんだから国鉄が開設したのは自然な成り行き。

117 :NASAしさん:03/11/20 04:31
>>115
なんかこういう話し聞かされると自分がとんでもなくジジィになったって気がするなあ。
そういう漏れも無くなる直前に1往復しただけなんだが。もう無くなって15年くらいになるのかなあ。
青函連絡船について知りたいならとりあえずここと前スレに隅々まで目を通すのが手っ取り早いかも。

118 :NASAしさん:03/11/20 08:36
燃料投下の気もするが、やはり年齢は感じますよね。

青函連絡船の使命は旅客よりもむしろ貨車の航送にあるなんて、
貨物が下火の今ではわからないでしょうね。
旅客だけなら民間でも可能だったかもしれないが.....。


119 :NASAしさん:03/11/20 09:28
>>118
むしろ逆。
旅客は飛行機。
貨物はトンネルと船。
航送はとくに時間のロスが大きいので荷主が離れたが、
トンネルによる時間の短縮で客が戻ってきた。
現在は江差線・津軽線の単線部分のせいで、容量が不足している。

120 :NASAしさん:03/11/20 20:39
松前丸のファンネルマークのベースは当初肌色の単色だったけど、途中から他船同様に上下に帯が入った記憶があるんですが合ってますか?

121 :118:03/11/20 20:48
>>119
それは連絡船末期のハナシでしょ。
それこそ>>115に戻ると「なぜ民間ではなく国鉄が?」という疑問からすると、
その歴史的な背景には「貨物」の重要性があるとおもうが。

122 :NASAしさん:03/11/20 21:57
>>120
その通り。あってますよ。

123 :NASAしさん:03/11/20 22:04
青函連絡船が1日30往復も、津軽海峡を行き交っていた時代があった。昭和40年代末。
それでも当時、輸送制限を設けるほど混雑していた。1日32往復化も検討されていた。
青函連絡船が運んでいたもの・・・旅客もだが・・・貨物列車を丸ごと積んでいたのだ。

124 :NASAしさん:03/11/20 22:09
海上を自走する鉄橋みたいなもんです。

125 :NASAしさん:03/11/20 22:15
>>124
言い得て妙だ。

126 :NASAしさん:03/11/20 22:42
青函連絡船の模型売ってるのかなぁ・・・

127 :NASAしさん:03/11/20 23:05
函館桟橋第1乗船口に「津軽海峡」の図があって、
小さな木製の連絡船模型が函館と青森の位置に貼り付けてありました。
あれすごく欲しかったです。
自分で作ろうとしましたが、できばえがよくなかったです。

128 :123:03/11/21 08:50
>>123
1日30往復→1日30便
1日32往復化→1日32運航化

謹んで訂正いたします。申し訳ありません。


129 :NASAしさん:03/11/21 12:19
>>126
ここから何種類か出てますよ(津軽丸型、洞爺丸型)

えっちttp://www3.ocn.ne.jp/~konishi/



130 :  :03/11/21 22:03
>>126
後はこことか。

ttp://www.ainosato.com/bang/

131 :NASAしさん:03/11/21 22:38
いきなり生産中止とな!?

132 :NASAしさん:03/11/21 23:38
>>130
そこの渡島丸形カコイイ!
2隻欲しいぞ。
1隻は改造客載車両渡船に改造してやる〜!

133 :NASAしさん:03/11/24 22:37
>>114
羊蹄丸 、おととい見てきた。
前後の煙突、船橋甲板、及びその下のグリーン船室のある甲板までオリジナル塗装になっていた。
いい感じだったよ。来月初頭には塗り終わりそう。

134 :NASAしさん:03/11/25 22:20
>>133
まだ信じられん。

135 :NASAしさん:03/11/25 23:08
>>134
そんな貴方に↓
ttp://station.catorea.ne.jp/modelers/JNR/yotei/yotei_paint.htm

136 :NASAしさん:03/11/25 23:18
>>135
すげー!
感激だ。
「東京」だよ。

137 :NASAしさん:03/11/25 23:35
>>136
船籍港の表記は船の科学館に移ってからずっと「東京」だったんじゃない?

138 :136:03/11/25 23:49
>>137
言葉が足らなかった。
感動だべ。「JNR・東京」だよ!

139 :NASAしさん:03/11/25 23:55
夏のリバイバル運航を思い出しちゃった…

最終日、俺は十和田丸に乗ってた。

140 :NASAしさん:03/11/26 00:01
全部塗り終わるまでまだ安心はできない

141 :134:03/11/26 23:06
>>135
その写真だって作り物かも知れない。
実物を見るまで信じないよ。
船の科学館には騙されてがっかりさせられた記憶はまだ古くないからね。

142 :  :03/11/26 23:20
>>141
具体的にどう騙されたの?

別に興味ないけど。

143 :NASAしさん:03/11/27 08:38
>>142
羊蹄丸が船の科学館に来る前にやった青函連絡船写真展で、
科学館側が「羊蹄丸は展示時までに元の色に戻す」と公式発表していたのだが。
でも色は戻ることなくで展示になったって事かな?

144 :NASAしさん:03/11/27 20:00
そのときの連絡船ファンのショックはそうとうなものだったんだ・・・

145 :東京在住 ◆utUwhjJ7Tk :03/11/27 21:09
>>143-144
その前に、船の科学館が買い取った時に、
「現役当時のまま」保存とか言っていたのに・・・

世界都市博で公開予定→延期(後に博覧会その物が中止)→公開予定の目途がたたない
→政府に目を付けられジェノバ海洋博で日本政府館としてパビリオンとなる(当然、大改装)
→帰国後、整備して船の科学館で展示(塗装はもどらず・・・)

こんな経緯でしたよね?
間違っていたらフォローよろしくお願いします。

146 :NASAしさん:03/11/27 21:55
年越しイベントとかはあるの?

147 :NASAしさん:03/11/27 21:59
羊蹄丸ファンネルのJNRマークは最高!
八甲田丸や摩周丸の単なるペイントマークじゃ、今ひとつ本物らしくない(ゴメン)。
羊蹄丸の船籍港が東京であることも、オリジナルそのものが引き立ってラッキー♪

148 :NASAしさん:03/11/27 22:32
今回の公式発表は‘塗装を変える‘だ
オリジナル塗装に戻すという発表はない

149 :青森市出身:03/11/27 22:53
>>147
>八甲田丸や摩周丸の単なるペイントマークじゃ、今ひとつ本物らしくない

八甲田丸や摩周丸は昔からペイントだったような。。?気のせい?

150 :NASAしさん:03/11/27 22:58
疑心暗鬼age

151 :NASAしさん:03/11/27 23:19
>>149
航路で現役だった時は、連絡船全船、JNRマークは薄鋼板を切り抜いて製作されたものだったよ。

152 :NASAしさん:03/11/28 08:32
>>145
ジェノバに行った時に取り返しがつかないほどの大改装をされちゃったんだよね。
隣の「宗谷」がほぼ原形を保っているのに、羊蹄丸があんな変わっているなんて辛い。
例え色が戻っても中身があのままなのだからやっぱ見に行かないと思う。

153 :NASAしさん:03/11/28 16:38
全然青函じゃないんだけど、
どなたか連絡船先進国、デンマークの鉄道連絡船のサイトご存知ですか?

154 :NASAしさん:03/11/28 21:59
写真がうpされても信用されないなんて、連絡船ファンの笹川記念館に対する不信感は相当なものなんだな。

155 :  :03/11/28 22:53
>>146
12月31日23時から1月1日午前1時まで
「摩周丸からおめでとう!〜汽笛が告げる2004年〜」
という年越しイベントが開催される予定です。

青森、お台場の情報キボンヌ

156 :NASAしさん:03/11/30 21:54
ホントにそんなイベントやんの?

157 :NASAしさん:03/11/30 22:19
摩周丸では何年か前から年越しイベントやってたような記憶があるなあ。

158 :  :03/11/30 23:31
>>156
まったく…疑り深いなぁ。

これだから年寄りは頑固でいけん。

159 :NASAしさん:03/11/30 23:58
>154
だってうpされてる画像れたっちなんだもん
本物は塗装変わってないじゃん

160 :NASAしさん:03/12/01 00:22
>>159
鉄ヲタには「ウソ電」なんていうのも流行っているからな。
あの技術をもってすればお台場の羊蹄丸の国鉄塗装化なんて朝飯前だろう。

161 :NASAしさん:03/12/01 21:26
>>160

余談だが、証拠写真はデジカメEメールではなくポラロイドで撮って郵送でよこせ、と言われたことある。(w

162 :NASAしさん:03/12/01 21:59
>>159-160

粘着するなよ。
「れたっち」とか「あの技術」、「朝飯前」とか厨丸出し。

>>148
発表では「青函連絡船“羊蹄丸”を往時の塗装に復元!」になっていますがなにか?

163 :NASAしさん:03/12/01 22:58
>>162
とはいうけど「船の科学館」は羊蹄丸船体塗装に関しては前科一犯だから
信用されないという事実は理解してやってやれ。
あんたも前にウソ言った人間を簡単には信用せんだろ?

「船の科学館」は羊蹄丸が来るときにも同じ発表をしつつも、結果はああなった
という前科持ち。その「船の科学館」が同じ発表をすれば信用されないのは当然。

164 :NASAしさん:03/12/01 23:09
>>163
すげー粘着(w
ネット上に多数存在する報告者も笹川財団の一味だとでも?

165 :NASAしさん:03/12/02 00:28
>>163
ファンネルも「れたっち」でつか?。


166 :  :03/12/02 00:34
>>164
これだけの粘着じゃなきゃ15年前に無くなった連絡船について
熱く語れるわけがないだろう。

167 :NASAしさん:03/12/02 00:42
ぁーぁ、こいつマターリと粘着の区別も出来ずに切れちゃったよ・・・。

168 :NASAしさん:03/12/02 01:00
暑すぎるのもいかがなものか

169 :NASAしさん:03/12/02 01:41
12月だというのに熱いもんだな。

170 :NASAしさん:03/12/02 10:53
>>163
そんなに信用できないならお台場行って見てくりゃいいじゃん。

俺はここ1ヶ月ほど、毎週見に行ってるよ。

171 :NASAしさん:03/12/02 15:38
>>170
てゆーか見に行ってない香具師とか、見に行けない事情がある香具師が
信用していないんだろ?
青函連絡船ファンは全員お台場へ気軽に行ける人間じゃないんだから。
北海道や九州の人間もいるかも知れないぞ。

172 :NASAしさん:03/12/02 16:15
>>171
田舎者は東京人の証言を信じてりゃいいんだよ。

信じられないなら上京して自分の目で確認すればいい。

173 :田舎者:03/12/02 17:43
>>172
言われなくても見に行くよ、正月にでも。
それまでは信じられないって話をしているの。
特にお前さんみたいな東京人の印象を自ら悪くしてる自称東京人の言う事は信じられないからね。

174 :東京在住 ◆utUwhjJ7Tk :03/12/02 19:07
おまいら、もちつけ!
>>143,>>145等の通り(だと思う)の経緯で、不信感を抱いているのは十分過ぎるほど解る。
現に船の科学館のHPもな〜トピックスではなく、イベント情報に載せているくらいだし・・・
ttp://www.funenokagakukan.or.jp/moms/event/event.cgi?ACTION=detail_no&select=1069561698013425

俺が容易に青森や函館、長崎に行けないくて、イベントがあっても指を銜えているしかないのと同じ気分なのかも知れませんね。
とりあえず、塗装変更中の洋蹄丸を見守りましょうよ。
塗り終えたら、俺も写真取って来ますから!

175 :NASAしさん:03/12/02 21:54
>>174
おまいもファンの端くれなら一番大事なシップの名前を間違うな!

176 :東京在住 ◆utUwhjJ7Tk :03/12/02 22:31
>>175
ホントだ・・・
お詫びに
ペットボトルに入った灯油持って船の科学姦に自爆テ(以下、自主規制

177 :NASAしさん:03/12/02 22:33
通報!

178 :NASAしさん:03/12/03 10:02
何か一部の人間のせいで、糞スレと化したな

179 :NASAしさん:03/12/03 12:55
前スレと雰囲気が全然違う・・・・・・

180 :NASAしさん:03/12/03 13:59
>>179
何にも信用できない君の功績だね!!
スレの雰囲気を一変させてくれた彼に感謝!!

181 :NASAしさん:03/12/03 16:52
てか、たかだか塗装の話で急に荒れるとはねえ。

182 :NASAしさん:03/12/03 17:01
今日、ゆりかもめから羊蹄丸見たら、船体上部のクリーム色を元の白に塗り戻していたよ!

183 :NASAしさん:03/12/03 19:09
この時期、連絡船はほぼ毎日のように時化の中を走っていたけど・・・

184 :  :03/12/03 22:29
このスレはほぼ毎日のように時化てるね。

185 :NASAしさん:03/12/03 22:53
青函連絡船のプラモデルが欲しい

186 :NASAしさん:03/12/04 00:05
荒れてきたらテケミだ

187 :NASAしさん:03/12/04 01:18
>>186
またそういうヲタ発言を!
ところでテケミは連絡船だけの用語なのかい?

188 :NASAしさん:03/12/04 01:19
シメラマシ

189 :NASAしさん:03/12/04 21:44
ここで1日何回か、青函連絡船の動画やってます。

ttp://www.bbhokkaido.tv/


190 :船長に浣腸:03/12/04 23:32
>>189
23:00からの回を見た。

ヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・


191 :NASAしさん:03/12/05 19:33
>>189
今しがた見てた。なんか感動しちゃった・・・・・・

192 :NASAしさん:03/12/05 19:42
ベージュ色になったとこ、また白に戻ったね<羊蹄丸

193 :  :03/12/05 21:48
>>192
雨で流れたんだろ。

194 :NASAしさん:03/12/09 17:31
初代大雪丸。津軽丸型より長く活躍したんだな・・。

http://www.faktaomfartyg.crosswinds.net/taisetsu_maru_1948.htm

195 :NASAしさん:03/12/09 23:09
>>194

ほとんど奇跡に近い存在。
何せ僚船の洞爺丸とあの台風の嵐の夜を共にして、這々の体ながらも生き残った末の、↑に紹介の通りの後の活躍だから。

196 :おk:03/12/09 23:09
http://profiles.yahoo.co.jp/moekosanjp

197 :NASAしさん:03/12/09 23:10
http://www.mxtv.co.jp/romance/index.html


198 :東京在住 ◆utUwhjJ7Tk :03/12/11 07:50
オークションにバンモデの大雪丸が出てますね、
私は津軽丸と羊蹄丸を持っていますが、まだ作っていない・・・

199 :NASAしさん:03/12/14 01:03
羊蹄丸の塗装、だいぶ進んだみたいね。やっぱり元の色は似合うね〜。

200 :NASAしさん:03/12/14 02:05
>>173は見に来なくていいからね

201 :NASAしさん:03/12/15 19:44
右舷側はほぼ塗り終わってるね。
今来ると不審船も見れるよ。

202 :NASAしさん:03/12/15 20:39
>>201
おととい見てきた。年内に塗り終わるそうだ(4本線の人の談)。

羊蹄丸ってサビサビの姿しか記憶になくて、あのクリームとエンジ色のカラーリングに
いい印象が無かったんだけど、結構いい色だね。

203 :NASAしさん:03/12/15 20:45
>>202
夏はきれいな色がいいけれど、
冬の「吹雪」・「黒い海」には錆だらけの船体も旅愁があった。

204 :NASAしさん:03/12/16 22:19
ttp://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/76/cho-76-20/c13/cho-76-20_c13_3.jpg

有川にいるのは十和田丸と…渡島丸形がわからない。

205 :NASAしさん:03/12/16 22:35
>>204
渡島丸型の内の3隻、渡島丸・日高丸・十勝丸は船体色とファンネルの鉢巻が橙色です。
3隻の各船、塗色の違う箇所は、後部煙突マストの塗り分けで、内部色を除外した外部色は、
渡島丸=下半分:銀、上半分:暗灰
日高丸=下半分:銀、上半分:乳白
十勝丸=下半分:銀、上半分:橙
これからいくと、十勝丸ではなさそう。渡島丸か日高丸のどちらかと思われます。

206 :NASAしさん:03/12/17 09:19
>>204
ここの函館駅周辺の写真を見ると、桟橋に津軽丸形がいるよね。
船楼甲板に自動車が満載されているように見える。

207 :NASAしさん:03/12/17 23:29
>>204
津軽丸型は十和田丸ですね。
渡島丸型は、おそらく日高丸でしょう。

>>206
航空写真に写っている連絡船桟橋は、貨車航送専用の国鉄有川桟橋です。
函館駅や函館桟橋は、残念ながら写っていません。
自動車12台積みの姿で、12台航送はS47・7・1〜実施でした。(それ以前は8台)

208 :NASAしさん:03/12/17 23:50
>>207
そうじゃなくて、>>206は同じサイトの別写真の事を言ってるんじゃないか?

209 :NASAしさん:03/12/18 08:56
朝日新聞報道によると、羊蹄丸塗り替え完了は26日らしい。

210 :NASAしさん:03/12/18 09:25
>>209
ありゃ!羊蹄丸の塗装1日でジェノバ塗装に戻ったのか?
一昨日見に行ったときは国鉄塗装に戻って、工事の人も
いなかったんだが、今日の朝日新聞社会面の「青鉛筆」を
見るとジェノバ塗装に逆戻りしてる・・・・

211 :NASAしさん:03/12/18 15:49
http://www.asahi.com/national/update/1218/017.html
この画像は塗り替え作業前なのかね。紛らわしいが。

212 :207:03/12/18 21:32
>>206
>>208

失礼しました。
函館桟橋の津軽丸型連絡船、どうも大雪丸か摩周丸のどちらかみたいですね。

213 :NASAしさん:03/12/20 22:17
>>204紹介の航空写真で、函館ドックが写っている別写真には、初代の檜山丸&空知丸が
枕を並べたように、函館ドック岸壁に係留されている様子が写っていた。その沖合には、
これまた初代の砕氷巡視船宗谷と思われる船影が写っている。
見ていて飽きないですね(w

214 :東京在住 ◆utUwhjJ7Tk :03/12/22 09:10
昨日の読売新聞の江東版にも羊蹄丸の塗り替えの記事が載っていますた。

215 :NASAしさん:03/12/26 00:05
今日、用事があってお台場へ行ったついでに羊蹄丸を見た。
舳先の塗り分けラインが高すぎるような気がしたのは俺だけか?

216 :NASAしさん:03/12/26 00:18
あれが正しい。
今までが低すぎた。

217 :NASAしさん:03/12/26 07:12
>>216
というか、軽いだけ。

218 :215:03/12/26 08:30
>>216
そうでなくて、現役時代の塗装と比べてってこと。
錨が入っている凹みの上の赤の面積が広すぎるように見えただけ。
でも現役時代の羊蹄丸の写真を見ると、船名表示との位置関係はあれでよさそうなんで
俺の勘違いだと思う。

219 :NASAしさん:03/12/26 17:11
塗装指示は古川達郎氏がじきじきになさって、就航時にしたとのこと。
ペットマークは当時はなかったし、船尾のフェリー甲板もなかったのは
目をつぶるってこと?


220 :船長に浣腸:03/12/26 21:22
>>219
そういうことだ。
ていうか、終航時に戻すのは塗装だけ。
マークやフェリー甲板のことまで言ってたら
それこそ内部も全部現役当時に戻さなくちゃならないだろ。

船室に関しては摩周丸でほとんど現役当時のまま放置されてるが
一向に一般開放する気配はないらしい。。

221 :船長に浣腸:03/12/26 21:23
終航時→就航時

222 :  :03/12/29 04:33
羊蹄丸復元塗装完了記念 age

223 :NASAしさん:03/12/29 13:43
やっぱりオリジナルカラーは良いね。
羊蹄丸は、一時塗り替えられた白色が下地になったのが、鮮やかな仕上がりに幸いしたのかも。

224 :NASAしさん:03/12/30 11:52
そして2、3年もすれば錆が浮いてきて程よい感じに♪

225 :NASAしさん:03/12/31 18:06
>>220
アスベスト剥き出しなので期間限定でも公開はできないらしい。

226 :NASAしさん:03/12/31 23:23
>>225
指摘の通りアスベストが船内活用の妨げで、除去費用に数億円かかるって聞いた。

227 :東京在住 ◆utUwhjJ7Tk :03/12/31 23:55
ゆく年くる年に摩周丸が出てたね。
>>225-226
そのおかげで(?)現在は資材置き場らしいですね、普通船室

228 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

229 :NASAしさん:04/01/09 18:52


230 :NASAしさん:04/01/11 20:04
3月頃に、函館駅2Fで青函連絡船の写真展が開催されるらしい。

231 :NASAしさん:04/01/11 20:59
ほう

232 :NASAしさん:04/01/11 21:16
羊蹄丸の塗装復元の件だけど、復元するのに(特にファンネルでJNRマークを使用するのに)どこからか許可とったんですか?

233 :NASAしさん:04/01/11 22:23
>>232
バカ?

234 :  :04/01/12 10:51
>>233
きっと未だに国鉄があると思ってるんだろう。

時代に取り残された人なんだよ。バカと言っちゃ可哀想だろ(w

235 :NASAしさん:04/01/12 13:09
性感連絡線

236 :NASAしさん:04/01/12 13:14
>>234
法人がなくなると、そこが保有していた著作権も消滅するのか?

237 :NASAしさん:04/01/12 13:40
>>236
著作権(藁。ロゴマークは別の仕組みで保護されているわけですが・・・
何かは教えない。

238 :NASAしさん:04/01/12 13:48
>>237
何でも良いのですが、法人が無くなると権利も消滅する訳?
国鉄の場合清算事業団が継承するのではないの?

239 :NASAしさん:04/01/12 13:49
>>236
さらなるバカ登場!

240 :NASAしさん:04/01/12 13:53
>>239
ロゴマークも著作物と判断される場合もあるのだが・・・
もしかして、バカ?

241 :NASAしさん:04/01/12 13:56
>>238
清算事業団って…

242 :NASAしさん:04/01/12 14:01
>>241
債務債権の類は国鉄→清算事業団→鉄建公団と継承されていますが、何か?

243 :NASAしさん:04/01/12 14:03
なくなった法人だからと言って、勝手にロゴの類を使用できると考えている方が
ナイーブ(言い方変えればアフォ)じゃないか?

244 :NASAしさん:04/01/12 14:15
>>234
とりあえず、一番のバカはこいつだな(w

245 :NASAしさん:04/01/12 14:20
ロゴマークは著作権(Copyright)というよりは商標権(Trade Mark)または商号権(Trade Name)では?

246 :NASAしさん:04/01/12 14:26
>>245
そのとおり。普通は商標権で保護するのが一般的な考え方。
ただ、デザイン性が認められる場合は著作権でも保護される。
言うまでもないことですが、著作権には登録は不要です。
JNRマークが商標登録されているかは不明ですが、単なる
フォントの組み合わせではないデザインから考えて、著作権が
存在すると考えられるかもしれません。

247 :NASAしさん:04/01/12 14:33
いずれにせよ、JNRマークは法的に保護されていると考えるのが
妥当な訳ですね。>>233>>234>>239は逝ってよ〜し

248 :NASAしさん:04/01/12 18:31
>>247
っていうか、誰が権利を行使するのか(行使する意思があるのか)というのが問題でしょ。

249 :NASAしさん:04/01/12 19:09
>>246
登録されてるかどうか確認してから妄想垂れ流せよバカ

250 :NASAしさん:04/01/12 22:16
JNRマークなら、元青函連絡船の保存船3隻以外にも、
国鉄型鉄道車両の最近はやりの「リバイバル○○」とかにも
貼ったりして使われているね。結構各地で使われているよ。

251 :NASAしさん:04/01/13 00:37
>248
権利を行使する意思に関わらず、権利というのは存在します。
権利フリーと明記されていない限り、許可を取るのが普通では?

>249
著作権は登録不要なんだか、もしかしてバカ?

252 :NASAしさん:04/01/13 07:25
>>251
商標のこと言ってるんだろ。
そういえば、「著作権登録します」とかいうインチキ団体がいたな。

253 :  :04/01/13 07:42
どうしてこうバカが沸いて出てくるのだろう…

254 :NASAしさん:04/01/13 10:45
>>232の質問はもっともだろ。
無くなった公社のロゴを勝手に使って良いと発想する>233、>234はバカだろ。

255 :NASAしさん:04/01/14 03:02
>>254
無くなった公社だからこそ勝手に使って誰が咎めるというのだろうか?

とも発想できる罠。


256 :NASAしさん:04/01/14 05:51
商標も資産の一部と考えれば、JNRの資産を引き継いだJRが咎めないとでもいうのだろうか?

とも発想できる罠。

257 :NASAしさん:04/01/14 07:40
だから登録の有無を調べてみなよ(w

258 :NASAしさん:04/01/14 09:33
あーもーどっちもいい加減にしろ。ウザいよ。
特許庁んとこで検索してみたけど、確かに「JNR」という商標は見つからんな。

ttp://www1.ipdl.jpo.go.jp/syutsugan/TM_SEARCH_A.cgi

259 :NASAしさん:04/01/14 12:41
なくなった公社のロゴを無断で使用して、もしJRが異を唱えたら
「じゃあアナタがたは国鉄とイコールと考えてよろしいか?1047
人に対する使用者責任を問いますよ」
という戦術をそのテの支援団体が考え出した。
結果、当たり前とは思うもののJR側は黙殺。蒸し返されるのが
イヤだろうから、国鉄関係は誰が勝手に使用しても何の沙汰も
ないと思う。

260 :NASAしさん:04/01/14 12:43
>>251
JNRマークの権利の所在については、分割民営時に語り尽くされたと思ってたんだが…
>>251は、どこに許可を取るべきだと思ったの?

国鉄時代のヘッドマークの権利の問題なんかも有名だね。

261 :NASAしさん:04/01/14 21:59
商標登録されていないから無断使用オーケーというのは、
あまりに危険すぎる考えだよな。著作権の無効は使用者側が
立証しないといけない訳だし、それなら許諾を得るほうが
よっぽど安全と考えるのが、まっとうな社会人だと思うよ。

>>260
語り尽くされても結論がでないのが2chだからな。


262 :NASAしさん:04/01/14 22:08
このスレのひとは新宿などの大きな駅で自動改札強行突破が横行し不正乗車が横行してることをどう思いますか。
コスト削減のため不正を容認することを正しいことと思いますか。
また、すべての不正乗車をつかまえるのに不正乗車による損失よりも多い経費をかけることを正しいと思いますか。

263 :NASAしさん:04/01/14 22:15
>>261
で、どこに許諾を求めるべきだと思うのですか?

264 :NASAしさん:04/01/14 22:35
>>263
もしうちの会社でJNRロゴを使うことになったら、
JR各社か国鉄清算事業本部にまず問い合わせてみるな

265 :NASAしさん:04/01/14 22:37
>263
どこにも許諾を求める必要は無いと思うのですか?

266 :NASAしさん:04/01/14 22:38
新宿に限らず横浜渋谷宇都宮・・・
JRってそんな会社

267 :NASAしさん:04/01/14 22:42
>>260
>JNRマークの権利の所在については、分割民営時に語り尽くされたと思ってたんだが…
どこで語りつくされたのか、すごく気になる。

>>261
さすがに、分割民営化の時には2chは無かっただろうよ。


268 :NASAしさん:04/01/14 22:42
で、このスレ何のスレ?


269 :NASAしさん:04/01/14 22:44
現実を新宿西口左端で見なさいってこった。
JR利益にならないことはしないのだ。

270 :NASAしさん:04/01/14 22:57
JRってのは私企業の利益にならんことはしないってことで
以下通常のスレの戻れ

271 :NASAしさん:04/01/17 20:16
標権や著作権や肖像権がどれだけの富をうんでいるのか知らないのか?

272 :NASAしさん:04/01/17 20:38
国鉄の扱いに関してJRはそれどころでない後ろめたいことをしてるんでそれに触れられたくないわけ。

273 :NASAしさん:04/01/17 21:13
とりあえず、>233、>234がバカというのは決定ですね。

274 :NASAしさん:04/01/17 23:38
そろそろ隔離スレ作りましょうか?

275 :NASAしさん:04/01/17 23:52
>>274
このスレ自体が気の向いた時だけ浮き上がる
一種の隔離スレみたいなもんだがねえ・・・

276 :NASAしさん:04/01/18 00:18
前スレとは雰囲気かなり違うな。。。

277 :NASAしさん:04/01/18 01:04
あれ?
JNRマークも逆三角形の特急マークも、国鉄は正式な商標等としての採用はしていないはずだが。
これらのマークは車体塗装の一部と同等の扱いになっていたはずだが。
JNRマーク使用に問題があるなら、それ以上に逆三角形特急マーク(一般公募で決まった)も問題だし、
JR車両が国鉄時代の塗装そのものを引き継いで使う事も問題になるはずだし、国鉄関係団体以外が
国鉄時代の車両を国鉄時代の塗装のままで保存するのも問題になるぞ。
(公園のSLも色を変えろって事になるぞ)

151系「こだま」開発時の資料を見るとその辺りの扱いが明記されている。

278 :NASAしさん:04/01/18 01:13
完全にスレ違いだが、寝台特急の「流れ星」のマーク、あれも国鉄時代からだと思うが、意匠権はどうなっているのかな?

279 :NASAしさん:04/01/18 01:44
>277
じゃあ、国鉄時代のマークを入れた商品を勝手に使って商売しても良いわけか?

> 151系「こだま」開発時の資料を見るとその辺りの扱いが明記されている。
その資料に、当時の国鉄が商標登録をしないだけでなく、今後著作権も
主張しないと書かれているのか?

280 :  :04/01/18 01:48
>>232-278
いい加減スレ違いの話は止めてくれ。
ここはそんな話をする場所じゃない。

貴様らこのスレから出て行け。

281 :NASAしさん:04/01/18 02:34
>>277
外部の1色の塗装とロゴマークの話を一緒には出来まい。

> (公園のSLも色を変えろって事になるぞ)
世の中の黒塗りの車両は一切ダメになる(w

それから、国鉄からJRへの車輌の譲渡については、
譲渡元がその塗装で渡しているので、現物に限り
その塗装の使用を黙認していると解釈することが出来る。
例えば飛脚のマークのままの中古トラックが外国で走っている
のと同じ理屈。飛脚は商標登録だが、著作権の場合も
同じことになる。

282 :NASAしさん:04/01/18 09:10
>>277
これが正解。
国鉄はJNRマーク等を一切商標登録していない。
>>271はそのへんの事情を全く知らないガキだな。

283 :NASAしさん:04/01/18 09:21
>>281
>飛脚は商標登録だが、著作権の場合も同じことになる。

バカ?

284 :NASAしさん:04/01/18 10:36
>>282
権利は与えられるものではなく自分から勝ち取っていくものだ
著作権だって、野球のFA権や逆指名権だって人類誕生の時からあったのではない
それを目指して戦ってきた人達がいるからこそいまがあるんだよ

鉄道だってそうあるべきだ

285 :NASAしさん:04/01/18 10:40
>>284
で?

別に君の独り言に興味はないんだけど。

286 :NASAしさん:04/01/18 10:44
>>285
鉄道も権利を確立するべき

287 :NASAしさん:04/01/18 10:46
>>283
分かりやすいと思うけど、それでも分かんないだね。

>>284
そうかも知れんが、現在の法律では著作権は
戦いもせず、登録もせずに作者に与えられる権利、
ということになっています。

288 :NASAしさん:04/01/18 10:48
>>286
それを旧国鉄の経営陣に言ってやれよ(w

289 :NASAしさん:04/01/18 10:49
>>287
「飛脚は商標登録だけど」ってところにツッコんでるんだろ。

290 :NASAしさん:04/01/18 11:14
>>288
鉄道がもっと権利を主張できてたら鉄ヲタももっと前向きに生きれたよね
鉄道が抑圧されているから鉄ヲタも抑圧されておかしな方向に走っちゃう

291 :NASAしさん:04/01/18 11:16
>>289
飛脚は商標登録されてないんだ。勉強になったよ

292 :NASAしさん:04/01/18 11:19
>>291
バカ?

293 :NASAしさん:04/01/18 11:50
バカが集うスレはここですね。

294 :NASAしさん:04/01/18 13:49
> バカ?

以外言えないバカがいるな(w

295 :NASAしさん:04/01/19 00:51
>>277にある通り、国鉄はJNRマークを国鉄の公式な標章として採用していない。
何処にも届け出や登録をしていない。部内用に寸法を決めてあっただけ。当時の国鉄は正式標章として新しいマークを
採用した場合に生じる社章変更・商標登録等の届け出が厄介などの理由でJNRマークを正式な社章や商標としなかった。
これは特急列車の逆三角形マークも同じ。

もし仮にJNRマークが商標などの届け出をしてあったとしても、津軽丸形煙突の物は縦横比の比率等形状が違うため
商標として有効ではなく、「JNRマークに似たもの」でしかない。商標などで権利が発生する物なら簡単に形状を変える
事は出来ないのだ。
逆に煙突の形状に合わせて簡単に縦横比などを変えても問題がないほど立場が曖昧な標章でしかなかったのである。

国鉄が標章(社章)として正式採用し、関係機関に届け出していたのは「工」マークと動輪マークのみ。
もしも仮に、洞爺丸形が生き残っていてそれを原型復元するとなれば「工」マーク使用で問題が出る可能性はあるだろう。


>>279
国鉄時代のマークを勝手に入れた商品が、国鉄の承認なしに勝手に売られていた例は既に国鉄時代からある。
代表例は鉄道模型である。大手玩具メーカーによるNゲージ以外では国鉄車両の模型製品化について、国鉄の承認
なしに製造・販売されていた例は数多くある。無論その中に特急車両も含まれていた。


以上でこの議論を終了したいのだが。

296 :NASAしさん:04/01/19 21:57
>>295

了解。

297 :262:04/01/19 22:50
それでもやっぱり著作権があるJNRマークを無断で使用するのは、
自動改札を強行突破するのと同じでよくないことだとおもう。
しかしこれはJNRマークをないがしろにしていた国鉄経営陣にも責任があると思う。

JR各社はいまからでも遅くないので共同でJNRマークを登録商標すべきだ。

298 :NASAしさん:04/01/19 23:18
>>295
承知。

299 :NASAしさん:04/01/19 23:36
やっぱりバカじゃん…

300 :投票をお待ちしています:04/01/19 23:53
航空船舶板 強制ID導入 議論&投票スレッド
http://qb2.2ch.net/test/read.cgi/sakud/1074226369/l50

航空船舶板ID制導入の提案理由
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/space/1051806750/973-978

投票以外の議論は自治スレへ
http://qb2.2ch.net/test/read.cgi/sakud/1043917671/l50


301 :NASAしさん:04/01/20 00:01
>>297
 ぜひJR各社にはそれをオススメします。
 そしたら漏れなく国鉄解体時のクビ切り要員の雇用保証
義務が付いてまいりますw

302 :NASAしさん:04/01/20 00:28
>>297
もう一度>>295を読んでくれ。
国鉄がJNRマークを社章としての登録や商標登録してあったとしても、津軽丸形煙突に描かれているものは
本来のJNRマークと比較すると、縦横比というマークとして一番重要な形状が違うから「JNRマークに似たもの」
でしかなく、それはJNRマークとして認められないんだよ。
商標っていうのは形状の細部まで縦横比や曲線比率を決めないと登録できないんだからね。
だから貴方の主張通りJRがJNRマークを商標登録したとしても、保存されている津軽丸形煙突のものは商標使用
の対象外になる。

国鉄幹部の責任については筋違いだ。これ以上はスレ違いになるので割愛するが、JNRマーク制定についての
経緯を調べればそれはすぐ分かる事だ。

津軽丸形以外のJNRマークについてこれ以上語りたいなら、申し訳ないが鉄道総合板にスレを建てて論議してくれ。
青函連絡船スレとしてこの場で語るべきJNRマーク論争について、>>295で結論が出たとするべきだろう。

303 :NASAしさん:04/01/20 03:25
じゃ、この話題はこれで終わり。


このスレって何のスレだっけ...(´З`)?

304 :NASAしさん:04/01/20 04:29
そもそも、JR青函航路は廃止する必要があったのかな・・?
存続(共存)させても利用客は多かったはず。


305 :NASAしさん:04/01/20 08:08
>>304
バカ?

306 :NASAしさん:04/01/20 09:03
>>304
最大の積み荷である貨物列車が青函トンネルに完全移行したら
残されたのは1便あたり数えきれる程度しか乗ってない旅客だけだよ。
そんなんで青函トンネルと並行でやっていけたと思う?

ま、危険物輸送貨物列車専用に残すって話もあったんだけど。

307 :NASAしさん:04/01/20 09:12
じゃあ、株式会社JNRでもつくって、あのロゴを登録してしまっても良い訳か・・・

308 :NASAしさん:04/01/20 21:34
VHSテープに「懐かしの青函連絡船」「青函の詩」の2作を詰め込んだ
ダビングテープを販売します!激安ですので是非入札どうぞ!
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f15506038




オークションガイドライン違反報告フォーム
http://auctions.yahoo.co.jp/html/check.html

309 :NASAしさん:04/01/26 20:47
今日羊蹄丸見てきた。感動した。

310 :NASAしさん:04/01/26 22:29
>>309
連絡船バカ?

311 :NASAしさん:04/01/26 23:37
>>310
バカにすんなよ。大目に見れ。

312 :NASAしさん:04/01/27 08:37
煽り耐性なさ過ぎ

313 :NASAしさん:04/01/27 17:11
>>312
そういうお前が一番のバカだろ

314 :NASAしさん:04/01/27 17:36
>>306
危険物は青函フェリーに委託輸送してるね。

315 :NASAしさん:04/01/27 21:27
大学時代の権利関係についてのレポート作成の時、他のテーマに関心を持っている奴は生き生きと「権利」を主張できるのに鉄道ヲタの俺だけ権利を主張できず愕然としていたのを思い出したよ
もうこんなことは許されない
権利は勝ち取るものなんだから


>>302
アイドルのグッズに「似ている」ものを販売していた人は逮捕されましたよ

316 :NASAしさん:04/01/27 21:39
>>315
その権利を勝ち取るのは第三者であるヲタのお前じゃねえぞ

317 :NASAしさん:04/01/27 21:41
>>316
知ってるよ
ファンとして、応援対象には報われて欲しい


318 :コメンター:04/01/27 21:46
>>315
やっぱりバカじゃん。

権利者に意識が無いだけだろ。

もう消えてくれ。

319 :NASAしさん:04/01/27 21:59
権利者は意識を持て

320 :NASAしさん:04/01/27 22:25
やっぱり悪い前例を作らないためにもJRはJNRマークを共有の知的財産権として
登録商標すべきだよ。

あのマークが車体のデザインの一部でしかないなんて絶対なっとくできない。
これは自動改札を強行突破するのと同じでことだ。

321 :NASAしさん:04/01/27 22:51
じゃ、この話題はこれで終わり。


このスレって何のスレだっけ...(´З`)?

322 :262:04/01/27 23:52
すいません。
>>320の書きこみは僕です。

323 :NASAしさん:04/02/01 22:58
昨日、世界の艦船を見てビックリして(思わずオオゥって唸ったよ)
久しぶりに、ここに来たら・・・荒れ放題じゃん

でも、何はともあれ元の塗装に戻って良かった>羊蹄丸

324 :  :04/02/08 13:41
たまには保守。

でも上げない。

325 :NASAしさん:04/02/11 04:03
函館で摩周丸に再会。昔からの疑問だが、宇高と青函の
この大きさの違いはなんだ。


326 :NASAしさん:04/02/11 10:11
>>325
距離と需要。宇高は短距離ゆえ中型船で頻発が可能。
大型船だったらフリークエンシーがえらい下がったと思われ。

外洋・内海で装備もだいぶ違うとも思われるが。

327 :NASAしさん:04/02/11 17:16
しかし、今の青函航路は東日本の一部を除いて宇高連絡船より小さい船しか残ってない罠。
やっぱり需要が少なくなってるね。

328 :NASAしさん:04/02/11 17:21
>>327
そりゃ、羽田−札幌線の飛行機の便数、トンネルくぐる貨物列車の本数(結構多い)、
快速「海峡」の廃止を考えれば航路の現状は納得だ罠。

航送の需要は大きかったのだと改めて認識。
(旅客は繁忙期を除き、ガラガラだったことが多いな。末期は)

329 :325:04/02/13 03:18
326-328>
空路が運行停止中に「函館→青森フェリー」を使った。
函館の乗り場は良かったけど、青森はさびれてた。
昔の幹線航路とは思えないくらいにヒドかったYO・・。
JR驛からフェリーの連絡バスすら出てなかった。
どんなに赤字でも、市バスは出さないと本当に観光客から見放されるよ!
青森市バスは八戸、新潟、苫小牧、小樽等をみならうべし。
県外旅行者からボッタクルような商法は失敗する。
漏れは東北が大好きだったけど、
ギンガと蒼い杜には二度と乗らない。


330 :NASAしさん:04/02/13 07:49
>>329
航送使わない「ピン」の旅客がフェリーを使うとは思えない。
需要のないところに市バスは要らん。それこそ税金の無駄。
個人の趣向に市が便宜を図る必要はないだろ。

冷たいようだがヲタ的な狭い視野で公共交通機関を見ないほうがいい。
3セクだって、年に1〜2回しか使わない18きっぱーや北斗星利用者
から取らざるを得ないという事情を考えたら?
地元の人間にしてみたら、定期券代が一気に値上げされたんだから。

鉄ネタも入ってるんでsageとく。

331 :NASAしさん:04/02/13 11:15
>>330
同意。
現在津軽海峡に運行されているフェリーは道路の一部と考えた方がいい。
国道や高速道路が橋を架けるる時にわざわざ駅に寄るかと問われたらNOだ。
そこに道路交通以外の需要が発生すれば、バスが運行されるだけだろう。
もし青森駅〜函館駅間に船便を経由した需要が多数あるならば、連絡船廃止時
に連絡バスが出来ていただろう。それが無いという事はこの間のフェリーの
ほぼ全てが道路としての需要であって鉄道が運ぶような需要はほぼゼロと言っても
過言でない。
鉄道での旅行者がどうしてもこのフェリーを使いたいなら、主たる需要外の客で
あると認識の上で乗るべきだ。東北本線3セク問題も同じ。

332 :NASAしさん:04/02/13 14:56
ジェットゆにこんがあったときは連絡バスも出てて鉄道連絡を意識してたらしい。
しかし、鉄道からの利用者はほとんどなかったそうだ。
自家用車重視のフェリーゆにこんも失敗だし旅客輸送自体が厳しいんだろうね。


333 :NASAしさん:04/02/13 19:11
>>332
ゆにこん氓ヘ値段高杉。
ゆにこんは結構誌杉。

旅客があったかどうかの問題は語れない。
だいたい氓フ乗り場は旧桟橋だから、直接鉄道から乗り継ぐ方が不自然だと思われ。

青森は昔から「タクシーでどうぞ」でしょ。

東日本ネタなのでsage

334 :NASAしさん:04/02/13 21:59
>>333
その結果の上で、このような「予想屋」の言葉は虚しいわけだが。
http://www.kojii.net/old/t990804.html

で、現在「ゆにこん」はどこにいるの?

335 :NASAしさん:04/02/13 22:33
>>334
詳しくはあっちのスレで訊いてくれ。

氓ヘ国内で第二の人生を送っているそうだ。
同型船も多いしね。
はどこかのドックにあって未だ売れていないそうだ。
千葉のユニバーサルかな。
特殊な船なので全く買い手なしみたい。
不審船対策に海保と海自が導入した艇の技術的な
見本になったみたい。

で、スレ違いなのでおしまい。

336 :船長に浣腸:04/02/13 22:34
>>334
九州商船のジェットフォイル「ぺがさす2」として
現在は、長崎〜五島(奈良尾、福江)航路に就航中(´ー`)>デス♪


※青函連絡船じゃないけどちょっとした余興として…

337 :NASAしさん:04/02/14 00:19
所詮、旅客専用航路なんて離島の高速艇以外ムリだろう。
青函航路だって観光客が乗るようなものじゃない。

338 :NASAしさん:04/02/14 21:40
青函連絡船だって、晩年のフィーバーが起こる前あたりまでは、主として
貨物列車を対岸に渡すために走っていて、旅客なんてついでに便乗させて
もらっていたような有様だったから。その割には船内食堂や喫茶も営業して
いたのは、さすがに伝統の航路。大したもんだが。
繁忙期以外、乗船客は1便あたり100人前後だったように記憶している。

339 :NASAしさん:04/02/14 21:54
>>330
しかし現状はいくらなんでも交通にお金をつかわな過ぎ
ちょっとぐらい無駄があってもいいと思うけどね

340 :青森市:04/02/14 22:02
>>339
>ちょっとぐらい無駄があってもいいと思うけどね

あんただけ、消費税40%で納税してください。ちょっとの無駄に使います。

341 :NASAしさん:04/02/14 22:06
無駄にかねかけた旅行したいなら太平洋フェリーをはじめ採算度外視のクルーズフェリーか、寝台特急列車がおすすめ。
ここはすでに観光とは無縁の航路だよ。

342 :予言者:04/02/14 23:15
青函航路は残すべきであった。
次は八戸〜函館間がさびれる。

341>おまいは昔の青函を知ってるヤシだな〜・・。


343 :NASAしさん:04/02/15 00:51
数年先、青森は「単なる通過駅」になる。
宇高がどうなったか勉強すべし!!!



344 :NASAしさん:04/02/15 03:22
おまいら、
宇高航路を見学しにきなさい。
歴史を大事にしないと、こうなるんだyo.
宇高は遺構が皆無。(と言うか、積極的に抹消した)




345 :NASAしさん:04/02/15 03:56
もっと井って悪いが、
瀬戸内海航路で努力した職員って、なんだったんだ!!!

オレは讃岐丸の正規の乗員を偶然に見送った。
当時の僕は小学生だったので社会にウトかった。だけど、
あの、乗員の表情はスゴイものがあったよ。
任務を達成した男の顔だった。しかし、
旧讃岐丸が正式に引退したのはその1カ月後。
新聞に写っていたのは、全く別の船員だった。
たぶん、裏を知ってるヤシには解るはず。

オレは宇高連絡船が恥ずかしいと思っていた。
異常に太ったタライ舟だもん。
しかし、歴史的な遺構は絶対に残さないとダメだ。
タライ舟でも何でも良い。どんなに歴史がある航路でも、
数十年で、全てがなかった事にされてしまう。


346 :NASAしさん:04/02/15 05:26
このままでは数年で青函の全て消え去ってしまう。


347 :  :04/02/15 11:40
でも青函はある程度残ってるだろ。
残すもの越さないも努力次第でまだ何とかなる段階だ。
函館は桟橋の建物も桟橋も船も残ってる。


JR九州船舶事業部のビートルが当初青函、宇高の船員達の力で
運航されていたのはあまり知られていない。
JR四国や北海道からの出向組が航路を支えていたのだ。

348 :NASAしさん:04/02/15 11:49
>>340
自営が益税しなければ払っていいよ

349 :NASAしさん:04/02/15 12:17
>>347
一級海技士免状持ちの宝庫だって言われてたから>JR四国や北海道

350 :NASAしさん:04/02/15 12:19
>>345
宇高連絡船も、実は船舶技術の粋を集めた優秀船、多かったんですよ。

351 :NASAしさん:04/02/16 00:36
>>350
一隻位は保存するべきだった


352 :NASAしさん:04/02/16 07:32
>>351
誰が保存するんだよ(w

353 :NASAしさん:04/02/16 16:23
>>352
観光船になったのもいたが、結局需要が
無くなって売却されたんだっけ。

354 :NASAしさん:04/02/16 17:16
青函連絡船が残ったのは単に売れら買ったから。
性能過剰な面も大きかったが、最大の理由は、
貨物甲板へのアクセスが後方のみだったこと。
接岸にタグボートが必要になるので、嫌われた。

355 :NASAしさん:04/02/16 22:12
>>354
タグ来なくても、カニの横這いは出来るんだよ。ただ動きが遅いので着岸に時間がかかるらしい。
まれに操船演習とか言って、タグにお引き取り願って、自力で函館桟橋に着けた船長もいたよ。

356 :NASAしさん:04/02/16 22:33
「横這い」試験は実際に、津軽丸と八甲田丸で試験が実施されており、記録がある。
右舷プロペラを前進(翼角10度)に、左舷プロペラを後進(翼角13度)に、
さらに舵は面舵(左45度)にして、バウスラスターは右回頭(翼角19度)で、
八甲田丸の右方向「横這い」速度は、約28.5m/min(0.48m/sec)という試験結果。

357 :NASAしさん:04/02/16 23:28
まぁ、鉄道連絡船という特殊な用途だから
他の用途にするにも改造費がかさむのが敬遠された理由だろうね。

大雪丸は1億2千万。(ホテルシップへ改造)
石狩丸が4億。(カーフェリーへ改造)
十和田丸は改造費込みで20億。(客船へ改造)
摩周丸は去年函館市が購入した価格が3億8千万。(展示船)

あとは8000万位でぼちぼちと売れました。
スクラップにならずに済んだだけでも良かったじゃないか。


358 :NASAしさん:04/02/16 23:35
>まぁ、鉄道連絡船という特殊な用途だから
>他の用途にするにも改造費がかさむのが敬遠された理由だろうね。

それに尽きるようです。
マルチプル・ギアード・ディーゼル推進(8機2軸)の複雑さも敬遠理由かも。

359 :NASAしさん:04/02/17 00:45
>>352
讃岐丸は何処へ行った


360 :NASAしさん:04/02/17 00:56
タグボートといえば、連絡船の接岸時に「xxメーター、xxメーター」ってスピーカーから流れてくるのが家まで聞こえてきていたな、昔。(函館じゃなく有川のほうね)

361 :NASAしさん:04/02/17 10:15
>>355-356
本当は補助汽船はなくても良かったんだが、労働組合が五月蠅かったというのも
考えられるんじゃないかな。
たたでさえ津軽丸形投入で船員整理をして大変な状況だったみたいだから。

362 :NASAしさん:04/02/17 16:27
労働組合はひたすらスチームタービンを使い続けろと言ったらしい・・


363 :NASAしさん:04/02/17 18:24
タグが本当になくても良かったかは疑問。
いつも海面が鏡の様とは限らないから。
それこそ最盛期の効率を考えれば必要だよ。

蒸気タービンには良い点もあるからね。
津軽丸形でも後期に積まれたエンジンは五月蠅いよね。


364 :船長に浣腸:04/02/17 22:08
青函連絡船建造費        \2000000000-

昭和63年青函航路運賃     \2000-

海峡ラーメン一杯         \500-



連絡船の思い出          \Priceless

365 :NASAしさん:04/02/18 00:09
>>361>>363
青函航路にタグは必需品だったと思う。
着岸時、タグが本船の回頭を助けることで、スピーディな接岸が可能になった。運航時間短縮に寄与。
離岸時に強風などで、本船のバウスラスター推力だけでは足りないときには、タグが引っ張る。
沖がかりした本船の乗組員交代時は、タグがその連絡や移乗に活躍した。
港で何か起きたとき、応援に駆けつけたこともしばしば。救助・漂流物始末・他社船の助力など。
青森港では、青函連絡船のタグが、本船への任務以外にも、ずいぶん当てにされていたというのだ。

連絡船を押すだけがタグの任務では・・・決して無かったのだ!

性能の良いタグを造るため、国鉄ではずいぶん研究もしていた。
推進器には、日本初のフォイトシュナイダープロペラの採用を始めとして、
コルトノズルラダー、ダックペラなど新機軸を次々に採用、操船性能の良い
タグボートを幾多建造し発展に努めたのも、国鉄の優れた功績であったと思う。

366 :NASAしさん:04/02/18 04:01
明け方に誰もいない摩周丸の舷側に行った。
積雪50センチ以上。とても静かな吹雪だった。
凍えそうになったけど、自分がどこにいるのか見直す事ができた。

367 :NASAしさん:04/02/18 08:17
板違いで暴れているプロレスのバカがいるよ。


368 :NASAしさん:04/02/18 09:43
>>365
そのような実情を無視して国鉄が補助汽船を削減しようとしたのは事実。
補助汽船の労働組合員が少なくて当局との折衝も苦労したらしい。
結局は本船の組合員の助力で削減は免れたらしいが。

369 :NASAしさん:04/02/18 09:54
>>368
何時でも何処でも、現場に関して無知無理解な管理者と現場側の深刻な対立、あるからねえ。困ったもんだ。

370 :NASAしさん:04/02/18 10:03
>>362
そりゃそうだよ。ディーゼルになりゃ、当時乗組員の中では大所帯だったカマ焚きが
全く不要になるんだもん。失業の不安におびえて、そりゃ必死になるさ。
当局側だって、ディーゼルへの転換教育や余剰人員の配置転換など、頭が痛かったろう。

371 :NASAしさん:04/02/20 18:40
>>364
ウマイ

372 :後半は怒っています。:04/02/21 04:35
370> 冬の青函航路に乗った時、あまりのピッチングに
  ビックリ。横蛇が必要だと思った
  東北線や奥羽線はがんばらんかい!

  をんどりゃ〜! おまいら旧国鉄線が
  どのような末路を辿ったか見にこい。岩手沿岸に見に来い!
  東北本線は分断だよ。歴史のある路線がボロボロだよ。
  をい、こら、岩手県人。漏れは本当に悲しいよ。
  大雪のなかで旅人からぶったくるなよ。

・・スレ違いで悪いが。


373 :NASAしさん:04/02/21 09:01
東北本線に続いて今度は九州だな・・
しかしなんて線路があるだけましだよ。横軽なんてさあ・・

船の話もすると海の平行在来線問題なんてもある。
淡路島や芸予諸島では橋ができたので平行在来フェリーの廃止が多いがそれでチャリや原付利用者は困ってるようだ。
歩行者はバスに乗ればいいが二輪車で海渡ってた人はもはや身動き取れない。
しかし、こういうのは国レベルで決める話だから地元人が気づいたときにはもうどうしようもないことが多いんだなあ。

374 :NASAしさん:04/02/21 13:37
プラモデルキボンヌ

375 :NASAしさん:04/02/21 23:47
>>374
スケール1/150、9ミリゲージのレールを車両甲板に敷いたらアホみたいに売れるぞ。

376 :NASAしさん:04/02/22 01:27
>>375
昔プラレールに車両航送フェリーがあったような希ガス。

377 :  :04/02/25 23:20
>>375
ものすごく高くなりそうなので車運丸で我慢汁。



…100円タッパにレールを接着して「車運丸」

378 :NASAしさん:04/02/26 00:23
トミカには、「さんふらわあ」をマネしたカーフェリー(トミカを積める)があった。

379 :NASAしさん:04/02/26 00:36
>>377
座布団1枚age

380 :NASAしさん:04/02/26 22:20
>>378
持ってた…
地元に就航しているフェリーと形が違うと両親を問い詰めた思い出…

381 :NASAしさん:04/02/27 21:21
普通船室のシートがキハ82と同じで、特急に乗った気分が
うれしかったですね。
船独特の汚れた2重窓を見ながら食う、みそ海峡らーめんもうまかった。

いろんなフェリー乗ってけど、青函航路廃止後に似たような気分を
感じさせてくれたのは、下関〜プサンの関釜フェリーだけでしたね。
関釜も、”はまゆう”や”星希”なんて作って今風になったけど。
関釜連絡船と青函は船を共有した時代もあったようですし、お互い国鉄
連絡船の歴史を持ってたのですね。
もしも今の時代に青函が復活すれば、きっと
はまゆうや、大型高速フェリーのゆにこんのようなスタイルになるのですね。



382 :NASAしさん:04/02/27 22:02
>>381
今ならまだ間に合う。
博釜航路の「かめりあ」に乗って鯉。

船自体は昔の釧路航路の「さろま」だから、青函連絡船とほぼ同時期の
船(1975建造)なんで雰囲気は似ている。



383 :NASAしさん:04/02/27 22:33
さろまと青函あんまり似てないよ

384 :381:04/02/27 22:43
へ〜、かめりあは元は日本船だったのですか。
Web検索をして、よ〜く見ると青函貨物に似てる、
とくに石狩、檜山の客貨改造後の姿に!!

何度か釜山港で見たことはあったのだが、気がつきませんでした。

385 :381:04/02/27 22:49
うぉおお、これほすいです

ttp://www.kampuferry.co.jp/model_pic.htm

386 :NASAしさん:04/02/27 23:01
まあ、韓国航路はジェットホイルがだいぶ増えてしまったわけだが。

387 :NASAしさん:04/02/28 01:09
 住軽アルミの新製品・調理用アルミホイル
 「 ジ ェ ッ ト ホ イ ル 」
 レンジクッキングに・焼き物に・ジェットな熱伝導で速攻調理!

388 :船長に浣腸:04/02/28 09:10

青函博の臨時運航が終わり、青函連絡船の次のイベントは海洋博覧会!
行き先はなんとイタリア!台船に乗せられてイタリアに向かうのだが、
羊蹄丸、八甲田丸、摩周丸は同じグループになって!?某カメラマンは大喜びするが…!?


ネタ元わからん人にはスマソ

389 :NASAしさん:04/02/29 06:27
ばかっ!!
次は青函の番だよ。

どあほ!!!東北線が分断した意味が解らないヤシめ!!
次は九州の幹線が分断される番だよ。
・・目が見えない羽薩摩の大馬鹿どもには笑った。

390 :NASAしさん:04/02/29 06:29
すまん。あまりに薩摩が情けない!!!

391 :NASAしさん:04/02/29 07:06
こら、旧鹿児島線沿線の住人。
おまいら、本当に薄情なヤシだよ。
ツケは相応以上に重い。

392 :NASAしさん:04/03/01 21:20
3月3日〜4月11日まで、函館駅2Fホールに於いて

写真展 「青函連絡船 海峡の記憶」 が開催されます。

393 :NASAしさん:04/03/04 20:42
津軽丸現役引退から22周年。

あと、昨日は摩周丸火災事故から20周年…。

394 :NASAしさん:04/03/04 21:46
摩周丸のあの火事はショックだったねえ・・・黙祷

395 :NASAしさん:04/03/04 22:41
んじゃ、ネタ投下    〜〜〜〜〜ヽ(´ー`)ノ

ttp://www22.big.jp/~15ch/up/source/ichigo0672.jpg

396 :NASAしさん:04/03/08 15:54
目標!反航する敵輸送艦。距離1000!

397 :NASAしさん:04/03/08 20:33
>>396
俺には撃てんよ・・・。

398 :NASAしさん:04/03/08 23:54
>>396
ユーゴ軍は旧大雪丸を撃っちゃったんだよな…


399 :NASAしさん:04/03/09 23:05
そんなことより、今年はよく考えたら十七回忌じゃないか!

400 :  :04/03/10 00:50
>>399
しかも十七回忌法要は今週末。

401 :NASAしさん:04/03/10 08:01
395のアドレスは何丸の画像?
津軽丸?松前丸?

402 :NASAしさん:04/03/10 08:56
「十三回忌特別企画」で連絡船を扱うようになった某サイトはどうなるのかな?
やっぱ十三回忌のまんまなのかな?

403 :NASAしさん:04/03/10 12:12
>>401
船体塗色の濃さから津軽丸だと思われる。目撃件数も松前丸より津軽丸のほうが多いようだ。

404 :NASAしさん:04/03/11 12:53
津軽丸も松前丸は今は何処で動いてるのかな?
空知丸も石狩丸も運航していた会社が倒産して係船してるって言うし・・・
桧山丸は少年少女の船になってから何処に買われたんだ?スクラップになっちゃったのかな?
最近の動向を教えて下さいまし!

405 :NASAしさん:04/03/11 13:39
>>404
ここが詳しい。
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown/3116/trans/renraku/index.html


406 :NASAしさん:04/03/11 19:56
ttp://homepage2.nifty.com/go_tokyo/308f_lif.htm

の中にある写真の「We Love INDONESIA」と描かれた船影、どうも元「檜山丸」ではないかと。

407 :NASAしさん:04/03/11 22:17
>>406
ブリッジ回りの形状は確かに渡島丸形の特徴を色濃く残しているね。
後部煙突も尖った部分を削ればあの形だ。
ただ客室形状が微妙に違うような気もする。
前部船員室部分と後部の客室部を繋げばああいう形になりうると思うが。
詳しい人の鑑定求む。

408 :NASAしさん:04/03/11 22:45
空知に後ろくっつけたヤツが盗難亜細亜まで戻ってきた。
という可能性はどうでしょう?

409 :395:04/03/11 22:45
>>401
【正解】松前丸です。

つーかネタなので。元写真はこれ↓(青森港で撮影)
http://www22.big.jp/~15ch/up/source/ichigo0684.jpg

ファンネルマーク自体は元山港繋留時のを参考にしてますが。

410 :船長に浣腸:04/03/11 22:49
>>408

これ?
ttp://perso.club-internet.fr/dstef/dstef/Album_photos/Daniele_Miglio/Summer2001/sea_serenade_summer2001.jpg

411 :NASAしさん:04/03/11 23:02
宇高連絡船もこれぐらい情報が多けりゃな〜。
海外逝ってからの画像が全く無い。

うらやますぃ。

412 :NASAしさん:04/03/12 22:19
>>406
>>405や『連絡線のその後』を読むとその線が濃厚だと思う。

でも、H12年の情報では引き続き係留されているとなっていたから
その写真はそれ以降の改造された状態なのだろうか?




413 :NASAしさん:04/03/12 23:08
>>412
ソウイウコトじゃないの?


414 :NASAしさん:04/03/13 00:46
>>411
そうでもないよ   |゚ー゚)ノ

何年か前の高松駅取り壊しのニュースの時に
スームイン朝の5分ぐらいのプチ特集でインドネシアの
阿波丸の映像が流れていた。



スレ違いなのでsage

415 :NASAしさん:04/03/13 12:25
あれから16年経ったのですね〜
皆さん当日は何をしていましたか?

私は高校生でしたので(関東地方在住です)ニュース番組をチェックしまっくっていました。

416 :NASAしさん:04/03/13 20:51
十七回忌追悼あげ

1988年3月13日。
20時50分・7便八甲田丸が函館に、22便羊蹄丸が青森に着岸。

417 :NASAしさん:04/03/13 20:58
宇高連絡船内のさぬきうどんが懐かすぃー

418 :NASAしさん:04/03/13 21:32
16年前の今日も、同じような穏やかな春の1日でしたね。
俺も同時リアル工房、3月10日8便八甲田丸で最後の別れをして、この日は努めて普段通りの生活をした。
夕方と夜のニュースで八甲田丸の様子が出てきたときに、涙がドバッと。

…十七回忌の今日はお台場で過ごしました。

419 :NASAしさん:04/03/13 22:27
函館駅や青森駅に貼ってあった、青函連絡船が颯爽と航行するシーンのポスター、

「いま、栄光の航跡を刻んでいます。」

いつまでも感無量で見とれていたのを思い出しました。シンミリ・・・

420 :NASAしさん:04/03/13 23:14
>>418
普段の生活で使っていた訳でもないだろうに。
おめでてーなー

421 :ノメッシー:04/03/14 01:16
十数年前、羊蹄丸は船に乗ってイタリアまで伊って来ました。らっしんぐ大丈夫ダァー。

422 :NASAしさん:04/03/14 18:57

連絡船の芸術、飾り毛布 JR函館駅で実演 【写真】  2004/03/14 13:00
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20040314&j=0025&k=200403142609
> 旧青函連絡船の一等寝台で、船旅を楽しんでもらおうと行われていた、寝台の毛布を
> 芸術的に飾り付けるサービス「飾り毛布」の実演が十三日、JR函館駅の多目的ホールで
> 行われた。
>(※中略)
> 飾り毛布のサービスは、青函連絡船が就航した一九○八年(明治四十一年)から
> 始まったが、港での停泊時間が短くなったことで、六四年に打ち切られた。

某スレのコピペだけど、流石に当時を知っている方は・・・このスレなら居るかも

423 :NASAしさん:04/03/14 20:58
>>422
うちの年寄りが幼少の頃、実際に見たそうだ。
あまりの見事さに、子供心にカルチャーショックを受けたそうだ。
ひとつの船室にもベッドが何台かあったそうだが、
ベッドごとに飾り毛布は、それぞれ違う物の形に折ってあったという。

可能であれば、折れも勤めの休日に習いに行きたい。
そして是非、この素晴らしい文化を後世に伝えたい!

424 :NASAしさん:04/03/14 23:44
>>423
>422だけどRESdd
私は高校の修学旅行(S50後半?)で
特急おおとり←→寝台特急はくつるの連絡便にしか
乗った事がないので、飾り毛布を仕立てると思う夜行便に
縁は無かったです

425 :NASAしさん:04/03/15 09:28
>>424
飾り毛布は、洞爺丸型の引退とともに終わったみたいです。
津軽丸型の時代は、停泊時間が1時間足らずの運航ダイヤだったので、
時間的に準備は無理だったようです。自分もS50〜60年代に何回か、
寝台室に乗りましたが、飾り毛布には、遂にお目にかかれませんでした。

426 :NASAしさん:04/03/15 11:51

>>422 先日見に行きましたら、実演展示のほかに、十数種類ほどの色々な折り方の記録写真もありましたよん。
見事だが、もしホテルであんなことになってたら「中の人」がいるんじゃないかとビビると思う。

427 :NASAしさん:04/03/15 22:17
船の科学館に係留してある羊蹄丸の車両甲板はそのままの状況で残ってて、
見学する事が出来ますか?

428 :NASAしさん:04/03/15 22:44
もし、青函連絡船が未だに残っていたら
こんな船になったんだろうな…

ttp://www1.ezbbs.net/25/horie/img/1079228301_2.jpg

429 :NASAしさん:04/03/15 22:46
>>427
ttp://www.funenokagakukan.or.jp/moms/kengaku/yt-maru/

430 :NASAしさん:04/03/15 22:48
>>429
ありがd


431 :NASAしさん:04/03/15 23:51
>>428
鉄道板の架空車両妄想スレで話題になった。
ひとつは津軽丸形置き換え用のコスト削減を徹底的に追及した連絡船。
もうひとつは渡島丸形置き換えようの高速車両渡船だった。

432 :NASAしさん:04/03/16 01:35
>>431
結局航送の問題は車両の積み込みと積み卸しに時間がかかりすぎたことだから、
むしろ、現在の方が解決できる。
津軽海峡の高速航行はゆにこん2でも判るように、結構きつい。
現在はフェリーでもRORO型がはやりだが、必要以上にコストを削減すると、
客は離れる。
迅速な積み卸し、適度な速度UP、客室には手を抜かない。でどだ。

433 :NASAしさん:04/03/16 09:53
>>428
これに乗って津軽海峡を最高27ノットで横断したことあるよ。
いい船だったなあ・・・・・・

434 :NASAしさん:04/03/16 10:13
>>432
連絡船への貨車の積み込み作業は決して時間がかかりすぎるとは思えない。
あれだけの荷物の積み卸しで50分というのは他の船には真似できないと思う。

それに>>431の元ネタでは津軽丸形置き換えは設定上「国鉄時代末期」だから
コスト削減は避けられないと見た方がいい。
この時期に連絡船を置き換えたならば、新幹線の例を見るまでもなく質感を
落とさずにコストを削減、それには成功するが技術的に中途半端になるのは
否定できないだろう。
ちなみに渡島丸形置き換えは2002年新幹線八戸延伸時と設定されてた。

435 :NASAしさん:04/03/16 10:42
函館の摩周丸、青森の八甲田丸、船の科学館の羊蹄丸
あんまりパネル展示とか置かないで、まんまカーペット席や
グリーン席・食堂を残して欲しかったな。

むしろそれだけのほうが、ぼぉっとできる漫画喫茶みたいで
何回でも入場料払って行きたい。

防犯上問題あるのかな。

436 :NASAしさん:04/03/16 12:15
船は変われど、飾り毛布(花毛布)見れる船はあるぞ
だいぶ減ったけどね

437 :NASAしさん:04/03/16 12:59
>>435
アスベスト

438 :船長に浣腸:04/03/16 21:37
>>435
摩周丸はリニューアル前の一時期
普通船室の一部とグリーン自由席が見れたんだよな。
まさに当時そのまんま。

今は施錠されちゃっているけどね。

439 :NASAしさん:04/03/16 22:50
>>436
どこかの離島航路の小さな貨客船で、飾り毛布をやっていたのには驚いた。
ふねきち板の写真投稿で見ただけなんだがw、割と最近のことだったよ。

440 :NASAしさん:04/03/17 00:31
 昔はお客さんだけじゃなく、貨物船なんかでも士官個室のベッドメイキング
にくる司厨手(ボーイさん)が飾り毛布してくれてた。清水とかにある海員学校
今は海上技術短大っていうんだっけ、そこの司厨・事務科の教育で教えてい
たのだろうね。横浜の郵船資料館で展示してるとか聞いた事あるし、昔乗ってた
商船三井客船でも女の子がいろいろ技を持ってた。そこではお客さんだけに
しかやってなかったけど。
 郵船とかMOなど、客船や移民船で歴史ある会社だと、折り方にも独自の形
があって、連綿と受け継がれているようだ。

441 :NASAしさん:04/03/17 00:45
(´-`).。oO( ええ話や 

442 :NASAしさん:04/03/18 02:04
飾り毛布は大阪〜高知間に運航している「大阪高知特急フェリー」の特等室で今でも実施されてるみたいざじぇ

443 :NASAしさん:04/03/18 10:13
ホテルあたりと違って、何となく硬派なイメージのある船では、
飾り毛布は、もてなしの心を不言実行するみたいな感じでイイね。

444 :NASAしさん:04/03/19 23:27
2代目渡島丸(昭和53年9月30日終航)と2代目日高丸(昭和59年1月31日終航)と
2代目十勝丸(昭和59年1月31日終航)が、それぞれ最後に運航した便名を調べています。
もしご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けませんでしょうか?

445 :NASAしさん:04/03/21 10:45
>>444

ん〜〜、スマン。漏れにはワガンネー。
函館駅2Fの「いるか文庫」たずねてみれば?

446 :NASAしさん:04/03/21 21:01
洞爺丸とともに運命を共にし海没した客車

マイネフ38−5 スニ73−1 マニ76−91 マニ60−18。

参考までに…。

447 :NASAしさん:04/03/21 23:13
ちょうど70年前の今日、1934年3月21日夜は嵐のため、函館が記録的な大火に見舞われた日。

このとき、17時30分に函館を出港した青森行の連絡船飛鸞丸が、葛登支沖まで到達したあたりで、
風浪が急速に激しくなってきたので、青森までの続航を断念、函館へ引き返そうとした。
ところが、南西からの強風によって舵効を失い、船首が風上の津軽海峡西口の方向に切れ上がって、
函館へ引き返すことが、不可能になってしまったという。
やむを得ず、そのまま青森へ向かったものの、車両甲板の船尾開口部から波浪が侵入し始め、
石炭庫や操舵機室が浸水、21時頃から操舵不能の状態に陥ってしまった。
急遽、後部3等客室から乗客を避難移動させ、隔壁にドリルで穴をあけて、隣接する操舵機室に
侵入した海水を排出させ、操舵機を応急修理のうえ、操舵可能に復旧した。
機関ボイラー室のほうも、総員配置に料理手や事務職員まで応援して海水をくみ出し、
焚火を助けて蒸気圧の保持に奮闘したという。人事を尽くして、難航6時間あまり、
夜半0時頃、竜飛灯台を間近に視認、1時頃に三厩錨地に投錨、かろうじて危機を脱した。
この間、強風のために、送信用空中線が引きちぎられて、陸上側とは交信不能となり、
飛鸞丸遭難か、と陸上側も大騒ぎになった一幕もあったという。
函館大火の陰に隠れた、青函連絡船難航のエピソードの一つである。

448 :NASAしさん:04/03/22 00:19
>>447
洞爺丸台風以外では車両甲板が浸水した唯一の例だよね。
その時は排水に成功したから後部開口が問題にならなかったんだろうなぁ。

449 :NASAしさん:04/03/22 00:24
>>446
> 洞爺丸とともに運命を共にし海没した客車
> マイネフ38−5 スニ73−1 マニ76−91 マニ60−18。

スニ731は第11青函丸積載だったような。
出航直前に積載車両の入れ替えをしているから替わりにマニ3216が入ってるはず。

450 :NASAしさん:04/03/22 00:45
70番台の荷物車は国電崩れ(電装解除)の形式ですな。

451 :NASAしさん:04/03/22 09:34
>>448
浸水量自体、飛鸞丸の場合は、洞爺丸の場合と較べて、かなり少なかったみたい。
洞爺丸の場合は、何かの本に、浸水量2百数十トンとか書いてあったように思った。
そんなに多かったら、機関室が水浸しになって、発電機がパァになるの無理無い。
発電機が駄目になったから、それで動く補機類、潤滑油ポンプとかも道連れになって
主機の運転も困難になってしまったのは、何とも無念というか、怖いよね。

452 :NASAしさん:04/03/22 17:54
>>451
飛鸞丸の時は車両甲板の水は出たり入ったりしていたが、洞爺丸の時は出ていかな
かったというのが正解。
洞爺丸の時は喫水線長と波浪の周期や波高の関係で、車両甲板に打ち上げた水が船首
へ走り、跳ね返って後部開口部に達した時に丁度次の水が車両甲板に打ち上げた瞬間
となってしまい水の量が増える一方になるという悪循環を繰り返した。
飛鸞丸の時は車両甲板に打ち上げた水は、次の水が打ち上げる前に船尾が下がって
排水されてしまい、一定量以上にならなかったと言われている。

453 :NASAしさん:04/03/22 19:16
テケミ

454 :NASAしさん:04/03/22 19:38
>>453
> テケミ

厨は言葉を知ると使いたくなるよね。春だし。。。

455 :NASAしさん:04/03/22 21:59
>>454
忘れられるよりはマシだろ。語り継がれるかも知らん。大目に見るべやw

456 :NASAしさん:04/03/22 23:34
テケミ

457 :NASAしさん:04/03/23 01:23
おっ!テケミ:天候警戒見合わせ中だね!

458 :NASAしさん:04/03/23 01:28
>>457
「天候警戒運行見合わせ」だったかな。

459 :NASAしさん:04/03/23 01:43
>>458
函館桟橋の巨大待合室が一杯になるよ。なつかしや。

460 :NASAしさん:04/03/23 12:21
若い乗組員が見合い話を遠慮する際も、「テケミ」とか言っていたんじゃなかったかなw

461 :NASAしさん:04/03/23 13:37
知り合いの連絡船ヲタは雨宿りのことを「テケミ」って言ってた。
「電車降りたら大雨でさ、駅前の本屋でテケミしてたんだ」
って感じでさ。
間違ってはないけどさ。

462 :NASAしさん:04/03/23 22:44
テケミ(天候険悪出港見合わせ)という言葉、本来の運航業務以外にも・・・

「今晩、一杯どう?」
このような誘いがきたときに、あいにく信念を固くせざるを得ない事情があったとき、
「今、あいにくテケミ中ですから。」
と、やんわり断る場合にも使われていたと聞いた。

463 :NASAしさん:04/03/24 00:43
テケミを誰か正しく展開してください。


464 :NASAしさん:04/03/24 08:33
天候「警戒」じゃなくて「険悪」だよなあ

465 :NASAしさん:04/03/24 21:45
坂本幸四郎「青函連絡船」の本文には、

「テケミ(天候警戒運航みあわせ)・・・」

と、あった。坂本氏は青函連絡船摩周丸通信長という経歴の持ち主だから、たぶん間違い無いだろう。

466 :NASAしさん:04/03/29 00:32
>>449

マニ3216は昭和39年3月時点で北見客貨車区網走支区(旭アハ)配置だが…。

洞爺丸搭載の客車は全車廃車になったはず…。

467 :NASAしさん:04/03/29 22:44
>>466
どんな姿で客車は引き上げられたのかな?

468 :NASAしさん:04/03/30 20:51
>>467

「道南鉄道百年史 遥(はるか)」(2003年JR北海道函館支社発刊)の50頁に
引き揚げられた「マイネフ38−5」の写真あり。同時に引き揚げられた貨車(ワム級)に比べて
客車は損傷が著しい。

469 :NASAしさん:04/03/30 23:27
>>468
函館駅内図書館に有るのかな?

470 :  :04/03/31 00:45
>>469
「いるか文庫」だね。

そりゃあるっしょ。

471 :NASAしさん:04/03/31 19:31
4月11日までは、

●「いるか文庫」図書特別公開(10:00〜18:00)
連絡船関連の閉架図書(一部)を期間中に限り、自由閲覧とします。

なのだそうです。興味のある向きには、絶好のチャンス!

472 :NASAしさん:04/04/02 22:40
補助汽船(タグボート)が函館に4隻(ひうら・しらかみ・かつとし・たっぴ丸)・青森にも1隻(ふくうら丸)が居たけど
今何処で活躍してるか分かりますか?
情報お願い致します!

473 :船長に浣腸:04/04/02 23:34
>>472
ひうら丸については
http://www.ishikari-bay-newport.jp/02_shisetsu/ibn_2200.htm

ノシ

474 :NASAしさん:04/04/03 22:48
アメ公の空母が小樽に寄港した際、ひうら丸形のタグが空母のトモを押してたなぁ。
その勇姿を見るがためだけにミリタリー誌買っちまった。
あれもひうら丸だよね?

475 :  :04/04/03 23:16
>>474
ビンゴ。

476 :NASAしさん:04/04/04 21:14
なんという雑誌?何月号?

477 :NASAしさん:04/04/05 22:12
>>476
イカロス出版のやつ(J−なんとかってやつ)に出てきたのは知っているが。

478 :NASAしさん:04/04/06 19:52
>>477
それは多分J−shipsだと思う。

479 :NASAしさん:04/04/06 20:58
確か「J−Wing」だったと思います。
キティーホーク小樽入港時、J−shipsはまだ創刊前でした。

480 :NASAしさん:04/04/06 21:39
>>476-479
J-Wing 2001年1月号84ページに「キティホーク」を押すひうら丸の勇姿が出てる。
トモではなく船腹中央付近だね。


481 :NASAしさん:04/04/08 23:13
たっぴ丸は改造されて青森に居るって東日流っていうやつがいってた

482 :香川県民:04/04/10 16:09
 ふくうら丸は苫小牧港で働いてましたが、数年前に廃船になったとRM誌に投稿があった。
たっぴ丸かしらかみ丸のどちらかは同じくRMの投稿でかつとし丸・と同じく三重県の業者が買い取った後、
宮城県に移動、海外売却されてたと思う。かつとし丸は四日市で現存してるはず。

483 :  :04/04/11 23:31
摩周丸の甲板がこんな事になってます。
ttp://plaza.rakuten.co.jp/img/user/06/23/2950623/183.jpg

484 :NASAしさん:04/04/12 08:51
>>483
羊蹄丸もここまで再現してくれたら嬉しいぞ。
さらにここを駐車場としてしまえ!

485 :NASAしさん:04/04/12 12:26
あれ、こんな排列だったっけ?

486 :NASAしさん:04/04/12 21:34
>>485
現役時代は奇数と偶数番号(1〜9)は互い違いになっていました。

487 :NASAしさん:04/04/13 08:47
>>484
そこが駐車場になったら、俺は愛車で函館まで行ってやるっ!
青森までが大変そうだけど。

488 :NASAしさん:04/04/16 20:35
>>482
情報有難う、参考になりました!
たっぴ丸はまだ青森で現役中だよん

489 :NASAしさん:04/04/17 20:22
>>488
96年頃に売却されたんじゃなかったっけ?

490 :NASAしさん:04/04/17 22:14
愛媛県の船会社に売られてから、青森に行ったみたい
それって偶然だよね

491 :  :04/04/28 22:17
たまにはあげておく。




GWは、久しぶりに連絡船に会いに行こう。

492 :NASAしさん:04/05/03 13:35
元連絡船の航海士だった方のその後です
ttp://www5.hokkaido-np.co.jp/kyouiku/kodomo/iwashita/

493 :NASAしさん:04/05/03 17:04
 そういえば昔青函連絡船の無線通信士してたおっちゃんが
同僚(空港の無線施設保守の技術士)にいたなぁ。

108 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)