5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ふじ】カプセル型有人宇宙船総合【神舟】

1 :NASAしさん:03/10/30 17:19
日本独自の有人宇宙船構想「ふじ」その他、神舟・ソユーズ等カプセル宇宙船の総合スレです。
前スレ
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/space/1044459112/l50
先端ミッション研
http://giken.tksc.nasda.go.jp/Group/sentan/index.html

2 :NASAしさん:03/10/30 17:36


3 :NASAしさん:03/10/30 18:17
3かよ!

4 :NASAしさん:03/10/30 20:54
とりあえず、有人宇宙船で何ができるか考えよう。それ思い付かないとあと30年は有人宇宙船上がらないゾ

5 :名無しさんなの:03/10/31 00:12
あのね、新スレ、おめでとうなの

6 :NASAしさん:03/10/31 00:30
アメリカがシャトルのつなぎにと考えてるカプセル型宇宙船ってどんな奴? アポロ宇宙船をでっかくしただけ?

7 :NASAしさん:03/10/31 00:55
即死回避うめ。

8 :NASAしさん:03/10/31 15:55
なんだかもうひとつ立ってるんだが、

【ふじ】カプセル型有人宇宙船総合【ソユーズ】
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/space/1067575953/

こっちが本スレだよね?

9 :NASAしさん:03/10/31 17:41
こっちだろ? こっちの方が立つの早いし。
てーか、コピペだ、向こうの。

10 :NASAしさん:03/11/01 14:40
おいおい即死しそうな流れになってるぞ
前スレを盛り上げていたヤシらはどこいったんだ?

11 :NASAしさん:03/11/01 19:00
穴掘って一体何秒間、極小重力状態を作れると思っているんだ?
継続的に極小重力ができないと作れない鋳造とかの技術はどうするんだ?
というよりその方がはるかに多いと思われる。
確かに目の前で何度も実験できる効果もあるので穴掘り否定はしないけど、なんでも
ググっているだけで自分の頭で考える練習しないとアホになるぞ。

生物実験と鋳造実験しか上がらないわけだが。

12 :NASAしさん:03/11/01 19:21
少しは材料がないと議論の余地もないわな。

各国の現状
・アメリカ
 スペースシャトル「コロンビア」の事故によりシャトル後継機の選定・開発中。
後継機候補は4機種あり、内1機種が使い捨てのカプセル型になっている。
シャトルの打上再開は現在、2004年の9月以降を目標に進められている。

・ロシア
 ISSへの人員輸送にソユーズ宇宙船を運用中。
ソユーズ宇宙船を使った観光事業を検討中らしい。

・EU
 ギアナ宇宙センターからソユーズ宇宙船を打ち上げる計画がある。
現在、EUのスタッフがソユーズの管制技術の習得のためバイコヌールへ
派遣されている。
 なお、EU独自の有人宇宙船は開発費の高騰から開発中止されている。

・中国
 中国初の有人宇宙船「神舟5号」の打上に成功。
神舟はソユーズをベースにしつつ、独自の改良を加えている。

・日本
 公式に今後10年間は有人宇宙船の開発は行わないことが決定している。
先端ミッション研による日本独自の有人宇宙船構想が公表されているが、
今のところあくまで技術的な提案にとどまっている。


13 :NASAしさん:03/11/01 21:53
お代はやはり「有人宇宙船の使い道」しかないんじゃない? 結局それについて何も適切な提案がないから日本の有人計画は進んでないわけで。
>>12
EUがギニアからソユーズを打ち上げるのはどういう目論見があるから?

14 :NASAしさん:03/11/01 22:19
石原都知事:「中国人は無知だから喜ぶ」 宇宙船打ち上げで
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/20031102k0000m010058001c.html

15 :NASAしさん:03/11/01 22:34
>14
>新しいロケットの予算の原価計算が示されたことは1回もない。
そうだっけ?そういえばどこにいくらかかってるって聞いた覚えはないんだけど、
3号機の時で130億くらいとか聞いた覚えはある。マスコミが報道していないだけ?

16 :NASAしさん:03/11/01 23:06
>>14
打ち上げ費用が80億とか90億とかは聞いたことあるけど、原価計算は確かに聞いた事ないなぁ。
しかし別に高くはないだろ? 道路とは違って国際競争があるし、メインエンジンの件もあるし、むしろかなり無理して安くしてると思うね。
しかしどっちにしろ、有人一年でできる、は無知すぎ。『ふじ』さえ知らないんだろうね。
「お前が一番無知だろ」とはいってやりたい。これだから日本の政治家は……

17 :NASAしさん:03/11/01 23:16
>>16
評論家の副島隆彦おもいだしちゃったよ…。
慎太朗もうちょっと耄碌したら「アポロの月着陸は無かった」とか言い出しそうな悪寒。

18 :NASAしさん:03/11/02 00:39
ttp://www.sacj.org/openbbs/bbs42.html
の No.695より、
>毎日新聞に、打ち上げ価格が出ていました。ロケット側コストは98億円とのことです。
>同コンフィギュレーションの3号機が102億円ですから、3号機の機体各所に搭載していたテレメトリ・カメラを降ろしたのではないでしょうか。
>ちなみに1号機は約90億円、2号機は106億円、3号機は102億円、4号機は94億円でした。
とあります。単に伝わってないか、すぐ忘れる感じですね。

>そういえばどこにいくらかかってるって聞いた覚えはない
たしかに…
ttp://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/reports/021102.pdf  (約1MB)
の15ページに、一応H-IIとH-IIAのコストの比較というので
大雑把なセクション別の棒グラフがありますが、これも数値は載って無いし…

19 :NASAしさん:03/11/02 04:10
http://www.jaxa.jp/news_topics/column/20031030/index_j.html
毛利さんのコラムから一部抜粋。

>「中国の有人飛行成功」に寄せて、日本独自の有人飛行の可能性について何
>度も聞かれました。私は自然な流れとして、日本もいずれはやるようになる
>と思いますし、それを通じて人類の宇宙活動に大きな貢献もできるはずだと
>思います。それがいつかについては、多くの人とこれから話し合っていかな
>ければならないことになるでしょうが、「いずれは」と思い定め、技術を磨
>いていくことはたいへん重要なことだと思っています。

いい事言ってる!

20 :NASAしさん:03/11/02 20:48
石原慎太郎の「宇宙船は一年でできる」発言…
前から、こいつのこと信用していなかったけど
ホント馬鹿だよな…

21 :NASAしさん:03/11/02 21:25
まぁ、政治家の言うことは話半分くらいに聞かないとね。
自分の支持者を喜ばせるための景気のいい嘘はいくらでも出てくる人種だから。


22 :NASAしさん:03/11/02 21:33
>20
現実に予算化される可能性があるならこんなウソ八百はよう言わない。
逆に言うとこういうウソ八百が出ると言うことは、有人宇宙船の開発は絶対にあり得ないと
知ってるからだな。


23 :NASAしさん:03/11/02 21:54
東京都知事という宇宙開発・外交問題とは基本的に無関係の役職だから言えることだよな。

24 :NASAしさん:03/11/03 17:15
ところで先端ミッション研って三機関統合でどこに行ったんだ?
>1のリンク先が見れないんだが・・・。
単にwww.sfo.jaxa.jpが落ちてるだけか?

25 :NASAしさん:03/11/03 18:11
>>24
http://www.ista.jaxa.jp/aet/space/space-d15.html
新しい所に移ってるね。

26 :NASAしさん:03/11/04 23:25
age

27 :NASAしさん:03/11/11 22:44
「日本は公式に今後10年間は有人宇宙船の開発は行わないことが決定」
って、その文章どこかで見られますか?

28 :NASAしさん:03/11/12 00:09
>27
「今後の宇宙開発利用に関する取り組みの基本について」
http://www8.cao.go.jp/cstp/output/iken020619_5.pdf

その経緯は松浦氏のこちらの記事がわかりやすい
http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/ntec/272117

#そうでもいいが、このPDFファイルに目次と1ページ目が2回入っているぞ。
#公開して結構たつのに誰も見てなかったのかなぁ・・・。

29 :27:03/11/12 01:04
>>28さん、ありがとうございます。m(._.)m ペコリ
読んでみますね。

30 :NASAしさん:03/11/13 23:54
今売りのコミックイブニング誌にそのへんをネタにしたマンガがのってた。
JASDAとかJ2Aロケットになってたけど(w

31 :NASAしさん:03/11/14 10:29
「まっすぐ天へ」だね。
連載3回目だが、何を書きたいのかよくわからん。

32 : ◆tYNNQsR2G6 :03/11/16 19:20
 ageるついでに……紹介します。

ポピュラー・サイエンス 258
『われらの有人宇宙船
−日本独自の宇宙輸送システム「ふじ」− 』
松浦晋也 著
四六判/194頁/本体価格1600円+税/2003年9月
ISBN4-7853-8758-0
(書評↓)
ttp://www.shokabo.co.jp/mybooks/ISBN4-7853-8758-0.htm

 もう読み終わった方もいらっしゃると思いますが、マジ面白いです。

33 :NASAしさん:03/11/17 17:08
>>32
読んだよ。
なかなか説得力あると思うけど、実際にふじが作られる可能性は非常に低い罠。

34 :NASAしさん:03/11/17 22:53
>33
オイラも読了。初心者〜中級者向けの良い本だ。
しかし現実とのギャップを考えるとうんざりする罠_| ̄|○

35 :NASAしさん:03/11/18 01:15
>34
どうせ日本独自での有人宇宙開発なんて無理なんだし、いっそ自主的にデブリ撒いて
宇宙が一切使えないようにしてしまう陰謀でも議論するか。


36 :NASAしさん:03/11/18 02:40
ケスラーシンドローム?

37 : ◆tYNNQsR2G6 :03/11/18 20:18
>>33さん
>>34さん
>>35さん

 『ふじ』は設計思想からして軍事には向かないだろうから、
米露欧の民間航空宇宙企業にどんどん協力してもらい、作って
しまう……と言ってみるテスト。

38 :NASAしさん:03/11/19 00:29
著者インタビューです。
http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/031101.shtml

39 :NASAしさん:03/11/19 01:13
>38
日経BPの記事と比べるとずいぶん大人しくなったね。
これならついていける(笑

お、次回作は「H-IIAロケット上昇」か。こいつは楽しみ。

40 :NASAしさん:03/11/19 11:56
>>37
逆に聞いてみよう。軍事目的に向いた有人宇宙機って、どんなの?


41 :38:03/11/19 19:40
>>37, >>40
割り込みスマソ。
38のインタビュー内に、こんな文章ありますた。
参考になるかな?

> リフティングボディのメリットはもっと速度の高い領域での揚抗比が大きいので、
> 再突入時に軌道をぐっと曲げる幅が大きくなるということです。専門用語で言うと
> 「クロスレンジが大きい」といいます。
> つまり「このまま行くと海に落ちちゃう」とか「砂漠のどまんなかだ」という時に、
> ぐっと再突入時に大気の抵抗を使って軌道を大きく曲げて着陸地点を選べる
> というのがメリットです。カプセルでもある程度は軌道を曲げられますが、
> リフティングボディや有翼式ほどではありません。

> 宇宙機のクロスレンジは、むしろ軍事ミッションで必要とされる能力です。
> 短期間で敵の衛星にランデブーして観察するなり回収するなり破壊するなりして、
> すぐに地上に降りてくるというようなミッションではクロスレンジが大きいことが
> 意味を持ってきます。スペースシャトルが大きな翼を持っているのは、
> アメリカ西海岸から打ち上げる予定だった軍事ミッションで、
> 大きなクロスレンジを要求されていたからです。

42 :NASAしさん:03/11/19 20:46
http://www.toonippo.co.jp/tokushuu/scramble/scramble2003/20031113.html
よりコピペ。

>ロシア宇宙船の操縦に挑戦/日本の若手飛行士3人

>将来、国際宇宙ステーションに長期滞在し、日本実験棟「きぼう」を活用した
>宇宙実験を行う予定の角野直子さん(32)ら日本人の若手飛行士三人が、
>ロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センターで、ソユーズ宇宙船の操縦訓練を受けている。

>七月から九月にかけて前半三カ月を終え、来年春から始まる後半部分を修了すれば、
>日本人として初めて、船長の指令に基づいてソユーズ宇宙船を操作できる運行技術者
>(フライトエンジニア)の資格を得る。

>飛行士としての技能を高め、搭乗のチャンスを増やすのが目的。ただ背景には、
>米国のスペースシャトルだけが頼りだった日本の有人飛行の選択肢を広げ、
>ロシアを含む「多角化外交」に転換する狙いもある。

43 :NASAしさん:03/11/19 20:49
>▽信頼性を再認識

>訓練を受けているのは、角野さんのほか、古川聡さん(39)、星出彰彦(34)さん。
>いずれもシャトル搭乗は未経験だ。

>古川さんは訓練を通じて、ソユーズの信頼性の高さを再認識した。
>「設計は古いが、それを十分に補う安全思想にあふれている」と評価する。
>角野さんも「手動操縦できる部分と、自動化を図っている部分のバランスが心地よい」
>とエンジニアらしい印象を語る。

>だが三人の今後の飛行がどうなるかは未知数だ。
>二月に起きたコロンビア事故の影響で、シャトル飛行は現在ストップ。
>ステーション計画の行方も全く不透明になった。実際の飛行にはシャトル再開を待つしかない。

>これに対し、日本と同様に有人ロケットを持たない欧州は、ロシアとの協力関係を重視してきた。
>先月飛行したソユーズには、三人と一緒に訓練を受けたスペインのペドロ・ドウケ飛行士が搭乗。
>来年四月にもオランダ人飛行士が乗る予定。

44 :NASAしさん:03/11/19 20:53
>▽有人飛行の基盤必要

>こうした状況に、星出さんは「日本が将来に向けた有人技術を得るためには、
>シャトルにこだわる必要はない」と強調する。日本人がソユーズに乗るには、
>相応の費用負担が必要だが、それでも「チャンスがあればいつでも乗る準備がある」
>と意気込んでいる。

>中国は十月、初の有人宇宙飛行に踏み切った。一方、日本独自の有人飛行が
>実現する見通しはほとんど無い。宇宙航空研究開発機構の山之内秀一郎理事長は
>「当面、選ばれた飛行士だけが宇宙に行く時代が続く」と現実的な見方。だが毛利衛さんらは
>「いずれ大勢の人が宇宙を旅するようになる。今はそのための基盤を作る時期だ」
>と有人活動の幅を広げる意義を訴えている。

(終)

45 : ◆tYNNQsR2G6 :03/11/22 16:31
>>40さん

 亀レス失敬。オープンソースでいくなら軍事に使うのは難しいだろう、
と単純に考えただけです。
 もちろん民間に普及した製品の技術が軍事に転用されることもある
でしょうが、『ふじ』の場合、軍事に転用するとしても民間に普及した
後の話ではないかと考えました。

>>41さん

 ありがとうございます。

46 : ◆tYNNQsR2G6 :03/11/24 17:29
>即死回避うめ。

>おいおい即死しそうな流れになってるぞ
>前スレを盛り上げていたヤシらはどこいったんだ?

 >>7さんと>>10さんがこう言ってましたが、再び即死しそうな流れに
なってますね。
 日本人技術者が主体となって基本設計を行った宇宙船が宇宙空間の商業利用
を促進する事に、ロマンを感じる人がそんなに少ないとは思えないのですが……


47 :NASAしさん:03/11/24 21:20
>>50
前スレを盛り上げてた人たちどこいったのかな。もう語り尽くされちゃった?
今の技術で有人をやるならカプセル宇宙船がベスト。しかし現段階では人間を宇宙へ送りだす理由は、国威発揚その他の心理・宣伝効果を狙ったものしかない。
ってのが結論になっちゃって、それ以上語ることがなくなっちゃったからねー。

48 :NASAしさん:03/11/24 21:41
もう即死は免れてるから、ここなら一月くらいほっといても落ちない。
何かネタが来るまで放置でいいだろ。

49 :NASAしさん:03/11/24 23:12
有人宇宙船って、ほんとにソレしかメリットないの?

なんかしら見つからないものかしら?

50 :NASAしさん:03/11/25 00:37
>>49
前スレで衛星修理ならどうだって話は出てたけど、衛星を修理できるように作るのにまた金がかかるとかで無理っぽいって話になってた。
いまのとこ、SF作家もふじの関係者もNASAでさえ有人宇宙船の用途についてなんら建設的な提案はできないでいる。
けど逆をいえば、何か有人の効果的な用途を提案できたらアーサー・C・クラーク級の大SF作家になれるね。誰か挑戦して?(笑)

51 :NASAしさん:03/11/25 22:01
うーん、前スレの存在に全く気づかなかった。もう見れないし。。

52 :NASAしさん:03/11/25 22:25
>51
ログをうpしてもいいんだが・・・。あぷろだ探してくれ。

53 :NASAしさん:03/11/27 06:15
>>52
ここでいいかなぁ。あぷろだ総合案内所
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/dcamera/1034742883/l50

54 :NASAしさん:03/11/28 00:13
>53
そういうのはいくない。ほれ。
http://xtp0001.s3.x-beat.com/cgi-bin/up/source/Sonata_5196.zip

55 :54:03/11/28 00:14
ああ、OpenJaneのログを圧縮しただけなので
ツールに食わせてHTML化するなりしてくれ。


56 :51:03/11/28 22:23
>>55
ありがとうございます。夏ごろまでたまに覗いてカキコしてたスレでした。
スレタイが違うので気づかなかった・・・。

57 :NASAしさん:03/11/29 22:24
SF系の人たちはまた続けるべし論をやってるね。
コスト意識を持ってするかしないか考えるってことができないのでしょうか?


58 :NASAしさん:03/11/30 00:05
人生のコスト意識を持っていればSFなんざやってはおるまいて

59 :NASAしさん:03/11/30 00:25
SFな人たちがどうして国にこだわるのか理解できないのだが。
SFな人たちって人類みなホモサピエンスじゃないの?

60 :NASAしさん:03/11/30 06:11
>>59
人類が宇宙に出る手段は多ければ多いほどいいだろ。
一個にまとめるとそれがしくじったときのダメージでかいし。


61 :NASAしさん:03/11/30 07:38
>>人類が宇宙に出る手段は多ければ多いほどいいだろ。
アメリカも中国もロシアもEUもロケットな訳だが。


62 :NASAしさん:03/11/30 09:32
>>61
宇宙に出るのにロケット以外のナニがあると?

63 :NASAしさん:03/11/30 09:59
アメリカのスペースシャトル型とロシア中国のカプセル型があればいいじゃん。

で,SF者はどうして国産にこだわるのかね。
中国脅威論とか日本はロケット技術を持つべきだとか,
普段国と言うものを軽視してるから余計おかしく感じる。

64 :NASAしさん:03/12/01 00:54
高く夢を見つつも足元を見て進むのさ〜

65 :NASAしさん:03/12/02 01:13
>63
ロシアのカプセルに乗るには金がない。
アメリカのカプセルは民間人は乗れそうにない。
国産なら・・・可能性はゼロではない。

66 :NASAしさん:03/12/02 13:31
>>65
例え日本がカプセルを作ったとしても、ロシアより安い値段で
民間人を乗せてくれる確率なんて…
宝くじでも買った方が早い。

67 :NASAしさん:03/12/02 18:29
>>62
軌道エレベーター

68 :NASAしさん:03/12/02 20:55
ブゲラッチョ

69 :NASAしさん:03/12/02 22:11
>>67
あと50年はムリなんじゃね?

70 :NASAしさん:03/12/03 01:37
 昨日、職場の昼休みでの事。

 休憩所でたまたま隣に座った同僚の女性に、
「ここ一週間で一番気の滅入ったニュースは?」
と聞いてみた。

 彼女はイラクのテロで日本人外交官が殺されたニュースをあげ、しばらくは
その話題が続いた。
 今度は俺の番。俺はH−2A打ち上げ失敗の話題をあげた。内心、興味を
示さないのではと思っていたが、意外にもノッてきた。あまつさえ、

「携帯など『ほんの10年あまり前には思いもよらなかった便利なもの』を享受
している現在を思えば、遠からず宇宙旅行が出来るようになったって全然不思議
じゃないし、行ってみたくもある」

という主旨の言葉を発した。

 後から同僚の女性が数人やってきて話に加わったが、これまた意外にも
みな宇宙開発に好意的で、今回の屈辱をバネに宇宙開発を進めるべきという
意見が見られた。

 俺の職場は文書の電子化に関わる所であり、宇宙開発とは特に縁は無い。
ごく普通の『オフィス』のイメージが当てはまるだろう。
 俺の身近にいる『働く女性』が世間一般の標準からどの程度離れているかは
分からない。だがそれでも、ごく普通に見える『働く女性』が宇宙開発の動向
に関心を示す様子は実に興味深かった。
 宇宙開発なぞに興味を示すのはごく限られた人間だけ、という見解は、
実はとんでもない勘違いであり、「限られた人間」以外を侮ったものでは
なかろうか。

 念のため断っておくが、上の体験談は実話だ。信じるも信じないも勝手だが。

71 :NASAしさん:03/12/03 01:46
>70
信じない訳じゃないが・・・職場の同僚で明らかに宇宙開発に興味を持っている人間が
H-2Aの話題を振ってきたときに「税金使って失敗するなら止めてしまえ」とは言わないんじゃないか?
その応対こそ社交辞令で宇宙開発に対する興味のなさの現れに見える・・・。

72 :70:03/12/05 01:34
>>71
レスにサンクス。

>その応対こそ社交辞令で宇宙開発に対する興味のなさの現れに見える・・・。

 う〜ん、どうかなあ。会話の当事者達が各々対等の関係にある場合、
興味ない話題を振られた人が示す反応は普通、

○気のない返事を返す
○しばらくの間適当に短い相槌をうって相手の好きなように喋らせ、頃合を
 見計らって話題をそらす

ぐらいのものかと思うが……。で、話題を振った側も相手が興味持ってなさそう
だと判断したらそこで話題を切り上げる、と。
 実際、先日の俺の場合でも、相手が興味を示さなかったらそこでその話題を
打ち切るつもりだったし。10分以上保つとは思わなかったからなあ。
 あ、ついでに言っとくと、俺は別に彼女の上司ではないし、俺自身が宇宙開発
に興味を持ってる事を今の職場で話したのは先日が初めてだった。

 まあ、これ以上先日の自分の体験について語ってもこのスレの主旨から外れる
だけだから、この辺で切り上げるけど。

 ところで……このスレって、前スレからのルール引継ぎか何かでsage進行に
なってるのかな?

73 :NASAしさん:03/12/06 23:03
おい、韓国に有人打ち上げ先越されたぞ(エレベーターで・・・・・・・・・)
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1069824697/l50

74 :NASAしさん:03/12/06 23:26
>73
軌道速度を獲得できていないので打上失敗です。

75 :NASAしさん:03/12/07 10:54
宇宙エレベータの試験機か…

76 :NASAしさん:03/12/07 21:00
「宇宙はみんなのもの」向井さん、中国の楊飛行士と会談

宇宙飛行士の向井千秋さんが7日、北京郊外の宇宙開発関連施設で、
中国人として初めて有人宇宙飛行に成功した楊利偉飛行士と会った。
二人は「宇宙はみんなのものだから、日中、アジア、地球全体の友好
や青少年の教育などにつながることを一緒にやっていきたい」と意気投
合した。

 向井さんは、両国関係の発展について有識者が意見交換する「新日
中友好21世紀委員会」の一員として、会議出席のため初めて中国を
訪れた。会談では向井さんがまず楊氏に成功を祝福。楊氏も、スペース
シャトルで2度飛行した向井さんに敬意を表して、宇宙飛行中に撮影し
た映像記録を手渡した。

 会談後、向井さんは中国の宇宙開発について「総合的な技術力が高
い」との見方を述べた。また、日中関係に関しては「(両国民の間で)摩
擦、感情的なもつれがあっても、ネガティブに考えるのではなく、一緒に
組んで何かをやっていけば、ポジティブなものも出て、アジア、地球の
ためになる方向性を見つけていけるのではないか」と話した。

(12/07 19:58)

http://www.asahi.com/science/update/1207/003.html


77 :NASAしさん:03/12/07 22:00
宇宙関係では最近珍しい、こころが暖まるニュースですね。

78 :NASAしさん:03/12/08 13:37
JAXAにとっても、フトコロが暖まるニュースが欲しいところ。

79 :NASAしさん:03/12/11 00:44
>77
ヤン大佐も、やはり「ライト・スタッフ」ってことになるのかな

80 :NASAしさん:03/12/11 11:55
日本人のライトスタッフが誕生するのはいつの日だろうか?


81 :NASAしさん:03/12/11 21:06
>>80
ライトスタッフはいるかもしれないが、活躍の場がない。

82 :NASAしさん:03/12/28 01:50
>>81
激しく同意

83 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

84 :NASAしさん:04/01/09 02:20
>83

 やれやれ、誰かさんの久しぶりの発言は『あぼーん』かい。
よっぽどひどかったんだろうな。

 ところで、>>4を改めて読み返して思ったんだが、ふじ計画実現までに
いくら金がかかるかをできるだけ綿密にはじき出してから、その額に
ふさわしい使い道を考えるってのもいいかもしれないな。
 誰か専門家の人で、そういうソロバン勘定を綿密にやった人、今までに
いないかな? どっかで見かけた概算では、地球低軌道周回旅行の代金は
一人当たりおよそ2億円まで引き下げ可能らしいが。
(ま、悲観的なデータだけ集めれば『不可能』宣言をするのは容易いがね)
 宝くじの一等賞としては申し分ない。俺だったら、ちょっぴりだけその
宝くじを買いたくなる。

 あと、金持ちが金にあかせて宇宙に行くのを『金の無駄遣い』と
脊髄反射的に非難する前にちょっと考えてみたんだが、
『金は天下の回り物』なのだから、経済活性化の一助にならないでは
ないかもしれない。
 それに、宇宙に行った人ってのは人生観激変する傾向にあるらしい
からね。世界平和や地球環境問題に多大な関心を示すようになったり。

85 :NASAしさん:04/01/09 02:45
>84
金持ちの宇宙旅行を「金の無駄遣い」と非難してたやつなんかいたか?
個人資産だからどう使おうと勝手だろう。

ただ、「ISSは観光ホテルじゃない」という非難は聞いたことがある。
各国が莫大な税金を投入して科学的な目的で建造したものを、
財政難のロシアの独断で観光資源化されてはたまらんという理屈。

86 :NASAしさん:04/01/09 02:50
>84
あ、それと、宇宙旅行一人2億円という試算は開発費は含まないと思われ。
衛星の打上と一緒で、一回あたりの製造・運用費のみです。

87 :NASAしさん:04/01/10 18:39
>>85
観光資源化いやだ云々の前に本気でどうにかしないと、
軌道上実験室としても宇宙ホテルとしてもISS自体が危ないと言う状況なので
別に構わないとも思うんだけど。

88 :NASAしさん:04/01/10 19:36
藻前ら、大ニュースですよ。
http://www.asahi.com/science/update/0110/004.html
【スペースシャトル引退も 米、新宇宙輸送システム開発へ】
ブッシュ大統領は14日に発表する新たな宇宙戦略で、月や火星への
有人飛行に欠かせない新型宇宙輸送システムの開発を提案する見通しだ。
大型ロケットと多目的宇宙船を組み合わせたものとみられる。10日付の
米ワシントン・ポスト紙が報じた。スペースシャトルは引退し、後継の
往還機開発も立ち消えとなる可能性が出てきた。

89 :NASAしさん:04/01/10 23:12
>>88
これって「ふじ」そのものだよな。シャトルは後世、駄作機と評価される事がこれで決定か……。

90 :NASAしさん:04/01/11 00:25
>>89
駄作というのは一時代を築くこともできずに終わってしまった、HOPEやブランの事だと思うが。
全く別な乗り物である、カプセル型宇宙船とシャトルを比べて、
シャトルが駄作ってのは、そもそも成り立たんと思うが・

91 :NASAしさん:04/01/11 00:40
>>90
HOPEはそもそも試作さえされてないから(^^;
まあなんにせよ、新素材が開発されるまでは宇宙往復機は凍結ってことで

92 :NASAしさん:04/01/11 00:42
今のNASAの技術で使い捨て機を作り直すってこと??
どうなるんだろう、、スペックとかコストは??

93 :NASAしさん:04/01/11 01:02
>>92
コストは安くなるんじゃないかな。ソユーズにどれだけ接近できるかは知らないけど。
スペックはせいぜい数人の宇宙飛行士を宇宙に送りだして帰還させるだけの能力になると思う。居住スペースや着陸船なんかはミッションごとに付け替えると思われ。
最終的にはふじそっくりのが出来上がると思う。

94 :NASAしさん:04/01/11 01:36
>>88
 そうなんだよな。サターンを今の技術で再設計すれば現状の問題はほとんど解決する。
 一年分の食料、その他機材を年1ぐらいで打ち上げりゃいい。
 100トン打ち上げられるならなんだってできるよ。
 大鑑巨砲主義もいいとこだが、日本はこれの逆を考えていかんと
 宇宙開発で生き残ることはできまい。

 サターン1回の打ち上げって現状いくらぐらいになるかなあ?
 500億円切ったらたいしたもんだけど。

95 :NASAしさん:04/01/11 01:44
シャトルは「再利用しないといけない」っていうのが最大の欠陥だな
再利用する為に、何度も使用可能な設計にして、また飛ばすたびに大掛かりな補修が必要

飛行機並みの補修ですむようになれば、もっとシャトル型が有利になるだろうけど

96 :NASAしさん:04/01/11 02:18
>>94
サターンV 一基 = 原子力空母エンタープライズ 一隻

って聞いたことがある。エンタープライズ一隻いくら?
軍事版と同居の方情報キボンヌ

97 :NASAしさん:04/01/11 02:22
製造に18億ドル(開発コストは多分別)
維持費が年4億ドルって説も有るが・・・・・・
うろ覚え。
当然ながら艦載機含むともっと上だそうで。

98 :96:04/01/11 02:42
ってぇことは
当時のレート  1ドル=360円 だとして(OK?)

18億ドル = 6480億円  =  サターンV 1基 !?

H2A(85億円)*10基分の性能で・・・・・・・・・
すっげぇ無駄・・・・・でこのうちの1/3が電子機器だろ?
当時の最新型 8ビットコンピューター < ファミコン(初代)
ムーアの法則にしたがってコンピュータも値下がりしたが
ロケットも値下がりしたんだな・・・・・・・

99 :94:04/01/11 02:43
>>96,97
 だいたい2000億円ぐらいか。
 徹底的にコストダウンして600億〜1000億くらいと見ていいのかな?
 それでも貨物1kgあたりのコストパフォーマンスはスペースシャトルとは比べ物にならんな。

100 :NASAしさん:04/01/11 02:57
これって日本企業も製造できるようになったりするのかなぁ?

101 :NASAしさん:04/01/11 04:22
サターン、というか、スペースシャトルを使い捨てにするような形になるんじゃないの?
オービター+ペイロードで100トン近くあるわけだし、オービターの分もペイロードになるとすりゃ、
低軌道100トンは楽勝だろ?

つうか、開発期間が3年弱なんだから、今あるものを最大限活用しなけりゃ・・・
タイタンやアトラスを拡大して、エネルギアサイズを作るのはどう考えても時間かかりすぎるだろうし。




102 :NASAしさん:04/01/11 04:25
>>101
タイタンの増強型は随分前から話が出てなかった?

103 :NASAしさん:04/01/11 05:25
>>101
今あるもので分割して打ち上げればいーじゃん

104 :NASAしさん:04/01/11 06:09
>103
分割すると軌道上で組み立てる必要があるからそれはそれで難しくなると思われ。

>101
逆にいえば現在あるものを最大限流用するつもりだから
07年に試験飛行という見積もりが出てくるんだろうねぇ。


105 :NASAしさん:04/01/11 06:22
>102
低軌道に十数tonレベルのものを強化しても100tonの打上能力にはならないと思われ。
探したけど強化型のスペックが見つからなかった。

106 :NASAしさん:04/01/11 06:57
>>101
かつてのシャトルC案ってやつを想像しますた。
http://www.astronautix.com/lvs/shuttlec.htm
>LEO Payload: 77,000 kg
>Empty Mass: 34,380 kg
>Flyaway Unit Cost $: 84.97 million. in 1985 unit dollars.
翼とか無いのにEmpty Massが結構重ひ。シャトルの構造を踏襲してるっぽいからかな...

シャトルっぽいELVで他には、昔こんなのが。
http://www.astronautix.com/lvs/ares.htm
>LEO Payload: 121,200 kg

107 :NASAしさん:04/01/11 08:53
何でもいい。
小泉はブッシュが記者会見でしゃべる前に、ふじを開発すると発表すべきだ。


108 :NASAしさん:04/01/11 10:20
>107
内閣が跡形なく吹っ飛ぶw

民主党もマニュフェストで「ふじ」を実現するとか言えば、
政権取れたかもなぁ。

109 :101:04/01/11 13:09
>>106
俺が考えたのは、ちょうどそのAresってやつみたいなもん。
つうか、マジで考えたやつがおったのか。



110 :NASAしさん:04/01/11 13:20
2段式スペースプレーンの上段はロケット+カプセルでも構わないし、
この際、ふじ計画を始めてみたらどうかなあ

111 :NASAしさん:04/01/11 13:23
>>108
揺るぎもせんだろ。なんでこの時期にと怪訝な反応はあるかもしれんが

112 :NASAしさん:04/01/11 18:38
>111
予算の45%近くを公債発行に頼っている状態で有人宇宙飛行をぶち上げるのは無謀すぎないか。

113 :94:04/01/11 19:24
巨大な貨物は、新型サターンで(打ち上げ価格500〜1000億?)
人はH2Aクラスで(50億〜100億?)
人工衛星は小型化してM−X(10億〜40億?)
って、棲み分けすることになるんじゃないかなあ?

人工衛星ビジネスはM−Xクラスになっていくと思うよ。
んで、そこで重要になるのが価格と即応性。

価格の目標は10〜20億。
基本的に量産効果が一番だろうな。

即応性は注文から打ち上げまでが早いこと。
これも1年ぐらいじゃないと、今の時代じゃだめでしょ。
んで、天候とかに左右されないように打ち上げ基地も
固定じゃなくて船とかにできないかなあ?
晴れるのを待つんじゃなくて、晴れてるとこに行って打ち上げるのだ。
候補を3〜5カ所に絞って1週間ぐらい前に決定して打ち上げ。

114 :NASAしさん:04/01/11 20:14
>>113
船で赤道付近まで行って打ち上げるとか。

115 :NASAしさん:04/01/11 22:43
>>114
いろいろ計算されたらしいが、静止衛星を打ち上げるならともかく
低軌道ではそれほど変わらん

116 :NASAしさん:04/01/11 23:25
>>113
シーランチそのまんまじゃないか?ソレって?

117 :94:04/01/12 00:50
>>116
 ちょっとシーランチでググってみたがすでにあるんだなあ。
 これって理想的じゃないかなあ?
 日本のJAXAとISASって漁師さんとの取り決めで打ち上げ時期が
 決められてるんだよな。打ち上げタイミングを決定するのは天気だけに
 してあげたいよ。

118 :NASAしさん:04/01/12 17:21
>>112
別に無茶というほどではなかろ、ふじ開発計画自体は予算2000億ほど、
冗談半分の高額見積もりで4000億とか聞くし。5年で年400〜800億程度。

独自の輸送手段があれば、お米の月基地計画に付き合って、ISS並かそれ以上の
費用を出した挙句、「日本は月への切符を金で買っただけ」とか言われずに済むし。

119 :94:04/01/12 18:01
>>118
> 費用を出した挙句、「日本は月への切符を金で買っただけ」とか言われずに済むし。
 そんだけならまだしも、利用にも制限つけられて、使いたいときに使えない、そんで、莫大な使用料も取られる。
 後で計算したら自主開発した方が良かった。てなことになるだろう。

120 :NASAしさん:04/01/12 18:12
>118-119
問題はISSやスペースシャトルの現状が全然周知されていないことなんでは。
有人はアメリカに任せておけばいいって言う人たちはJAXAがどのくらいの
資金負担をしているか全然知らないんじゃない?
政府もJAXAもそういうことは言いたがらないし。

121 :NASAしさん:04/01/12 18:24
>>119
うん、ISSみたいに巨額の費用を出したはいいが、搭乗枠は削られ、使えないまま
壊れそうとかなりかねないし。対等の手段を持ち寄って役割分担したいとこ。

お米との並行開発なら、それなりに技術情報の等価交換ができるだろうし、
改良検討時に代替技術の蓄積・利用が可能になるのは双方お徳な話。
ミッション計画のジョイントや共同運用の時にもやりやすいだろうしね。

122 :NASAしさん :04/01/12 21:41
>>121

いやいや。
平行開発といっても、日本は主導権を握れんぞ。
大体等価交換できる技術情報なんてあるのかね。

結局やせ我慢してもこつこつと自前の技術開発するしかないのでは。
ま、できるかどうかだが。


123 :94:04/01/12 23:36
>>>119
> お米との並行開発なら、それなりに技術情報の等価交換ができるだろうし、
> 改良検討時に代替技術の蓄積・利用が可能になるのは双方お徳な話。
 平行開発させてくれるとは思えないなあ。
 わけわからんいちゃもんつけてきて、金だけ出せって言われるよ。
 小型衛星を安価で素早く打ち上げるって方向の法が成功すると思うなあ。

 有人に関しては俺は消極的なんだよな。
 ただ、有人を仮定したカプセルの突入実験はやっといた方がいいと思う。
 じゃないと後で取り返しのつかないことになりそうだ。

124 :NASAしさん:04/01/13 00:36
わけわからんいちゃもん好きだからなぁ米

125 :NASAしさん:04/01/13 01:02
>>122
どうかな。日本の必要な有人技術情報は、米露中が握ってて取引相手は複数。
米側の開発まで主導を握る必要は薄いので、お米の干渉が過ぎれば別の相手と
取引か独自路線を強化。別方式の実証データも、技術の優劣以前に貴重な気が。

>>123
今の予算じゃ幾ら絞りとっても年数百億まで、お米としては端数規模では。
小遣いせびりで更に日本の宇宙開発を袋小路と予算先細りに追い込むのは、
勿体無いオバケがでそうな。独自路線で有人成功は予算大幅増の好機になるし。

126 :NASAしさん:04/01/13 02:12
話によると、ソ連崩壊後のゴタゴタで、当のロシアでもエネルギアを作ったり運用したりする
技術が失われつつあるそうで。ああもったいないもったいない。

127 :NASAしさん:04/01/13 22:33
アメリカのアポロの技術も結構失われたらしい。
月着陸船などはノウハウの塊だったが
今同じようなものを作ろうとすると
かなり大変だとか。

128 :NASAしさん:04/01/13 22:54
>127
それはアメリカではディーゼル潜水艦の技術が失われているのと同じやね。
そのうち固体ロケットも伝統工芸になったりして。

129 :NASAしさん:04/01/14 04:40
>>128
アメリカは固体ロケットは軍需があるからもんだいないでしょう
定期的に廃棄して新しいのに交換しないといけないし

130 :NASAしさん:04/01/21 21:58
>>129
アメリカは固体ロケットは軍需があるからもんだいないでしょう
定期的に廃棄して新しいのに交換しないといけないし

日本の固体ロケット技術が伝統工芸になりそうです。

個人的にはコストダウン開発させてみたいなあ。
いくらまで安くできるか?


131 :NASAしさん:04/01/25 00:18
ところでUSERSの回収カプセルは回収後どうなったんだ?
実験結果が表に出て無いぞ。

132 :NASAしさん:04/01/25 08:54
>>131
財団法人 国際超電導産業技術研究センター 第三部
強磁場材料としての応用が期待されるRE123系バルク超電導体の試料作製、
特性評価、応用検討といった、基礎から応用までの一貫した研究体制を展開
しています。
・バルク超電導体のプロセス最適化と大型化・高強度化の研究
・バルク超電導体の応用研究
・次世代無人宇宙実験システム(USERS)による大型高温超電導材料製造実験
・高温超電導フライホイール電力貯蔵研究開発




133 :NASAしさん:04/01/29 14:43
有人キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

134 :NASAしさん:04/01/29 15:35
目指せ打ちage

135 :NASAしさん:04/01/29 15:55
まじっすか!!

「有人宇宙飛行」目指す…政府、宇宙開発政策を見直し
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040129-00000005-yom-pol

 政府は29日、現在の日本の宇宙開発利用政策を抜本的に見直す方針を固めた。
 失敗が続く国産ロケット打ち上げや人工衛星の開発技術などの見直しのほか、
 凍結していた日本人宇宙飛行士による独自の有人宇宙飛行についても、早期実現を視野に再検討する。
 関係閣僚と有識者による政府の総合科学技術会議(議長・小泉首相)が同日夕の会合で、
 新方針を今年夏にも策定することを決める運びだ。
 有人宇宙飛行については、同会議の宇宙開発利用専門調査会が一昨年6月、
 「有人宇宙活動については、今後10年程度を見通して独自の計画を持たない」とし、
 独自計画の策定そのものを当面放棄する方針を打ち出していた。

 しかし、
 〈1〉中国が昨年秋、旧ソ連、米国に次いで有人宇宙飛行を成功させた
 〈2〉今年に入り、米国が2015年にも月面有人探査を再開するなどの新計画を発表した
 ――など、宇宙開発利用をめぐる国際環境の変化を受けて見直すことにした。
 独自の有人宇宙飛行に対しては、現在年間3000億円程度の宇宙関連予算を大幅に増やす必要があるため、
 政府内には慎重論も強い。(読売新聞)

136 :NASAしさん:04/01/29 16:00
やっぱり、アメリカの宇宙計画見直し(シャトルやめちゃう)とも
関係あるんだろうな。 個人的には大歓迎だが。
 なにを使って打ち上げるのか、早く知りたいよ。

137 :NASAしさん:04/01/29 16:05
ふじとはまったく別ってことかな?

138 :NASAしさん:04/01/29 16:14
国が動き出したぞ!!!


139 :NASAしさん:04/01/29 16:15
つうか立花のコラム載せたJAXAはなんなの?

140 :NASAしさん:04/01/29 16:34
俺は立花自体にもなんなの?と言いたいw

141 :NASAしさん:04/01/29 17:14
立花たん、梯子外されちゃいましたね。

142 :NASAしさん:04/01/29 17:20
何だかニュー速+って、
大抵の話題だと自分と住人は同じ意見なのだが、日本の宇宙開発のスレになると
住人と意見が合わなくなる。

143 :NASAしさん:04/01/29 19:50
昨日、近所の総合科学技術会議行ったんです。CSTP。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、 日本の有人宇宙活動について、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、総合科学技術会議如きで普段からやってない議論してんじゃねーよ、ボケが。
日本の有人宇宙活動だよ、有人宇宙活動。
なんかブッシュの新宇宙計画かぶれとかもいるし。火星探査か。おめでてーな。
よーし日本も有人飛行やっちゃおー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、ライトスタッフ完全版貸してやるからその席空けろと。
総合科学技術会議ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
テーブルの向かいに座った業界の違う奴がいつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。トーシロは、すっこんでろ。
で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が、これからはカプセル型宇宙機、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、カプセル型なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、カプセル型、だ。
お前は本当にSFヲタの尻馬にのって何ができるのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、ほんとは「ふじ」って言いたいだけちゃうんかと。
有人通の俺から言わせてもらえば今、有人通の間での最新流行はやっぱり、
軌道エレベーター、これだね。
フラーレンカーボンナノチューブで一気に軌道到達。これが通のやり方。
軌道エレベーターってのは元ネタはツィオルコスキー。でクラークが一気にメジャーにしたの。これ。
で、それに材料研究者総動員。これ最強。
しかしこれで頼むとまたふじ厨&有翼往還機支持派からマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、H-2Aフタ桁打ち上げてから有人を語んなってこった。

144 :NASAしさん:04/01/29 20:19
ふじもHOPEも、シーズ。政府方針はニーズ。

ニーズに適合するシーズはどっちか、ってことでしょう。多少金がかかって
も見栄えがよくてスペースプレーンに繋げたければHOPE。コスト最小、
期間最短で使い勝手を重視すればふじ。個人的には、予算が青天井なら
HOPE+HTVがいいが、現実的にはHTVの先にふじの基本モジュール
を載せるんじゃないかと。

145 :NASAしさん:04/01/29 20:36
>144
すまん、何でHTVの先にふじをのせにゃいかんのだ?

ISSへの物資補給と人員交替をいっしょにするのか?
有人機の信頼度でわざわざ貨物を運ぶのか?


146 :NASAしさん:04/01/29 20:57
続報が無いのが激しく気になります…

147 :144:04/01/29 21:09
>>145
ふじ構想自体が基本モジュール(帰還カプセル)に推進モジュールと拡張
モジュールを接続する構造だから、後者2つはHTVで代用すれば良いと
思った。基本モジュール自体は軌道変更能力はほとんどなくて、軌道離脱
ぐらいしかできないので、ISSなどへ行くには推進モジュールが要る。

HTV自体もISSに接続するために、軌道上での信頼度は有人機仕様に
なっているから、それほど要求が違うわけでもないし。プログレスとソユ
ーズが同じような推進モジュールを使ってるのと同じことで。

148 :NASAしさん:04/01/29 21:26
これは画期的なことじゃない?有人宇宙開発で初めて「ゴール」が設定されたわけだし。
有人宇宙開発の賛成反対は抜きにして、現場の士気は相当上がると思うよ。
スペースシャトル亡き後の米国の補完という役割が明白に浮上してきたわけだし。
決して国威発揚のミエだけじゃない。

149 :NASAしさん:04/01/29 21:47
SpaceDailyにも記事が出たようです。
Japan to change space policy, aims manned mission: report
http://www.spacedaily.com/2004/040129111233.wbuuusqw.html

150 :NASAしさん:04/01/29 22:56
>145
ふじは脱出ロケットを搭載するから、貨物用ロケットと同じレベルのロケットで
打ち上げ可能なはず。何かあったら指令破壊する前に有人カプセルだけ分離。

151 :NASAしさん:04/01/29 23:02
>>150
前回の失敗ようなケースだと人は死なないもんね

152 :NASAしさん:04/01/29 23:15
しかし、回収再利用型宇宙機を日本が独自開発できるわけもないし、独力での有人飛行を
やるとしたらどう考えても「ふじ」の類似品になるだろう。

んで、すでに「ふじ」計画として非公式なラインからカプセル型宇宙機開発構想が発表されて
いること自体が、重大な障害になるんじゃないか?

つまり、今まで有人宇宙飛行は全面的にアメリカ頼りという方針を堅持してきた役人やら関係
者のメンツと両立しないという事だ。「ふじ」計画が公表されていなければ、まだしも方針転換
が可能だったかもしれんが、非公式なラインで発表されたのと同じ方針を採用するというのは
役人にとって自殺するよりももっとつらい屈辱だろう。

となるとだ、考えられるシナリオは

1.アメリカのカプセル型宇宙船新規開発に相乗りする
2.役人のメンツにこだわらなくても済むよう着手を50年後とする
3.再利用型宇宙船にこだわり続け、100年をムダに過ごす
4.JAXAとはまったく別組織を立ち上げる

ということになるのでは?


153 :NASAしさん:04/01/29 23:16
しかしこの前の中長期計画もなんたら大綱とやらも、たった2〜3年でコロコロ変わってるからな。
政府の言うことなんか当てにならんよ。

154 :NASAしさん:04/01/29 23:18
>152
「ふじ」計画が非公式?
ありゃNASDAの先端ミッション研の名前で出てるんだから、
立派な公式文書だよ。
正確に言うと「計画」ではなく、そのもっと前段階の「構想」だが。

155 :NASAしさん:04/01/29 23:26
>154
しかし、主流派ではない、現場の急進派が上層部を無視して
ぶちあげたってイメージがあるんだが・・・。
あと、今まで再利用型の研究開発していた人間にとっては、屈辱だろうし、
実験や研究開発費もろもろを奪われる危機感もあるだろうから
そう簡単にはふじでまとまらないだろうな。
最悪、平行開発して予算もマンパワーも不足して30年たっても
何も形にならなかったということにも・・・。


156 :NASAしさん:04/01/29 23:30
>>152
>1.アメリカのカプセル型宇宙船新規開発に相乗りする

それはわざわざ「有人飛行をやるよ」って宣言してやることじゃないだろ。
今、シャトルのお客さんとして乗せてもらってるのと同じだし。


157 :NASAしさん:04/01/29 23:37
>>152
日本が有人飛行路線に転換するというだけでも充分大転換なんだし、選択肢
はカプセルとシャトルしかないんだから、「ふじ」の存在ぐらいどうってこ
とないでしょ。それじゃあシャトルにも「ヤマト」があるからマズイとか?

158 :NASAしさん:04/01/29 23:40
>156
アメリカのカプセルの定員が何人になるのかわからないから、
少々の金を出したくらいじゃ、搭乗枠を確保できないと言う判断もあったのだろうねぇ。

159 :NASAしさん:04/01/29 23:45
>156
一応、カプセルを三菱あたりでライセンス生産して種子島から打ち上げることになるから
タテマエとしては日本独力の飛行と言えるだろ。というか、アメリカからの技術導入という
事を考えてもこれが最良のシナリオに思えるんだが。

160 :NASAしさん:04/01/29 23:53
宇宙開発方針、見直しへ=総合科学技術会議
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040129-00000759-jij-pol

 政府の総合科学技術会議(議長・小泉純一郎首相)は29日、
 日本の宇宙開発の基本的な方針を見直すことを決めた。
 国産ロケットの打ち上げ失敗などトラブルが続いていることを受け、
 信頼性の向上を目指すとともに、米国の新宇宙開発計画への対応なども図る。
 今年夏ごろに取りまとめる考え。 (時事通信)

今年の夏は要注目!?

161 :NASAしさん:04/01/30 00:40
そういや、かつてペプシが企画した「2001年宇宙の旅」を思い出したよ。
あれは結局日本人当選者はいたのだろうか?
当時のキャンペーン広告が載った新聞が今でも実家に取ってあるはず。

日本の企業も「観光丸」とかいう旅行用宇宙船を開発してたと思うけど、
最近音沙汰が無いな。

162 :NASAしさん:04/01/30 00:43
>161
観光丸は企画であって開発はしてないと思われ。

163 :NASAしさん:04/01/30 00:55
「観光丸」は、SFですから。
SFじゃないとありえないような推進システムですよ、ありゃあ。

164 :NASAしさん:04/01/30 01:21
しかし、ゼニの事は何とかなったとして、マンパワーはあるのかね?

165 :NASAしさん:04/01/30 03:00
>>164
それが(予算と並んで)最大の問題になりそうな予感。
IGSに人員取られてあっぷあっぷ、なんて記事が以前あったし…
何とかして宇宙開発に関わる人々をもっと増やす要ありかと。

166 :NASAしさん:04/01/30 06:46
>>161
うちの近所の歯医者さんが当選者だったよ。
結局、計画が頓挫したもだったんで、何年か前にペプシ側は「権利保留」と「現金1000万円」の
どちらかを選択するように通知したんだけど、何人かの当選者は権利保留を選んだそうな、と
地元紙に載っていた。

167 :NASAしさん:04/01/30 10:46
いずれにしても、H-2AなりGXなりが安定して運用できるように注力しなきゃいけないような気がするのだが。
ペイロードの宇宙船だけこさえても、上げるロケットがないことには。

168 :NASAしさん:04/01/30 11:07
>>167
それと、もう少し使い勝手の良い射場も

169 :NASAしさん:04/01/30 11:10
>167
安定して運用できるようにする努力は今もしてるだろ。それはロケット側の仕事であって、
ペイロード側は安定運用可能なことを前提に開発を進める。ロケットが安定するまで
ペイロードの開発が出来ないんじゃ打ち上げる荷物がなくなってしまうよ。

170 :やすおタソ:04/01/30 18:29
宇宙開発という観点から、我が国はどういう取り組みをすべきか、
最近の状況などを踏まえ、もう一回議論してみようということだ。

171 :NASAしさん:04/01/30 18:35
長官、このような状況が。
  ↓
中国:宇宙開発関心高いが経済効果に疑問の声も
ttp://news.searchina.ne.jp/2004/0116/research_0116_002.shtml

172 :NASAしさん:04/01/30 19:01
>>145
ヨーロッパのIRDTが無人だけど、ATVの先に付けて再突入させて、
回収するプロジェクトだね。

173 :NASAしさん:04/01/30 23:32
HTVって、簡単な改良でふじの補給モジュールになるかな?

174 :NASAしさん:04/01/31 00:06
長官、元々宇宙開発は今後3年5年で経済効果的にどうこう、といった事柄ではないのです!
目先の利益が頭にある限り、宇宙開発を取り巻く状況は厳しいとか言われるのは国を問わず世の常です。
せめて今の「失敗→予算減→無理が増える→…」というような悪循環を断ち切れるくらいの方向性は、
ご検討していただきたく。

こんな状況もありますよ、長官!
http://bizns.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/search/bun.cgi?NP_BNO=%39%39%35%36%31&NP_BHTML=%62%75%6e%2d%73%61%6d%70%6c%65&NP_KKEY=%cd%ad%bf%cd%a4%f2%a4%e4%a4%eb%a4%d9%a4%ad

175 :NASAしさん:04/01/31 04:56
総合科学技術会議(第34回)議事次第
平成16年1月29日(木)
http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihu34/haihu-si34.html

資料2辺りかな…

176 :NASAしさん:04/01/31 13:30
ブッシュの前に日本も有人宇宙飛行を目指すって言えばよかったのに。
いまさら後半年後にって言ってもなあ。

とりあえず手が届きそうなカプセル型で。
テストも含めてH−2Aどーんと20機発注しちゃいましょう。


177 :NASAしさん:04/01/31 13:39
NASAは創立二年半後に有人飛行したけど、日本はどれくらいかかるんだろうね?

178 :名も無きアマチュア国民:04/01/31 16:14
>175
有人計画ぶちageる前に裾野を広げなきゃいけないことがわからんようだね。
ttp://www.drc-jpn.org/AR-7J/tamama-03j.htm

179 :NASAしさん:04/01/31 17:16
日本の宇宙政策見直しと安全保障の今後
http://www.drc-jpn.org/AR-6J/tamama-j02.htm

防衛関係のシンクタンクなんですな、そこ。
財団法人 ディフェンス リサーチ センター
http://www.drc-jpn.org/

180 :NASAしさん:04/01/31 17:37
>>176
アリアン4かい!

181 :NASAしさん:04/01/31 22:46
>>176
ブッシュの発表が発端なのかもよ。
「日本人のシートは保障できない。」と言われて
自前であげようかという話になったとか。

182 :NASAしさん:04/01/31 23:16
>>181
いっそのこと、アメリカからそう言って貰いたいね。
つーか、仕向けろJAXA。

183 :NASAしさん:04/02/01 02:49
>181
いやぁ、実質的には言われたも同然でしょ。
シャトルは廃止。ISSへの人的輸送はソユーズ任せ。
新しいアメリカ製カプセルの定員が何人かは知らないが
搭乗枠はアメリカ人に優先的に配分されるのは間違いないし。

184 :NASAしさん:04/02/01 12:34
逆に言えば、「計画に協力すればたまには席やるよ(ニヤリ」って言われたら
一発でポシャるって事だよね。メリケン優先なのは今も同じだし。

http://boeingmedia.com/images/one.cfm?image_id=7196&release=t

185 :NASAしさん:04/02/01 14:26
>184
そういってくれるのを待ってるんじゃない?
アメリカを頼っておけば自分たちが責任を問われることはないわけだし。
今年の夏までという期限は、それまでにはアメリカから声がかかるだろー
もし声がかからなかったらしょうがないから自力でやるしかないかもね
みたいな。

186 :NASAしさん:04/02/02 12:14
でもその席やるって約束が守られない可能性は無視できない。
ISSとか、前例あるし。

187 :NASAしさん:04/02/02 15:57
エサをちらつかせて、ひきこんでおいてから、しばらくして
「席が確保できなくなっちゃった。」
「日本の位置、前と変わるよ。ここね。」
「こっちのミッション優先するから。」
「奉納金おねがいね。」

>>186
そういえば米・欧州共同で開発したシャトル搭載のスペースラブ、
欧州は殆ど利用できずに終わったそうですね。
JEMもそういうことになったりするんだろうか…

188 :NASAしさん:04/02/02 16:47
とか言ってるそばからこんな話が

米、宇宙基地撤退を検討 2017年以降、譲渡も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040202-00000115-kyodo-soci

> 【ワシントン2日共同】国際協力で建設を進めている国際宇宙ステーション(ISS)での研究を、米航空宇宙局(NASA)が2016年9月末で中止、ステーションへの関与を取りやめることを検討していることが2日、分かった。
> ブッシュ大統領が新宇宙政策で打ち出した月面基地建設や火星有人探査への資金を工面するためで、関係者によるとNASAは17年以降、米国が関与する部分を、他国や民間企業に譲渡することも検討している。
> 冷戦崩壊でロシアも巻き込んだISS建設計画は米国主導で始まった上、協定では、10年とされる完成後も10年間は各国が研究に利用するとしているため、この方針変更は各国に波紋を広げそうだ。今後、日本などの参加国の資金負担が増える懸念もある。(共同通信)

189 :NASAしさん:04/02/02 17:06
日本もそうだけど、ロシアも割り食いまくりだな。
せっかくミール捨ててまでがんばってるのに。

190 :NASAしさん:04/02/02 17:19
>>188
> JEMもそういうことになったりするんだろうか…
地上で朽ち果てる。


191 :aaxsa:04/02/02 19:13
しかしアメリカが国際宇宙ステーションから手を引くと言い出したが・・・・
宇宙ステーション無くして火星有人飛行が実現すると思っているのだろうか?

それとタイミング良く日本も有人宇宙船を検討すると言い出したが・・・・

アメリカは火星有人飛行に力を入れるから国際宇宙ステーションは日、ロ、欧州に空け渡すと言うのだろうか?


192 :_:04/02/02 19:44
>>191
タイミング良く?
私はNASAからとっくに打診があったと思いますよ。
その結果が最近のドタバタじゃないかな。


193 :NASAしさん:04/02/02 20:30
>>189
ロシアは冷戦の敗戦国なのにクリントン政権がお情けで仲間に入れてやったもの。
露助の技術者が悪の枢軸からリクルートされないように仕事を作ってやった。
軌道傾斜角なんぞもロシアにあわせてやったのでコストがアップしてしまった。
そもそも宇宙ステーションのルーツは、レーガンが80年代に西側の団結のシンボルとしてぶち上げたものだし。
もう洋ナシなんだろうな。

ところでJEMは寿命何年で設計してるのかね?もったいない脳。


194 :NASAしさん:04/02/02 20:53
>193
ロシアの組み込みはお情けじゃなかろう。
議会に予算を削られてステーションの規模を縮小させられたNASAが
元の大きさに戻すためにロシアに声をかけたわけで。
軌道傾斜角の変更はコストアップだったけど、代わりに安価な
ソユーズロケットを使えるようになったんだから収支はとれているはず。

まぁ、そのロシアの性で完成が遅れまくったわけだし、
アメリカにとってISSが用済みというのも同意。

195 :NASAしさん:04/02/02 23:13
二度とアメリカには協力しねえ〜
調子よすぎるぞ。金返せ。

196 :NASAしさん:04/02/03 00:57
んでヨーロッパもロシアも日本も手を引いたあげく、中国人に不法占拠されると言う罠

197 :NASAしさん:04/02/03 02:26
そもそも日本は何故ISSやアメリカの有人宇宙計画に付合ってるわけ?
材料工学とかそういうので何か成果が上がってるの?
もし何か意味があるのなら日本独自で進めるべき。意味がなきゃ全面的に撤退すべき。

198 :NASAしさん:04/02/03 02:38
>そもそも日本は何故ISSやアメリカの有人宇宙計画に付合ってるわけ?
言ってみればイラク自衛隊派遣と同じ理屈だろうな。大人のお付き合いだな(w

199 :NASAしさん:04/02/03 02:49
ブッシュ政権は無責任すぎる、京都議定書の事といい
大量破壊兵器の事といい、今回のことといい
酷すぎる(選挙からしてダメダメだが)

第一イラク戦争で戦費10兆円以上使ってさらに今も猛烈に増えつづけてる
これを予想に反して戦費がうんぬんなどと言っているが
一国の体制(多民族石油あり)を外力でひっくり返して
平定させるのに10兆以上かかるなんてのはどう考えても
予想できるはず、、それで財政赤字で支持率が下がったから
国威発揚の火星有人のためにISSは、1抜けたで
民間と他で頑張れって。。

国威発揚がないとなかなか宇宙開発が進まないのも確かだし
ISSが苦戦気味なのもわかる、
でもここまできたら多少規模を落としてでも各国のモジュールが
それなりに動くまでは関与しつづける責任があると思うんだが?


200 :NASAしさん:04/02/03 02:58
とまぁ熱くなったのだけど、もう一度モチツイテ見たら2016年9月末か
それならとりあえずの完成は見れるか。。
ここでの実験が成果を出さないとそれこそ中国に占拠されちまうな。。




201 :NASAしさん:04/02/03 03:07
振り出しに戻るが、結局、有人を何の為にやるのかをハッキリさせないとイカンよ。
アメリカや中国と違って、日本の場合国威発揚は理由にならない。ヨーロッパも同様だから有人をやっていないように見える。
今回有人の話が出たのはアメリカがシャトルを打ち切るから、「じゃあ独自でやるか?」みたいな感じで独自性が全く無い。
そもそもなんで日本がISSに関与してるか判らんし、アメリカに引きずられるだけで主体性がまるで無い。
イラク問題もそうだが、アメリカ追随なのはアメリカに強要されているとかそっちが儲けるとかじゃなく(無論それもあろうが)日本に主体的な戦略がないから何となくよらば大樹の影。
アメリカについていかないと自分ではどっちに歩いて行けばいいのか判らない(考えもしない)だけのようにしか見えん。

202 :NASAしさん:04/02/03 04:28
>195
むしろ日本がトロ過ぎると考えなければ進歩は無いぞ。
旨みがなくなってきたから手を引く。ごく自然なことだと思うが。
損得を考えることを卑しい事だとか思ってたりしない?

203 :NASAしさん:04/02/03 12:49
>>202
損得勘定が大事だからこそ、宇宙開発はつねに悩ましい。
丸損だけど、ここで手を引いて出血をくいとめるか、
それとも1回だけでもISSに常駐させて多少なりとも独自の
有人ノウハウを手に入れるか。
もっともその独自のノウハウってのが手に入るかどうかは
怪しいかもしれないけど。

204 :NASAしさん:04/02/04 00:59
>>201
多種多数かつ長期稼動の自動化機器を開発・運用する為ではいかんのかね。
月開発辺りの規模になると、有人織り込まないと長い目で効率が悪いかと。
>>203
バブル末期の政治取引で、ある意味ペイしてるのかもしれんが、今更ISS参加
中止でどれだけ予算が浮くのかと。それが判らんと何ともなー。信用問題もあるし。

205 :201:04/02/04 01:46
>>204
それなら、H2A増強型一発でうち上がる位の小型ステーションを独自に開発して、でもいいんでね?
無責任で傲慢なアメリカの計画に相乗りするより、日本独自でやればいいでないか、という事なんだが。


206 :NASAしさん :04/02/04 06:19
>>180
まあ一括して発注すれば安くもなるし、信頼性も向上するでしょう。
それに有人飛行の前にいっぱいテストもしなくてはならないし。


207 :NASAしさん:04/02/04 07:21
>205
アメリカがISSから手を引くって言ってるんだから、それを活用すればいいんじゃない?

208 :NASAしさん:04/02/04 11:32
ロシアのモジュールもヨーロッパのモジュールももともとは独自に打ち上げるはずの
ものだったからな。

209 :NASAしさん:04/02/04 12:46
>>207
>アメリカがISSから手を引くって言ってるんだから、それを活用すればいいんじゃない?
船長が逃げ出したのに最後まで船に残る鼠、か?

210 :NASAしさん:04/02/04 21:46
>209
日本もESAも手を引けば、たぶんロシアが観光ホテルにするだけだし。
アメリカがいなくなって日本が維持費を出せば、ふじの待避先としても使えるだろうし
ふじとISSのドッキングとか安全率の低い実験も可能になるだろうし。
アメリカがなんと言おうが、ISSは既に出来てるんだから、
骨の髄までしゃぶって使い倒してやればいいんじゃないか?
本当になんにも使い道がないなら放置すればいいんだけども。

211 :NASAしさん:04/02/05 00:45
待避先って言う意味がよくわからないんだけど…
あと、維持費とかかかるから、結局は得られる利益と維持費の天秤ですよ。

212 :NASAしさん:04/02/05 01:21
退避には使えません。狙って行かない限り辿り着けません。

・・・と、読んでいる他の素人さん向けに言っておかなければなるまい。

213 :NASAしさん:04/02/05 07:10
>212
いや、だから機密漏れとか帰還用ロケットの不良とかに備えて
あらかじめISSとランデブーする起動に打上げるってことな。
>205が独自の小型ステーション打上げてって言うからそれなら
ISSを使い倒すのとかわらんじゃないかと思っただけで.

214 :NASAしさん:04/02/05 11:30
種子島からわざわざ51度の軌道に打ち上げるってのも壮大な無駄のような…

215 :NASAしさん:04/02/05 14:27
有人用の打ち上げ基地を高緯度に作ろう。どこらへんだ?

216 :NASAしさん:04/02/05 14:38
ふじ・・・ふじエアー・・・
ハッチクローニー、打ち上げ。
無事帰還、太平洋に着水。
船長「ハッチオーポン!」

217 :NASAしさん:04/02/05 15:09
>>215
クリスマス島とか

218 :NASAしさん:04/02/05 17:11
それは低緯度!

219 :NASAしさん:04/02/05 19:13
失礼。じゃ大樹町とか。

220 :NASAしさん:04/02/05 21:33
>>213
>いや、だから機密漏れとか帰還用ロケットの不良とかに備えて
大推力で自律行動できるレスキュー衛星を打上げとくとか(笑
予備酸素、リペア品、宇宙服などを搭載、ISSへの曳航も可で。

他国の有人活動がピンチの時に、活躍できそうなとこも良いかと。

221 :NASAしさん:04/02/05 23:35
>>220
ISSを改造するより待避所専用衛星を複数打ち上げた方が良いのでは?

222 :NASAしさん:04/02/06 01:14
>>221量産効果も狙おう

223 :NASAしさん:04/02/06 02:37
>221
>222

 そういえばふじ計画には、
任意の数の『拡張モジュール』を連結して宇宙ステーションを作る、
というアイデアも含まれていたが……。

224 :NASAしさん:04/02/06 20:16
ところで、続報一切ないね。

225 :NASAしさん:04/02/06 21:50
>>224
そりゃ、小泉のブチ上げた嘘だから仕方が無い。
今年は参議院選挙、自民党なら有人宇宙飛行も「検討してみる」と一応言っとくと。

226 :NASAしさん:04/02/06 21:54
夏までに検討するって話で、有人も検討されるかもってな話だからな。

227 :NASAしさん:04/02/06 21:55
「再検討することを決めた」だけだからなぁ……。
実際に検討されるのは夏。それまで待つしか。

228 :_:04/02/06 22:06
松浦晋也氏の署名記事です。これまで書生っぽい記事が多くて少しげんなりしていましたが、久しぶりでジャーナリストらしい記事を書いていますね。

2005年度NASA予算案、新宇宙政策に沿ってスペースシャトルとISSを「損切り」
ttp://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/ntec/289326

ますます縮小される国際宇宙基地--過大な投資と過小なリターンがあらわに
ttp://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/ntec/289495

229 :NASAしさん:04/02/06 23:16
ISSイラネ。
望遠鏡クレ。

230 :NASAしさん:04/02/08 02:25
そいや、今月のポピュラーサイエンスに、イオンロケットのスペースタグをハッブルにドッキングさせて、
ISSまで引っ張ってきて修理する、って話が載ってたな。


231 :某合衆国:04/02/08 02:31
望遠鏡ヤラネ。
金クレ。

232 :NASAしさん:04/02/09 19:09
1992年に始まった11年間に及ぶ中国有人宇宙飛行プロジェクトの全過程を知る4冊がオーム社より刊行!
http://www.kinokuniya.co.jp/nb/bw/chinarocket.html

233 :NASAしさん:04/02/10 10:47
>232
安っぽい中華料理屋みたいなページにワラタ

234 :NASAしさん:04/02/12 16:34

「君ぃ..、良い体しているねぇ。。」 ぽんッ! 「もしよかったら、自衛隊に入らないか?。。。」





235 :NASAしさん:04/02/14 00:35
>>234
昭和に帰れ!!

236 :NASAしさん:04/02/14 01:06
A Capsule For Japan
http://www.spacedaily.com/news/spacetravel-04b.html

237 :NASAしさん:04/02/14 17:03
海外の人たちは、いつ日本が動くのか興味あるんだろうね。

238 :NASAしさん:04/02/16 16:02
>>237
寝たきりの獅子だからねえ。

239 :NASAしさん:04/02/17 00:43
>>238
廃用症候群で全身硬直になり動かない獅子だね。

240 :NASAしさん:04/02/17 02:37
ttp://www.jaxa.jp/news_topics/vision_missions/PM_messages/002.html
> シャトルがなくなると物資を地上に戻すことも難しくなるため、
> 私たちは、回収装置の検討も開始しています。

241 :NASAしさん:04/02/17 18:31
>>240
俺も、それ気になった

242 :NASAしさん:04/02/17 20:36
それがふじだったらやだな

243 :NASAしさん:04/02/17 22:20
国が認めるまで有人機は造れない。
しかし、人が乗っても大丈夫なくらいの性能ってことなら可能。
HTVだって、そういう感じで造られてるし。

244 :NASAしさん:04/02/17 22:32
第34回総合科学技術会議議事要旨
http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/giji/giji-si34.htm

有人はどうなるのだろうか?

245 :NASAしさん:04/02/17 22:50
>>240
リンク切れだね。
http://www.jaxa.jp/news_topics/vision_missions/PM_messages/index_j.html
ここのHTVプロジェクトね。

246 :NASAしさん:04/02/22 02:00
ロシアが新型宇宙船 6人乗り、飛行10日間
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040221-00000194-kyodo-soci

クリッパーは再使用型だそうです。

247 :NASAしさん:04/02/23 15:32
>>246
以前から話だけはあったらしいですね。
もっとも再利用もどの程度使えるのかとか、どうも詳細が分からないけど…
>開発には多額の費用がかかることを指摘、
>ロシアの宇宙当局が開発事業への予算を認めるよう求めた。
とあったり、どこまでやる気なのか、今一良く分からない。。。

248 :NASAしさん:04/02/25 04:08
>>246
http://www5f.biglobe.ne.jp/~resistance/clipper.htm
H-IIA板で紹介されてた

249 :NASAしさん:04/02/25 11:53
>>246
アイロン型ってのがいまいちわからんがBORみたいなのかなあ。
http://www.astronautix.com/craft/bor4.htm

250 :NASAしさん:04/02/25 22:48
>>249
こりゃアイロンじゃなくて靴だなwww

>>248
かっこ悪い

251 :NASAしさん:04/02/25 23:21
>>248
後方からだとタマちゃんみたいだな。かわい。

252 :NASAしさん:04/02/26 01:16
タマちゃん、帰ってきておくれ・・・
どこ行っちゃったんだろ。。。

253 :NASAしさん:04/02/26 15:17
http://www.russianspaceweb.com/kliper.html

このイメージを見るとお尻のほうにドッキング機構ついてる感じだな。
しかしロシアお金あるのか?

254 :名無し隊員:04/02/26 19:57
>>249
ビートルだぁ!
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Darts/5127/s_vtol/s_vtol05.html

255 :NASAしさん:04/02/29 12:15
>>249
そだね。あと、X-38とか。
きっと、あーいう考え方なんだろうね。

あ・・・ブランも基本的には同じか。
デオービット用のエンジンしかないもんな。

256 :NASAしさん:04/03/14 00:44
日本もロシアのを買おうよ

257 :NASAしさん:04/03/14 11:58
そうだな。ソユーズJとか名づけて、輸入してそのまま打ち上げてしまえ。

258 :NASAしさん:04/03/14 14:17
【日本宇宙開発】有人宇宙飛行の是非-Fly Me To The Moon
http://news10.2ch.net/test/read.cgi/news2/1079217100/


259 :NASAしさん:04/03/14 14:55
>>240
>>245
HTVへの機能付加
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/cosmo/haihu19/siryo19-1-2-5.pdf

260 :NASAしさん:04/03/19 00:39
第20回宇宙開発利用専門調査会開催案内を掲載
http://www8.cao.go.jp/cstp/katsudo/cosmo/annai20.pdf

輸送システムねぇ・・・

261 :NASAしさん:04/03/19 00:43
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/cosmo/haihu19/siryo19-1-2-11.pdf
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/cosmo/haihu19/siryo19-1-2-12.pdf

今のままでは、今後10年でもこの程度かな。

262 :NASAしさん:04/03/19 03:16
>>261
図の多くは、以前どこかで見たような…

263 :NASAしさん:04/03/25 23:22
語れごるあ
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/future/1080222520/

264 :NASAしさん:04/03/27 10:49
The Wrong Stuff (By Steven Weinberg)
http://www.nybooks.com/articles/17011

これを読むと日本の路線が正しいようにも思えてくる.


265 :NASAしさん:04/04/09 00:39
JAXA、的川教授のコラム
http://www.planetary.or.jp/magazine/YMC040407.txt

266 :NASAしさん:04/04/10 03:13
先週と今週のYMコラム読むと・・・なんだろう、近いうちに何か
あるんだろうか? という感じを受けたんですが、気のせいか。

267 :NASAしさん:04/04/25 00:35
的側タンがんばれ

268 : :04/05/04 09:03
ふじ構想最悪。
今頃安い使い捨てロケット利用した有人開発やっても儲からないって。
H2Aだって失敗続き、ロケットではこれ上安く安全にはならねーよ。
中国と同じことやっても意味ないし。
再利用型をたたきまくっているが、技術ができれば安くて安全はロケットより格段に上になる。
日本は再利用型+宇宙観光+月有人
くらいやらないとな。

269 :NASAしさん:04/05/04 19:33
>268
来世紀にはできるかもね。
でも、今の日本にはすぐに宇宙に手が届く能力がある。
なんで、デラックスな豪華宇宙船で行く必要がある?バラックでもいいじゃないか。行ければ。

270 :NASAしさん:04/05/05 00:45
>>268
>技術ができれば安くて安全はロケットより格段に上になる。

……アメリカでさえそれができない、できそうにないことを問題の一つにしてる訳だが>ふじ一派

今すぐできる可能性がゼロだがやたら雄大な技術構想と、ソユーズのそっくりさんだとしても
実際に届く梯子を持っているのと、どちらがマシなのかは……まあ、お好みでどうぞ。

271 :NASAしさん:04/05/05 01:30
その梯子で何すんの? という問いに答えられないからこのスレもこんなに寂れてるわけで。
個人的欲求を満たしたいだけなら自費でどうぞと。

272 : :04/05/05 02:55
>>269
そんなに時間はかからない。
なぜ豪華な宇宙船か?
なぜ豪華な車がいるのか?豪華な飛行機がいるのか?と同じ。
ロケットは40年も前の技術でしかも未だに運賃が安くなっていない、
こんな乗り物ほかにあるのか?
マジメに40年間、安価で信頼性の高い乗り物として開発してこなかっただけ。


>>270
アメリカを信望しすぎ、アメリカがでかやらなかっただけで
世界ができない、技術が無いと決めつけるのはおかしい。
松浦は既存の技術で未だできないことだけを問題に上げているだけ。
技術は進歩するもの。
十年後には、X-PRIZEで出た会社が準軌道から周回軌道の再利用型に進歩して
宇宙観光で商売しているだろう。
スペースシャトルの後継機も実運用しているはず。

日本は松浦のような雑魚に踊らされて中国の真似をした有人でもやって
また意味の無い宇宙開発予算を使い続けてなさい。

273 :NASAしさん:04/05/05 03:28
>272
>マジメに40年間、安価で信頼性の高い乗り物として開発してこなかっただけ。
人類のベスト・アンド・ブライテストが努力してきたってのに酷い言い草だね。

真面目にやったさ。アポロ計画の狂気っぷり、SDIのときのキチガイっぷりを知らないの?
スペースシャトルの万能亡者っぷりもね。
あれだけやっても人類にとっては宇宙ってのは遠いんだ。

シャトルのメインエンジンSSME。アリアンVのヴァルカンエンジン。H−IIAのLE-7A。

こいつらはもう、化学ロケットエンジンの理論限界まで比推力をたたき出してる工学技術上の奇蹟なんだよ。
努力の不足だなんて言わせないよ。

>アメリカを信望しすぎ、アメリカがでかやらなかっただけで世界ができない、技術が無いと決めつけるのはおかしい。

なあ、日本の20倍の予算をつぎ込んでできなかったんだったらそりゃムリ。正面からやってできることじゃないだろ。

>十年後には、X-PRIZEで出た会社が準軌道から周回軌道の再利用型に進歩して

あーあーあ。あのですね。X-Prizeは宇宙に出ませんよ。あれは弾道飛行。
ついでにいうと、弾道飛行ってのは、軌道投入に必要な運動エネルギーの7%しか必要としません。

274 : :04/05/05 03:48
>あーあーあ。あのですね。X-Prizeは宇宙に出ませんよ。あれは弾道飛行。
>ついでにいうと、弾道飛行ってのは、軌道投入に必要な運動エネルギーの7%しか必要としません。

しったかするんなよ。んなこと知ってるわ。
だれが今のX-PRIZEの宇宙機をそのままつかう話をしてるんだ。
ちゃんと読め。ボケ。


275 : :04/05/05 04:02
>>273

馬鹿杉。こいつさっきからスペースシャトルがどうの、ロケット技術がすばらしいだの松浦の本で読んだような受け売りそのまま。

あれだけやっても宇宙の道は遠いって、お前あれだけやったNASAの現場にでもいたのかよw

科学ロケット比推力がなんたらの話と再利用型宇宙機の技術の話は別。

今までNASAができなかったことがすべて技術的に絶対に無理だったからではない。

日本の20倍の予算の使い方が問題。宇宙科学者の傲慢さが問題。

再利用型軌道宇宙機・・・もしかしたら同じ20倍の予算があれば日本の旧ISAS連中ならできたかもしれないぞ。

276 :NASAしさん:04/05/05 04:17
>275
まあ、餅搗け。

とりあえず「湯水のようにカネが使えて人材も豊富で実績もあるNASAにできなくてISASにできる理由」っつーのはナニよ?
それを挙げてくれんとそりゃただの罵倒だ罠。
傲慢とかなんだとか、それは貴方の感想でしょ?個人的憤懣をソースに挙げられても困る(w

再利用宇宙機の将来の無さは比推力の話に直結するよね。機体を持ち帰るというデッドウェイトのせいでコストは高くなり
同じエンジンを使うなら使い捨てのほうが有利、っていう。



277 :NASAしさん:04/05/05 04:51
>>272
準軌道(弾道飛行)と周回軌道の間には深くて暗い川があると思われ。

278 : :04/05/05 04:57
>>276
なんか松浦本人っぽいな。
理由がどうだのソースがどうの理屈っぽくてウザい。

まあ聞けや、松浦狂信者or本人(藁
NASA信仰はよせ。
NASAはけしてすべての研究開発に湯水のように金を使えたわけでも、
優秀な人材をすべての開発に当たられたわけでもない。
ひのあたるところ(たとえばアポロ計画など)には多くの技術者と金をかけたが、
ひのあたってないところには金も技術者も微々たるもんだ。
ミサイルの技術につながるロケット技術など大統領が推奨する技術には日があたったが、
準軌道からの開発や再利用型、商用につながる開発、その他目立たない科学的研究には
日が当たってない=十分な研究はされてない。

スペースシャトルは完全再利用目指したが、開発時間が足りなくて既存の技術で間に合わせて一部使い捨て。
十分な研究がされてる。
真剣に研究すれば、問題点や課題が挙がればどう克服していくかを考えステップアップしてくもんだが、
それがスペースシャトルは、それがされず、20年以上同じものを使い続けている。
まあ、松浦ならそれくらい知ってるか(藁
X33も研究されたが、これ以上予算つぎ込めないって中止だが、
確かに翼のデッドウエイト(←このへんの横文字の使い方も松浦に似ててウザイ)がなんたら問題もあるが
X-33が議会から金を取るためにアメリカ人が好きな翼付の再利用タイプの一例を研究したにすぎない。
再利用型のタイプや可能性はもっとたくさんある。
再利用型=翼付とは限らない。


279 :NASAしさん:04/05/05 04:57
(つづき)

ISASならできる理由?
旧ISASの技術レベルの高さは世界的でもトップクラスの事実を知らんのか?
アメリカの何分の1ものわざかな予算でロケットを開発した実績と技術がある。
金が無いと何もできないアメリカ人の技術者より、金が無くてもなんとかしてしまう日本の技術者が
まったく劣っているとは思えないな。むしろ秀でている部分もあるぞ。
まあ、希望的観測でもあるが、再利用=翼付 の偏見も無い日本の優秀な技術者なら可能・・・と思ってな。

もっともJAXAになっちまった今はお前が言うように無理かもな。
お前のような屁理屈現実主義者ばっかりになっちまうだろうからw


フジ構想でいってる安価な使い捨てロケットを頻繁にあげるっていう方が漏れから見れば非現実的。
毎週のようにロケットがあがれば、安くはなるだろうが、毎週のようにロケット片を海に捨てられたら
環境破壊もいいところだ。
頻繁に宇宙にいくような未来になれば、たとえ開発に多少金がかかろうが、再利用でゴミをへらさないとダメダメ。
金属片のごみを捨てまくる今のロケットじゃ無理なんだよ。

ソース?そんなもん自分で探せ。

280 :NASAしさん:04/05/05 05:08
>>275
あまりにも物言いが抽象的ではないかな。ほんと、個人的な「感想」としか読めない。

しかし、X-30/NASP計画がなぜ早期に中断を余儀なくされたかの理由は当然知った上で
>日本の旧ISAS連中ならできたかもしれないぞ。
って言っているんだよね?

281 :NASAしさん:04/05/05 05:15
>アメリカの何分の1ものわざかな予算でロケットを開発した実績と技術がある。

……固体燃料ロケットオンリーの旧ISASと、今でも化け物みたいなスペックのSSMEを70年代末に
作ったNASAじゃ比較自体に意味がないと思うが……技術の優劣とかそういう意味でなく。

>金が無くてもなんとかしてしまう日本の技術者がまったく劣っているとは思えないな。むしろ秀でている部分もあるぞ。
なんか第二次世界大戦の頃の日本みたいな。
素朴な精神論イクナイ。

だいたい、まつーら氏はNASA信仰どころが、むしろ憎んでるようにしか見えないぞ(w

282 :NASAしさん:04/05/05 05:20
>>280
なんで2chBBSにすべてソースや数値を並べてかかなきゃならんのよ(藁

ここは学術討論会か?数字並べた討論でもやりたいのなら自分のぽむぺでやってろ。

確かに俺の個人的な意見や希望の部分もあるが、事実もたくさん入ってる。
それくらいもわからねーのか?
つーか、意見を書いてなぜわるい?
お前の書き込みも所詮一意見にすぎないんだよ。
まあ、せいぜい自分の言ってることが正しいといいたいために、聞きかじったネタや数字でも
並べているくらいの差だろw
(7%とかいう本に書いてる数字をだしてるところが笑える)




283 :NASAしさん:04/05/05 05:32
拝聴に値する「意見」に見えないのが問題なのよね。
松浦本人だの狂信者だのとレッテルを貼って、願望てんこ盛りの割には具体的な論拠を
あまり挙げずに噛みついてるだけじゃ"まともな"意見とは見なされないよ。

もしかして、JAXAスレでハンドルを無記名にして荒っぽく叫んでた人かしら?

284 :NASAしさん:04/05/05 05:44
>>283
拝聴に値しないって、拝聴なさるあなた様は何様?(藁

JAXAスレってなに?
お前もレッテルと妄想てんこもりじゃん(藁
人のこといえませんねー。

すべてに根拠だの数字張っていったら2chじゃねーって、なんども言わすなよ。
すぐに根拠は?だの証拠は?だの、枝葉の細かいところつついて、ウザすぎ。
揚げ足取りのウぜー小学生にしかみえない。

さぞやあなた様はすべてまともな意見なんでしょうね(プ

285 :NASAしさん:04/05/05 09:07
ここは大漁なインターネットですね

286 :NASAしさん:04/05/05 12:42
なんか訳分からん宇宙開発マンセー馬鹿がいるようだが、はっきり言ってな。

来年から日本の宇宙開発予算なんざ0円でいいよ。夢みるなよ、このドアフォどもが。

287 :NASAしさん:04/05/05 13:22
まあ、連休も今日までだしな>黄金厨

288 :NASAしさん:04/05/05 13:32
>>286

だな。今の宇宙開発はいらねー。

保険料あげまくった政府氏ね

289 :NASAしさん:04/05/05 13:35
よかったな、明日から年中休みの無職厨房 >>287 の日々が始まるな。  


290 :276:04/05/05 14:26
まあまあ>>278-279兄ィ、餅搗けよちょっとは。
おそらくは>>268>>272>>274>>275あたりも同じ中の人かな?
おいらは松浦じゃないし、松浦本をサラっと読んでみただけの人ですが、まあそれはさておき

ここは2chだから妄想もデンパも全然OK.まともな議論もOK。個人的意見だってOKさ。
ただし他人を納得させられるソースが出せなけりゃどんな立派なお説もデンパ扱いだ。
それだけがここのルール。

で、>>278兄ィのいう「ISASにできた理由」ってのは精神論だけなの?
じゃただの妄想って一笑にふされてもしょうがないよね。

>>280
>しかし、X-30/NASP計画がなぜ早期に中断を余儀なくされたかの理由は当然知った上で
って、この理由ってなんですか?

291 :NASAしさん:04/05/05 16:18
なんか行き違いがあるような気がするのだが、
将来的には完全再使用可能な宇宙往還機が出来るかもしれないことは
松浦氏含め、誰も否定していなかったと思うのだが。
ただ、それにはまだ未解決の問題が多いから完成はまだ時間がかかるだろうということ。
宇宙往還機が完成するまで30年?50年?まぁそれくらいは最低でもかかるだろう。
(アポロ計画並みの予算をつぎ込めばもっと短くできるだろうけど)
その、宇宙往還機が完成するまで、宇宙に人を送る手段を確保しなくてもいいのか?
既存の技術を活用して10年で使い捨てカプセルを作れば、
宇宙往還機の開発に当たっても技術的にフォードバックできるモノはあるだろうし、
使い捨てカプセルはそのままISSの脱出カプセルにも転用できる。
「宇宙往還機」という目標に対して「ふじ計画」ってのは中間目標だと思うのだが。

292 :NASAしさん:04/05/05 16:59
>>290

こいつも十分デンパ入ってるな

293 :NASAしさん:04/05/05 17:05
>>290
まあ大体そういうことかな。再利用機を作るにしても、宇宙基礎技術は要るわけで、
それを得るためにも有人機は必要だよね。

ふじ不要厨はそこいらをどう考えるのだろうか?なんで不要だと思うの?

294 :NASAしさん:04/05/05 17:11
>>291
ほうほう、で、何を根拠に宇宙往還機完成まであと30年〜50年といっとるのかね?
人を納得させるだけのソースはあるのかね?

宇宙往還機開発までのアプローチの仕方には、中間目標として使い捨てカプセルから開発するのが最適?
準軌道の有人往還機の開発を中間目標とした場合のフィードバックによるアプローチよりも有効かね?
その根拠は?ソースはあるのかね?

有人カプセルを日本で作ったとして、往還機までのつなぎとして需要はどれだけあるのかね?
その根拠は?ソースはあるのかね?



295 :NASAしさん:04/05/05 17:15
>294
スクラムジェットやエアロブリージングエンジンにはそれくらいの時間は要るんでないの?

それに準軌道っていっても、ただの弾道飛行じゃん。それはナニかに使えるの?
使い捨てでも衛星軌道に届けば使い道はいくらでもあるじゃん。

296 :NASAしさん:04/05/05 17:22
なんだか、このBBS盛り上がってるじゃねえか。

おとーちゃんも参加しちゃうぞコノヤロー。

マツウラの旦那は宇宙往還機の開発には技術的問題があり、素材ができれば開発可能といってやがるぜコノヤロー。

素材が大量生産できるのにあと30年って見積もりなのかもな。

もっとも、マツウラの旦那が宇宙往還機のすべての問題を把握しているわけでもないだろうし、

NASAが開発失敗した技術のことしか言ってない。

他の手法での研究開発がされれば、新たな問題が克服方法も出てきるだろコノヤロー

297 :NASAしさん:04/05/05 17:30
>>295
(゚Д゚) ハア?? 結局回答はおっさんの主観と予想かね?
他のヤシを批判してたわりには結局同じじゃねーか。
偉そうに人を納得させる書き込みを講釈してたのなら、その例を見せてね。
新開発ジェットを使った場合や、新ジェットを用いない開発手法など、すべてのケースの開発手法と
それぞれの開発期間を比較して、30〜50年を証明しなさい。

それができなきゃ、おっさんの書き込みもその他大勢の書き込みと同じだぜー。

298 :291:04/05/05 17:48
>297
なんか、俺の主張を他の人と混同しているようですが。
俺は291しか書いてないですよ。
さておき、30年とか50年とかは俺の主観による予想。
30〜50年限定したわけではないが、俺はもっとかかるんじゃないかと思う。
でも、現状往還機が実用化できる目処は全然立っていないし、
それを実用化できるだけの予算とか人員とか
本気で腰を入れた開発体制を構築する様子も全くない。
日本の宇宙機関は予算の割には成果を上げていると思うけど、
予算が減る一方なのではとても実用的な往還機を開発できるとは思えない。
>296が言うような「NASAがやっていない他の手法」とやらもない訳じゃないのだろうが
どれもこれもサブスケールとか数値シミュレーションばっかりで
「予算が付けば次のステップに行きますよ」という感じ(これも俺の主観)。

宇宙往還機を開発するのであれば、宇宙空間での緊急脱出用の装置も必要だろうし、
EVA用の装備だってあった方がいいのではないだろうか?
そういった実験のプラットフォームとして使い捨てカプセルがあれば便利ではないのか?

299 :NASAしさん:04/05/05 17:55
>>298
そうか、別人か。スマソ
でも、まったく根拠もソースも無い、感想と主観レスなので誰かの言葉を借りれば
このレスは拝聴に値せず、デンパレスだな。


300 :NASAしさん:04/05/05 18:09
宇宙往還機=Xシリーズのような有翼で
エアブリージングエンジンやラムジェット、スクラムジェットの開発からはじめるイメージが
強いようですが、まだ、技術的課題が大杉なのは事実。

けど、往還機に使える推進システムはジェットを用いるだけではありません。
既存のロケットエンジンの延長で再利用型のロケットエンジンを開発し、
VTOL型の再利用宇宙機を開発すればジェットの開発をするよりも早く10年以内で開発できると言われています。

10年で開発できるのなら、わざわざ使い捨てのふじを開発する遠回りをしなくてもいいと思いますけどね。

ちなみに、VTOLタイプの再利用ロケットの開発は日本だと
旧ISASのグループがひそかにやっているようです。
まだ、準軌道向けの開発のようですが、準軌道の開発過程で問題点を克服し、軌道への転用技術を開発して
軌道向け完全往還輸送機を目指しているようです。

301 :NASAしさん:04/05/05 18:17
>>299
>298は感想じゃなくて観測でそ。論議には値するとおもうぞ。

で、>300だが。
>既存のロケットエンジンの延長で再利用型のロケットエンジンを開発し、
てのがうまくイメージできないんだけど。シャトルのSSMEみたいな感じなの?

>VTOL型の再利用宇宙機を開発すればジェットの開発をするよりも早く10年以内で開発できると言われています。
うーん。VTOLかあ。ますます遠のく感じがするぞ。
まさか
http://www.isas.ac.jp/j/snews/2003/1008.shtml
の延長線上にある、なんて思ってないよね??
こいつは間違いなく宇宙までは行けないから。

302 :NASAしさん:04/05/05 18:18
>>295
商売としてみれば、高くて失敗する軌道向け使い捨て有人より
安価で安全な準軌道再利用型の方が需要が高い。

気象観測、大気観測などで頻繁に高高度へ観測にいくケースや
一般客を乗せた格安の準軌道観光ビジネスなど。



303 :NASAしさん:04/05/05 18:20
>>301
RVTは宇宙まで行けない?
なぜ?

304 :NASAしさん:04/05/05 18:25
>>301 はキモオタなので議論に値しない。

305 :NASAしさん:04/05/05 18:35
>>301
またこいつか・・・。うぜーな。
今度はRVTは宇宙に行けないとか根拠もない電波出してるし。
RVTは準軌道目指してるもんだろ。
こいつが間違いなく宇宙に行けない、無意味な理由を説明してみろ。

306 :NASAしさん:04/05/05 18:40
>300は観光丸をイメージしているんじゃないかと思うんだが、
あの計画は事業として成功するための条件を元に各部を決定していったモノで
現実の技術的な裏付けは全くないよ。

>303
ツィオルコフスキーの公式による。
既存のジェットエンジンを使う限り単段式は現実的ではない。

というか、「宇宙に行く」と言う言葉の定義をはっきりしてくれ。
弾道飛行で宇宙空間まで行くのと、軌道速度を出して衛星になるのとでは大違いだ。
RVTは宇宙には行けるかもしれないが往還機にはつながらないと思う。

307 :NASAしさん:04/05/05 18:41
>303
単段式再利用ってのはいかにも効率悪すぎなんでないの。
http://www.asahi-net.or.jp/~zq9j-hys/JavaScript2.htm
質量比とか考えると、ものすごい技術的ブレイクスルーが無いかぎり現実的じゃないっしょ。

>302
準軌道てーか、弾道飛行でしょ。年間需要としてどれくらいあるのかな。
ラジオゾンデのほうが安ければそっちだろうし。

308 :NASAしさん:04/05/05 19:11
>>306

宇宙の定義をはっきりさせたいのなら、まず自分から宇宙の定義をした上で
宇宙に行けない発言をしなさい。

RVTの技術が軌道にいくための往還機につながらないって言う批判は
所詮>>306の感想にすぎないでしょ。<論議に値しないよ。
開発者や研究者は、RVTを往還機につなげようと真剣に研究しているハズ。

やたら質量比の課題にロックオンしてるみたいだが、質量比の課題だけなら克服する方法はいくらでもある。
例えばいっそ短段式にしないで、RVT技術をベースに2段式の完全再利用型とかな。

需要の問題で言えば、ふじが抱える問題と同じ。むしろふじの方が深刻だろう。
ただし、準軌道観光の年間の需要があるかどうかでだけで言えば、来年からはじまるといわれている
アメリカの観光旅行ビジネスで何かしら回答が得られるかもな。


309 :NASAしさん:04/05/05 19:20
>308
RVTが往還機につながらないと言う俺なりの予測の根拠ね。
・RVTの技術は、飛行全体からすればごくわずかの部分である
 離陸と着陸のシーケンスの技術でしかない。
 そして、それらは他の、もっと軽量で確実な手法が既にある。
 (たとえば着陸はふじ計画ではパラフォイルを使うことになっている)
・結局、エンジンのメンテナンス性とか、質量比とか、往還機にとってももっと重要な、
 現在の技術では往還機が不可能とされている部分についてはノータッチ。

よって、RVTはVTOLの技術ではあるが往還機とは別の研究であると思われる。

310 :NASAしさん:04/05/05 19:44
なんか急にスレに動きが出てきて面白いね。

>308
二段式RVTなんて珍妙なものを発明するくらいなら一段目は使い捨てのSRBにするってのはどうよ?
ていうか、質量比を克服するには多段式って手段しかないでしょ。エアロブリージングも一つの方法で
あるにせよ、現実的にはまだまだ手の出る方法じゃないし。

あと、完全再利用を考えるときはメンテコストも考えないといけないのよね。
回収・検査・再調整のコストね。高い確実性を保証するために莫大なカネをかけるくらいなら
安くても使い捨て、ってほうがメリットがあるのじゃないかな。

311 :NASAしさん:04/05/05 19:47
>>309
根拠としてそれだけカヨ。

> 離陸と着陸のシーケンスの技術でしかない。

たとえだけでしかないとしても、すでに転用技術の一部なことは間違いない。
もっとも、研究は離着陸技術だけでなく、繰り返しロケットを使うことによる課題の研究もしてるんだがな。
軽量で既存の技術で確実な方法があるとしても、将来の有人輸送機には
より安全で確実な技術の開発は必要。

>現在の技術では往還機が不可能とされている部分についてはノータッチ。

5年で1億も無い予算では、すべての研究ができないのは仕方が無いこと。
やってない=やるつもりが無いのではない。

>よってRVTはVTOLの技術ではあるが往還機とは別の研究であると思われる。

RVTは往還機の研究であると明記してある。
たったこれだけの根拠とやらでそう結論付けるのは安直杉。オカシイ。

まあ、俺としては、人が宇宙で活動するための有人技術はふじ系で開発し
再利用システムはRVT系で開発すれば、日本でもアメリカに負けない有人往還宇宙機の
開発ができねーかなーと思ったり。


312 :NASAしさん:04/05/05 20:04
>311
>もっとも、研究は離着陸技術だけでなく、繰り返しロケットを使うことによる課題の研究もしてるんだがな。
なるほど。それは俺が勉強不足だった。

>やってない=やるつもりが無いのではない。
俺としては現実にやっていない事を重視しただけ。
5年前もやる気はあっただろう。5年後もやる気はあるだろう。
10年後も、20年後もやる気はあるだろう。
で、いつになったら予算が付いて本当にはじめるの?と思う。
HOPE-Xだってまだまだやる気ある連中はいるだろうさ。
そいつらから予算をとってこれるだけの論拠はそろっているのかなぁ。

最後3行にはまぁ、同意するんだけど。
平行開発できるほどの予算規模もないわけだし。
IGSでに持っていかれて、さらに予算は減ったわけだし。

313 :NASAしさん:04/05/05 21:03
ズレた話をするが。〜は、今のところやってないだけで、技術は進歩するからできる!
なんてのはくだらない希望的観測にすぎない。
自称世界最高レベルの技術を何一つ具現化できないでいる某国、
やろうとして、一部実現の後、上にあった壁にぶつかってもがいている某国。
どちらがすごいかっていったら、それを決めるのは今までの実績に他ならないだろう。

きっとできるはず、じゃなくて作ってみせて、どうだすごいだろうと言えないと、ただの妄想厨だよね。

314 :NASAしさん:04/05/05 21:24
>きっとできるはず、じゃなくて作ってみせて、どうだすごいだろうと言えないと、ただの妄想厨だよね。

それを証明するチャンスすら与えられていないのが現実だけどな。

315 :NASAしさん:04/05/05 22:03
>>310

再利用ブースターを用いた2段式再利用宇宙機なんてのはけして珍妙ではないぜ。

例えば、スターブースター社とのタイアップなんてのもありだろ。
ここでは、商用の再利用ブースターは提案されている。

ttp://www.starbooster.com

316 :NASAしさん:04/05/05 22:13
>315
フライバックブースターかあ。ランニングコストが低くなるならそれでもいいけど、捨てるよりも
コスト低くなるんだろうか?

317 :NASAしさん:04/05/05 23:11
往還機への予算がつかないのは技術的困難さもさることながら
>>264に書いてあるようなことの方が大きいと思うんだけど…


318 :NASAしさん:04/05/06 00:42
観光丸、RVTの話題が出たのではっとく

http://www.uchumirai.com/

319 :NASAしさん:04/05/06 03:18
>318
なんかなあ。弾道飛行のことを「準軌道」って呼ぶのはなんか誇大広告っぽく感じてしまうのだ。

FAQのやりとりもいちいちなんかアヤシイし。まあ、どっちにしろ現実味は薄いからいいけどね。

320 :NASAしさん:04/05/06 10:08
>>319

現実味は薄くないと思うがな。

準軌道も sub Orbital の訳だし、誇大広告じゃないだろw

321 :NASAしさん:04/05/06 11:07
>>309
>>そして、それらは他の、もっと軽量で確実な手法が既にある。
>> (たとえば着陸はふじ計画ではパラフォイルを使うことになっている)

パラシュートはともかく、パラフォイルはとても軽量で確実な手法とはいえない。
ふじ計画ではポンチ絵でごまかされているが、実際のパラフォイルはもっと巨大で大掛かり。
米国の新型CRVのパラフォイルを見てみよう。

パラフォイルは機動性を得るために減速性能を犠牲にしている面があるので大掛かりにならざるをえない。
しかも制御が難しい。人間が訓練と勘と経験を使って制御しているのをコンピュータにやらせるんだから。
その上、展開に失敗する可能性もかなりある。




322 :NASAしさん:04/05/06 14:43
>>何を根拠に宇宙往還機完成まであと30年〜50年といっとるのかね?
>>人を納得させるだけのソースはあるのかね?

いろんな機関が完全再利用往復機の難易度を出していますが、おおむね30年ぐらいです。
もし、日本が開発するとしたらJAXAでしょうが、JAXAの宇宙往復機推進派が試算を出しています。
それによると、10年かけて簡易の無人実験機を開発し、つぎの10年で本格的なプロトタイプを開発します。
実用機は20年後以降に開発する、という表現になっています。
この手の計画は大抵、5年から10年くぎりなので、25年後、30年後と考えられます。
これは、今だ実現されていない複数の重要な技術の開発を順調に成功させることが前提となっています。
これは推進派が出したものであまりにも楽観すぎる予測ですし、通常、開発は遅れるのが常なので実際には30年、40年はかかるだろう、
というのが大方の予想です。


323 :NASAしさん:04/05/06 15:47
>>322

いきなり日本が再利用型で
軌道へ到達することを目指すのではあれば最短では10年
遅いと100年かかるとも言われたりしています。
つまり、まだまだ見積もりしきれない部分が多いということです。
まずは準軌道(弾道)を目指した再利用型の開発から目指し、
準軌道での開発によって技術を蓄積し、課題を明らかにしてから軌道を目指すというアプローチも考えられています。
準軌道であれば、軌道にくらべて格段に低い技術で実現できますから、
再利用型にしても3〜5年で開発可能であると見積もられています。
(X-PRIZEに参加している企業の一部や日本のRVT、宇宙丸もこれに相当します。)

その後、軌道への到達のハードルをどう越えるかですが、
再利用システムに必要な技術の多く(繰り返し使う技術、メンテナンス安全性等)
は準軌道の技術を開発することで転用可能といわれています。
問題は、質量比や軽量化など、軌道到達のために必要なロケット共通の課題です。

エアブリージング、短段式、二段式など実現方法ごとに開発期間の
見積もりがさまざまにされていますが、NASAの見積もり資料によると
エアブリージングの場合は20年〜50年
短段式ロケットの場合は10年〜40年
2段式の場合は3年〜10年と言われています。

2段式にすれば極端に開発期間が縮まるようですが、スペースシャトルに既にある
技術の応用だからでしょう。
この場合、メンテナンスコストがどれくらい下がる見積もりになるのか気になるところですが、
開発期間をながくすれば、メンテコストを下げることができる見積もりのようです。

324 :NASAしさん:04/05/06 17:10
>>318
>>http://www.uchumirai.com/

なんか、TSTL,INSTREC,鳥嶋宇宙科学技術研究所の匂いを感じるのは漏れだけ?



325 :NASAしさん:04/05/06 17:16
また鳥嶋か

326 :NASAしさん:04/05/06 17:24
鳥嶋?

327 :NASAしさん:04/05/06 19:29
Dr マシリト

328 :NASAしさん:04/05/06 19:50
>321
>しかも制御が難しい。人間が訓練と勘と経験を使って制御しているのをコンピュータにやらせるんだから。
そうか?職人レベルの勘と経験が要求されるならともかく、
パラフォイル程度なら機械で制御できるだろ。
リフティングボディ機に比べれば制御は簡単に思えるのだが。

>その上、展開に失敗する可能性もかなりある。
これはパラフォイルを2つ積んでおけばいいんでないかな。
スカイダイビングのパラシュートと一緒で。

329 :NASAしさん:04/05/06 20:04
ttp://www14.big.or.jp/~akiaki/td/
ここの4/29の「月旅行のとばっちり、米の科学技術予算軒並み低水準」という記事への
コメントがいいことを言っていると思うのだが。

現状の日本の宇宙開発は、予算規模の小さな基礎研究はいっぱいやっているのだけど
まとまった予算と設備が必要な、実用化への開発になると急にペースが落ちるんだよね。
(おれにはそう見える)その割には、官僚主導の建前優先で実用にはほど遠いモノに
予算を持って行かれたりして。どんどんじり貧。
ふじ計画を評価するのは、その計画そのものよりも、実用化に向けた目標開発期間や
予算規模・必要な技術開発がすべて列挙済みであると言うこと。
べつにふじである必要はないと思うんだけど・・・、今から10年〜20年くらいで
明確な目標を設定してわかりやすい成果をアピールできる開発案件であれば。

330 :NASAしさん:04/05/06 23:36
明確な目的とわかりやすい評価

いい発想だな。それが今までの日本の宇宙開発には乏しかった気がするよ。

パンピーにとってわかりやすい宇宙開発計画を入れておくことが最後は宇宙開発者たちのためにもなる。


331 :NASAしさん:04/05/07 01:13
>>279

>>ISASならできる理由?
>>旧ISASの技術レベルの高さは世界的でもトップクラスの事実を知らんのか?

なんか、ものすごい勘違いをしている人がいるようで・・・。
低予算でよくやっているとは思うが、トップクラスかといわれるとな・・・。


332 :NASAしさん:04/05/07 01:17
トップかどうかはともかく、ISASの評価が高いのは事実だし
糸川先生は天才だったと思う・・・・。

333 :NASAしさん:04/05/07 01:21
http://news10.2ch.net/test/read.cgi/news2/1070151563/l50


334 :I:04/05/07 01:21
ISASの評価が高い
 ↓
ISASの技術はトップレベル
 ↓
NASAができない事も成し遂げる

と評価のインフレーションが発生したんだろうな。


335 :NASAしさん:04/05/07 01:27
さーね。
けど、祖国に誇りを持つことはいいことなんじゃないの。

336 :I:04/05/07 01:34
誇りを持つことと盲信する事はちがうだろ。
NASAよりはるかに予算が少ない旧ISASが、NASAができなかったことを成し遂げるはずだ、
という主張なんだから、誇りと精神論だけじゃ説得力がない。


337 :NASAしさん:04/05/07 01:39
>>336
さーね。
日本が本当に有人ができるかできないかは、結局やってなきゃ誰にもわからんでそ。
餅ケツ・・・。

338 :NASAしさん:04/05/07 01:57
ISASって昔の映画のオネアミスの翼のやつらようなイメージがあるんで

『予算さえあれば』、職人みたいなやつらがきっちり仕事しそうな気がする。



339 :NASAしさん:04/05/07 02:23
>軌道へ到達することを目指すのではあれば最短では10年
>遅いと100年かかるとも言われたりしています。
>つまり、まだまだ見積もりしきれない部分が多いということです。

予測のあやふやさをあげつらい、予測事態を無意味なものと印象づけているんですね?
なんか詭弁くさいよ。

340 :NASAしさん:04/05/07 02:25
>>338

糸川先生がグノゥム博士?
もっと太いぞ(w

341 :I:04/05/07 09:29
>>337
>>338

有人ができるかどうか、ではなく、米国さえ開発に失敗した完全再利用型宇宙往復機を予算がはるかに少ない旧ISASが開発できるか、が問題になっている。
評価の高さ、とか祖国の誇り、とかイメージ先行だけじゃちと乗り越えられないんじゃないか?


342 :I:04/05/07 09:37
>>339
>>予測のあやふやさをあげつらい、予測事態を無意味なものと印象づけているんですね?
>>なんか詭弁くさいよ。

どんな技術が何が必要か、は既にわかっている。
今はまだ無いその技術をいつ実用化させることができるか、が問題になっているわけで。
再利用型シャトル賛成派は25年くらい、反対派は100年くらい、と言っているが、
その実用化に20年以上かかるという予測は一致している。


343 :NASAしさん:04/05/07 09:57
> 予算がはるかに少ない旧ISASが

書き込みにはどこにも予算と時間が少ない場合という定義はしていないはず。
できるかできないかを言ってるだけでは?

予算と時間が無尽蔵にあるとすれば、日本だって 有人だろうが再利用型だろうが
月旅行だろうができると思う。

344 :NASAしさん:04/05/07 10:41
>>343
>>予算と時間が無尽蔵にあるとすれば、

そんな前提だったらどんな国や機関だってシャトルでも月旅行でも実現できる。
ISASの話じゃないのか?


345 :NASAしさん:04/05/07 10:54
ISASに金があったらの話だろ

346 :NASAしさん:04/05/07 11:49
そもそも、やれ中国が有人飛行した、すごい。日本もやるべきだ!
とかいう発想が理解できない。ましてや、今まだ出来ていないから日本の技術がダメだとも思わない。
目を向ける方向を他人と同じにしてどうすんだ。
人が思いつかなかった事、出来なかったことにチャレンジしてもらいたい。
あいつはアレが得意だというのなら、こっちはコレのスペシャリストになってやると奮起してもらいたい。


347 :NASAしさん:04/05/07 12:10
自分たちで打ち上げロケットまで開発して運用するってのが、
海外の宇宙科学研究機間から見たらうらやましいんじゃないかな?
そのあたりからISASの評価は高いんだろうけど、
規模がでかくなったら、いままでみたいなやりかたじゃたぶんだめでしょ。

348 :NASAしさん:04/05/07 13:08
>>346
人はそれを現実逃避と呼ぶ


349 :NASAしさん:04/05/07 19:42
>>346

日本はやっぱ月有人 これしかないね。
ぶじでもなんでもいいからまずは世界で2番目に月に降り立った国を目指そうぜ。
的川さんがんばれ。

350 :NASAしさん:04/05/07 20:05
>349
的川さんでは重量オーバーだよ

351 :NASAしさん:04/05/07 20:30
的川教授をふじで月に送り出そうの会 会長

的川教授を往還機でなんども月へいかせようの会 会員

352 :NASAしさん:04/05/07 22:18
的川博士、月に打ち込まれる!

M5で実現、とかw
不可能じゃない。宇宙葬、つーより地球追放だなコリャ。

353 :NASAしさん:04/05/07 22:32
>>352 は太陽系追放

354 :NASAしさん:04/05/08 01:00
確かにISASの研究者達に、NASA並の予算を与えてたら(いや半分でも)
面白いことやってくれたかもね。

355 :NASAしさん:04/05/08 01:20
>354
NASAなみの予算だったら「面白いこと」だけじゃすまないよ。
「役に立つこと」「革新的なこと」「人類のためになること」もしてもらわねーと。

356 :NASAしさん:04/05/08 01:47
少なくともNASAよりは「役に立つこと」「革新的なこと」「人類のためになること」をしてくれる。

357 :NASAしさん:04/05/08 01:52
>356
まあ、言うだけならタダだし。

358 :NASAしさん:04/05/08 02:52
俺に5000億くれたら、火星までいってやるぞ。

359 :NASAしさん:04/05/08 12:32
やりくり上手な奥さんに巨額の資金を与えてもなあ・・・
身を持ち崩すのがオチなのでは。とか言って見る。

360 :NASAしさん:04/05/08 13:30
ISASには巨大プロジェクト管理のノウハウが全くないからなぁ。
ISASが高い成果を上げているのは、一人のリーダーがプロジェクトを集中管理しているからで
小規模プロジェクトでしか通用しない罠。

361 :NASAしさん:04/05/08 17:52
ふじって名前がダサいんですけど

362 :NASAしさん:04/05/08 23:30
信州5号age

363 :NASAしさん:04/05/08 23:45
>>361
>ふじって名前がダサいんですけど
最初のコードネームは「きじ」だったんだよ。
ほら、ソ連が犬、アメリカが猿を乗せたから、
日本は「雉」だって。

364 :NASAしさん:04/05/08 23:46
犬、サル、きじって桃太郎かよw

365 :NASAしさん:04/05/09 02:03
BSでやってった中国のヤツ、大気圏再突入映像が面白かった。

110 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)